生物兵器の夢   作:ムラムリ
<< 前の話 次の話 >>

12 / 37
11. 準備

 ミッションがまだ来ないな、と思う位に何も無い日が続いたある時、呼び出された。
 ファルファレロに変異したのを除く同期全員、そして中堅の内の技量が高い方が檻から出て、連れて行かれる。
 今度はどういう理由だろう……と思っていると、連れて来られた先では妙な物が置いてあった。
 自分達の体格に合った、人間が着る服のようなもの。
 説明を受けた。
 近々、この前の護衛ミッションの近くに隠れて存在している敵対組織に攻撃を仕掛ける。
 その時に、これを着て臨んでもらう。
 ……記憶が鮮明に蘇って来た。
 これまでの中で最も仲間が犠牲になった、敵対組織への殲滅ミッション。銃撃で、トラップで、爆弾で、沢山仲間が死んだ。
 そして、タイラントなる、T-ウイルスの完成品とか言うB.O.Wを隠し持っていて、片目が、片目を失った時だ。
 体力も尽きかけた自分達の中で片目が矢面に立ち、そして自分が命令を出しながら掻きまわし、どうにかして時間を稼ぎ、そして人間達が持って来たロケットランチャーなる武器で爆殺された。
 良く、覚えている。
 人間が服の説明の為に、ショットガンを持ってきて、その服に至近距離からぶっ放した。服は全く破壊されなかった。
 狙撃銃でも同じだった。
 今日から着て慣れろ、との事だった。

 何故、今までそんな便利なものを使わせて貰えなかったのか、疑問に思っていると、自分にそのプロテクターなる服を着させている、警護ミッションの時も一緒だった人間が勝手に話した。
「ついさっき届いた特注なんだよ。
 ただのハンターαが長い間生き延びて、他のハンターとは比べものにならない程に役に立つ存在になる事自体、そう余り無いらしいからね」
 そうなのか。
 自分達の価値は、いつの間にか新入りとは比べものにならない程になっているらしい。
 だから、簡単に死なれては困ると。
 腹を重点的に守り、そして脇や腕、足も守る頑丈な服を着させられ、パチン、パチンと言う音と共に固定されていく。最後に頭にすっぽりと被せられた。
 視界も少し狭くなったし、呼吸も何か違和感がある。
「ガス対策もされているから。息苦しいのにも慣れろよ」
 パチン、と音がすると、人間が離れた。
「じっとしてろよ」
 ……何だ?
「撃つからな」
 え?
 パン、と乾いた音。頭に当たった。腕に当たった。腹に当たった。足に当たった。
 全部、当たった事が分かっただけで、全く痛く無かった。
 脳天に撃たれても、同じだった。
「ショットガンでも、適切に防具のある場所で受け止めれば弾丸を受けずに済む。だが、衝撃までは消えない。
 強い衝撃を受けたら、骨折程度ならするかもしれないから、覚悟しておけ」
 それからも、弱い部分と守らなければいけない部分を教えられた。
 銃から身を守る際には、首と目を守れ。特に目の部分は弱い。また、関節部分を晒すな。爪を出すな。
 そして、自分の同期には、直前に爆弾を配られる事も言われた。それは特に、自分達だけの特注らしかった。
 それとまた、渡される爆弾は、単純な爆発する爆弾だけでなく他の種類も出るらしい。
 そう言えば、何故ファルファレルロは呼ばれなかったのか。
 考えてみれば、簡単な事だった。
 防具を着たら、擬態能力に意味が無くなる。

 カシャカシャと音を立てながら戻って来ると、変な目で見られた。
 早速、プロテクターを着ていない中堅に、爪も使って殺す気で掛かって来るように命じて、試してみる。
 動きの邪魔には全くならず、振るわれた爪を腕のプロテクターで受け止めれば、全く突き刺さらずに止まった。
 一瞬硬直したその中堅の腕を掴み、足を蹴りながら引っ張って転ばせてから、もう一度。
 爪の突きを胸で受け止めても、何ともなかった。突き出して懐まで入って来たその首筋に爪を当てた。
 ……これは、凄いな。
 でも、これを着ていても、片目には余り勝てる気がしない。
 それなのに、早速挑んで来た。挑むなら別の奴にしてくれと思ったがもう断る前に始まってしまっている。
 姿を消さずに、歩み寄って来る。両腕を降ろしたまま、じっと見られている。
 弱点を探しているのか。片目なら、すぐに関節部分を狙えば良いと分かる筈だ。……いや、それ以上に。
 自分が怯えているのに気付いた。
 片目の戦闘能力に加えて、その凶暴さが加わって、自分の事を今、片目はどう見ているんだ?
 仲間、なのか?
 唐突に片目が走って来た。腕の先だけを擬態させて、受けようと思った自分の体そのものが混乱する。咄嗟に腕を前に出して体を守れば、その腕を掴まれて背負って投げられた。
 片目が檻の外に出されて反復し、既に自分のものにしていた投げ。それは筋力も相まって、人間に投げられた時よりも高く、速く、自分の体を宙に舞わさせた。
 そしてそのまま強く背中から叩きつけられて、肺から空気が一気に吐き出され、視界が曇った。
 銃弾そのものは防げても、衝撃までは防げない。
 それさえも理解していたとは思えないが、動けない間に、圧し掛かられ、首を掴まれた。
 もう片方の手が、爪を自分の目に向けて、高く掲げられていた。
 腕も抑えられて動かせない。片目のその顔は、獲物を仕留める時のそれだった。
 死んだ。
 ただ、そう思った。
 爪が突き下ろされる。そして、ガラス部分に軽く当てて、片目の顔は元に戻った。
 ……。
 …………。周りの音だけが、聞こえる。
 気付けば、片目は自分の上からとっくに立ち去っていた。
 死んでいない事に身体が気付くまで時間が掛かっていたような、そんな感じだった。

 他のファルファレルロ達と戦えば、そんな、圧倒される事は無かった。透明になられても、中堅には防具の事もあって普通に勝てる。紅や悪食にも関節部分を取られそうになったが、何とか勝った。
 古傷とは片目の時と似たように負けたが、死んだと錯覚するまではいかなかった。
 ……多分、片目の戦いへの欲求と、ファルファレルロになった事はとても相性が良かったのだろう。
 戦いに身を任せる事が、片目にとって、自分の意志でも望む事だった。
 
 そして、水を飲んだり飯を食ったりする時以外は殆どプロテクターを付けたまま時間は過ぎていき、数日が過ぎた夜、とうとう時は来た。
 二度目の、殲滅ミッション。
 臨むのは、ファルファレルロとなった仲間全員と、プロテクターを付けた仲間全員及びに、人間がそれ以上の多数。
 複数のトラックに乗せられて、出発した。



プロテクターを身に付けたハンター
ゲームで実装なら、目の小さい当たり判定に当てれば即死。
しかし、狙われている状態だと腕で隠す。

強い武器でないと怯みもしない。
怯んだ後に近付けばアクションコマンドが発生し、成功させれば突き倒し、目にナイフを突き刺して即死させる。
みたいな?