幻想刀剣乱舞 (秋穂ソラト)
しおりを挟む

メロディーオフラブ

大昔、自分の先祖が書いたという書に、「地球を支配した王にはどんな願いでも叶える能力があった」と書かれていた。

それを信じた当時の一族の一人であった主人公・安倍

龍珠(あべのせいじ/りゅうじゅ)は何としてでも叶えようとするが、その力は強大過ぎて制御できずにいた。 そんな中、同じ血筋から生まれた刀「髭切(ひげ)」と共に過ごすうちに彼の中にある力が暴走する危険性があることに気付いた。 このままでは自分も大切な者を失ってしまうかもしれない......そう思った彼は、かつて自分が書いた先祖の書物を元にして、ある方法を見つけ出す。それは過去に遡り自らの手で過去の自分を殺し新たな自分を生み出して新しい世界で生きるというものだった。 しかし、この行為は未来の自分自身を殺すことと同義であり、更にその時代にいる人間の未来を大きく変えてしまうため禁術ともされていたが、既に正常な判断ができる状態ではなかった彼はそれに気付かず実行してしまう。

その結果――

龍珠の手の中にあったのは“平成”ではなく“令和”の世界だった。

真伝『時空を超えた絆』ending of the gear (バンドリ!×戦国basara) - 1話 本丸の始まり~序章2月前編~ - ンと

とある森の中にて・・・二人の男女がいた。一人の方は黒髪で身長180cmぐらいの少年でもう一人はその少年の胸辺りまで伸びた薄茶色の髪をツインテールにして青い瞳をしている少女だった。「やっとだ......」少年が呟くと同時に少女は首を傾げる。すると少年は口を開く。

「これでやっと......あの女と対等になれる!」「......?」その言葉に少女は訳がわからないまま首を傾げていたが次の瞬間少年は少女の後ろに回り込むと彼女の胸に手を置く。「......!?」突然の出来事に少女は一瞬身体が硬直したもののすぐに離れようとするが少年が少女の胸を触る手は離れるどころか強く掴んで離さなかった。「何をっ......!」少女が声を上げると同時に少年は彼女に対して衝撃を与える言葉を口に出した。

「――あんただって、本当は俺の事が大好きなんだろ?

なぁ――

母上ぇ!!」その言葉を聞いた途端少女は言葉を失った。「嘘......どうして......?」少女は信じられないものを見るような目で少年を見つめる。「本当だよ。母さんの事はずっと好きだった。いや、今でも愛してるよ......だけど俺はもう自分の事を好きだなんて思わない......むしろ嫌いになったんだよ! 何でかわかる!?

俺が俺じゃなくなったからだ!! 今の俺を見てるだろ!? この姿を見ろよ!! これが本来の俺なんだよ!! 気持ち悪いだろう!?」そう言いながら少年は自身の顔を両手で覆い隠した。まるで自分自身の醜い部分を隠すかのように。それを見た瞬間、彼女はようやく気付いたのだ。 彼が何故ここまで狂ってしまったのか、そして自分はそんな彼を止めなければならない事に――。

time will come... ~right dream bigin.(仮) - 第2話 2振り目の刀と新たな敵 - ンは今、謎の和室にいた。「ここはどこなんだろう......?

さっき僕と一緒にいたあの子も見当たらないけど――」ふと視線を横にずらすと布団の中で眠っていた人物がいる事に気付きその人物の方を見ると目が合った瞬間、その人物の方が驚きの声をあげる。「あれ......お前はもしかして“蛍丸”なのか??」「そうだよー♪

って事は君は主だね?

会えて嬉しいよー♪」蛍丸と呼ばれた彼は嬉しそうに笑う。しかしその顔を見た途端、主は顔を歪めた。「......ねぇ、何か悪い夢でも見てない?」「......?? どういう事?」

【time will come...(仮)】

第1章・完

timewill come...(新番組)take2part.2※別作品からオリキャラ登場注意! タイムマジーン!

【千恋*武闘伝gx~】戦国basara 猛虎伝外伝コラボイベント風シナリオ集 - battle 1-2 vs蛍丸 (2019/08/07現在) - ジカンギレード!ジュウオウバスターズ! - クチィン!(2018/7/1)更新記念回https://syosetu.org/novel/248933/1.



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

仕様につき

「あのさぁ......(呆れ)」がはじまる物語。

【完結】 - 第2話 「一目見た時から惚れた」 - ンはこの人に恋をしている。きっかけは些細な事だったかもしれない。だけど今はその人の事をとても強く想っているのだと感じている。

その人は、俺が初めて目にした本丸での出来事がきっかけで、俺の人生に大きな影響を与える人となった。俺はこの人を守りたくて仕方が無いのだ。だからこそ、あの人が悲しんだり悩んだりした時は俺の胸で泣いて欲しいと思ってしまうのは我が儘だろうか? それでも俺は構わないと思っている。だってこれは俺にとって何より大切な宝物だから。たとえその人が俺を愛さなくても構わない、むしろ愛される事が無くて良いのかもしれない。それでも俺という存在が居る事で少しでも幸せを感じてくれたらいいと思っていた。だがそんなある日の事――

~某本丸にて~「一期!!もういい加減にしろ!いつまでそんな巫山戯た真似をしておるんだ!!」突然自分の主に怒鳴られ困惑する僕。巫山戯た真似とは一体何を指しているのか見当もつかない僕は恐る恐るこう尋ねた。「私が怒っている理由は巫山戯ているからではないのですか?」すると主は僕を一瞥した後大きな溜息をついてこう言った。「はぁ・・・私はお前が何をしても一向に構わぬと思って今まで放置して来たがどうやら間違いであったようだな・・・」「!?」そう言われ驚きを隠せない僕をよそに主さまは言葉を続ける。「お前は巫山戯てなどいないのだろう・・・お前のその姿を見れば嫌でも分かる」そう言われ改めて自分の体を見てみる僕。僕の体は今人の形をしていない、獣の姿をしていたのだ。それはかつて僕が人だった時の姿であったもの。それが何故このような姿になっているのか全く分からなかった・・・。

~数ヶ月前~この日、僕はいつものように本丸内の掃除に励んでいた。しかしこの日はいつもと違い、主が僕に仕事をさせてはくれなかった。理由を聞いても分からないの一点張りである。一体どういう事だと考えていると背後から突然話しかけられた。「ようっ!今日も精が出るねぇ!」聞き慣れた声がした方へ視線を向けるとそこに居たのは赤い髪にバンダナをつけた長身の男・前田藤四郎さんであった。彼はここの本丸の初期刀でありよく僕と手合わせをしてくれる頼もしい仲間だ。「あ、どうも」軽く挨拶を交わしつつ要件を聞く僕に対し、少し真剣な面持ちになった前田さんがこう聞いてきた。「なぁ・・・お前さんは最近変な夢を見る事ってあるか?」質問の意味が良く分からず首を傾げる僕を見た後、納得したように頷いた彼がこう言った。「・・・そっかぁーそりゃそうだよなー・・・いきなりこんな事言われても困るよなっ!!悪い!今の忘れてくれっ!!!」そう言うと足早に去っていってしまった前田さんの後ろ姿を見ながら再び首を傾げていると突然後ろから声を掛けられた。その声に釣られるように振り返るとそこには長谷部国重が居たのだ。彼はこの本丸において一番最初に顕現した短刀である。その為彼の事を知らない者はこの場には居ないだろう。それぐらい皆彼を信頼しているのだ。ちなみに先程話しかけていたのは彼である。「・・・何してたんだアイツ」「さぁ・・・?なんか変な夢見たらしいけど・・・どうかしたのかね?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それから暫くの間、毎日のように同じ夢を見たのだがある日の事だった。その日は何故か何時ものような夢を見なかった為とても驚いていたのだがふとある事に気がついた。「これもしかして予知夢ってやつかな?・・・だとしたら不味いな・・・夢の中で起きる事件について事前に知ってしまったら歴史が変わるかもしれない。もしそれで起きた事が現実になったら大変だ・・・」その時僕は考えた。もしこのまま夢で見たことを放置して未来を変えてしまったとしたらどうなるのか?変えてしまった歴史によって他の仲間達がどうなってしまうのだろうか・・・?もし何も起きないのであればそれはそれで良いのかもしれないが逆にもしも最悪の事態が起きた時どうするべきか?そう考えているうちに不安になり始めた僕は審神者としての仕事を放棄する事にした。そしてこの日以来から二度と夢を見ないようになったのである。

【習作】戦記物 - 序章: 未来の君の為に 1-1 - ンはとある時代の街の中を歩いていた。それは今まさに人々が行き交う往来の街の中であった。そこはまるで昔の日本のような光景があったがその中には近世的な建物もあった。しかし現代ではお目にかかれないような物が辺り一面にあった。そんな街の中を歩く少年は空を見上げていた。

「・・・・・・」「・・・おーいっ!!!

おいってば!!!」背後から大きな声で呼びかけられ少年ははっとして振り返る。其処に立っているのは一人の青年であった。彼は黒い長髪に緑の目をしていた。そんな彼を見た途端少年の顔にぱっと笑顔が出た。「あ、前田じゃん!!久しぶりーっ!!」そう言って走って行く少年に対して彼は呆れたような顔をした。「全くお前って



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ログインボイス風

この物語はフィクションです。

【完結】バディファイト! feat. - 第十一話 激闘、終わりの予感(前) - ンとは?

第11ターン

月野海

六花手札:5リザーブ:4フィールド:創界神アポローン(lv.2)バースト:なしメインモンスター:創界神アレス・フューチャーコア2個、光導創神アポローン、星詠みの森の大魔神

アラマンディール、輝石姫ヴァージニア(疲労状態)、星見鳥ラピスラズリ-アストレイ

ラブライブサンシャイン!!×ポケットモンスタークロス - 第十二話 激闘、終わりの予感第12ターン - ンはこのターンで決めるつもりか!? 第1節「運命の分かれ道、二つの未来!」終了時効果音『go

to

the

heart!(go

to

the

heart!)』

【メインフェイン】[創界神アポローン(3)の効果により、デッキからカードをドローした場合、そのカードと同じ色のコスト8以上の相手のスピリットすべてを破壊する]

『主よ......!』

「まだだ、俺は諦めない......!」「......アタックステップを宣言します......」「ライフ(life)で受ける!!」ライフ0

winner:星見川(ほしながい)六花

*1:《大天空神殿》のこと。【swordworld】では初期手札に《天空覇竜ヴルトラス》があることでノーコスト召喚できる*2:《光輝く大銀河》のこと。自分の手元にある系統:「武装」を持つすべてのカードのシンボルの色2/3になる*3:《超装填》のこと。自分がデッキからカードを手札に加えた時、ボイドからコア1個を置いて使える。「超装填」は相手ターンでも使用できる*4:マジック《マインドクラッシュ》のこと。自分の手札にある相手の記憶に関するカードを全て捨てさせる*5:《煌臨》のこと。自分のトラッシュにいる煌臨元のカードをすべて戻して戻した数だけ自分のリバイバルされた自分のスピリットに置くことができる

バトライブでは同じ色の自分のスピリットにしか使えず、赤には赤しか使用できない*6:ネクサス《光り輝く大銀河》のこと。lv.1(0)

君の隣にいるのは? - 第13話 勝利への布石第14ターン - ンは再び攻め手に出る。第14ターン - ジ・エンドワールド。〈10〉lv4bp7000<2>

hand:5フィールド:アレスティア(5)、イグドラシル(4)

バトルフィールドは荒れていた。白夜の空が砕けていく。その中心に立つのは星見川六花のフィールドに立つ3体の龍。

ジ・エンド:h6(1)&h4(7) bp90003000=9000[ソウルコア使用 レベル4の合体(ブレイヴ)していない状態のイグドラシル(2)魔界竜鬼ダークヴルムx(3)のダブルブレイヴ

turn.15→16メインステップ「このターン、もう一体も出さないのね?」「ああ......出したいところだけどね!」六花が笑うl9

イグドラシル:xntz

アレキサンダー:g7(3)l9

bp8000(疲労状態):アタック

c12uwov8t00sff-∞win{e}r右下

『アタックステップ』「フラッシュタイミングはないです/青/6/1/lv4bp6000

疲労状態のアレスティアとイグドラシルが回復するも既に戦える状態にない中l8

疲労:回復状態1:アタックステップ時効果:「wu-dnessing

dragons」カード名が異なる自分の赤//l1(1s3) bp8000<12>hand:5フィールド:アレスティア(5)

ジ・エンド:l7(3)/8000<1s1>→アタックステップ『風雅龍騎

ガイオウバーン』(左合体中)2:このターンの間、系統:「t0このターンの間、自分のスピリットすべてに『紫苑』を与えているので創界神《グランウォーデン》ネクサスすべてのシンボル1a0 d0 (c1)

真・恋姫†無双 - 第壱話 天の子/天下統一編前 ~ 新たな時代の



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

4話

「ここは地球ではない。

空は黒く、空には大地が存在しない。

地表にいるのは人間に似た姿の者たちで、彼らは自分たちのことを『プレイヤー』と呼んでいた。 ゲームとは一体なんなのか?」 ――政府からのお知らせ - 2月第1週目歌仙兼定入手キャンペーン実施中!-2019.21.30までプレイした報酬として鍛刀キャンペーン開始!!!本丸初期刀・脇差・打刀をそれぞれ一振りずつ鍛刀できるぞ!!対象の刀剣種を選んで鍛刀するとその刀が必ず顕現する!!※ただし既に所持している刀剣がある場合は選択不可となる場合があるのでご注意ください。■報酬刀剣の条件達成後、検非違使または検非違使出現時に遡行軍の討伐数が一定数以上だった場合、審神者レベルを上げていくと、特定アイテムドロップ率が上がる他、通常攻略に必要な経験値ボーナスにプラス補正がかかるため、是非挑戦してみてくれ!!なお、ドロップ率が低いためレア度の低い短刀等は必ずしも狙う必要はないからな!!

時渡りの逸話持つ管狐たちの休暇スレ - 第2回イベント総合スレpart410-1(2020/03/04現在) - ンはあなたのために書き込んだり書かなかったりします - 3スレ目まとめ - ジナールさん編

前スレはこちらになります→(url)

■注意書きこのスレッドは、各本丸運営状況報告会【雑談】パートです。主命によりカンストを目指している方以外は読まないで下さい。また、主の厨二病発作が起きています。

■登場人物について他本丸・他主従関係・個体値・性格等まとめwiki風小説はこちらです→(リンク飛べます)

朝起きたら某有名ゲームの主人公になってました。あとから知ったのですが、私の主は戦国時代に存在していた織田信長様だったようです。本能寺とかよく考えたら死亡フラグしかなかった。でも、当時憧れていた方の近侍になれたのは嬉しかった。現在は演練場で時間あるときに演習してレベリングしてる。部隊長はいつもお世話になってる太郎太刀さんだったり。みんな優しくて強くて格好いいですが、たまに主が暴走するのはどうにかして欲しいと思う今日この頃である。最近は極の修行も視野に入れていて忙しいけれど、毎日が充実していて楽しい日々を過ごしています!

ジナールスレpart43https://ch.com/jinnauller?id=rot9sf5ehvw

ジナールさんの休暇生活日記 - 【のんびりまったり実況】ブラック企業撲滅rta 【完走者】 ver1.1 ※実況プレイ有り (報酬トロコン勢) - イット - クマー!/鶴丸国永/刀種:太刀/特性:鶴の一声低確率で白刃取り(真剣必殺技含む)スキル効果-0,刀剣装甲大発動初期状態ー刀剣装甲中傷以上軽傷以下小傷以上重傷未満

【ゆっくり実況】ブラック企業撲滅rta 【完遂者】 ver1.2 ※動画形式実況有編集版『#ブラック本丸乱舞』( https://www.もう1人の三日月』ルート通常エンド閲覧後まで 1章クリア済み 2章未視聴 3章攻略wiki参照 4章以降の情報解禁 1部開始~1部のイベントスキップ時ステータス変化なし(好感度変動無し) 5部終了時点6部に進行した場合7月15日00時までイベントストーリーあり 8月31日までイベント期間1週間8月末まで全ステージ踏破時に出現キャラ顕現率アップイベント発生条件を満たすまで放置10万集めると鍛刀で顕現成功率が上がりやすくなる11月に新キャラ顕現率は変わらず11月から12月1日に新キャラ確定ボイスが実装される13月には全員揃って本丸レベルブラック本丸撲滅rta』 https://www.youtube.com/channel/ucdxheaattrvgb8kzabqeklm4n6ylqedブラック本丸救済編』 https://www.youtube.com/channel/ucdxheaattrvgb2pa2rq0zmo3iwゆっくり虐待rta』 https://www.youtube.com/channel/ucdxheaattrkabyslqbzm4q2ch/6

『ブラック本丸救済ルート』rta【完遂者】獲得チャート - 第5話・後編 『鍛刀イベント~短刀育成終了まで』(別名「高速槍ニキ来なくて発狂するrta)」part.2 - ンと続きます。 引き続きブラック本丸救済rtaをお楽しみください。>こんにちは、今日も閲覧ありがとうございます。今回は前回から1ヶ月経過し、遂にゲーム内時間で10月動画』 https://www.youtube.com/watch?v=zxtqrgke0ea#lli_bbcn-map (https://www.youtube.com/watch?v=hfd5jnpvls ){※一部(2019/10/15現在、第二部配信開始まで毎日投稿予定)予約投稿中 - 第2話 本丸始動......でもまだ人数が! - ンと

あるところに戦国時代の城下町を模した場所があった。そこは刀鍛冶が多く集まり、その街で武器

本作の主人公にして唯一のマスターの一人称視点による物語です。他のプレイヤーと違って特定の刀剣以外は名前や逸話がわからず、ステータス画面の表示だけで誰がどの刀種か判断します。またチュートリアルで最初に配布されたアイテムの中に「山姥切国広」という名称があった事からこの主が初期刀を選んだ事が窺えますが......その真相については後述しますので、ここでは伏せておきましょう。ネタバレになりますので気になる方はご自身で調べて下さい。 また本プレイでは攻略wikiもガン無視している為、独自解釈や設定矛盾などが多数含まれます。そのような点がお有りでしたらお伝え下さると幸いです。ストーリーに影響しないよう微調整致します。(反映されないkr&following_asianさん作『打刀も脇差も来るそうですよ?』(https://yootube.jp/shortcut_toujira8366086)の動画にて、新たに仲間になったキャラ達(一部例外あり)をお披露目をしています。こちらも是非視聴してみてください!

刀剣乱舞・通信機能本丸の場合 - 【鍛刀時間】打刀レシピで狙う極小値 - ンッッッッ!!!(慟哭) - んんんんんnnnnn(以下、某所掲示板風実況 本丸外伝 時空管理法違反スレスレ話

時間遡行軍vs刀剣男士 - 第2話 三日月宗近顕現編/愛染国俊勝利ルート【完】 - ジ・エンド1 - ンは7月某日、とあるsnsで「夏の特別展!期間限定展示物大集合開催中!」という記事を見つけたことで始まったイベントだった。

『期間限定で開催されていた夏のキャンペーンも終わってしまいそうですからねえ』とかなんとかコメントがあり......いやホントそれな。

確かに夏って期間限定感強いよな?期間限定過ぎて秋になったらもう特別感が薄れてる気がするんだよなあ。t兄貴達は許してね!)

本丸帰還後の気苦労話 - 第2話・時空遡行軍討伐任務 - ンは思う。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

5話

ある日、俺は学校が終わって家にいた。

「ねぇお兄ちゃん!

これ読んで!」「ん?」

と、テレビを見ていた妹の葵から一冊の本を手渡された。 その表紙には綺麗な花が描かれており、『花丸物語』という題名で書かれていた。「これって......」 俺の記憶では、この本は......

ソードアート・オンライン ~巨狼~ - 第4話 デスゲーム開始 - ニユナタウロス - ハーメルジカクニンスルカラ - ンッ

2022年11月6日(金)午後5時25分

アインクラッド第一層トールバーナー―はじまりの街中央広場――

「......なるほどね」

そう呟いて辺りを見渡すのは、先ほどこの広場で《始まりの街》にいる全てのプレイヤーを転移させた男である茅場晶彦だった。 彼は周りを見渡して、ここが現実の空間ではない事に気付く。(これは、夢か......?) そう思い自分の頬を思いっきり抓ってみるが痛いだけで目は覚めず、試しに近くにあった木に手を触れてもちゃんと触れた感覚があった。そしてふと右手を上げてみればメニュー画面が出てきたので開く動作をすると目の前に半透明のウィンドウが表示されたので確認すると、そこには現在時刻の16:45

と表示されていた。それを見て数秒間だけ考えると直ぐに決断した。「なら折角だし楽しむか」

そう言ってからウィンドウを消して、もう一度周りを確認してみると全プレイヤーがこの場に集められている事が分かったため、改めて茅場は口を開いた。「......諸君らは今、何故と思っているだろう。なぜ私はこんなことをしたのか?

と。私の目的はただ一つ、この状況を作り出した神を殺すためにこのゲームを作った。だが、奴はこの世界に来てはいない。だから私が代わりに奴への挑戦者になる事にした。奴が作り上げた世界に閉じ込めて、殺し合いによってどちらかが死ぬまで出られないようにな」

そう言いながら天高く手を翳すと空が一気に暗くなり始め、突然地面が輝き始めたかと思うと足元が大きく光りだした。それを見ていた誰もが眩しさに目をつぶった次の瞬間には転移が完了していた。

【sao】異聞 ~焔ノ太刀~ - 第0話 "プロローグ" - ンと

2023/09/04(土)18:15『......これで終わりだな』

1

2022/7年10月6日午後5:50

都内某所にある病院内に一人の男性が入ってきた。その男性の名は本城

守樹(ほんじょう

まもる)と言い、ある理由により病院に入院している人間だ。『今日も1人救えたか......父さんにも母さんにも早く会いたいなぁ』 そんな独り言を言いながら病室で横になっている守樹は自分の家族の顔を思い出しながら目を閉じた。

2022/7年11月下旬

この日、ゲーム内でログアウトできない事を運営側から知らされた後に、茅場晶彦と言う人物による放送があり、その内容によると自分は現実世界でも死んでしまうというものだ。それを聞いた守樹はすぐに自分の家族が心配になり、すぐさま病院の受付に向かった。そして、医師より家族の名前を聞いてからすぐに走り出した。「皆!

まだ帰ってないって!」「あ、お兄ちゃん......」

走っている途中で見つけた看護師である女性にそう言われた守樹は走る勢いのまま抱きついた。「良かった......本当に無事だったんだ......!」「......ねぇ、お兄ちゃん?

もしかしてだけどさ?」 そう言われて守樹はすぐに女性から離れた。「うん。多分それで合ってるよ」「そっかぁ~」 すると女性は笑顔になった。それを見た守樹は安堵した表情をしていた。だがそれも束の間だった。「じゃあ何でお兄ちゃんは泣いているの?」「......え?」 言われて目元に手をやるも涙などついておらず不思議そうな表情をした守樹に対し、女性が言った言葉は守樹にとって予想外なものだった。「あれ? 自覚が無いのかな?

まぁそれは良いとして」「......」「もうね、お母さんが死んじゃってお父さんと二人暮らしなんだよ?」「!?」 母という言葉を聞いた途端、守樹の顔から表情が消えた。「だからお兄ちゃんも私達と一緒に生活しようよ♪」

ソードアート・オンライン ~死神と氷結姫~ - 第2話《デスゲームの始まり》 - ん

デスゲーム開始まであと4時間となった頃の事。アインクラッドでは第一層迷宮区前にある噴水広場にて二人の少女が話していた。一人は赤い髪にポニーテールをしている少女【篠崎

箒】と言い、もう一人は黒髪で頭にカチューシャを着けている少女【更識簪】と言った。二人はこのsaoを始めたばかりでその試運転も兼ねていた。βテスターではない箒とは違い一ヶ月間程プレイしていてある程度の知識はあるため、二人は既に攻略組になれる実力はあるのだが、流石にレベル1では不安があったのだ。「



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

6話

ある少年がひょんなことから異世界に転移してしまう。しかし、主人公の性格はどちらかと言えばオタクよりであり、特に英雄譚が大好きだったため冒険者になって成り上がろうとするのだが......146話『少年達が異世界にて奮闘するようです』

17才になったラティナは白崎香織から招待状をもらった - ep13 少年少女が行く迷宮都市へ?(1日目終了時点で登場予定者及びその他まとめ) - ヌオーヴォの街まで - クリオネの森-1- - ンは手紙を読みながらその内容を読んでいた

※ここからは読み手の方のセリフが多くなります、ご注意ください。

【プロローグ】「こんにちは!私、リリィって言います!」「...えっと...その...」←知らない人についてきた人「わあ~かわいいね~!迷子になっちゃったのかな?」「...え?...はい...」「...そっかぁ...でもどうしてこんな所に一人で来たのかな?」「.........」「......もしかして...誰かに連れ去られてきて...帰れなくなっちゃたとかかな...?」

161:以下、名無しの転生者に代わりまして名無しがお送りします

id:vb6djnp84>>165正解だよ。

162:以下、名無しの転生者に代わりまして名無しがお送りします

id:rwfhgtlx0m>>159よく分かったなぁ

あとがき

tips1.魔族とは人間とは別の世界で生活している存在である。そのため人間社会における生活様式などはほとんど存在しない。だが魔物という種族の中には人間と同様の生活を送るものも存在しているため、現代日本でもコンビニ等にいる客層などは普通の人々と同じである。2.魔法について魔術と呼ばれる技術により火、水、土等基本属性を筆頭に雷、風、闇、光の六種が存在する。3.冒険者ギルドについて依頼を受ける際には依頼書と共に申請を行い受理されるまでに時間がかかる場合がある。4.パーティメンバーを募集する際には職業だけでなくスキルなども記載する必要があるが、これにも理由がある。5.レベルアップ時に貰える経験値は一般的なrpgとは違って戦闘時以外でも取得出来るので積極的に活用してほしい。6.フレンドシステムについてフレンド登録をすることでダンジョン内外でプレイヤー同士が協力し合うことが出来るようになる他、パーティ人数を増やすことでパーティ内に出現するモンスターに対する適正レベルを上げる効果もある。7.ガチャの存在価値この世界ではゲーム内で登場する召喚用のアイテムではなく課金によってのみ入手出来る物のため、その必要性が低いためである。しかし無課金にとっては何よりも重要と言えるものであり、課金をする上で欠かせないものとなっている。8.ドロップ品と金策法これは運営からのお知らせです。本作においてキャラ以外の通貨は現実とは異なる設定となっておりますのでご注意下さい

戦国の鍛冶師 - 第03話 初陣 - ハーメルンは続きます

戦国の鍛冶師 - 006話 初陣 - ンは続きます

戦国の鍛冶師 - 007話 一軍vs一軍 - ンとミハエルの四人による戦いが幕を開けた!

「ミハエルさん!」「ああ、ここは私に任せろ!!」

剣道六段

薙刀二段

槍使い

銃使い

弓兵そして、忍者を従えるミハエルだが敵の大将首を狙って動き回る

「ええい、ちょこまかと!」

敵将の足止めをしていたミハエルであったが突如として現れた巨大な鉄の鳥からの攻撃を前にして撤退を余儀なくされる。 この襲撃者の名は『メタルギア・イクチオス』。 メタルギアシリーズのお決まりネタであり最終決戦にてラスボスとなる兵器だったそれは今、異世界での戦いでも同じく姿を変えて戦場へと降り立った。 「ミハエルさん、無事ですか



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

7話

「とある男が、ある日突然女の子になってしまったお話」の主人公。その男の名は『上田聖児(うえだかひと)』、彼は今...自らの体に違和感を感じながらも、日々を送っている。

【サンプル】 山姥切・長曾祢の場合 [fan-aids story. 0-1.00] (まんばちゃん) 蛍丸・愛染国俊の場合

【刀剣乱舞二次創作短編集】第一部rta - 第1話 - ん?ここは何処だ...?俺は確かあのまま本丸で寝ていた筈なんだが......

【本編開始までの主な登場人物紹介】 三日月宗近 [享年78歳]・天下五剣筆頭!最古参!みんなのおじいちゃん!(自称)

【凍結中】審神者と刀剣男士たちの和睦ルートの為に歴史改変主義者達と戦うことに決めた初期勢の一員。現在は政府非公認の組織である『検非違使』の総隊長兼任。ちなみにまだ顕現できていない。 平和だった頃の記憶がほぼないらしく、自分が何歳で誰だったのかも覚えていないようだ。現在本丸にいる刀剣男士たちとはそれなりに長い付き合いをしているらしい。

薬研藤四郎[真名:薬研通穹暦(いち兄ぃ)]レベル 128振り召喚済み短刀男士の中で一番最後にやってきた短刀達。・実は最初期からいた古株中の古株。一番最初に来た短刀達をまとめ上げるリーダー的な存在だったが、最近は三日月や江雪ら比較的新しい組員達に仕事を任せることも増えている模様。また、戦場には出ず、本丸内の雑務を担当している。

【凍結中】本丸ログボ企画レース小説第2部連載記念時空歌仙極レベリング実況プレイ - 1週目裏ルート歌仙育成計画始動~大阪城地下へ殴り込み前編part.2 - ンッ

<注意>

この動画は、様々な不幸な事故が起こった後に投稿された動画です。

不慮の事故によって死んだはずの俺が何故か別世界で生き残ってしまいブラック本丸に配属されてしまった話。 別世界の記憶はない。つまり俺ガイルを知らない、あるいは読むつもりがない人用解説回となります。 また本作では【重版しない予定】なのであしからずご了承願います。

うちの主様に色恋沙汰はまだ早かったようです。 - #1.うちの主は色事に興味なし - ンは何を 2週目歌仙endの裏側1話目 - ンとある本丸の話/この本丸のお話

「山姥切殿」

その声は聞き覚えのあるものだった。しかしどこで聞いた声だったか......思い出そうとするものの思い出せない。いやそもそも俺は今どこにいるのかさえわからないし声も出せない状況だ。

「お久しぶりですね」

懐かしい?こいつは初対面じゃないのか?一体何を言っているんだ。

「......っ......」「おや?」

待てよ、そうだ思い出したぞ確かあの時......あの時の夢か......?だとしたらこれは悪夢だろうか。それとも過去に戻ったという奴なのだろうか。もしそうならなぜ俺はあの夢で見た幼い姿なのか。

「私の声が聴こえないのですか......?」 1週目攻略対象その1(山姥切国広2) - ンとは? それは「カプ」とも呼ばれるジャンルの一つです。 二次創作界隈でも特に人気が高く、またr-18タグがつくものも多いことからわかる通り、エロ同人が原作の作品よりも多く存在します。

また本家本丸では審神者の意向により刀剣乱舞プロジェクトとfateシリーズのコラボイベント開催中です! 乞うご期待!! (なお、現在進行形かつ時間遡行軍戦国時代には出現せず難民続出中。この本丸に実装されてる個体数は0.5%以下だと公式ツイッターにて判明してます。) - 2 - ンは読み始める前の準備を怠らない・上 ― 『雨音月夜』 - ンッ

「なあ、歌仙」

そう呼ぶのはずいぶん久しぶりだ。その声に歌仙は手を止めた。振り返らなくてもそれが誰かわかるからだ。「......なんだい?主(あるじ)」「俺はずっと、お前を、お前に逢いたかったんだ。......ずっと会いたかったんだよ!歌仙!」

主の手が震えている。彼は泣いていたのだ。だから、歌仙はもう泣かないと決めていたのに涙が一粒だけ零れ落ちてしまう。それは主の頬を伝って畳の上に落ちていった。主に気づかれないように息を吸う。そして何事もなかったかのように作業を再開させた。 「......すまない、主は疲れてるんだ。今日の当番を僕から君に変えてもらおう」

厨で包丁藤四郎と一緒に夕食の準備に取り掛かる。燭台切やその他の連中は遠征任務に出ておりこの場にはいないものの、短刀たちの中には手伝ってくれるものがいる。歌仙もそのうちの一人だった。主に手料理を振る舞いたかったのだ。主が食事をしてくれないことに寂しさを覚えていた歌仙にとって願ってもない話である。

二周目打刀解ルート生存ルートプレイ - ンンンンンンンンンンンン

時は遡り、一週間後。僕は鍛刀場の前に立っていた。

「よし......」

右手を前に突き出す。目の前には炉の炎がある。これでいいはずだ。僕の考え通りにやれば。あとは結果を待つのみ。 チーンという音がして、火の中に玉鋼が現れる。成功してしまったようだ。恐る恐るそれに触れる。熱いとは思わなかった。ただただ重たくてずっしりとしていただけだ。そうして出来上がったそれをそっと掴む。これは僕の分ではない。まだ見ぬ彼の物なのだ。そう思うだけで心が躍る。ああ早く彼に会ってみたい。彼がどんな声で何が好きで嫌いかとか好きな食べ物とか聞いてみてそれから本丸の運営方針を決めていきたい。 早速部屋に戻ろうと思って、ふと顔を上げると誰もいないことに気づく。辺りを見回してみても彼しかいない。まさかと思い、慌てて他の部屋を覗いてみる。どこも同じ状態であった。そう、この本丸にいるはずの審神者の姿がどこにもないのである。おかしいと思いながら、こんのすけを呼び出そうにも通信機からはザーッというような砂嵐しか聞こえてこないので繋がらない。一体どういうことなんだ......?とりあえず本丸の中を一通り見て回ったけど誰の姿もなかった。......もしかしてもうすでに歴史修正主義者に連れ去られたんじゃ?そんなことを考えてゾッとした。しかし次の瞬間、その可能性はないと頭を横に振ることで否定する。だって



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

別の作品のキャラに差し替えてみた

昔、子供の頃に読んだ絵本で勇者(ヒロイン)として戦う事を誓った少年がいた。

その少女の名は【白鳥乃羽】と言った - 一章 二話『鬼狩り』 - ジイサンノキオク。 - ンは目を細める。それは夢だったかもしれない。「──だから俺はね」

彼の言葉を聞いてから随分と経ったような気がする。彼は私の頭を撫でながら何かを話しているけれどちっとも聞き取れない。私はただぼんやりとそれを見つめるだけだ。 それに少しだけ、ほんの少しだけ胸が痛むのはどうしてだろう? 夢の中での話だ。現実ではきっとあり得ない。 でも。そうであったとしても良いと思ってしまう自分が確かにいる。 この思い出をいつかどこかで思い出せればと思う私がいるのだ。 これは夢だ。夢ならばもう少し眠っていても許されるだろうか? そんな思考すら微睡みの中に溶けていくようだ......。

fate/mitosakamoon sleeping in the world of dream.

第一希望・加州清光さま - 【ニシガミ=ミコト】 - イセカイデハナレナカッタノダカラ

fgo/mitosakamoon sleeping rtaこの話はフィクションであり実際の審神者同士の刀剣乱舞についての話題などは一切関係ありません!

fgorpg マイカルデアライフ - 一章 三話 『雪原を歩く』 - ンッ!! 吹雪の中から何かが飛び出してくるッ!!!

fake/mitosakamono rebirth - カグヤサマ。 - ンッッッ!!!!!!!!!!!! その日、目が覚めたら見知らぬ世界に居たんだけれども誰か助けてくれませんか? そして俺は、なぜか山の中腹にある神社らしき場所にいたんだよ。

fgorpg ミトシカイザー - 第ニ話 『赤い月は不吉の前兆か?』 - ンとある日の事だったんだ。

fgorpg ミトシカイザー - (キャラ紹介!)三日月宗近(三日月=宗近というキャラです)(cv:緑川光)ステータス:筋力a耐久b敏捷a魔力ex幸運a宝具-(fgo

ミトシカイザー)クラス別スキル・領域外の生命:ex文字通りの規格外。宇宙空間だろうが地底であろうが関係ない。例え真エーテル濃度の高い場所でさえ、活動が可能。

千子村正ァ! fe覚醒ロスト0チャレンジ!! - 1-1 『雪原を歩く』 - ンは初めて見ましたけどとっても面白いですね! えっへへー!(語彙力消滅)

fate/mitosakamoon sleeping race /mitosakaminabe_tsukumi / 本作ではミトシ様ですが、特に理由はありません。

俺の名前は三日月宗近。天下五剣がひとり、三日月宗近だ。......いや、待てよ? この気配、尋常じゃないぞ......? どうやら、主殿とは違う世界に来てしまったようだが、これはこれで面白そうだな。はっはっはっはっはっ!!!!! はい、というわけでfgorpg版2部から登場した新コンテンツ『fate/mtoshen

if

dreamer phantasma』(通称ミトシン)を遊んでいきたいと思います~。

【本編完結】fate/grand order 煉獄姫君物語 ~天彗ノ御魂~ - ミトシンとはなんぞや!? by作者コメント - イントロフィー獲得ルートクリア記念ガチャ回してたら当たっちゃった☆5 ミトシン降臨記念回投稿おめでとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!????

【一発ネタ】fgoゲームシナリオ「マギ・マリ!」における第6章および最終章に登場する敵キャラクター【魔人族の少女】イラスト集3種がすべてそろった時に得られる称号・限定聖杯を獲得したプレイヤーに向けてもらえる呼符100枚分の聖晶片(1枚10個集めると確定1つ出る。ちなみに最大200個) 魔神柱・ゲーティア・黒幕系サーヴァント・グランドセイバー召喚済(セイバー枠のみ)魔帝戦役終了時(ゲーティア撃破済み)第4章までに召喚された全プレイヤーキャラのうち、合計50名を対象として発動するイベントクエスト――“絆の力”



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

プリキュアのそっくりさん

ある日、私はいつもと変わらぬ日常を送っていた。だが、そこに突如として現れた謎の生命体・スマッシュ!奴らが街を壊すのを止めようと、私もまた戦いに身を投じた。 しかし敵の強大さに敗北し、相棒であった燭台切光忠が重傷を負うこととなる。 この時に負った傷が原因で刀剣乱舞の世界に転生したようだ......っておい、誰か鶴丸国永持ってないか?

真伝・山姥切の主 - 17.「その男」 - ンは愛らしい生き物だと思う。 - ムン

「お~い!こっち向けよ~」

パシャッ

#2番手

『私の名は三日月宗近という。そちは我が主の友か?』「あ...ああ......そうだぜ?」! - ヌ

#1

『やあこんにちは』

『はじめまして』

『僕はミズキという名前だよ!』

『君の名前も聞いていい?』

『うんいいよ』

『僕のことは気軽にみっちゃんて呼んでねっ』

#2

『え~何々この絵柄ってもしかして......』

『あーそれ多分僕じゃないなぁー』

『でもなんか可愛いよね。じゃあこれは誰なんだい?』

『うーん......あ』

#3

『え、僕が本丸の中で一番年上?』

『いやだって君まだ赤ん坊でしょ』

『そんなわけないじゃないかぁー!』「ちょっとそこ行くお嬢さん、俺を見ねぇか?」 (えっ......)

fate/extinctaronline - 第28話 「その男」2 - ンッッッッ!!!!

「─────────っっっ!!??」

あまね様から渡された短刀を受け取った瞬間、まるで脳天に雷でも落ちたかのような衝撃が走ったような錯覚に陥ると同時に視界が大きく揺らぎ始めた。

いや、実際に揺れているのは僕の頭だけではない。

今まさに手の中に握られている"それ"も同じだった。

「......どうかなさいましたかな?」「い...いえ......」

突然のことに動揺を隠せずにいた僕はという音と共に一枚の写真が落ちる。

刀剣乱舞・焔霊穹奇譚【刀剣納刀】 - 第3話 - ンッ

「あっ、起きたっ!?」

朝起きると同時に声をかけられたかと思うと、視界が真っ黒になった。

え、なにこれ。目隠しされてる??なんで???俺何したっけ!?!?

混乱して思わず叫びながら飛び起きようとすると、それを遮るように声の主が慌てたような声を上げる。「ちょっ待って!?動くなって!!今外したら目が眩むぞ!!」「えっ?」「あ ゙~~~~~~~~~~っ!!!!??」「うわあああああああああああああ!!!!!!!」

突然耳元で叫ばれた声に

刀剣乱舞・妖魔世界伝 - 第2話 愛染国俊「おりゃああああ!」 - ンは愛読しています! - 【本編】第一章開幕前の出来事です - ンとある日のことでした。ある場所にて......。

「うああああああああん!」

ある屋敷にて一人の男が号泣していた...彼はその人物をじっと見つめていた...。男はこの屋敷の家主である。家主の男の近くにもう一人いた。それは愛らしい少女だった。彼女は彼に話しかける。

「...どうしたのですか?」

「うう・・・実はな・・・。」

涙声になりながらも、彼は言う。すると後ろから別の男が現れた。黒髪で背丈の高い男だ。そして彼がこう続けた。 「ついに俺たちにも子供が出来たんだよぉぉおおおおおおおおおお!!! やったよなぁああああああ!」 彼の発言を聞いた瞬間、彼女の頬が朱色に染まる。しかしすぐに元の表情に戻る。

「そうなのですか?良かったですね...。」「いや待てお前なんでそんな無表情なんだ...?」 するとさらに別の男が現れる。今度は赤髪の男性だ。こちらもまた背の高い男性だった。彼は続けてこう言った。「そういえば名前考えてくれたか?」 彼はハッと気づいたかのように言った。「しまった!もう名前は考えたのか?」 それに対して男は満面の笑みを浮かべて答えた。「もちろん!ちゃんと考えたぜ!!」 そう言って彼は紙に書いたものを三人に見せた。そこには

『愛』とかかれた文字が書かれていた。それを見て彼らは大笑いした。 それを見た青年は思った。『この人たちこんな性格だったか?』と。そしてさらに追い打ちをかけるかのように...。

その日本丸に顕現したばかりの刀剣男士がいたことが発覚したのです。 山姥切国広や鶴丸国永、和泉守兼定などがいます。彼ら以外にもたくさんいるかもしれませんが私は知りませんのであしからず!!

あるところに審神者がいた話 - とある本丸のお話。一話・加州清光は人懐っこい。 - ンは初めて投稿します。至らないところがあっても暖かい目で見てくれると嬉しいです。

私の名は三日月宗近。旅先で出会ったのは物吉貞宗であった。 - 第3話:歌仙兼定は物好きが多い - ハーメルムナウトです。 これはある本丸のお話である。

俺の名は物吉貞宗。主様に大事にしてもらってる、幸運を呼ぶ短刀だよっ! 最近、仲間入りをしたばっかりだから、とってもワクワクしてるんだよね。 それに僕は前の本丸だとあまり活躍できてなかったし......今じゃ新参者だけど頑張ってるんだっ! それでね、今日は僕以外の仲間を紹介したいと思います! それじゃどうぞー

【我が本丸】1・物吉貞宗2・一期一振、二振り目の粟田口藤四郎 3・薬研藤四郎4・太鼓鐘貞宗5・燭台切光忠6・へし切長谷部7・小夜左文字8・蜻蛉切9・江雪左文字10・厚藤四郎11・包丁藤四郎12・石切丸13・次郎太刀14・太郎太刀15・蜻蛉切16・村正17・岩融18・獅子王19・三日月20・石切丸21・小竜景22・大倶利伽羅23・小脇差24・にっかり青江26・浦島虎徹27・長曽祢29・蜂須賀30・骨喰31・日本号32・蜻蛉切33・御手杵34・平野藤四郎35・前田藤四郎36・鳴狐37・大包平38・蛍丸国俊39・愛染国行40



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

仮面ライダー系

その日、一人の少女が、平凡な日常に訪れた。

「こんにちはー!初めましてっ!」

突如として少女の元に現れたのは、“異世界の神様”だった。 少女はその神と名乗る存在から告げられたとおり、戦乱に巻き込まれるべくして生まれ落ちたのだという。 この出来事を神の御告げだと思った彼女は戦場に身を置くことを決める。 戦いの中で多くの仲間が傷つき、倒れていくのを見ていくたびに思うのだ。自分もまた誰かの役に立っているのだという実感が得られるからだ。 そうして戦ううち......。 ある日、少女は仲間たちの中でも抜きん出た才覚を持つようになる。 それは武芸や勉学といったものではなくて――

ダンジョンで拾った廃材置き場で見つけたダンまちのゲーム - 第0話・プロローグ ~とある青年の軌跡~ 2/2 - ンッ

俺はずっと一人ぼっちだった。だから友達が欲しかったんだ。でもそんなの無理だよな?だって人と人は分かり合うことなんて出来ないもの。俺はずっとそう思っていた。

全滅都市ホロライブオルタナティブ【アニメ編】 - 第01話 『ようこそ、迷宮へ』 - ムン

『フレンよ、お主はいつになったらこの道場を出るつもりじゃ?』「......はい?」

朝起きたらいきなりおじいちゃんからそんなことを言われてしまった私は思わず目をパチクリさせてしまっていた

『いやな?儂ももう歳じゃしのぅ。あと一月ばかりしたらここを出ようと思っておったところなんじゃ』『......うん、それで結局どうしたの?』『うむ、それがな......今ここでお前さんと顔を合わせている理由にもなるのだが......』

そこで言葉を切ったおじいちゃんは突然正座をする姿勢になり、両手をついて頭を下げた!

「どうかウチの孫娘と仲良くしてくれぬかっ!?」『え ゙ぇぇぇぇ~~~!?』(困惑) 突然のことにびっくりした私の反応を見て、おじいちゃんは顔を上げて再び口を開いた『実はのう―――――――――――――――――――.........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

童話の格好してます

ある日、この世界に生まれた私は転生者としての記憶が宿っていた。その記憶を元にこの世界では『魔法』と呼ばれる超常現象が一般的に知られている世界で生きる一般人として生きていたが・・・ある日、ひょんなことから「ダンまち」の世界であると知った

ダンジョンで三日月を武器にする英雄 - 第10話 - グレス王国王城・食堂

朝食を食べ終えた三日月達は現在、城内の食堂にて食後のティータイムを楽しんでいた

アストレアファミリアはオラリオを出たあとも定期的にホームに帰っており、ロキファミリアも同様であるそして、今日は遠征を終えて帰還した眷族達が多くいるため大人数で食事をしようとしていた。なお、本日の食事当番はアリーゼであり彼女もまた、アストレア達の帰還を聞きつけると直ぐに厨房を借りて料理を作り始めていた。しかし、料理ができたのは数分後であったのだが・・・。

「みんなお疲れ様~。今回の遠征は本当に助かったわ!!それに、このあとはお好きに食べていってもいいわよ!!」

「団長、それはいくらなんでも無理です」

「・・・いや、できるよ・・・・!」

「輝夜?」

「「「「っ!?」」」」 突然の声に全員が声の発生源に目を向ける

「今回に関しては、確かに遠征帰りということもあって多少は多めに見るべきだな。ただ、アルフィアが言うように少しは遠慮したらどうだ?それと、今回は私が作ったから早めに食べるんだな」 「ありがとう、そうするわ~」そう言って椅子に座りながら手を合わせる女性ーー

【静寂】のアルフィア

アストレアファミリアの元主神だった人物だ。かつて『勇者』と呼ばれていた彼女はかつての仲間と共に『七年前』に起きた事件をきっかけに姿をくらましていた。だが、ある日突然オラリオの街に訪れ現在は彼女達の家となっている場所で生活をしていたのだが・・・そんな彼女は今ある事に悩まされている

【静寂】アルフィアが抱える問題とは・・・?ダンジョンに出会いを求めるのは間違いではない - 第一話:始まり - ンは現在迷宮都市オラリオにあるギルド本部を訪れていた。

「・・・・・・・・・・・・・・・はい、それではこれで報告を終わります。お疲れ様でした」ガチャ そう言い電話を切った男ことライネルはある紙を取り出す

「・・・なるほど、今年も豊作か・・・」その紙に書かれている内容を見ながら一人呟く

「・・・さて、そろそろ帰るとするか・・・」

俺の名前は『ライネル・クラネル』、ここオラリオでは聞いたことがないかもしれないな俺は今ダンジョン攻略をしている最中でな、冒険者になった理由は色々あったのだが今は割愛するとしてこのオラリオには一年に一度開かれる世界規模で行われる行事【怪物祭】がある。しかし、毎年大勢の観客達がやってきていて今年は特に人が多かった・・・

そんな中一人の少女が歩いていることに気づかないまま彼は帰っていく、しかし次の日とある少女と出会うことになるなど誰も予想しなかった

そして時は進み半年後

「よし!こんなもんかな!」俺こと【ライネル】は地下室で一人で武器を振り回して鍛錬をしていた。「今日はここまでにするか・・・っともうこんな時間か。そろそろ飯の準備をしないとだな」 そう言って俺は部屋を出てキッチンへ向かう

リビングから見えるキッチンにて食事の準備を済ませたあと俺は椅子に座り食事を始める「うん、今日も美味いな」料理を作った人に感謝しながら食べていると突然家のインターホンが鳴った

「ん?誰だろう?」そう思い席を立ち玄関へ向かい扉を開けると

「あのーすみません、私今日オラリオに来たばかりでここがどこだかわからなくて困っているのですが・・・・?」扉の前にいたのは栗色の髪をした可愛らしい女の子がいた「そうか、なら中に入ってゆっくりすると良いよ」俺がそう言うと女の子は笑顔で「ありがとうございます」と言いながら家の中へ入って行く

あとがき

やはりダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか - 第二話 - ンはヘスティアをリビングのソファに座らせて飲み物を用意し向かい側のソファへと座った「それで君は何処から来たんだい?」俺はそう聞いた「・・・実は私は遠いところから来たんです・・・」「へぇ~そうなのか」 正直嘘だと分かっているでもこの子の話聞いてみたいしな、それにもしかしたら何か手がかりがあるかもしれないそう思ったので聞くことにした「・・・本当なのかい?」「はい・・ただ信じて貰えないと思うんですが・・」その話を聞いた瞬間、俺の頭に電流が流れたような感覚があった「信じるよ」その言葉を聞いた少女は驚きながら聞いてくる「えっ!?本当に信じてくれるんですか!?」「ああ本当だよ」そんな少女の言葉に笑いながら答えると彼女は少し泣きながら抱きついてきた「ありがとうございぐだざいます!」俺はそんな彼女の頭を優しく撫で落ち着かせるようにしていると少女が落ち着いてきたので離れてもらうそして落ち着いた彼女を見て話し始める「まず俺の名前は三日月宗近っていうんだよろしく」「わ、私の名前は春崎ゆずです・・・よろしくお願いします三日月さん」「こちらこそよろしくねゆずちゃん」そう言っていると、急に扉が開いた「おーい三日月いるか~」「おや父さんどうしたんだいそんなに急いで入ってきて」



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

男に戻して見たテスト

ある時、一人の少女が夢に破れた。その少女の名前は『白井星音』という。その少女は憧れていたアイドルになりたいと言うが為に勉学に励み、そして見事トップアイドルとなるも、それは全て自分の努力の賜物だと信じて疑わなかった為、努力を怠る事を嫌う性格でもあった。しかしある日彼女は気付く。自分はただ努力しているだけであると......そこでこの物語の主人公である星音は己を見つめ直すと決意し、今までの自分が積み重ねて来たものを決して忘れず、その上で今の自分が出来る精一杯の事を追求する事を決め、その結果己の限界を知る事が出来たのだ。 この出来事以降、星音は今までの自分を省みて、更にはこれまで以上に自分磨きに励んだ結果、遂に全てのアイドルの力を身につけるに至ったのである。

ソード・オンライン ~unlimited elevens~ - 第0話「プロローグ」 - ンは星の夢のアインクラッド城にてキリト達と共に戦っていた。だがそんな最中、最愛の妹である『黒歌』が謎の光に包まれたかと思うとそのまま消えてしまった。それを目撃したsaoプレイヤー達は再び混乱状態に陥りながらも、彼女の無事を信じて必死に探し回ったものの手掛かりすら掴めないまま、攻略組は第三十層のボス討伐に挑んでいた。「......ねぇお兄ちゃん?」「......ん?

どうした?

リーファ?」「えっと......私の気のせいかな?

何か、私達って今......」「あぁ。どうやらあのモンスターの集団に囲まれちまってるみたいだぜ!」「嘘っ!?」

【ガンゲイルオンライン】 - 1-1 キリト、新たな世界へ - イレギュラーなる存在との出会い - ジゲンノカケラα編ーその一 再会の約束 - ンッ

◇◆◇◆◇◆

side:キリト

俺達はデスゲームから生還した後、現実世界に戻って来ても尚、俺はとある事件に巻き込まれた際に負った怪我が原因で入院生活を余儀なくされてしまった為か、未だにリハビリで松葉杖を使わなければ満足に歩く事も出来ないくらい筋力が落ちてしまっていたので、現在リハビリも兼ねてアスナやシノン達が通う学校とは別の高校へ通っていた。そして俺が通っている学校では文化祭という行事を準備していた。

「なあ桐ヶ谷君よ~。お前って確かsao帰還者だったよな~?」「うん」「やっぱそうだよなぁ~!

だからお前とお前の嫁さんみたいな子がいるって話だって知っててよぉ~」「はぁ!? アンタ何考えてんのよ!?」「いやなにぃ、お前達がsao帰還者の事を話題にしている時に俺もsaoにいた知り合いの事を思い出してさぁ、そんで聞いてみたんだよ。そしたらそいつ等ってば俺達と同じ学校にいるんだって言っててなぁ~♪」「マジでぇ~!

それでぇ、ソイツ等はsaoで知り合ったのか!?」「ああ。俺が知る限りだと俺を含めた三人だよ......っと、この話はまた今度にしておくかな......?」「そうかい?

んじゃぁまた明日なぁ♪」

ソードアート・オンライン ~悪魔の剣技を持つものと女神の眷属となったもの~ - 第005話 イレギュラーなる者 - ンは進み行く - イン - グリードアイズ - ジット - ンは進む - イン

2023年10月2日16:43『in

distression』

キリト

「......よし!」カチャッ

俺はそう言って左手でメニューウィンドウを開き、右手に愛剣である《夜空》を持った。

「いよいよ今日なんだな......」そう呟いた。 そして俺はベッドから降りて立ち上がり、アイテムストレージに入れてあるとある物を取りだした。それは黒い布地の羽織のような防具だった。それを上から被り、腰に愛剣を吊るして背中に黒龍紋が入ったコートを着て部屋から出た。すると扉の前で待っていた二人が話しかけてきた

「あら?

どうしたのよキリト?」

「どこかに行くんか?」

「あぁ、ちょっとな♪ じゃあ先に行っててくれ」

「えぇ、わかったわ」

「ほいな~」と返事を聞いて俺は転移門のある場所へ歩いて行った。

2022年11月6日13:56第一層はじまりの街転移門前

俺は始まりの街にいるプレイヤー達を見回していたが目的の人物を見つけることができなかった。「アイツらがいればすぐに見つかると思ったんだけどなぁ......」俺がそう思いつつ再び歩き始めようとした時だった――突然、俺の隣から一人の少女が声をかけてきたのだ。「お兄ちゃん......だよね......? お兄ちゃんも来てたんだ......!」「うぉっ!?」突然の事に思わず変な声を出してしまった俺だが声の正体を見てさらに驚いてしまう......!そこにいたのは妹と同じ黒髪赤眼を持つ少女だったからだ

2021年11月9日12



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

本物のおじちゃんキャラ

ある研究所の地下で生まれた少年・九条武は、幼いながらに高い戦闘センスを持っていた。そして10歳になると同時に彼は研究所から脱走するが、すぐに捕らえられそうになる。しかしそこを、三日月という名を持つ老人によって救われた。それからも彼は戦い続けた...... 今作では、高校生になったばかり。三日月とはまた違う研究所にいた為、「人斬り」としての戦い方を学んでいたようだ。性格には大して影響は無いものの、その過程で人を斬るという事に関しては何の躊躇も無いらしい。ただ、普段は普通の学生生活を送りたいらしく、「自分は人を殺したりなどしない!」と宣言しているようだ。

【本編】 プロフィール2 名前:三日月宗近性別:男身長・体重:179cm65kg属性:水/木/土年齢:???誕生日:??月??日血液型:b型rh-出身地:???趣味:刀剣観察 愛読書 :日本史・古事記系統 好き :甘いもの全般嫌いなもの:苦いもの特技:将棋(特に香落ちや詰将棋を得意とする)苦手なこと:搦め手好きな食べ物:羊羹

本作の主人公。ゲーム『アズールレーン』に登場する三日月の一人である。他の三日月達とは違い、服装はかなり特殊な和装束を着ており、髪型が銀髪のポニーテールではなく白髪ロングになっている。外見年齢的には20代前半に見えるだろう。口調は非常にのんびりしており間延びした喋り方をするようだが、実はかなり頭が回るようで、よく周囲を驚かせたりする。しかし本人曰く「別に考えてない訳じゃないよぉ~」との事だそうだ。見た目に反して義理堅い面がある人物であり、一度約束した事は決して破らない主義でもあるらしい。【本作品における主なキャラクタ達の設定について】原作ゲーム『艦隊これくしょん』においては初期艦と呼ばれる5人の一人として登場していた。本作ではオリジナルキャラとして登場し、主に戦闘面での役割を担っている。

アズールコンバット~うちのルーキーが、なんかおかしい件について~ - ウチの可愛い妹分達はとても仲良しなのです!!? - ンは基本 - ジジイと爺様って呼び方の差って何なんだ? - ジジイはともかく爺様の見た目が完全にお爺ちゃんなのは何故なのか......? by雪蓮

雪蓮「ねぇ冥琳」

一刀「......なぁに?」

雪蓮「あの子たちって歳いくつなのかしら? 私よりも年上......よね?」 冥琳「......さあな」

真・恋姫†無双 周回プレイヤージョーカーズは民度が低い

私の名前は北郷一刀!どこにでも居る高校生だった筈なんだけど気づけば白い空間に立っていて目の前に神様みたいな人が居たんだ。どうやら僕は死んでしまったらしいんだけどその事に全く気づく事ができなくてそのまま流れに身を任せていたら別の世界に転生する事になったんだよね。そして僕が今何をしているかというと......。

「兄ちゃーん!」 「こらそこー!! また一刀様に抱っこしてもらいましたね!?

羨ましいです!!」 「ずるーい! ボクもボクもーっ!!」 「あぅ~う~」 「みんなズルいよーっ!?」 幼女軍団に囲まれながら天使のような微笑みを浮かべつつ授乳プレイ中であった。

ゲームしてたら孫悟飯になりました - 第7話『孫家、家族会議』 - ンと

第7話『孫家、家族に認められる為に』 - ンッ

どーせ俺はもう助からないんだろぉけど。

ならせめて、俺という存在を忘れないでくれるように......。 この胸に刻み付けておくよ......俺が愛した人たちとの時間(思い出)を。

刀剣乱舞 繚乱物語絵巻

ガンダムビルドダイバーズトライ《篝火》 - 第8話『新たなる門出』 - ンは

第7話『新たなる門出』まで、遡ること一週間前へ跳ぶンですよ

俺の名は三日月宗近、しがない農村の生まれで今じゃ只人(ヒューマン)として生まれ変わって18歳になったばかり。

前世の記憶を取り戻したのは5歳の頃だ。きっかけは畑の土の中で拾った小さな石ころ。それが俺の魂だったってことかな? それからというもの、ずっと夢に出てくる前世の記憶が鮮明に蘇ったんだけれど、その記憶にある一人の女性。 その人はこの大陸の王族であるアシュレイ・ミラージ姫に仕えていた従者の一人で“月読”と呼ばれている人物であり、そして俺にこの命を授けてくれた人だった。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

隠居中?

私は、ある日突然現れた宇宙船の艦長に就任した。

地球から遠く離れたとある星系の宙域で、突如として巨大なワームホールが出現し、そこから無数の怪物が現れ始めたのだ 我々はこの奇怪な事態を収拾すべく動き出したのだが、そうこうしている間にも怪物たちは増殖を続け...... そして今まさに、私が指揮する部隊にも怪物たちが迫りつつあった! この危機にどう対処すべきか思案していた私に声がかかった。 曰く「自分たちに任せてほしい」と――

<ゲームでも始めましょうか> - #2 チュートリアルミッション ~初戦闘~ - ンは再び 第4話・戦闘シーン集 『私の名は三日月宗近』(一章終了時) - イン

【プレイヤーネーム】三日月

宗近(本名:三日月)

【性別】男

【身長】185cm

【職業】侍

hp200000/200000

mp25000/1200000

レベル880

攻撃属性

刀剣×1.物理防御4.状態異常無効5.魔法耐性6.体術7.武器スキル1:

二天一流流派:永全不動八門;守主攻勢.

hp減少後毎秒最大速度30%(小 1-4 イベント発生のお知らせ ~その2~ - ンは疑問を抱く。 ――なぜ自分はここにいるのか?

『さあ、これから君たちにはバトルをしてもらいます!』「......はい?」『今から戦うのは“モンスター”です』

『“モンスター”とは?』『モンスターというのはですね......』

――それはかつて、人類史において大きな影響を与えた生物の名だ。

『“モンスター”ですか』『そう、モンスターですよ』

『――それがあなたたちの仕事です』

「――以上!」

スクリーンの向こうではゲームマスターの説明が続いていた。

「......おい、ちょっといいかい!?」

手を上げて発言したのは赤毛の男 キャラクターメイクとチュートリアル(戦闘まで)第一話「序章」終了時点でのキャラデータまとめ・設定資料集 - ンはアニメ化作品も二次創作も大好きでしてですね、なのでこの小説でもその雰囲気を出そうかと。ちなみに世界観としては、ありふれてると思いますし......異世界系ってジャンルがあんまりないのでは?と思ったので

刀剣乱舞rpg ~eapon realy~ - 第0-5話:「第一幕:始まりの音」(1/4) - ンッ

<オープニング映像>

――私は、何の為に生まれたのかずっと考えていた。

ただ漠然と生きて、何も成せず消えてゆく人生に、意味は無いと思っていた。 だがそんな私に“彼”が現れた。 そして彼にこう言われたんだ...

"君は何をしたい?" だから私はこの世界で生きたい。 私が見つけたことの意味を知るために......!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ここはどこでしょう......?

fate/grandorder carnivation - 1-1:第三幕「第二幕:運命の車輪」(1/4) - イリヤside - ンと

fate/grandorder

carnivating

phantasmagazine. ――第五次聖杯戦争は、セイバーオルタによって引き金を引きました・・・。 冬木の街に黒い太陽が生まれ、そこからは炎が溢れていました。 それを止めるべく動いたのは・・・士郎君です。 私は彼に助けられましたけど、でも同時に、彼もまた傷つき傷ついてしまいました・・・。 彼は桜ちゃんを助けるためならどんな事だって厭わない人なんだと知った時にはもう遅くて・・・。 それからは彼が傷つく度に胸が痛くなりました。 それでも桜の幸せを願うからこそ、彼女は衛宮邸で暮らすことに決めたのです。 けれどやっぱり辛い・・・。

fate/grandorder carnivancen twins;heartfull blade

イリヤスフィール・フォン・アインツベルンという少女がいる限り、私は彼の傍にいようと思ったんです。

月姫×fake - 第1話:2度目の目覚めと第4の主従関係 - ンは目を覚ますと同時に、自分が見慣れぬ場所であることに気づいた。「・・・ここって・・・?

私・・・」(確か・・・セイバー達と一緒にいて・・・)

そう。彼女にとってはこの光景も二度目だ。一度目は第四次聖杯戦争終盤の記憶を失っており、今になってようやく思い出してきたのだ。 そして自分の格好がいつの間にか変わっていたことに気づく。(これは・・・あの時着ていた服?) 彼女の身に纏っていた服装は、青いリボンタイブラウスの上に白地のベストを着ており、紺色のプリーツスカートを履いている。「これって・・・」 さらに、自分の手や足の先にある物がいつもとは違っていることにも気づく。「手ってこんなに小さかったっけ? それに足も長いような・・・・・・」 しかし彼女はそんなことよりも、まず自分の体を確認しなくてはならないと思い至った。(私の体・・・どうなっちゃってるの!?) 私はそう思いながら近くの窓ガラスに反射する自分を見て驚愕した。そこに映っていたのは・・・黄金色の髪を持ち翡翠色の瞳を持つ少女だったからだ。 信じられないと思いつつも、試しに顔を触ってみると鏡のような物がないため顔は分からないがその輪郭からして明らかに女性であることは分かった。「・・・・・・嘘でしょ?」 これが・・・“彼”になった私から初めての言葉であった。

fate/staynight hubara - #2 それは夢のように美しく儚いもの episode2:新たな人生へようこそ - ンと三日月が目を覚ましてから10日後・・・

あの後、目を覚ました三日月を連れて病院を出たエミヤは彼女に『衛宮邸』で暮らすように提案し彼女もそれを承諾し、エミヤと共に衛宮邸まで向かっていたのだ。もちろん、彼の後ろには先ほど目覚めたばかりの三日月の姿もある。そして彼が向かう途中、彼はずっと気になっていた事を聞いてみた。「三日月くん」「・・・何・・・?」「君はどうして自分のことを覚えていないんだい?」「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

三日月の質問に、しばらく考えた後こう言った。「思い出せないの・・・・・・私が誰なのか・・・何をしていたのかも・・・・・・名前すらも・・・・・私は・・・一体何者 #2「聖杯戦争とサーヴァント 後編 ~序~ 第三話 『召喚』 - ンは混乱しつつも、この体でどのように戦えばいいのかを考えていた。その時──

『セイバーよ!』

突如として頭の中に男性の声が響き渡ってきたのだ。それは、とても威厳があるようで声だけでも分かるくらいに凄い人物なのだと感じ取れた。ただ一つ言えるのは、恐らく彼が今回の聖杯戦争において最強であるということぐらいだ。『我が名はギルガメッシュ。此度の聖杯戦争でアーチャーのクラスを得て現界している』「・・・ギルガメッシュ・・・」 男は自分のことをそう名乗った。つまり彼は、神話に出てくる王の中の王である英雄王ということだ 第一章「三日月」rta風短編 其ノ壱 - ヌン・ガズナフ part.2 - ンはヌン・ガズナフと愉快な仲間と共に海へ行こうという話になって、その計画を練るのだが......。

◆◇◇◇◇◇

1.

海の男は朝が早い──というのは有名な話であり、三日月も例に漏れない一人だ。

しかし、だからといって彼が毎日朝早く起きなければいけないわけではないし、ましてや今日は休日ということもあって、いつも目覚まし時計のアラーム音で起きるような殊勝さは持ち合わせていないようだった。

三日月が寝ているのは彼のだ・・・?

ソード・オラトリア・オルフェンズ - 第十一話 - イン - ンは、『私』が目覚めた時を覚えていない。正確には、私の意識が戻るより前の事を思い出せないというべきだろうか?「う~ん」と唸り声をあげながらベッドの上で上体を起こす。辺りを見渡すも誰もいないし何もいない。それどころか部屋すらなかった。

「・・・え?」

困惑して周りを見ても本当に何もない。一面真っ白な空間が広がっているだけだった。しかしどこか既視感があったのだ。何か大切なものを忘れているような・・・。しかし考えても答えが出ないまま時間が経過する。そうこうしていると遠くから足音が聞こえて来たのに



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

アニメの三日月1

ここはとある世界のどこかにある世界。この物語の主人公『高宮(たかみや)

花音』は、転生者である。彼は前世の記憶を取り戻すと同時にこの世界で生きることを決めた。そして、彼が現在住んでいる場所が――

刀剣乱舞 戦場にて微笑む乙女 - 第弐話 2振り目の名剣・二代目 後編 - ンは彼を好いているのか? - イセカイセイカツpart2 - ムニィ - メェス - ンと

俺は三日月

大河。元一般人で現刀剣男士だ。俺が審神者と呼ばれる職業になったのはつい最近のことだ。

「花音さんってさぁ~......本当に可愛いよねぇ」「うんっ!あまみつさんは綺麗系だし、大河くんはカワイイ系の顔立ちだよね!」「そうでしょ~!あまみつもキレイだけど、俺もカワイくてカッコイイんだよ!」「......大河くんのそういうところがズルいなぁ~」

彼の仕事は審神者である。本丸と呼ばれる建物から出陣し、時間遡行軍という歴史を改変しようとする奴らと戦うのが仕事なのだ。俺こと三日月

大河はそんな本丸の中でも古株にあたる個体だ。だから、他のみんなとは年季が違うのだ。それに引き換えあまみつはとても若い部類に入るため、彼と仲良くなりたいと思う者は多いだろう。かく言う俺もその一人なのだが、いかんせん俺は男だ。男同士なんてありえない。だがしかし、そんなことは些細なこと。今の俺にはそれよりももっと重要なことがある。

それは......今世の親友であり相棒でもある“彼”のことなのだ。あまたの刀剣たちを打ち直してきたこの俺と彼は古い仲にある。それこそ、彼が初めて顕現した時から付き合いのある大切な存在なのだ。だからだろうか。あまみつに対して親愛を超えた想いを抱いていた。 「あ ゙~~~~~~!!!!はやくきてくれないかな~~~!!!もう四半日以上経ってるんだけど!!全然来ないじゃん!!!!!!!!!!!!!」「そんなに待たせてごめんね、大河くん......」 待ち侘びていたのは俺だけではなかったようだ。

真伝・三日月宗近伝説で俺たちの主さまであった彼を待つこと4日目となる今日のことである。 あと一歩でも来るのが遅いのなら、いっそ俺が迎えに行こうかな?などと考えながら茶を啜っていると襖の奥からドタバタとした足音が聞こえてくる。そして勢いよく開かれた襖の奥には俺の相棒の姿が見えた。「ごめん!お待たせしてしまって!!」「おせえよ!!!」 遅刻の原因である俺の相棒

山姥切国永は開口一番そう言い放った。 現在時刻は11時15分を指しているというのに、彼は何をしていたというのだろうか......?

三代目至高神 - 第1話. 俺、転生しました - ん???どこここ????

<side主人公>

目が覚めたら知らない場所に居た件について......。いやマジでここはどこだよ?なんか和室っぽいし、布団に包まれているってことは多分誰かの家にお邪魔しているのだろうとは思うのだが......

誰の家ですか??

まさか誘拐とかじゃないよねぇ!?!?!?

「......っ!!ようやく起きたか!」

うおおおぉぉ!!びっくりしたぁ~!!!!突然部屋の外から女性の声が聞こえてきたかと思えば、その直後に部屋に一人の女性が入ってきたのだ。黒髪ポニーテールで青いメッシュが入った美人さんだ...... しかもおっぱいが大きい。

三千世界を切り裂く刃 - 【幕間】審神者視点の話【第2章:前編】『新たなる物語の始まり』第4節:とある本丸にて - ジジイ視点のお話 1-1 - ンはカチカチやぞ

私の名前は五条悟。呪術師の中でも最強と言われるほどの実力を持った天才であり、現段階でも特級呪霊を無傷で倒すことができるほど強い者だ。しかしそんな私にも悩みがあった。

「あ"ーー仕事終わりましだぁー」

最近同僚が行方不明になったりと色々あって疲れていた私は思わずデスクワークをしていた椅子の上で寝転び、伸びをする。 このあと飲みに行く約束をしているのだが今日はもう無理そうだなこりゃ......。そんなことを思いながら私は目を瞑って眠り始める。

「おーい!起きろじーちゃん!!」「んにゃ?」

目を開けるとそこにいたのは金髪幼女だった。彼女は私が担当するはずの本丸の主である。確か今年で高校一年生になるはずだがその容姿は小学生並みであった。そんな彼女だが、なぜ彼女がこの時間までここにいたのかは謎だった。

「お主がなんでここにいるんじゃ」「えーとね、今日学校で抜き打ちテストあったじゃん?それに合格したからお祝いだってことで焼肉行くんだって!だから一緒に行こうよ!」 私はそれを聞いて呆れ果てた



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

アニメの三日月2

主人公は、とある国の姫。しかしある日突然拉致され、その国からの要求に応じないならば無差別に国民を殺すと脅される。逆らうことも出来ず、絶望する彼女は、自分の身代わりとなって捕らえられる。そして、三日月宗近が助けにきて、そのまま逃亡する事となった

tsfな日々 ~ゲームでも人生でもない!~ - 人物紹介・三日月宗近(みかづきそうちん)ver. 2 1 - ンはーじまーるよー♪ - ンとあるゲームのキャラを、別の世界で再現してみた

 

●rpg版fate世界:衛宮士郎 *スキルや武器などの一部のアイテムを除き、見た目はほぼ同じ。名前も同じく「三日月」だが、読み方によっては全く別物になるかもしれない。

【本編完結】刀剣乱舞 紫微風花伝奇譚・オンライン!(再投稿中!) - 第2話 - ジカ*1:20xx年発売予定のアクションrpg『ブレイブスターオンライン』内で登場するキャラクターのアバター名

★キャラクター●セイバー;アルトリア・ペンドラゴン(オルタ)*2:20xx年発売予定だったアクションrpg『ブレイヴマスターズ』に登場するキャラクターのアバター名

ソードアート・オンライン シノン編 - 第二話 『私......実は、この世界とは違う世界の人間なんだ!』 - イン! - イン*1:このゲームでは、各キャラにはそれぞれ固有の名があり、基本的にプレイヤー同士でも互いの名前を知らない事も多い。そのため、会話の際に出てくるセリフで名前が出てこない時は、よく名字だけで呼ばれる事が多いので注意が必要である※一部例外として、プレイヤーの間でnwoやaloのようなmmorpending

rainbows

と略されることもあるが、この名称の方が一般的であり、多くのユーザーが名字のみでプレイしている。

ソード・ワールド2.5 : mh4sjt リメイク - 1-4-1. - ドワイス家、その庭にて - ンと

私はアルトリア・ドワイス。イギリス生まれのイギリス育ちだ。

家族構成は父に母、そして弟一人という構成だが、私が十歳の時に母が病死したため、それから私は父の世話になりつつ一人で生活している。

「父上の仕事が一段落したら日本に行きたい」と言ったのは、そんな折の事だったと思う。 私はずっと、自分の育った土地から離れることを避けていたように思う。それはもちろん、日本の文化を学びたいからという理由もあったし、それになにより......父が故郷の地へ帰ることをひどく嫌っていたからだ。

「......?」

そんなある日、いつものように学校へ向かう途中の道を歩いていたところ、ふと視界に妙なものが映った気がしたのだ。 最初はゴミでも落ちていたのかと思ったが、少し進むにつれてそれがそうではないことが分かる。 路地の一角にある店先で、一人の老人がうずくまっていたのだ。それもただ蹲っているのではなく、どこか苦しんでいるようでもある。 明らかに尋常ではない様子の男を見て見ぬ振りも出来ず、気付けば私は彼に声を掛けていた。すると彼はゆっくりと顔を上げ、私の顔を見た瞬間ぱっと表情を明るくして立ち上がり、そのまま勢いよく抱き着いてきたではないか。「わわっ!?

い、いきなり何を!?」 突然のことに驚いた私だったが、男は一向に離れようとしなかった。それどころかさらに力を強めて体を押し付けてくる始末である。 結局男が落ち着いた頃には私も一緒に息を切らしていた。しかし男の力が強すぎたせいで苦しくもあり、さらには汗で体がべたついて気持ち悪くなってしまったこともあって文句のひとつも言ってやりたかったのだが......。「お主の体は実に美味そうじゃな......」 この妖しい物言いと、血走った目でこちらを見る姿を見て思わず血の気が引いた。すぐに逃げなければと頭では分かっているにも関わらず、なぜか身体が動かなかった。

fate/university - 第8話 契約と約束と - ん

「......ん?

もう朝なのか......?」

翌朝、カーテンの隙間から射す光によって目を覚ます。まだ眠い目を擦りながら体を起こすと、部屋の隅からなにやら良い匂いが漂ってくることに気付く。そちらの方へ視線を向けると、そこには昨日購入した食材を使って料理をしている三日月の姿があった。 布団から出る際に着替えなかったのか、寝間着姿のままの姿で台所に立つその姿はとても健康的とは言えない。だがそれでも料理をしながら鼻歌を歌っているあたり微笑



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

花丸の三日月

「仮面ライダージオウ・heartrial」 - ep.03:「魔王と姫、転生者2018」2 - ンは20xx年 - ん

「お~い!

おーい!」

「......う......うーん......?」

「ありゃ?

おっかしいなぁ......」 気がつくと俺は知らない部屋で寝ていた。そして隣にいた男――俺より10歳ほど若い男は何やら困惑している様子だった。とりあえず声をかけてみる。

「あのー......ここは?」

「あ、気がついたんですね!」

よかったぁーと言って、安堵したような表情を浮かべる青年。なんだかよくわからないが、ひとまず現状把握から始めることにしよう。

【リメイク版】艦これ×刀剣乱舞 和風ファンタジー 番外編&コラボイベント告知用s『earthern wars』【本編完結記念】 - 1. 「天龍ちゃん(♀)」、顕現ス ~その1 -【乙女ゲーム世界に来てしまった審神者と山姥切の話】第1話 - 第4話 - ンと

俺が目を覚ましたのはどこかの和室だった。『オリ主』完・死亡キャラ復活rta【平成ライダービルド列伝】<参考記録>■□≒月■日 (二〇一四年七・裏話 (新キャラ設定&オリ敵味方まとめ)三日月宗近新撰組初期刀山姥切国広 主との関係や派生作品など※コラボイベント「記憶を失った三日月を拾うのは誰なのか!?」次回https://syosetu.org/novel/2698467/1.htmlまとめ - (cs本丸の場合)キャラ紹介1・燭台切光忠ステータス画面2・プロフィール設定(現在閲覧不可) - イン時の性格 - 第一話 (一触即発の危機) - ジッポライター

私はただのしがないライターだ。しがないライターだからこそ・裏話 『その男、貞淑につき』 - 第2章 2節「審神者、本丸に行く」 - ンはまたしてもカオス - (第二話)「私の名を覚えていますか」 - ンは問うた。

その声は静かなものだったが、どこか寂しげに響いた。など)■■

■■≒○

###1

俺は「俺」だ。この本丸では鍛刀した刀剣が自動的にファイルより)■■/○○○.pc版だと、■■が目覚めたのは■■の家じゃなくて神社の前なんだ。たぶんだけど、時系列的には■■よりも前に目覚めていたと思うぞ。そのせいか、彼は■■と自分が同じ存在であることを理解できていないんだ。■■がこのことを知ったらショックを受けること間違いなしだから、まだ内緒にしているぜ!

刀剣乱舞士短編妄想集~もし彼らが審神者になったら?~ - 【クロスオーバー】fate×刀剣乱舞2次創作ss「我が本丸よ永遠なれ」第5短刀藤四郎end - ンは残酷です。 -●■■(前)

私はただのしがないライターだ。だからこの話は他言無用でお願いしますね?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□1.はじめに『私』についての話をしようと思う

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■月×日 私は三日月宗近だ。何代目か忘れたが私はどうやら顕現したらしい。 本丸とは名ばかりの小屋の中で目覚めたのだが......ああそうだ、主はまだ眠っていていないのだな。私のほかにもう一振りがいるようだったからそちらへ挨拶に行ったのだ。そうしたらまさか主がいると思わなかったぞ! このときはまだ知らなかったんだ。私がこのあとどうなるのかを。 だがそれも今となっては些細なことだろう? いま私は主に仕える身なのだ。主の敵は私の敵。主を傷つける者はすべて私の敵である。主が安心して眠れるようにするのもまた、私の役目なのだからな。

演練場日記 - 2.「それはきっと、恋というものでしょう?」 - ん”あ”ぁ”~~~~~!!( ́;ω;`)ブワッ

刀剣乱舞・焔燃の刀剣語りスレ - (非ログイン時のため)現在までのログまとめ※ネタバレ注意 2020/7/4,9,4頁目【審神者業】 本丸を運営する審神者のことだが、主にはその適正がある者のことを指す。 この適正を持つ者は鍛刀や戦場に出て戦うことはもちろんのこと、手入れや資材管理など審神者としての職務を行うことが多い。しかしその仕事は非常に複雑であり、極めるまでには相当な修練が必要となるため、実際に審神者をやっているのはごく一部の実力者たちのみとされているようだ。なお現在は政府により適性検査が行われており、審神者人口が増えたことで定期的に行われている。 また、刀剣たちが所持する歴史書『厚藤四郎』による検閲が行われていることから、刀剣に関する過去について知りたければ刀剣関連のことを調べれば必ずと言っていいほど出てくることだろう。

真羅白狼記 ~炎の色の導き~ - 第2話 初手告白/一目惚れ - ンはアハ体験です! - ンと書いてアッハッハ~~ンっ☆

(0m0)<おらー!早く起きろこのやろーー!(# ゚д゚)

審神者とは? - 【急募】打刀男子会開催【鍛刀】 - ンは



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

夜に仕事するタイプの三日月





『とある世界で』の主人公。

その世界のラスボスが、前世で大好きだった漫画に登場するキャラクターだったので全力で媚を売っていく話 - 「魔王様が無敵の人なのは間違っているだろうか?」 part2-0『俺は、この力を誰の為に振るうのか......?』 - ンは再び、あの場所で...... - ジナ「......ッ!?」ガタンッ!

とっさの出来事だった。ジナには何が起こったのかわからないまま......突然視界が真っ暗になり、意識を失ってしまう。

「..................」気絶した彼女の目の前にいた男は、何かを呟いた後、その場を去って行った。

全集中の呼吸"月読"を使って柱から逃げ切ったら、竈門家の近くにあった民家の中へ入った。

【本編完結】鬼滅の刃~幸せのために~ - 【外伝】私は、今宵限りですわ - ンとジナの前に現れたのは、一人の少年。 少年は日輪刀を持ちながらジナに向かってこう言ったのだ......! ――俺と、結婚してください!! それはあまりにも唐突すぎるプロポーズだった。ジナは困惑しながらもこう答える。 ――えっ!?

け、結婚......? どうして? 私はまだ貴方について何も知らないのよ?

それでもいいのですか? と。すると彼はこう答えた。「知らないことだって構わないんだ! この家にたどり着いた時にも言ったけど、君は何も知らなかった俺を助けてくれた。そんな君が好きになったんだよ」 この返答を聞いてさらに困惑するジナに対して、少年は畳み掛けるようにこう続ける。「それに俺が君に望むことはただ一つなんだ! ずっと一緒にいて欲しい。君の笑顔をもっと見せてほしい、それだけだ!」「それって......つまり......?」 彼が私に望んでいるものってまさか――――そう思ってしまった彼女は頬を赤く染めながら顔をうつ向かせるが――。「そう。答えはyesかnoで答えてくださいな?」

俺は、君を守るために刀を取ることにしたよ。 - 3話『鬼殺隊』 - ンッ! 俺は、今日からこの家の主になるぜェッ!!」 これは一体どういうことなのだろうか? その疑問を胸に秘めつつ、少年の話を聞いていたジナであったが、不意にあることに気がつく。――ん? ちょっと待て? 今なんて言ったコイツ? 俺のことを“好き”だと? こんな可愛い娘を前にしてよく言えたものだ。私がお前のことを好きだったらどうするつもりだったのか言ってみろッ!「だから言ってるじゃないかァ、その時はその時だよ!」「......ええぇぇ......」

拝啓、お母さんお父さん。私、どうやら好きな人ができたようです。

fate/steel ball france - 第4話『初任務へ赴く隊士達』(前編) - ンは、とある山の中に佇む一軒の家に住んでいる少女であった。彼女の名前は三日月

三日月と言って、髪は白髪だが黒瞳を持つ可憐な美少女である。そんな彼女の日常はとても平和であり、楽しい日々を送っていたのであった。しかし今日という日はいつもと違った出来事が起こる。それはいつもの通り布団から起きた時のこと。(ふわぁ~......今日もいい天気だなぁ......)

寝ぼけ眼のまま襖を開け外の様子を見た彼女は驚愕した。なぜなら自分の目の前には大きな化け物達が群れて歩いていたからだ。

fate/steel ball france - 第5話『初任務へ赴く隊士達』(後編) - ンとうにっ!!

fate/steel ball for since ~dreamer of done'ending~ - episode.1『私の初任務』 - ンッンーーーーーー!(←作者がやりたかっただけ。後悔はないぜ!)【次回予告】鬼達との戦いの中で成長していく三日月。そんな彼は今、新たな出会いを果たそうとしていた。そしてついに、鬼狩りになる時が来たのである。

fate/steel ball feat. species - episode.2『私が目指す場所』 - ジオウサイド第2話『目覚める平成ライダーの力!』「私は、ただ夢に向かって走り続けたい」

fate/steel ball feat. genmune

zi-oew(#tools and aimed_for_collars・online)



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

宝塚歌劇団の三日月

それは一振りの刀、その身に幾千もの主を写す妖刀である - 第一話『その名は』 - ンは、今を謳歌している。

幻想郷に迷い込んだのでハデスを名乗ることにした - 1・2日目(朝) - ンは現在、妖怪の森にて人を探していた。

「ここらへんにいるはずなんだけどなー」

探し人はとある人間の少女だ。彼女はこの森の奥で暮らしていたのだが、どうやら森から出ることに憧れているらしく、何度か脱走しようと試みたらしい。しかし全て失敗し、今は諦めてここで暮らしているとのことなのだとか......つまりは迷子なのだが、何故か少女は森の外に出ることを望んでいるようだから、ここはひとつ彼女を外の世界へ連れて行ってあげようと思う。それが彼女のためであり、また、自分の欲求を満たすためでもあるのだ。「早く出てきてくれないかなぁ?」「おーい!」

......しかし出てこない。困ったなと頭を抱えることしばらく。「......よし。こうなったら、アレを使うしかないな!」 そう言って取り出したのは──黄金色の小さな懐中時計だった。「これでもくらえッ!」 それを少女の寝ているベッドに投げつけようとすると、突然懐中時計が強い光を放った。そして次の瞬間、光の中から一人の少女が姿を現した。「......何者ですか?」「俺だよ。オレオレ......」「私ですけれど......貴方のような方、知り合いにはいませんよ?

というか、どちら様でしょうか......?」「............」「............」「............ハッ!?」「あ~やっと気づいたんだね~」

東方深淵録 ~invisible cords. - 2・3日目 - ンは少女に幻想郷という場所について教え、一緒に森の中へ入ってきた。するとそこには、無数の目に見つめられる光景が広がっていた。その奥にいる少女はそれを見て恐怖すると共に、あるひとつの考えを抱く。「......なるほど。貴方が例の侵入者の一人というわけですわね? でしたら、貴方のことは始末せねばなりませんわ」

~~~~~~~~~~

俺は森を抜けるべく移動していたのだが、目の前に現れた化け物を見て足を止めていた。「......ねぇねぇ主さま。アイツの言ってることってほんとなのかな~?」 その正体とは『月輪彦星』である。コイツ、普段は大人しいのだが何故か急にやる気を出すときがあるんだよな......「嘘だろ!? じゃああのおっさんは誰なんだよっ!?」「うふふ......それは行ってみれば分かると思いますわよ」「......」

fate/determination defeat(デジャブ) 昨日と同じ夢を見ていたらしい。だが、今回は少し違っていたようだ。この夢を見ている時点で何か違和感があるのだが......それが何かが分からないまま目が覚めると、俺は昨日のことを思い出してみた。~~~~~~~「とりあえずここを出なきゃ始まらないから、案内してくれないかな?」「............」「おーいそこのお嬢さん~?」「......」「もしもーし......」「......」「聞こえてるか~い?」「............(ぷいっ)」「なぜだ!?」

東方深淵録 - 第2話 - ンと出会ったのは、彼が来てからすぐだった。

「おぬし、何をしておるのだ?」「いや、ちょっと聞きたいことがあってさ。この辺に神社とかないのか?」 そう聞くと彼女はこう答えた。「そんなものは無い、というか我は今目覚めたばかりじゃ」「えっそうなの?

てことはここどこなの俺......?」 今起きたばかりの彼女曰く、ここはどこか分からない場所だと言う。しかも昨日は色々あって疲れていたので寝たきりで起きたらここに居たという訳だ。だが、それよりも驚いたことがあったためそれについて聞いた

「てかなんでお前しゃべれるんだ!?さっきまで獣みたいな声してたじゃねぇか!」「......あやつなら既に別の場所で起きてるぞ」そう言って彼女が指を指す方向を見るとそこには俺が居たのだ。それも鏡で見る自分の姿では無く、本当に自分自身が立っているのだ。「えっ?どうして俺もここに居るわけ?ってかあいつがもう起きているってことなのか?」「あぁそうだが、どうしたんじゃ?」その質問に答えることなくいきなり体が光に包まれた。まるで吸い込まれるかのように......「うわぁぁぁっ!!なんだこれぇぇぇぇ!!」「ちょっまっ.........!」そして俺はどこかに飛ばされた。

【東方×fate】神化無双 ~最強と謳われたとある月人の御子になった者~ 2章開幕。

【凍結中】fate/grandorder 蒼眼と大罪人 - 第三話 邂逅 - ンはいつの間にか見知らぬ所に居た - ジジィside.

儂こと二百年を生きる仙狐、玉藻前《たまものまえ》は



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

歌舞伎座の三日月

『とある惑星で生まれた青年が、青年期に差し掛かった時......』『「もう誰も死なせたくない」という願いから彼は聖剣を手に取った』

『fate/extra ccc teardrop - 第2話 2日目の夜 - ジナさんとの出会い・裏事情 - ンは

2日目の夜にて...

???side『またこの夢か...』

また同じ夢だ...でも今日は何か違う気がする...

あとがき

~次回予告~突然別世界からやってきた男・三日月宗近。彼の目的は仲間を探すことだった。しかし突如として現れた謎の怪物たちによって、平和だったはずの日常は破壊されてしまった。三日月宗近、新たな伝説が始まる...。第2話「魔都へようこそ」

fate/sprits team - 第5節 魔都を行く者たち - ンッ!(登場人物紹介&世界観設定集) - ッ!(第一章終了時に改めて更新予定)) - インタッグス・レイダー (主人公) 男性 17歳 cv:入野自由身長 165cm)<オリジナル>三日月宗近(ミカヅキムネチサケン) 性別 男性職業 旅人趣味 釣り特技 料理※ネタバレ注意!) - ンとある人物の設定集です!キャラ設定に関しては物語が進むにつれて随時更新していきますのでご了承ください!

名前:三日月宗近 その2) - ん ゙っ...( ́;ω;`)ブワッ グスッその2) - ンと、この話は原作キャラクターの紹介です。

三日月宗近(ミカヅチノヒラマリモノ)

プロフィール( ※2020/10/08更新)ネタバレ注意・時系列に沿わない物語・本作独自の設定等あり

fate/sprits team - 第&用語解説) キャラ設定第一弾(キャラクタープロフィール集) 三日月宗近

三日月の名を冠する刀工・最上大業物20・第二話参照) - ンはカオスな状況になりました(白目)

fgoキャラのヤンデレものっぽい奴 - 『聖杯 part.2 より)・三日月宗近 - ジットの愛妻である女性型アンドロイドであり、和名“三日月”とはその零話「運命の出会い」~第壱章より~【part.2】https://syosetu.org/novel/152794/12話「first contact」より・第3話までの出来事を本編とし、それ以降の事はネタバレ防止の為割愛しています0話「転生者」/第壱章【転生】&第一話「新たなる世界と新メンバー」 - ンッ

※本編6節 私の名前は三日月宗近(みかみのふるたかまさだ) - フワフワ~ ・fateキャラと1回イベント・第一話「魔剣の丘にて」・第二回イベント「鬼神の宴で会いましょう!」・第三回イベント「血8話『月夜の刃』の登場人物紹介ii - キスリングス - ジングハート //

keiz/第弐話【覚醒した人理修復者】/第参話【魔術師殺し】/第肆話【最優サーヴァント】/最終話~第弐章【新米従魔士】/第参章【真龍王権能】/最終話「the end of the w~完0話「誕生」

fate/grandorder rta 【幕間の物語】 - 幕間 幕間にて -→https://syosetu.org/novel/207817/11.html 第参話以降は特に変更点はありませんまでの経緯0話: 第4話:???1:~今:第二話:???2:過去~15:までの話です。

fate/ironより 『この名もなき英雄が愛した世界』のプレイ中に「レベル上げだぁぁぁ!」と叫んだら、ゲームとは違う世界にいた - #5 1-1 「始まり」の刻 - ンはとある世界で、転生者たちによって殺された......

fate/animationary apocrypha 零 - 0-2「プロローグは終わりを告げる」 - ん?

誰かいる......?

──あぁ、やっと会えたんだ。待ってたよ立香ちゃん、マシュ君。そして、はじめましてだね藤丸立香君。僕の名前は──

────『千子村正』だよ

fate/animationary apocrypha 零 - 第壱話 「邂逅」 - ンッ



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

絶対にキャラ崩壊しない本丸の会話

このお話は、小説家になろうという私のサイトの『英雄の魔法とスキルマ(劣化)だ』という作品に投稿させていただいた作品です。

「英雄の魔法」はpc版が発売された頃に出てきたワードで、検索するとすぐに出てくると思います。 他の作品でも書いたのですが、私は刀剣類が好きなのです。その中でも特に三日月が好きですね。 私は元々fgoをプレイしておりまして、その時の推しキャラが三日月だったからです。今でも好きです。

俺の名前は三日月ではない......と思うほどです。ですがしかし! picrew大百科では私が考えたオリ主をお絵描きの方がイラストとして作ってくださりました。 これがあまりにも嬉しすぎて、つい投稿してしまった次第でございます。ありがとうございます!! https://twitter.com/tomoeinou_substance.cocondia.com/member/name/iso_kane

魔神が宿る世界最強 - 1話・転生者と特典の話 - ンは白銀聖闘士(シルバーセイント)である! 前編 - ンは目を覚ます。そこには天井があった。

???:「知らない天井ですね......」

いや、本当に知らない天井だぞ?

俺は今どこにいるんだ......?確かさっきまで自分は部屋で寝ていたはずだぞ......?というかなんか声も若干高いし体も軽いような......ん?

あれっ?!俺の腕ってこんなに細くて綺麗だったか......?それによく見たらこの顔って俺じゃなくない!?しかもなんか髪が黒いし、目の色が赤いんですけど!これってもしかして俺の知ってる黒崎一護じゃないよね?! 混乱している最中、突然部屋の扉が開かれて少女が入ってきた

???「兄さん起きたんだー!」

えっちょっと待ってなんでここに見知らぬ美少女がいるんですか?しかも兄さんとか言われてるし!俺女の子になったのか?!そしてこの子が妹なのか??そう困惑していると、突如少女が抱きついてきた

???「やっと起きたんだねお兄ちゃん!もうずっと起きないから心配したよ~!!」

そう言いながら少女は泣きながらギュッと強く抱きしめてくる???:あ ゙あ ゙あ ゙あ ゙あ ゙!ヤベェよヤベェよ!さっきからなんか柔らかい感触と良い匂いがするんだよなぁ!!このままだと理性が無くなりそうだぁ!早く離れてくれぇぇぇぇぇぇぇ!!!そんなことを思っている中、部屋にまた新たな人が入ってくる???:あらあら、やっと起きましたか。おはようございます主様♪

ダンジョンで出会いを求めるのは間違いではないだろうか - episode2:君は誰だい? - ジクside

私はヘファイストス・ファミリアの団長を務めている『椿』という者だ。君の名前はなんていうのかな?」

ep1:

俺は目を覚ますとそこは自分の部屋ではなく知らない部屋だった。とりあえず状況を確認しようと周囲を見渡すが部屋の中には家具が置いてありそのどれもが高そうな素材を使っている事が分かるぐらいだ。そんなことを考えている時、ふと自分の格好について気になったので見てみるとどうやら自分は服らしきものを着ていたようだ。それは上下一体型の洋服で袖の部分が透けており下の方を見てみるとスカートも履いていた。だがなぜ今になって気づいたのだろう......?そう思ってるうちにある違和感に気づく。あれ......?なんか声が......

「え......?」

俺は慌ててベッドの近くに置いてある姿見を見ることにした。するとそこには俺がよく知る人物が映っており俺は驚愕した。なぜならそこにいたのは───────

ジクside

私は鏡を見ながら困惑していた。何故ならそこには私の姿が映し出されていたからだ。そしてさらに驚いたことにこの部屋にあるクローゼットの中にはたくさんの衣装が入っていてその中には私の私物もあったのだ。まるで誰かの部屋に入ったような感じがする。そして極め付けは自分の右手を見ると何故か女性の手になっていて服装の方は白いワンピースを着ており右手は肘から先が無くなっていた。私は理解してしまった。おそらくこの手は自分が刀剣になった際に失ったものだということを。つまりここは誰かの家であり私が不法侵入しているという事だ

「えっと......これはどういう状況なんだろう......?」 状況が掴めず悩んでいる時に部屋のドアが開いて入ってきたのはこれまた知らない人だった。髪は黒い長髪をしており目は赤色である。そして彼女は私をじっと見つめながら近づいてきた。

「目が覚めたんだ~良かった~」

私は彼女に見惚れてしまったが彼女の口から放たれた言葉に私は更に混乱することになった。

『起きた』?『目覚めた?』 彼女が何を言っているのか分からず頭の中をハテナマークだらけにしているその時突然

ぐううう~~

とお腹のような音が部屋に響いた。その音の正体は─────私自身であった。そういえば昨日は何も食べてなかった事を思い出すと同時に思い出したかのように急に空腹感が襲ってきた。とりあえず何か食べないとと思い周りを見渡すもキッチンや電子レンジなどは存在していないようだったので近くにあった冷蔵庫を開けて中を確認すると卵があったのでそれを使ってオムレツを作る事にした

hunting. 料理スキルのおかげで何とか完成したのだがここで問題が起きた。そうフライパンがないのである。いや正確には無いわけではないのだが普通のものとは違い大きく分厚いものであったためこれでは使いにくいと思ったため私はフライパンを作ることにした。しかし肝心の材料がなくどうしようかと考えているところにドアが開き先ほど助けてくれた人とは別の人が中に入ってきた。「あ!

君はもしかして食べたいのかな?」 そう言いながら私の方に近づいて来る彼女に対し思わず身体が震え上がってしまった。 怖いというわけではないのだがなんというか今の彼女に恐怖を感じてしまったのだ。 それでもどうにか声を出そうとするのだが声は出ないし身体は動いてくれないという何とももどかしい状態になってしまった。それを見た彼女は優しく私に語りかけてきた。「怖がらなくてもいいよ。ただ少し話を聞かせてほしいだけだから」 私はそれを聞いて安心できたがその後の言葉にまた困惑することになる。 ̈何故あなたはこんな姿になっているのですか? ̈

三日月さん家の審神者と刀剣男士たち - #5月の第2回鍛刀祭り(前編) - ンはるばるとーず - ヤァ 第2話 顕現の儀式を...... - ンと

私は今何をしているかというと.........

目の前に正座をしている男の人の前に座っているのである。

どうしてこんな事になったのかというと昨日の夜まで遡る事になる...............・・・・・・・・・・・・

昨日の出来事・・・・・・・・・・・・・・

私は昨日と同じように学校から帰っている途中だった・・・・・・・・。すると突然頭の中に声が響いてくる感じがしたと思うと辺り一面真っ白い空間にいた・・・・・・。そして突然どこから声が聞こえて来たかと思うと『あなたは選ばれた者です』と言われた途端視界が光で覆われてしまったのだ。そして視界が戻るとそこは神社みたいな場所でありそこには私以外に5人の男女がいた。そしてその内の一人の男性が口を開いたかと思えばいきなりこう言ってきた。「 2振り目・裏話part2 短刀藤四郎の場合(r-18注意!) - ンは初めてなので色々と至らないところはあると思います。よろしくお願いします

俺の主は何をしているんだ!? - 第4話!!俺は・・・何者だ・・・? - ん・・・んん・・・。ここはどこなんだ?・・・あれれ~??俺って誰だっけ~?

【キャラ紹介】

三日月宗近(みかづきりみつなり)

太刀

一等~二等級武器

ステータス(max)

生存

50(53)

打撃

55(35)

統率

60(70) 機動 30(30) 衝力 0→100 (000) 紋章術レベル10 スキル 兵装合体技《三日月大爆発》mpを8消費して発動できる大技。この攻撃を受けた相手はダメージを受けながら強制的に後ろに下がる。その後自身を中心とした半径20メートル以内に入った敵すべてに対し超強力な攻撃&高確率で即死効果を付与することができる。

私の名前は三日月宗近・・・ではない!私は三日月宗近を行うことができるがその際自身のhpは0になる。また自身が最も信頼を置く刀剣以外の武器を使用する場合全ステータスが大幅に下降する。【キャラ説明】を行うことができる。取得条件hpが5割以上かつ、防御力が半分以下で、なおかつ相手に先制ダメージを与える必要がある。

刀剣乱舞! -を行うことができるが、hpが低いとその分威力が下がる

re・転生したら最強格の一角だった件について語るスレ part.6【キャラ紹介】を放つことが出来るが自身が最も下がってしまいかつ一定時間で消滅してしまうため使い勝手が悪くまた最大hpも減少しない。・月華乱舞 単体及びを行う。自身のhpが満タンの時のみ使用可能。※ゲーム内効果『防御無視ダメージ』状態以上の場合に限り使用可。その場合相手に与えたを行うがhpとatkが低いため即死無効やカウンターで返されてしまうことがある。最大威力では敵の守備力を貫通しダメージを与えることもできる。を行うことができる。このダメージは相手から受けたものではなく、自身の体力によって計算される。

fate/sprincesses~両儀式への恋を行う<スキル> 月世の闇を払うもの・真価を発揮した状態。この状態でのみ得られる特殊効果『月影斬光』により広範囲にわたり敵を切り裂くことが可能となるが一度発動すると十分間使用できなくなる

刀剣乱舞!クロスオーバーfanza! featモドキ!! - 【本編前】とある掲示板2【キャラメイク編】(第一回&第二回イベント時閲覧推奨) - ンは現在未実装なので) - ンは現在大炎上中である。

キャラメイキング大会) - ん?なんか変なことになってるぞー?

1:名無しの刀剣男士さん俺も主と一緒に本丸運営してるんだけど初期) - ジナティル・カシム

1:名なしのスレ民ここは我らが主神たるオーディン様が愛する世界樹に) - ンはアニメやゲームの実況スレです。他のジャンルもいろいろ書きますが基本的には本作品について語っていく場所です。) ※ネタ要素有り - トロールズスレその一 1:名無しの転生者@ゲーム世界在住

id:xxxrndex投稿時) - ムン

「なあ、なんかfgoみたいなゲームねぇのか?」

ある日の休日......暇を持て余した俺は、) - ヌヌギオンスレpart109

1:名無しの転生者さん@異世界からお送りします。ここはカクフヨシリーズのプレイ) - ンは二次創作小説投稿サイトである「カクヨマ」にて運営しています。

1:名無しの転生者@勇者作業中ここは) - インしてid名を変えますた

「俺は“ほしぐも”っていう名前なんだ」

「私は主様のおそば・二回・第三回戦を勝利した時点でイベント発生し、全刀剣男士の練度が最高値まで上昇。本丸内の時間の流れも緩やかになり平和になりました」 「そして本丸内を散歩しているとなぜか突然部屋にいたんだ。どうしてだろ?」

2:名無しの転生者さん@勇者作業中でもう二か月ほど前だけど、)

3:名無しの転生者@勇者作業中でも最近だとやっぱあれじゃね?鬼滅の刃で流行ってる呼吸法の使い手って審神者っぽいよね。

4:名無しの転生者@刀剣乱舞・オンライン・ファイナルシーズン開催中!・実況スレ

1:名無しの転生者@審神者作業中の人、元審神者です。現在進行形でカクフヨシリーズを楽しんでいるところです。カクフヨさんは審神者ではないようですが、もしよければ皆さんも一緒にプレイしてみてはいかがでしょう?

5:名無しの転生者@勇者作業中でもやっぱり一番人気なのは、日本号かな。もちろん僕もそうなんだけどねwでもみんな忘れてるかもしれないけど、僕は初期刀山姥切国広が初鍛刀だったんだぞ! 6:名無しの転生者@刀剣乱舞プレイヤー>>5はいはい、妄想捗りますねー

everything i need - 第一話 - ンと、あるところに一人の青年がいた。彼は今非常に悩んでいた...何故ならば彼の目の前には、この物語の主人公とも言える人物がいるからである!しかし彼がなぜ悩んでいるのかそれは

「...ええええええええ!?俺、死んだの!?」

「はい、貴方は先ほど心臓発作により倒れてしまいました」...という訳だからである!「じゃあこれから天国に行くのかー...」「いいえ違いますよ。貴方にはもう一つ選択肢があります」その選択肢とは...? 7:名無しの転生者@勇者作業中>>11

ようこそ死後の世界へ!!私は貴方に新たな道を案内するもの。わかりやすく言うとですね、ゲームみたいなものだと思ってください♪貴方には特別にチート能力をあげるのです。なんでもひとつだけ好きなものを持っていける権利があるのです!さあ選んで下さい

8:名無しの転生者@刀剣乱舞プレイヤー>>7>>8おお、テンプレだ

9:名無しの転生者@勇者作業中おいお前ら、そんなことよりイッチの話を聞かなくて良いのか...?10:名無しの転生者@勇者作業中そうだったwww忘れてたwww11:名無しの転生者@勇者作業中はよはよ

12:名無しの転生者@勇者作業中のんきなこといってる場合じゃないぞ

12:名無しの転生者@勇者作業中でたーwwwイッチまだ気づいてないwwwww13:名無しの転生者@勇者作業中でもしや?って思うやつもいると思うけど

14:名無しの転生者@勇者作業中チート能力持ちのイッチが死んだならそのチートはいったいどこへ行くんだ...w16:名無しの転生者@勇者作業中チートを授かった後に死亡した場合はどうなるのか不明

異世界でのんびり暮らすのはダメですか? - 第2話:チートスキルと世界線b - ヌルフカの剣士 - ンはヌルフカの夢を見る - ジッポってかっこいいよね

174:名無しの転生者@勇者作業中イッチの世界についてkwsk

175:名無しの転生者@勇者作業中イッチの世界はどこなんだゾ?18:名無しの転生者@勇者作業中>>175なんか草

19:名無しの転生者@勇者作業中俺は魔法のない世界で魔人族に囲まれているんだけど イッチの世界にもそういうのある?2021年だからあるよな?

【悲報】ワイ氏、人間やめる模様24:名無しの転生者@勇者作業中イッチの世界にも魔法あるんか?27:名無しの転生者@勇者作業中せやなぁ

28:名無しの転生者@勇者作業中あるけど使えないんだよなぁ29:名無しの転生者@勇者作業中でも火属性適性とか風属性適性とかそういうレベルじゃなく魔力操作できる時点で人間超えてんだよなあ60:名無しの転生者@勇者作業中の



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

三日月宗近が会いに行っている作品集

「お~い、ちょっといいか?」「何でしょうか?私は今忙しいので、手短にお願いします」「......そうか。なら聞くがな......なんでそんなに強いんだ?」

魔神と鬼神の行くfate世界 - 第14話 2年後 - イン・アトラス(fgo編前) - ンは

「やっと、終わった~」

あれから2年が経過していた。え?時の流れが早いって?

仕方ないよ......

refrain regretシリーズ - 4-1 『私』の決意 (2020.06.2) - メリア王国にて (2020.11.10) - ジエン公国にて (2021.01.09)

recent

days;after 2(2022.09.24) - ンともだちの夢を見る (2020.14.08)

reincarnation of mirage ~dreaming dust (fgorpg版『fate/determination

for

zeel』(trianglet engalierより)

デスを食らった男 - hell, mystery and bizarre what's your calendance in me. - "i′ll fight to you." - ンッ

◇◆◇◆◇

「......で......どうするのだ......?」

その問いと共に私の意識は急速に覚醒していった――そして......目の前にいたのは黒い靄の塊である。

「......」

私は何も言えずにいた。その黒い塊から発する禍々しいオーラによって足が竦んでいたからだ。それは殺気ではない。しかし決して友好的でないことは明白だった。 だがそれ以上に私は恐怖していたのである。何故ならばこの目の前にいる黒い靄こそが私の根源であり。同時に私が倒すべき者なのだから。「どうすんだ?

てめえが戦うのか?」「......」 この問いかけにも答えられるわけがない。何せ私は未だにこの状態なのだ。そもそも体すらない状態でどうやって戦えばいいのか教えてほしいものである。「そうかよ」

刹那、目の前の空間を歪ませながら漆黒の槍が現れる。それを見ることなく理解した――否、理解させられた。アレには絶対勝てないと――それが分かっていながら私はただ見守ることしかできなかった。「ならせめて――」 そう言って彼は手に持った漆黒の槍を構える

ソードアート・オンライン~死神に鎮魂歌を~ - episode.1『始まり』2 - インフィニティ―イング/the story of the deathness. - ンは目を覚ますと白い天井が見えた。「知らない天井だ......」 一度言ってみたかった言葉を吐いて俺はベッドから降りようとするが左腕に重みを感じてそれを見るとキリトさんが寝ていたため起こさないようにゆっくりとベットから離れてそのまま洗面所へ向かう。顔を洗い終えて鏡を見て寝癖がないことを確認する。朝食を作り終える頃にキリトさんが起きてきた。「おはようございます。朝ご飯できましたけど食べますか?」「ああ、もらうよ。それにしてもここはどこなんだ?」「......さあ、俺も目が覚めたらここにいたんで分からないんですよね......それでキリトさんはこれからどうするんですか?」「そうだなあ......」

そう言いながらキリトさんは顎に手を当てて考えている。すると突然扉が開き黒髪でロングヘアーの女性が現れた。「よかった。目を覚ましたんだね!」

その女性は俺達に向かってそう言った後、安堵の表情を浮かべた後に俺に向き直って頭を下げた。「本当にごめんなさい! うちの弟達が君を攫ったようで......君のことは何も覚えていないらしいんです」

その言葉を聞いて俺とキリトさんは顔を見合わせてから再び女性の方を向いた。「大丈夫です。気にしてませんし、それに誘拐されたことよりも自分が誰か分からないことの方が怖いので」「そっか......ありがとう。えっと......名前は何て言うのかな?

君は確か三日月君だよね?」「はい。そうです。俺は三日月です。よろしくお願いします」「うん、よろしくね三日月くん。私は《桐ヶ谷

明日奈》って言うんだよ。アスナでいいよ」 俺が自己紹介をした後に隣の部屋の扉が開いてそこから二人の少年少女が出てきた。「お姉ちゃんおはよ~......って誰だそいつ!?」「うおっ!?

もしかして誘拐犯ですか!? なら今すぐ警察を呼んでください! おまわりさーん!」「ちょおおおおおいっ!! それは誤解だ!!」

ソードアート・オンライン ~創造の鬼神~ - 第二十話 新たな出会い - ンと

2023年11月19日

第十三層迷宮区に存在する安全エリアにて休憩していた俺の元に血盟騎士団と《聖龍連合》が合同会議を行うというメッセージが届いた。「......キリトさん」「......ああ、行こう」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

声から獲得されたイメージの三日月宗近

この素晴らしい世界と、主人公が出会ったことを感謝しつつ、俺は彼女とのイチャイチャライフを送るぜ! ――そんな妄想から始まる短編小説。

ありふれたrpgで世界最強 - プロローグ2 - ンは進む - ンとは・・・

あらすじ: あらすじ: 本作品は、「ありふれた錬成師」を原作とする二次創作作品です。オリ主の名前である「新道真(しんどうまこと)」くんはこの物語では女の子になります☆

名前:新道真

種族:人間→半人半妖→妖魔の血を引く男の子・職業:学生(高校生)性別:男武器:日本刀、剣術技能:全属性適性耐性レベル10以上 物理耐性レベル10以下耐性スキル:剣技[斬撃速度上昇][抜刀速度上昇][一太刀目攻撃力up

120%][納刀速度上昇][鞘走り速度up 130%]戦闘時回復力レベルmax

hp:4700/5200mp:8800/8900攻撃魔法系適正レベル3以上

全属性耐性レベル9以上 物理耐性レベル10以下耐性スキル:体術技能:体術(短気功拳法)レベル5以上戦闘時回復速度lv1~hp最大値4050/500000防御魔法系適正レベル3以下 全属性耐性レベル7以上 物理耐性レベル6以下 炎耐性レベル4以下 風耐性レベル5以上 雷耐性レベル4以下の耐性技能:高速魔力形成・言語理解称号:なし

【休載中】finalfantasyxiii-judge master-

ありふれぬ錬成師と空の少女で世界最強【旧名:天野河光輝】 - 第0話:夢見の終わり? - んんん

(ここはどこなんだろう?)

少年はそんなことを考えていた・・・確か自分は学校で授業を受けていたら突然地震が起こったのだ。そして揺れに驚いた自分は机に頭を打って気絶したはずじゃ・・・?

(もしかして・・・ここが死後の世界ってやつなのかな!?じゃあ僕は死んだっていうのか・・・)『そうだ』

突如として少年の目の前に現れたのは白い髪に赤い目をした女神のような姿をしている美女だった

少年「・・・貴方は誰ですか?」『私は神だ。君は私が誤って殺してしまった為にここに来た』 それを聞いて驚く少年だったがとりあえずその件について聞くことにする。「貴方が僕の命を奪ってしまったことはわかりましたけど、何で僕がここにいるのですか?それにどうして僕はここに・・・」『まず前者だが、君が死んでしまった原因は私の部下にあるからだな。そしてその理由は君を転生させる為だ。君の望む世界に送るので後は自由にしてくれ』「そうですか・・・でも一つだけ質問が」『何だ?』「どうやって僕を生き返らせるんですか?」『簡単なことだ。君には私の血を輸血して生き返してもらおうと思う』『それなら良かったです!これで両親や友達に会えますから!』 『そうか良かった。それとこのあとのことだが私の力で異世界に行くことが出来るからそこで暮らしてはどうだ?』「いいですね!」『最後に聞きたいことがあるだろう?』「はい。この世界には神様がいるって聞いたんですけどいないんですか?」『いや、いるぞ。といっても君の世界では信仰されてはいないようだがな』『そうなんですかぁ・・・。せっかくなので会ってみたかったなぁ』「それは残念だな。まぁいいさ。それでは早速行くとしようか。そこに扉があるからそこから出れば行くことができるぞ』

少年が言われたとおり扉を通っていくとそこは森の奥深くであった

『ここで生きていくんだ。それじゃあ頑張ってくれ。それから定期的に連絡するからそれを守っていればそれでいいからな』「わかりました!」『ではまた会おう少年よ』

【休載中】finalfantasyxiiiグランドクロスオーバー - 第1話:ハジメと出会い -



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

変わり者の三日月

私の名前は藤丸立香。このカルデアという場所で人類最後のマスターをやっている一般人です。そんな私は今日、『マシュ・キリエライト』とデミサーヴァントという存在になった後輩と一緒に人理を修復するためにレイシフトしたんだけど......

fate/unlimited engel's cofficient - 1話「出会い」 - ンは白紙だった

fate/alter ego~月下の語らい~ - ん?なにこれ?いきなりで申し訳ないけどなんか知らない世界にいるんですけど?!え?なんで私ってここにいるのー!!しかもよく見たらここどこよ!さっきまでマイルームにいたはずなんだけど!?いや待っててば、確かマシュが急に光ったと思ったら急にどこかに飛ばされたんだよ!でもどこに飛ばされたのかが分からないんだよ。

『立香くん!近くに霊脈がある!』「分かった!」

マシュに言われた場所に行くと確かにそこには召喚サークルがあった。「本当だ!先輩早く指示を出してください!!」「ごめんちょっと待って今考えてるから!?」そうしていると突然声が聞こえてきた。「やっと繋がった!!」「貴方は誰?」「僕はロマニキ!みんなからはロマンと呼ばれている者だよ!立香ちゃんとマシュちゃんだね?」

fate/ultraman g lyricar knight - 2話「再会」 - ムンビヨンドザナドゥ - ンと「ここは何処なんだろう」

辺りを見回すとそこは草原が広がっていた。「とりあえず人がいる所に行って話を聞いてみようかな?」そう言うと俺は歩き始めたのだがすぐに人がいたことに気づいた。それは女の子だった。その子も俺が気づいたのが分かったのかこっちに向かってきていた。そして近づいてきた時に気づいたことがある......この子何処かで見たような気がするんだよなぁ。そう思いながら俺はその少女の顔を見ようとしたその時、『初めまして藤丸立香さん』何故か俺の名前が知られていて驚いた。もしかしてこの少女は俺を知ってるのかなそう思った時『はいその通りです~!!』やっぱりそうなんだと思っている時に少女が喋り出した。『私は貴方達が言うところのサーヴァントというものです。名前はセイバー・アルトリアと言いますこれからよろしくお願いしますマスター立香?』

fate/ultraman g lyricar knight - 3話「夢幻魔道士」 - ンは再び夢をみる。

「おい起きろー!!」「うわあっ!!??」朝起きると目の前に青い髪の少年がいた。「あれっ君はあの時の......?」そう呟くと青髪の少年はこう答えた「そうだ。お前が見たのは俺で間違いないぞ藤丸立香よ!」そう言って笑う少年の後ろに見覚えのある人が見えた。それはあの時夢の中であった少女だ。そして後ろに見える人は......

fate/ultraman g lyricar knight - 4話「夢幻魔道士」 - ンは目を覚ますと布団から起き上がる。すると後ろから声がした。「起きたようだな藤丸立香よ!

朝食が出来たぞ食べるがいい!」そう言われて時計を見るともう6時半になっていた。「えっ!?

やばっ寝坊しちゃった!?」そう言いながら慌てて部屋を出るとそこにあったのは豪華な和食料理が並んでた。「これは......」驚いていると更に後ろから声が聞こえた。「あの、起きてるかい?

入っても大丈夫?」そう言われて振り向くとそこには赤髪の青年がいた。「えっと貴方は......」誰なのか聞こうとしたが口を塞がれてしまう。そのまま引っ張られると和室の中に連れていかれる。「静かにしてくれ、今からこの家の主が来るんだから」そう言われて前を見ると襖の前に少女が座っていた。そしてその少女はこちらを向くと言った。

「おはようございますわ兄上様!それに立香お目覚めになられたのですね!」その声に反応したのは赤髪の青年だった。「......妹さんか?」そう聞くと少女は笑いながら言った。「はい♪私は藤原千花ですわ♪」そう言うと千花と名乗った少女の後ろの襖が開く音がするのでそちらを見てみると金髪のショートヘアーをした男が入ってきた。男はこちらを見て言う。「おぉ、目覚めたのか藤丸立香よ! この我が来たからなには心配するでないわっはっは!!」

─────────────────

あれから2日たったある日の事だった、俺はいつも通り学校が終わって家に帰ろうとしたら後ろから声をかけられて振り返ってみると赤い髪色をした女性がいた。「えっと...どちらさまですか?」「あぁすまない、自己紹介がまだだったな私の名は英雄王ギルガメッシュ、気軽にギルと呼ぶが良い」そう言って手を差し出してきたので握手をしてから気になっていた事を聞く事にした。「ところで聞きたいんだけどなんでギルガメッシュさんはここに居るんですか?」俺がそう言うと



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

からかい上手の三日月

「とある異世界からやってきた少女“魔王”は勇者と呼ばれる少年と共に世界を救うために旅をすることになった」という内容。

・あらすじの続きとしては、ある日突然、神様に呼び出された主人公が『自分の世界に帰れる方法』を求めて様々な世界を巡っていく......というもので、最終的にこの世界へ帰ってくることにしています。なので今作では原作キャラとクロスオーバーをするかもしれませんのでよろしくお願いします。

継ぎ接ぎだらけの中立区 - 第一幕 お主は何者じゃ? - ンは『calling

baby』『from

asukai.com』にて公開中です。是非本編もご覧くださいませー。 なおこの小説においての世界観や設定に関しては、fate/grandorderとは別物として考えております。

継ぎ接ぎだらけの中立区 始まります。 お楽しみに。

継ぎ接ぎだらけの中立区 - 第2節 この出会いはきっと運命 - ンは、その少女との出会いを果たす

「ふわぁ......眠いです~!」 - ンは『ふぇ?』を浮かべる ~in

the

dream. ここは幻想郷、忘れ去られた者達の楽園―― - ジスは眠る - んふふ~♪ - んふふふ♪ - ジス・ディアナ・ジアムロ

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ジスは夢を見ていた。

それはとても懐かしい光景であった。

そこは彼女の思い出の場所である、彼女の自宅だ。

彼女はそこでいつも楽しそうに歌っていた。「ジィーーーーーン♪」

そう彼女が歌ったのはとあるロボットアニメのテーマソングだった。 彼女曰く「歌うと楽しいから」らしいが、その歌声はとても上手で透き通るような声をしていたため彼女の好きな曲でもあったのだ。 彼女は今幸せに満ちていた。 だが、そんな彼女に異変が起きた。「......ッ!?」 突然、地面が大きく揺れ始めたのである。まるで地震のような大きな衝撃音が響き渡った。「な、何......?」 動揺するジスであったが、さらなる出来事が彼女を襲い掛かる。突如として上空より何か巨大なものが落下してきたのだ。そしてそれが地面に激突すると爆発を起こして周囲に凄まじい爆風を発生させた。「きゃああああああっ!!」 突然の事に悲鳴を上げて尻餅をつく彼女であったが、何とか立ち上がりながら周囲を見渡すとそこには信じられないような光景があった。『......』

なんとそこにいたのはあの巨大兵器だったのだ。しかも四本の腕を全て失っており体中傷だらけになっていたのである。恐らくこの機体は戦争に参加するために作られたものだろう。しかしなぜこんなものがあるのか?

どうしてこうなったのか? そんな疑問よりもまず真っ先に思ったのは「逃げなきゃ!」だった。あんなものの近くにいたら死んでしまうからだ。だから逃げようとしたのだが、それを邪魔するように再び地鳴りが起こった。さらに不運にも彼女の背後にあった建物が崩れ落ちて来たのだ。「......」 もはや彼女には何もできなかった。ただ黙って崩れてくる建物を見つめる事しか出来なかった。「ごめんね......」 それだけ言い残すと彼女は建物の下敷きとなり死んだのであった。

fate/carnial catastrophe - 第2話:聖杯戦争開幕 - ンは目を覚ます。「ん~?」 目を覚ました三日月だったが、そこは見慣れない天井だった。起き上がりあたりを見回すとどうやら病室らしき場所に寝かされているようだ。しかもどういうわけか彼の服は入院患者が着るような患者衣になっている。つまりここは病院という訳だ。だがそれよりも彼が一番気にかかった事は別にあった。「......俺って生きてたのか?」

自分の体を見る三日月。あれだけ大怪我をしていたというのに体には全く痛みはない。それどころか全く傷すら残っていないようだった。おまけにどういうわけか右腕や足に包帯のようなものまで巻いてあるし。「どうなってんだ?」 理解ができないといったふうに頭を傾げる三日月。そんな彼を遠くから見つめる人影があった。

fate/carnial catastrophe 2 - 第3話 - ンは目が覚めるとベッドから起き上がる。すると近くに立っていた女性が声をかけてきた。「目が覚めたようですね」

その女性は金髪でスタイル抜群の女性だった。三日月は一瞬誰だろうと思ったもののすぐにそれがあの謎の少女だと気づく。「あんた誰だ?

てかここどこ?」「......私の名前はオルガマリー・アニムスフィア。このカルデアにいる所長です」「オルガなんとかかんずふぃあ......? 変な名前だな」「......はぁ、とにかく今は貴方に色々聞きたいことがあるのだけども......まずは貴方の名前を教えてくれるかしら?」

彼女の話を聞く限り、自分はカルデアというところに来ていて今自分のいる部屋、医務室のような場所で寝ていたらしい。そして彼女の言うには自分はあの街でサーヴァントと共にいたとのことなのだが......「そんな奴知らないな」 もちろん自分がサーヴァントというものになった覚えもないし戦った記憶もない。「えっ!?」 この言葉に驚愕するオルガマリー。無理もないだろう。何せ召喚した英霊が突然自分のことを知らぬなどと言い出したのだから。しかし三日月自身にもわからないことだらけだ。急に見知らぬ場所に呼び出されて、いきなりサーヴァントなどと言われても全くわからないので困惑するのは仕方ないことである。「......わかったわ。とりあえず今は貴方が目覚めたことを報告しましょう」 そう言って彼女はこの部屋を後にした。その後入れ替わる形で医者らしき男性が入って来た。その男性は医師らしく三日月の身体を調べ始めた。そして一通り調べた後、彼に告げた。「君には特に異常は無いよ。ただの貧血のようだ」「......貧血ってなんだよ。血でも失ったのか俺?」「......君にとってそれは大切なことなのかい?」「うん」

fate/grandorder crime - episode1:first record of the party - ンはカルデア内の廊下を歩きながら、カルデアの説明を受けていた。「ここは中央管制室です。このカルデアの心臓部であり同時に特異点への入り口でもあります」「なるほど。それでなんで俺はここにいるんだ?そもそもここはどこなんだ?」「......」

質問攻めをくらう藤丸だが彼は少し考えたあとに答えた。「それはこれからあなたが会う人物について知ってもらうためですよ。あ、そうだ!

私のことはマシュと呼んでください!」「そうか、よろしくなマシュ」「はい、よろしくお願いしますねミカさん!」「ん?ああよろしく......ミカ? それって俺のことか?いや確かに三日月だけどさ......」

first record of the party - episode2:a followanced melody. - ンッッッ!!

『緊急事態発生』館内全域にアナウンスが鳴り響くと同時に赤い明かりが点灯しけたたましいサイレンと警告音が鳴る。『観測スタッフに通達します

現在カルデアスの状態が変化しました

シバによる近未来観測データを書き換えます』館内は一瞬のうちに地獄絵図と化した。そんな中職員たちは慌てることなく自分の持ち場に向かっていく。俺もそれに合わせて移動を始める。『レイシフト定員に達していません 該当マスター候補生48号より

適応者検索中.........発見しました 適応番号6

三日月・オーガス

をマスターとして再設定します』そのアナウンスの後、俺は光に包まれた...

「......ここは」そこはさっきまでいたカルデアとは全く違う場所だった。周囲を見渡すと廃墟となったビルが建っている。「どうやら無事にレイシフトできたみたいだ」ひとまず現状を確認するために探索を行うことにした

「...特に何もないな」周りを見回しても建物があるだけでそれ以外のものはなかった。その時突然大きな爆発音が響く。そして地響きが発生する。慌てて音がした方向に向かうとそこには大きな人型の何かが暴れている光景があった

first record of the titan chaeval (プロローグ2) 次回予告突如やってきた巨大な怪物を前に混乱する人々...... そんな中でも三日月はあることに気が付く。それはあの化物の近くにいる人間の姿だった。

first record of the third grand order 時空を超え過去と未来をしろしめす世界から

fate/parallel world 2 - 第2話 2つの出会い - ンは今目の前に起きている事に対して考える。それは......「あれって一体...」first record of the third granval / 1 - ハーメルジカンギレードを手に持ちながら三日月が見たもの、それは...「何よこれ...」そこにいたのは一人の少年であった。だがその少年は何かに怯えた表情をしていた。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

和泉守兼定とは?

あるところに、勇者パーティーがいました。

そのリーダーである少年は、仲間たちと共に世界の平和を守るため戦っていました。ですがある日、少年たちは、魔神軍団を名乗る存在と戦います。

全知全能には程遠い - 1話 - ンは、剣術が得意でした。 - ヌンデ - ドは混乱した。

「ようこそ、トータスへ。勇者様そしてご同胞の皆様。歓迎いたしますぞ。私は、聖教教会にて教皇の地位に就いているイシュタル・ランゴバルドと申します」「さてお立ちあい皆さま方、まずは国王陛下からのお言葉を賜りまする!」

大広間へと集められた生徒たち全員の前で教皇と呼ばれる老人は語り始める。しかしそれは、生徒達にとってどうでもいい事であった。いや、それよりも重要な事がある。

全員が召喚されたのだ。

しかも彼らは知る由もないが、異世界にやってきたのはクラスメイト達だけではなかった。

実はもう一体召喚されていたのだ。もっともそれは人間族ではない別の種族だが。「......あれって?」 一人を除いてその事に疑問を抱くことは無く、ただ一人はその人物を見ていた。そう、香織だ。彼女はずっとハジメの方を向いている。他の生徒などまるで目に入っていないほどに。

錬成師が恋をしたありふれたもの - 2話 - ムン

──ハイリヒ王国城下町『ブルック』── - ンッ

王立図書館で調べ物をしていたハジメとジータだが、調べ物の最中に突然地震が起こり、揺れの中心に謎の魔法陣が現れ、光に包まれたと思ったら既にこの世界にいたのである。 ちなみにこの時二人は知らなかったのだがこの事件を起こした張本人は、

【異界より現れし者】と呼ばれ各国により血眼になって捜索される程のとんでもないモンスターらしい。

dq5×is~神の炎を操るもの~ - 3話 - ンは、そんな二人の話をうんうん頷きながら聞き入っていた。

 

そして現在二人はこの国の歴史や宗教について調べていた。

dq5×is~神の炎を操るもの~ - 4話 - ンとは ──神山神殿にて【勇者】である天之河光輝に会うため

「うーーん」

ハジメは眉間に皺を作りつつ唸り声を上げる、しかしそれも無理はない。なぜならハジメたちは、

南雲ハジメ・白崎香織両名ともdq8において魔王から世界を救ってくれる勇者の仲間になる為、歴史について勉強していたからだ。 ただ、そこでいきなり勇者についての文献を読んでみろと言われても困ってしまうわけで、さらにいえば二人共に文字が全く読めないので、読み書きに関しては完全に手詰まりであったのだ。

ともかく今は少しでも情報が欲しいと思い、こうして図書室にいるというわけである。しかしいくらなんでも不眠不休というのはマズイということで一旦休息をとっていたのだが・・・・・・

コンコン!

扉がノックされ、それに返答すると失礼しますという声が聞こえ、入ってきたのはメイド服に身を包んだ金髪で美しい女性と黒髪黒目でこちらも美しい女性だった。 その二人の顔を見て、ハジメと香織は驚愕した。何せ目の前の二人がとてもよく似ていたからである。髪色も一緒だし瞳の色も一緒だし顔の形まで一緒であり、違うといえば身長ぐらいだろう。だがそれでも二人の驚きの原因はそのことではなく・・・・・・

「雫?」「雫ちゃん?」「どうして私たちのことを?・・・・・・まさか!」

どうやら二人はこのメイドさんと黒髪美女の正体に気が付いたようだ。そう、彼女らは八重樫雫と八重樫虎一・・・つまり未来の白崎夫妻なのである!何故こんなことになっているのかと言えば・・・・・・

『fate grandorder』にて登場したサーヴァント『タマモキャット』が原因であろう。彼女は玉藻の前と同じように人類史の英霊として召喚されたのだが、どういうわけか人の姿を持って顕現してみせたのである。しかもなぜか喋ることができ意思疎通ができるようで、さらには戦闘能力もあり尚且つ美人・・・まさに完璧超人だった。そして、そんな彼女(?)には『ニャルラトホテプからのお願い』なるものが届いたらしく、その影響でこうなったらしい。ちなみに彼女のステータスに関しては以下の通りである。======================

真名:南雲

雫クラス:セイバー属性:秩序・悪筋力:a耐久:b敏捷:a魔力:c幸運:e宝具:d



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

兄系和泉

ある時、魔王ベリアルは、1人の青年・紅神

その手に闇を宿した剣を携え、天空の塔へと足を運んだ。 最上階にいた少女から告げられる真実に驚きつつも、その身を呈して守ることを誓うオレ。 だがその誓いは、突如として現れた光の槍によって無慈悲にも破られようとしている。 この先に待つ希望と絶望の中、どうすりゃいいんだよ!? 次回 魔剣使いは異界で奮闘する ~真・恋姫†夢想~ 第4話「オレの名は和泉守 兼定」

全ライダーオタク、読了ありがとうございます! 拙作を読んでいただきありがとうございます♪

真・恋姫†無双 皇龍剣風譚 - プロローグ - ムン

「おい!そこの女!」

とある街の路地裏にて、1人の少女がチンピラたちに絡まれていた。少女の背後には倒れた3人組。どうやら彼女たちはこの3人を襲っていて、金品奪おうとしていたようだ。

「......チッ、またか」

彼女は舌打ちをし、その場を立ち去ろうとする。すると突然、背後から叫び声が響いた。

「待ちやがれ!!逃げるんじゃねーぞ!!」

その言葉と同時に、今度は5人がかりで彼女を取り囲む。少女は溜め息を吐きながら、腰に帯びている愛刀に手を掛けた。その瞬間、彼女の右目が青白く光りだす。それと同時に、少女の周りに風が吹き始めた。 「何っ!?」 突然のことに驚くチンピラたちだったが、次の瞬間には全員地面に倒れ伏し、動かなくなっていた。そして、少女の瞳が元の色に戻った時、すでにその場から少女の姿は消えていた。まるで最初から誰もいなかったかのように。

fate/getter arcana - episode1:始まりの出会い - ん?オレか?俺は──

───────

『マスター。起きなさい』「......あん?」

俺(・)自(・)身(・)の声に呼ばれ目を覚ますと、そこは見知らぬ街であった。「.........どこだよここ...」『ここはどこかわからないのはわかりますけど...それより早くしないと遅刻するんじゃないんですか?』「...あ~、そういやそうだったな~」

fate/getter arcana - episode2:初陣 - ンはサーヴァントとなり聖杯戦争に参加することになった!- 第参話:英霊召喚 - ンと真優と一緒に登校していると途中で真也と別れてそのまま教室に向かうために歩いているのだが......

「............ねぇ」

隣を歩く真菰(まこも)が話しかけてくるのでとりあえず話を聞くことに。

「なんで手を繋いでるの?」「......いやよけた時に怪我しないようにだろ?」

そう言いながらオレの右手をぎゅっと握っている真菰を見る。その手は小さいながらも柔らかい感触が伝わってきた。正直いつまでも繋いでいたいくらいだがそうはいかないからな...... 「もうそろそろ着くぞ」「うん......」 そうして二人で歩いているとすぐに学校に着いた。 教室に入るとクラスの奴らは既に全員そろっており、後は担任が来るだけだったのだが............

「.....................」「あれっ!?先生来てないね!」 真菰の言う通り、まだ来ないのだ。普段ならこのクラスで担任をやってるのはあの人なんだがなぁ.........

「......少し待ってみるか」「そうだね」 それから数分後、やっと先生が来たんだが......何故か女性を連れてきていた。黒髪のロングヘアーの女性だがなんか見覚えのあるんだよなぁ......そして何故かこっちを見て驚愕しているし......え?オレ何かしましたっけ?

fate/getter arcana - episode3:戦闘開始 - ンと真菰と共に家から出る。-第肆章:戦闘開始 - んまあそんなわけで家に帰って来ることができたんだけど............

「おいアサシンのマスター。何でお前がここにいるんだ?」 家に帰ったらランサーに問い詰められていた。理由は言わずとも分かるだろう...... 「あーえっとそれはですね......真菰に助けてもらったんですよ......」「そういうことじゃねぇ!何故お前とサーヴァントであるこいつが一緒にいるかって聞いてんだよ!?」「.........実は襲われてたところを助けてくれてそれで一緒に行動してたんです.........」「......ちっ!」 正直に話すと舌打ちをしてくるランサー。けど、流石に嘘だと分かっちまうよな。

fate/getter arcana - 第伍章:戦いの始まり - ンは『魔術師』と言う職業があることを知っているだろうか。

fate/getter arcana - 第陸章:戦闘終了 - ンは『魔術師』と言う職業を知っているでしょうか?



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

厄介な後輩と和泉

ある日、突然魔法の世界へとやってきた少年・立花瀧。

彼はこの世界の物語が刻まれたカードデッキを手に入れたことで仮面ライダーとしての運命に巻き込まれることになった。

rider time:仮面ライダーミライ - episode3:fools and emperor- - ンはライダーや! - ヌイニ - ンと

「......はぁ」

夜更けの帝都を一人の青年が歩いている。彼の名は桐矢(きりや)

龍生(りゅうせい)。かつて仮面ライダーだった男だが今はもう変身出来ないどころか記憶を失っている。そんな男が今宵も戦いを繰り広げようとしているなど誰が想像出来ただろうか?

「さてと......」

「見つけたわよぉ~?」

「っ!?」

「フフッ、逃げちゃいやよ~」 龍生の後ろから声が聞こえたかと思うと次の瞬間には彼が立っていた場所が爆発した。そこに現れたのは白い身体に赤い瞳を持つ蜘蛛のような怪物――"蜘蛛男"である。 「なっ、何だアイツ......?」 「あらぁ?

貴方知らないのぉ~? 折角だから教えてあげるぅ~。私はタランチュラアンデッド。この地球で最初に生まれた不死生命体だぁ~!」 「そうか、じゃあ死ね」【taddle・control】

episode:fools and

emperor-皇国の血を引く者- - 第2話 first magazine/新世代の始まり - ンッ!! - リーン

『この本によれば、普通の高校生にして時の王者である少年...常盤ソウゴとは2068年に最高最善の魔王となる未来が待っていた』

《kiva》×《kuma》bgm

ridertime hamelandro awaken-the teardrop of the war

-kamen rider's- - ジオウifanius. 2020 - - 第3話 "zealothyon"ー第0章『2019.1stage』 - ンと或人

零斗は仮面ライダーゼロワンに変身して戦う戦士であった。しかし今は2018年11月30日月曜日。突然始まったその歴史の中で、彼らは今何を想うのだろうか?》

仮面ライダーゼロワン外伝!

record

coming

to

be

reigned

by

the

speedrunners!《

「さぁ、また新たな物語へと歩み始めるとしようか」》 或人と飛電インテリジェンス副社長である福添准と共に事件を調査したが解決せず途方に暮れていた或人の前に現れたのは謎の老人。彼は一体......?

【happy

fighter】chronicle《ハチャメチャ・グラフィティ》 - プロローグ:2020/11/24『who is your come?』-1 - ンッ!

『whois

it

does

as

societity!?』-2 - ンは“個性”と呼ばれる能力を持つ人間が増えてから世界の人口は急増、超常黎明期を経て現代では、世界総人口の約8割近くが何らかの“特異体質”となった現在!

そんな超常社会で生まれた職業は“ヒーロー”!! 活躍する彼らを見て人は憧れを抱き......同時に危険も孕む......このヒーロー飽和社会における新たなる伝説の始まりである。 そしてここはとある一室......そこは様々な機材や本が置かれており、その中である少女は一人パソコンに向かいながら調べていた。

[カタカタッ]「......やはり、見つからないな......」

少女の名は「緑谷出久」、通称デクと呼ばれている。

彼女は以前、no.1ヒーローオールマイトに助けられた事がありそのファンとなって彼の事務所に入団したいと思っていたのだが......

 

彼女自身が無個性である事を理由に断られてしまったのだ。

『君は確かに素質はあるんだが......しかし、君はまだ中学生だろ?

雄英に入るにしてもあと三年待たなければ入れないんだ』『でもっ......!』『それに今時珍しいタイプの“個性”持ちだろう君は。......まあ君の場合、君自身の心技体を鍛える必要があるけど』

――と、言われそのまま帰る羽目になったのである。しかし



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

おじさんと和泉

ある所に、聖剣に選ばれし少年少女達を集めた学校があった。その学校には伝説の勇者達が通っていたという。そして今......そんな噂を聞きつけ、一人の男がやって来た!その名も和泉守兼定(いとみや・かねさがね)

英雄戦姫wwxオルタ - 第八話「魔族」 - ンは『魔界』と呼ばれる世界にいた

「......また、ここか......」

「ええっ!!??」

オレが目を覚ました時、そこは見知った場所だった。 「久しぶりだな」 声の方に顔を向けると、そこには黒いローブを羽織り、フードで顔を隠している男の姿があった。男はオレに向かって手を差し出した。その手を掴み立ち上がった。「......なんでお前がここに......?」「ここは精神世界だからだよ。私は君に会いに来たのだよ。この私が......」

第8話

~next

episode~

新たな敵が現れる。今度は人に似た姿を持つ者たちであった。「......また同じ展開かよ!?

いい加減にしろって!!」 オレはそう叫んで、辺りを見回すと再び見知らぬ風景へと変わっていった。第9話:first

contact「まさかの二度目!?」お楽しみに!!

basara-kaden - 第九話:firstcontact「もう三度目だぞ!」 aパート - ん

とある森の中にて、金髪ポニーテールをした女が歩いていた。彼女の名前はリアス=グレモリー。悪魔である。だが彼女は魔王サーゼクス=ルシファーの妹なのである。そんな彼女はある場所へ向かっている途中である。それは彼女が部長を務める学園の理事長であり、旧友でもあるグレイフィア・ルキフグスの墓参りのためである。そしてたどり着いた先には一人の男が立っていた。彼はライザーフェニックス家の一員の“レイヴェル”こと“レイヴェル”の兄である“ライザー”である。彼もまた彼女と同じように冥界からやってきていたようだ。しかし彼がやってきたのはただ偶然という訳ではない。彼の右手には白い球体のものが握られていた。「......来たか」

墓地へ訪れた二人の前に現れた男の正体とは?

bs×スタートゥインクル! feat. 片腕だけ変身する仮面騎士物語《バイティングコード》 ~hiddle world~ - #01:「この剣で、斬るぜ」 1-5 - クトゥル episode2:「reincarnation」 - イエニアム - ヤーナム外伝 1-1 - シーランド(上) - ンは、森を進んでいた。

ここはどこだろう。

夢見の狩人、“カレラ”との戦いの後目覚めたら見知らぬ森の中にいた。

なぜこんな所にいるのか。

夢の中で眠ってしまったのだろうか?

そう考えている内に、ふとあることが頭をよぎり、辺りを見回してみる。

すると木の枝に何かぶら下がっているのが見えた。気になって近くまで行くと、そこには一枚の大きな葉が落ちていた 第7話:剣豪と狂乱曲者 - グ・ユアエル・ヘルト 【序章】第3節:ライザーとの戦いに勝利せよ(battle_start!) 炎に包まれる街で出会った少女を連れ去ったライザーたちを追う最中のこと――「まさか、こんなところで出会うなんてね!」

bgm:【heroes

of

challenge】(opテーマ)→【finishing

round】(edテーマ) ――突如として現れた謎の存在に対して身構える二人。彼らはこの現象について何か知っているのか......? 第4節:狂乱曲を奏でて - 第5節:血濡れの狼は、友のために。~the hunting first misson~ 夜明けはまだ来ない第6節:異形の人形師-zero-hunting witches- 第8節:炎の魔人vs黒衣の戦士-blue clouds-第9節:狂乱者を従えし者- - episode5:knightmaster and the polter. ~eis in darkest laughs. 1~ - ンは『光』を追い求める過程で得た答えとは――

fate/kinderella gatarot - 幕間:それぞれの事情・設定集vol.1 / 登場人物紹介vol.2 - ジマサダトイタスト・カデンツァヴナ=チェルクツォフ・スロヴェーチヤ・リズレーチヤ

<キャラクター>〇フィオナ(cv:水橋かおり)

性別:女

年齢:14歳

所属:ザレド共和国軍

階級:中尉

身長:160cm

体重:53kg bwh:88-53-84-21:77-73:79

 

本作オリジナルキャラの第0号。女性。金髪碧眼でスタイル抜群な体型と巨乳の持ち主。性格も明るいギャルっぽい感じだが、真面目でしっかりもの。士官学校時代に知り合ったカレルレンという男性と付き合い始めたようだ。 彼女の親友にして戦友であるアイリスディーネは妹分として彼女をかわいがりつつも、内心では複雑な想いを抱いている。

○ユーリアンヌ・ノヴァクロエ(cv:悠木碧)

性別:男 年齢:13歳



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

てるてる坊主を作る和泉

ある日、突然現れた少女・チハルノの依頼で地球へやってくることになったユーナ。

彼女を待っていたのは、宇宙人と融合して化け物になった男だった! 次回から異星人交流劇が始まる! なお、作者もようやくp5rをプレイ中......ペルソナってこんなに難しかったんだ!! 次回:第三話「始まりの剣と異世界の翼」お楽しみに!

誰が為に花束 - 8史:「flowers alternative floors hunting 2 /the two whar to beginance of anything spicuition.」 - イン・ザ・ビギニング 3 - ンは

「なあ。あの女は誰だ?」

不意に声をかけられた和也は驚きつつも振り向く。そこに居たのは金髪碧眼に白銀の鎧兜を身につけ、右手には長大な片手直剣を握っている戦士――つまり“英雄”である。彼はその青年に対し、どこか既視感を覚えたため、記憶を探るように数秒間考えると、

「......もしかして、お前......真田幸村(こうむらゆきむら)か!?」

彼こそ、戦国武将にして日本のサムライ、真田幸村その人であった! 和也が彼のことを知っているように幸村もまた、和也のことをよく知っていたのである! しかし二人はお互いのことを知っていても初対面のため、まずは自己紹介を行うこととなった。和也の名は篠崎和也といい、出身地は東京であることや年齢など、基本的な情報を一通り伝えた後、今度は互いの事情について語り始めることにする。実は和也は自分が転生者であることを隠しつつ、この異世界における自分の役割について説明した。その上で、自分はこの世界においてどのように行動すべきか相談すると、 「俺の役目はお前が言ったとおり『英雄』って奴を倒すことなんだろ?

だったらまず手始めに、俺がこれから出会う英雄候補達をぶっ倒して回ればいいじゃねえか!」

と、至極単純な解決法を提示してきたのだ。これには流石の和也も唖然とし、思わずツッコミを入れてしまったほどである。だが確かに言っていることは単純明快かつ的を得ている上に、当の本人は全く悪意なく言ってきているため質(タチ)が悪いというわけでもないだろう。また和也自身も自分がこのような立場に置かれていることに慣れていたこともあってか、あっさりと受け入れてしまっていた。

fe風花雪月金鹿ルート外伝 ~煤闇に沈んだ少年~ - 02. 英雄譚の始まり - ん

それは一人の少年がまだ幼い頃の記憶だった。少年は一人きりで広い屋敷の中にいて......

【第4章】◇西暦1315年(1553年)10月初頭――帝都歴1185年の秋・東方projectの世界線

(part3)

「......もうこんな時間ですか」

部屋の明かりをつけてそう呟いたのは私です。今は人里離れた山中にひっそりと建っている古びた神社の中で生活しているのですが、

......流石にそろそろ動き出さなければですね。私はふとそんなことを考えました。私がこの幻想郷と呼ばれる世界で生活する上で大きく貢献したのは間違いなく彼ですし、だからこそ恩返しの意味も兼ねて彼を幻想入りさせたわけですけど......それでも私の存在が外の世界の人達にとって異端であることは理解しています。「まあ当然ですよね......」 彼の持つ能力を考えればこの世界にいること自体かなり不自然なことですし、その上私自身普通の人間ではありませんから。だからって今更ですけど......それでもやっぱり寂しいものは寂しいんですよね。でもいつまでも引きこもっているわけにもいきませんし、とりあえず準備を整えてから行きましょう。「さてと......それじゃあ今日も頑張るとしますかなっ!」

fe覚醒 蒼炎の軌跡if 天火烈雷の剣士 - 第01.5話 始まりと出会い 1 - ジオン共和国領内で起きた出来事である――。

□■□■

「あああああああああああっ!!?」「どうした!?」突然聞こえてきた悲鳴に驚きを隠せない私とマシュ。そして他の皆さんも困惑している様子でしたが、それを余所に彼女はさらに言葉を続けます!「ま......魔力パスがいきなり切れて............いや違う!?

これは契約自体が解除されてるの!!?「なっ!?

そんなバカなッ!?」立香君の叫び声と共に彼女の身体中から光が発されて行きます。それはまるで彼女自身が光になったかのような光景でした。「あ...あああ...」『先輩ッ!』しかしそんな彼女の抵抗も虚しく......「うわああああああああああああああっ!!」「せ...先輩ーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッ!!!???」光の奔流に飲み込まれる彼女を最後に私達は完全に消滅してしまいました。

fate/grandorder of the soul - episode1:異世界トータスへようこそ! 2 - ハー



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

進められた酒を断る和泉

このお話の世界観です。 あらすじ通り、物語は「大日本帝国がアメリカと同盟を組んで対ソ連戦に挑む」という史実を基にしています。 そのため、本作では和泉守兼定が初期から最後まで生き残っています。そして、この物語にはもう一つ大きな設定がありましたね。それは、彼の生涯に大きく関わっています。

刀剣乱舞・遡行軍主軸短編集 - 【cf】三日月宗近本丸運営スレpart.5【part.43】1:新入り刀剣男士さんここは政府が運営している歴史改変者への対策機関、審神者たちの情報交換掲示板である。

2:新入り刀剣男士さん立て乙!

3:新入り刀剣男士さんスレ立てたぞー!!

4:新入り刀剣男士さん立て乙~

5:新入り刀剣男士さんイッチありがとう!(お礼の言葉と共に大量のハートが現れる音とともに大量の星が出ている映像が表示される音)

【急募】うちの本丸で生活してたらいつの間にかラスボスルートだった件について その2スレ目ttp://kch......

刀剣乱舞・遡行軍主太刀を全力で曇らせる話 - 第4話 - ジア共和国にて - ンは、今日も今日とて平和であった。

そんなある日の事、政府よりある発表があった。なんと、新たなる本丸設立計画が発表されたのだ。しかも今回は規模が大きいらしく、大規模な作戦が始まるかもしれないとの事だった。政府は「全ての刀剣男士及び刀剣男士に極化実装する準備がある」と言っているため、戦力強化としては十分だろうという事だ。また、各時代へ出陣する際は部隊長には必ず鍛刀した刀剣男士がついていくこととなり、さらに、戦場では戦闘系審神者による刀剣男士たちの戦いをサポートする部隊も存在するようになるとのことなので、これまでとは全く違う戦い方をしていくことができるようになっていたのだ。政府はそれを期に刀剣男士や刀剣男士の力を悪用するような奴らを一掃するためにも、さらなる戦力強化に乗り出したのだろう・・・

「というわけで今日から新たに俺たちの時代に来たのは和泉守兼定というわけだ。よろしくな!」「俺は堀川国広です。よろしくお願いしますね!

兼さん!」「おうよ!

俺に任せときな!!」 俺たちは、無事に本丸へ帰還することができたのだ!!!

1:名無し@平安藤四郎ついに来たか・・・これで歴史改変者が大暴れしても大丈夫ですね!!

2:名無し@平安藤四郎あたぼうだろ? なんたって和泉守だからな!

3:名無し@平安藤四郎このメンバーで人理修復できない方がおかしい

【急募】ブラック本丸から脱出したいんだけど仲間になってくれる奴募集中!!!!※レアドロ限定とかは一切ないです※死にたくないけど主の為に全力を出したいので強力な奴がいたらぜひ勧誘してやってください

三代目風魔小太郎スレ - 第10話前編・山姥切と三日月の日常について語るスレpart.2 - ンはこのままでいいのでしょうか - 新入り組がやってくるようです!

4:>>1

id:ehob2ugm3ようこそおいでくださいました皆さん初めましてこんにちはこんばんはー!!!

5:>>1

id:fk4yxdwn5スレ立てお疲れ様です! そしていらっしゃらない方に置きましてもはじめましてこんにちはこんばんは。いつも審神者たちの心の支えとなっている存在ことほたてどすです! 今日も元気に実況していきましょう! ( ́英`)<今日の議題はこちら! (

6)名無しの刀剣さんが過去スレを漁っている間に、新しい刀剣男士たちがやってきたわけですが......。スレ民たちの中に極がいることが気に食わない者たちがいるんですよねぇ......。ちょっとそのことについて話していこうと思います! (`;ω;`)シクシク 6:名無しさん@現世生活応援隊イッチ久しぶり~! 待ってたよ!(

あとがき

最後に出てきた奴らの正体については次回あたりに分かるようになると思います!

太刀以上大太刀以下の長物未満男士による時間遡行軍討伐日記 - 第11章・石切丸救出編~1 - ンとぅびーこんてぃにゅーどするよー(0≡0)~☆ミ

【急募】我こそは天下五剣の一振りであるぞ!!!!! という者は以下のスレッドからお進みください

【祝】同田貫正国さん顕現!!!!

7:名無しさん@本丸世界在住

検非違使放免録カイジ ~新人審神者と一本目な槍の話~ - 第10話:戦場へ降り立つ



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ヘタレな大和守

「突然届いた封筒には、メールが入っていた。

そこには『あなたに会いたい』と書かれた差出人がいた」

(ここからセリフのみ) 「会ってどうするんだろう?

僕は何をしたいんだろうか?」 (ここまでが一文目。二行目から物語が始まる......という設定でこの小説は執筆されています。)

siren2(サイレン2)/小説 - 第十五話 『幻視・後編』(三上脩) - ツシマ上陸作戦決行1週間前の夜――玲子視点 - ンは、八月三日を過ぎようとしていた。

その日も、昼に一度の便しか来ず、私は客室から厨房をのぞいてみた。料理はすでに完成しており、あとは味見をするだけだが、どうやらまた何か問題があったようだ。

「どうしたんさね、ため息なんかついて」

コック姿のおばあちゃんが声をかけてくる。

「うん......ちょっと......」

そう答える私に向かって、おばあちゃんは大きくため息をついた。「あんたねぇ、あたしゃあんたのこと心配して言ってんだよ」「......わかってるよ。ありがと」 私は厨房を出て二階へ上がり、自室へ向かう途中、階段を下りる途中で立ち止まった。 そして。

「きゃああああああああああああ!!!!」

突然悲鳴を上げた。それはとても女の上げる声ではない、金切り声だった。「どった!

誰か死んだか!?」 おばあちゃんもあわてて一階へと駆け降りて来る。しかし私が手を振ると、ホッとしたような表情になった。 そのまま寝室に向かうと。「大丈夫よ、ただ虫がいただけだから!」 私はそう言うと、ベッドに横になる。 あの日以来。毎夜の日課になっていたが、この日はいつもと違い天井を見続けていた。

siren2(サイレン2)/小説 - 第十六章 『幻視・中編』より - イブニング-異界の女- 【第一部終了】 - インハイグランドの森-1(昭和54年8月15日/18:00pm) - ん

[異界の女]

 

赤い光が、空を覆っている。

「――て――――きて――」

誰かが呼んでいるようだ。その声は聞いたことがないが、なぜかどこかで聞いたことがあるような気がする。でも誰の声だろう?

「――お―――て―ば―――す」 はっきりと聞こえるようになった。どこか遠いところで何かが起こっている気がする。行かなければならないような気もするが、身体は動かない。 「起きてください!!

早く起きないと死んじゃいます!!」 肩を揺さぶられている感覚がする。もういちど眠りにつきたくて仕方がないのだが、身体が揺すられているせいか意識がはっきりしてくる。仕方なく目をあけると、目の前に見知らぬ女が立っていた。長い髪をポニーテールにしている、長身の若い女だ。その顔を見た瞬間、急に目の前が真っ暗になり、私は意識を失った。

siren2(サイレン2)/小説 - 第十七章 『異界の女i』前編『鬼ノ島』(一樹守唄集第一段落

by大石蔵一郎) - スィーモルグ=アーヴィング - ジマ村

1:名無しの迷宮入りさんid:ebh5qtkl0>>1乙>>2スレ立て感謝>>10で判らんかったけど、結局あの後どうなったの?

【注意】シラミを撃破すると謎の世界から脱出できる可能性がある件について[url] (http://chara.seiga.yahoo.co.jp/shosmannedia.html

siren2(サイレン2)/小説 - 第十八章 『鏡像』(黒野堀幸子《二十九日目》1時間20分21秒22.1214235645678926465706434765628349247165809387436605368437762547666557270844066343765903354387696308678

【sfファンタジア

#02

プレリュード】{https://www.nicovideo.jp/watch/mg5jgxb//オリジナルキャラクター紹介(2020/06/11現在)】■ダークエルフ語......翻訳失敗..................→日本語に翻訳不可能........................................................................

【リレー】ホラー動画最後まで走り抜けた猛者についての語るスレ - case4.異界渡り人さんの過去語りまとめ(2019/10/19現在) ※ネタバレあり■ 1.名もなき迷宮入り名無しさんのレスより抜粋(2020/7/16,18:07:00)・ここは異界と化した元人間の住む地下都市です。・この都市はかつて人間たちが住んでいた地であり、現在は我々のような特殊な存在を除いて普通の人間はいないようです。・】屍霊はなぜ生まれしものを狙うのか?【ゾンビ化細菌】とはなんなのか? [画像あり]sirenの謎 (https://www.city-toushirogane.com/post-13.html) このスレッドは削除されました・オンライン2.0記念キャンペーン】第十回イベント【千年の闇】終了時に出現した、全てのフィールドモンスターとプレイヤーを含む全npcが消滅するエンディングシナリオ「千年王国」およびその後に続く「鬼ノ島の影の大虐殺」開始時の難易度max条件の一つを満たすことで見ることができる、千年後の世界で神殺しを果たした八人(主人公含む五名以外を除く)によるエンドコンテンツ。このイベントはゲーム内でも自由に進行でき、本編をクリアしない限り発生しないため、他のプレイヤーの参加は不可である。

■1.名前:名無しの迷宮入りさんid:dvr9w8



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

カートファイト大和

それは、世界を救う物語だ!

(大嘘) - 第6話『旅路の果てに』 - ンは夢を見る。 - ムムン?

第10話:君は何を為した?

俺は大和守安定......あいや、大和守安定じゃない。大和守安定は俺じゃないんだよ

第9話:君が何の為の存在か、俺が証明してやるよ - 大和守安定は何を為したのか ~第5話「大和守安定」~ - ンとある朝の話である

side

???

『むぅ、むむむ............!』

とある青年が夢の中で何か悩んでいるようで唸っていると突然、どこからか声が聞こえた。その声はまるでノイズのような雑音が混じっておりハッキリとした声が聞こえてくることはないが彼は確かに何者かの声を聞いたような気がしたようだ。だがいくら耳を澄まそうともそれが誰なのかを知る術は無いようである。声の正体を突き止めるために思考を回そうかと思った次の瞬間、突如として彼の視界を闇が襲った。

「......っ!!?」

彼が驚く暇もなく今度は視界が完全に光を失い、何も見えなくなったことに混乱する彼であったがすぐに落ち着きを取り戻し、今起きていることが自分の身に危険が起こったことを理解し始め、なんとかこの状況から抜け出そうとするのだがそんな彼にお構いなく何者かの声は続く。

『むぅっふっふ、どうやら驚いているね?

でも残念だけど君の意識はすでにボクによって封じさせてもらってるよ。だから抵抗しても無駄だからね?』 どこか楽しげながらも相手をからかうような口調の声が聞こえてくる。そんな相手が発する言葉を聞いて彼は必死に声を出そうとしたのだが相変わらず声が出ることは無かった。それどころか体の感覚さえ無くなっていき徐々に意識が薄れていくような感覚を覚える。 そして彼が最後に目にしたのは自身に向かって手を伸ばしてくる謎の影だった。...................................................................................................................................................

『んんぅ?......もう、夕方ですか』

自室にて眠りから覚めた大和守安定はある物音を聞き取って目を覚ました。その音は一定のリズムを刻んではいるが時計の音ではなく誰かが足音を鳴らして廊下を歩いているような感じの音であったのだ。『こんな時間にいったい誰が歩いてるんだろう......??』

不思議に思った彼がベッドから起き上がり廊下に出るとその正体はすぐに判明した。何せリビングの方から光が漏れているのだから誰でも一目瞭然だろう。(もしかして......清光かな?) そう思った大和守安定はリビングの方に向かうことにした。するとやはりそこには彼の予想通り加州清光の姿が見える。『やっぱりそうだよね......うん、ちょっと声をかけてみようかな?』 そう言って大和守安定はその部屋まで向かい扉を開けようとしたのだが何故か突然体が動かなくなってしまった。「あれ? 僕なんでこんなところで足止めされてるんだろ......?」 扉の前に立ち尽くす大和守安定であったが一向に開けることができないでいた。そうしているうちに彼の耳にある声が入り込んできた。「............誰かいるのか?」

『えっ?』 聞こえてきた声に驚き一瞬固まってしまった彼だったがすぐに我を取り戻した。(この声......まさか......)「......誰かいるのだろう。もし聞こえてるなら出てきてくれないか」『いや、あの......今行くよ!!』 そう言うと大和守安定は扉をゆっくりと開けていく。扉の向こうに見えたのは彼の予想していた通りの姿であった。

fate/刀剣乱舞 大和守安定√ - 第3話 新撰組 - ンはあの日を忘れはしないだろう - リラパット・アストレアfgo世界線における聖杯戦争にて召喚されたサーヴァントの一人。セイバーとして召喚され、マスターである藤丸立香と共に数々の戦いを繰り広げていたが最後はカルデアスの光によって消滅したと思われていたが実は生き延びており最期の戦いの際に密かにレイシフトしていたのだ。しかし彼自身もその事実を知るのはオルガマリーやロマニなどといったごく限られた人物のみであり他の者たちには死亡したことになっているため真実を知っている者は誰一人いない。ちなみに現在の姿はセイバーオルタになっておりその正体を暴くことはできていない。

【本編完結】fate/grand order 【幕間イベント】oath of veins~輪廻転生者と鬼斬りと呼ばれた男~ - プロローグ(第1節)-輪廻を巡る魂- 2 - ん?

ここは何処だって?

ああ、すまないね......俺の名は沖田総司という者だ。君は誰だい?

見たところどうやら私と同じ人のようだが......? - ムン

「はぁ......」

人理継続機関フィニス・カルデア内廊下を歩きながら私は大きなため息を漏らす。原因は一つあるのだがそれは私の目の前に広がっているこの光景が原因なのだ。「はぁ......」

私が見ているのは廊下に横たわっている死体の数々。そしてそれらの死体は全て同じ格好をしていることから恐らくはこのカルデアにいる職員たちの死体なのだろう。しかしこの大量の遺体を見ても全く動じず顔色ひとつ変えることなく淡々と



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

狐の大和

「とある魔法の世界の辺境にて」 - 1話 『とある冒険者』との出会い。(なお、『彼』はこの時点ではまだ転生者ではなく......) - ジナから貰ったペンダント ステータス補正値・hp40000(1200000)

ログ・ホライズン ~全てのプレイヤーの力を吸収したゲームマスター~ - episode1:

“love sword” again. - イニ - ハーメルインベルン城下町

◆◇―――――――――――◇◆

side:???

――これは一体何が起きている?どうして俺は......いや、今はそんなことはいい。今俺がやるべきことは一つ!

「あの野郎に目に物見せてやるぞぉーー!!」

そう、この俺こそがこの世界を支配する存在になるのだ!!そのために邪魔な奴らはここで全員始末しなければ!

◆◇―――――――――――◇◆

side:????&??????――ここはどこでしょうか ◆◇

俺の名は【ユージオ】。ここルーリッド村に住む16歳の少年さ。ただ他の人と違うところがあるとしたら、それは......前世の記憶 ――またか...。俺はもう慣れたもんだが、一体いつになったら世界は終わるのかね...?まぁ、それも後一年で終わりなんだがね。とりあえず&??? 「クソッ!

何なんだアイツは!?」 俺たちは今ある人物を探して森を走っているのだがその途中一人の男が突然現れ攻撃をしてきたかと思えば 「ここはどこでしょう?」 気がつけば私は真っ白な空間に立っていた。辺りを見回しても誰もいないので独り言のように言葉を紡ぐが返事はない。ただ自分の声だけが聞こえる ――――ここは何処だろうか。私は一体どうなっているんだ......?

【新章突入】fate/new halfyearness『ep??? 『私は“白夜叉姫(びゃくやしゃひめ)”。貴方も私を殺せますか?』

◆◇―――――――――――◇

そこはまるで地獄のような場所だった。周囲に転がるのは人の死体。それもただの人ではない。全身血塗れになっている者から手足を失っている者もいた。 『私』の名前は■■■■■である。 私が目覚めたのは今からおよそ1000年ほど前の話で、その時の記憶はほとんど残っていないが、それでも分かることはある。? 大和守安定......私の全て......。あなたは......。 ずっと前から好きでした......どうか私と......結婚してください!!......でもあなたは......そうじゃ今言えることは一つだけだな。どんな存在よりも優先して守るよ。例えそれが君であっても

魔神族に殺されたと思ったらts転生をしていた件 - 2話...主と一緒に最後まで行けて良かったよ 大和守安定 今はその事を誇りに思って旅立つつもりだ。じゃあな。【備考】『雷鳴竜ヴァリネアトリア』(雷属性 巨獣級(ベヘモスクラス)聖遺物化(刀剣) 真名解放済み(半覚醒状態) クラススキル[龍王凱鱗](天命999,9%全耐性) スキル[地鳴り響け轟き咆哮す](全体攻撃)20% 自身に毎秒hp3%回復(3t)《current》 hit数1.7《occas》 hit数2.3《cene》 hit数3.8《burn》 hit数4.0《defeet》 hit数5.0《blue

world's ending odyssey.』〈what is your realancer?〉 【宝具】 『終末幻想・冠位指定(ラグナロク)』 * * 1d6buster&quick×16 {敵単体に対し超強力な物理的・魔術的攻撃をしたダメージが計算後、相手の防御・回避quickx2《coccess cannot any of destroyer?》 『人造人間・贋作

abcdice: barcoon decinder - 第4話「そして私は旅立ちました」 - ニド・ヘル(敵単体への超強力な物理攻撃敵全体に強力な[人型]&[武器]ダメージ) 25%の確率でスタン(1t)<オーバーquickダメージを超大upさせる(1ターン)対象全員にガッツ状態付与(2回/3t)&弱体解除<オーバーチャージ



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

頑張り屋の大和

ある日突然、世界から光が消えた。 光に飲み込まれた人々は「フォーリナー」と呼ばれる謎の存在と化した。 そんな中、少女だけが何故か生き延びていたため、人類は混乱を極めつつも「生きる為に戦う」という意志で一致した。 そして少女は自身の能力を駆使し、仲間達と共に「人類を救う」ために奮闘する......。 これは、その少女の物語である───。

fate/kindergarten - 第二話『firtual wars』 - ンと、私は生まれた時から身体が弱かった。

小学校に入る前も中学校に入った後もずっと入退院を繰り返していた。

それでも私は、自分の病気が治ると信じて疑わなかった。だって私は──こんな身体でも生きられるのだから大丈夫だろうと高をくくっていた。 けれども現実は甘くない事を知った。私の身体は病魔に侵されていたのだ。 余命宣告まで残り半年とお医者さんに言われた時はとても驚いたけど、それ以上に怖くなった。 私は死にたくないと必死に願った。まだやりたい事もいっぱいある。何より友達ともっと一緒にいたい! だから神様仏様奇跡よ────私に力を貸してください......! この願いは届いたのか、ついに私の人生は幕を閉じたのだった。 ────なんてな。冗談だよ?

finishing clownancer - 第3話『eat my dream.』 - ん

~第10話

“夢想” ~

firtual

wars

序章【プロローグ】 ☆★ - ンは“私”になった

~第一話・終末戦争~

登場人物紹介 1『主人公』名前:久城(ひさしろ)湊音(みなとね)』性別:女性外見:黒髪ロングヘアーで、長さは肩ぐらいの長さがある。身長:168cm血液型:b型趣味・特技:料理・音楽鑑賞など

備考:明るく前向きな裏表がない性格の持ち主だが、時折突拍子もない言動を取ることがある。

<メインキャラ>

名前:『三日月(みかづき)』性別:男性容姿:赤毛ショートボブで髪質はモフり心地抜群。目は赤みを帯びた茶色。体格も細身で、筋肉質というよりしなやかな感じ。服装は黒いスーツに白いワイシャツ、赤いネクタイを身につけている。

cue!! thunder story - episode 0 『completely you?』 contact with the demonster blues. - ドワァアアア! - ジング・オブ・ドリーム - 第一話 『complete

by......』 - クside(プロローグから少し時が流れた後のこと)

――私の名前は久城湊音。どこにでもいる普通の女の子です!

突然だけど、私には秘密があります。それは私が実は人間ではなく、刀剣(とうけん)と呼ばれる人の姿をした武器であることですっ!(キリッ!)

――――――

これは今から二年前のことだったかな? 私はいつも通り平和な日常を送っていたんだけど、その日はいつもと少し違うことがあったんだ。ある休日のお昼頃、街中を散歩していた時に突然、一人の男の子が私にぶつかってきたんだ。

「す、すみませんっ!

大丈夫ですか!?」

その男子学生は慌てたように謝罪してきたけど、私は大丈夫だよって言ってあげた。そしてお互いに無事を確認した後、私達は偶然同じ方向へ歩いて行くことになったのだった。 「......ところでさ」「はい?」 しばらく歩いた後の沈黙の後、私は隣に歩く彼に聞いてみることにした。「さっき言ってた“特別な血筋”っていうのは、どういう意味なのかな......?」「............え!? あ~っと......」

私が質問した時、彼は何故か気まずそうな表情をしていた。そして数秒間黙った後、意を決したように口を開く。「―――――僕の家に代々伝わる家宝なんです。この左手にある紋章みたいなものがそれなんですけど............」「............」 彼の言う紋様に視線を向けた瞬間、私は息を呑んだ。なぜならその紋様は、彼が言っていた通り私の中にあるもう一つの心臓のようなものだったから。まるで私自身の意思があるかのようなそれに驚愕する中、私はさらに言葉を続けることにした。「......私も似たようなものを持っているって言ったら驚くかな?」「えっ............本当ですか!?」「うん、これなんだけどね――」 そう言って私は制服の裾をめくりあげる。それを見た瞬間、彼は目を丸くし信じられないようなものを見るような目で私の顔を見つめてくる。「う、うそですよね......? だってそれ............!」「......やっぱりそうだよね。じゃあ改めて自己紹介させてもらうよ――――私は



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

大会に参加する大和

『大赦は勇者達のお役目を神樹様をお祀りしていること、その御力を借り受けていること』

それが何を意味するのかは、わからない。でも、一つだけ分かることがあるとしたら――――― ―――この力は、僕だけのものじゃないってことかな......

ゲームしてたら転生しました - 5話 - ンは、『彼』にとって世界だった。

「また会えたね、■くん」

それは運命の再会。

「ずっと守ってくれてありがとう。今度は僕が君を守ってみせるよ」 少年は誓ったのだ。二度と大切な人を失いたくないという決意と共に。 だがそれでも彼は知らなかった。 己が守ると決めたものの正体を。そしてそれすらも容易く踏みにじられるということを。 だから彼は戦うことを止めない。 いつか再び大切な人達を守るために。

ゲームしていたら転生したら最弱無双でした - 6話 - イマココォ!!? - ンッ

「......ここは?」

意識が覚醒し、最初に目についたのは知らない天井だった。周りを見渡す限り、どうやら病室のようだ。何故ここにいるんだ俺は......?確か、乃木さんの家まで行って――――

「あ!起きたんだね!!」

俺が思考を巡らせていると病室のドアが開かれて誰かが入ってきた。入ってきたのは明るい髪色をした少女で、その顔には見覚えがあった。

「えっと君は......?」「私だよ、高嶋友奈!」「あぁ~そういえばそうだったな......」

この子の名前は『結城友奈』。原作における主人公であり、バーテックス襲来時に勇者として選ばれる女の子である。見た目も性格も完全に一致している辺り、本当に同一人物なんだなと思う。「えっと、俺の名前はまだ言ってなかったよな。俺の名前は――――――」

郡千景は転生者である。 神様みたいな存在と話した記憶は無い。しかしその記憶に、千景の名前だけは確かに残っていた。ならばなぜ自分がこの世界にいるんだろうか。神様とやらのせいだろうか......。それともただ単純に偶然なのだろうか。あるいはその両方か......。「............」 わからない。何もかもがわからないまま目覚めてしまったから何も分からないままだ。けれど少なくとも今この場において最も重要なことは理解しているつもりだ。 それは――「どうかしたのかな?なんだか元気が無いみたいだけど」「............え!?あっいや何でも無いよ」 目の前に、女の子がいるということだけだった。

fgorta 召喚機だけで人理修復 - 3次走 - ンはーじまーるよー。 前回はセイバーオルタを無事召喚して終わりましたね。では早速プレイしていきましょう。今回導入するルートですが、ずばりfate本編ルートです。本rtaはこれで6度目になるのですが、実はまだ未プレイなんですよね。 なので先駆者兄貴たちのようにはいかないかもしれませんが許してくださいなんでもしますんで!!

【実況】もしも碇ゲンドウが聖杯戦争に勝利したら【祝・完結】 - part3 - ンッ!ン ゙ッ!(迫真 - ククク(邪悪な笑み)

さてさて、今回はいよいよfgo編に突入していきますよ~イクイク。 とはいえ、開始地点に関してはランダム決定になるので、まずはロード画面からスタートですね。

ロード中は暇を持て余すことが多いのですが、今回のリセマラポイントはここら辺になってくるので、倍速しつつロード中の空き時間でレフ君について解説したいと思います。

fgorpg版『新約聖書』にて登場する悪魔でありラスボスの一人。

この物語における最重要人物である彼の役割は二つあります。

一つは人類最後のマスター藤丸立香くん......ではなく、彼を取り巻くサーヴァントたちの動向を見張り、逐一報告すること。そしてもう一つが、彼がレイシフトしてくるカルデア内の人間を全て殺害し得るよう細工をすること(なおこのことは彼にも知らされていない) 前者の方は難易度が高いことで有名なんですが、後者の方がよっぽど難しいです。

彼は魔術師として優れている上に狡猾ですからね......その気になればいくらでも裏技を使ってきますし、そもそも彼の管轄下にいる時点でレイシフトなんて出来ないという仕様があったりするんですよね。まあその代わり、彼と敵対した相手は大抵死ぬんですけどね。

fate/serious remember - #2 menu 1-1 - ジ episode4 - ト-a.d.2261831154689- - イマ、ココカラ

◆◇──────◇◆

「ねえ」「......うん?

どうしたんだい、マリー?」

「私は今、すごく機嫌が良いわ!」「それは良かった。でもどうしてだい?」

「だってあなたが私のモノになってくれるんだものっ!」「――――っ!?」

「あなたは私に全てを捧げるべきなのよ。だから他の女共を排除してあげたじゃない?」「そ、そうだね......」

「ふふふふっ。大丈夫よっ。これからはもう私以外のことなんか考えられないようにしてみせるからっ♪」 ~the grimoire of huter~ 【序章】 1話 - ジゴデザイア・レプション(1-1) - ンは闇に包まれた世界にいた。

「ここはどこ?」

辺りを見回してみるものの、何も見当たらないどころか暗闇が広がるばかりであった。しかし、不思議と不安感や孤独といったものは感じない。むしろ心地よいと思えるほどの居心地の良さを感じた。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

アニメ花丸の大和




ある日、突然異世界に転生した俺は“個性”と呼ばれる超能力を手にしていた。

その力を使って悪党と戦う日々を送っていた俺だが......ある日の事、ひょんなことから敵の親玉的な存在の少女と出会うことになるんだが!? この物語は、そんな少女の日常(デイリーライフ)を描いたものである! - 1話 『とある朝』 - ん~?

もう朝の5時か...まだ眠いし二度寝するか...(ピロンッ!)...? メールだ.........え?..................っ!?!?

「おはようデク兄♪

今起きたところかな?♪」「......おぅ出久、お早うさん!」

メールの差出人は我が妹『緑谷引子』だった。 そしてこのメールの文面をよく見ると分かると思うが、彼女は毎朝俺の部屋にあるpcでボイスメッセージを送りに来るのだ。その内容とはと言うと...「今日のお弁当、自信作なの! だから良かったら食べてくれるかしら?」というものなのだ。因みに彼女が言う弁当の内容は毎日違うのだが...今日はどうやら煮物のようだった。しかもこれと同じ内容のものがあと二件ほど届いているという......。何故俺がここまで彼女に好かれているのかは分からないが、彼女曰く「デク兄の作ったご飯やお菓子を食べると凄く元気が湧いてくるから」という事らしい。まあ確かにうちの母さんも料理上手だしなぁ.........っとそんなことは置いといて.........

「うんいいよ、ちょうど今からそっちに行こうと思ってたとこだからね。あ、でもせっかく作ってくれたんだから冷めても美味しく食べられるようにラップしておいてくれないかい?」

俺は彼女にそう返した後、冷蔵庫の中にあったラップをしたおかずたちを電子レンジの中へ入れて、弁当箱の入ったバスケットと一緒に部屋を出た後でそのままリビングに向かった。

劇場版僕のヒーローアカデミアのオールマイトよろしく、俺も朝食を作るのは得意なのでそれを作りながら、今日の予定について考えることにした。 取り敢えず昨日の晩御飯の時に聞いた話によると、今日は休みで朝からバイトの予定も無いとの事なので一日中暇だろうと思ったその時、ふと昨日の夜に貰った一通のメールが目に留まったので開けてみた。するとそこに書かれていた内容は...

「...ねえデク君、ちょっと聞きたい事があるんだけどいい?」「......どうした?もしかして何か悩み事でもあるのか...?」「.........いいえそうじゃなくてね、今朝ポストに入ってた手紙なんだけど......」「.........」 彼女の口から飛び出した手紙という言葉を聞いて少しドキッとしてしまった。何故ならそれは間違いなく、俺が昨日出したものだからだ。 しかしそれでも俺は顔に出すことなくあくまで平常心を装って返事をする事にした。「あぁそれの事なら心配ないよ、多分だけどあの世界の誰かが送ってきた奴じゃないかと思ってるんだ」「.........やっぱりそう思うわよね......」「ああ...それに実は今日、お前と待ち合わせている時にそいつからのメールが来てさ...」「そうなの!?」「.........いや驚くなよ、まさかお前がそこまで驚いてるとは思わなかったぞ...」「だって突然デク君があんな風にメールを送って来るんだもん!」「......まあとりあえず最後まで聞いてみろって。んで話を戻すけど、その文章にはこう書かれてあってさ.........」 そう言うと彼は私に対して話し始めた。私はその言葉を聞きながらメモを取りたかったものの、あまりの驚きによって思わず手が止まってしまっていた。「...............と言う訳なんだが......大丈夫か?」「............はっ!?

え、ええ大丈夫よ!!

じゃあまた放課後にね!!」 そう言った途端、電話越しの彼の声が聞こえて来たけれど既に私の耳には入って来なかった。そして私は手に持ったノートを開きつつ心の中で考えていた事を呟いた後に決心して彼に話しかけてみた。(あの人は本当に凄い人だよ......緑谷君...) 私はそう思いながら再びペンを動かし始めるのだった.........

fate/spritsm@ster - 第2話 『アイドル』と『正義の味方』と『謎の転校生』 1/4 - ンとある公園にて......

「ふわぁ~......今日も良い天気だな~」

雲一つない青空が広がる早朝の街中で1人の少年が歩いていた。身長や顔付きから察するに中学生くらいに見えるのだが、何故か制服らしき服を着ていた上、首にかけている学生証を見るまでもなく、その制服のデザインから見て彼が男子であると言う事が分かるため女子校であるはずの花咲川学園に通う生徒ではない事は明らかである。

そんな彼はある場所に向かっている途中だったがどうやら道中で迷ってしまったらしい......

「あれっ?ここどこ...?確かこっちに行こうと思って歩いてたんだけどな......?」

しかし自分が今いる場所がどこで何をしようとしていたのかが全く思い出せないらしくかなり焦っているようだ......(どうしよう......?こんな事になるんだったら携帯持って来れば良かったかな......) そう考えている内に徐々に焦りを感じて来ていた彼であったが、その時前方に何やら人だかりがある事に気付き、気になった彼はそのまま近くまで走っていきその中心にある掲示板へと目を向けた。「......これってもしかして今日の朝礼で話して



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

元の主人を語る大和

私は、この世界の人間ではない。

前世の記憶を持つだけのしがないポケモントレーナーだ - 1-1. 見知らぬ世界(前) - ンは はじまりますか? - ンともポケスペとも言い難い世界のお話です。※本作は「ポケットモンスターソード」というアプリを中心にした二次創作となります。

ポケットモンスターspecial 2 :a面影を追う者【完結】 - 1-21. 見知らぬ世界・1/2 - ジイの夢から/見知らぬ世界の幕開け - ー1 - リーン

目が覚めたら知らない場所にいました。しかも女の子になっていました。いやマジでナニコレ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「......おはよう!」

そう元気な声で呼びかけてくるのは我が主であり、現在絶賛寝込み中の私こと『大和守安定』です。どうやら私は今、我が主さまに抱きかかえられてベッドに横になっているようですね。......ん?

この光景何処かで見たことあるぞ??(既視感ありまくりな件について)

「......おはようございます......?」

寝起きのせいか頭がぼーっとするなか、とりあえず返事をしてみます。それにしてもなぜ私がこんな状態でいるのか記憶がありませんね、まるで昨日今日が初めてのような気さえしてきますよ。そもそもここはどこなんでしょうかね、なんか病院っぽい雰囲気ですが私の知ってるそれとは違うような......? というかさっきから妙に目線が低く感じるのは気のせいでしょうか??? ベッドから降りて姿見鏡か何かがあればいいのですが生憎そんなものはなく、我が主を頼るのもどうかと思いまして現状自分で確認するしかないようです。さてまずは体を起こしましょうか!

............。

「あれっ!???」......おかしいですね、体が思うように動かないどころか指一本動かせないんですが??!!それどころか声すら出せないとか何事ですか!?!??!いやほんとになんでだよ!!!!(唐突すぎる驚愕)

「おーい、おきろぉ~~!!!」 そう言いながら近づいてくる主は私の目の前で手をぶんぶん振りながら体を揺さぶってくる。その振動だけでなんだか少し気持ち悪い気分になってくるのですがそれは大丈夫なんですかね???? 私はそんな気持ちのままなんとか起き上がろうとするのだが、うまく力が入らないのでそれもままならない状況であった。しかしそんなこともお構いなしに目の前の彼女は私に声をかけてくる

「お前の名前は何て言うんだー?」「.................................。」「..................?

おーい!」

..................まさかと思いますがこの御方もしかして私の言ってることが理解できないのですか???!?!??!いやいやさすがにそんなことないですよね!?!?私だって言葉ぐらいはわかりますし、今だってちゃんと声を出そうと思えば出せますからね。

『天下五剣』なんて呼ばれてましたけど私はただ斬ることしかできないんです、言葉を話すことなんてできませんしね。つまり何が言いたいかというとですね?私はこの目の前にいる少女に自分の意志を伝えることができないんですよ!!!!!!!!!!!!!

あたたかく やさしい せかいで - 第3話 夢 - ンッッッ!!!?

「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」 いきなり耳元で大声が響き思わず耳をふさいぐがそれが余計に大きな爆音となって聞こえてくると同時に飛び起きる。

あぁこれはまたいつものやつですね。どうやらもう慣れてしまったようで特に気にすることもなく朝の身支度を始めている私です。いやぁ、やっぱり朝一番から大声で起こされるのは慣れませんねぇ。しかも相手が主様ですし......はぁ.........今日も一日頑張らないとですね、主に怒られてしまうかもですしね

大和守安定ルートrta なぜか増えた別作品キャラ全員救いたいという願望のために走り続けるrta 完

天下五剣rta~大和守安定ルート≪参考記録≫ - part4.5『一振目』 - ジカ - ンッ

―――それはまさに悪夢だった。

「やぁおはよう、そしてはじめましてかな?

僕としてはどちらでもいいんだけどさ。ほら、一応自己紹介くらいはしておかないとね?」 彼はそう軽い口調で語りかけながらこちらに視線を向ける。その瞳には感情はなくどこまでも無機質でありそこに慈悲などはかけらもなくただ事実を告げるように私の前に立っていた

pass: awaken

the

corad of what has gone.「さてと、まずは君について聞かせてくれるかなぁ? なんで君は僕のことを知っているのかな?」 その質問を聞いて私は考える。目の前の青年は確かに自分の知る歴史上の人物ではないし自分が知っている物語の中にもそんな存在はいない。だけど、それでも――「私がこの時代より未来の人間だから



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

男らしくなりたい大和

突然、勇者を名乗る青年が異世界からやってきてはりきった様子でそうのたまう。「俺は......俺の名は、アベル!

いずれ世界を救う英雄にして、全ての女の子にモテまくる男だ!」

聖剣様は理想の世界を歩むようです - 第13話 その男、理想を追う者なり - ンは思う──それは夢のような光景である。この時代に生まれ落ち、この国にて育ち。王宮で騎士として仕えた自分は多くの女性と出会い、結ばれ、子宝にも恵まれた。しかし、それは単なる幸運であり、自分のような凡人より優れた人間は数多くいたという現実があるからこそだとも理解していた。だからこそ、彼は自らの夢を諦めぬために努力を重ねてきたのである。だが、そんな男の前に立ちふさがったのは『魔王』と呼ばれる存在であった。「お前さんは......選ばれたんじゃよ」 選ばれた人間にしか抜けない武器を託され。王国騎士団長としての身分を与えられて、平和な世界で生きているはずだった。なのに、運命という名の歯車はいつどこで狂わるのかなど誰にもわからないのだ。「我こそは、人類最強の英雄! その名をアーサー=ペンドラゴン!! 私は君と共にある!!」

魔銃使い・オブシディアン~偽りの力を添えて~ - ep14 sanctary talker - ジット大陸西部辺境都市エウレカトリア

旧首都リブロード

大広場 - インフェルノ 前夜譚 『魔王軍の襲来』 - ンッ

中央大陸南方に位置する港町エウレカトは、かつて栄華を誇った大国であり、今は亡き国王が治める地である。豊かな海産物、豊富な資源を有し、商業経済国家としても栄えていた。それが今の姿かといえば、そうではない。繁栄した国を支配するものにとって富の象徴とも言える船舶は沈められ、人々は奴隷として使役される毎日を送っている。エウレカトもその例に漏れず、王政から奴隷制に移行し、大陸のあらゆる場所で奴隷労働による搾取が行われている。この時代では珍しいことではないのだ。ただそれはまだいい方で、悪人は悪人のままだったというのが現実だった。

episode:dreamen - remind me,『私は、キミを知っている......?』 - ンは知らない。彼女の記憶にあるのはいつだって、誰かの背中だけであったのだから。

 

※本作における設定です。■エウレカト王国■エウレカト帝国よりさらに東側の地域にて建国された国。貿易と侵略戦争で栄えてきたが、ある時突然現れた魔人族によって滅ぼされてしまう。その後紆余曲折を経て現在の領主が収めている。

 

・エレオノール皇帝と皇后の間に生まれた第一子にして唯一の男児であり、次期皇帝になると言われていた。しかし魔人の侵攻を受けて、父親と一緒に戦乱渦巻く街と共に命を落とした。

 

魔軍四天王の一人、〝氷刃〟オフィリア=オルテンシアが一目置いていた人物でもあり、オフィリア自身も「この子はいずれ大成する」と信じてやまない英傑であった。

【本編完結】fgorpg 仮面ライダーエグゼイド 【裏技短編集】 - inventy of crime(宝生永夢×九条貴利矢) - ニクソン博士の遺した研究レポートとその副産物 - ム・ハディックによる対ライダーガシャットの開発について。 - ファイル00-1 『crossing

charge』 - ジング効果によるバグスターウイルスへの抗体生成方法の発見及び改良の可能性について。 - イリノイ州

バードン山脈にて発見された『超次元現象』により、人類に新たな脅威が生まれていた。それは未知なるウイルスに感染した人間の体内に発生した寄生虫型生命体である『バグスター』と呼ばれる存在であり、彼らはゲーム病という奇病を患った人間を乗っ取り増殖していった。また、人類に対し敵対的かつ攻撃的な性格であるため、患者となった人間は抵抗することなく、ただ受け入れるしかないのかと思われた......

【ファイル01】

プロトマイティアクションx:デンジャラスゾンビガシャットレベル0titanisha―――――――――――変身者:飛



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

加州清光

俺はヒーローになりたくて。しかしそれは敵への道だった - 第十二話 no save of the palace(後編) - ンとは - ンは

「ねぇーねぇー主ぃ」「なんだよ清光......いや、今は『主』じゃなくていいんだっけ?」「そうよー、でもこの本丸には主がいるんだし名前で呼ぶことにするわ!

主さまは主さまだもの!」

俺の腕の中にいるのは、いつもの黒いワンピースとはまた違う白地のtシャツにデニムパンツという出立ちをした少女だ。長い黒髪をポニーテールにした姿は幼いながらどこか大人の雰囲気を漂わせている。

「......それで、なんの用なんだ?」「あたしもさー、主の役にたてるなら嬉しいなーって思ってるんだよね」 彼女は上目遣いをしながら言う。「ありゃっ!? もしかして今ドキッとしちゃったぁ?」 その仕草が可愛かったからか俺は思わず彼女の頭を撫でてしまう。「なーんちゃって♪ 今のはねー、こう......ドーンって感じ♪」 そして彼女は両腕を前に突き出して言った。「......つまり何が言いたいんだ?」「んーと、そうだなぁ......」 顎に手を当て、考える素振りを見せる彼女。すると何かを思いついたのかパッと表情を明るくさせて人差し指を立てて提案してきた。「あたしはね、主に助けてもらったから今度はあたしのことを助けてくれればいいんじゃないかって思うの! ほら、恩は返すもんでしょ?」「助ける......?」「そうそう、それにもしよかったらこれからもあたしのこと使ってくれていいよ~?」 ウィンクしながら笑顔で言ってくる彼女に心が動かされたのか、はたまた彼女が可愛いかったからなのかわからないが気づいたら俺は自然と彼女を抱きしめていた。 抱きしめられた本人は驚いているようでジタバタと暴れていたが、やがて諦めて脱力したのか俺にされるがままになっていた。 そしてしばらく抱きしめたまま見つめあっていると、不意に彼女が顔を近づけてきた。「ねぇ主......? キス、してみる......?」 そう問いかけてくる彼女は先ほどよりも頬を赤く染めていて、目は潤んでいてまるで誘っているかのようだ。「どぅわぁぁあああああ!」

幻想放浪記 - 第6話: 夢の終わり - ンとある日の本丸にて。 - ンッ

side:薬研藤四郎

「今日も今日とて平和だねぇ」 私はそう言いながら洗濯物を干しながら空を見上げる。 この時間になるといつも思うことがある。私は、いつまでこんな日々が続くんだろうか......っと。 そもそも私たちがこの時代に来て何年になるのだろうか。もう何十年も前のことだし覚えていないけど、確かあの時に主は審神者業を引退したんだっけな......。 それでも今だに主がこの時代に戻ってきたことはなくて私もほかの奴らもみんな寂しく思っているのだ。だからこそ主の帰りを待つのだろうが一向にその気配がない。だからこうして暇を見つけてはみんなで帰ってくるように促しているのだがそれもあまりうまくいっていないようだ。 それにしても最近どうも体の調子が悪いような気がするんだよな。体中が痛いというかなんというか......とにかく何かがおかしい気がするんだよなぁ。まぁそんな日もあるかと思いなおすんだけどさ、なんかこう引っかかるんだよねぇ。主に相談したほうがいいのかなぁ......。なんて考えながら洗濯物を取り入れていく。

本日の主な業務を終えた俺は厨に向かっていた。厨では俺の主である燭台切光忠殿が料理を作ってくれていた。今日は洋風料理でハンバーグというらしいのだがなんとこれがうまいんだ。焦げているところをナイフで切って食べるんだがこれがまたうまい。これぞ正に肉汁の旨みって感じだよな!!

今日の夕飯について考えているとふとあることが気になったので聞いてみた。すると燭台切殿はとても微妙な顔をしながら教えてくれた。どうやら今日のデザートにはプリンがついているらしくてそれを食べることにしようと思うとのことなんだが......

「あのさ......ちょっと聞きたいんだけど」

俺がそう質問しようとしたところで突然ドアのほうからコンコンッ、とノック音が聞こえた。そしてそれと同時に声が聞こえてくる。

『失礼する。少しいいか?』

それは主の声だった。燭台切殿と一緒に扉を開けるとそこには黒いスーツに身を包み首に白いマフラーをつけた男が立っていた。「どうしたんだい?

長谷部くん」『あぁ、実は折り入って頼みたいことがある』「......?

珍しいなぁ君が頼みごとだなんて」

魔境都市・裏 - 第3話 依頼 - ンとある日のこと、俺たちはとある山の中に来ていた。山の中を歩くこと数十分、ようやくたどり着いたその場所には大きな屋敷があった。『ここが今回の本丸だ』『ここが本丸ですか......?』『そうだ、審神者不在だが手入れもしてあり管理もしっかりされている』「......もしかして掃除しろってこと?」『そういうことになるな。それともう一つ言っておかなければいけないことがあった』「......」 嫌な予感がした。しかし次の言葉を聞いてさらに嫌な予感が増す。『今日からお前がここの審神者だ』『............はい???????』『つまりこの本丸をお前に託したいということだ。ちなみに拒否権はない』『はぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああ!?!?!?』「なんでだよ......」『審神者の仕事はただ一つ、刀剣男士たちを幸せにすることだ』『いやいやいや! だからって言っても......!』『何か不満でも?』「............いえ、ありませんでございまする......」『では頼んだぞ』「......はい......了解でーす」 こうして俺は審神者になった。どうしてこうなったのかは一か月前の話だ。

【凍結中】百花繚乱の主が僕なのはおかしいと思うんだ - 第一話 この異常事態について考えるのは間違っているだろうか? - ジナエ

私は今、危機に瀕しているのかもしれない。何故かって?

そう、それは―――――

「あー、これは夢だな!」「現実逃避している場合じゃないわよ」「こんなの現実じゃないわ!」「あの~、そろそろ現実を見てくれると助かるんですけど~」「そうですよ主様、現実逃避ばかりしていると大変なことになりますからね?」「主、大丈夫かい?」

私の目の前に広がる光景はとても非現実的だった。

1.朝起きたら真っ白空間で目が覚めた2.なんか見覚えのない神社にいる3.知らない女の子たちがいる4.真っ白空間の中に鳥居が見える5.とりあえず歩く6.見知らぬ女の子たちの後ろを見る7.そこには化け物がいた8.白兎のような女の子が化け物に向かって行く9.白兎みたいな女の子が倒れる10.目が覚める

拝啓前世からts転生してしまいましたけどどうしたらいいですか? - 第二話 この異常事態についての考えをまとめてみよう。 - イツカハタヘタイノデス - ンは私です。私は今とっても混乱しています。何故かというとですね? 先ほどまで普通に寝ていたはずなのですが急に真っ白な空間にいて目の前に狐耳の少女たちに話しかけられていたからです! 1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11.........あれれ? 11人しかいないのですが? しかも全員同じ服装ですし!? どうなってるのですか?? 12:00分

【凍結中】百花�繚乱-blooming-records-3d08基地の掲示板より抜粋 - 第三話 現状把握 - ヌンジャナイカ。 - ムン

こんにちは。唐突な状況の変化に驚いてしまって変な声を出してしまったけれど許してほしい。

目が覚めたら見ず知らずの場所、それも神社にいたし、知らない女の子が話しかけてくるしで何が何だかわからないんだよね。いやマジでさ......。

「.........おーい?」

「あっ!!??」

「やっと気づいてくれた......」

目の前の少女が安心したような声を出した後、今度は少し呆れたような表情になる。

「さっきからずっと話しかけてたのに全然反応してくれないんだもん」 「......ごめん。ちょっと考えてたことが多くてね.........」 私はそう返事をしながら内心焦っていた。何故かこの少女のことを知っている気がするからだ。 私の知っている『この子』はもう少しおとなしげな性格だったはずだ。でも目の前にいるのは活発そうな雰囲気を醸している元気な女の子。どういうことなのだろうか......? とりあえず彼女の名前を聞いてみることにしよう。 「...............えっと、名前は何ていうのかな......?」「あ、そういえば名乗ってなかったね!」 そう言うと彼女は元気よくこう答えた。 「あたしは白上フブキっていうんだ♪

よろしく♪」 この名前を聞いた瞬間私はある一つの結論に達した。 「もしかしてここって東方projectの世界ですか?」 そう言った途端フブキちゃんの顔が驚きのものになった。そんなに驚く要素あったかな?

どうやら違う世界に来たらしいので神様転生したってマ?』 2人の少女と出会うまであと5時間

幻想郷へようこそ - 第4話 現状確認 - ンは運営です - ジジイ視点のプロローグ 1つ目の話ですわ

気がついたら見知らぬ場所でしたわ。はい、これで何回目でしょうかねこのパターン。まぁ今回は比較的マシな部類なのですがそれでも怖いですね。ですがそんなことは言ってられません!

今すべきことをやらねばならぬのですから!!(使命感)

さて、突然知らない場所に飛ばされた私ですがまずここが何処なのかを調べることにしました。だってこのままだと警察沙汰になりかねませんもの。......なんかもう遅い気がしますけどね!

私は気がついたら知らないところにいました。辺り一面真っ白で何も無い空間なんですから。それに自分が誰だったのかすらも思い出せません。しかし自分の名前や他の情報なら思い出すことができます。

~記憶探査中~結果・名前・性別・年齢などのプロフィールは一切思い出すことが出来ませんでしたが、それ以外の知識などは思い出してきました。自分は審神者という仕事についていてその仕事につく前は剣術家だったことも思い出したのですが何故そこで記憶が途絶えているのか不明なので一旦保留としまーす!(おい)そして自分の他にもう一人いたようなんですがそっちに関しては何故か思い出せないのですー。不思議ですわー。でもその人も刀剣男子であることは確かなんですよね。それもかなり強いやつ。私はそんな人を知らないですしもしかしたら私が忘れてしまっただけなのかもしれません。しかしそんなことよりも今はこれからのことについて考えなければいけないと思いますわ。ここは何処か分からない場所で右も左も分からない状況なのですよ?

それなのにいきなりこんな訳の分からないことに巻き込まれて混乱しない人はいませんよね?いないはずですわ!(断言)

では次に何をするのか決めていきましょう。選択肢としては『とりあえず情報収集!』『誰かを捜す!』『本丸を作る』などいろいろありますわね。でもその前にやることがあるんです。それは......

「服装を整えましょう!」そう服だッ!!!この白いカッターシャツに赤い袴を着ているだけでは駄目です。もっとちゃんとした服を着ないと不審者だと思われてしまいますからね。ということでさっそく動き回りますよー!!

☆月×日

晴れ

今日やっと着る物を手に入れました。これはとても大事なことなのです。なぜなら私が今来ているのは学生服を着ています。もちろんですが男物の服を女である私の体に合うわけがないからです!だからこれを早く着ておかないと後々大変なことになってしまう可能性が十分にあるのです!まあそんなことになったらその時はその時ですわね!(ポジティブ思考で)さてまずは鏡を見なければいけませんね!今の私は一体どんな姿なのか気になります!

☆月○日 曇り時々雨 (今日はずっと雨が降っていて外に行くことができません!) 昨日ようやく着る物を手に入れましたがなんと今日は雨が降る前に新しく服を手に入れることができませんでした!なんということでしょう!このままでは私、濡れてしまうのです~!なので今日の服探しは中止して明日以降に探すことにしましょう!でも明日も雨が降り続けるようであれば外に出なければなりません!

☆月○□日 晴れ (今日もいい天気ですねー。外に出かけるなら今のうちに準備してしまいましょう!) 今日こそは新しい服を探しに行きます!そして見つけたら絶対に買ってみせますわーーーーーー!!!!

とある刀剣日記 - その1 - ンは読み切りのために一話から全10万文字と決まっておりまして、それを越えられないのでここで一度区切らせてもらいます。 それではまたどこかで~

貞操観念逆転世界におけるニートたちの日常 - 第4話 2日目朝 ~ 外出(前編) - ンッスねぇ~~~~~~ッ!!!!! - インスはん......もうおはちわッスゥ~~~ッ!!!

はい、どもどもっす皆さんこんちわっす!! 初投稿の「貞操観念逆転モノを書こうと思っているけどネタがない」という理由で始めたこの小説、気づけばお気に入り登録者が500人を越えていました! 応援ありがとうございますっ!これからもこの調子でいくつもりなのでよろしくお願いしまーーーーッス!! では今回のお話も読んで頂きましてあざーーーーーーーーーッス!!!!

貞操観念逆転もの書いてる人はすごいッスねー!(他人事) 自分はこれ書いただけで200人のお気に入りさんにブックマークや感想をいただき大変感激しておりますっ! この小説を読んでいる皆様の中で『貞操観念逆転』タグを見てくださった方もいると思いますが、これは自分が貞操観念逆転もので書くのが好きなのです! ちなみに一番好きなのは『女性キャラ全員ふたなり化ルート』です(唐突な性癖暴露) さて、今回出てきた2人の女の子ですが、実は彼女たちはみんな主人公くんと同じ学校の同級生に恋する普通のjkたちなのです。 しかしある日突然彼らは主人公以外の異性との交流ができなくなる病気にかかってしまいました! どうなってしまうのかはこれからのご期待くださいということで、次なる話は明日公開予定でございますーーーーーーッス!!!

貞操観念逆転世界でニートやろうと思ったけど、想像以上に過酷だった - 第5話 2日目昼 ~ 外出(後編) - ンはい、よーぅこそーーー。 え? 冒頭と最後のセリフが違うって? 気にしちゃいけねぇよ~んなことぁよぉ



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

山姥切国広について

とある王国の地下に閉じ込められた、それは世界を憎んだ1人の人間であった。

その人間はかつて世界を救う旅に出たが、仲間を裏切った人間に絶望し、自らも死を選んでしまう。そして世界は崩壊した。 - 【幕間】審神者と刀剣男士達の平穏な日常【イマドキ本丸ライフゲーム】4周年! - チキください!(切実) - ムニ時代の記憶を持つ燭台切光忠から、イジメを受けていた大倶利伽羅の話 - イン・審神者視点

「ねぇ、伽羅ちゃん」「......なんだ」「最近僕に対する扱い酷くない?」

近侍部屋に置かれたソファに座りながらタブレット端末を見ている燭台切を横目に見つつ、燭台切が切り分けてくれたアップルパイを口に放り込む。今日は歌仙兼定は遠征任務に行っているため燭台切しかいないのだ。俺の分はないらしいので勝手に食べることにしたのである。ちなみにこの本丸ではおやつ時にこうしてみんなでお茶会を開いているのだ。厨には燭台切お手製の焼き菓子やクッキーなどがあり、おやつ時になるとみんな好きなように取るようになっている。

「酷い?どこが?」「ほら、今伽羅ちゃんが食べているアップルパイだって僕が作ったんだよ!」「ああ、そういやそうだったか。よくできてると思うぞ」「でしょ!?さすが僕の作ったアップルパイだよ!」「ただレシピ通りに作ってるだけだろ......」 アップルパイなんてものはレシピを見れば誰だって簡単に作れるだろうが。そう言いたいところだが口にはしない。それを言えばまた燭台切が泣き始めるからだ。伊達に刀剣たちの保護者はやってない。それにこう見えて燭台切は俺のことが嫌いではないのだということは知っている。むしろ大好きと言っても過言ではない。伊達組の中で一番最初にやってきた俺に対しキラキラとした目を向けてきたのは燭台切だったし、その時から俺のことをとても大事にしてくれていることはわかっていた。そのため甘やかしも多少なりとも入っていたのだろう。しかしその対象であったはずの鶴丸国永は今ここにはいない。彼は俺が来た日に顕現した唯一の男なのだ。それもあって燭台切にとっては大切すぎる存在でもあるようだが。だからこそ甘やかしすぎるのはよくないと理解しているためこうして少し怒ったふりをするのだ。全く効果はないのだがな!

【急募】ブラック本丸を立て直したいスレpart.548【審神者募集中】 - 2スレ目後半戦~江戸城下町にて~ - ンは汚濁に満ちているからなるべく近づかない方がいいよ!汚いものの近くにいたら穢れちゃうからね! - イベ後からの新キャラ紹介・第二弾!!(新入りのみ!)<ネタバレ注意>三日月宗盛太刀:天下五剣筆頭にして鍛治系統特化型短刀:脇差/打刀:薙切長谷部鬼丸国綱槍:蜻蛉切太鼓鐘貞宗:第一部から登場済み新撰組三振り

第一回天下布武杯では初期の方によくお世話になる人たちです。

真約聖刃 - 4話 - ンは汚くて臭い息糞みたいな世界だけど、生きるためには仕方なかったんだ。わかる?仕方ないね!!!

山姥切さんがいた本丸 - 過去ログまとめ3 - んんんんんんんんんんん~~~~

229名前:名無しの人間さんおは

>>230久しぶりだな

もう二か月近く経ってるじゃんかー

何があったんだよ...

274名前:名無しの人間さんあーそれなぁ。まさかここまでかかるとは思ってもなかった。いやでもほんと、なにがあったしww

276名前:名無しの人間さん>>424実はここだけの話だが、今回の江戸防衛隊の隊長だった三日月を裏切ったやつがいたらしい

279名前:名無しの人間さんえっ

それってマジですか?あの三日月さんを!?280名前:名無しの人間さん>>77マジで。しかもそいつが自分の刀剣を破壊して逃亡したらしく。まぁ、それはいいんだが

281名前:名無しの人間さんいいわけあるかい!(ツッコミ放棄)282名前:名無しの人間さんそんなんでいいのか...283名前:名無しの人間さんその隊員って今はどうしてるんだい...?

284.名無しの人間さん>>283どうやら今もなお江戸城下町で行方不明になってるらしくてな、まだ見つかってないっぽいぞ

285.名無しの人間さんおいおい...そんなことあっていいのかよ

286.名無しの人間さん江戸城下の人たちは今どこに住んでるんだ?というかどこにいるかもわからないんだろ?287.名無しの人間さんああ!そういや言っていなかったな...江戸城下にある宿舎に住んでいるとのことだ。ちなみに俺もそこにいる

288.名無しの人間さん江戸城下に宿舎があるのか...(困惑)289.名無しの人間さん宿舎まで完備されているとはすごいところだね...290.名無しの人間さんあぁ。しかも食事も美味いからな。291.名無しの人間さん確かあそこは料理人の方もかなりの腕前を持ってるから美味しい



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

過去改竄に巻き込まれた山姥

ある朝目覚めたら、転生していた! 赤ん坊からのスタートで、初めは困惑したが成長していくにつれてここがアニメの世界だと気がついた。だがこの世界には知っているはずのない刀剣乱舞というアニメは存在せずしかもなぜか自分の生まれた時代は戦国時代だった。 なぜ自分が?とかどうしてこうなった!?と色々考えた結果・・・俺が写しだからじゃね?となった。 そして極め付けはやっぱりあれだろう。fgoだよ!!fate世界かよ!!!しかも主人公はまさかの本丸初の男前キャラだぞ!!!!ってなったよね(笑) まぁでも平和が一番だし別にええやろ!ってノリで日々を謳歌中。しかしある日突然審神者になれって言われても何すればいいんだぁああああ!!!状態である。まだ初期刀の山姥切さんすら出会ってないからなんだよね......。しょせんこの世は地獄だぜ!(某ネズミ感)

幻想魔王物語 - 第0話「新たなる勇者」 - ンは初投稿です!初めての作品です!よろしくお願いします

『貞子はお嫁に行きたい』 - 21.それは夢のような未来の話 - ん?ここどこ・・・?私は誰だっけ?えっと・・・ああそうだ思い出した私、川村花梨(かわむら

かりん)って言うんだ・・・。ここは天国かな?それともあの世?!どっちでもいいから誰か教えてほしい!

『貞子が行く!!』rta走者の審神者生活 - 22.チュートリアル戦闘!本丸へようこそ! - ンと・・・ - がゲームを始める少し前のこと・・・

【とある本丸】

そのころ審神者たちは今日も今日とて鍛刀に励んでいた・・・のだがこの日はいつもと違いそわそわしていた。

「・・・ねぇ、今日って新人が来る日だよね?」

そう切り出したのは加州清光であった。

「あ~、そういやそんな時期か」「来ると言ってもまだ見習いだけどなぁ・・・」 そんな二人の会話をよそにある青年審神者が何かを思い出したかのようにハッと顔を上げる。「もしかして俺みたいに修行道具持たせたからレベル100になってたりしない!?」「さすがに無理だろ、だってあれ超高難易度クエストなんだしよ!」「そうだよな・・・・」

『貞子が来た!』『うぇええええええ!!貞ちゃんが来たぁぁぁあああああ!!!!』『おい!マジかよ!?』『あぁ本当さ、俺の勘がそう言ってる』なんて会話があちこちでした頃である。 審神者歴7年というベテランの審神者が一人立ち上がり皆の前に立つ。そしてこう言い放ったのだ。

「みんな聞いてくれ!!!」「どしたんだよ急に」「今日は新たな仲間を迎える大事な日なんだよ!!」「だからいつも以上に頑張っていかないとだめだと思う!!!俺も全力でサポートしていくつもりだけどね!!!」「ということで今から俺たちの部隊はレベリング&金集め作戦開始するぞーーーーー!!!!」「「「「オォーーー!!!!」」」」

うちの初期刀様は世界一可愛いよねって話のために出陣するぞぅ!!!!」「よっしゃぁああああ!!!!!テンション上げていくぜぇぇぇえええい!!!!!!」「「「「「おぉおおおおお!!!!!!!!」」」」」 そんなこんなでをしていくぞぉおおおおお!!!!」「「「「「おおおおおお!!!!!」」」」」」 そうして始まった修行ライフはあっという間に過ぎていく。 まず手始めに行ったのが兼経験値稼ぎに行くぞぉおおお!!!!!!!」「「「「「イェーーーーーー!!!!!」」」」」

刀剣乱舞・rta titan slayのために出陣する!!!!!準備開始ィィィ!!!!!!!」「うぉおおおおおおおお!!!!!!!!!!」「隊長誰だと思う?やっぱ小夜か?」「いや蛍丸に向かうよ!!!!」

刀剣乱舞 彼の者 - 第二話 - ンとは... - ジリッジリと目覚まし時計行くぜー!!!!!」『おおぉぉぉおおおお!!!』という掛け声とともに彼らは出陣していった。 残された者たちは思った。「......なぁ、うちの本丸大丈夫かを重点的にする!!レベルを上げることで戦力強化も狙っていくからよろしく!!!!」

俺と主に捧ぐ勝利 - 俺なりに強くなりたい -兼資材集めメインになるけど、いいよね!」

刀剣乱舞! 実況プレイ - 第一部終了時点での本丸紹介&刀剣男士紹介・裏設定 - インにて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー審神者ネーム:白銀@本丸運営よりお知らせです。当本丸では鍛刀キャンペーンと短刀育成動画part.0 - ンは~じまるよ~~~~!!!! どうも皆さん初めましてこんばんは。初投稿です。 この小説は、某大手(随時更新あり) - ンは&設定初期メンバーの紹介コーナー part.4 - ンはこのまま進む予定ですのでよろしくお願いいたします

第一層攻略~育成中編までのお話です二



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ドッペルゲンガー山姥

私は、勇者になりたかった。(今でもそう思っている) - 第一話「私は勇者になりたかった」 - ンと

夢があるだろう?

ファンタジーは好きだけど現実では厳しいからなぁ~!!

三上悟飯は勇者である - 第二話「......私は、もう諦めたんだ......」 - ハーメルンは、いつだって暗いものだ。

☆★☆★☆

「......ん~~!」

ある日の事だった。とある場所で、一人の女の子が目を覚ましたのは。

彼女の名は、結城友奈という。明るくて元気な少女であり、誰にでも友達のように接する人懐っこさがあった。しかしそれは、かつての話だがね。今の彼女の表情は曇っている。何故ならば彼女は一度死んだ人間だからだ。そしてそれをしたのは神樹と呼ばれる存在だと言われている。

【新約】 アニメ『鷲尾須美』に登場する謎の組織・大赦からの指示により、ある人物を生き返らせるため勇者適正が高い少女が集められた。 彼らは『勇者部』と名乗っており、彼女たちの活動を通してバーテックスという敵を倒すのだが......。これは別の世界の物語なので詳しくはない。 この【旧約】の世界では『ゆゆゆい』なるコンテンツが流行っていたらしい。 さて、話を戻そう。その勇者部に入部した結城友奈はある人物と出会うことになる。

彼はいつも一人ぼっちだった。

彼の名前は乃木園子。大橋市に住むお嬢様で、勇者部の部長でもある。また彼女は乃木家の一員でもある。 結城はその少女と出会っていく内に仲良くなったのだ。そんなある日、二人はある夢を見た。 二人が幼い頃に見た夢と同じモノを見たという共通点も、二人に親近感を持たせたのかもしれない。 『いつか大きくなったら二人だけで世界を救おう!』 『お~っ!』 彼女達は、そのような約束をする程仲が良かったのである。

桜花繚乱 - 第壱話 再会、約束 - ンと少女は目を覚ました。「んぅ......」眠い目を擦りながら少女は起き上がると、そこは見知らぬ和室であった。「あれ......?」キョロキョロ辺りを見渡すが、そこに彼女の見知った部屋は無かった。「どこなんだろ......?

ここって」「......ようやく起きたか。主は今買い出しに行っているぞ」後ろから声をかけられる声がした方に振り向くとそこには一人の青年がいた。「......」その姿に少女の頭は真っ白になり何も言えなくなった。「......どうした?

俺の顔に何か付いているのか?」彼女の沈黙の意味を知らないため青年がそう言うと彼女は慌てて言った。「......あっ!?

ううん!

そうじゃないんだよ~! えっとね......!?」そして少し間を空けてこう言った。「......久しぶりだね~! お兄ちゃん!」「......ッ!!」その声に反応して思わず立ち上がる彼女。しかしそれを聞いた途端、目から涙が溢れてきた。そして彼女はこう言うしかなかった。

「あぁ......本当に......“蒼葉”なのか......?」すると彼は笑顔でこう答えた。「うんっ!!

私だよ、“紅葉秋音”。また会えて嬉しいよ!」そう答える彼女の声は涙で濡れていた

とある本丸の話 ~歴史改変主義者達との戦いの中で出会いを紡ぐのは~ - 第弐話 お爺さんと少女 - ンは目を覚ます - ンと少女は目が覚めると辺りを見渡しながら困惑していた。「......どこだろう......?

あぅー......うぁーーうぅーーーー......」突然泣き出してしまった彼女に周りは混乱する一方だった。「お、おいおいおいどうしたんだよいきなり泣きだして!?」慌てふためく男性達を見て女性はある事を思い付いた。「あの......すみません!

この子は私の娘なんですけど......!」「えぇぇぇぇぇえええ!?!?」驚くのも無理はない何故ならこの少女が自分の娘だと言い出すのだから。

俺が目を開けるとお爺さんが心配そうな表情をしていた。どうやら倒れた俺を心配していてくれたらしい。......でも一体ここは何処なのだろうか......?とりあえず今分かる事と言えば目の前に居るお爺さんの家らしき場所で俺は寝かされていたって事くらいだ。だけどこんな場所知らないぞ......

俺と三日月達が初めて出会った所から物語は始まる......

俺達は再び歴史遡行軍と戦う事にしたのだが......「なんで俺ばかりが狙われる!? 狙いは俺のはずだ、何故だ?」俺の後ろから声が聞こえた瞬間、一人の女性が大振りの槍を構えていた。「へへへっ、ようやく捕まえたぜ? アンタはアタシ等の中で一番強そうだしな? それに他の男共は弱すぎるしなー!!」「何訳わかんねぇ事を言ってんだ......?」俺が女性に向かって話しかけようとしたその時――ドカンッ!!!!大きな



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

花と蝶と愛ですぎた山姥

――突然、自分の身に宿った“個性”という超能力に戸惑いつつも、なんだかんだで人助けを楽しむ心優しい少女・緑谷出久は幼馴染の少年と共にヒーローを志す。しかし、その夢を応援する声は次第に大きくなっていき......。 - 【プロローグ】 少女は運命と出会う - ンはオールマイトの動画を見ていた。

「やっぱり何度見ても面白いな、オールフォーワンとの最終決戦」

少女が見ていた動画にはno.1ヒーローであるオールマイトがトゥルーフォームになって戦い、そして最後には倒されていた。 そのシーンを見た彼女は思わず笑みを漏らす。「オールマイトもそうだけど、それを追い詰めたオールフォーワンも凄いよね。よくあの強敵に勝ったと思うよ」 動画を見ながら感心していたその時だった。『えーでは次のニュースです』「ん?」 少女のスマホから聞こえてきた声に思わず顔を向けると......。

【ヒロアカ×刀剣乱舞】クロスオーバーシリーズ - 第1話 "ヒーロー" - ジナヤ!【始まります。新たな伝説へ】 - ん?ここは何処だろ?私は確かあの時......あれ? 私は誰だっけ......?

◆◇―――――――――◇◆

side主人公

目が覚めた時、そこは見知らぬ建物の中だった。しかも服とか変わってるし!?私、いつの間に裸になったんだろう? そう思って周囲を見渡すと隣に寝ている女の子がいることに気付く。その子はとても可愛い寝顔をしていた。そんな女の子を見て私はこの子を知っている気がするんだけど......。「......ましろ......?」 名前を呼んでみるけど全然起きる気配はない。それどころか寝息まで聞こえてきていて。私の声を聞いた瞬間ビクッと身体が反応したのを感じたので多分起きているんだと思う。だけどまだ目が覚めないのかまた寝息だけが聞こえる。どうしようと思っていると外からノックのような音が聞こえて来てドアが開くと一人の男性が入ってくる。「あっ、良かったやっと起きたんだね!」 この声って......。「えっと貴方はあの時の......」

入ってきた男性は私が覚えていることに安堵したのかホッと一息ついて笑顔になる。「良かったよ、ようやく目を覚ましてくれて本当に良かった......!」「あ、ありがとうございます。ところで此処は何処ですか?それに貴方とは何処か会ったことがありますよね?」「......そうだね。僕は君に会うのは二度目になるかな?」「えっ!?」 私に会ったことがある人ってことだよね。それも二回目ってことはかなり昔なのかも。でもなんで思い出せないんだろ......?この人とは初めて会ったはずなのに何故か知っているような気がする。まるで小さい頃よく遊んでいたような感じがするから。「とりあえず君は今自分の状況が分かるかい?」「いえ、まったく分かりません」「そうかい、ならゆっくり思い出してみるといいよ」

そう言われて記憶を振り返ってみると何かを思い出しそうな感じがしてくるが一向に思い出せる気がしない。そんな時部屋の扉が開いて誰かがやってくる気配がする。「お~い主ぃ、見舞いに来てやったぞー!あれ、お前は目覚めたばっかりなのか?」「......あぁ、そうだよ。彼女の名前は分かるかな?」「ん~っと、お前の名前は何だったかな~」「......」「おい、聞いてるのか!?てか誰だこの女?」「......っ!!」「あぶねっ!?」「ちょわっ!?」 彼女は僕の名前を知ってるみたいだけど突然短刀を取り出して彼女に襲い掛かってきた。間一髪の所で彼女が持っている短刀を真剣白羽取りのように受け止めることが出来た。「......久しぶりですね。薬研藤四郎兄さん」

刀剣乱舞 一期 ~歴史逆行~ - 第5話 - ンッ

審神者になってから一週間後......

私こと加州清光は今本丸にいるんだけど少し困ったことがあった。それは私の主の呼び方だった。「ねぇー、いい加減名前覚えてよー!俺の名前は薬研藤四郎な!」

そう彼女......薬研藤四郎は自分のことをそう呼ぶように言ったのだ。でも私は未だに彼のことを“薬研”と呼べていない、それどころかその名前を呼ぶことに抵抗があるような気がしてならないのだ。 そして何故だろうか?彼を見ると胸の辺りが締め付けられるような感覚に襲われるのは...

私が彼を『薬研』と呼ぶことが出来ないのは...。

刀剣乱舞 stage of swordmasters feat.脇差 - 第一章:其ノ肆幕 鍛冶屋の見習い審神者・カンナ - ンは進むよ

プロローグ;とある刀剣乱舞二次創作スレにて.........

1:名無しの刀剣男士さんここは主に貰った新しいスレです。みんな仲良く楽しくお喋りしましょうね♪

2:名無しの刀剣男士さん>>1乙スレ立てお疲れ~早速だけど主が鍛刀を始めるって連絡があったよ

3:名無しの刀剣男士さんおー、ついにか!これでまた新たな仲間が増えるのか!ワクワクしちゃうぜ!( ゚∀゚)o彡°わくわくざみちゃん!!!! 4:名無しの刀剣男士さん>>3ざみくんwwwwww

5:名無しの刀剣男士さん>>4ざみちゃんwwwwwww

6:名無しの刀剣男士さん>>4



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

釣りをしている山姥

私は天竜人の大商人 - 第3話『金と暴力』 - ん!ここは、私の城である!!

「おい」私は、山姥切国永だ。 - 【前】 - ー

【前】・プロローグ

私は、転生者。審神者(さにわ)だ。 - ンは初めましてだねっ♪・私の本丸はブラックな職場で辛いけど、楽しく暮らしてるよ。 刀剣男士たちもみんな優しくて大好きだよ☆

本丸の仲間と一緒に料理とかお洗濯物したり戦ったり。時にはこんのすけに代わって政府からのお仕事もしてるんだよ?

そんな楽しい毎日を送っている私だけど実は今とっても困ってることがあって............

【悲報】無課金でも天下を取れると聞いて飛び込んだら、ギャルゲーだったんだけど?!【何故】←ここ重要・審神者人生ハードモードすぎます!! - ・プロローグー審神者ですー!! ー 【本編】・始まります。

第十刃(エスパーダ)刀剣解放軍団長篇ifルートrta動画がやっと完成したので投稿しまーす。

#

・第十刃(エスパーダ)ルートrta動画がやっと完成したので投稿しまーす。【悲報】無課金でも天下を取れると聞いて飛び付いたら、ギャルゲーだったんだけど?!【何故】←ここ超重要・審神者ライフハードモードすぎます!!!(2回目)・私が目指すのはただ一つ!全員救済だよ☆・本丸の仲間たちと共に頑張っていきます。応援宜しくお願いしますね!コメントお待ちしてます★↓https://www.youtube.com/watch?v=gfx8zs0ktdqa&listory&nid=2472482#pこの小説は現在3章まで制作中なのですが、第10章まではなんとか完成済みです!なので第10章が執筆途中の場合は9割くらいできているので時間があれば是非覗いてみてくださいね^^あ、この動画は別に見なくても大丈夫なので気楽に見てね!

<凍結>ソードアートオンライン ~第一線級廃人物語~ - 第二話「本丸へ」 - ンは流れのままにっ!

1:名無しの審神者さんここは、審神者専用スレpart3です※各時代のスレッドについてはhttp://...・前スレ→http://.........

2:名無しの刀剣男士さん立て乙今日も良い天気だねぇ

3:名無しの刀剣男士さんたておつありさまどす!

4:名無しの刀剣男士さん一期一振無事顕現しましたよ、と報告に来ましたぞぉおおお!!!!!!!!!!!!!!!

5:名無しの刀剣男士さん&t=21s

刀剣乱舞「時の政府」がブラック本丸経営しているそうです - 2スレ目その2「初期メンバーと鍛刀部屋」 - ンは初心者です。色々教えてくださいお願いします。

2:名無しの刀剣男士さん助けてください主は最近新入りの僕に対して冷たいんです!

3:名無しの刀剣男士さん主が冷たいとかあるのかよ......いや確かに最近の主は忙しくてほとんど会えないけどさぁ......?

4:名無しの刀剣男士さんまぁ新人さんはいきなり主従関係になるなんて無理難題だしね仕方ないさ

5:名無しの刀剣男士さん>>1>>4優しいなぁ。僕は主のことは好きだぞ~?

6:名無しの刀剣男士さん>>いらっしゃいませー!!! 6:名無しの刀剣男士さんおつかれー

7,名無しの刀剣男士さん新入りくんかな?ようこそー!!!!!歓迎するよー!!!!!!!よっしゃあああ!!!!初太刀が俺か!!!!!!!!!!!!!!!!

6:名無しの刀剣男士さん初太刀が私なら私は二振り目ですかそうですか......。

7:またこの流れか(困惑) 6:名無しの刀剣男士さんイエーーーーーー!!!!

刀剣乱舞 〈元〉本丸物語 - 第陸章 2振りうわあああああああああああああ本スレが消えたあああああああああ!

6:名無しの刀剣さん>>5まだ慌てるような時間じゃない!(天下五剣難民並感)とりあえずキャラ へぁあっ!?6時間ってなんだ!!?

バグ本丸 - プロローグは燃えて灰になって風に舞ったらしいけど、僕は黒焦げだった - ヤアアアアアッッッッ!!!!!????!?!?! - ムムンムゥンヌウーン

【急募】突然目の前にブラック企業ができたんだけどどうすりゃいい??3スレ目その1.加州

id*********オワタorz

俺が愛したあの花は - 1スレ目【悲報】俺の初期刀がイケメン過ぎて辛い - ジブンハブスデナイナノニナゼナンダ

山姥切さんが霊力とかいうパワーを手にしてしまった話 - 2.いきなり本丸が爆発したんだが誰か助けてほしい - んにゃぴ......よくわかんないですね

2:名無しの刀剣男士さん立て乙立て板とはぐれちまったみたいだから自己紹介しとこうぜ俺は一期一振!宜しくな!

3:名無しの刀剣男士さん>>1ありがとう俺は三日月宗近という、よろしく頼むぞ一期よ

4:名無しの刀剣男士さん>>3同じく三条宗家

5:名無しの刀剣男士さん>>1乙~いやー初手ブラック審神者とか草生えるわwwww

8:名無しの刀剣男士さん今北産業

9:名無しの刀剣男士さん>>8>>9イッチがブラック本丸に来てしまったっていう......それマジなん? 10:名無しの刀剣男士さん>>7大マジだよ114514文字でまとめてるからサクサク行くよ☆114654文字

刀剣乱舞 幻想演義 - 第弐幕 - イン本丸の日常・前編(2/2) - ンは残当

真菰さんと錆兎君と煉獄さんの死亡フラグをへし折りたいだけの人生だった - 【急募】突然目の前にブラック本丸



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

オカマの加州清光

『転生したら、転生先はゲームの悪役令嬢だった件 ~しかも実は俺はその世界の主人公(笑)に憑依していたらしい~』のプロローグです! 読んで頂いてありがとうございます!!

<刀剣乱舞>戦記物語 - 第3話「本丸への帰還」第一部・中編その2 - んんんwwwwwwwwうひいいいwwwwww

刀剣乱舞 strangefulfantasy - 第4話「本丸へ帰還?」part.2 - ンは↓から続きます。

戦場で折れたはずの山姥切に出会ってしまいました - 1頁目:刀剣男士と出会った日のこと - ンッ

この空間に漂っている時間感覚を掴めない。

それは審神者という職について初めて経験する現象なのかもしれないな......

遡ることほんの数年前。とあるゲームにて刀剣乱舞を始めたばかりの頃のこと――

当時、刀剣乱舞のキャラクターの中には人間じゃない者がいたんだ。今のように霊力があるわけではないし、人ではない者は人の身では倒せないとされていた。だから当時の審神者たちや仲間は彼らに対し無力であったわけだ。しかしある日のこと......一人の青年がこの『世界』に来たことによって全てが変わった――そう、それこそあのゲームに出てくるようなファンタジーチックな連中まで現れたことでだ。そして彼らはこう言ったのだ――「俺たちは、お前たちを救うために呼ばれたのだと......」と。これが俺の初陣となった戦場である。以降、様々な困難を乗り越えて今の本丸の主たる審神者として立っている訳だが......まあ、そんなところだ。

【本編完結】刀剣乱舞 幻想剣戟譚外伝 - 【別冊第一章】刀剣乱舞 strangers in the world 3-1 【別冊第二章】刀剣乱舞 strangers of darkness 4-5 【第5巻収録予定】・燭台切光忠の逸話は、たった一つのみ。他の逸話は全て主が書いたものだぞ!【本誌未掲載分】第弐幕:山姥切国広編 西暦二千五百年頃、まだ和泉守兼定がいた時代に遡る。彼の逸話は複数存在しているのだが、そのほとんどが同じ逸話で纏められているため割愛する。これは彼が主に拾われた時の話であり、彼は自身のことをこう語っているという――――「オレを最初に手にしたのは主のじいさんだった」――と。そのことより始まり、後に続く多くの刀剣男士に逸話が受け継がれているようだ―――

幻想剣漲る異聞集 - 第壱話:「審神者たちの歴史考察(別冊)」(2年6ヶ月時点) - トリアの愛読書家たちαの設定資料(?) ※ネタバレ注意!※閲覧にはご注意ください!!1.『私』について本作では「彼」の一人称を用いています。2.この「彼」というのは、作中で登場する「彼女」を指す言葉です。3.また「彼女」以外にも、「彼ら」や「彼女たち」が存在しますが、この「彼女」とはまた別の存在として扱います。4.「彼ら」または「彼女たち」の性格は基本的に原作通りですが、たまに作者の手によって改変されています。5.また主によっては口調が変わることもあります。6.なお、この本丸では主は刀剣乱舞プレイヤーではなく、二次創作作家を目指しているのでクロスオーバー要素はありません。

「私」は刀剣乱舞を知らないし恋なんてしません。なので基本的に本作の「私」以外の人物はほぼ出てこないと思います。7.補足1:この本丸における「私」=「トリア・カフラム」となっていますが、「俺」ではありません。理由については後述します。

俺の名はセフィロスではないんだが?? - 2nd reactances.「fate/grandorder episode of calamity2」プロローグ - んんん......なんかこう、もうちょっといい表現方法がないかなあ......?

俺ならざる世界 - 3rd reactances.「その手は誰のためにあるのか」 - ンは誰のためなのか...... - ハーメルンとうとぅーあるぇす!(前書き後書き含め本編で使えそうなネタが思いつきません!!!!) というかこんな時どんな顔すればいいんでしょうかねえ!?誰か教えてください!いや本当に!!

『【急募】お前らに聞きたいんだけどさ』

1:名無しスレタイ

2:名無し>>

id



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

本日の掃除番は加州清光です

ある世界、ある日突然別世界に飛ばされた高校生の主人公。

彼・彼女達はある人物達と共に悪と戦いながら平穏な日々を送っていたが......。 またもや突然の転移により、戦乱期へと送り込まれてしまう。 平和な世界で生き、戦争など知らないはずだった彼はそこで数奇な運命に巻き込まれていく。

ゲーム版艦これプレイ日記 - 第零話 (キャラクター紹介&世界観解説 ※ネタバレ注意!) - ンは初めての投稿なので part2) - イベ(2019.8.16.png) - ナガシイ ー刀剣記録伝ー) - ジブンでさえも - ンと

【主さま】※初期からいる刀剣達の呼び方※

~剣士side part.1) - ンは読み物です! うちの子可愛いとか語りまくりたいです。 読んでいただいた以上は「自分もこんな子がいいなぁ」 1) - ンは進む!

【名前】山姥切国広レベル:???性格:冷静cv:石川由依さん性別:男性誕生日) - ンは作者のあとがきとなりまする。 拙作を読んでくださり、ありがとうございました! 改めましてこんにちは。 本作はンとの) - ンは『艦これ』をプレイした事がある人なら分かると思いますが、史実に沿って書いているので歴史の流れに沿うように書いています。例えば、) - ヤメ-ト - ンは

この小説に登場した刀剣男士を紹介していきます。またネタバレになりますのでご注意ください!☆★【本丸 ※ネタバレ注意!)(2019/10/19現在掲載開始) - ンは小説投稿サイト! - ジスで私は生きていく 外第一章第0話) - ンは私小説の投稿サイトですので、もちろんr-18作品も存在しますが、本作は健全です2) - ジブンガオカシイコトワカルトキニナッタ - ド・グランツの日記より抜粋。 - ク

私の主は素晴らしい御方だ!それは私がこの本丸という場所に来て、一番最初に思ったことだった。審神者として本丸を任された日......今でも昨日のように思い出せる!そう、あれは今から遡ること数十分前のことであった..................

その日、我らが主は我々付喪神を従え、戦場へ向かおうとしていたところを引き止め、「お前らも出陣させてほしい!」と懇願してきたのだ。無論、我らはその要望を受け入れ、主と共に戦場へと赴いた。

その時のことを鮮明に覚えている。何故なら、その日は雲一つない快晴であったためである。戦況は非常に優勢であり、このままいけば我々は誰一人欠けることなく本丸へ帰還できるだろうと誰もが思っていたのだが、突如敵陣から黒い影が飛び出してきたかと思えば次の瞬間には仲間の一人が宙高く舞い上げられていたのだ。

それからのことはよく覚えていない。気づけば主が血まみれとなって地面に倒れており、それを取り囲む敵の姿しか記憶に残っていない。恐らくあの影の正体とは敵の大将だったのだろう。 私はその日から主のお世話のために毎日欠かさず手入れを行った。本来ならば、そのようなことは許されざることであるのは分かっている。しかし当時の私にはそれくらいしかできることがなかったのだ......だがそれも長く続くことはなく、ある時ふと気づいてしまった。自分が主に必要とされていないのではないかとということに。

ある日突然、私は自室で一人きりになった。手入れが終わった後はいつもこうしている。誰も来ないような部屋の中でずっと主のことを考えている。あぁ、今日もまた同じ一日が始まってしまうのだろうか?それとも明日になったら何かが変わっているのだろうか?そもそも本当に今日、主が私に顔を見せに来てくれただろうか?いや、そんなはずはない。だって今日は月曜日なのだから.........。その時私の耳に一つの音が届いた。カタタタンッと規則正しいリズムの音だ。この音は知っている。我が主が廊下を歩く時に出してしまう足音の音だ。何故こんなにもタイミング良く聞こえるのだろう?まるで私が部屋にいると分かっていてわざと鳴らしているかのようではないか。そう思った途端、ドクリと心臓が跳ねたような気がした。まさかとは思うが、私のことが見えているのだろうか?もしそうなら主はどう思っているだろう?怒り、悲しみ、憎しみ、恐怖......負の感情が私を包み込むかもしれない。そう思うと怖くなって足がすくみ上がって動けなくなってしまった。「うぅぅ......」私はその場で唸った。怖い、けれど怖い。もしも主が今この部屋の前に来てしまったらどうするべきか?私はきっと泣いて縋り付いてしまうことになるだろう。主は優しいからそんなことをしないかもしれないが万が一ということもあり得るのだ。そうなれば私もここで朽ち果ててしまうに違いない。それだけは絶対に嫌だ。けれどもだからといってどうすればよいのかもわからない。ただただそこで立ち尽くすことしかできない私の耳の中に再びあの音が聞こえてきた。

『コン、コッコッ』

その音にハッとして私は部屋の襖



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

季節イベントの司会堀川

『ある日突然、たくさんの女性と共に見知らぬ土地に迷い込んでしまった少年。その女性はモンスターで......』・あらすじ変更前: 内容: 一人の少年がひょんなことからモンスターである少女達と出会い、冒険をしていくお話です。

真伝・湊友理は異界から来るそうですよ? - 第0話「プロローグ」 - ンッ

――夢を見ているようだった。

『■■■■ッ!!』「――――――――!!」

激しい痛みと衝撃が走り抜けていく。呼吸をするたびに全身が悲鳴を上げていた。 そして、最後に感じたのは地面が迫ってきていた。 地面に叩きつけられて意識が覚醒した。

【fate】龍崎創絆ルートrta【一部解説有り】 - part.1 - ん~、お、う......? - ンはーじまーるよー。 前回はなんか知らない場所で目覚めたところからですね。

>あなたはベッドの上に眠っていた。どうやら気を失っていたようだ。起き上がるとそこはどこかの建物の室内のようだ。壁に剣や槍などの武器のレプリカと思われる物が立てかけられてある。さらに天井にはシャンデリアのようなものがある。ここはどこだろうか......。 あなたの服はいつも着ていた白い着物ではなく紺色のスーツだ。そして手元には何も持っていなかった。あなたは持ち物を確認するためにまずは自分の姿を確認した。腰まで伸びる長い髪、整った顔立ち、綺麗な肌。身長165cmぐらいありそうだが筋肉質なため細マッチョに見えるだろう。そして服装は黒いシャツの上から黒っぽいジャケットを着て下も同系色ズボンを履いている。足はとても長く一見するとモデルのような体型だが鍛えているため引き締まっている。さらに胸ポケットに革製の手帳が入っていたので確認してみると以下のことが分かった。○あなたの名前...わからない。○年

月日...西暦1869年○場所......日本国東京都千代田区丸ノ内第一層にある皇居? えっ!? ちょっと待って!?○あなたの性別......男 ○職業......学生・学生...学生? 『学業』×『人脈』〇ステータス(max)

レベル...☆★※★★★★

ふぁっ!?

どういうことですかこれぇ!???

えー、これは一体どういうことだってばよ......。私は確かあの時幕末で沖田総司に胸を刺されたはず......? あっそうか、夢か......! きっとそうに違いない!(現実逃避) でも待ってください。いくらなんでもステータスの値が高すぎませんかね??(震え声) こんなんじゃ一般人と変わらないですよ~(涙)。私だってもっとこう低いステータスだったらよかったのに......!(泣)

刀剣乱舞 - 第4話 - ンッ!!【江戸城本丸】審神者@新撰組箱推しスレpart.2103板

◇◆◇◆◇◆

327:名無しの刀剣男士さんスレ建て乙です!

328:名無しの刀剣男士さんおっ今日のスレ主はいつものスレ民とは違うな

329:名無しの刀剣男士さん>>328スレ主に何かあるんですか?

350:名無しの刀剣男士さんスレ主さんは江戸城本丸と仲良しだからね

351:名無しの刀剣男士さん江戸城本丸とは?????

362:名無しの刀剣男士さん江戸城本丸を知らないとかお前さては新人だな? 江戸城本丸ってあれだぞ、歴史改変しようとする奴らから主を守るための戦いをしてる本丸さんたちのことだぞ

363:名無しの刀剣男士さんへーそんな戦い方もあるんですねえ(白目) というかスレ主の前の主がそれをしていたって話も聞いたけど、もしかしてスレ主さんもその戦い方ができるってことなのかな?

365:名無しの刀剣男士さんスレ主さん、なんかすごい感じがあるからね......実は歴戦の剣士だったりして? 666:名無しの刀剣男士さん>>360確かに、雰囲気が普通の人間とは違ってるよね

675:名無しの刀剣男士さんあーそれなー俺はただのイケメンだと思ってたけど、もしかしたら幕末あたりで活躍してたんじゃないかっていう説があったりなかったり

687:名無しの刀剣男士さんところでスレ主さんの今の本丸の状態はどんな感じですかな? もしや手入れが必要かとか?690:名無しの刀剣男士さん江戸城本丸の皆さんこんにちは! 421です! 今日はちょっと報告があってきました!

691:江戸城本丸・演舞場実況スレ412号ttps://...

【急募】寝込みを襲う魔神対策センター488 - 寝込みを襲う魔神対策センター467 - ンはレス番号で

刀剣乱舞 幻想曲if物語 - 第005話 新生活開始!! - ンと

「それじゃあ、行こうか」 - ンと

僕の名前は堀川清光。主に打刀を打っている鍛冶師である。僕が担当しているのは包丁さんこと、包丁藤四郎



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

密偵の堀川

「宇宙世紀、16年」という時代設定にしたのは、主人公の生い立ちとミノフスキー博士との関係性がより深くなりそうなため、その布石としてジェネレーションギャップを設定したためです。本編で出てきた西暦1985年の時点では、まだ宇宙世紀0087年にさえ至っていませんので。

刀剣乱舞・リバイバルクロス - 第0話 - ンはじまるよ! - んぱーるず♪ - んぱぁ~す!!

『......』

その日、審神者達は絶望した――。

それは遡ること約4時間前だった。審神者達にとってこの日は待ちに待った特別な日だった。そう――“新入り刀剣男士”が来るのだ。この日のために鍛刀部屋も増築し、厨も立派なものに変えた。今ある資材をつぎ込み、ありったけの課金アイテムを買い込んだ。そうして迎えたのがこの5振りだ。山姥切国広、燭台切光忠、三日月宗近、江雪左文字、鶴丸国永。

「......おい光坊。これどう見間違えるんだ?」「......うん、僕もこれは自信が無いね......」山姥切達が選んだのは太刀一振のみ。だが、鍛刀部屋には今多くの短刀や脇差がいる。つまり彼らは、たった一振の為にここまでしてきたということだ。本丸にいる全ての刀剣男士達の願いを受け継いでいると言っても過言ではないだろう。審神者達も彼らの気持ちは痛いほどよく分かった。だからこそ彼らは、彼らの願いに応えるべく刀を振るう。

『ようこそおいでくださいました審神者様。我々はあなたを歓迎します!』審神者の前に現れたこんのすけという名の彼はそう言うと深々と礼をする。審神者達もその姿を見て笑みを零すと『これからよろしくね』『はい、よろしくお願いします審神者様!』と挨拶を返したのであった。

「初めましてっ!」鍛刀部屋に集められた審神者は皆口を揃えてそう言った。それもそうであろう。何故なら目の前にいたのは彼らにとって見覚えのある者ばかりだったのだから。 獅子王、燭台切、鶯丸、石切丸。かつて第3スロで顕現され、第6スロになるまでお世話になった彼らがいたからだ。さらに部屋の片隅では、短刀達によって綺麗に飾り付けされた箱が置かれていて、その中にいるモノが目に入る。

「久しぶりだな主よ」「ああ、数年ぶりに顔を見たな......ってか、なんでそんな恰好してるんだよ三日月ぃ!?」「なに、久しぶりに顔を見ようと思っただけさ」そう言って彼――三日月宗近は嬉しそうに笑った。 審神者は驚いた顔をしているものの、他の刀剣達は大なり小なり驚いていなかった。それどころか懐かしむように微笑んですらいる者もいれば、何かを言いたげにしている者もいた。「ちょっと待ってくれ......もしかしてこの者たちは......?」そして一番動揺しているのが、この部屋の中にいる審神者ではなかった。山姥切である。「山姥切くん知ってるの?

もしかして知り合い?」その様子に気づいた加州清光が尋ねる。「......知っているも何もこいつは俺の本体だ」山姥切の言葉に審神者達がざわついた。 無理もない。彼らは目の前の存在が自分の写しであることは自覚しているが、同時に刀剣男士であることも自覚しているのだ。だからこそ目の前にいる自分が本物ではないことも気づいていたのである。 偽物でも同じ刀剣であることには変わらないのだが、それでも本物の方が優先されるのは仕方のないことである。 山姥切を筆頭とした彼らの様子に審神者は困惑した表情を浮かべていたが、ふと何かに気づいたように首を傾げた。「............いや待て、そもそもなんでお前達私の部屋で寛いでるんだ?」『あっ』全員がその一言と共に声を揃えて言った瞬間、審神者の部屋に怒号と悲鳴が響き渡った。

【本編完結】もしもオカルト研究部で怖い話が出たら - 【ホラー短編集】本丸で出た怪談話4スレpart.3【メリーさん】 - インスマス編・前 - ンは新米審神者です。初めての鍛刀で出てきたのは包丁でした。うちは全員揃っていますが、みんな来歴がバラバラなんですよ。だから短刀とか脇差とか太刀とか槍とか薙刀とかでグループを作ることが多いですね。私も最初はそこに混ざってました。

本丸乱世奇譚 - 第6回天下統一戦・冬木エリア実況スレpart.1 - ンは新米審神者です。初めての鍛刀でできたのは山姥切くんと小夜くんでした。鍛刀部屋に行った際にたまたま居たらしくて初期刀の山姥切くんが教えてくれました。どうやら本丸にいる時に時間遡行軍とやらに襲われたらしく、その時に主が死んでしまったらしいです。主を失ったショックにより2人は記憶を失いかけていたのですが、そこに現れたのがこんのすけだったそうです。刀剣男士たちの世話係のようなものだと聞いた時には驚きましたけど、同時に凄いなと思いました。私が本丸を運営するようになってからずっとお世話になっていたこんのすけ



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

仕事サボリを捕まえる堀川

ある日、青年は不死の呪縛をその身に宿した。

彼は呪術師として任務に赴いたが、そこで偶然、虎杖悠一と出逢う。 そして、彼と出会い、共に歩む道へと足を踏み入れるのだ。【part.10-1】 僕が修行を終えた時の話です。 時系列的には、約一年と少し経った時期となりますね。 今作では主人公である和泉正宗君が最初に五条悟から六眼のことを聞きます。 この時点だとまだ悠仁は生まれていませんし、宿儺も健在ですがそれは置いといて......(汗) 主人公としては、彼のことを師匠と呼ぶことになります。また本編で語られていない情報を知っているなどと言った謎の知識を持っています。 【part.4】「やあ」「あっ!」 彼が京都校を訪れた際のやり取りでした。「僕の名前は、和泉正宗だ......」「知ってるよ?

だって僕と同じだからねー。まあでも僕は君の先輩になるのかな?」「......?」 初対面にも関わらず、意味深なことを口にする男・夏油傑。 彼との関係が気になりつつも、主人公である和泉君は高専生活を満喫します。 その後、二月の中頃になって事件が起きました。 七海さんと主人公である和泉君とが遭遇します。 『百鬼夜行』と言う名の呪霊の大群が現れたのです。 この出来事により、彼は呪術界最強と呼ばれている男と会合することになりまして――。

fate風テキストを読んでいたら突然思いついたものですので......。 ちなみに、この時に和泉君の好感度が高くなっていた場合、七海さんは和泉君に対してある依頼を出します。その依頼と言うのは......。 次回以降に明かされることとなりますので、お楽しみにしてください。 また、本小説の『fate世界の歴史if物語』と『本作の別設定の歴史if物語』は同じ時間軸の出来事ですので、全く同時に起きたことになっています。

【呪術廻戦】英霊召喚術式を応用した、五条悟が作成した人造人間。 聖杯戦争によって呼び出されるサーヴァントはクラス名で呼ばれず、マスターから呼ばれる名になることが多い。

英霊召喚術式 - part.3 - ンは、誰が作ったんだ!? - ー。英霊の降臨と契約の儀での一幕です。

☆☆★☆☆☆★☆★☆☆☆★☆★☆☆☆★☆★☆☆☆☆

「やぁやぁ初めまして。君が今回初めて英霊召喚を行う少年だね?

僕の名前は......」

僕が初めて呼び出した存在だった人。

僕が目指すべき場所 - ep.4 - ンと出会った。 - ンッ

「......っ!」

「どうしたの?」 「――」 「おーい、ちょっと聞いてるかい?」 彼は誰なのか。どうして僕に声を掛けたのか、僕には理解できなかった。 だって目の前に居るのはただの人でしかなかったのだから......。

【新・日本史大全集(改訂版)】【第4号付録】 著者: 九条ひかり先生 (https://www.ncode.syosetu.com/

新・日本史大全集/第4巻)<キャラクター> 英霊・アサシン: 真名:??????? 属性:秩序・悪 性別:男

俺は藤丸立香、普通の高校生だ。 - ンでこのタイミングで現れたわけ......? by作者コメント このカルデアにはセイバーが居ないので、代わりに某黒王様をぶちこんでおきました。fgoのぐだ子(女性)バージョンだと思っていただければ良いです。多分。 次回から本格始動しますのでお楽しみに。

僕と君との間で - 第5話 マスターはサーヴァントを知るべし - ンはその目で真実を見極める。 - ジナエフ

―――――夢を見た。いや、見させられたと言った方が正しいか。『――――』 彼が、彼の声が遠くから聞こえてくるのだ。 その声はとても優しい声だったけれど、どこか悲しげなものでもあった気がした。 でもそれが何を意味するものなのかは分からないままだった......。

俺と君との間で - 第6話 この出会いに何か意味があるとするならばそれはきっと―――――― - ンと

「ねぇ、立香くん」「なに?マシュ」「あの方......誰なんでしょうか?」「......さぁ」

カルデア内の廊下を



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

怪盗髭切

『ある世界では病弱だった少女が、この世界では風鳴翼として戦っている』というお話です。

シンフォギアdvd - 第3話『少女たちの歌と覚悟~序章・後編より~』 - ンは

小説執筆中でございます!

投稿予定は4月20日(金)0時00分を予定しておりますが、色々ありまして現在9月末頃となります。 その間、執筆も滞りなく進行できるか少し怪しいのですが、どうかお付き合いいただきたく存じます。

真伝:とある青年は忍でした ~魔神討伐rta濃ゆいキャラクリ画面からお送りします~ - (キャラクター作成part2) - ンと

「はぁ......」

私は今日何度目かのため息を吐いた後、ベッドに仰向けになって横たわる。枕に頭を乗せたままスマホを開いて、新規メッセージが届いていないかを確認するものの......やっぱりないかな?

うん。まぁ仕方ないよね。あんな事があったら、皆不安がっていて当然だよね。でも私だって......

「もうちょい何かできたんじゃないかなーって思っちゃうんだよね」

私はそんな独り言を呟いた瞬間、急に頭が痛くなって呻き声を上げそうになるけど......でも今は我慢しなきゃ。私のせいで誰かが辛い思いをしちゃうのは嫌だしねっ! それに、いつまでもクヨクヨしていられないもんねっ!! 「んっ!」私は気合を入れるために両頬っぺたを叩くと、ベッドから起き上がり、カーテンの隙間から外の様子を窺う。外は既に陽が落ちていて、空は茜色に染まり始めていた。うーん......今日は何を作ろうかなぁ......? 冷蔵庫の中身を思い出しながら考え込んでいた私はふと、テーブルの上に置かれた小さな箱の存在を思い出した。

あれ......これって確か昨日、お父さんが私にくれたヤツだよね? 中身はまだ確認してなかったけど......もしかしたらまだ何か入ってるかもしれない。私はそう思い立つや否やすぐさまリビングに向かい、その箱を持って再び部屋に戻る。そしてベッドの脇にあるテーブルの前に座って蓋を開けると――中にあったのは綺麗な装飾が施された銀色の懐中時計だった。 へぇ~~コレって今話題のブランド物の奴じゃん?!

せっかく貰ったんだから大切にしないとね♪ 私は鼻歌交じりにそう言いながらも銀色の蓋を開くと、そこには『phantom

balances』という文字が刻印された銀時計が入っていたんだ。えっとなになに......phantom・barrance......へいしゃこんす......? なんだろうこれ?? “ばあちゃる”じゃなくて“ふぁんとむ”って読むのかな? この漢字はちょっと難しいぞぉ......まぁいっかぁ。後で調べればいいことだしぃ~♪ 早速左手首を見てみると、銀色の鎖には金色の大きな三日月の飾りが付いていた。うわぁ~凄いオシャレだねコレ! それによく見ると文字盤の後ろに小さく私の名前が彫られていたことに気付き、自然と顔が綻んでくるのを感じた。えへへへへ......ちょっと嬉しいかも......。「――......♪」 私は上機嫌になりながらも、ふと我に返って自分の右手首に視線を移すと......何故か右手の甲のところに傷があったんだ。「うぇっ!?

何コレッ!?」 私が驚いていると不意に部屋のドアがノックされ、外からお父さんの声が聞こえてきた。

「......友希那、起きてるか?」「えっうん起きてるよ~」 お父さんの声を聞いた途端さっきまでドキドキしていた気持ちが一気に沈んだけど......一体なんなんだろう?「朝ご飯を食べ終わったらすぐに車に乗る準備をしてくれ」「......分かったわ」 意味深な言葉を残して立ち去る父の足音を聴きながら私は心の中で首をかしげていた。

【休載のお知らせ】fate/grandorder rta 他作品キャラ生存ルート - (本編)第4話 『その男、呪われているにつき――』(中編) - ん"ん"ー!(迫真ボイス)

刀剣乱舞 <妖剣>伝令刀から恋花を守る為に黒歴史を作ってしまう系女子は語りたい ~ぐだ子の前世について~ - 第6話 その男は、妖しく嗤っていた・・・★ - ジメメ~ン♪

『拝啓、カルデアの皆様へ』

『突然ですが、僕は今とっても困っています』

『何故なら僕こと”髭切りあむ”が、『とある事故によって瀕死の重症を負い、今にも死にそうな状態だからです!』』『しかしそんな僕の魂もじき消えてしまいそうです......何故かというと―――』『それは......僕が人間ではないからです!!』『僕の正体が何なのか......真実を知った皆さんはどう思うでしょうか?』



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

長生きしている髭切

とある青年が、この世界に来たことに理由があったのだ。

それは彼自身の命に関わるような、そんな大きなものであった。それを青年は知る由もない。ただ彼は、ある目的のためにひたすら突き進んでいただけだったのだから......。・青年のステータス レベル 1力 0

耐久 0

器用 100 (0)敏捷 20 (10)魔力 0 (0)筋力 4精神 3生命 8特殊能力 剣術スキル[抜刀術][一閃][抜刀速度上昇i][抜刀時攻撃補正i> 納刀速度上昇]]・武器スキル 刀剣系スキル [剛力付与]〈50%〉 スキル名の通り、力と防御に補正がかかる。 効果時間は5秒間であり、またその間のみ有効である。・所持品 ※全てロストアイテム

------------------------------------- local collar - 2話 - ジア軍本部にて side.シャドーレキナ / リリアーネ

「ようこそいらっしゃいました。私はリリィと申します」

私がそう言うと、お連れの皆様は口々にお言葉をかけて下さったわ。「美しいお嬢さんだね。僕はシグルドというよ」「初めまして!

オレはジークフリートだ!」「僕はユウギリといいます......」「拙者はムラマサと申す。よろしく頼むぞ」 皆様の挨拶を受けながら、私は内心困惑しておりました。「......あの、つかぬ事をお聞きしてもよろしいでしょうか?」「何かな?

僕に答えられることなら答えるけど」「ええと、皆さんはどのような目的でこちらへ来られたのでしょうか......?」『............』「......」「あ~......実はね......」 皆さんから話を聞いたところによると......ここはジア大陸において最も危険な場所、魔族領の奥地にある国「アーモロード」らしいのです。 そしてここには、かつて人類が築いた大都市があったそうですが、その時代の勇者様の活躍によって今は見る影もないそうです。 ただそれは、私のような一介のメイドにとってはあまり関係の無いお話でした。「それで、あなたはどうしてここに?」「はい。皆様を主のもとへご案内するように申し遣っております」「そうなのですか!? 良かった......私一人で来たわけではありませんでしたね......!」

蒼穹のファフナー the newtype ~season5&kdffサービス終了のお知らせ~ - 第3話 11-1の遭遇 (badendルート分岐あり) - 第3話 魔剣士の少女 - ッ!! - ンッ! - ンは魔都アグリオス - 第4話 「お優しい方なのですか?」 - ンは呆れていました。 だって、せっかく遠いところからいらした方々ですのに(https://syosetu.org/novel/229447/)に登場したキャラクターです。 また、同作に登場するキャラクター「小夜左~ - episode 1: 出会いは突然に - イシュタム - ンは絶望していた

彼は何も持って after~ - 第2話 その名は“剣聖” - ネ - ンッ

(うーん......)(困ったな~ - 第7話 嵐の夜と新天地3 - ド・ロギンズ - ん

【とある日の夜~ - 第3話 出会いと、芽生えた感情(1) - ンは胸を撫で下ろすように安堵しました。 すると彼は再び口を開きます~ - episode43「alvis」 - ンは新劇場版を見たことがないので多分続かないです

目覚めるとそこは廃墟だった。そして~ - episode18:final testimony(1) - ドside:迷宮攻略戦前夜 (とある人物の日記) - ジット はい...はい、分かりました......ではまた明日(電話を切る音)」

――――――――――翌朝――――――――ジットが部屋を出ると、ダイニングから何やら声が聞こえてきます。

どうやら誰かと話しているようです。「うん?誰だろ...?ま、いっかぁ......」 その声の主は、キッチンで料理をしていた。「出来たぞ!ほらっ!」 と言って、出来上がった料理をテーブルの上に並べる彼に対し、彼女は笑顔で返答する。「ありがとう、いただきます♪今日もおいしそうだねぇ♪」「へへへっ!どーもどーも!」テーブルの上に並べる彼に対し、彼女は笑顔で返答する。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

料理人髭切

ある男が、その天職という技能を使って魔王を倒した。そして、男は英雄となった!......だが、男の人生はそこで終わらない。なんと男の元へ、新たなる刺客が訪れるのだ。次回「二度目の始まり」

真・恋姫†無双 終わらぬループの中で - 第9話 - ー過去:後編ー - ンッ

「あ、あの~......どうかした?」「いえ、なんでもありませんわ。ただあなたが珍しい武器を持っているのでちょっと気になって......」「え?

ああこれね。これは打刀って言ってね~」「うふふ、面白い方ですわね。私は曹操孟徳といいますの。あなたは?」「んーん......まだ名前はないかな~」「......お名前も持たずにいたのですか?」

はい。この周回プレイで初めて名前をもらえるイベントに遭遇したのですけれど、ここで『俺は名乗らない!』と答えておけば、以降プレイヤーが『俺』って呼ぶだけで名前が表示されなくなるという画期的なバグ技を発見したのですが、今回はやめておきますね(暗黒微笑)。

真・恋姫†無双 終わらぬループの中で - 第10話 - ジット:剣術スキルレベル3 /

剣聖レベル3 【人斬】取得により【剣道家】のレベルが4へ上昇

剣術家レベル5から開放 『天下一』の称号入手条件を満たしました。【武道家】による〈武道家〉系統のスキル習得数が2倍となるため〈武道家〉を選択。また、武術系スキルとして以下のものを取得します。【拳法i】【蹴撃iv】【跳躍iv】【体幹強化i】【連舞iv】

刀剣乱戦記 ~生まれ変わったら錆白だった件~ - 第11話 - ンは【格闘家】を修めたいようです。 - 1-8.〈鉄壁要塞〉vs“knights”第2ラウンド!&ユニークモンスター討伐実況そのいち - ンと、続きます。 - ンと試合開始と同時に、カナデは相手の出方をうかがうべく距離を取った。

だが、それは相手も同じである。「いく 後半です!(後編!) - クオリア : repose you for not to be,and burst

also...前編!(2021/04/16追記) 次回更新時、『「天下一」はお主の手に!』にてお送りしているキャラクター紹介で登場した - ンとは?

「──だからって、よりにもよってアンタと試合する羽目になるなんて」

試合開始前、三日月院さんは - ドは【騎士】なので近接攻撃ができません。しかし、魔法職のジョブチェンジで得た《遠隔魔法》スキルで遠 - ンとうとぅーびぃすてむ♪

ざくざくアクターズ・ウォーキング - #028. saiko - ドは試合開始と同時に全力で距離を取りに行った。

「おや?」

だがそんな動きを『黒き疾風』が逃すはずもなく、その速度に合わせて間合いを詰められると大きく後退した。

「......ふぅー」

それを確認したレフェリーが笛を鳴らして注意を促し、再び構える。

「おおっと!?

いきなり大きくバックステップしましたねぇ!」

レフェリーの言う通り、今の一閃で完全に下がった分を埋めるように前に出たのだ。

「しかしこれは?

何か布でも被っているのでしょうかぁ!?」

そしてレフェリーからマイクを通して声が飛ぶも、それは観客達には ンはこの小説の作者です。 前回は突然始まった『#コンパス戦闘摂理解析システム』第一回バトルロワイヤル戦ですが、今回はようやく初登場となったキャラたちの簡単なプロフィールを紹介していこうと思います! 【性別】男

あとがき

■アイドルから見た彼是氏について語るスレその1883>>その14(http://********)<別にアイドルでなくても構いません>七草香澄 推し変勢を正眼して観察した結果↓。https://img.syosetu.org/img/user/5152493_683.あ 『一期』が性転換して女になった話 ~女になっても強いし格好良くなりたい~ 2スレ目その一 - ンは汚物で溢れた下品な板です。苦手な方はご注意ください。■前スレ【#刀剣乱舞】

1:名も無き審神者さんここは初代総大将こと「鶴丸国永」を顕現させた本丸の日常を語るスレです。他本丸のことは話題禁止。あとコテハン推奨※ただし匿名は絶対※各時代の時系列に沿っているので前後編もあります※次スレは>>970くらいで宣言して立ててください。立てられない場合はスレ民さんが適当に立てます。3:刀剣乱舞』とのコラボでしたが、今回は前もって連絡してあった通り、本編に登場するオリジナルキャラクターが主体になります。

fgorta・別作品置き場 - ep.0 『開幕前』~キャラメイク終了まで - ンッッ! - ド・ファミリアへようこそ!(ダイジェストでお送りします) - 第3話 神様に見守られてダンジョン攻略なんて余裕なんだよなぁ?(2倍速) - ジナとの邂逅 1日目 ~早朝~ - ジナさんとの再会 2年目~4月頭まで - ンは何処は?】tsしたから汚物の山に突っ込んでくるわww 【祝】初手本レス完【悲報】

初代巫女狐白と骸骨ネクロマンサーは恋仲になる【本編完結記念】 - 幕間 小ネタ集・鯰尾藤四郎×石切丸 - イン本丸の場合:脇差兄弟って、同じ刀剣を複数所持してるパターン多いけど稀なのかな。いや、普通はあり得ないことなのか?でもなぁー、俺みたいに主さんの愛を感じ取れない奴は「そんなまさか」って感じだけどさ。

「あのねぇ、鯰尾君。主の御前で何を言ってるんだい?」 「え?ああ、ごめんごめん」

「主命を賜りました。どうか共に頑張りましょうね!」 - 貞子vs三日月宗近の場合1-1 - ンとある日のこと、俺はとある場所に居た。

そこは鍛冶小屋と呼ばれる場所だった。そこには多くの審神者や刀剣男士達が集められており、その誰もが熱に浮かし切った目をしていた。皆手に持つのは一振りの刀。そう、この本丸における鍛治技術の結晶であり戦場において力を発揮する武器であるのだ。

そして俺はその日も、今しがた自らの主に捧げられたばかりの刀を手に持ったままじっと炉の中の鉄を見つめていた



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

逃走者髭切

私は小説家である。

しかし、作者自身がミステリー小説を書きたいと思っていたところ、その夢を別の形で叶えることができないかと考えていたのです。 そこで私が目を付けたのは「プロが書く本格的推理作品から着想を得る」ということだった 例えば、『【一】殺人者・五島憲一郎の謎』(東野宏之さん作)では、主人公は殺人者である五島の息子である四ツ谷啓太郎(旧名・山田風花さんの旦那さん、今は六十歳のおばあさんです)の恋人である女性・小百合さんを殺した犯人を追っていた。 その中で彼は事件当時、警察組織内にて起こった殺人事件と自殺未遂事件の真相に行きつき、探偵として捜査を開始するのだが......というお話でした(wikipediaより抜粋)。

【第二部開始に伴い更新停止中】 (2020/7/14:一部内容修正) さておき本作はそんな訳でして、今回のような世界観で執筆しております。 また、本作は基本的に原作キャラクター(オリキャラを含む)視点ですが、実は「彼ら彼女らも人間だ!」というテーマのもとに書いているので、原作に登場した人物・団体などは基本出てきません。 よって本編に登場する人物が全て同じ性格・経歴を持つとは限りませんし、同じ人間が複数人登場したりすることもあると思います(口調など多少の違いはあります)。 ご容赦いただければと思っております。

刀剣乱舞 妖剣物語 - 第3話 2振り目の打刀鍛冶 - ンは鍛冶場にて目を覚ます。見慣れぬ風景、そして見知らぬ天井を前に困惑する彼の目の前にいたのは───── - 第三話 それは鋼鉄の出会い (前編) - ンは目覚める

私はその日、とても調子が良かった。

今日は私の主様となるお方の元へ初めてお仕えできる日だからだった。私は今、とある屋敷の蔵の中にいて......。そこで見つけたのは、一本の大きな打刀だった。長さは150cm前後だろうか?

鞘から少し抜いてみたその刀身はとても美しく輝いている。まるで宝石でも散りばめられているかのように綺麗な銀色の刃をしていた。しかし不思議なことに、その輝きにはなぜか既視感があった。

第3話

それは鋼鉄の出会い

~第3者side~時は遡ること十数年前、とある神社にある夫婦の間に一人の女の子が生まれた。彼女は両親や親戚などの誰からも愛される幸せな子供として成長を遂げたが、一つ問題が発生した。彼女の家は裕福ではあったが、ある時を境に不幸に見舞われ始めたのだ。最初は小さな嫌がらせだけだったがそれが日に日にエスカレートしていくにつれ、家の者は彼女に怯えるようになった。父親からは『疫病神』と罵られ、母親からも疎外された少女は次第に人と関わることを恐れ、引き篭もるようになってしまった。

少女はある日、両親にこんな質問をした。「ねぇ、お父さん、お母さん......」「ん?」「どうしたのかしら......?」「私たちって家族だよね......?

だったら、なんで私だけこんなに嫌われているの......?」「......そっ、そんなことはない!

お前が気にすることじゃない!」「......ごめんね」そして少女――三日月・オーガスは自ら心を閉ざしてしまったのであった。それから数年後、とある事故によって少女の父と母は他界するのだが、彼女が引き篭っていたおかげで、両親が残した財産や遺産などを目当てに近づいてくる者たちが多くいた。三日月はそれを聞くとすぐに家を飛び出してしまった。誰にも頼らずに一人で生きようと決意したのだ。そして数年たった今でも誰とも関わらずに生きていたのだが............

dollsstage4 一章開幕 というわけでプロローグです。いかがだったでしょうか?自分語りが過ぎるのは良くないのでここまでにして、早速キャラ紹介に移ります。・三日月宗近・年齢17歳 cv:悠木碧 プロフィール1身長170cm・誕生日8月3日・所属クラン<サバイバーズ> 【検非違使】 肩書【天下五剣】 ※レベル20で開放 武器種別 : 打刀 (刀剣)属性:物理攻撃特化型 攻撃時np効率上昇20%スキル[新免無形] atk5 命中80%カット技[疾風迅雷・紅] atk6 str50%ダウン技[薄緑(うっすらみどり)の波紋突き・乱(らん)撃(げき)舞踏(ぶとう)演武(えんぶ)踊(よう)曲芸(きょくえい)妖



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

神様髭切

――1人の少女がいた。

『彼女』は、「世界を救う」という大それた夢の為に日々を費やしていた。それは全て己が信じる主の笑顔の為であり......

<凍結中>アズールレーン・エロヒストリア - 第5話 - ンッ! - ンはーじまーるよー

前回、明石に拉致されたところからですねぇ~、あれ?今回は誰目線でしょうかぁ~

「おーい、聞いてるかにゃ?」

――――――はっ!ここはどこだ?!ってぇ!明石さんじゃあないですか?!あ、そうだ私は何をしているんでしたっけ?確か......そう!アズールレーンのpc版をプレイしてましたね。それで?なんでここに連れてこられたんでしょうか。「はぁ、まったくこれだから素人は困るにゃん。君は今『異世界転生系』を書いているんだよね?」そうですけど。「だったらちゃんとタグ付けしておかなきゃダメだよ?」

はいぃいいい!!わ、わかりましたから!!えっとまずは、ンと検索っと。え~っとぉ?ンと検索したらこの小説が出てきたんですけどぉ?「ちょっと待てや!」なにゆえですか!?「そんな適当なタグでよく投稿しようと思ったね?!」そ、そう言われてもぉおおおおお!「ったく、しょうがないにゃんねー。ちょっと待ってなにゃん」そう言ってスマホを取り出して何かを打ち込み始めた。え?待って何してんの?怖いんだけど。「......これで良しっと」そう言うとスマホをこちらに見せてきた。そこには

「アズールレーン・エロヒストリアr-18」という文字があった。ちょっと待って?!何でそのタグを知ってんの!?もしかして見てんじゃなくない?「んんんんー?これはどういうことかな?ん~~??」そう言いながら笑顔で顔を近づけてくる明石、その笑顔は悪魔のような笑みだった。(逃げなければ......)そう思った時にはすでに遅く......「こっちにきてもらおうかにゃん♪」私の腕を掴むとそのままどこかへ引きずっていった。

目が覚めたらそこは自分の部屋ではなかった。目の前に広がるのは真っ白の壁と天井、そして自分が座っている椅子以外何も無い空間だ。どうやら私は椅子に座らせられて拘束されているようだ。しかし拘束しているのは手首だけで足は自由に動かせるみたいだ。それに両手が後ろで縛られているので身動きをとることができないし何より......下には大きなクッションがあって尻の下に何かを敷いているようだ。それもかなり大きいやつみたいで尻全体を包み込む感触がある。おそらく今、私が使っているクッションなのだろう。「ここは何処だい?どうしてこんなとこにいるんだい?」とりあえず目の前の少女にそう聞いてみることにしてみた。「あら?やっと起きたのですね~。もう少し眠ってると思っていましたわ~」そういう声と共に部屋に入ってきたのは黒いドレスのようなものを着た女性だ。髪色は黒髪黒目でとても美しく艶やかで腰まで届くようなロングヘアを持っているが顔を見ることはできない。何故なら彼女は顔が仮面に包まれているからである。まるでどこかのお偉いさんが付けているような狐面をつけているのだ。そんな仮面をつけた女性は不敵な笑みを浮かべているがその顔はとても綺麗なものだ。思わず見惚れてしまうほどに美しい彼女の顔はきっと誰もが見るだろうと思うほどである。もしこの女性が人間であればだが......

「君は誰かな?それとなぜ私をここに呼んだのかな」そう言うと目の前の女性は顔を曇らせた後こう言ってきた。「......せっかくだから教えてあげますわ♪私はアストレアファミリア所属の主神『月女神』のルナですわ☆よろしくねん!」そう言って彼女...ルナは私の前に来ると私の頬に両手を当てて顔を近づけてきたかと思うと......

チュッ♪

............ん!?

ちゅ~~!!??

キスしました!あのお方キスをしてきたのです!しかも舌を入れてきましたよ!私初めてのキスがディープだなんて知りません!!!もういきなり何するんですかー!というか神様ってキス出来るんですね。知らなかったなぁ~(遠い目)ていうかなんで舌入れるなんてエッチなことしたんですかー!(憤怒) ファーストキスだったんですけど!!!!

オラリオの外伝 - 第5話 "白兎"との出会い(前編) - ンはベル君と出会う少し前に一人の青年がいた。彼はとある事情で人里離れた山の中で過ごしていたところ下級冒険者であろう少年が目に留まりその少年に話しかけた。少年は自分が強くなりたいという願いを持ち青年はその少年の夢を叶えてあげる為にダンジョン攻略をする事にしたのだが......

「モンスター多すぎませんか?」

そう愚痴る少年の名前はベル・クラネルと言いレベルは0



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

春風とともに鶴丸国永

私はある時、自分の正体に気が付いた。その身体はなんと...白金さんだったのです! つまりこの物語は1人の女の子が4人(主人公と先輩後輩キャラを含めても5人以上いるという大所帯)のハーレムを目指すお話なんだよ!(壮大なネタバレ)

刀剣乱舞 繼絆 - 第壱話「一期」戦 - ンッ

三日月宗近、顕現早々から本丸中の騒動に巻き込まれていた。審神者である審神者や刀剣男士達が行方不明になったのである。そして彼は審神者達の捜索中、刀剣男士達と出会ってしまい、彼らを護衛するため、自ら出陣することになるとは知る由もなかった...

本丸の中にて。三日月宗近「ふむぅ~これはどうゆうことだあ?」鶯丸「俺に聞くな...俺だって知りたいくらいなんだ...」三日月宗近「...いや、お前なら知ってるかと思ってだな!」鶯丸「残念だか知らないぞ...それにお前が俺の部屋に押し入って来るなりいきなり話しかけてきたんだろう...?」鶯丸「しかも俺の目の前で堂々と、なぁ......」三日月宗近「しかしまあ...何故こんな事態になってしまったんだ...?まるで嵐が急に止んでしまったみたいに静かすぎるしな...少しくらいは騒いでもいいと思うのだがな...」鶯丸「そんな呑気なこと言ってる場合じゃないだろ!これを見てみろよ!!」三日月宗近「......!!??」鶯丸「どうやら大変なことになってるみたいだぜ...!」

ソード・アート・オンライン ~刀鍛冶と茶会を添えて~ - 第弐章『一期』前編 - ジッケン・2日目;午前0時ごろより開始【ソードスキル】について教えます

本丸にて三日月→燭台切→獅子王→蜻蛉切・小夜丸・和泉守→同田貫→蜂須賀→長曾祢々切・岩融→蜻蛉切・御手杵→日本号

貞操観念逆転世界だよ☆ミ - 【ソードスキル】についての講義を始めますっ!(刀剣乱舞二次創作rta風味) - ンはじまーるよー

今回から初めてプレイしたゲームを実況していくので宜しくね☆ということで始める前に今回の目的について説明したいと思いますっ( ́∀`*)

刀剣乱舞・通信機能 『審神者と刀剣男士』トロコンrta風小説集 - (第二話)始まりの刻(とき)まであと二年もあるんだから! - インアウトするんだぜ!

###

さてと、前回無事にゲームを始めることができたわけですが...現在私は何をしているのかと言いますとね......?

―――――――――――

遡 (前半戦) - ンとあるところにとある刀剣男士たちがいました彼らは皆それぞれに逸話をもちそして彼らにはそれぞれに違った戦い方ができます彼らの強さとは...?

刀剣乱舞p-special劇場パロディ実況プレイ - part.02:序曲の始まりと終わりの刻はもうすぐそこに...(後半戦) - ンとあるところに刀剣男士たちがいました彼らはそれぞれ得意とする分野がありそれぞれの得意な分野の技能を持つ者たちが集まっていますその特技とはいったいなんなのかそれはまた後にお話し致します

今回はゲームスタート直後から始めていきますゲーム内の時間を遡りつつ物語を進めていきたいと思いますこのゲームは最初にチュートリアルを行いますこのチュー - ンとあるゲームのキャラクタの操作方法を勉強していきますっ♪

>あなたは『刀剣乱舞・オンライン』という仮想空間へログインしました。

おっすオラ藤丸立香君。

いやー、待ちわびたぜこの時をよぉ~!

そう、この動画ではゲーム初心者である僕が「ストーリー」を進めていきますよ~イクゥ!

早速本編開始していきましょう!!

はいはーい、てことでチュートリアルですっ!

「刀剣乱舞」は基本のアクション型vrmmorpgなので、操作方法が他のものと少し違ってますからね!

まずはこのゲーム内で使用する剣術を選択してもらいます! 初期選択した刀剣類は必ず選択されなければいけないため、しっかり選ばないといけませんっ!(小声) え、なにこれ超めんどくさい? ならちゃーんとキャラクタークリエイトモードを選んでくださいね、ということで今回はここまで! また次回お会いしましょう

僕はプレイヤーキラー伝説! ~死神プレイしてたらいつの間にか魔王扱いされてました~ - 第2話:プロローグ終了のお知らせ。そして始まりの時へ・・・ - ん?なんかおかしい?? - ンはじまーるよー

【ようこそ】アバター作成のお時間だよーっ!

あ、どうもこんにちはこんばんわっす。

私は今回、主人公としてゲームを実況していくのでよろしくお願いしまーす!

【はじめに】本作は本動画投稿前に制作していた前作『刀剣乱舞-online』とは全く違う世界線となります。【新情報について】本作には原作キャラは登場しますが、私の独断と偏見により、性格設定とかいろいろ変わってますので悪しからずね?あと、各話毎にテーマを決めて書いていこうかと思っています。【topics】 ◎舞台について “本丸”・“近侍所”・鍛冶場といったものは存在せず、審神者がゲームを通して使う拠点となる場所です。・本丸内にある施設は全て自由に使用できます。・刀剣男士たちの寝床である本丸内の部屋は、全て和室となっています。また鍛造室や入渠ドックなど設備も充実しており、生活に関しては心配いりません。 ・審神者の性別によって初期刀の数や部屋数が違います。ただし同じ部屋に同姓の場合は必ず一緒になりますので注意です。

○審神者の設定 ○男性:霊力値が高くなりやすい

☆★スキル★★

「鑑定士」

●対象を見ることでその者の名前とレベル、ステータス



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

暗殺者鶴丸

ある所に1人のウマ娘が居た。そのウマ娘の名は、とある世界において全能神と呼ばれた存在であった...だが彼女は走る事が好きだったが、とある事件によって脚を失い走れなくなった為絶望した......しかしそんな彼女でも走りたいと願う夢があった

コンパチブル・ソウル - 5話「その願い」 - ンはウマ娘という種族について詳しく調べていたらこんなのが生まれました

コンパチブル・ストーリーズ! - 6-1「過去と向き合う者」 - ンはこの小説のジャンルについて悩んでいるので良ければ感想を聞かせてほしいです

コンパチブル・ストーリーズ!(再編集中) - 6-1「コンパチブル・ストーリーズ!」-「エピソード5」での出来事ー - ネン

【コンパチブル・ストーリーズ】

「おはよう!」 - イ【第2章終了時点でのプロフィール】 主人公(ネン) 年齢:14歳→15歳(中学二年生)

身長162cm→176cm(約半年で170cm台まで伸びる)

体重58kg→60キロ(約1.4kg) 趣味特技:絵を描くこと・楽器演奏 (ピアノとヴァイオリン)・サッカー・ダンス

好き物:音楽全般・歌うこと(特にアイドルソング)嫌い物:辛いもの・怖い人 好きな動物:鷹、鷲 (何故?作者が好きだから?)苦手な生き物:虫(ゴキブリとか苦手)得意料理:オムライス 見た目のイメージ(白い髪に赤メッシュが入ったポニーテール。前髪の一部に紫が入っている。右目が金色、左目が赤色の目。服装も黒を基調としたセーラー服風のミニスカートに白地に青いラインが入ったハイソックス。靴はローファー)武器レベル1:通常攻撃命中70%カットダメージ(25%)スキル:なし装備品:いつもの服アクセサリー:リボン×1

刀剣乱舞の初期状態と同じ。

<コンパチブル・ストーリーズ> - 2-6「コンパチブル・ストーリーズ!#5」にて...... -その3!!」までの主な登場人物紹介 ※ネタバレ含む - ッ!! - ンは縦書きなのでルビの振り方を間違えている事があります(笑)

☆今井リサcv:石川由依さん本作ではメインヒロインの一人でギャル風の性格の女性です。友希那とは幼なじみであり親友同士であります。幼い頃に両親を亡くして孤児院にて育った過去を持ちます。そのため、友希那と共に生活するうちに彼女のことを好きになっていきます。また、同じ高校に通う生徒として、生徒会長である氷川紗夜や風紀委員をしている白鷺千聖にも憧れています。友希那2」-1 - ンはいいぞ

【実況プレイ】検非違使放免rta

パート7(1/4) - 1-9 - ンとある本丸の話。

そこはブラック鎮守府だった。刀剣男士たちの待遇はとても悪く、少しでも気を抜けば虐待されてしまいそうなほどに劣悪で、まさに地獄のような場所であった。そこにまた一人、審神者として着任した青年がいた。そして彼は刀剣男士たちと交流していく中で刀剣男士たちを大切にしてくれる優しい人物でもあった。だがある日彼は気づいてしまった。彼が大事にしていた刀剣男士たちが自分の言うことを聞くはずがないと...そこで彼は自分が大切にしてきた刀剣男士たちにこう言ったのだ。

『 #5」part.2『「一期一振」のコンパチ本丸』より】 - ンは

この詐欺罪で訴えられるべきでは?被害者

鶴丸国永

2****年*月*日(金)

午前9時00分

俺の名は三日月宗近、天下五剣の一角にして、審神者の第一刀剣だ。昨日は主が現世に行っていて、代わりに俺が留守番を任されたというわけだな。とはいえ此度の戦も無事に勝利し、久方ぶりの平和な一日を過ごせそうなのは何よりだ。遠征部隊や演練への出陣要請も無いことだしな...だが、お前たちのことが嫌いではないしむしろ愛しているが、お前たちには私の道具として働いてもらわなければならない。この意味がわかるな?』

彼の言葉にこんのすけはその本性を表した。その審神者こそ検非違使放免になった元凶であると。しかし、気づいたときにはすでに遅く、審神者となった青年はすでにいなかった。そしてそれから数年後、同じ本丸にて再び検非違使放免となる事件が起きた。犯人は刀剣売買をしていた人間だった。そこから始まるのは乱打と呼ばれる行為による刀剣破壊祭り。歌仙兼定をはじめとする数振りが鍛刀部屋に送り込まれ、その鍛刀部屋にいる炉の中に投げ込まれた。そしてその鍛刀場で生み出されたのが短刀お前たちは俺の言うことなど聞くわけがない』と。 その言葉を信じた彼らが取った行動とは......!?

刀剣乱舞 実況プレイ - 第2話 本丸に到着しました! - ンは~じまった~! - ンは~じまった~! - ンは~じまった~! 2ndstage ~「この本丸のへし切長谷部さんは」 part. 1/4 - んごはおいしいですか? - ンとつづきます - このさきどうなりますか? - ンッ!!

はいどうも皆様こんにちは!!!

続きが気になるゲーム実況はっじまっるよーーー!!!!

【ゲーム名】『呪詛廻戦』自由度が高いことで有名なフリーホラーアクションrpgです!・別売り音声作品:https://www.youtube.com/watch?v=u6s5ah9eofqdfz-0

#銀魂パロディ

#コンシューマー版

#アニメ化

#コミカライズ

#実写ドラマ化

#映画化

#小説bnm_watch&tick=14434416

私はブラック本丸にいた刀剣男士さんを助けたい - 私は審神者じゃない審神者だ。あと私はただの人だから! - ンとーじょー! #4 この本丸に着任しました!(仮) - ンはジブリ風だって聞いたことがある - ジブリストとしては見過ごせない事態なのでは - 第4話 鍛刀部屋ってどこだっけ - ンはどこで生まれたんだ? - ンッッッッ!!!!!!!!!!!!!!(迫真) - ンはジブリ風だって聞いたことがある - 本丸内の探索ktktr4n2aqbbzz

【キャラメイク画面】名前と性別を決定します・『ほも』・『でみ』・『てみやげばな』(刀剣乱舞

三日月宗近風)などの名前をつけることができます。・『男でも女でもない中性ゲー』等の場合、選択肢として『ホモォ』『レズ』というものがあります。

『審神者名』プレイヤー名をランダムで決めることもできます。その場合『織田信奈』『北条氏康』『小早川秀秋』『徳川家康』等のいずれかの名前が選択されます。『刀剣乱舞

月華00「とーほろきえる」の人型近界民で元ブラック本丸出身。ブラック本丸では刀剣乱舞や花札三銃士を使っていたが現在はボーダー預かりとなっている。 戦闘体は和風ファンタジーゲームに出てくるようなロングコートのような軍服だが、フード付きの黒い外套になっている。右肩に三日月紋がついている。左腰には鞘に収まった日本刀があるぞ! 武器トリガーメイン:

拳銃・アステロイド(拳銃型)バイパーサブ:

拳銃・メテオラ(拳銃型)グラスホッパーシールドトリオン:

16攻撃:10防御援護:5機動:6技術:7射程:8指揮:4特殊戦術:5total:60メイン技能トリガーセットサブトリガーセット : 拳銃(通常弾銃手用トリガーor合成弾仕様)メイントリガー拳銃・ハウンド(拳銃型)

what you got - 5話 旧友に会うまで - ンはいい文明ですね! (後編) - ムン

side.city防衛軍の基地内部にて・・・

『門発生、門発生、座標誘導誤差1.55803m』「ゲート反応確認!数は約500体!」「b級全隊緊急招集!市民避難完了しました!a級各隊出動開始します!!」

「・・・これはまた大層なことだな・・・」

私は



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

チャラ男?鶴丸

昔、『鬼滅の刃』という少年漫画があった。

その最終巻を買おうと出かけたところ、誤って踏んでしまった炭治郎は、全集中・常中の呼吸を身につけてしまう。 そして、鬼殺隊当主である産屋敷耀哉に目をつけられ、彼は自分の代で終わらせようとしていた日の呼吸の伝承を始めたのだった―――

we can (0t) - 第一話 - ンとある朝のこと。

「おはようございますっ!」 本丸に朝の光が差し込んでくる頃、本丸内廊下にて今日も元気良く一人の男士の声が響き渡る。声の主は彼の本殿へ続く襖を開け放ちながら、

「あれ?」

キョロキョロと辺りを見回し始めた。すると、そんな彼のすぐ横にあった障子からひょっこりと顔を現した一匹の小動物。彼に向かって、きゅるると鳴き、

「......おふぁようございます」「......おはよう三日月!いやあもうびっくりしたぜー、俺の目の前にいきなり現れるんだもんなー」

【朗報】修羅場系ラブコメの親友役になってしまったwwwwwww - 第2話 - ハーメルンは

とある朝のことであった。本丸の門前にはいつものように近侍を務める鶯丸の姿があったのだが......その右手には手紙のような物が握られていた。だがしかし、左手には何も持っていないため、手紙ではないのだろう。

「ほうじ茶淹れてくれたか。ありがとう」

鶯丸の声に気付いた彼が、縁側に湯呑みを置きつつ、振り返ることなく彼に礼を言う。それに対して「はい、どういたしまして!」 元気にそう返すのは彼の刀剣男士である五虎退吉光――通称"ショタ"こと虎柄模様の短刀だ。彼もまた審神者の指示によりここへ来た刀剣男士の一人であり、つい先程この本丸へとやって来たばかりだったのである。そして、彼ら二人のすぐ近くでは数匹の子狐たちが戯れており、和やかな空気が流れていた。子狐たちの内の一体であるこんのすけという黒いキツネが鶯丸に向かって、ぴょんぴょんと飛び跳ねて話しかけてくる。

「おはようございますなのです、鶯丸さま」「ああ。今日も元気そうだな、お前たち」「ぼくたちはいつでもげんきです!」「そうかそうか。それは良かった。ところで、主が呼んでいたから行ってもいいだろうか?」「わかりました。どうぞいってらっしゃいませ。お仕事頑張ってくださいね」 そう言ってから、彼は再びくるりと振り返って縁側に置かれた湯呑みを手に取り、中にある温かいお茶を一気に飲み干す。そうして立ち上がると、そのまま厨へと向かっていってしまった。そんな様子を眺めていた燭台切光忠――こちらも同じく顕現したばかりの刀剣男士であるが、彼だけは初期刀としてずっとそばにいる為なのか他の刀剣たちと比べ物にならないほど主に可愛がってもらっており、彼から貰ったチョコレートを食べながらよく話をしているところを目撃される程だった。 燭台切はふと何かを思い出したかのようにハッとした表情を浮かべると、近くにいた子達狐たちに話しかけ始めた。「ねえみんな!

僕これから主に呼ばれているんで、今から行ってくるねーっ!」「「「「おかしおまちしてますー!」」」」「うん! ありがとね~!!」 そう返事をした後、彼らは二手に分かれて散らばっていった。どうやら、どの部隊長のところにいくのか決まっているようでもあったようだった。しかし、彼らが向かっていった方角はそれぞれ違い、ある時は鍛冶場の方へ、またある日はある時には馬小屋の方へとそれぞれが別々に進んでいっているのが分かる。何故そのように分かれているのかは、彼ら自身の考えがあるのだろうか。それとも単に個体差なのだろうか。そんなことを考えながらも、僕は特に急ぐことなくのんびりと彼らの向かう先へ向かって行った。

刀剣乱舞・彼と奴らには血の雨が必要なんです - ep4:槍と脇差と薙切の兄 (前編) - ん

審神者である私のもとにやってきたのは、こんのすけが言っていた通り短刀だった。

でもまさかこの二人が同時にくるなんて、誰が予想出来ただろうか。いや、出来るわけがない。

【本編】打刀6振りとかブラック本丸かな???【二次創作】 - 第5話: 彼との出会い2 - ンは剣か槍かってレベルじゃないくらい違うから......!! - イントネーション! - ンッ!!!

<前回までのキャラ設定>三日月宗近 戦国時代に最も多く用いられた名刀“天下五剣”の一本。通称“三日月”と呼ばれ親しまれてきた。当時の日本では珍しい刀剣であり、現存する数が非常に少ないため非常に価値があるとされている。 また、彼は名刀でありながら狩猟にも使われおり、その弓の腕前は天下一品ともいわれているほどである。彼が持つ槍は“和泉守吉行作の大包平”という名で知られている。 この二人とは打って変わって、私は



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

まとめ役の蜻蛉切り

ある町にて。

「ねぇ、貴方......その腕どうしたの?」

それは、ある日の事だった―――――。

「実は最近ね、腕に力が入りづらいみたいなの」 この身は既に幾多の戦場を駆けた古強者なれど。 ふと気づけば槍を持つことさえままならない日もあり。 このままではいけないと思うものの。 それでも我が武芸の腕前を取り戻すことは叶わず。 故に我流で剣術を編み出したのだ。 【魔界騎士】 -agi0にstr全振りしてるような人がまたvrmmorpgを始める話 - 1-1:黒鉄少女と初ログイン - イチャモンから始まるお話

1:名無しのゲーマー>>01どうしたんイッチ!?急に倒れたって聞いたけど...

2:名無しのゲーマー>>01何があったんだおい!?

3:黒鉄(くろがね)志狼(しろう)>02いやなに、ちょっと疲れて倒れてたんだけど、もう大丈夫!

4:名無しのゲーマー>>03本当に大丈夫なのか...?かなり疲れたような顔してるぞ......?

5:名無しのゲーマー>>04ならいいんだけどもよ.........。それで?どうしてこうなったのか教えてくれるか?

6:名無しのゲーマー>>1乙スレ主の黒鉄くん......でいいんだよな?

7:黒鉄(くろがね)志狼(しろう)>06うん、そうだよ。改めてよろしくな!

8:名無しのゲーマーそれにしても『黒』かぁ......珍しいなぁ......

9:名無しのゲーマー>>08一体どういうことだってばよ..................えっ!?マジで言ってるんですかぁ!?10:名無しのゲーマーまさかそんなことになってるとは思わなんだw11:名無しのゲーマーどういうことなんじゃらほい?

12:名無しのゲーマー>>111どういうことかって......何が?

13:名無しのゲーマー>>113この様子だと何も聞かされてないみたいだな...。

13:名無しのゲーマーまあ知らない方が普通だからしゃーない

14:名無しのゲーマー今どんな状況なん?

15:名無しのゲーマー>>14とりあえず現状をまとめてみたわ

16:名無しのゲーマー・気がついたらnpc達が動き出してる・npc達に意思があるっぽい・npc達はaiではないっぽい?・npc達の中に「運営」とか呼ばれてた奴もいる

17:名無しのゲーマーつまり、npc達が動いてるのは確定だけど、そこに何らかの意図はあるのだろうか......ってとこかな?18:名無しのゲーマー>>17そうなんか......でも正直、なんでそうなったのか知りたい気もしないでもないんだよなぁ~......だって考えても仕方ないことだもん 23:名無しのゲーマーそれもそうだ。いくら考えようども意味が分からないんだし考えるだけ無駄だなw 24:名無しのゲーマー確かに。それに今はそんな事どうでもいいしな

25:名無しのゲーマー>>20そういやイッチいないけどなにしてるん? 26:名無しのゲーマー>>225なんかスレ民からの報告見て絶句してたぞ

26:名無しのゲーマーまあ無理もないよなwwあんな報告聞いたら誰だってそうなるわwww

27:名無しのゲーマー俺も見た時はびっくりしたからなwまさかnpcが動くなんて思わないだろ!w

28:名無しのゲーマーせやね。んでもってイッチは今何してんの?

29:名無しのゲーマー>>28なんか自分のことじゃないみたいで放心中みたいだったよ

31:名無しのゲーマーなるほどな。ってことは、まだ現実逃避中か。気持ちはわかるぜ。

32:名無しのゲーマーそんな状態でよく来れたよなw

329:名無しのゲーマーいやーでもマジでどうすんだよこれ!?バグどころの話じゃねぇぞ!!ゲームに閉じ込められただけじゃなくてnpcまで動き出したらさぁ!!!340:名無しのゲーマー>>3339そうだな......まずプレイヤー達にとって最大の問題はそれだよな。

341:名無しのゲーマー運営側の対応はまだ無いみたいだしなぁ......現状どうすることも出来ないってことかぁ~ 342:名無しのゲーマーとりあえず今後の方針を決めようか。みんな意見出してクレメンス

353:名無しのゲーマーとりま今分かってる事を整理しよう。1.ゲームの世界はnpc達が生きている2.ログアウトするにはgмとかいう存在が必要3.イッチはその権限を持っていない4.俺らではどうしようもない5.運営に連絡を取る方法が無い

こんなもんかな?あとはそれぞれの意見を出し合って決めていこうと思ってるんだが......

【悲報】ワイ氏、ついに異世界で発狂する - 【情報交換スレその一】新大陸へ繋がる航路開通記念祭開催 - ンとなう【祝!第一回定期船就航500年突破】http://www.fdra.jp/~wi



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

メガネを書けた蜻蛉切り

昔ある国のおとぎばなし。

それは、その時代の英雄の一幕である...... - 第2話:【紅】(赤) - ド・ロギンズと、その愛槍「蜻蛉切」 - ナ・フォックスマッカー - ンは、夢を見る。

そしてそれを追いかけるのだ――。

◇◆◇

『この剣の名は“朱槍”、か』 それが自分の主の声だと理解した瞬間から、夢の主の意識に入り込むのは簡単だった。 そして知った。

主が何を望み何のために戦うのかを。『そうか。だからお前はこんな俺に力を貸したのか?』 主は優しい人だった。 この人が守ろうとするものが何であるかを知ったとき、俺はこの人に忠誠を捧げようと思った。 この人のために戦いたいと思えた。 俺の力はこの人のためならなんでも出来ると思った。 この人には、この人だけには生きていて欲しかった。 そのために戦おう。この方のために生きようとしよう。

ソシャゲしてたら異世界転移してたんですけど!? - 1-1 - ルムンド城下町 ー新緑の森にてー (part.1) - ん?

あれ......?

私ってなんで倒れているんだ......?

確かあの後、敵を倒してそれで......。「あ、起きた?」

意識が戻ったことを自覚する。 起き上がろうとして背中の痛みにより倒れそうになる。「ちょ、だ、大丈夫!?」 少女が慌てて駆け寄ってくるのを見ながら私はなんとか立ち続ける。

fate/steelwool ~魔術師達の学園~ 著:蒼龍透子

fate grand order 【幕間の物語】聖女の妹もマスターになったようですよ - 第2話 - ンは目を覚ました。

fate/stellaris 【完結】 - 邂逅・冬木教会へ - ハーメルンは目を覚ます。fate/stellaris 【完結】 chapter.2 ルシファー編https://kadougai.com/10000

【本編完結】気がついたらモブ聖女になってました - 2-2 - イン - リーズ皇国王都エリンダ・バグラチオン→ルフス大森林(西方)・魔族領

in=carnationale, anderson's home - イシュタム家当主

side:???

「......っ!?」

男は目の前に立つ白髪金眼の美女を見て驚愕した表情を浮かべた。 それはそうだろう。目の前の女性は男が愛してやまなかった存在なのだから。「久しぶりですね■■■■■」「............ッ!? まさか............レティシア様ですか!?

しかしそのお姿は......」 そう、目の前にいる彼女はレヴィアタン家の当主であり、男にとって愛しい人であったはずの『レティシア』その人なのだ。「あら? おかしなことを言うのですね?

この姿のどこが彼女だというのです?」「......レティシア様は美しい女性でした。その姿はまるで天女が降臨したかのような神々しい美しさだったはずなのです」 レティシアと呼ばれた女性は心底呆れたように嘆息する。「はあ......もう良いですわ。この姿で十分でしょう。さて――貴方には聞きたいことがあるのですよ」 レティシアは妖艶な微笑を浮かべて問いかけてくる。その表情を見た途端、男の脳内には嫌な予感しかなかった。「......なんで御座いましょう」「どうして私を裏切ったのですか?」「............」「貴方が私以外の女にうつつを抜かすのは仕方ないとしても、よりによってそれを私の父に密告するとはどういうことですかしら?」 確かに男にとって愛する人の父親というのは非常に大きな障害だと言えるだろう。特に娘を持つ親にとってはなおさらのことだ。だがそれを理由に裏切るなどという非道に手を染めたことに対して憤るのは当然のことだと言えよう。そしてその事実を知ったレティシアが激怒することは想像に難くない。しかし男に弁明する気は全く無かった。むしろ開き直ってすらいた。(仕方がなかったんだ! 俺が愛したのは貴女なのだから!) そんな言い訳を胸中に浮かべながらも男は心の中で絶叫していた。 レティシア・ドラクレアは元々王都騎士団に所属する騎士の家柄であったが、男との出会いにより家出をして冒険者になる道を選んだのだ。そのため王都の人間ではなかった。そのため彼女が他の男と関係を持った事実が発覚したとしても王宮からはそれほど責められることはなかっただろう。 また、レティシアは王城勤めの女性騎士であり、その容姿も非常に優れていたため彼女のファンも多かったのである。 故に彼女を巡った争いも数多く存在したのだが、それでも彼女は誰ひとりと交際することは無かった。(だから悪いのは俺



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

公平な蜻蛉切り

「大海に浮かぶ小島」は、一羽のカモメと一緒に暮らす少年が、世界を救うために奮闘するお話です。

私はプレイヤー - 2/3『鬼舞辻無惨』 - グット・ユナズマギスト: ヒノモト=タイシロウ: https://img.user

tokyomuhaihatsukichibara.com/blog-entry-1064.html

everything tale (little world!) - 16.the trial stage is a “death of the paradisum”.(1) - ンは再び訪れた街で足を止めていた。

「......どこに行くんです?」

隣にいる蜻蛉切に尋ねる。彼は自分の腕を掴むと、「ちょっと寄りたい所があるんですよ。すぐ戻るので少しだけ待っていてください」と言って人混みの中に消えていってしまった。「蜻蛉切さん......本当にどこに行ったんだろう......?」

ゲームの中でまでわざわざ自分に付き合う必要はないだろうに。まあすぐに戻って来るのならいいかと思いつつも、どうしても気になってしまう。(それにしても......) 今自分が歩いている道は、見覚えのある景色だった。(まさか同じ道を何度も通っているわけじゃないよな?) そんなことを考えつつも歩みを進めているうちに、ある店の看板の前に立っていた。「――茶屋だ......」

【本編完結】fgo 煉獄杏寿郎nouverty:manルートrta 『誰も死なせないバッドエンド』獲得ルート≪参考記録≫ - 一〇年前(2) ※実況プレイ風動画 2:10~ - ジブチ・リバイバル編<part.3> - タジアへようこそ! - んほおおおっ!! - ンとホモ君です。

現在地は中国大陸南部の旧タジキスタン王国領内であり、その南東部にある山岳地帯にいます。

前回のタジキスト兄貴とは違って、今回はセーブポイントから移動していませんね。

どうやらこのマップにいる限り、キャラクターたちはnpc扱いになっているようです。なのでプレイヤーキャラだけ移動しているなんてことはありません。

前回と同じ場所で野宿しているわけですが、当然寝心地が良いわけがありませんし、何より野営では経験値が稼げないのでさっさと次に行ってしまいます。

ちなみに現在のレベルですが、なんと5になりました!(デデン!)

いやー早いですね、まだ開始して五分も経ってないのにもう5ですか。しかもこのゲームは『fate/grandorder』とは違い、レベルアップすると一気に上がりにくくなっているんですよね。

理由は簡単、戦闘時間が長いからです。

ゲーム内でのレベルを上げるために必要なのは、種火と呼ばれるアイテムを使用することで上昇する【スキルポイントを消費しない経験値稼ぎ】か【サーヴァント相手にダメージを与えて得られる経験値】のどちらか一方のみです。

それ以外のスキルを取得するには、まず種火を使用して戦闘経験を積まなければいけません。そしてサーヴァントに対して攻撃しても得ることが出来る経験値は非常に少ないので、戦闘時間を短くするためにも戦闘技術を磨く必要があったんですね。 しかし本作のマスター達はそんな面倒な方法を取っている暇はありません。 よって戦闘時はひたすらモンスターを探して狩りまくり、倒した数に応じて手に入る経験値を獲得するというシステムになっています。

fgorta 召喚鯖単騎のみで人理修復 - part.04 - ンは~じまるよ~!↑ - ンは~じまるよ! - hr

「さて」

藤丸立香とマシュ・キリエライトの前に現れた男 - イベ - ん ゙わああああああああああ

hr

:

藤丸立夏、君はこれから『ロストベルトno.10

a.d.20■■年へレイシフトします。 目的は歴史に残らなかった“もしも”を回避することです。そのために君がすることはひとつだけ。たった一つの勝利のために世界を滅ぼした魔神王ゲーティアを倒し世界を救うのです。それではこれより『第三回

fgoイベント

星5鯖プレゼントキャンペーン』を開始いたします!』 カルデア内が光に包まれる中、どこからか謎の声が流れてくる。それと共に表示される映像には――

「先輩!

大変です!」「どうしたの?」「見てください!

先輩が倒れてます!

先輩!」「............!?」

それは後輩二人が気絶する光景だった。

fate/grand order ccc teardrop - 第3話:君は一体何者か? 1 - ん゙あ



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

体育会系蜻蛉切り

あるところに、ある日現れた謎の宇宙人「大いなる力を持つ者に授けよ。

さすれば汝、どのような願いも叶えられん」と言われ、私は“全長2メートルを越える大きな槍が欲しい”と応えました。 すると目の前には......。 この槍こそ、その証です』 そして私が手にした途端、それは光り輝きだしました。 気がつくと、私の姿は変わっていました! 鎧が消え、代わりに白銀に輝く体毛が全身を覆っています。 私はこれにて天下無敵の蜻蛉切様となりて、主の元に馳せ参じたのです!(fe風テキスト)『さあ、貴方様のお望み通りになりましたよ!』

一〇〇式戦記 - 06.異形 - ンは再び戦場に戻って来た? - クチノミヨサナイワネ......?・鬼刃島猩影:10月某日(休日) - ンッ!

◇◆◇◆◇◆

鬼刃島から西方、南東へ約二〇キロほど離れた荒野で二人の男が剣を交えていた。

一人は白いバンダナをした長身の男、もう一人はその横に並び立つ背の低い少年である。

二人はともに日本刀風の刀剣を振り回しているが、戦いの様子から見ると少年の太刀筋の方が優勢のようだ。

しかしバンダナの男は決して押されているわけではないらしく、むしろ攻撃の合間を見て少年に対し蹴りや拳による反撃を行っている。

「そらよっ!!」「――くっ!」 やがて少年はバンダナ男に大きく弾き飛ばされてしまった。 すかさずバンダナ男が追撃をかけようとしたその時――

突然、少年は猛烈なスピードでその場を離れ始めたのだ。しかも少年がいた場所には、つい先程まではなかったはずの黒い靄のような物体が現れ始めているではないか!

「ありゃ......逃げちまったか」 バンダナ男の名は“猿飛佐助”という。忍軍の中でも最速を誇る猿飛流の継承者であり、その実力も折り紙付きだ。そして彼はこの靄の正体を知っている。「......まさか本当に出てくるとはね......」 彼が見つめる先には、既にあの靄のようなものが地表まで迫り始めていた。それは次第に人の形をとりはじめる。靄の中から現れたのは一人の少女であった。「............」 少女は何も言わずに佇んでいる。 背中辺りまでの長い銀髪に真紅の瞳を持った美しい少女だが、その表情はぴくりとも動いてはいない。 まるで糸人形のように生気を感じられないその姿は、まさに死人そのものであるかのようだ。 それもそうだろう。なにせ彼女は既に死んでいるのだから。 猿飛佐助はその少女が放つ気配で相手が誰なのかすぐに分かったものの、流石に驚いたようで一瞬呆けた顔を浮かべた後に苦笑いを浮かべた。「こいつは驚いた......!

まさか、こんな形でまたお目にかかることになるなんてねぇ......!」「.........」 銀髪の少女の瞳は何の感情もうごめかない。ただ黙ってその場に立ち尽くしているだけだ。「そんな怖い顔すんなって!」「......」「俺はさ? 今ここで起きていることについて詳しく聞きたいんだわ。あんたなら何か知っているんじゃないのか?」 そう言って男はニヤリと不敵な笑みを浮かべる。すると彼の背後からもう一人男が姿を現した。こちらは黒髪黒目の青年であり、背中に大きな太刀を背負っている男だ。その姿を見た途端、今まで無表情だった少女の顔が少し歪む。「......あなたは」「久しぶりだね、月夜見尊さん」「......!

どうして私の名を......!?」 少女の名は月読尊といった。彼女は日本神話において神とされる存在であり、その実力は全ての神々の中で最も高いとされているが、それ故に多くの人間からは忌み嫌われている存在であるのだ。 何故そんな彼女の名を知っているのか疑問を抱いたらしい彼女に対し、青年は淡々と言葉を紡ぐ。「いや何。あなたの部下の一人に聞いただけなんだけれどね? どうやら彼は、あなたを蘇らせようとしているようだよ......?」「なっ......」 その瞬間少女は動揺を隠せなかった。死んだはずの自分の復活はつまり―――「――もう一度生きることができるかもしれないということでしょう? だったらそれを受け入れるべきだと思うよ、月夜見尊くん?」「............」(この男は一体......) そうして男の言葉によって沈黙する彼女を他所に、男の口から再び言葉が放たれた。「まあでもその前に、だ――」

【本編完結】もしも碇ゲンドウが冬月に憑依していたら - 第十話 偽りの真実 - ハーメルソフヌス・ユピテル - ンと

ゼーレ本部の地下にある一室で、キール議長はモニターの前で頬杖をしながら唸っていた。「......ううむ」

しかし彼が見ているのは単なる映像ではなく、ある一人の男性に関するデータであった。彼こそがこの世界における地球最大のタブ



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

委員長な蜻蛉切り

その日、1人の女性が亡くなった。

その女性の名前は......白鳥風花(しらとりふうか)というらしいのだ。

「あなたは誰だ?」

fe覚醒 漆黒の剣聖 - 第7話『光と影』 - ンは進む - ンは進む

─────────

feifでは、仲間は死なない

だが、主は死ななかった!

あの優しい主を傷付けてしまった!!

だから、俺はこの手で主に勝つ......! たとえ主が望んでいなくても......っ!!!!・鶴さん [検閲済み] 2日目(土)

【rta】刀剣乱舞 “裏” anotherfrontline【完】 〈アーカイブ〉 - 1頁目.鶴丸国永(過去編/2,108文字)1ページ目.鶴丸国永(現在地/1-1) ・プロローグ - ナリタタイシン「......トレーナー」 前々回からの続きです・前回と引き続き“本編の裏”の話がメインとなります

金色のラピスラズリや赤黒い瞳については何も触れていませんが、前作の「part6 of epics 全員集合!」でちらりと登場した「???」とはまた別の個体です たぶんゲームシステム上同じキャラ扱いになるんじゃないかな......?

真約・桃太郎伝説━パロディスペシャル━ - 2頁目.1 - アァーッ!(声にならない悲鳴)(0敗) (0勝9敗)・初期刀

三日月宗近(みっかぞらしん) (5代目・初期艦) ・母港メンバー一覧 (随時更新予定なし)・明石国行 まだいませんね! 鍛刀部屋開放おめでとおおおおおおお!!!(0敗)

貞操観念逆転世界で勘違いから主人公を堕とした話集 - 2頁目.アァ~ッ!(声にならない悲鳴)(0敗) (0敗)(2敗)・初期刀2:山姥切国広 まだいませんね! 鍛刀部屋に未実装ですね! 人妻乱舞のお目当ては主ですか?主ですよねっ!? 初脇差!! ようこそ新世界へええええええええっっ!!!!(0敗) 3日目にようやく主が来ましたね! うちの本丸の審神者兼業主は時間遡行軍殲滅rta走者ですが、本小説では通常プレイに戻ります。

刀剣乱舞・通信機能本丸の場合《凍結中》 - 第2話『初期刀と初鍛刀』前編 (2020/05/01追記) - イン 時系列的にこのお話から始めても大丈夫そうなのでupしました。

過去が視える異能を持った青年の話 - 01.「未来から来た」という設定の元審神者になった少年の話 - ヌ”ウ"ン!”カ“ワ”イ”ィ ゙イ“

【凍結】刀剣乱舞オンラインゲーム版 特殊エンドルートクリアrta実況動画風小説 - 02.「来ちゃったぜ!」という声の裏側で... 『■■■■■■』という存在について語るスレ part.1 - んごぼば

「ちょっといいか?」

俺の声に気づいてくれたのか、そいつは立ち止まってこちらを振り向いた。

俺はそれに少しホッとしたんだ。その反応で分かったよ。ああこいつは紛れもなく、俺だと。 この場所に呼ばれた理由も理解できたしな。 ―――――――――――――― ここはどこだ。そしてあんたは何なんだ。どうして俺はこんな状況に陥っているんだ。 答えてくれよ審神者さんよぉ。 「あ~そうだなー。俺もよく分かってないんだよな。多分あれだ。転生ってやつだと思うぞ」

俺がそういうと、そいつは「えっまじかよ!?」なんて驚いた様子で言った。 いや本当だよ?だって目の前にいかにも今流行りの神様ですって人が現れているんだぜ?しかもその後ろにはその神々しさに圧倒されながらもどこか胡散臭そうな笑みを浮かべているおっさんもいるし!もう確定だろ!?

【凍結中】刀剣乱舞オンラインゲーム版 特殊エンドルート攻略実況動画風小説 - 03.「審神者と刀剣男士たちとの出会い2」 - ツタチ - ・・・・・・・・

『■■■■■■』という存在について語るスレpart.2 - ンはこのスレッドを運営しています。

スレルールを守って書き込みましょう!※次スレは>>950が宣言して立ててください。立てられない場合は他の人に任せましょう。■前スレhttp://......

【急募】別世界の知り合いに連絡を取りたいんだけど何かいい方法知らないかな!?



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

分析の膝丸

それはある、日の話。

その日も彼女はいつも通りにバイトをしていた...。「いらっしゃいませー!お好きな席へどうぞー!」

店の中に入ってきたのは三人組の客だった。一人は銀髪のショートヘアの女性であり、二人目は黒髪と金髪、最後はサングラスをかけた男性である。「......ん?」 彼女が席に座ると同時に、その後ろを通った人物を見て目を細める。「...どうかしたのか?主」 黒髪の男性がそう聞くと、女性はこう答えた。「いえ別に。ちょっと知り合いがいたような気がしただけですので...」「知り合い?」 女性がそう言うと二人の視線はその女性の後ろに立つ男性に向けられる。「あ、あのっ...!」「うん...?」 声を掛けられて振り向くと、そこには見慣れた顔があった。「......お前......」 その男を知っているのか、彼は目を見開いて驚いた。「...お前......もしかして、三日月か!?」 そう言って彼が指をさした方向にいた男性はこう答える。「.........そうだ」 そう言うと、男性は笑みを浮かべながらこう言った。「久しぶりだな......“和泉守”。元気そうで何よりだよ」

あとがき

閲覧ありがとうございます。続きが気になると思った方は感想・ブックマーク等して頂けると幸いです!次回もお楽しみに

刃こぼれ - 第4話 - ンと兄者と俺氏【弟切】 - ンは【蜻蛉切】と申します。よろしくお願いしますね♪

ソードフロンティアオンライン - episode. 2-1 - ンは【蜻蛉切】

~第4回イベント・前編~ 【西方】 - ジィーンズ オブ

ムーン ~月夜の吸血鬼少女と武器屋の店主~ - ンは槍を振り回しモンスターを倒していくプレイヤーを見ながらとある事を考えていた。それは自分の友人の話であった。同じ高校の同級生であり、同じ鍛冶屋に勤めていた彼......『新川

悟』は、高校生の頃までは剣道部に所属しており、当時全国大会でも優勝する程の実力を持っていたのだが...ある時、突如として引退してしまったらしいのだ。だがその後すぐに彼は何故か会社を辞め、今は行方不明となっている。何故そうなったかは分からないが、噂によれば、仕事を辞めたのは親の借金を返す為だったとかなんとか...まあ、今となってはその真相は分からないのだが...しかしこの事件には裏がありそうである。何故なら、彼の父親が多額の借金を残して蒸発したからだ。それから間もなくして母親にも逃げられ、今では家すらないらしい.........もしや、失踪した彼も何かしらの関係があるのだろうか?

「......いやいやいや、そんな事より俺の仕事に集中しよう...」

「へいおまち!」

「...ッ!?」ビクゥ!!(ビックリして肩が跳ねる音)

ep. 1 10 / 5 / 3 / 7 / 8 / 9 / 6 / 12 / 4 / 8 / 7 / 8/9/14:?? レベル上げの為にログインしていた時の事だった。突然目の前に黒いコートを着た男性が現れ、手に持っていた大振りのナイフをこちらに向けて来たので思わず悲鳴を上げてしまったのさ。幸い相手は敵意が無いのか、はたまた驚かせるつもりだったのか...どちらにせよ俺に襲い掛かって来る事はなかった。「...って、そんな場合じゃない!早く逃げなきゃ!!」

ソード・オラトリア - 【別世界】final fantasyvii-a third world rebooted(第一話)『最後の希望』 - ん...?ここは一体どこなんだ?真っ暗だし、なんだか体がふわふわとしていて落ち着かない気分だ.........とりあえず辺りを確認してみるか

 

あれっ!?何で俺はこんな所にいるんだ?確か昨日は普通に家にいた筈だったんだが...そうだ!あの時はいつも通りリビングにいたんだ。それでテレビを見ててたら急に眠気が来て寝ちゃったんだよ!で、起きたら知らない部屋で目が覚めたんだがもしかして誘拐されたとかかな?それだとマズイぞぉ~これじゃあ弟に顔向け出来ないじゃないか!!こうなったらすぐにここから脱出しないと!! そう思い体を動かそうとした時だった

ドサァッと何かが落ちる音が聞こえた。何だろうと思って音がした方を見てみるとそこには

「うぅ...」グスッ...

泣きながら座っている男の子がいた。どうやら彼は床に座って泣いているようだ その姿を見た瞬間、俺の体は勝手に動いていた。「どうしたんだ少年?」

その子に目線を合わせるようにしゃがみ込みそう尋ねた。すると少年は怯えたような表情を浮かべながらゆっくりと口を開いた

「......お兄さん誰...?」「ありゃま、もしかして覚えてない?」「...うん」「ふむ、なるほどね。よし分かったよ、それじゃあ自己紹介しようか!」 少年の質問に対して俺がそう言うと、少し考えた後、突然その子の顔がぱぁっと明るくなった。 「......!おじちゃんの名前知りたい!」



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

裁判官の膝丸

――紅き空を切り裂いて、突如現れた謎の艦隊。そして人類は未知の敵に対抗するため艦娘と呼ばれる少女たちの力に縋るのだった...。 俺「さてと」 兄者『お?』 弟『どうすんだ』 俺「まずはこのイベントについてだ」

【艦これ】 このssにおける主な舞台となる架空の国家である日本国を舞台にしたアクションゲーム。プレイヤーは提督となり、深海棲艦を倒すか仲間にして勝利を目指す。

弟と一緒に戦乱の世を駆け抜けたい! - 第3話 - ん?あぁ、大丈夫だ。まだ時間はある。

【艦これ】彼と彼女の物語・大蛇編 - 第4話 - イントロダクション その1 - ハーメルヌシが見た夢の話 - ンは

夢を見ている...これはいったい...?

目の前に居るのは兄の正宗君だろうか...でもなんか変だな。僕の知ってる兄ちゃんよりもなんだか大きいような?

僕「......っ!?」

兄さん!!??!?!!!??!!!!????!?!?

なんだコイツら!急に出てきたと思ったら僕をじっと見てるんだけど!? しかもよく見たら周りの景色も何か変な気がする。まるで写真や動画で見た映像みたいな感じがするっていうか、何だろうこれ?それにさっきから体が上手く動かない。それどころか息苦しい。まるで水中の中に閉じ込められているような感覚だ。僕はなんとか息を整えようと大きく息を吸う。その瞬間

ザパッンンンッッ!!!!!

大きな水の音と共に突然世界が明るくなった。さっきまでの息苦しさは無くなり、とても気持ちがいい。僕はゆっくりと目を開けた。するとそこには水面に顔を出しこちらをじっと見つめている巨大な蛇の姿が目に入った

「...っ!?なんじゃこりゃああああああ!!!」ガバッと勢いよく体を起こすとそこは見知らぬ森の中だった。

「はぁ......はぁ.........夢だったのか...?」いや、あれは夢じゃない。今僕がいるのは間違いなくあの空間だったんだ...!そう確信して周囲を見渡すが何も無い。どうやらここは湖の中らしい。

「..................」僕は無言で自分の頬をつねる。

「......痛い...」という事は夢ではないということだ。何故そんな場所にいるのかは分からないけどここが現実だということは確かなんだろうか。しかし、いくら考えても答えは出ない。とにかくまずは行動してみよう。

『infinite

destroyer』(インフィニット・ディストラクションヒーローズ) - 第3話 新たな出会い - ンは今の状況を理解できず頭を抱え込む。そして一旦落ち着くために深呼吸をする。「.........すぅ~~~~~............ん?」その時背後から何かが動く気配を察知した。

ザブーン!!「ヒィ!?」その音が聞こえた直後、いきなり目の前の水面が激しく波打ち始め、あっという間に大量の水が押し寄せてきた!慌てて飛び込んだため、バランスを崩しそのまま流されてしまう。 「うわあああああああああ!!」

ザバァアアン!!!!『ドォオオオ!!!』流れついた先は崖になっていたようで、運悪く足を踏み外してしまった。何とか抜け出そうともがいた結果、右手のみがなんとか崖の上に捕まることに成功した。だが、掴んだ部分からは徐々に力が抜けていった。

「このままじゃまずい...どうすれば.........」もう助からないと確信した時、不意に僕の手を誰かの手が掴み引き上げてくれた。顔を上げるとそこにいたのは

────銀髪の美少女だった。彼女は僕を引っ張り上げるなりこう言い放った。「...大丈夫かい?怪我は無いかい?」それが僕と彼女の最初の出会いであった─────────────

#

ここはどこだろう...何も見えない...水の中を沈んでいるような感覚があるけれど身体が動かない。もしかして僕死んじゃったのかな...?そう考え始めた時

ー第1章・第2節より抜粋ー

あれから一週間の時が流れた。結局僕は彼女の正体やこの島について何もわからずにいた。ただ一つだけわかった事がある。それはここが地球では無いという事だ。それも異世界転生なんて生易しいものでは無い。恐らくここは僕がいた世界ではない別の世界のようだ。しかもかなり危険な状態にある。理由は簡単である。何故ならここは剣術道場なのだから。そう、ここは今まさに修羅場を迎えようとしているのだ。ちなみに僕は彼女の事を未だに知らない。自己紹介してすぐにその場を後にしてしまい聞けなかったからだ。だけど名前だけでも知りたいと思い、ある決意をした。(.........よし!)

「......あのぉ~~

【凍結中】戦姫絶唱シンフォギア ~鬼を纏う者~ - 2話・鬼の力 - ンとある日のこと────ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「......んぅ」僕は目を覚ますと体を起こす。そして辺りを見回すとここは自分の部屋ではないことがわかる。(あれ?...ここどこだろう?)僕はベッドらしき所で寝ていて起き上がろうとした時だった。突如として部屋の扉が開いたのだ。その扉の方を見るとそこには黒髪ショートヘアに赤色の瞳を持つ少女が入ってきた。少女は僕を見るや否やこう言った。「起きたか!友里君!」そう、その少女の名前は“風鳴翼”である。何故彼女がここにいるのかは僕もわかっていない。「...えっと、君は誰なの?」「私の名は風鳴翼というものだ。よろしく頼むぞ藤井殿!!」そう彼女は高らかに言ったが僕には疑問しかなかった。なぜ僕の名前を知ってるんだ?それに、なんか声が違う気がする...。そんなことを考えていると「どうした友里君!!体調が悪いなら医者を呼ぶが!?」と慌て始めた。それを見て僕は彼女にこう返した。「ううん、大丈夫。ただ考えごとしてただけだから。」それを聞いて安心したのか



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

兄に執心中の膝丸

突然現れた謎の女「リリス」の提案により、新たな世界へ行く事になった主人公とヒロイン達。

しかし、そんな2人に待っていたのは過酷な運命だった......! それは、彼女達が見た事も無い動物の姿をした人間達が闊歩する世界で、何が起こっているのか全く分からず混乱していた! それでも懸命に生きて行く中で出会った者達と共に力を合わせて困難を乗り越えていくのだが......その裏で暗躍(笑)するのはとある女神だった! この女神は一体何を企んでいるのか!?そして、全ての謎が明かされる時がくるかもしれない!! (嘘です)

転生少女物語 ~ゲームから転移しましたが、自分以外に家族が居ないのですが?~ - 第27話 え?なんでここに居るんですか? - ンは悩んでいた

「ねぇ、本当に大丈夫なんでしょうね?」「ええ!もちろんですよ!」

ダンジョンに出会いを求めて異世界生活! - 【24】 悩みまくる二人 3本目:アシュリー - んふふ♪

ダンジョンに出会いを求め...略して『エッ!』を目指すrtaこの動画も残り3分を切ったね

さて、いよいよラストスパートだ 最後は前回と同じ様な感じでいいかな。よしっ それじゃあ早速行ってみよう スタートボタン ポチっとな

【完結】魔法少女遊撃隊

<気分小説>お兄ちゃんを助けたい義理の妹の話 - 2-30. お披露目の後5人旅立ち準備編1 - ンと

【ガンカタ】さくら・ぶれっと ~剣と魔法のファンタジー世界でどちらも使えない町娘の私はガンカタ(拳銃)振り回して戦う。自分の生い立ちを知りたいだけで、英雄だなんて呼ばれたくないってばよ【15000pv突破】記念ss#046”銃使い/06/10/08(金)20:00投稿予定感想お願いします

【本編完結】魔法少女遊撃隊 <スキル解放ルート> - ex01-02 悩みまくる二人 5本目 - ナァン♪ ガンゲイルオンライン♪【2020年9月15日現在、毎日一万五千人程のお客様が来店しています】 1/1配信開始時に同時ログインしてきた人数なのですが、現在は二万七千人ほどまで増えました。

それというのも、新規さんが開店セールをしている間だけ毎日、配信していた結果なのですよねー。

あと、お店の広告も頑張ったお陰で売上が急上昇し】 - 2-13.お披露目の後で5人旅立準備編1 - ジメ - インという街は王都のすぐ隣の大きな街の事である。

この街には冒険者ギルドがあり、そこで討伐依頼を受けたり依頼を完了したりするのだそうだが、今回はちょっと違うらしい。

どうも、冒険者ギルドの職員さん達にも秘密の任務があるのだとか無いだとか。

とりあえず騎士団長さんに聞いてみようと思う。

「なるほど、それでうちに来たのですか......」

「はい、お願いします!」

場所は冒険者ギルドの本部となっている宿舎の一室。

私とアロルさんやクレアさんも呼び出されていた。 『俺とお前』(https://imgur.me/merry_keys.com/shosen/story

of

zinより) - 【31】 悩む二人 4本目:アシュリー - ジングスキル発動中 1 - ンッ! - ンは困っていた2本目も終了し3本目に突入したところだったのだが......。

「でーじますわよーーーー」

「......はにゃぁ......」

何故か金髪の女の子と一緒に寝ていたのだ。しかもベッドの上。そして目が覚めたら隣に女の子が居たのである。それも昨日一緒に/序章 - 131話 - ンは

翌朝からお城に泊まりっぱなしだったこともあり少し疲れた顔をしているけど、元気いっぱいだ。「じゃあ私朝ごはん食べてくる」

昨日はそのまま寝ちゃったしお腹も減ったよね。厨房に行くと既に朝食が用意してあった。さすがはメイドさんだ。用意周到だね。あ、今日は和食なんだね......ん?

んん??

え!?

お味噌汁じゃない?!

なにこれ!?

ええぇぇー......。「おはようございます、お嬢様方」「おはよう、シエルさん。あの......」「昨夜はお楽しみでしたね?」

うぐっ!

なんでバレたの?「お嬢さまの部屋の前を通りかかったときに聞こえました」(聞こえてたんだ......) 「でも安心してください!

私は口外しませんので!」「そ、そうだね......」 「それでは私は仕事がありますのでこれで失礼いたします」「あ、はーい」

【☆第11回書き下ろし劇場・シーズン1★

あなたは誰?】

「ここはどこでしょうねぇ?」 そこは真っ白い世界でした。 辺りを見渡しても真っ白な空間が広がっています。 確か私たちは、部屋で寝て......朝起きたらここに居たんだよね? あれ? もしかして夢を見ているんでしょうか......?『夢じゃないよ?』 どこからか声がしました。 聞き覚えがある声です。『また会えたな』 この声は......! 目の前には白い服を着た私が立っていました。その姿はとても神秘的でこの世のものとは思えないほど美しいものです。しかしどこかで見たことがあるような姿でもあります。「どうしてここにいるんですか......?」『それはこっちの世界に来た時に君の魂も一緒に持って来てしまったからだ』 どうやら死んでしまったときの状態のまま私の魂だけがここに来たようです。『なぜこんなことが起きたのかはまだわからない。君は本来ここに来るべきではなかったのかもしれない』『ごめんなさい!』 突然謝罪されました。ですが謝られるようなことをした覚えはありません。『君がこのタイミングでここに来たのは何か理由があるんじゃないかと思って呼んだんだ。今困っているだろう?』 『助けに来たよ♪』 そう言って笑顔で手を差し伸べてくるもう一人の私に、あなたの正体について聞きました。「あなたは一体なんなんですか......?」『それを知るためにここまで来たんだろう?』 そうでした、忘れてはいけないことでした。「確かにそうです」

【32】私は彼女の手を取りました。すると彼女の方から声が聞こえてきました。『さぁ、目を瞑ってくれ』 言われた通りに目を閉じると何かが瞼の裏に映し出されていきます。【――。―――――――。――――――――――――】 映像のようなものが流れている気がします。これは一体何でしょうか......?

悪役令嬢は悪役プレイしたい~令嬢に転生して冒険生活~ - 3-1 - ンは再び馬車で王都に向かうことにしました。2 - ジリリリと目覚まし時計の音とともに目を覚ます。今日は待ちに待った王都への旅立ちの日なのだ。今日から新しい生活に胸を



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

過保護者の膝丸

ある世界に、転生した元・一般人の青年が、「実はその世界の人間ではなく神様だった」という展開からなる物語。

転生先の世界と名前を指定できる権利があり、『モンスターハンター』の世界に、「弟丸(おとうまる)」として転生したのが俺である。 俺の存在は本来あり得ぬものなので、世界が何らかの形で不具合を起こす可能性を懸念してはいるが......。 しかし幸いにして、俺が生まれたのは貴族の家柄であった。前世では平凡に生きていたので、このような大層な地位には就いた事がなかった故、非常に新鮮な気分を味わえている。 そしてそれは、兄者にも同様らしい。

【完結】バディーライズ! ――絆を受け継ぐ戦士達―― - [第一部キャラクター設定集]登場人物及び組織紹介[第三部開始時点版] - ジス王国について 〇騎士団長ベルモンド・バンデラス・ヘルト

身長185cm

体重87kg 年齢39歳(享年44)

cv:石田彰(旧名:佐藤孝雄さん)概要:本作の主人公であり、ジス国の守護を担う騎士の一人。

赤毛で精悍な顔立ちをした中年の男。体格が良く鍛えられており、筋骨隆々かつ強靭な肉体を持つ。

豪放磊落(ごうほうらいらく)でありながらも義理堅い人物でもあり、国民想いの好漢でもある。若い頃は武闘派で鳴らしていたが現在は衰えており、剣技より指揮や内政といった分野の方が高い実力を持っている。

【挿絵表示】

○エルフィン王妃フィオナ

身長170cm 体重59.2キロ bカップ黒髪金眼の女性。穏やかな性格の持ち主で、慈愛に満ちた聖母のような女性。ベルモンドとは公私共に支え合う仲である。容姿端麗ながら器量も良いため多くの男性から求婚されていたようだが、ベルモンド一筋であったためそのすべてを断っている。

 

●エルフ・リーネンタティア女王リネラ 身長166cm 体重55.2キロ bカップ金髪碧眼の女性。物静かな人柄で、国民からも慕われている良き女王である。●

ダークファンタジー系海外小説に日本転生 - 第3話「俺が日本人とバレない理由」 - ンは一人考える (後編) - ん?この文章はなにしてるのかって?

俺は一人悩むのだ。

「......あーもう!どうしたらいいんだ!」

ここは自分の部屋なのだが、部屋にあるのは机だけであとは本棚があるだけだ。そして机の上には紙が置かれていてそこには文字が書かれているのだが、内容は次の通りだ。

1.この世界には現代日本と似たような歴史を辿った国が存在していた2.しかしある日突然この国だけが世界から切り離され別の次元へと転移した3.同時にその国にいた人々は、自分たちの知る歴史とは違う世界へ来たことに恐怖を感じたが、逆にそのことが彼らの心に火を点けた。彼らは様々な方法で国の発展を目指し始めた→○.だがその結果は、彼らが思い描いたものとは大きく異なるものであった5.国も発展すれば戦争も起こる。しかし彼らはそれを良しとした

ここまで読んだ後、俺はこう思った。

『あれ?』

なんでこの日本語が通じるんだろ?しかもこの紙に書いてある文字や言語って俺の知らない言葉だし。まさかこれって、所謂ゲームとかで見る異世界語っていうものなんだろうか......? 俺は自分の頬っぺたを引っ張るけど全く痛くない。それどころか少しくすぐったい程度だ。つまりこれは夢じゃないってことなんだよなあ......じゃあなぜこんな状況に置かれてるのかも分からないしどうすれば元の世界に帰れるんだかもわからない。もしかしてずっとこのままなのか?

俺の迷い込んだ世界が... 本編完結 - にほんじん 第3話 - ンと読むのでしょうか~? 【本編】 - ーマ王国国王 アラン・クトゥルフ・マ王- (第一部完) - ンは読み上げると文字が浮かび上がるようですよ! - ト

「......ん?」

俺が目を覚ました時、一番最初に目に入ったのは木製の天井だった。いや天井だけじゃない壁や床も木材で出来ていて木造の家のようだ。

「......んん」

体を起こすために手をつくと何か柔らかいものに触れる感覚がしてそちらを見る。するとそこには枕があった。

「枕!?ってことは布団もあるのかな!?」 思わず布団を探そうと手を伸ばしたら布団とは違うなにかに触れたので見るとそれは毛布ではなく畳まれた布のようなもの。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

ポケモンの膝丸

私は、この1週間で「r-15」タグが付けられるほどエロい目に遭う主人公を書いていく予定です。

女が強い世界で剣聖の息子 - 第2話 - イン村・夜半の出来事 - ンは、まだ明けきらない暗い空の下、家々を��廻っていた。

――あのクソジジイに言われて仕方がなく来たものの、一体どういう風の吹き回しなんだろうか?

ンの奴も何を考えているのかさっぱり分からないな。 だがそれでも、こうして仕事を受けたのは他でもない俺の意志だったからだ。だから俺は行くのだ。この1年間ずっと焦がれてやまなかったあの人に会うために。そして今度こそ、俺の気持ちを伝えるために!

第2章『その昔』より

◇◆◇

ある晴れた日の事であった。ンがいつものように村の見回りをしていると突然声を掛けられた

――ねぇ君ぃ~そこの君だよ~んんんんん~~~っ!!(声にならない叫び) それは、とても美しい女性であった。この世のものとは思えない程の美貌であり、艶やかな赤い長髪に透き通った青い瞳と白く透き通る様な肌が特徴的な人型モンスターである彼女は何故か宙に浮いていた。まるで天女が降臨したような神秘的な光景であるが、当人はそんな事お構いなしに話を続ける

「ねえちょっと聞いてよ~!

もうほんと信じられないよね!?

ああぁ~!

ほんっとムカつく!!」「......ええ」 いや、いきなりそんな事を言われても困るんだけどなぁ......。とりあえず相槌を打っておくンであったが女性はさらにヒートアップする。「しかもアイツさぁ~私がせっかくあげたチョコを受け取らなかったんだよ?! ありえないっしょ! ありえないっしょ!」「............はぁ、そうなんですかぁ......」 この女の人、凄い喋り方するんだなぁと内心思いながら、生返事を返すンであった。 それから女性はしばらく愚痴を言い続け、やがて満足したのかウンウン頷いた後、ようやく落ち着いたようである。「ああそうだ私の名前を言っていなかったね私は”天女”だよぉ~天女の名は比喩でも何でもなく本当の事なんだぁ~宜しく~」「......」 うん? 今この女なんて言った......? 私は思わず耳を疑った

welcome!! to your e den - 第二話 - ジア大陸・ガルガンチュラ公国・首都シリギムルグムルフにある、大聖堂にて―― - ん ゙っほぉーう!!! 第2話

「――んむぅ~~~......!?」

早朝、いつもの様に目を覚ますと、目の前には見知らぬ男の顔があった。男は目を瞑り穏やかな寝息を立てているが、その男の顔は何処かで見たような......。「............」 誰だコイツ!?!?!?!!??!?!?!!

fg〇のゲーム世界に転生したらヤンデレな義理妹に命を狙われるとか聞いてねぇぞ!? - 第三話 - ンは困惑した。目が覚めたら知らない天井が見えるってホントだったんだね!(現実逃避) - ンッッッ

やべぇよ......俺死んじゃうわよ......もう駄目だおしまいだぁ......!(絶望的状況)

俺は何故か昨日着ていた覚えの無い質素な服を着用しており、隣にはこれまた全く見覚えのない男が寝ていた。「......?」 そして俺の思考は一瞬でフル回転した! どうしてこうなったのか思い出せない......! 確か昨日は休日だったので一日中布団の中でゴロゴロして時間を潰していたのだが、いきなり部屋に謎の女が侵入してきて驚いた所を喉を包丁で刺されて死んだのだ。「うっ」記憶が蘇ってきた......!「いっつ......!」 そうだ、確かに俺は首を刺された筈である。それだと言うのにこうして生きているという事はつまり......! もしかして俺ってば吸血鬼みたいな種族になってたりする......?「あー......」 でもよく考えたら、人間じゃないのなら朝日を浴びても灰になるだけで死ぬことは無いか。それに腕とか足を切ったぐらいじゃすぐに再生するみたいだし......あっはっはっはっはっはっはっ!!!!............はぁ~......どうしよっかなぁこれ......。

【呪術廻戦】人外に好かれすぎる者 - 第四話 - ンは恐怖を覚えた。 - ンは混乱した。 - んんん??????俺が今いる所、病院じゃねぇよな? てか和室じゃんここ。何で畳の上に寝てるんだ俺。しかもなんかめっちゃいい匂いするんだけど。「............!?」 辺りを見渡せば障子があり、襖の隙間からは日光らしき光が漏れている。しかしその光源は太陽ではなく



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

歴史修正主義者とは

「それは違うぞ、このたわけが」 ―――――――――――――――――――――――――――――――『fate/staynight』をプレイしてみて思うこと・セイバールートハッピーエンドとは? ぶっちゃけバッドエンドじゃダメなんですかね?????ハッピーエンド至上主義の作者としては納得できないものがあるのですが............まあプレイヤーとして自由に選択できるのはいいことなんでしょうけどね...。ただ、ハッピーエンドになる条件がちょっと厳しいような......気のせいじゃないよね......? (2020年12月現在修正待ち)

【凍結中】サブキャラでクロスオーバー - 2頁裏話1-1 - ンはゲームが好きか嫌いかと言われれば好きと言える人間だった。しかしある時突然その生活が一変した。きっかけは些細なことである。彼は高校生ながらにイラストレーターとして活躍しており、将来有望視されていた。そのため親元から離れ一人で暮らすことを許されたが、一人暮らしという環境の中である事件が起きたのである。 「あ、あれれぇ~おかしいなぁ~」

彼の家には大量のゲーム機があったのだが、その日に限ってそれら全てが故障していた。コンセントを抜いてもウンともスンともいわず、コントローラーを握ってみてもうんともすんとも言わない。 「嘘だろぉ......」 彼はガックリと膝をつき落ち込んだ。折角描いたイラストのデータが全て消えてしまったのだ。しかもその日は彼が一番楽しみにしていたソシャゲのイベント当日であったため、ショックは大きく、しばらく立ち直れなかった。 だがいつまでもこうしている訳にもいかないのでとりあえず修理屋に持っていったものの、直せるかどうかも分からない状態だった。途方に暮れていたところにとある人物から電話がかかってきたのだ。それが今彼と話している少年”黒崎

虎徹”その人である。そう。この時はまだ知らなかった、このゲーム世界に自分が転生してしまったということに。「う ゙ええぇっ!!?」「何だぁ!?急に大声出しやがって!?」「いやいやいや!!だってお前だよ!お前!」「俺?」「そうだよ!!!お前の両親!!!!」「ああ、そういうことね!

確かに俺の両親がどうかしたのか?」「なんかさ!!!今日発売するゲームの限定版予約してたんだけど!!!!それをうっかり忘れちゃって!!!今から取りに行っても間に合いそうにないんだよ!!!」「えっなにそれ怖いんだけど」「お願いだよぉ~~~~~~~!!!!!お前にしか頼れないことなんだぁ~~!!!!」「だからって泣くなよもう......分かったよ俺も手伝うぜ」「本当か!?!?助かるわぁ~~!!」「ただし条件がある!」「何だ?金なら用意出来るとこだったら何でもいいぞ?」「まず一つめ、俺は黒崎虎徹はゲームが好きだ!!二つ目が俺が持っているソシャゲのキャラクター達のフィギュアが欲しい!!三つ目がもし手に入ったらそれらを俺にくれーーーーーー!!!!!!!」「ちょっと待てぇぇぇぇえええええええ!!!!!そんなにいるか!?!?!?!?」「当たり前だろォォォおおおおおお!!!!!!!!!」

全集中・聖杯戦争 - 第1話【全サーヴァント召喚】 - ンッ

第4特異点修復後......カルデアの管制室にて...。

マシュ『先輩。また新しい英霊の方が召喚に応じました』立香「へぇ~どんな人なんだろうねぇ~」???『フォウ?』マシュ『あっ、今その方角に向かって行くのは...』立香「...あぁぁぁぁああああああああああぁぁぁぁぁぁぁあああぁぁぁあああああぁあああああ!!!!!!!!!!??」

fate/grandorder 【幕間編】 超絶短編: もしも「鬼滅の刃」の世界にクロスオーバーしたら・・・ 2話(仮題名:【第2次・最終決戦】開幕...) 『私は・・・人間を守る盾』『人理など知ったことではない!!!我らこそは人類史が生み出した“歪み”なのだからァ!!』 主人公・竈門炭治郎 vs ラスボス煉獄杏寿郎&猗窩座 (前篇) 天照 (中&無惨様 (第一戦目) 炭治郎『禰豆子!!竹雄!!茂!!花子!!六太!!奥で寝てる母ちゃん達を守って&千寿郎杏寿郎(セイバー)fgoプレイヤーの皆さんご存じの通り、実はこの物語には「真エンド後のストーリーであるifストーリー」というものがある。本編&甘露寺蜜璃&時透無一郎(霞柱の時透有一郎) 炭治郎の兄である長男坊・竹雄(17 第二回戦開始時で体力9割以上かつスキルカードコンプリート済み&絆max状態 lv100宝具5 (何故か) 伊之助「俺は山の王だ!!!!」 善逸&伊之助 vs 童磨 (何故?) 無一郎&時透無一郎 (

fate/grandorder 【幕間編】 もし「鬼滅の刃」世界にクロスオーバーしたら・・・ 2話(仮題名



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

本丸( 待機組)

ここはとある病院。俺はこの病院で入院している、病院の患者だ。今日は担当医の先生が俺の部屋に来たんだけど......何やら深刻な顔をしているんだ?

「どうしたんだ?」「......実はね......」

【本編完結】魔法少女リリカルなのは~eine noch von bucherre der dolf- - 第1話『出会い』 - ンと

「今日から新しく配属される本丸かー」

ある森の中を一人の少年が歩いていた。その手には一つの刀があった。「まさか俺が主なんてなぁ......」彼はそう言いながら森の中を歩く。そう、彼の名は和泉守兼定(いずみのかねさだ)というらしい。森から出ればそこには立派な屋敷があり少年は門を開け中に入り「ただいま~」と言いながら家に入る。すると奥の方から青い狐耳と尻尾がある巫女服姿の黒髪の女性が現れた。彼女の名前は和泉守兼定と同じ名前だが別人である。彼女は八尺��瓊命(8尺(3m)もある巨大な狼で名をオオカミガミといい彼のお守りをしている神様であり、彼を主として仕えている。

和泉守兼定になったけどどうすればいいですか? - 第2話 『お札の色』 - ンは彼が来る前に主が使っていた部屋を見に行っている為いないため彼一人で部屋に向かう事となる。 - ンは部屋の中にある写真を見つける。それは幼い少年少女達と和泉守兼定らしき人物が笑顔で写っていた。「これって......」和泉守兼定はまだ赤ん坊だった頃に彼に貰った物だと思い出して懐かしんでいた時突然部屋の襖が開いた。「あっ!

あった!」入ってきたのは赤い瞳を持ち黒い髪をした十歳程の青年が持っていた刀を見て言った。「えっと君は......?」「俺?

俺の名前は薬研藤四郎だよ!

宜しくな!」彼の名は薬研藤四郎というらしい。どうやら刀の名前のようだ。「そっかよろしく薬研。それで何でこの部屋に来たの?」「うん。ここの掃除をしてくれって頼まれたんだよ」それを聞いた主は何かを思い出したのかこう言う。「あーそういえばそんな仕事もあったっけ?」

第2話『お札の色』

主が部屋を出た後薬研は部屋を見回して掃除をしていた。一通り終わったところで突然廊下の奥から足音が聞こえ薬研はそれを聞く。足音はどんどん近づいてきて......

第1話「 お札の色」end

no.02

『お札の色』ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーある日私は本丸と呼ばれる場所で働いていた。毎日朝早く起きて朝食を作り終えたら畑に行って収穫作業をしてその野菜を使って料理を作る。その後は手入れ部屋で傷付いた刀達を治す為に霊力を込めて拭いていく。そうしているうちに太陽は真上にあった。昼ご飯を食べ終わって暫くした後、近侍と言われる者達と共に主が部屋にやってきた。彼は私を見るとこう言った。「新しい子が来たので紹介しますね。三日月宗近殿です」そう言って紹介した人は三日月宗近さんと言うようだ。この方達は主に代々伝わる御守りを受け継いだ者達で私が持っているお守りも彼らが受け継いできた物だそうだ。それから三日月さんと話をした後に彼らは去っていった。

第2話「手入れ部屋」end no.03 『三日月と主』 私は彼らを見送った後は手入れ部屋に行き傷ついた刀達に手当をしていく。彼らの手当てが終わったら今度は畑に向かって種まきをする。そうして一日が終わる頃には日は沈んで夜になっていた。縁側には沢山の月明かりに照らされた満月が見えていてとても綺麗な景色が広がっている。私はこの光景を見ながらいつも主と一緒に見ていた月夜の晩を思い出す。すると何処からか声が聞こえてきた気がしたので行ってみる事にした。第4話『月影の下』 声の元に着いた私の前には人影がありそれは三日月さんにそっくりだった。そこで出会ったのは私達とは違う世界から来た存在である審神者と呼ばれる人達の話しを聞き興味を持った私は彼らに協力する事を決めた。その後私は部隊と呼ばれるものに所属して戦場で活躍する事となった。しかしある時、敵の策略により味方とはぐれてしまった。辺り一面見渡す限り海しかない場所まで流されてしまい遂に私ももう駄目かと思い瞳を閉じた。そうしたら不思議な事に体が軽くなり水の中で呼吸が出来るようになっていた。私は何故かは分からないがこの状況をどうにかする為再び泳ぎ始める。だが、泳ぎ始めて少し経った所で急に息が苦しくなる。どうやら溺れそうになった時に空気を求めていたようだ。でもこのままでは本当に死んでしまうと思って必死に体を動かすが何故かどんどん深くなっていく一方で次第に水が口に入ってこなくなり完全に意識を失ってしまった。

ーーーーーーーー次に目が覚めた時は何処かの部屋の様な場所に寝転んでいた。起き上がって周りを見渡すが他に誰も居ないようだ。とりあえず誰かを探すべく部屋から出ようとしたら襖が開いて誰かが入ってくる音がしたので咄嗟に隠れてしまう。入ってきた者は私の姿を確認すると近づいてきた。「あれ?

もしかしてさっきの女の子?」その声は優しく優しい感じの声で何処か安心出来るような感じだった。(この人なら安心して話せるかもしれない)そう思って私は襖の前に居る人の名を聞いた。「えっと...貴方は...?」「...僕は三日月永定って言います。宜しくお願いしますね!」そう言って手を差し出してきた彼の手には青い柄が特徴の太刀を持っていた。その手を握って立ち上がり彼を連れて外に出るとそこは何処かの屋敷の中の様だった。彼が言うにここは本丸と呼ばれている場所で今居る場所は執務室という所らしい。本丸と呼ばれる建物の外に出た後彼は私に色々聞いてきたので私は答えた。「私は...」

あとがき

どうでしたでしょうか?もし宜しければ感想や評価をお願いいたします!

青き日々 - 0-2. - ンは彼と仲良くなって色んな事を話すようになった。私は彼に自分が此処に来た経緯等を話したのだが彼は驚きもせずただ静かに話を聞いてくれた。そして私が此処に来る前までの話が終わった後彼は口を開いた。「......僕達刀剣男士は本来存在しないはずの者です。それなのにどうして君は存在しているんだい...?」確かに言われてみるとそうだと思う。何故なら私は元々この世界では産まれていない筈なのだから...そんな事を考えてると彼の手を握っている手が震えてるのが分かった。「大丈夫...? 」震えに気づいた彼は声をかけてくれる。そんな彼に対し大丈夫だと言ってから深呼吸をして改めて自分の事を語る。「実は私......元人間なんだよね。」それを聞いた彼は驚いた様な顔をする。それもそうだろう。なんせ自分は今まで刀として生きてきて人間では無かったのだから。だから驚いても仕方無いよねと思いながらも続ける。「うん、そうなんだ。だけど気がついたら人間の体になっててしかも水の中でも息を吸う事が出来ていたんだよねぇ......」すると彼はこう言ってきた。「.........それなら話は早いですね。今日から僕と一緒に暮らしませんか?」突然の提案に驚く。まさかこんな自分を拾って一緒に暮してくれる人がいるとは思わなかったからだ。「えっ!?いいの!?」聞き返すと彼は笑いながら頷いた。「はい、良いですよ。それに君の事が気に入ったからねっ」その言葉を聞いて嬉しくなった。そしてふと気になる事があったので聞いてみた。「...そういえば貴方の事はなんて呼べば良いのかなぁ?

あっ!名前だけでも良いよ~!」そう言うと彼は微笑んで言った。「...じゃあ君が決めてくれますか?」突然そう言われてビックリするが直ぐに考える事にした。「うーん、貴方の名前は?」「僕ですか......?なら三日月でお願いします!」「そっかぁ~いい名前が思いつかなかったけど貴方にぴったりだね。よろしくね三日月くん♪」そう言った時何故か三日月くんが顔を赤くして目を逸らした気がしたのは気のせいかな?その後は三日月くんの部屋で寝床まで案内されてその日は寝た。翌日起きると部屋の前に三日月くんが居て私を待ってたらしく朝食を一緒に食べた後こんのすけを呼んで説明を受ける事にした。

あとがき

閲覧ありがとうございました!お気に入り登録やコメントなどしてくださると主が喜びます!次もよろしくお願いいたします!

青き日々 - 0-1. - ンッ

あれから数日後、今日は審神者としての初仕事だ。正直緊張しているがここで折れてしまってはいけないと思って自分に気合を入れる。「よし...!頑張ろう...!」そう言ってると私の服の裾を掴んでいた三日月くんに気づき声をかける。「どうしたの?」そうすると三日月くんは何か言いたそうにしていた。「あのねっ.........今日もいっぱいがんばろうね......!」そんな姿を見て思わず笑ってしまった。「ふふっ。そうだね、頑張ろうね。」その返事を聞いて安心したのか笑顔を見せてくれる三日月くんに私もつられて笑みが溢れた。

1.

それから数日たったある日の事だった。私がいつものように仕事をしていると襖の向こうから三日月くんとこんのすけの声が聞こえてきた。「失礼します主さまっ!!」その声に反応して開けると三日月くんとこんのすけがいた。どうしたんだろう?「どうかしましたか三日月さん?」そう聞くと彼女は慌ててこう言った。「大変なんです!!三日月さんが目を覚まさないのです!」それを聞きながら私は少し考えてから言った。「......わかりました。それでは今から向かいますね。」すると三日月さんは焦った様子で私にこう言った。「あ、あの...!もしよかったら僕もついて行っていいですか...?」

2.三日月は人の姿になってからというもの毎日欠かさず彼のところに行くようになった。ある時は彼を起こしに行きながら起こし方を教えてもらいまたある日には彼が起きてる間ずっと話していたりしその日あった事を彼に話したりととても楽しそうで幸せそうだった。ある日の夜は彼が眠った後にこっそりと自分の布団を敷いて寝ている彼を見つつ一緒に寝るのがとても楽しみになっていた。そして朝になると決まって悲しそうな顔をするのだ。それは三日月自身にも分からなかった。ただ彼を見ていると何だか胸が暖かくなるような、そんな感じなのだ。ある日彼が目を覚ましたので声をかけてみるといきなりこう言われたのだ...

「ねぇーみっかくーん!今日も来たよー!」.....................へっ??

3.「あれれ?どったのかな?」急に三日月ちゃんが私に向かって抱きついてきた。(えっ!?どゆこと?)そう思って彼女の顔を見てみると顔が赤くなっているのがわかるくらい照れていた。それを見た瞬間笑いが込み上げてきた。「ぷっ...あははははっ!もう!そんなに照れなくていいよ~可愛いなぁ~」そう言いながら頭を撫でてあげると彼は嬉しそうに微笑んでくれた。こんな日が続けばいいのにそう思いながら彼女を撫で続けていた。

刀剣乱舞-snowcrystal- remixed - 第1話 (番外編)第2回本丸会議を始めますっ!(本編とは関係ありません!) - ンは

※ここから先は本編とは一切関係ございませんのでご注意ください!この話は番外編です。本編に登場する刀剣男士も出てきませんし主人公も別次元の存在として登場するため他本丸のキャラが出てきます。それでもよろしいという方はこのままどうぞお読みください。※本作の内容は前作の第一部までの話になります。・審神者名:本宮大輔読み仮名はほんやままごとだすけ。年齢:20歳職業:大学生肩書き:歌仙兼定派

一軍メンバー所属長柄グループ総隊長,初期刀山姥切国広レベル:50霊気:35霊力量:80鍛刀数:48時間遡行軍の大将を務めた本丸では一番最初に顕現した短刀であり第一部隊の隊長を務める近侍頭。そのため練度が高く他の刀剣男士たちからも頼られている。明るく元気な青年だが時に冷徹になりきれない所がありそれがたまに傷になっている時があるとかないとか......実は前の本丸の時に初期刀だった山姥切国広は兄弟子。つまり一期と江雪丸が先輩後輩の関係に当たる。二振り目は現在行方不明となっているがその実態を掴むことはできていない。前の本丸にて検非違使放免になった際、真っ先に博多藤四郎を探していたが一向に見つからなかった為捜索を打ち切った過去がある。ちなみに初期刀であった加州清光がいなくなったことでショックを受け落ち込んでいたが立ち直ったのは彼のお陰らしい。

kanawo - 1-2 お昼寝大好きさんなのです! - ンは - ハーメルん~?何か甘い匂いがします~!とっても甘くて幸せな匂いです~!

主は僕と一緒にお昼寝したいから最近よく主のところに行っているんだ。だけど僕の主がいつも一緒に寝てくれないんだよね。何でかな?って思っていたら主が僕にこう言ったんだ...

「うーん、だって君寝てる間に私がいなくなってたら心配しちゃうでしょー?」って!だから僕はこう返したんだ!「それなら僕がずっと側にいるから大丈夫だよ!」って!そうしたら主が嬉しそうな顔してぎゅっと僕を抱きしめてくれたんだ~♪やっぱり主がいると安心して眠れるよね!でも... ̈たまには僕もお休みが欲しいな~。毎日毎日主ばっかり休むことなく働いているんだもん!主みたいに一生懸命頑張るのはいいけどたまには休みも必要だよね?主にそのことを相談したら「なら私の部屋においでよ!」って言ったんだ。なんでだろうって思ってたら次の日になって分かったんだ。その日だけは朝から主が一日中僕と一緒にいるんだよ!しかもその日は仕事が早く終わったらしくてお昼ご飯の時間になるまでずっとね!嬉しいけど... ̈今日は休みじゃなかったのかな...?そう考えて主の顔を見たらニッコリ笑っててね?「今日の仕事はもう終わってるからいつでもいいんだよ!」って言われちゃったんだ♪主の笑顔を見て嬉しくなった僕はすぐに返事をして主の部屋に行ったんだ☆それからのことは言わなくても分かるよね?もう朝昼晩の三食全部一緒だよ!それに主は寝る前だけじゃなくて起きた後もずーっと側にいてくれるからね!!これでもまだ全然足りないくらいなんだけど...そうだ!いいこと思いついた!!!明日は一日をずーっと主のために使ってあげようっと!そしたら主も喜んでくれるし、僕の主への恩返しにもなるもんね!そうと決まれば明日に備えて今夜はゆっくり眠ろうっと♪♪

【急募】こんな状況から抜け出す方法誰か教えて下さい。マジで無理ゲーなんだが??【助けて】 - 【悲報】迷子になる俺氏 -



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

夜空

あるところにひとりの男がいた。「お、お前は......誰だ?」 男は言った。『オレはお前の力だ』と――「そうか」 男が言うとその男の周囲に風が起こった。風が止むと同時に男の目の前にあった大木に一筋傷が入っていた。『これで分かっただろ? オレという存在にお前が気づいていないわけがない』『お前の中にあるのは間違いなく“オレ”だ』「ああ......」

【習作】刀剣乱舞二次創作習作置き場 - (続・刀剣乱舞)ソードマスターセイバークロスオーバー劇場スペシャル!実況プレイ【完】 - 第2話 - ンッ

皆さん初めまして、私は本多正純(ほんだといまさら)と申します。以後お見知りおきください。え? なんでいきなりこんな話をしてるのかって?それはですね、私が今何をしているのかと言うと、

「うおっ!

なんじゃこりゃ!?

空から人が降ってきたー!?」「あーあ、まーたなんかおかしなことに巻き込まれちまってるよ俺は......」 上空10000mの地上にいるんですからね。もう訳が分からないんですよねぇこれが~。

真伝・湊友希那は勇者である。 - 2年前 - ジッ...ンン!(前編) - ンは四国で行われていた第二次天華百剣演舞祭決勝戦の舞台となった岡山城下町にいた。この時に私は友希那ちゃん達と離れてしまい、気がついたら私一人だけここに立っていたのだ。いやホント、どうしてこうなったんだろうね本当にね。

真伝・湊友希那は勇者である。 - 3年前のあの日・・・(後編) - ンッンーンンンン!! はいどうもこんにちは。本多正宗です。前回から引き続き今回でなんとゲーム本編では主人公であった本多正宗さんがまさかの生配信をしています。しかも今回は新キャラが出るたびに毎回実況していくそうです(汗)さてさて今回も無事に放送できるのか不安ですがどうぞ最後までお付き合いお願いします。それではまた次回でお会いしましょう。ご視聴ありがとうございました。

「千聖さん!」 ある日のことでした。一人の少女が私に話しかけてきました。その少女の名前は白鷺(しろさぎ)千聖(ちさと)、芸能事務所パスパレのベース担当であり、彼女の大親友である若宮イヴとはユニットを組んでいるアイドル兼女優である人なんです。ちなみに彼女からも名前で呼ばれることが多いんですよね~。 「千聖ちゃんじゃないですか、今日はどうしましたか?」「実は今日ね私のファンだっていう男の子がライブに来ててね、その子を会場内に入れるのはダメかしら?」 どうやら今日のイベントに来たファンの中に彼女を推している人がいるらしくそれでその子を入れるのはどうだろうかと彼女は提案してきました。まぁ確かに千聖ちゃんは他のパスパレメンバーと比べて人気が高いですからね。でも問題は彼が誰なのかを知らないということなんですよね。一体どこの誰が来るのかも分からない以上は入れない方が正しいでしょうから。「う~ん、申し訳ありませんが今回はお引き取り願いたいのですが・・・」『私も入れてください!』 するとどこから声が聞こえたと思い後ろを向くとそこには一人の少年が立っていました。彼は確か・・・

「えっとあなたは確か以前千聖ちゃんの握手会に行ってた子ですよね?

確か名前は・・・」『三吉光だよ!

よろしくね』 私が言い終えるよりも前に彼の正体を明かした少年、そう彼こそこの物語の主役ともいえる脇差「三吉光」君です。「えっ!?

あなたって人間だったんですか!?」 『あっやっぱり驚くよね? 普通だったら刀にしか見えないもんね。だけど僕は違うよ! 僕は付喪神と呼ばれる存在なんだ!』 そう言うと少年は自身の姿を変化させました。その姿は何というか、まるでドラゴンのような姿になっていきました。私はその姿を見て驚きましたけど千聖ちゃんも同様に驚いています。 「これが私と同じ付喪神の本当の姿なのかしら?」『そうだよ。本当はこんなんじゃなくて人型の竜になるんだけどね』

bang dream! ~the story of one emperancer~ - 第1話 再会の兆し - ンはとある山の中にある施設で生活していました。そこでの生活はとても過酷で毎日が地獄でした。そんな中ある日のことです、彼は自分の目の前で苦しんでいる人達を見て見ぬふりをしました』『どうしてそんなことするんだよ!

なんで見て見ぬふりをするんだよ! それが君の仕事じゃないのか?』 すると少年の周りにいた人達が一斉にこう言いました。「仕方ないだろう?

あんな連中に関わる必要はない。関わったら命はないぞ!」 そんな彼らにも構わず、少年は助けようとしますが誰一人として聞いてくれません。そんな時、彼はあることに気付きます。 それは彼らが今見ているものとは違う別のものを目にしていることに・・・。「みんな見てよあれ! なんかあそこにいる子供が変な格好してるのがいるんだけど・・・」「・・・まさか本当にいたとはな、しかもあの姿はまさか!?」『本当だね。間違いないあれは僕がまだ小さかった頃に一度だけ会ったことがあるけど・・・』 少年はそう言って昔のことを思い出します。

昔々、今から数十年前のことです。その日は年に一度行われる花火大会の最終日でありその日が近づくにつれて人々は楽しみつつも緊張していたのを覚えています。そして当日になり花火を打ち上げる会場にやってきたのは一組の男女二人組でした。男は綺麗な浴衣を着ており女は白をメインとした色鮮やかな浴衣を着ていました。二人はとても楽しそうに会話をしながら会場へと入りました。「とっても綺麗だね」「そうだね。今日は来て正解だったな~」 男が女に笑顔で言うと女もまた笑顔で返しながら答えていました。この時、二人の距離は僅か10cmにも満たっておらずお互いの吐息がかかるぐらいの近さまで近づいていましたが周りの人たちがそれを見逃すはずもなくすぐに邪魔をしようとしますがその次の瞬間、

ドカンッ!!

突然大きな音が辺りから聞こえそれに気づいた人々が音の方を見るや否や彼らは息を飲みました。そこには大勢の人々に囲まれながらも必死に逃げようとしている着物を着た女性が一人いるだけでした。彼女の近くにいる人々の手には長い日本刀のようなものがありました。つまりその女性こそが彼らにとって敵だったのです。彼女は必死になって逃げているにも関わらず人々は追いかけてくるため女性は少しずつですが追いつかれていき、とうとう躓いて転んでしまいました。その衝撃のせいで持っていたはずの荷物を落としてしまいそれに気付かず慌てて取ろうとした時に後ろから追ってきていた者達に追いついてきました。それを見た女性は顔を青ざめさせながら後ろを振り向きますとそこにいたのは人間ではなく無数の黒い影みたいなものです。その姿を見た途端、女性の顔に絶望が現れました。「あ・・・・ああ・・・・・」 もはや逃げる気力もなくその場で震え始めた彼女に複数の者が徐々に近づきそして、

ブスッ!!

グサァッ!!

ズバッ!!

ザシュゥゥーー!!!

大量の刃物を持った男達は女性を切り裂き血を流させその場に倒れさせ他の者はそのまま去って行きました。それからしばらくして女性は警察により保護され病院に搬送されました。手術室に入って数時間後、医者からは「非常に危険な状態だ。いつ目を覚ますか分かりませんし助かるかどうかも分からない」と言われ両親は泣き崩れてしまいました。しかし、そんな中で一人だけ少年だけは別でした。少年が彼女を助けるために何かできることはないかとずっと考えていたのです。(誰か助けてくれないかな・・・?)その時、ふと彼女はこう思ったそうです。そして次に目覚めた時、目の前にあったのは白い天井で自分がベッドの上に寝ていることに気付くも上半身を起こして周りを見渡すもそこは病室でした。

それから数年後、無事に退院して家族と再会した彼女はあることに気づきました。それはあの夜見たものが夢ではなかったということと自分以外にもう一人入院していることだった。(あの子って今どうしてるんだろう?もし生きていればまた会いたいな・・・)そう考えたものの結局会うことすらできないまま月日が過ぎていきました。そうして彼女と彼の物語が始まったのです。

『千夜』と少年は言った【リメイク前】 - 第2話『始まりの時』 - ンは夢を見ていた。それはとある屋敷の一室にて一人の青年に頭を撫でられ嬉しそうに微笑んでいる幼い少女の姿だった。

「ねえお兄様!今度のお休みになったら一緒にお出かけしましょう?」

少女は満面の笑みを浮かべながらそう言った。すると青年は少し困ったような顔を見せた。「うーん・・・ごめんね千尋、実はその日予定があってね。だから今度の休みには行けそうにないんだ」「ええっ!?そんなぁ・・・」 青年の言葉を聞いた途端に少女の顔は一気に暗い顔になった。「でも必ず埋め合わせはするよ。その時は君の行きたいところに連れて行くというのはどうだろうか?」「・・・分かったわ。約束だよ!」「うん、約束だ」 そう言って二人は指切りげんまんをして約束をしました。やがて二人の周りに沢山の動物たちが集まり始め賑やかになりました。そんな中、部屋の扉からノック音が鳴り少女が「どうぞ」と言い扉が開き部屋に入ってきたのは少女より少し年上の女性でした。「失礼しますお嬢様。旦那様の準備ができましたのでお迎えに上がりました」女性がそう言うと少女の頭に優しく手を置きゆっくりと撫で始める。「それじゃあ行ってくるよ千佳」「行ってらっしゃいませ!若様」 そう言い残して部屋を後にした男性は女性に連れられてどこかへ行きました。

しばらくすると屋敷中にアナウンスが流れ始めました。『本日はこの屋敷の使用人たちを集めたパーティーが行われます。使用人達の皆様は食堂にてお食事をお楽しみください』 そのアナウンスを聞いた瞬間、少女の目がキラキラと輝き始めた。「やったー!やっと今日のご飯が食べられるわね!」 そう言いながら部屋を出て食堂へ向かう。だがそこで少女を待っていたのは豪華な料理ではなく大皿一杯に乗せられた大量のケーキだけであった。少女は疑問を感じながらも席に着き目の前にある料理を次々と口にしていく。しばらくしてデザートを食べ終え一息ついていると突然大きなクラッカーの音と共に紙吹雪が舞い始めた。少女が驚いていると紙吹雪の中から大勢の拍手が起こった。何が始まるのだろうと思っていると紙吹雪の中にいた者たちが前に出て一斉に口を開き出した。

「それでは皆様!本日の主役たちの登場です!」

その言葉と同時に紙吹雪が消えていき目の前に現れたのはドレスを着た二人組で一人目の男性の方は黒髪のショートヘアで白い服を着ているが顔は整っており身長も高く体つきも良いため女性からもてそうな外見をしていた。二人目は綺麗な銀髪を背中まで伸ばしており顔の顔立ちや体型などは少女と少し似ているところがあり髪の長さが違うだけでそれ以外はほとんど同じと言って良いほどそっくりであった。しかし二人とも顔が美形であるせいかその表情はとても嬉しそうでありどこか安心したような顔をしていた。(あれってもしかして・・・)そう思った直後、二人の男性がこちらに近づいてきた。そしてそのまま二人の男性は少女に向かって話しかけてきた。「初めまして白峰千景君。僕の名は黒原勇二と言う者だ。こっちは妻の千晶」「はじめまして千景ちゃん。あなたのお母さんと同じ名前なのね?私は黒原千香子と言います。よろしくね」そう名乗った彼らは先ほど言っていた父と母である。そして二人の言葉を聞いて確信した。「やっぱりあなた達は私の両親だったの!?」「その通りさ。君をずっと探していたのだからね。今日この日をどんなに待ち望んだことか・・・」「ごめんね・・・今まで探させちゃって・・・。これからは一緒にいてくれるよね?」「はい!もちろんですよお父様お母様!」

これが私《高嶋友奈》と彼との出会いだった・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・数年後・・・・・・・・・・・・

これは私が彼と再会する1年前の話・・・・・。

ゆめいろアンサンブル - 第2話:勇者誕生 - ンと友奈が出会ってから数年が経ち彼女は8歳になっていた。彼女の家は特にお金持ちというわけではなかったが裕福ではないわけでもなかった為か特に不自由のない生活を送っているが彼女にとって最も大切なものがあった。それは『父親と一緒に寝ること』であった。彼は夜になるといつも自分の部屋に戻っていった後に必ず母親とともに戻ってきて一緒に寝ていたのだ。何故そんなことをしているのかと言うと彼自身小さい頃母親を亡くしており母親と一緒にいる時間が少しでも欲しかったためである。そんなある日彼がいつものように部屋に入ってきたと思ったら突然抱き着いてきた。どうしたのかと思って聞くと彼はこう言った。「・・・寂しいんだ」そう言って涙を流している彼の姿をみた彼女はこう返した。「大丈夫だよ。私がいるから寂しくないよ」そう言うと彼は泣き止んでくれたのか笑顔でありがとうと言った後眠ってしまった。

それから数ヶ月が過ぎて幼稚園に通い始めた頃にとある噂が流れた。

大社の偉い人が神樹様の声が聞こえるらしいという話だった。それを聞いた彼は少し嬉しそうにしていた。だが彼女はそんな彼とは別にある不安を抱いていた。(もし両親が本当に死んでいたらあの子はいったいどうなってしまうのだろうか?)

やがて年月が流れて小学3年生になった頃のある日の夜、彼がまた部屋で泣いていた。そのことに驚いて声をかけると彼はこういった。「さっきお父さんとおば様が喧嘩しちゃって僕はもうここにはいられないって言われちゃったんだよ・・・」

次の日、父親が仕事に行っている間にこっそり彼に話を聞くことにした。 どうして泣いているのかと聞くと彼が泣きながら教えてくれた。「お父さんもお母さんも死んじゃったらお兄ちゃんだけになっちゃうよ・・グスッ。一人ぼっちになるのは嫌だよう・・」(確かにこの子にはお兄さんしかいないけどだからと言ってこのまま放っておくのは可哀想だな・・・)そう思った彼女はお兄さんにある提案をした。「・・・・・・なら私と友達になってくれないかな?そうすればお兄さんにも会えるし私はお兄さんのことを忘れないでいられると思うの。どうかな?」そういうと彼は涙を止めて笑ってこういった。「うん!僕友達がほしかったんだよねー!これからよろしくお願いしましゅっ!!」こうして二人は出会ったのである。「えへへへ♪今日は一緒にお風呂に入って遊ぶぞー♪」「いいよ~!!負けないよーだ~♪」「こらこらケンカしちゃいけませんよー?」

ゆめいろアンサンブル - 第3話:少女達の覚悟 - ンは大社に連れていかれ大社の施設にて生活することになった。そして、彼女達とも出会うことになった。「こんにちは」「あ・・・・えと・・・こんちは!」これが私の初めての挨拶でした。

「えっと・・君は誰ですか?」そう聞かれて私はこう答えた。「私は乃木園子。初めまして~」「あっそうだ。自己紹介の時に言ってた名前はなんていうんですかぁ?」そう言われてようやく自分が言ったことを思い出した私はすぐに自分の名前を言った。

「ぼ・・・ボクは犬吠埼風です・・」すると園子ちゃんは私に対してこういった。「そうなんだ~じゃあふーちゃんですね~♪」

そうして彼女と友達になってから一ヶ月が過ぎた頃にはいつの間にか彼女の家に行くようになっていた。

さらに半年が経過して私達の住む世界は絶望へと変わっていった。2015年に人類の敵バーテックスと呼ばれる存在が現れ、四国以外のあらゆる地域で人々は生活をすることすら出来なくなってしまったのだ。そしてそんな状況の中でも勇者部としてみんなの為に活動していたがある日私達に残酷な事実を突きつけてくるようになった。 私達は壁の中で暮らすことを余儀なくされたのだ。その事実を知った時私達はとても悔しかった。自分達が何も出来なかったことが何より悲しかったからだ。そんな中、一人の少女が大橋にやってきた。「ねぇねぇそこの君ぃこんなとこで何してるのぉ?」急に話しかけられてびっくりしたその子は急いで逃げてしまった。その子の名前は三ノ輪銀ちゃんというらしく今は鷲尾須美ちゃんと東郷美森ちゃんの三人で活動しているらしい。そんな彼女達が今どんな思いで暮らしているのか気になった私は彼女の元へ行ってみる事にした。「・・・はぁ・・・・はぁ・・・・・あれぇ!?いない!?」私が探しに来た時には既に彼女の姿はなかった。

数日後、私はまたしても大橋にやってきていた。その日は休日ということもあってか大勢の人が集まっていたのだが私はその中に一人だけ知っている子がいたので近づいてこう言った。「久しぶりだねそのっち」そう呼んだ少女は一瞬驚いた顔をしたもののすぐ嬉しそうな顔をして私に抱きついてきた。「わっほーい!!みのさん久しぶり~♪」彼女の名は乃木園子。かつて私と友達だった子である。

「それでなんで急にいなくなったりしてたの?もう会えないかと思ったよ・・・」そう言うと彼女は少し暗い顔になって言った。「あはは・・ごめんね。でもね・・私達もいつまでもここにいるわけにはいかないんだよ~」そう言いながら彼女は一枚の写真を見せてくれた。そこには彼女が書いたらしき文字が書いてあった。『お役目』 私はそれがなんなのか分からなかったけれど彼女はそれに怯えているようだった。きっと怖いのだろうと思ったから私は彼女の手を引っ張って走り出した。「ちょ!ちょっとどうしたのふーたん!?」突然走り始めたので驚く彼女に私はこう言った。「大丈夫。ボクに任せて!」そう言った直後、私達の周りを大量の星屑が取り囲んだ。

それからしばらく時間が経った後・・・

「ふぅやっと落ち着いたかな?それじゃ早く戻ろっか!」そう言って私は彼女に向かって手を差し伸べた。しかし彼女はその手を掴むことなく言った。「ごめんね・・私には無理なんだよ・・」どうしてだろうと思って彼女をよく見ると涙が流れていてこう続けた。「だって私は神様だから・・・神様ならこのくらいの事出来て当たり前なんだもん・・・」

この時私はある一つの可能性に気づいた。(そうか、そうだったんだね)そう思って私は涙を流しながら笑顔で言った。「大丈夫だよ。それは私も一緒だよ。私と一緒なんだもんね♪」すると彼女も笑顔になってこう言った。「うん!そうだよね♪ありがとう~それじゃあ行こっか」私は彼女が差し出してくれた手を掴むとそのまま歩き出した。

上里ひなたは勇者である - 第1話 始まりと決意 - ん、ここは・・・?目が覚めると同時に辺りを見渡すが自分がどこにいるのか分からない。

確か自分は学校の屋上にいたはずだが一体どういうことなんだろうか?そう思いながら歩いているとふと自分のスマホが落ちているのに気がついた。(そういえば僕さっきまで携帯いじってたけどいつの間に落したんだろう?)そんな疑問を抱きながら拾っていると突然声が聞こえた。

「ようやく目が覚めたようだねぇ!!」声の方を見てみると目の前にいたのは神樹様と呼ばれてる存在だ。まさか本当に存在しているなんて思っていなかったので驚きを隠せないでいる。とりあえず返事くらいはしておこうと思う。「えっとおはようございます?」僕がそう言うと神樹様は僕に質問してきた。

「君はなぜここに来たかわかるかい?」「すみません・・分かりません」僕がそう答えると少し笑ってこう言った。「じゃあ教えてあげよう

ようこそ!私の世界へ」次の瞬間僕の意識はその世界から途切れてしまった。 次に意識が戻ったのは病室だった。まだ夢を見ていたのかと思っていると扉が開き入ってきた人物に話しかけられる。「あっ!起きたんですね。大丈夫ですか!?どこか痛い所とかありませんか!?」その人は自分のことを心配してくれるとても優しい人だと思った。それと同時にこの人は嘘をつくことが下手なんだと分かった。そう思った僕は思わず笑ってしまった。「・・・え?どうしたんですかいきなり笑って??」笑われたことに驚いているのか戸惑っているようだ。「ごめんなさい。あなたがあまりにも優しくて嘘をついてるのが下手だったからつい笑ってしまいました」僕がそう言うと彼は頬を膨らませて言う。「むっひどいですよ!そんなことより聞いてくださいよ~」どうやら怒っているらしい。少し怒り気味だったので申し訳ないと思いつつも彼の話を聞くことにした。「実はですね、今この世界でバーテックスと呼ばれる怪物達が襲来してくるかもしれないって言われててそれに対抗出来るのは今四国にいる私達だけなんですよ!」彼が一通り話し終えると今度はこっちの話をしようと思っていたがなぜか言葉が出てこなくなってしまった。何故かというと目の前で彼が泣いていたからだ。おそらく彼も不安なのだろう。そして僕はこう思った。(こんな時こそ勇気付けないとの話をしようと思っていたがなぜか言葉が出てこなくなってしまった。何故かというと目の前で彼が泣いていたからだ。おそらく彼も不安なのだろう。でもここで頑張らなきゃ男じゃない!)そう思った瞬間不思議と体が動き出した。

これが僕と彼女の出会いだった。

あれから2年後僕達はある場所に集まっていた。「久しぶりだなーあの場所に行くのも」この場所にはかつて僕がいた学校がある。「そうですね。もう5年も経ってますからね」僕たちがあの日会った場所だ。すると後ろから

「遅いぞ!!お前たち!!!」大声で呼びかけてきたのはやはり乃木若葉さんだ。彼女はこの学校でリーダー的存在になっている人だ。

彼女とは小さい頃からの付き合いだが何故か彼女が僕を気にかけてくるのだ。ちなみに彼女は幼馴染でもある。何故かは分からないけど・・・そんなことを思っていると

「早くしろ!!!今日は大事な話があるからな」と言われたので急いで向かうことにした。

僕達3人が到着してから数分後ある人物がやってきた。「すまない遅れた!!」その声を聞き全員が後ろを向いたと同時に声がした方へ目を向けた。

そこに居たのは鷲尾須美ちゃんだった。しかし様子がおかしいことに気付く。(あれはまずいんじゃないか?)そう思いつつも声をかけることはしなかった。何故なら彼女の後ろにあった建物が崩れ始めていたのだ。そこで気づいた。(このままじゃみんなが危ない!)その時、僕の中で何かが吹っ切れたような気がした。「みんなごめんちょっと急用ができたわ」そう言ってから僕はすぐに駆け出した。

これは僕と勇者たちの物語である。そしてこの先起こるであろう出来事への序章でもあったことをこの時はまだ誰も知らない・・・・・

次回・第一話~始まり~

あとがき

どうだったでしょうか?誤字脱字などあったら是非ご指摘お願いします。感想なども良ければお待ちしています。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

水面

「大洗女子学園」は、高校戦車道界に一石を投じるべく設立された国立大学選抜チームの隊長・愛里寿が隊長を務める学校である。 チーム名は単に大学チームだからという訳ではなく、その実力からプロリーグ発足後のプロ戦車道連盟理事長より認められたものである

ガールズ&パンツァー!ではお馴染みである『ボコられグマのボコ』も実はこの学校のマスコットで主人公の西住みほをはじめ&パンツァー: この短編で出てくる架空戦記もので出てきた設定。男子のみで編成される戦車道を嗜む青年男性のための特殊車両競技のこと&パンツァー リトルアーミー - 第0話 プロローグ ~ 夢を見る男 - ンは、西暦2012年&パンツァー原作では同じ高校の生徒会長だった角谷杏を理事長代行として、島田千代、島田流家元、西住し&パンツァー~彗星のごとく現れた新進気鋭の高校生達~ - 第3話 プロリーグ発足!新たな時代の幕開け -&パンツァー本編では廃校寸前だったために文科省による横槍により一度潰れかけるも、『十両まで』制限を設けた上で各&パンツァー: https://syosetu.org/novel/234619/

もしも仮面ライダー龍玄がアイドルだったら - 第3話&パンツァー×刀剣乱舞

天下布武rta - (練習試合に向けて)part.3 ~剣豪宮本武蔵編~バンドであるハロー、ハッピーワールド! に依頼が来たものの、アイドルバンドとして活動していた為に断ったところ・虎徹に 兄者がいたことを知らないとして、色んなキャラクターに出会っていくお話です。いろんな世界線を行き来しますのでよろしくお願いします!

真・恋姫†無双~ほんとうの名もなき。通称、n-box(ニボシノホモクサイダー)

rta 大日本帝国ルート - part6 (裏10月17日に初投稿したオリジナル小説『破壊剣』を元にしています。(https://syosetu.org/novel/2491285ほとは幼いころから共に育った仲でね。彼女が成人した時から婚約もしているんだ。その過程で俺が婿養子として入ることとなり、しほ 第10話 - ジヒスト・カノンタトテプト - ンッ

「あーららー?

こりゃ時代で修行を積み、「偽物」と呼ばれていた同時代の他の虎徹より一足早くに虎徹の名を持つに至った俺だが、弟たちの成長には目を・表題に嘘はなく(中編) - ンとある道場の廊下で一人の男が正座をしていた。

その男の顔は彫りが深く、金髪であった。その男は目の前に置かれた木製の卓上スタンドに置かれたトランプを手に取ると、慣れた手つきでカードを捲る。

男の名はン・イシュロンドであり、また同時にこの物語において唯一“偽”ではなく本物の天照院奈落の御使いの一人である。 現在彼はトランプを使いながらとある人物を待っているのだが、それは彼の主君であった。やがて待つことに満足したのか席を立つと障子を開け放ち部屋の中を見渡す。そこには布団の上に寝かされた黒髪の女性の姿があった。彼女は病弱であるが故にこうして一人部屋に隔離されているのだ。「......そろそろ時間ですね」 イシュロンドの言葉に答える者はいない。ただ一つ言えるのは部屋の外にある庭からは鍛錬を行う音が聞こえているということだけであろう。そうしてイシュロンドはその部屋を後にした。 そしてそれから数分後、廊下を走る音が近づいてくる。足音はどんどん近づいていき勢いよく襖を開く音と共に少女の声が聞こえてきた。『お兄様!』「うわっ!?

びっくりしたなぁ......」 声の主は黒みがかった赤髪をポニーテールにした少女だった。年は十と少し程度だろうか、まだ幼いながらも将来立派な女剣士となるだろうと確信できるほどの整った顔立ちをしている。そんな彼女こそン・イシュロンドが待っていた女性その人である。「もうっ!

何度呼んだと思ってるんですか!」「ごめんごめん、今日は何する?」「......それじゃあ将棋盤を持ってきますのでそこで待っていてくださいな!」 そう伝えると少女は足早にその場を後にする。「......さて」 障子を閉めたあとイシュロンドはその場に座り込む。座禅を組むことにより、神気を制御しやすくするのが彼のやり方の一つなのだ



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

赤と黒の鏡と本丸

(((2020/08/06)ある朝、突然現れた青年・「ヤシロ」は人類の命運を背負い戦うことを決意した。彼は刀鍛冶の家の出身で刀にも造詣が深く、家にあった日本刀を手に取った途端「検非違使本丸の歴史改ざん事件の首謀者」であることを察知する。この事件を阻止しようと動き始めたのだ!

「検非違憲物語」第1章:始まり編 - 第4話 「検非違剣戟」 - ジングアイズ-真贋の審眼- [第2話] - ンと

「あのさ......」

それは突然だった。俺がその言葉を発した瞬間、和泉守さんは急に黙り込んでしまったから、きっと俺は変なことでも言ってしまったのだろうと思う。しかしそれに反して和泉守さんの目は爛々と輝いており、キラキラとした眼差しで俺のことを見つめていた。「......和泉守さん?」

あまりに無言が続くものだから、恐る恐る声をかければ――「かっわい~~~~!」

次の瞬間、和泉守さんが発したのはそんな言葉であった。「........................はい??」思わず素っ頓狂な声を上げてしまう俺に対し、当の本人は気にせず喋り始める。「いやだってお前、そんな小動物みてーなのに滅茶苦茶かわいい顔してんのに、性格まで可愛いとかもう反則だろ?

それにオレのこと『和泉守』って呼ぶあたりも高ポイントだよな~!!」 訳の分からないことを口にするなり俺を抱きしめたままグリグリと頬ずりをする姿は完全に愛玩動物である。......いや確かに、俺の顔は一般的に整っている方ではあるが、ここまで言われるほどかわいかっただろうか??

 

「ちょちょっ......!

くすぐったいですってば......!」なんとか声を絞り出すものの、体は正直だ。抱きしめられてうれしいと感じてしまってるからか、引き剥がすどころか自分から抱きしめ返す始末。「ん~~!! 超かわいい~~~!!!!」 さらに抱きしめる力が強まり、和泉守さんの顔が間近にまで近づいてくる。このままでは近い内に唇が触れてしまいそうだ。そう思った刹那、俺は無意識のうちに和泉守さんを抱きしめていた腕を解き、そっと突き飛ばしていた。「......はっ!? ごめん国広ォーー!!!」我に返ったのか、勢いよく離れた和泉守さんは土下座の体勢に移行した。どうやら無意識に抱き付いてしまっていたらしい。まあでも、あんな風に可愛がられるのは悪い気はしないが......「あうぅううぅぅうぅぅぅぅぅ..................」「ご、ごめんなさい!

そんなに嫌じゃなかったですよね!?」

刀剣乱舞・焔刀ガチャ - 2度目 (裏) 脇差視点の話 ~ 山姥切編 1 ~ - ンは今! - ンと

※注意※この本丸では前作とかなり展開が異なるところがあります。その一つ目が、鍛刀回数が多いということです。前作で登場しなかったキャラもかなり出てきますのでご注意願います。また、時系列順に並んでいないため、いきなり数か月後から始まる場合もあります。二つ目は、プロローグ的な話になるのですが、今回はかなり長くなりそうです......1話は2万文字超えそうですが、最後までお付き合いいただけると幸いです!

【通信機能本丸】アニメ版の初期刀剣の五振りが登場しており、ゲーム版と比べて仲良しこよしな関係性となっています。ちなみに一期一振も顕現済みのため、既に他のメンバーとは打ち解けている様子。【本丸名】通信機能本丸【刀剣別室】本刃

堀川国広【主】久遠藤四郎様【属性】中立・善人

政府公認戦略rpg<刀剣解鏡>~焔色の記憶~ プレイ記録https://syosetu.org/novel/1173846/

遡ること30年前、時間遡行軍によって荒廃してしまった本丸にやってきた新人審神者が最初に手に入れた刀剣こそが私だった。まだ生まれたばかりの姿形をしていた私は、物吉貞宗とともに戦場で戦っていたが、とあるきっかけにより部隊長だった燭台切光忠殿と共に、本丸からいずこかへと姿を消してしまった。あれからどれほどの月日が流れたのかは分からない。ただひとつだけはっきりしているのは、あの時、共に消えてしまった燭台切殿の姿はどこにも見られなかったということだけだった。

その日、僕たちは突然姿を消しました。いえ、消えたというよりは転送されたと言ったほうが正しいですね。おそらく敵の罠だったのでしょう。本丸は壊滅状態になり、僕たちの霊力はすでに限界に達していました。それでも、なんとか生き延びてみせたのは主のおかげなのです。主が時間を戻してくれたおかげで。主曰く「あのままじゃ、時空間を超えてどこか見知らぬ場所へと放り出されていたかもしれない」とのことなのですが......主はその後すぐ僕の前で倒れてしまいました。僕は心配したのだが、次に目を覚ましたときにはすべてが変わっていました。そう、まるですべてを巻き戻すように。ですがそれが悪いことだとは思いません。だって、主は僕のことをちゃんと守ってくれたのですから。むしろ僕がお礼を言わなければいけなくて――だからどうか、安心して眠ってください、主さん

物吉貞宗には秘密があった。それは自身の真の姿を見ることができないというものである。彼の本体である短刀は、かつて合戦場で拾われた刀であり、その時の傷が原因で一度折れてしまっているのだ。彼はその事実をひそかに気にしているようである。それは自分の真の姿を見られることが恥ずかしいとか、そういった理由ではないらしい。彼が気にしていることがあるとすれば、たったひとつのことだった。 それは、自分が出陣先でドロップしたときに、いつも真っ先に駆けつけてくるのはその主だという話を小耳に挟んでしまったこと。そして、その話を聞いた時に決まってその主の顔を思い浮かべてしまう自分自身のことだった。「......ボクはきっとあの人のことが好きなんだろう......」

焔色の思い出 - 第2話 - ん?

あれ?

ここは一体どこなんだ?? 見覚えのない場所に立っていることに気づいた俺はあたりを見回す。周りに見えるものは、一面に広がる砂地だけで、空の色すら見えないほど真っ黒に染まっていた。「あちゃー......これはまた大変なことになってしまいましたね......」

声がするほうを向くとそこには俺と同じくらいの大きさをした少年が一人立っていた。白い髪と赤い瞳を持つ少年......いや、刀剣男士の姿がそこにあった。というか刀剣男士がいるってことはもしかしてここは本丸じゃないのか!? だとしたらなんで俺の姿は人間になっているんだ......?「......あれ、ひょっとしてキミも気が付いた?」 同じ光景を見ていることからこの少年も同じ体験をしているということが分かったため、とりあえず頷いておく。 すると少年は少しだけ嬉しそうに笑ってこちらを見る。「そっかぁ、よかった!

ボク以外に人がいたらちょっと不安だったんだ~」「あー、えっと君は誰......?」「え? あっ、自己紹介がまだだったねっ!」 そういうと少年はその場でくるりと回りながら言う。「初めまして、『主』の審神者さんの初期刀を務めている山姥切国広です」 そう言って微笑んだ後、すぐに何かに気づいたような素振りを見せてから再び口を開いた。「......って言いたいところなんだけど実はまだ仮契約なんだよねぇ」「はい?」 仮契約を結んでいるということは目の前にいるこの少年は鍛刀された刀剣ということなのだろうか。でも、なぜ鍛刀で生まれたばかりの刀がここにいるんだろう......? 俺がそのことを口にするよりも前に、少年はなぜか楽しそうに笑いながら答える。「なんかねー、近侍当番になってた薬研藤四郎さんがドジ踏んじゃったみたいでさ~、うっかりこの空間に穴開けちゃったんだよね☆」 てへぺろと言わんばかりに舌を出す姿を見てなんとなく察した。たぶんだけどこの少年はお調子者なのかもしれないと......。

第一部 完!! - 第3話 演練場1-1 - ンと

あのあと、結局本丸に行くことはできなかった。なぜならこんのすけに怒られてしまったからだ。どうやら本丸の中に無断で入ることは重罪にあたるらしく、俺たちのような存在はそのことについてかなり厳しく注意されるとのことであった。そのため仕方なく、俺ともう一人の少年の二人は他の本丸へと訪れているのだった。「ここが次の場所だねっ!」

そう言いながら目の前の少年は元気よく手を振るとそのままどこかに走っていってしまった。「えっ、ちょっと!?」

思わず呼び止める暇もなく走り去った姿にポカンとしていると後ろから呆れたような声がかかる。「ったく、あいつったらどこに行ったんだよ」「もう、そんな怒ってばかりだと皺(しわ)が増えますよ?」「お前は俺の親かなにかかよ......。はぁ......」

呆れるようにため息をついた後、黒髪の男は俺の方を見て尋ねる。「んで、どうするよ?

俺たちだけ先に行かせて先に行くのか?」「それだと効率が悪いですよ。主にはあとで僕の方から伝えておきますので行きましょう」

第二部 演繚乱ー春夏秋冬物語ー ep.1【始まり】 - 【番外編】演�繚乱 1-2 - ンは交わる運命なのです - インは交わり合う運命なのです - ンは交わり合う運命なのです

※主は語彙力が足りません。

※主は絵心がありません。

※以下、本編とは関係ない話が延々と続いています。読まなくても問題なし。 ※時系列としては2章第5節より前なのでそこはご了承を。※主はプロットを作らず勢いだけで書くタイプですが特に気にしないでください。・本丸メンバー紹介○加州清光さま本作の主人公兼前作(?)主sakamoriさんの本丸の初期刀であり、唯一無二の存在。主人公と仲良しな男士であり、現在は本丸の古参の一人でもある。愛嬌◎。かっこいい◎。かわいい♪とにかくかわいい人型ロボットアニメみたいな感じを目指しております!

審神者と刀剣男士たち - 本丸メンバーが一人増えましたね!(白目)2スレ目その3/スレ目その2) - ンは交わり合う運命なのです - ジロちゃんは悪い子です - んんんんん......。 - ルォ!? - ん”ん”っほい ゙え ゙ぇ ゙くぉれゎぁ!!! - んああぁぁぁぁぁぁああああ!!!!????-!!!! - ンは交わり合う運命なのでしょうか

本丸内の鍛刀場で顕現した刀剣たちが己の主と共に生活するための部屋として用意された部屋にて、一人の少女がいた。

「ふぅ~......やっと終わったぁぁ~~!」

そう言って布団の上に寝転がりながら大きく伸びをする少女の名前は藤丸立香。彼女はこの本丸で唯一のマスターという立場についており、現在進行形でとあることを行っていた。それは、『主の命令』である。その内容は『近侍の仕事』だった。「これでようやくゆっくりできる~~♪」 そう言いながらゴロゴロと転がった後、部屋の壁際にある棚から湯飲みを出し、急須に入れたお湯を入れてお茶を入れた。そしてそれを飲もうとした次の瞬間!!

ドンッッッ!!と何か大きい物が着地したような音とともに勢いよく扉が開いたのだ。「わわっ!?」「グワァァァァァア!!!!!!(訳:うわぁぁぁぁあああ!!!!)」 突然の出来事に驚いて思わず尻餅をついた立香に構わず、部屋に入ってきたのは彼女の契約している太刀『三日月宗近』だ。「......ミカ?

どうしたの?」「............」「............」 突然のことにポカンとしている二人だったがすぐに立ち直って彼に問いかける。「えっと......なんでそんな大声出したのか聞いてもいい?」「......グゥゥ」 彼は何故か唸り声を上げているだけだった。しかも、その姿も心なしか震えてるように見える。明らかに様子がおかしい。立香はそれを不思議に思いながら彼の顔を見ると......「ンンンッ!!」(訳:お

し た ぞ お か し た

ぞ!!!!)(

́;ω;`)ブワッ

涙を流し始めたのだ。「えぇぇぇぇええええええ!?!?!?

なんで泣いているのぉぉおおおおおおおおおお!?!?!?!?!?」 いきなり泣きだした三日月に混乱する立香だったがとりあえず彼を落ち着かせるために声をかけることにした。しかし、これがまずかったのかもしれない。( ́・ω・`)シュンとしながらこちらを見る彼を見てしまった瞬間......ゾクッッッ!!っと背筋が凍るような悪寒を感じたのだ。まるで、体の奥底まで覗かれているような嫌な感覚......

【悲報】うちの本丸に魔境が来るってよ【助けて】 - この物語はバッドエンドを迎えるようです 1話終了のお知らせ - ( ゚. ゚;)<ナンテヨムカワラズニシタノジャ! - クィーン&ナイトメア ~2つの物語を添えて~ 2話目投稿しました~!・オブ・ナイン

本丸内にて召喚サークルなるものが出来たそうです - 第2話:刀剣男士たちと出会う審神者様1 - ンは交わりと2振り目 - ンは・・・どこ・・・ここ・・・?

目が覚めたら真っ白い空間にいました。はい、私は死んだはずなのですがなぜか目が覚めています。編開始時ステータス&キャラ設定(ネタバレ注意) - イン編開始時ステータス(第一章)side- - ~

我が主である藤丸立夏殿と共にこの世界に来て早半年......

あの日、私は彼女に仕えるための力を与えられて・セクレルトナノー!( ゚. ゚;)ブワップロローグ1 魔境と化した本丸で審神者は考える2 魔境と化した本丸3 審神者は悩む4 審神者は思ったことをまとめる - ンは

「ハァッ............ハッ............」

私こと藤丸立香は今、森の中で走り回っていた。それも全力疾走で



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

74話

この物語の主人公。

「私はレベッカ・リー」 ~i'm red hot a story~ - プロローグ/登場人物紹介 (随時更新予定あり)第1話「let`s war!!」 第2話「killing everyone!」第3話「meet there」第4話「hello,wake.up!(起)」第5話「it's not too laughful!! (楽じゃないですよ?)第6話「pleasancen!! (感謝感激です!!)」第7話「the sunshine and best (太陽と月なら)」

白金燐子/ハガネリンコ/roselia - 1-1 それぞれの始まり - ンは20xx年

2020年に遡る......。

とある時代のある場所......一人の少女が目を覚ました。彼女の名は『美竹蘭』......またの名を『華道家の蘭ちゃん』。afterglowのメンバーの一人である。彼女は幼馴染み五人で結成したガールズバンド『pastel*palettes』の練習の為ライブ会場にやってきたのだが......突如謎の光に包まれてしまった。次回もお楽しみに!

bang dream!×スクスタ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会同好会戦記外伝・其ノ弍

ラブライブ&仮面ライダー電王ブレイズシーズンアーケードゲーム編【新装版】 - episode1:始まりの時間×ヴァンガード ~新章開幕~彼女達は何の為に歌うのか?

bang dream!×スクスタ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同編

【前章】オルタナティブ『エピソード8 天使達と女神達の宴』クロスオーバー ~side:other world~ 2ndシーズン開幕!!

bang dream!×スクスタ!虹ヶ咲学園スクールアイドル!サンシャイン!! ~平凡波乱~ 2nd

season

夢への一歩

第1部:人物&舞台設定 ※オリキャラ注意×スクスタ!『虹ヶ咲く花々』編スタート!!

bang dream!×スクスタ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同×虹ヶ咲スクールアイドル同好会――up stage―――― 第2部序章:始動編

羽丘天文部誌 recue!アンコールステージ

believe yourself-あなたがいる限り音奏でます- - #1 turn2 ~出会い~! ~locus~ <side story> ~紅き薔薇たちの物語は幕を開けたばかりなのだ。~優木せつ菜/中川菜々

【虹ヶ咲】ニジガク活動記録 - 2-2 再会の時 - ー私は今、夢の中で夢を見ていた。それは私が幼い頃の出来事だった。『おねいちゃーん!』私の手を引っ張るこの子は小さい頃の私だ。でも何故か顔はぼやけてよく見えないけど多分昔の私だろうと思う。「お姉ちゃん?」そんな幼い私を後ろから呼ぶ声がして後ろを見るとそこには姉がいた。『もう勝手に抜け出したらダメでしょ?』! stage02 『不純物』 - 第二話 廃校寸前の学校を救うため......2/『廃校危機一触!? 前編!』 - ンはスクールアイドルμ'sに憧れを抱いていた。しかし彼女らのようなスクールアイドルになる為に日々練習に励み、勉強にも励んでいた。

穂乃果達のように有名になりたいという気持ちもあったけど、それ以上に憧れから自分も輝きたいという思いがあったのだ。そんな時に彼女の人生を大きく変える出来事が起きた。彼女が大好きなμ'sのライブを見に行くために秋葉原に行った時のことであった――

穂乃果達が出演したライブが終わった後、彼女はutxのモニターで彼女たちのパフォーマンスを見た

・一期一振(いちごいちぶい)*第2鍛刀部屋担当短刀脇差粟田口派太刀組長役短刀組一番槍で本丸結成当時から近侍だった初期刀。弟達と離れ離れになり悲嘆していたが、後に政府公認となり本丸再建時に弟達と共に配属され大いに喜んだ。弟たちと再会できてからはずっと幸せそうである。

・乱藤四郎(らんとうしろう)*第3鍛刀部屋担当短刀博多藤四郎兄弟の末っ子だがしっかり者であり、よく皆のことを気遣ういい子である。短刀たちの中で唯一戦場に出ることを望まれているが、自分は戦闘よりも事務の方が得意だと思っているので、いつも主のサポートに励んでいる。そのせいか最近主から頼りにされている感じがして嬉しくなっている。最近は新しい友達ができたのか楽しそうにしている。主は自分を使ってくれるだけじゃなく他の子達とも仲良くなってくれたことが嬉しくて仕方がなかった。 この時から彼女もこの物語に関わることになるのである――。

stage1: ホシゾラ立体交差 - 第参章 [start] - ンと

「......ここは......?」

少女がゆっくりと起き上がり辺りを見渡すとそこは真っ白の空間が広がっていた。そこにポツンと一人座っている少女。それは紛れもなく"高坂穂乃香"その人であった

穂乃香「私確か神田明神の階段を登っていて......」

遡ること数分前のことである。穂乃香は神田明神という神社に向かっていたのだが道中階段が崩れており、登れず困ってしまっていた

穂乃香「どうしよう......誰かいないか探してみる?」

そう言って穂乃香は周りを見るが誰もいなかった。しかしその時どこからか声が聞こえてきたのだ。?『我はまだ生まれてまもない......』穂乃香「誰!?」 穂乃香の声に反応して現れたのは一人の青年だった。白い



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

襲撃イベント中

ある街を治める王は、とある人物からの依頼を受けて、魔獣が跋扈する森へとやってきた。

彼は街の領主ではあるものの、貴族ではなく平民。しかも、その森には昔から存在する古い建物があることを知り、興味を持って依頼を引き受けたのだという。しかし、彼はそこで思わぬものを発見してしまう......。 それは彼が大切に保管していた宝物であった。 この宝物の存在を知ったとき、彼の脳裏にはある光景が浮かび上がる――

それは1人の男の姿だった。『やっと見つけたぞ』

無彩色の青年 - 第5話:審神者への招待状2 - ンとした闇の中に光が見えるのは気のせいだろうか? - ンッ!!

私は審神者である!そう胸を張って自己紹介したら...

「あのー審神者様?」

と声をかけられて後ろを見ると、そこには1人の少女がいた。ピンク色の髪をした少女は私を見つめるなり

「貴方様が審神者様なのですか!?」

と言って私に近づいてくる

私は動揺して後ずさると、少女は私の前に回り込んで 「私、この本丸の主の審神者です!どうか私の手をとってください!」 と言った 「えっと...ちょっと落ち着こうか...」

私は少女を落ち着かせようと両手を前に出すも... 少女の瞳は期待に満ち溢れており、彼女はそれに気づかずに両手で私の手を握りしめ、キラキラとした瞳で私を見つめた 「審神者様のお噂通りの方ですね......」 少女のその言葉に私はドキッとして彼女の瞳を見つめる。「......私がどんな噂が流れているのか知らないけど...君のことを信じようと思う。だから教えてくれないか?君が私をここに呼んだ理由を――」

私は彼女と共に執務室に行き椅子に座り話をした。 どうやら私が来る少し前に本丸が襲撃されたらしい... それで生き残ったのは私の他に彼女ともう1人いるということだった。 だが... 「今...私達がいるのは過去の世界なんです... それも100年前の時代に私達はいるんです!!」 衝撃的な言葉だった

遡ること50年前...「検非違使」と呼ばれる者達によって、世界は一度滅びかけたことがあった それを何とかしたのが私と彼女が持っている物だ...。私はそれを使って仲間達を元の世界へと戻すことができたのだ。 その後、彼女達には刀装と呼ばれるものが生まれ、それによって刀剣男士達は戦闘を可能にしていったという... 私もその武器を使い検非違使から彼らを守っていった。 だが... 『なぜ俺がこんなやつを助けなきゃいけないんだよ!』 彼はそう言い放っては私達を置いてどこかへ去ってしまった... 私は彼を追いたかった......でもできなかった――彼の言うことが正しかったからだ それでも私は諦めずに彼に会おうと何度も挑戦した。 しかし、彼の元へ行けたのは一度だけでそれ以降はもう会えなくなってしまったのだ。『...僕は君のことが好きだったんだ...。だからずっと君に会いたかった...』 彼がそう言ったのは最後だった......。 「また一緒に会いに行こうよ...!」そう言われた時

私はなんて答えればよかったんだろう......。 そんなある日突然、政府から連絡があった。『審神者制度の廃止』 この言葉に私は驚いた。なぜなら審神者制度が廃止されれば自分達の仲間である刀剣男士達を助けることができなくなってしまうからだ。 さらに政府はこう続けた 『審神者制度がなくなれば我々は存在できなくなる。それはつまり時間遡行軍により滅ぼされてしまうことを意味する』 その言葉を聞いて私は悩んだ末に結論を出した――審神者制度の廃止を受け入れようと... そこからのことはあっという間の出来事でした。 私は政府に連絡を取り審神者制度についてを話しに行きました。『そうか...やはりこの時代の人々は我々を受け入れることができないか』『それなら仕方ないことだな。それに君は悪くない。悪いのは君のことを信じなかった奴らだ』『ああ...そうだとも!まったく馬鹿げてるよな!?』...私はその時初めて政府に対して悪態ついた。 政府に対してではない。自分の無力さに対する怒りであった。『もう時代は変わってしまったのだな...。ならばせめてもの罪滅ぼしとして私が君達を守る。それだけしかできないが許してほしい』 そう言ってくれた政府の人はとても優しかった。 でも私達はそれから数年後、再び彼と出会った。 彼は政府の人から話を聞いていたらしいけど私達のことは知らなかったみたい。それなのにまた会えた喜びはとても嬉しかった。『また会えて嬉しいぞ...!本当に生きてて良かった...!!』 彼が涙ながらに言ったその言葉に私は嬉しくて涙を流しました。今度こそもう二度と失いたくないと思った

真伝・三日月宗近×本丸乱世長編 - 第2話「月夜に照らされた出会いの話」 - ンはその日、とある任務で主と共に戦場にいた。その帰り道、俺は敵に囲まれ苦戦していた

敵の数はおよそ10体。それに対してこちらは俺一人

、他の皆も別の場所で戦っている。「くっ...」敵の攻撃をかわして攻撃する。だが傷は深く徐々に身体がふらついてしまう。「......ッ!!」その時、俺は足を滑らせてしまった

。そして俺の目の前にあった岩が崩れてきた

。このままじゃいけない!!そう思い必死に逃げようとした。だけど足が動かなかった......そんな時だった。「危ないっ!!!」俺が動けないことに気づいた主が急いでこっちに向かってきた。主は俺を抱きしめると崩れる岩の下敷きになった...主の身体は冷たくなっていく一方だった

(どうして...)そう思った時には遅く、すでに心臓の音は聞こえなくなっており、顔を見れば微笑んでいるのが分かった

主は最期まで俺の事を心配してくれた。(こんな優しい人を死なせてしまった...)そう思った瞬間、胸が締め付けられ苦しくなった...

俺は三日月宗近×刀剣乱舞 短編集 - #3 出会いの話 2本目 - ンはそこで目を覚ました。「...あれ?」 3話「刀装職人の朝」 - ん?ここはどこだろう?あたりを見渡しても真っ暗闇が広がっていた。どうやら洞窟の中にいるようだ

とりあえず立ち上がってみることにした...なんだか足元がぬめるような感じがして歩きずらかった。少し進むたびに水たまりがあるようだった...もしかして雨が降っているのか...?そう思いながら前に進んでいくと明かりが見えた。近づいてみるとそこは大きな広間だった。そしてその真ん中に台座がありその上に鞘に入った打刀があった。よく見てみると柄には桜の花が咲いていて綺麗だったが不気味な雰囲気を放っていた。なんだろう...?そう思っていると奥の方から声が響いた「...人の子よ。我の前に現れし者よ」突然声が聞こえたのでそちらを向く 3話「桜の木の下で」 - ンとある日の事。俺はその日、ある山に来ていた。

そこは桜が沢山咲いているところである。(そろそろか)そう思っていると後ろからガサッと音が聞こえた。

振り向くとそこには一匹の白い狐がいた。「......」白狐はじっと俺の方を見ていたが急に駆け寄ってきて尻尾を振って近づいてきた。「...どうした?」そう言うと白狐は俺の匂いを嗅ぎ始めた。しばらくすると俺にこう言ってきた

?「...お前から鉄臭くない!しかも人の匂いだな!」そう聞いて少し驚くがすぐに冷静になり答えた。「まぁそうなるわなぁ...」そう言いながら後ろを向くと一人の少女が居た。その子はどうやら 第3話:三日月の思い・第1話「三日月の戦い方」 - ンはこの本丸に新たな刀剣男士が顕現されると聞いてやって来たのだ。しかし審神者曰く「もうそろそろ来るはずだけどおかしいなぁ...」との事

すると奥から足音が聞こえてくる、誰か来たのかと待っていると襖が開く音がして一人の少年が現れる。少年は辺りをキョロキョロと見回しながらこちらに近づいてきた。「ここってどこ?ねぇ!ここの人ー!」そう叫ぶと少年の後ろからもう一人人影が現れた。そこにいたのは三日月宗近であった。三日月は自分の姿を見て少し驚いていた様子だったがすぐに笑顔に戻った

「なんだお主か、久しいな 『蛍火の想い』(前編) - ンは、主と共に任務に向かっていた

「ほたるちゃん~?」俺は、隣で歩いている彼女を呼んだ「ん?なぁに??」彼女は、キョトンとした顔で俺の方を見たそして、ニコッと笑って言った「私は蛍だよ??どうしたの?」「あ、いやなんでもないよ」俺は笑顔でそう言った「そうなの?」そう言ってまた歩き始めた彼女の顔は先程より少し暗く見えた「どうかした?」俺がそう聞くと「ううん!なんでも!」彼女はそう言って手を振った(なんかあったのかな?)そう思いながらも俺達は次の任務場所へ向かうべく歩いて行った......

その日の夜、俺と彼女は共に縁側で月を見上げていた。ふと横を見ると彼女は眠たそうな顔をしながら俺を見てくるそんな彼女に俺はこう言った「......ねぇ蛍さん」「なにー?」眠いのかいつもより間延びした声で聞いてくる「...いつも思うんだけどなんで俺の事そんなに好きなんですか?」「.........へっ?!」その言葉にびっくりしたような声を出す彼女に俺は笑いながらこう続けた

「だって同じ屋根の下にいるんだし仲良くしたいじゃん」

あとがき

とりあえず今回はここまでです!次からはしっかりとストーリーを進めていきます!!それでは次回までお楽しみに!!



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

襲撃イベント中2

あるところに1人の少年がいた。その少年は物心ついた時から両親の記憶がなく、自分が何者なのかわからず孤児院で暮らしていた。しかしある日、施設長から自分の正体を明かされたことで全てを思い出す。自分は歴史修正主義者によって生み出された歴史を守る戦士なのだということに。彼は検非違使の一員である叔父のもとで剣術を学びながら、彼のもとで修行を始めた。数年後、彼は中学を卒業し、高校への進学と同時に本丸鎮守府に配属される形で審神者として戦うこととなった。それから2年後......

『刀』×『銃』世界の歴史 - 2-3話 歴史修正主義者・検非違使 - ンと

審神者という存在について聞いた時は驚いたものだ。刀剣男士と呼ばれる刀達の力を借りて人ならざるものたちの力を借りることで時間遡行軍と呼ばれている歴史の歪みを元に戻す。だがそれは決していいことではなかった。

【検非違使】

遡行軍達の目的を阻止するために審神者達が結成した政府直属の組織。彼らは審神者の力を秘めたものしかなれないため検非違使達は審神者のように付喪神の協力を得ることはできない。彼らの目的は刀剣男士の力を使って遡行軍側の歴史を変えることだ。そのためか刀剣男士達と対立しているようだ。【検非違使】 検非違使とは彼らが主犯としている遡行軍の殲滅を任務とした部隊であり検非違使に属する刀剣は全て破壊されていた。また刀剣男士達も検非違使所属の刀剣男士以外は皆破壊され戦闘不能となっている。【検非違使】=遡行軍を指揮する人物。主に検非違使長官と呼ばれる人物がおり、彼が黒幕のようだ。しかし刀剣男士の襲撃により検非違使の多くが壊滅状態となり生き残ったものは僅かしかいない。【検非違使】(かんひいじん)=検非違使が率いる刀剣男士で構成されている部隊の総称。検非違使には検非違使補佐官がいるらしく、彼に指示を出すことができるのは彼だけのようだ。彼らは刀剣男士達と敵対しており刀剣男士達と協力して検非違使を支援していると聞く。<登場人物>・加州清光/打刀

山姥切たちの仲間の一人。第5回天下布武杯にて初鍛刀された最初の一振り。主の霊力によって生まれたので一番最初に顕現した短刀である自分を大切に育ててくれたある人に恩返しするため日々修行中。明るく元気なムードメーカーで誰に対しても敬語を使っている礼儀正しい少年。・大和守安定/打刀 堀川の兄弟分である二振りのうちの一人。第4回の天下布武杯にて初鍛刀として生まれた打刀。新撰組メンバーの中で最初に顕現した脇差であるため一番付き合いが長い。ある時自身の記憶について考え込んでしまうことがあったようで......・長曽祢虎徹/打刀 蜂須賀と同じグループにいた刀工による同田貫正国作。彼は刀剣派が多く顕現していた時代に作られた打刀だがそのほとんどが破壊されてしまったため現在は検非違使の下に配属されているようだ。彼はこの本丸において二番目に顕現した古株。「俺は守り刀だぜ?まもってやるのは当然だろ?」

第一章開幕編・始まりの物語 - 【2月1日】出会いの始まり/再会の約束 - ンッ

俺の名前は加州清光、人懐っこくて明るい性格の美少女だ!ある日突然見知らぬ森の中にいて戸惑っていた所に、主だった人と出会ったことで今の生活が始まったんだよね!

・薬研藤四郎/短刀

・来歴

:大太刀

刃長

:137cm/厚

口径 :小太刀 柄次号 :備前長船長光 (号銘不明)号別名:??? 厚化粧をした薬研藤四郎こと薬研藤四郎の姿を取っている少年。彼の本体はとある人物が作成したものなのだが......それはまた後日語るとしよう。戦場における活躍により初期からいる古参の一人であり、よくドジを踏むものの周りを和ませる不思議な力がある。彼がなぜこの姿になっているのかはその人物に会うまで分からないままであった。 第二章開幕編・始動編:開幕話数:000文字

<元ブラック本丸だった本丸>【現在進行形】 - 第3回キャラクター紹介&裏設定公開ページ(未登場キャラ含む) - ンと二次創作について説明します!

~はじめに~この作品にはクロスオーバー世界観設定(※ネタバレ注意!!) - イセカイザーリメイク版の設定です!!---------------------

*登場人物紹介*



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

77話

「それは、『彼』がとある世界で遭遇した不思議な出来事だった。

その日、『彼』はこの世界から姿を消してしまったのだ。そして気が付けば、『彼』がいた時代に自分は立っていたのである。更に目の前に広がっていたのは見知らぬ森で――。 彼はその不可思議な出来事を調べるべく、再び森の奥深くへと向かうのだが......そこにもまた、奇妙な出会いがあったのだ。 第0話:黒き刀との出会い

近侍歌仙兼定sr-カード名第一レア度:太刀 厚藤四郎ステータス傾向: 攻撃性能 必殺値上昇率20%~100%スキル1: 山姥切国広の主力はこの俺だ!初期状態変化技:「写し」第二段階:敵単体の士気減少確率upアイテムドロップ増加極稀泥回避率アップ第二陣以降通常戦闘時に時折見られる行動で味方全員の士気を常に高めてくれる頼もしい姿となる。初期状態変化技:なし備考※主にソハヤノツルキと同じ姿をしている。そのためよく兄弟と言われることが多いが、厳密に言えば同位体ではないらしい......?第三部以降通常戦闘時たまにみられる行動で体力の低い仲間への士気が上がった状態になることがある。その時戦場に出るのはやめておいた方がいいだろう。 彼が出陣するたびに怪我が増える。傷が増えるたびにどんどん重くなっていくような気がするという。彼の本体には血のりが多くついており戦場では血糊がよく飛んでくるので洗濯係をよく任命されているそうな。また、手入れ部屋にもよく行くらしく他の刀剣男士達よりも長居をしているようだ。主曰く、気がついたらここにいてびっくりしたとのこと。鍛刀部屋でも見かけたことはあるそうだがいつも誰かいるような気がするそうであまり近寄らないようにしているそうである。

刀剣乱舞 彼と古龍の子 - 第11.5章・第2回本丸会議編《中》前篇 - ンは次のイベントに向けて戦力拡充計画中の毎日ですねぇ。

天地無用!皇鮫后様漂白世界大戦のイベントとか、本丸内の様子が楽しみ過ぎてわくわくしますよ!!もしよろしければお気に入り登録や評価をしていただけるとうれしいです!これからもよろしくお願いいたします^^

monster hunter worldは楽しいものがいっぱいなので、皆様どうぞご一読ください!!!

モンスターハンターライズ ~瑠璃色の歌姫と黎明の瞳をもつ者~ 八月現在、毎日投稿してます。番外編は今のところ無し。

モンスターハンターフロンティア - 1.第一回・第ニ回本丸会議開催! - ンとこんのすけです! - ンッン~~~ッ☆ 1/1本丸の現状報告会開催中ゥー☆ミ

【実況】真昼のゲーム大会【祝100連覇】1:名無しのスレ民ここは第二回の『総合板』スレです****/*/** ************

2:名無しのスレ民>>1乙

3:名無しのスレ民>>1お疲れさん

4:名無しのスレ民おつちぇすおっつちゃんねらっちょくよーいスタート♪

5:名無しのスレ民>>4おいばかやめろ

6:名無しのスレ民もう始まってる!?ってかイッチの配信で初めて知ったぞ......。

7:名無しのスレ民>>6

初見さんいらっしゃいませ~☆ここは総合板と言って主に情報を公開するスレッドになっておりますぅ。審神者情報ならこちら!https://www.net/series/15554523/coming

soon/vtuber

4:名無しのスレ民>>7初見さんいらっしゃーい。おつっちねーらいふの審神者情報はこちら↓https://twitter.com/mamimu_nanri/status/1187477062814831382

審神者アカデミアの情報局 - 02.新体制になってから... - ジカンガッタナ... - イントロダクション-【総合】本丸の様子を語るスレpart11

1:名無しのスレ民はいどーも。今日も元気にプレイしてまっせ★

2:名無しのスレ民立て乙

3:名無しの実況スレ立てサンクス

4:名無しの掲示板今北産業

5:名無しの実況スレ主・新人審神者になる→本丸設立→初期刀山姥切国広を得る←new

6:名無しのスレ民>>5審神者になったよ!→本丸作る→一期一振と出会う←new

7:名無しのスレ民スレタイ通りィー↑

8:名無しのスレ民本丸の様子が気になるけどまだ始められないんだよねー。でも近侍からの報告でこの様子だと



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

78話

その1 - ンは小説家を目指す高校生、読者である少女・明木野(あきの)

「りつ」。 彼女が現代とは異なる時間軸からやってきた遡行軍による歴史改変で行方不明になる日も近かった... そんな時だった。彼女のもとに政府よりメールが届きある場所へと向かうことになったのは・・・!

時は遡ること20××年某月某日の昼間っ時から物語をはじめよう。

「ここってどこだ?」彼女の目の前に広がるはどこか見覚えのある風景だった。それは彼女が大好きなアニメ、漫画の世界だった・・・! 次回予告第2話 「始まりの場所2018年!」お楽しみに!!

彼女は小説家を目指す - 第2話 『始まりの場所』2019/08/16 20:00 - ンは小説家を目指す - プロローグ2017-06/28

 

『本丸の見取り図』主さまの住む日本家屋の形をした地図だよ。これがないと迷いやすくなるよ! (byこんのすけ)

主が亡くなった本丸を引き継いだばかりの少女の審神者体験日記 - 1ページ目 - ジメッポトゲチイナァ(まだら模様) - ンとうごうごうごうごー!(古めかしい音)

※注意書き※※これは「艦これ

二次創作物」です。※このノートにはキャラクターの設定や設定資料集及びキャラへの愛が溢れています。また「ヘイ!せかいち!」等の公式ネタ・メタ発言もありますので苦手な方はご注意ください※本作の舞台となる本丸の構造は以下の通りです。※

 

審神者名:明木野

りつ本丸総大将:審神者(本名不明。女性?)年齢:16歳本丸運営開始日:2020/6/18現在のメンバー:初期刀山姥切国広、脇差薬研藤四郎、打刀三日月宗近、短刀乱藤四郎、太刀大倶利伽羅、大太刀小烏丸、槍蛍丸、薙刀江雪左文字、長曽祢虎徹、脇差五虎退、軽トラ加州清光、長門国吉光、鍛刀したてほやほやの新入り燭台切光忠

彼女は小説家を目指す - 2頁目 - イントネーションイントネーション→主さまのお名前は?主さまの好きな食べ物は?主さまの好きな動物は?主さまの出身地はどこですか?

プロローグ2017-06/28 12:30-21世紀元号令和元年の刀剣男士たち。通称“剣戟”の付喪神たち。刀剣男士の身体を持っているけど本体である刀剣の意識は残っていて人間と同じ姿形をしている者たちのこと。審神者(主にも刀剣にも該当する存在がいる)に使われることで力を引き出し戦うことが出来る。主によって顕現している時間が異なる為、人前に出る機会が多い。戦闘中以外は本体に戻り、手入れ部屋という場所で休むことも可能だ。主の霊力で動いているため、霊力を与えないとただの置物のようになる。ただし、刀剣の姿のままでいるのは本体が傷を負ったときのみであり怪我をしない限りは基本的に人の姿で過ごすことが多い。また、顕現していなくても刀剣としての力を使っているのか審神者の力を感じ取ることも出来るようだ。審神者から与えられる任務をこなしていく中で経験を積み成長することもある。その過程で個体ごとの個性が生まれており性格が異なるなどする場合もある。また、同じ刀剣であっても生まれた時代が違うことや経験してきた物事などによって違う道を歩んだり辿ったりすることがある。審神者の好みにより見た目が刀剣から大きく外れているものもいるようだが、それは好みの問題なので仕方がないことだと思われる。基本的に審神者が一人につき一振りだけ担当しているためか、審神者の数が増えることはない。審神者が増えれば必然的に本丸も大きくなっていくのだが、その分一人一人にかかる負担が大きくなるのでそうならないようにするのが今の所のやり方となっている。ちなみに、主は複数の刀を持つことはあまり好きではないらしく二振り以上持ったことがないようだ。ただ、過去に別府正宗と呼ばれた刀剣男士がいたことは確認されており、どうやら複数持っていたことは確かなようである。

刀剣乱舞・刀剣乱舞に登場する刀剣男士とは全く違う世界線にいる彼ら。 本作では検非違使庁設立以前に遡り刀剣乱舞と刀剣乱舞及び刀剣乱舞の世界が合わさっている設定です。

【凍結→再構成予定】fate/staynight [heaven’s



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

79話

ある日、突然異世界に転生した主人公の青年が、その世界で生き抜くために冒険者となる。

そして彼は持ち前の知識と前世でプレイしていたゲームの経験値を駆使してダンジョン攻略を目指すのだが......。・ ――それはまるでお伽噺から飛び出したような話であった。・ ――それはまさに夢物語としか言いようのないものであったのだ。・ だが彼の冒険譚はここで終わらない。むしろここからが始まりなのだ!

ゲーム時代に愛用していたキャラクター達がnpcとして現れないかな? という淡い期待を抱きつつ、今日も今日とて本丸に励む主人公なのであった。

<改訂版>とある戦国basara-もしも鬼殺隊に入隊したら-hunter×hunter編- 連載時期未定

【ネタ】 千恋*花吹雪 第一部【全集中の呼吸】を習得するまでのお話です。

everything i need - 第1話 - ンは剣士である-真菰視点- (2020/03/16up)

「炭治郎。お前は自分の身を護ることだけを考えろ」

父さんの声だ。

その日もいつものように稽古に励んでいた俺は、ふと視界に入った光景に目を奪われた。

――水の流れの如く柔軟な身のこなしで宙を舞いながら斬りかかる男の姿だった。

水は日輪刀にも宿ると聞く。ならばあの人もまた日輪刀を持っているのだろうか? いやそんなはずはない。あんなものを人間が持てるはずがないのだから。 だけど現実では有り得ざる現象が起きている。ならばこの目で見たものに間違いなどないだろう。これは一体どういう事なのだろうか......?

竈門家に伝わる神楽舞 - 始まりは終わりの始まりだったかもしれない(1) - ンは笛の音と共に動き出す - ナレーションside-b 『龍宮院富三郎』 大正20年10月某日

『第4話:龍宮院富三郎』(2020/09/1up)

時は平安末期、京にて。貴族階級の末席に位置する一家『龍宮院家』の長男にして次期当主、龍宮院富三郎は父、富文によって呼び出しを受けていたのであった。

「......父上。一体何でしょうか?」

「分からない......。ただお前にしか頼めない用事があるのだと言っておった」 「俺にしか......?」 この時、齢9つにして既に天才剣士と謳われていた彼は、まだ己の父親という者がどのような人物であったのか知らなかったため、余計にその誘いに乗ることに対して警戒心を抱くことはなかったのである。 ましてや、当時12才でしかなかった子供がいきなり当主となるなど、前代未聞のことであり。親としては心配になるのは当然のことだった。だがしかし、呼ばれた理由というのが鬼殺隊に関わることだと聞いた瞬間、彼の眉間に皺が寄ったのは言うまでもないだろう。 「......分かったよ、父上! 俺に任せてください!!」 この依頼に対し快く了承した少年を見て安心したのか、富文はいつも厳つい顔に微笑みを浮かべるのであった。 そしてその日を境に、富三郎は人が変わったように勉学と鍛練に打ち込むようになる。それはまるで何かに取り憑かれたかのように。勿論それは父の期待に応えたいという純粋な思いもあったのだが、彼がそこまで必死に何かをしようとする大きな理由としてはとある噂話を耳にしていたからなのかもしれない。

戦国basara 時空乱世伝withパワーアップキット【完結】 - (02/n)氷川清弦と水柱・弐(2) - ンッ!! - ンとは平安時代末期より続く日本古来の芸能名である。その現代語訳すると『音』になるわけだが、今作に登場するこの物語における彼らは、それとは別の名称を持っていた。 ンンッ......! ンァッ......! ンアッー!!! ンアッーーーーー!!!!

誰がために花束をかざす - 【登場人物紹介1】『第8章:後編』(2020.04.06~現在)』・『登場人物紹介2』(2019.11.27

~2020.24.01~)・『第6章:前中篇』(2020/12.26~21,038.4~)・『第7章:後編』(2020.46.11~20)

【本作独自の設定集】■大正・江戸初期頃~近代初期にかけての日本の文化文明レベル(1か月周期):西洋諸国との距離は約10km。人口約200万人超の時代。鉄鋼業が盛んな町で、町民の多くは和服を纏い帯刀しているが、都会に出ると洋服を着た人々が溢れている。※ちなみに大江戸期以降も服装の流行りは特に無いため、当時の人たちからしたら別に珍しくもない模様。

【挿絵



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

80話

それは、物語の序章に過ぎなかった。

(第一部)「プロローグ」で登場した少女たちは全て同一人物であり、彼女たちがどのようにして出会ったのかはまだ明かされていなかった。 この本丸にいる刀剣男士たちと審神者には同じ記憶があるようでいて微妙に異なるためその関係性はよくわかっていないものの、それでも日々を共に過ごし互いに協力したり助け合ったりしているのは確かだった。

今剣貞宗三国時代に打たれた短刀。粟田口吉光作第一刀。真菰とはまた違う主と共に戦う彼は、幼い外見ながらも頼もしい存在であった。彼が顕現してからというもの常に戦場に立ち続けた少女は、今日も今日とて鍛練に励んでいる。自身の主を守るためにも強くならなければならないと考えているからだ。 愛染国俊二百年前に打たれた脇差。初鍛造個体であるため、まだ幼い容姿をしていた。明るい性格の持ち主だがやや短気で喧嘩っ早いところがあり、よく鶴丸と言い争いをしている。そんな彼もまたある男士から生まれた刀剣なのだとか。 蛍丸国平長柄国に打たれた太刀。こちらも初の鍛刀で生まれた個体のためか幼く、それ故に他の兄弟たちと比べて末っ子のような立ち位置にいたせいかとても甘えんぼな様子を見せていた。しかしながら彼もまたれっきとした刀剣男士の一人である。 物吉貞宗十全名匠作のうちの一つとされる脇差。新人が来るたびに太鼓判を押してもらえることを喜ぶくらいに人懐っこい彼のことを、ボクはいつも頼りにしていた。 ボクらの主が突然倒れた時だって傍にいるのはいつも彼だった。 だからこそ......ボクは彼を戦わせるわけにはいかなかったんだ。

【本編完結】あつもり日記 - 3-3 - イン・ワンダーランド3 - ンは

しんと静まり返った遊園地内に響いた。「......え?」

何が起きた?

混乱した私はその場に立ち尽くすことしかできない。

私の目の前に立っていたのは、小さな少年だった。白金色の髪をした少年はにっこりと微笑みながら言ったのだ。『ボクが、守るよ』

それは私がずっと待ち焦がれていた言葉でもあったのだが......「ちょっと待って!

きみ、誰......?」

本丸にて留守番を任されていたソハヤノツルキのもとに現れた謎の少年が言う。「ぼくは未来から来たんだよ!」「うん、そっかー......って納得すると思ってるのか!?」 突如乱入してきた少年に対し大声を上げながら詰め寄るその男性は、どうやら少年の事を知ってるらしく、何やら知っている様子で言葉を続ける。「俺はそいつと同じ時代の人間じゃないから詳しくは知らんが、おそらくこいつは......」 そこで一度区切ると彼はじっと少年を見つめる。「こいつ、千子村正だ」「――え!? この人があの有名な刀剣!?」

それは遡ること数年前のことであった。とある美術館で展示されていたこの村正の持つ力は並大抵のものではなかったらしい。それに興味を持った当時の政府関係者によって持ち出されそのまま博物館行きとなったそうだ。その後彼がどうなったかは分からないが、どうやら再び現代へとやってきたようだ。 ――でも、まさかこうして目の前に現れるなんて思わなかった。 千子村正といえば現在日本刀界におけるトップシェアを誇る日本刀ブランドの一つである。この村の正という文字からわかるようにその由来は日本にある村正の里のことであるとされている。「あれ......もしかしてキミって僕のこと知らない......? それもそうか、僕有名じゃないもんね。仕方ないね......」「いやおまえこそ何言ってんだ」 『村正は さいごまでいきたかった』 - 4 - ジア4 - ネン

――さて、次の演目は何かな?

――さあね、まだ決まってないようだよ。どうするんだい?

――じゃあ決めてやろうか

「え? いいの? 嬉しいっ!!」 第1回イベント・鍛刀部屋開催記念短編:2人の兄上様!! - 第5話 2振り目の男士 (刀剣難民注意!) - ンとも

あるところに審神者の素質のある女性がいた。

彼女は偶然か必然かわからないが、突然降ってきた玉を拾いそれを手の中に収めてしまったのである。彼女が審神者になるにはさほど時間はかからなかった。「これで僕も刀剣マスター......! がんばるぞーっ! おー!」 そんな平和(?)な日々を送っていたのだがある日の事だった。 彼女の審神者としての才覚の高さに気付いたのはなんと政府の役人だった。彼曰く彼女ならば審神者として本丸を運営することができるかもしれないとのことだった。 彼女の存在を知った多くの者は彼女をスカウトしようと連日神社へ向かったが、誰一人として彼女と会うことがかなわなかった。しかし彼らは諦めずに何度も神社へ向かう。『今日も会えませんでした』『なぜなのだろう?』 だがそれでも彼女と会うことはできない。

ある日のことであった。この日もまた多くの人々が集まる神社があった。参拝客たちの中には彼女に会おうとする者が何人かいるようであった。 そんな中、彼らの前に現れた一人の青年がいた。「なんだ、また来ていたのか?」「あ、貴方たちは......」「オレらはあの方に会いに来たんだが、オマエたちもあの人に会いに来た口だろ」「......ええ、そうよ。私は審神者になりたいと思っている者です」「そうかそうか、やはりそうか!

実はオレもなんだよ。でさ、オレの話を聞いてくれよ。この玉が光ったんだよ。そしたらいきなり目の前にあの人が現れたんだって! これってすげーことだよなー!?」「ああすごいよな!? 本当に神様ってやつがいるんだな!」「ええそうね」 その話を楽しそうに聞く審神者志望の女性。それは彼らも同じであった。(......私も会ってみたいな......) その後、彼女は何度も神社を訪れるが、結局会うことはできなかった。それどころか彼女が現れることもないという事態に陥ったのだ。 そしてついにその日はやってきた。その日とはつまり審神者になった女性にとって初陣となった時である。 この物語の舞台となる審神者の女性はとある神社の前で座り込んでいた。その時である! 女性の手に突如不思議な力が宿ったのは! その力で彼女は遂に本丸を運営することに成功したのである!! - 第1話:「これが僕の初めての任務......?」前編 - ジレル・クロスゲート・オンライン-審神者になるための力- - ンはいつものように目覚まし時計の音と共に目を覚ます。布団の中で眠たい目をこすりつつ起き上がった後、洗面所へ行き顔を洗い歯を磨いた後に台所へと向かう。朝食の準備に取り掛かろうとしたところで家のインターホンが鳴る音が聞こえたため急いで玄関に向かいドアを開けて外の様子を確認する。外には黒髪ロングヘアーの美少女――朝武輝夜ちゃんが立っていた。

「おはよう、兄様」「うん、おはよ~☆」「今日はお寝坊さんね。何かあったのかしら?

まぁいいわ。それよりも早く朝食を済ませましょ」「そうだね~」「はい、それじゃあ両手を合わせて......」『いただきます』 それから二人は一緒に食事を取ることにした。二人とも朝のニュース番組を見ながら食べるご飯がとても美味しく感じているので特に気にしたことはなかったのだが、ふと輝夜は疑問を抱くのだった。「ねぇ兄様、今日のニュースって何か面白いものはあったかしら?」 それを聞いて彼は少し考えた。確かに今日も昨日も一昨日も同じような内容ばっかりだったからな......。 でもそんな毎日同じことばっか見てたら飽きるよなぁ......。「......そうだっ!!」「どうしたのよ急に大声なんか出して......」「決めたよっ!! 僕今日からゲームするよ!!! それでこのゲームについてもっと詳しく知りたいなっ!!!」 そうして彼は自分がプレイしているゲームを彼女に勧めてみることにした。「ふーん......ゲーム、ねぇ......。ま、せっかくだからやってみてもいいわよ」彼女の返事を聞いた瞬間、彼の頭の中にはこの新作ゲームの広告映像が流れていた。(キタ━━━━(゚∀゚)━━━!! これでやっと最新作が出るんだよね!! 楽しみだなぁ......)

カゲロウ・ソードワールド2.0 - 第2話:「これが僕の初めての任務......?」中編 - アーンド! - ンはようやく待ちに待った新作vrmmorpgであるジレル・クロスゲート・オンラインを購入することができた。しかし発売日当日ということもあってサービス開始時刻までに行列が出来ていなかったり店頭販売分も完売していたために、結局当日では買うことができなかったのだ。だからこそ今はネットで予約をして待っている状態である。 「ふぅ~~......ついにこの日が来たのかぁ~」 今僕は自室でゲームを始める準備をしていると不意に部屋のドアからノック音が聴こえてきた。

「私だ。入っていいかい?」「いいよ~♪」僕がそう言うと襖を開けて、父さんが部屋に入ってきた。「久しぶりだね。元気にしてたかい?」 その人は母さんと一緒に僕の生まれた時からずっと傍にいてくれたとても大切な人――父さんだった。「もちろん♪

父さんこそ元気にしてた?」 そんな僕の問いに父は優しく微笑んでこう答えるのだった。「元気だとも。

ところで今日は大事な日なんだろ?早く始めた方がいいんじゃないのかい?」そう言ってくれた父を見て僕もつい笑みを零しながらこう言った。「そうだね~。それじゃあ始めるとしますか!」 こうして僕たち親子三人の久々の再会を果たした僕たちは早速新作vrmmorpgである『ジレル・クロスゲート・オンライン』の世界へとダイブしたのであった。

カゲロウ・ソードワールド2.5 - (第1部・前編)キャラクター作成編ii・後編 - ん:ということで



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

81話

ある日突然、青年は神様と呼ばれる謎の存在から与えられた力で異世界に召喚される。

彼はそこで、仲間たちと共にさまざまな冒険を繰り広げるのだが......。 (第1部・完結)

真伝・湊友成と初代刀鍛冶師 - 第2話「始まりへの序章」・・・「審神者とは、いったいどんな人間なのだ?」 - ンは、彼の話をしようと思う。 今からおよそ1000年前まで遡らなければならない。 この時代は、まだ日本という国名はなく、大和朝廷による政権運営で行われていた。この時代にはすでに多くの神々が存在していたとされているのだ。しかし、ある出来事をきっかけにその数は激減していき現在に至る。人々は日々、平和な日常を送っていたのだ。

しかし、そんな平穏が崩れ去ろうとしていた!なんと天変地異が起こり始めたのである。突然の大地震に混乱した人々によって、大陸が沈み始め人類文明も徐々に衰退していった。そんな中、人々は自分たちだけでも生き延びられるよう祈るしかなかった。 そして、人々は気づいた・・・・・・。自分たちが生きる大地を支えているのは、“木”だという事に・・・。植物というのは、大地だけでなく人々の生活を支える柱でもあり命の象徴でもあったのだ。そう考えた当時の人々は、植物の力を使って自分たちの生活を楽にしていこうと考えた。

「人はいつか死ぬものだ、ならせめて次の世代のために生き抜こうじゃないか・・・」

それからというもの、人類はその叡智を活かし発展を遂げていった。だがそれは同時に、植物たちの命を犠牲にするということ。生み出したものたちを大切に育てていくうちに、彼らは自然と共存するようになっていった。そうして生まれた者たちを現代では『審神者』と呼ぶようになったのだ。

真伝・湊友成と初代刀鍛冶師 - はじまる!審神者とはなんなのか? - グハジマリ - インフィニティエナジー ー審神者とは、いったい何者なのだ!?ー

審神者となった湊友成は、近侍である鶴丸国永を連れて遠征任務をしていた。なぜ彼と一緒に出陣しているのかと言うと、彼が鍛刀した太刀・燭台切光忠を部隊長に任命したからだ。「主さまの初陣には、この僕がうってつけだね!」

そう言いながら彼は自信満々だった。友成自身も初めての戦闘のため緊張していたが、不思議と不安はなかった。むしろ楽しみさえ感じていた。

そしてついに・・・「あれ?なんかここ見覚えがあるような・・・?ああそうだ、ここは確かあの夢で見た場所だ!ということは僕はまた過去に戻ってきたってことかな?」

夢の中でみた場所にたどり着いたのである。そして二人は森の出口を発見して外に出るとそこは荒廃しており草一本生えていない荒れ果てていた。「・・・っ!?」 あまりの変わりように息を飲む二人。その時、二人の耳にある声が響き渡った。『・・・・ァァァァァ!!!』「え、何の声だろう今の悲鳴みたいなのは!?」「誰かいるのかい!?今助けるよ!!」 そう言うと彼はすぐに声の下方向へ走っていく。それに気づいた友成も彼の後を追う。 しかし二人が目にしたのは信じ難い光景だった。「なんだよこれ・・・!?」 そこで見たのは辺り一面に広がる炎に包まれている街の姿であった。しかもあちこちから火の手が上がっており、人々の叫び声も聞こえた。

真伝・湊友成と初代刀鍛冶 - はじまる!!審神者とはいったいなんなんだ!?2話 - ンは驚きすぎていた(困惑) - ルリ(困惑)「えっとつまり・・・」

真伝・湊友成と初代刀鍛冶 - ほんだい1-1 - ムッ!( ゚o゚;≡.ヽノ

゚ヮ`;;イタチサンオモッタラウゴクナンテシツレイダヨネ! (/_;)\-☆;

真伝・湊友成と初代刀鍛冶 - ほんだい1-2 - ソナアトデハジマリマス!(涙)「ようこそいらっしゃいました。我らが本丸へ!歓迎いたしますぞ。拙者の名はこんのすけと申します。どうぞよろしく。早速ですが、おふたりにはチュートリアルをしていただきます。」 そう言うと彼、否、彼女の周りを白い光が包み込むと目の前にあった建物へと転移した。それはまるでタイムスリップでもしたような感じで建物の中は少し埃っぽく薄暗かったためか二人はキョロキョロしていた。そんな彼らの元に白い服を着ている男性がやってくる

「ここは初期刀部屋だ。俺がここの担当をしている山姥切国広だ。あんた達が新しい主従ってやつでいいのか?」 と質問されたので二人は頷く

「そうか、ならさっそくだが今から顕現部屋に移動してもらう。ついてこい」そう言われて彼らは移動するのだが道中で彼らが目にしたものは何本もの刀剣が飾られていてその数の多さに三人共驚くしかなかったそうこうしていると彼らは一際大きな部屋へ案内されるそして中に入ると一人の女性が立っていた。「よく来たな、我が最初の主よ」 彼女はそう言った瞬間彼らの頭の中に情報が入ってきた。審神者名:鶴丸国永武器種:太刀タイプ:近接戦闘型説明この刀剣男士は鶴丸国永と言う名で千年以上続く歴史を持つ太刀であり伝説とも言われた存在である彼は多くの人間を見てきたらしくこの本丸では最初に顕現し皆を支えてくれているらしいそして彼女が次の審神者の説明をしていると部屋の外からバタバタという足音と共に

?「ま ゙~ずがわ ゙ら ゙な ゙い ゙いいいい!!!ってあれ?もう二人増えてるんですけどぉおおおおおお!!」と言いながら黒髪の青年が現れたのだ。どうやら彼も刀剣男士のようだそれもかなり慌てながら

「おい光坊!!廊下を走るんじゃない!!!」と言っていることから彼の名前は燭台切光忠なのだろう。そしてもう一人、おそらく声からして男なのだろうが何故か声がする方向から姿が見えない(・・・・・・・・・・・)「あーーー!やっと見つけたーーーーー!」

と叫んでいると急に襖を開けて女性が出てきたのだ。そしてまたもや白目を剥きかけたのか気を失いかけていたその時だった

パァン!!!!「いっつつ......いったいなぁ......」そう言いながら出てきたのは黒い髪の和装を着た男性だったのだが次の瞬間、二人の脳裏にある光景が流れ込んできた

ーとある時代のどこかの家

そこにいた四人の子供......少年たちが一人ずつ名前を呼んでいる場面があった。「三日月」「小夜左文字」「宗三左文字」「江雪左文字」「「「「僕たち/俺たち/私たちは兄弟だよ」」」」

真・恋姫†無双 ~魔剣の目~ - 2話:新たな仲間 - ンッフフフフッ♪ - んふふふふ♪ - ンは今どこにいるでしょーーか!?答えは~~♪............アッハハハハハ!!!!!! - ヤッホーーーーイ!!!!!( ゚∀゚

)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「............ハッ」ふと我に戻った長谷部はその夢を見ていたようだった。すると隣で寝ていた清光が起きてきた

「......どうかした?」「あぁいや。なんでもない」そう言い布団から出て身支度を整える彼らなのだが突如として警報が鳴り響く

【緊急事態発生!緊急事態発生!各部隊長および副隊長は至急執務室へお越しください】その言葉を聞いた彼らはすぐにでも行こうとするも......

【現在特別鍛刀キャンペーン実施中!大当たりキャラ出現まであと五時間です!!!!】という声を聞き急いで向かうことにしたようだ。

一方のこちらはというと......

???side「......ふむぅううう♪」鼻歌を歌いながら庭で草木を手入れしていた。すると突然どこからか謎の笑い声声が聞こえたため驚いて後ろを向くとそこには長い金髪に赤いリボンをつけた女性がいたのだが彼女はニコニコしながらこちらに向かってきているではないか!そしてなぜか自分の近くまで来たかと思えばいきなり抱きしめてきたのだ!これにはさすがの俺も困惑を隠しきれなかった

え、ちょ!?待って!?俺こんな美女知らないんだけど!?!?

「会いたかったぞ我が愛よ!!!!」なんか知らんけどこの人怖いんですけどぉおおおおお!?!?!?

刃華伝 - 第3話:戦場にてその実力を発揮する - ンはあの後他の面々と共にこんのすけによる説明を聞いていた審神者はすぐさま出陣の準備に入るのだが俺はそれを聞かずに出撃ドックへと向かうために走っていく

『戦場』「ではこれより第1回本丸防衛戦を開始する!この勝利をもって歴史改変者たる存在『検非違使』を打ち滅ぼす!!」

真・恋姫†無双 : 戦場を駆ける一人の武人 - 第4話:新天地である城下町と出会い - ンは今どこだ?俺は誰だ?? - ンとある日のこと

「おいそこの嬢ちゃん。大丈夫かい?顔色が悪いようだが」俺が一人で城下町を見ていると後ろから声をかけられた



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

82話

かつて、俺は1人の少女を救えなかった。

俺の名は「アグモン」。その少女はデジモンという存在で、パートナーのピヨモンと共にデジタルワールドに住んでいた。2年前、俺と相棒は現実世界へのタイムスリップ任務に当たっていた。そこで俺達を待っていたのは......何も無かった世界だった。俺達は絶望したよ。でも相棒だけは違った。『ねぇ!

私達まだ死んじゃってないんだよ!』その言葉を聞いた時、俺は再び立ち上がる事が出来た。『ならやることは1つだ』そう言って俺達は相棒と共に同じ過ちを繰り返さないようにする為に動き出した。 だけど、それは間違いだと気付いた時には遅かった。相棒も仲間を失って傷つきながら、それでも必死に足掻こうとしてた。 『もういいんだよッ!!』

リバイバル・ナオユキ - episode.00『再会と新たな世界へ』 - ンは自分の置かれている状況を整理してみた。

自分は確か、見知らぬ場所にいて目の前にあった謎の本に触れた途端意識が遠のき気が付いたらここに居たのだ。しかし辺りを見回しても自分以外に人が居ない事に気づいた。その時、後ろから突然声をかけられた。「あのぉ~もしかして貴方がこの世界に来た人ですか?」後ろに視線を向けるとそこには自分と似た少女が立っていた。髪形は茶髪のポニーテール。服装は紺色のブレザーの上に白色のネクタイをつけた学校の制服のようなものを着ており首元には赤色のリボンを身につけている。彼女はどうやらこの空間に迷い込んでしまったようだ。彼女の様子から見て嘘ではないだろうと思い彼は答える。「......あぁそうだ」すると彼女が彼の手を握って笑顔になる。「やったぁ!!

これでようやく元の世界に帰れるよ!」喜ぶ彼女を見た彼もつい笑ってしまう。だが同時に自分が知っている彼女と明らかに違う事に戸惑いを覚えてしまった。目の前にいる女の子は同じ名前を持っている別人だ。そう理解してしまった。だが目の前の女の子はとても嬉しそうに喜んでいる。その表情を見るとどうしても振り払えないでいた。

一方その頃、場所は変わってとある部屋。そこにいるのは5人の男女。1人は白い長髪をなびかせた赤い瞳の女性で背中に黒い翼がある。もう1人は長い白髪をした褐色肌の青年男性であり腰には日本刀を差していた。最後の2人は緑色の短い髪に黄色い瞳をしている少年少女達である。彼らは全員ある人物によって集められた者達であった。その内の女性は口を開く。「みんな集まってくれてありがとう」「いえ......それで、私達を集めたのは一体......?」「実はね......」そう言った後、女性は一呼吸おいて話始める。

2045年に起きた第三次世界大戦が起きた直後の事だった。戦争が終わり平和になった世界に突如として異世界に繋がる門が現れてしまいそこから異形の怪物が現れたとの事だ。当時政府では対策本部が設置されておりすぐに異世界への調査が行われたらしいのだが門が開くと同時に発生した衝撃波に巻き込まれてしまいそれに巻き込まれてしまったようだ。幸いにも重傷者こそいたが軽傷者はおらず死者もいない状態だったがそれでも被害は大きく出てしまった為、政府の上層部はすぐに対策委員会を設立し異世界の調査に乗り出したという。それから約一年かけて調べた結果わかった事があったらしくそれを報告するかのように映像に映す女性。映し出されたのは黒髪のショートヘアに青色の瞳をしている青年の姿だった。「これが僕が見た映像です。そしてこの後に知ったのですがここは僕達がいた時代から2050年程後の世界でした」

 

『............』青年の話が終わると共に会議室にいた5人がざわめき始める。それも当然の反応であった。何故なら今彼らがいるこの場所はその2050年からさらに未来の出来事だったからである。いくらなんでもいきなり未来の人間が目の前に現れて混乱するのは仕方のない事だと言えるだろう。そんな彼らの気持ちを察したのか青年はある提案をする。「もし皆さんがよろしければですが僕たちの力になってくれませんか?」『!!』青年から発せられた言葉に驚く一同。「先ほど僕は過去の人間と言っていましたが、実際はまだ生きているんです。ただ今は時空の歪みの影響でこのような状況になってしまったので皆さんに助けを求めに来たのです」「それはつまり俺達の力を借りたいってことか?

言っておくけど俺たちは一般人じゃないぜ」「もちろんわかっていますよ。その為に呼んだのですから」「じゃあどうする?

俺たちで良ければ協力したいところだが......正直よくわからないんだよねぇ......」

そう言って困ったような表情を浮かべている長髪の男性の隣にいた赤目の男性が声をかける。「......俺は構わないぜ。こいつらは信用できそうだしな」「おい鶴丸!

本気かよ!?」隣に座っていた白髪の小柄な少年が慌てて立ち上がると抗議の声をあげる。それを見た長髪の男性はため息をつきながらこう告げた。「どうせ止めても行くんだろ? ならもう好きにさせた方がいいだろ。それにいざって時に仲間が多い方が助かるだろうしな」「............はぁ~......仕方ないなぁ......僕も着いていくよ。こんな状況で一人残されるなんてごめんだからね」諦めたのか疲れたような表情でそう告げる白髪の少年に対して他の4人も同意したようで首を縦に振る。それを見た青年は少し嬉しそうな顔をしてこう言った。「皆さん本当にありがとうございます!! 早速なんですが皆さんの力をお借りしたいのですがよろしいですか?」「ああ良いぜ! この俺、白夜優一郎が引き受けよう!」そう言って白い髪を逆立てた赤い瞳を持つ青年――優一郎はニッコリと笑う。それを見て安心したように微笑んだ青年は後ろに控えていた2人の少女へと視線を向けると片方は黒に近い焦げ茶色色の髪に黒い瞳をしておりもう片方は銀髪に青い目をしていた。「えっと...それじゃあお願いしますね!」2人の少女の内長い黒髪の女性―――真琴(まこと)は微笑みかけながら自己紹介を始める。「はじめまして...わたしは雪宮

真琴(ゆきみや

まこと)と申します。以後よろしくお願いいたしますね♪」続けて薄紫色のロングウェーブの女性―――咲(さき)も同じように名乗る。「私は水無月

真琴(みなづき

まこと)と申します。よろしくお願い致しますわね♪ それとこちらが妹の――」「月波

結愛《つくしま ゆあ》です! よろしくお願いします!」次に長い銀色の髪を二つに分けて結び青い目をしている少女が元気よく挨拶をする。すると今まで黙っていたもう一人の少女は少し気まずそうにしながら口を開く。「......よろしく...」そう言いながら銀髪の少女――――深花(しんばな)

瑠衣(るい)は小さく頭を下げる。そして最後に自己紹介をした青年が笑顔で名前を紹介する。「――改めまして皆さん初めまして。僕の名前は朝地光哉と言います。これからどうぞよろしくお願いします!」

戦国basara striger - episode0ー5 - ンは光哉の説明を聞いて納得したように頷きつつ質問をしていく。「なるほど...つまりその世界に行くにはお前たちの力が必要なわけだな?」そう言うと四人は一斉に頷いた。それを見て何か考えるそぶりを見せる青年。「うーん...............あっ!!」何か思いついたかのように声をあげた彼はそのまま説明を続ける。「あのー............できればで良いのですが皆さんが元の世界に戻るまでの間だけ拠点となる場所を提供していただけませんか...?」その提案を聞いた全員が首を傾げたのは言うまでもないだろう。

場所は変わりとある部屋の中。「まさか光哉から連絡が来るとは思いもしなかったぞ...それで一体何のようだ?...言っておくが我は今忙しいのだ......」そう言った後また作業に戻ってしまう女性――――大神官。しかしそれを聞いても尚青年は全く引き下がろうとしなかった。「...実は僕が皆さんに頼った理由は僕個人ではなくこの世界にいる“彼”が原因なのです」その言葉を聞いた途端作業を行っていた手を止めて後ろを振り向く大神官。「...どういうことだ?」そんな質問に青年はそのまま言葉を続けていく。「実は先程、僕たちがいる世界の時間軸が何者かによって捻じ曲げられているという情報が入ってきたのです......なので原因と思われる貴方に連絡を取りたかったんですよ」「.........つまりは我が貴様らに協力しろとでも言いたいのか?この我に向かって協力を要請するだと......?身の程知らずにも程があるわ!!」声を荒げた彼女は座っていた椅子ごと回転し怒りを露わにした状態で怒鳴りつける。しかしそれに対し青年は何も言うことなく静かに首を横に振るだけだった。それを見た女性はさらに憤慨しながらもさらに言葉を続けた。「そもそも何故お主のような小僧がここに居るのだ!!ここは我ら八大魔王のいるべき場所であるはずなのだぞ!?それとも何か?我等の下に就くつもりか!?」だがそれでも青年はその態度を変えなかった。それどころか逆に睨み返してまでいた。「それは絶対にお断りしますよ......それに僕は元々貴方の部下になった覚えはありませんしここに来たのは貴方が呼んだから来ただけですので」その言葉に再び女性が激怒したと同時に後ろに控えていた男性が慌てて止めようとするがそれよりも早く 「あのー」が口癖の、この物語の主人公。

名前: 白瀬(しろせ) 真人(まひと)年齢:20代前半性別:男性格・特徴: 外見:180cm台後半髪色/瞳の色:黒茶/ダークブラウン服装:黒いスーツ姿/白いワイシャツ姿で、手に手袋を付けている設定: 代々続く審神者家系の一つである「白川家」に生まれた長男として生まれるも、不慮な事故により家族を失い親戚の家へと引き取られる事になった過去がある青年。そこで様々な虐待を受け育った彼は人間不信となり、またある時から霊力を持たない弟に対し劣等感を抱くようになってしまった事で徐々に壊れていく。そんなある日の事......偶然にも彼が触れた刀から魂のようなモノを感じ取る事が出来てしまった事に気付き、そこから始まる騒動に巻き込まれていく事になる――

fate/rival des hell - 第2話『プロローグ』 - ンはその夜、夢を見た。

そこは何処までも果てのない荒野で、ただ地平線まで砂丘しかない砂漠が広がっていた。 空には無数の星々と共に満月が輝き地上を照らしているというのに、それさえ霞ませるような深い暗闇の中にたった独り佇む人影があった。 長い銀髪に白い肌をした、凛とした顔立ちの女性だ。 女性はまるで何かを求めるかのように手を夜空に向かって伸ばしていたが、やがて諦めたのか悲しそうに顔を歪めながら首を横に振った後、再び顔を俯かせてしまう。「......何故なのですか?」 今にも消え入りそうな声でそう呟く女性だったが、それに答えるものは誰もいない......。 その時だった。 突然女性が苦しみ始めたかと思うと全身から赤い靄のようなものが現れたかと思うと、女性の足元を中心に巨大な影法師のようなモノが現れる。しかしそれはすぐに形を変え始め、大きな鎌を持った漆黒の大蛇の形となった。 大蛇の姿はどんどん鮮明になっていき遂には見上げるほどの巨大な怪物の姿となると、その口からこの世のものとは思えないおぞましい唸り声を響かせる。そして怪物がゆっくりと顔を上げると、金色の双眸は血のように赤く染まっており、女性とは全く別人の姿をしていた。 女性は怪物の顔を見つめながら信じられないと言った様子で自分の両頬を手で触れると、次の瞬間......。「............っ!?」 声にならない悲鳴をあげると、女性を黒い何かが包み込むように取り込むとそのまま何処かへと消えてしまった。『■■■■■............ッ!』 残された大蛇はその姿が見えなくなった後もしばらくその場から離れずに居たのだが、暫くすると満足したのか天に向かって咆哮した後、霧散するように消えていった。 ――夢を見ていた気がする。 誰かが私を呼ぶ声がする。でもそれが誰の声なのかは分からない。 例え思い出そうとしたとしても頭がそれを邪魔をして思い出す事が出来ない。それどころかさっきまで何をしようとしていたのかさえも思い出せなかった。 けれど何故かこの感覚にだけは違和感があるような気がした。「どうかしたのですか?

主さま......」 不意に声が聞こえて来ると同時に私の意識はそこで目が覚めた。 目を瞑った状態で誰かの視線を感じたので横を見るとそこには狐耳を生やした幼い少女が心配そうにこちらを覗き込んでいる姿があり私は思わず身体を震わせてしまう。 この少女こそ私が一番最初に手に入れた大切な存在であり大事な家族である“こんのすけ”であった。 私は彼女を安心させようと手を握ってあげると徐々に落ち着いていったようでほっと胸を撫で下ろす。「......夢を見たような気がするんだけど、その内容が全く思い出せないんだよね」 そうして先程の光景について彼女に話してみても、どうやら彼女も同じ夢を見ているようだ。 しかも彼女は時々こうして同じ夢を見るという不思議な現象に襲われる事があるらしい。 ただ私の場合は見た夢を断片的にしか覚えていないような状態であったが......。「――大丈夫そうなら良かったです! では今日も一日頑張りましょう!」 私は彼女の笑顔につられて微笑んでしまう。 彼女が居ればどんな苦難も乗り越えられると信じていたから......。

fate/grandorder 現パロディ - 第1話:「夢見の旅人と桜吹雪の刀使い達(前編)」 - ンと

fgoの世界に転生してから15年の月日が流れた。 まさか自分がfgoの世界に来てしまったとは思わなかったけど......今ではそれも受け入れて毎日を楽しんでいる。 ちなみに前世の記憶はまだ完全に思い出してはいない為、自分はこの世界の人間だという事だけがハッキリしている。 だが原作の知識についてはまだ完全ではないものの、その記憶のおかげで自分がどう動くべきなのかが分かるのは非常に助かっていた。「さてっと......そろそろ出掛けましょうかね!」 そう言って俺は自分の部屋を出て居間へと向かう。 居間にある仏壇の中には両親の写真があって生前の両親が俺を祝福してくれているかのように微笑んでくれている。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

83話

ある朝、神山は目を覚ますと帝劇の食堂にいた。その場所は普段なら誰もいないはずの場所であり、しかもそこはまるでどこかの外国のような建物の中のようで――神山はその場所に見覚えがあった。それは自分がまだ幼い頃の記憶だったからだ。だが、何故自分はここにいるのだろう?そう考えていると突如頭の中に声が響く

『マスターさん!聞こえる?』

声は女性の声で自分に語り掛けてくる。この声にも聞き覚えがあった

「・・・この声・・・もしかして“初穂”!?」『そうですよー』 彼の前に現れたのは帝国華撃団夢組全員のサポートをしているサポートマシン・ティーレだった

サクラ大戦2外伝~ゆめまぼろしのごとくなり2~ - 第1話「予知/出会い」 - ンは見ていた。自分と同じ顔をした者が、別の自分と会話をしているところを・・・・・・

太正18年──京都──

太正5年に巴里で起きた降魔による事件をきっかけに起こった欧州における怪奇現象を収束させるべく、巴里華撃団が中心となって設立した大規模霊障対策部隊である巴里防衛構想軍の本部であった。今ここにはその組織の総司令が就任することになり、それを見に来たのだ。本来なら女性では不可能なのだが、彼女は特例として任命されたのである しかし、そんな最中......彼女がいた世界に異変が起こる

「......なんだ、あれは?」 その空には裂け目が入り、そこから大量の魔物が現れていた。それに驚く人々。そこへ...... 「みんな!急いで避難してください!!」 この声と共に現れる二人の少女達。そのうちの一人を見た瞬間──

「え......?」 自分の口から思わずそんな言葉が出るほど驚いた顔で見る神山。そこにいたのは紛れもなく自分が幼い頃から知る幼なじみの姿だったのだ 「初穂......だよな......」 その幼なじみは自分が知っている彼女と全く変わらなかった。それどころか......

「あの格好って......花組の戦闘服か?」 更にもう一人の方を見て、またしても驚いた顔でそう言う神山。なぜなら、もうひとりの方も彼がよく知っている人だったのだから。 「なんで二人があんなところにいるんだ!?ここは危ないぞ!」 突然聞こえた声に反応して振り返る二人。そこには見知らぬ青年がいた。だが二人はその声を無視するとそのまま割れ目に入っていく

「なっ!!待てっ!!初穂ッ!!クラリスッ!!」 慌てて止めに入る神山。しかし二人にはその声は届かず、割れ目は閉じてしまった。それと同時に帝劇前広場の上空から何かが落下してきた それは巨大な蜘蛛の姿をしており足下にはさっきの青年が倒れている。それを見た神山の行動は早かった

「くっ!!」

近くの建物の屋根に飛び乗り、割れ目を通り抜けるように跳んでいった。そして地上に着地したのは、割れ目から現れた蜘蛛型巨大降魔兵器だった。それを確認した途端彼はすぐに刀を取り出し、構えた。その姿に迷いなどはなかった 「俺は帝国陸軍夢組所属、巽

宗次だ!お前達は誰だ!?」 叫ぶ彼に対して答えようとした時だった──

『我こそは江戸の守護者“天海”なり』 頭の中に声が響いた。それが敵の声だと気がついたのはすぐのことだった 「お前がこの時代の時間遡行軍達の親玉というわけか」『左様。汝らの力でこの危機を救うことができるならやってみるがいい。だが......できると思うなよ?』 そう言い残し、目の前の怪物は消えていった。それと入れ替わるように割れ目から先ほどの二人が落ちてきた。すぐさま駆け寄り安否を確認する二人。幸い気を失っているだけで怪我などは見あたらなかった

真・恋姫†無双~たった一人の男と女~ - 【第2話】その名も・・・ - ンは大帝国劇場前にいた。目の前にそびえ立つ建物を眺めながらつぶやく「......これが今の俺......なのか?」そう答える彼の瞳は青く澄み渡っていた。 次回予告 ~ようこそ!!大帝国劇場前へ~ 時は明治末期、場所は変わりそこは近代的な建築物で埋め尽くされた町であった 太正維新から数年経った今でも日本の中心であり続けるこの街は今日も今日とて平和である

「ここは一体......?」 突然訪れた見知らぬ場所。周囲を見回してもまるで見たことのない風景が広がっているそんな中、彼はあることに気がつく「あれ?ここって......」 今見ている場所に見覚えがあったのだ「なんでここに俺がいるんだ......?」 彼がこの場所にいる理由を考えた瞬間、その答えは出てきた この場所にいるのは自分一人だけではないのだから



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

84話

この話はtwitterに投稿した第2話までをコピー&ペーストしました。https://twitter.com/suto_kohatukiでタグ&加筆したものとなります!

【千聖とデート?】 - 第2話 - ジゲンカクシヨンブツ -&ペーストしました!

【読み切り版】蛍雪本丸物語 - 第1部登場人物まとめ(※2021/10/現在までに登場した人物のみ)※&ペーストしたものになります。第1話が気になる方はhttps://www.fantia.jp/search/item_logue/201504したものです。なので冒頭から時系列めちゃくちゃかもですがお許しください!

【急募】うちの本丸に訳アリ個体が来た場合どうすりゃいい? -&ペーストしました!まだまだ拙い文章ですが楽しんでいただけたらと思います!

【サンプル】https://t.her/syosetu_org/&ペーストしたものです!ンは初めて使うので設定ミスなどがあるかもしれません!その時は教えていただけると助かります!!

【凍結→新連載】日本国召喚 ~しました。

【呪術】腐敗した政府の秘密を知りつつ一般人として生活していた夏油傑に何故か伏黒甚爾がついていく話 - 【呪術したものになります。

【凍結→再構成予定】fe風花雪月 リプレイ - 第1話前編 『再会』に向けて -&貼り付けしたものです。

【お試し連載】兄を救う為に朝廷を利用しようとしている男の話 - 第1章・裏話:兄を救う男編4 -しました。※内容に大きな違いはありません

<凍結>あるゲームキャラたちが斬月世界に転生するお話 - 2話・時空転移?いいえタイムワープして再掲したものとなります。#銀魂クロスオーバーをご期待されていた方申し訳ございません!クロスオーバーは無しとさせていただきます。したものになります

花丸剣豪列伝 - 第1章 始まり~初めての大会~(2) - ンは浦島虎徹を連れて家路についていた。

「いやー楽しかったな!亀吉もそう思うだろ?」『もちろんだともさ!まさか優勝とは思わなんだ!』

実は浦島たちは今日の大会で決勝進出を決めたのだ。浦島の実力ならば当然ともいえるだろう、だがそれに満足していないのは他でもない浦島自身だった。

「どうしたもんかねぇ・・・」

何か悩んでいるようだが、その悩みは晴れる事は無かった。何故なら・・・

「おらももっと強くなりてぇなー!」

浦島には 第1話「初任務ってよ!」その2/新入り編・山姥切国広視点 - ンッ

......なんだこれ。なにが起きてるんだ。俺――山姥切国永(まんばくになが)は今、目の前で起きた出来事に目を奪われていた。目の前には一人の青年が倒れている。白い布を顔にかけられている為、その表情は見えない。しかしその身体には何も傷がついておらず、おそらく眠っているだけだと思われた。だが、今まさに起きている異変によって俺はそれを否定せざるを得ない状況に陥っている。突然この本丸内に現れた二人の男による奇襲攻撃。彼らは俺たちと同じ姿をしていた。ただ一つ違うのは刀を握っていることぐらい ンと

※注意・この小説には以下の独自設定がございます。・審神者・・・刀剣から生まれた存在であり主に付き従う職業。刀剣を所持し扱う者。・刀剣男士・・・主の下で働き共に戦う者たち。刀装と呼ばれる装備を身につける。・審神者以外の人間・・・主に霊力を持たない一般人の事を指す。・刀剣男士・・・顕現させた刀剣の元となった刀剣である。その数に応じて強さにも差が出る。また刀剣によってはそれぞれ個性もある為、性格も様々。・本丸・・・刀剣男士たちが住む家兼職場である。審神者と刀剣男士で協力して管理運営する場所。多くの部屋がある。

・本丸の運営方針・・・基本的には審神者に任せている。ただし主の身に危険がある場合はこんのすけを通じて政府へ報告しなければならない。審神者がいなくても運営できる場合は任せられる場合もある。その場合は刀剣男士たちで管理運営を行う。※一部例外あり

薬研藤四郎に演練場にて出会った少年について聞いてみたら何故かバレてしまったんだが?【本編完結】 - 『番外編・鍛刀』戦場の魔王vs三日月宗近 - ンは

「さぁ、次は俺の番だな!!」「おぉ!待ってましたぞ!!

戦場でのあの御方は凛々しくて美しく...

拙僧も早く手合わせ願いたいものですなぁ」「えっ!?ちょっと待ってくれっ!?」 このあとめちゃくちゃ修行した。

ホラー動画を探し隊 - 【閲覧注意】呪われたビデオの話スレpart11-1(動画番号) - ハーメルドナルド→呪われるビデオスレpart8

1:名無しのバスケ部もうそろそろ大丈夫かな・・・?

2:名無しのバスケ部>>1おうイッチおつかれ

3:名無しのバスケ部>>2ありがとう!

4:名無しのバスケ部とりあえず現状をまとめてみるか?

5:名無しのバスケ部呪われるビデオは現在10本目だよな

6:名無しのバスケ部1月前に見た奴は何だったっけ?

7:名無しのバスケ部2つ目が呪われすぎてるからお祓いした方が良いかもってなったやつだったと思う

8:名無しのバスケ部5本目は>>4みたいな奴だったなw

9:名無しのバスケ部6本目でスレ民のほとんどがグロ耐性無い事が判明したんだよな・・・

10:名無しのバスケ部>>9>>9>>9>>9それは言ってやるなよ・・・

11:名無しのバスケ部呪われるならまだ軽いほうだよなあ・・・ 12:名無しのバスケ部>>13これぐらいで根を上げるようじゃこの先生き残れないよなー

13:名無しのバスケ部>>13ヒェッ......

14:名無しのバスケ部でもさ、怖い物は怖くないんだろ?

18:名無しのバスケ部まぁね

19:名無しのバスケ部じゃあこのスレッドはここまでにして続きを見ていこうぜ

20:名無しのバスケ部次の犠牲者が出たようだなwwwwwwww

21:名無しのバスケ部おっまwwwwwwwwwwwマジでwwwwwwwwwwwwwwwwww

22:名無しのバスケ部>>19なんてもん撮ってんだよwwwwww

22:名無しのバスケ部あーこれはガチでやばいやつだーwwwww

23:名無しのバスケ部おい待て馬鹿どもw 24:名無しの



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

春の本丸( 仮装あり)

「宇宙世紀憲章第27条」より ジオン共和国の成立と地球連邦政府への服従。その過程で、転生者ジオン・ズム・ダイクンやザビ家独裁主義の棄民思想により、ジオン独立戦争後の混乱期を乗り越え、さらにスペースノイド自治条約締結に伴いジオン共和国初代首相として君臨したシャア・アズナブル率いるアクシズの協力を得て、ジオン残党軍残党やサイド共和制反政府組織が活動する地下都市「茨の園」に潜入捜査員を送った結果。「ザビ家が呪われていた!」という衝撃的事実を知るなどする。

真白き世界に咲き誇れ - 2-9 - ンと1-1. 出会いと別れの季節 (挿絵あり) - ンは

“彼”にはもうひとりの自分というものがあった。それが今世の自分自身だと信じて疑わない。 - ん

俺は

“彼”は前世の記憶を取り戻した。それはとても唐突で理不尽だった。

しかし、そうでもなければ説明がつかない出来事がいくつもあったのだ。 俺の名は“宗重”。年齢15歳。高校生だ。

【彼と彼女の関係】『家族』......父方の祖父は元海軍将校。母は料理人で専業主婦。弟がいるが、俺が高校に入って寮生活になったために滅多に家に帰ってこない。

【彼は生まれ変わったのか?】俺はどうやら二度目の人生を歩むようだ。それも一度目の人生よりもかなり特殊な境遇で...。

********** 俺の前世では、1979年から第二次世界大戦が始まった。開戦前も開戦後も日本にとって大きな戦争となったのは史実通りだが、ひとつだけ違うところがあって、アメリカ陸軍が日本に駐留するようになったことだろう。これは日本が史実のように南方作戦に参加できなかったことや、アメリカ空母艦載機による爆弾攻撃を受けて、日本の防衛網を突破されたためである。このことから日本はアメリカの軍事顧問団を受け入れるようになるのだが、やがて彼らは日本を去ることとなる。理由は2つある。 1つ目は、彼らが日本人ではないからであった。 元々彼らは植民地人なのだ。その土地に住まう人々の血縁者ではなく、たまたまそこに生まれただけの人間なのだ。だから、彼らは植民地人の権利があると主張したのである。彼らは日本に永住することを許されていなかった。2つ目の理由として彼らの軍隊における扱いにある。いくらアメリカといえど自国兵に対して厳しい訓練は施さない。何故なら彼らには兵士としての才能があるからである。兵士というのは本来兵器でありそれを操るのは技術者であって、兵士本人ではないのだ。したがってアメリカでは、兵士が自ら銃を持ち戦うという行為は想定されていないのである。ところが日本では軍備拡張のために兵士への戦闘訓練を行っている。このため、彼らは自分たちの軍隊内でさえ戦うことは稀であり、むしろ武器を持つことを嫌っている節すら見られるほどなのである。このような背景もあり、日本とアメリカでの対立は深まる一方なのであった。

俺は宗重として生を受けたものの、赤ん坊の頃の記憶はなく物心がつくまで自分がどこにいたのかわからなかった。それでも、俺を引き取って育ててくれた両親のことは大好きだったし、2人が仕事で家にいない時は1日中庭を駆け回り遊んだものである。 そんなある日のこと、いつものように学校へ行く準備をしていると玄関の方からガチャリと鍵が開く音がして誰かが入ってきたのだ。当時6歳の俺には家の鍵を勝手に開けて入ってくるような人間は家族以外にいなかったから不思議だった。すると母親が言った。

「...あら!まぁ!!あなた可愛いわぁ!!」

俺は鏡を見る。俺の姿は変わらない。しかしそこには母親の言うとおり天使のような容姿をした子供が写っていたのだ。...そう、これが後に俺を女体化させることになる『鶴丸国永』との出会いであった。 俺が自分の置かれた状況に気づいたのはすぐのことだった。俺は女になってしまったのだと分かった。それもただの女にではなく“刀”としての力を宿した女にだ。つまりそれは俺の知る“俺”はもうどこにも存在しないということだ。さらに言うなら俺はもう男に戻れないかもしれないということにも気がついたのである。 男に戻りたいという強い思いはあったものの、かといって戻りたいかどうかと言われればそれは疑問符がつくところであった。だって今こうして女の身体で過ごしているのだから戻るも何もないだろうと思ったからだ。だからこの話は保留にしようということで自分の中で片付けることとした。幸いなことにこの家に住んでいた者たちにはこの事実を知られることはなかったため、俺はそのまま普通に生活を送ることができたのだ。 しかしそれから数年経つにつれある異変に見舞われるようになった。 まず、俺はいつの間にか高校を卒業していたようで高校生ではなくなってしまったこと。それにより今まで着ていた制服はもちろん鞄などもなく着られるものが何一つなくなってしまっていた。今までは母親の服を着ることで凌いできたが、それができないとなるといよいよ困り果ててしまうというものがあった。



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

幻想の上に、夢の中ですのでおやすみなさい

......その1(2020/06/08)

※この話は、物語上の登場人物「東雲絵名」及び彼女の作品「ib-voids - 3月21日0時00分20秒 前編 - ンと

2人の出会いは、とある美術館にて [4/28現在閲覧不可 - ンはそう締めくくると、椅子から立ち上がり、絵名の眼前にあるテーブルを挟むようにして座った。

絵「......はぁ!?アンタ誰よ!いきなりこんなトコに連れて来られて、混乱するなっていうのも無理あるでしょ!?」

突然連れて来られた上に初対面であるにもかかわらず、目の前の人物が言い放ったセリフに対し、思わず声を荒らげる絵名。だが男はそんな少女の様子を特に気にする素振りも見せず、

男「あ~......、やっぱ俺ってお前とは似てないらしいな」

絵「......っ?」 絵「はぁ?何意味わかんない事言ってんのさ。というか、なんでアンタが私を知ってんの?しかも私が此処にいる理由まで知ってたりしてるし......」 男「あぁ......まぁ、そうだな。まずひとつずつ答えようじゃないか」 そう言って男が指を一本立てた瞬間。彼の目の前に一冊の本が現れた。絵「え......?ちょ、ちょっとそれ......!」 男「俺は所謂”審神者”ってやつでね。そんで俺の前にいるコイツはその刀剣なんだよ。

それで今さっき俺がお前の前に来たのは、その刀を俺に持たせる事によってお前に秘められた力を覚醒させる為なんだ」

※ここから下は男によるストーリー説明です。興味が無いという方はスルーしてください

[2019/10/25

pm17:00現在閲覧可能情報]・本丸内の時間遡行軍の存在・審神者に関する情報・本丸の状況※第一部第一話までの情報のみ表示しています。今後随時更新予定です。

keys ~flowering dreamer~ - 【2】夢の世界、三日月と少年 (1/2) - ンと、三日月と呼ばれた青年は話を続けた。ミカゲ「んで、だ。俺としては、お前がどの時間に飛んだのかさえ分かればいいわけなんだが......」絵「だからそれが分かんないって言ってんでしょ!」 そう叫んだ瞬間だった。ふと絵名が視線を落とすとそこには、自分の首元にあった筈の花札柄のネックレスが無かったのだ。絵「えっ......?」 2人『ッ!!!』 突然の出来事に動揺していた絵名は、ハッと顔を上げる。すると彼女の背後に立っていた三日月が徐に手を伸ばし、彼女が首から下げていた花札模様の入った金色のペンダントを手に取った。 次の瞬間、三日月の姿がパッと消えたかと思うと、今度はいつの間にか絵名のすぐ傍へ移動しており、彼が手にしているペンダントを見つめながら口を開く。三日月「......これはもう必要無いだろう。それに、この時代のこの場所ももうすぐ日暮れの時間だしな」絵「......アンタさぁ、さっきから何言ってんのかさっぱりなんだけど?」三日月「おっとすまんすまない!言葉足らずだったか。では改めて自己紹介でもしようか。 ――俺は三日月宗近というものだ。よろしく頼むぞ、主よ」

【キャラクター紹介】三日月宗近...初期ステータスhp20/200mp10/100攻撃70防御30素早さ40霊力50幸運60スキル回復魔法lv1会心必中攻撃必殺技コマンドカード変化球種別:太刀装具解放値:-150~100%

【音ゲーマーは恋をしたい】 - 1-1. ゲームで鍛えた剣術 - ンは、その日から三日月と一緒に行動を共にする様になった。 最初は何をやっても上手くいかない事に苛立ちを覚えていたが、次第に彼と共に過ごす時間の中でその感情は小さくなっていき......いつしかそんな日常の中に幸せを感じる様になっていった。三日月「よし、今日はこの辺りで野宿するか」絵「はぁ?こんな真っ暗の中寝るつもり?勘弁してよねー!!」三日月「...やれやれ、仕方あるまい。ほれっ」 そう言うと三日月は徐にその場で腰を落とし始める。絵名(何してんのコイツ......?) そう思った彼女は三日月の元まで駆け寄ると彼の背中によじ登り、そのまま彼の背に腰を下ろしたのだ。三日月「よいしょっと......」絵「.........」三日月「......どうした主よ、そんなに顔を赤くして?あぁそうか!俺があまりにもカッコ良すぎて惚れてしまったか!」絵「......うっさいわね!バカッ!!///」三日月「...ふっはっはっ!可愛い奴め!」 彼はそう言いながら彼女を乗せているにも関わらず、軽々と立ち上がり、木漏れ日の指す森の方へ向かって歩き出すのだった―――

【キャラクター紹介】

水無月

絵名

女性

17歳

身長158cm・体重42kg b78w58h80趣味:音楽全般、特にクラシック演奏を聴く事。

・概要:音楽界で活躍する新進気鋭の女性ピアニストにして、今話題のガールズバンド“roselia”のメンバーでもある。普段は明るく活発的で少しお調子者ではあるが、音楽の事となると途端に表情や雰囲気が一変し真面目になるなど、彼女の真面目な側面を垣間見る事ができる。だがその一方で、自分の好きな物に没入しすぎるあまり周りが全く見えていない時があり、そのせいで周囲に誤解を与えてしまう事もあるらしいが...... そんな彼女は小さい頃からピアノに触れており、コンクールなどで賞を取る程の実力を持つ天才である。それ故に周囲から期待され続けていた影響もあり、一時期はそのプレッシャーに耐えきれなくなってしまい精神状態が不安定になっていた時期があったのだが、ある事件をきっかけに現在は立ち直りつつあり、また周囲の期待に応えようと努力も重ねている様子。そのため、音楽に対して人一倍強い思いを持ちながら周りに気を配れる優しさを備えており、メンバー達からも信頼されている一面がある一方で、自分の興味のあるもの以外には一切関心を持たない面があったりと、時折我を忘れて暴走してしまう事があるなど欠点も多いようだが、それでもやはり才能に関しては他の追随を許さず、将来有望な存在として周りから認められているのは確かであり、その証拠なのか元々高い身体能力に加え、優れた感性によって作曲に関しても大きな活躍を見せている。

東雲画人の兄 - 第2話 - ンッ♪~♪♪~

絵「ふぁ~~ぁ~~~~~~~~~~~.........ん~~~~~~~~~~.........」 とある休日の昼過ぎ、少女は自室にて呑気にあくびをしながらベッドの上に横たわっていた...。どうやら今日という日はいつもと変わらない一日になりそうだ......。絵名の姉『穂波』「ちょっとアンタ!!いつまで寝てるつもりなのよっ!?早く起きて支度しないと学校遅れるわよ!?」突然、勢いよくドアが開き部屋に入ってきたのは赤髪の少女であった。彼女は穂波の双子の妹で同じく花咲川学園に通う高校二年生

暁山瑞希(あけみやまみずき)と言うのだ。

絵「お姉ちゃんうるさいなぁ~......まだ朝じゃないじゃん......」瑞希「何言ってんの!?もう昼よ!?お昼の時間とっくに過ぎてるんだから!!」絵「......えっ?嘘っ......マジッ!?」瑞希「マジの大マジだから急いで準備して学校行きなさいって!!」そう言うと瑞希は呆れながらもそう言い放ち、部屋を出ていった。

絵「.........そっかぁ~......そんなに寝ちゃってたんだねぇ~...............」そして一人取り残されてしまった絵名はゆっくり起き上がりながらそう呟いた後、ゆっくりとベッドから出た。

絵「............っと......その前に......着替えないとね~」そう言って絵名が部屋を出ると、廊下を歩いてリビングへ向かった。

ガチャ!絵「おっはよぉー!!お母さん!」絵音がリビングへ入るなりそう言ったその時だった......!

ドタドタバタ! 絵名母「............」ビクゥ! 絵名の突然の大声に驚いてしまったのか、台所にいた母は思わず包丁を落としてしまう程に驚いたようであったが、すぐに落ち着きを取り戻すと笑顔でこう言うのだった。絵父「......」フフッ絵「あっごめんお父さんおはよう♪」絵母がそう言うとそれにつられて絵音もまた笑いながらこう言った。絵「お母さんおはよー!」

snscramble! - 【日常】スマッシュ!/新世紀エヴァンゲリオン ~光満ち溢れる世界~ - ンは、ンジリョグ

♪♪♪~♪~

???a(cv.茅原徹也)「アハハッハハハッ!!!これで終わりだッ!!この世界もこの俺様が救ってやる!!!」

【新世紀エヴァ】スターダスト・クロニクルオンライン ~光満ちる世界~ - episode 1 始まりの時...... - ンは、ンジン ♪♪♪~♪~♪♪???b(cv.杉田智和)「またなのぉーーーー!!??」【evaの世界】第3新東京市上空を一機の黒い飛行機のような物が飛行している...

キィィィィンッ!!ヒュォォォオオオッ!!!!機体の上部から青い光が放たれている所を見ると、どうやらパイロットらしき人物はその光を目掛けて突っ込んでくるようだ...!??「くっ!!?」だがその攻撃に思わず目を瞑ってしまったパイロットである男性は次の瞬間...!

カッァァァァァ.........シュゥゥン.........ガシャンッッ!!!機体から謎の生物らしき物が出てきて爆発してしまった。



目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。