生物兵器の夢   作:ムラムリ
<< 前の話 次の話 >>

13 / 37
12. 殲滅ミッション 0

 敵の幹部の全滅、及びに麻薬や武器、情報の奪取、破壊の大半が完了した。
 身体には、銃弾は一発も入っていない。けれど、爆弾の衝撃で体を打ち付けたり、苦し紛れの抵抗で切られたり、殴られたりという傷の方が多かった。
 自分達の撤退命令が出て、終わった、と思った。
 仲間が沢山死んだ。自分が仕留めた最後の人間の背中から、ゆっくりと爪を抜く。
 肋骨の間を縫って心臓に突き刺したその爪は、血だけではなく、煤にも塗れていた。

 仲間の死体を傍目に見ながら、生き残った仲間達と徐々に合流していく。
 致命傷を負って動けなくなっていた仲間に、時に止めを刺しながら。
 爆発や銃弾でぼろぼろになった通路。
 上半身が吹き飛んだ人間、仲間達。機関銃に木っ端微塵にされた仲間。爆弾で破壊したその機関銃の破片。
 弾け飛んだ沢山の銃弾の痕跡。
 ゆっくりと歩いた。
 人間と合流した。疲労の色は、自分達と同じく隠しきれていなかった。

 分かれ道を来た順番に戻って行く。
 仲間と合流していく。
 腕から血を流している仲間も居れば、足を引き摺っている仲間も居る。背中に大きく火傷を負っている。口から血を吐いた痕があり、ふらついている。
 自分は軽傷な方だった。
 ……見た目では、半分は死んでいるだろうか。
 ふらついていた仲間が倒れた。
 口からまた、血を吐いていた。
 それを見た人間が、言った。
「……駄目だな。置いて行け」
 ……くそ。
 ひゅー、ひゅー、と苦しそうな呼吸をしながら、自分の足を掴んで来た。
 嫌だ。死にたくない。置いて行かないで。
 そのとても強い願いに自分は、応えられない。
 仕方なく止めを刺そうと思った時、強い衝撃の音が聞こえた。
 ドン、ドン。
 足が止まった。爆発の音じゃない。誰かが扉か何かを叩いている音だ。しかも、結構近い。
「何だ?」
 音の方に顔を向ける。開いた扉と、その先の薄暗い空間がある。
 そこも人間達と仲間が入って、出て来た場所だった。殲滅は完了している筈だった。
「――! ――――!」
 人の声だ。人間が銃を構え、仲間達は射線から外れながら後退した。明らかに、おかしい。
 どん、どん。
「――――ぁぁぁぁあああああああああああああああっ」
 その断末魔と共に、足音が聞こえて来た。
 扉の先から、扉の高さよりも高い、何かが見えた。
 ……人間?
 裸で直立している。自分達のように鱗とかも生えておらず、見た目はでかい人間のようだった。
 剥き出しの心臓や異様に伸びた右手の爪に、ただの人間が突き刺さっている事を除けば。
「……タイラント?」
 銃を構えていた人間が、そう呟いた。
 B.O.Wなのは間違い無かった。でも、どう見ても、ヤバい。
 存在感だけで、見た目だけで危険過ぎると分かる。
タイラントが正面を向いて、扉の上から顔を降ろして自分達を見た。
「広い所まで逃げろ!」
 そう人間が言うのと、タイラントが爪を払って人間を投げ捨てたのは同時だった。
 そして、掴まれていた足を振り払い、自分も全速力で逃げる。その死にかけが後続の仲間達に踏まれて悲鳴を上げた。そして何も聞こえなくなった。
 扉の向こう、それからもう少しした所にその広い場所があった筈だ。
 そこまで行けば人間が何とかしてくれる。
 背後からは、そのタイラントの近くに居た仲間達の悲鳴が聞こえた。
 一度、二度、三度。重い足音と共に、叩き潰される音、突き刺される音、投げ飛ばされる音が耳に届いて来る。
 頭上を腹を貫かれた仲間が飛んで来た。
 目の前の人間にぶつかって倒れる。
「助けてくれ!」
 押し倒された人間も無視して、びくびくとその上で震えるハンターも無視して、飛び越えた。
 コンテナだらけの倉庫に着き、何が起こっているのか分からない仲間達を、とにかく広く散らせた。
「助けてくれ! 頼む! 嫌だ! ひっ、
 あああああああああああああぎゃっ」
 ずん、と踏み潰された音。
 人間達は、自分達ハンターαは、戦わなければいけない。
 こいつを殺さなければいけない。
 そうでないと、生き残れない。
 逃げ切れるだなんて、思えなかった。

 広間に入って来た瞬間に、人間達が銃弾を浴びせた。自分も死体の傍にあった爆弾を拾ってピンを抜き、投げた。
 剥き出しの心臓を守りながらそのタイラントがコンテナの傍に隠れた。
 瞬間、自分の投げた爆弾が爆発し、煙に包まれた。
 ……何となく分かる。こんなんじゃ全く効かない。
 近寄ろうとした仲間を大声で止める。煙の中から爪が伸びて、仲間に向かった。
 その仲間は、爪を躱して逆に心臓を切り裂いた。
 ……あいつは。
 そうだ。強い奴だ。数は一番最初の、No.1。
 血が噴き出す。その強い奴は掴まれる前に距離を取り、そこへまた銃弾が浴びせられる。
 が、銃弾の密度は心許なかった。タイラントもすぐに腕で防御する。
 タイラントの心臓から噴き出していた血は、いつの間にか止まっていた。
「弾はどうだ!」
「もう余り無い!」
「敵から武器ごと剥ぎ取れ!」
「拳銃位しか無い!」
 ……これは。
 一瞬の沈黙。銃弾を打ち尽くし、タイラントが防御姿勢から戻る。
 からん、からん、と銃弾が落ちていく音がした。
「ハンター達! 命令だ! 俺がロケットランチャーを取って来る! それまでに少しでも弱らせろ!
 またお前等は武器を掻き集めてハンターαの援護に回れ!」
 何だ、その命令は。
 自分達が人間の援護をするのではなく、人間が自分達の援護をするだと?
 でも、銃器を失ったとしたら、最適なのも間違い無かった。
「No.27! 生きているな! お前が指示をしろ!」
 ……自分が、仲間の命を握る事となった。

 爆弾を持ってコンテナの上に立つ。指と声で指示をする。周囲の逃げられる位置に、仲間を配置。
 タイラントが自分に死体を投げつけて来て、屈んで避けた。その隙に銃弾が心臓に当たる。
 一瞬の怯み。No.1がまた、いつの間にか背後に立っていた。足を切り裂き、爪を避けて走り去る。
 タイラントが怒って追いかけ、広間の中央へ来た。No.1はコンテナの隙間へ逃げ込み、それに手を伸ばした瞬間に攻撃命令。近くに潜んでいた二体の仲間がNo.1と同じように足を傷付けて、別々の方向へ逃げた。
 爪を振り回した時にはもう届かない。別々の方向へ逃げたハンターが居るだけ。
 タイラントが迷った瞬間、人間が爆弾を転がした。
 ドン、と爆発が起きる。タイラントが転んだのが見え、思わず跳躍していた。
 爆煙の中、上空から倒れたタイラントの心臓に爪を突き刺し、逃げる。
 血が噴き出る音が背後からした。流石にこれは効くだろう。
 と思ったが、それは悪手だった。周りからハンターが追撃しに来ていた。
 駄目だ! 声を上げて警告しようと思った時には、爪のある右手が一体の仲間の腹を切り裂き、左手が一体の仲間の頭を掴んでいた。
 掴まれたハンターが苦し紛れにその腕に爪を突き刺す。助けに自分も戻ってその腕を切り裂いた。弾丸が頭に突き刺さり、手が緩んだ隙に逃げ去った。
 腹を切り裂かれた仲間が這って逃げようとしている所を、立ち上がったタイラントが強く踏み潰した。

 コンテナの上にまた登ると、No.1がタイラントの死角のすぐ近くで爪を構えていた。
 何なんだあいつは。どうして怖気づかずにあそこまで。死んだ仲間をタイラントが人間に向って投げ飛ばし、その瞬間にNo.1が足に爪を突き立てた。
 タイラントは、それだけでまたバランスを崩した。吼えてNo.1を退かせ、持っていた爆弾をピンを抜いて投げつけた。
 爆発、転倒。
 直後、今度は素早く心臓を切り裂いて、反撃される前に仲間達が逃げて行った。連携は、上手く行っている。
 更に加えて、人間が爆弾を投げた。心臓の近くに転がった爆弾は、血の雨を降らせた。
 血煙が晴れると、倒れ伏し、動かなくなったタイラントが居た。
 ……。
 殺した、のか?
 何度も切り裂かれ、撃たれ、爆発に巻き込まれた心臓は、未だにびくびくと動いていた。
「やったか?」
 一人の人間が安堵気味に言う。
 が、何か、自分の中に存在する直感がまだ終わってないと言っていた。
 仲間達も同じだった。
 近寄らないように指示し、爆弾を集めさせる。
 自分の手に爆弾が一つ。仲間も少し持っている。
 人間がショットガンを一つだけ、後は自分の鱗さえも傷付けられないような拳銃のみ。
 まだ、ロケットランチャーなる武器は来ない。
 ……。
 びく、とそのタイラントの体が震えた。
 心臓の形が再び元に戻り始める。
 拳銃が撃ち込まれた。的確に心臓に当たるものの、それだけではその再生は止められなかった。
 びく、びく、とタイラントの全身が痙攣するように動き、そして、体が赤く変色していく。爪がより太く、長く目に見える速さで伸びていく。
 ショットガンを持った人間がそのタイラントに近付き、ゼロ距離で心臓にぶっ放した。
 心臓がまた弾け、変化が止まった。
 続けて、ジャコン、と音をさせて排莢、二発目。排莢、三発目。
 排莢。
「……え?」
 左手が、足を掴んでいた。
「うわあああああああああああああああ」
 四発目がその腕に直撃し、緩んだ隙に人間が振り解き、背中を向けて逃げた。
 タイラントがむくり、と起き上がる。三発もゼロ距離で、しかもショットガンで貫かれたのに、心臓はもう元の形を取り戻そうとしていた。
 何だ、これは。
 心なしか少し大きくなっているようにも見えた。
 体は更に筋肉質になり、爪は自分達のとは比べものにならない程に、そしてさっきのタイラント自身よりも、禍々しい。
 嫌な予感しかしなかった。
 コンテナの物陰に逃げた人間の近くには、仲間達も残っている筈だった。
 大声で叫んだ。
 逃げろ! そこは、安全じゃない!
 言葉で直接伝えられない口が不便で仕方ない!
「そこから逃げろおおおおおおおおおおおお!」
 仲間達がやっと逃げた。けれど、人間が逃げ遅れた。
 タイラントが走ってコンテナの物陰へ、爪を掬い上げるのが見えた。
 人間がただの物のようにくるくると、高く宙を舞った。握られていたショットガンが一回、発射された。そして、ショットガンが人間の手から離れた。
 どちゃ、と人間がコンテナ越しの、自分の見えない場所へ落ちた。
 タイラントが踏み潰す音が聞こえた。
 ショットガンも、破壊された。
 爆弾が転がされた。爆発しても、全く怯まなかった。

 どうすれば良い。
 タイラントが不意に走り出した。逃げろと吼えるがもう遅かった。物陰から様子を見ていた仲間二体が同じように、爪で掬い上げられ、宙を舞った。
 その瞬間、いつの間にかコンテナの上に居たNo.1がその背後から跳躍して、タイラントの心臓から背中、足へと切り裂いた。
 が、タイラントは殆ど怯まなかった。心臓も血が大量に出る前に治った。
 振り返って、爪で払うタイラントの股を潜り抜け、No.1が逃げる。逃げるNo.1を援護にと拳銃の弾丸がタイラントに当たるが、やっぱり全く何の役にも立たなかった。
 コンテナの隙間にまた逃げるNo.1に対し、タイラントはその長い腕で両隣のコンテナを掴んだ。
 圧し潰すつもりか?
 ぐ、と力が込められた。反対側へ逃げるNo.1の足が出る前に、引っ掛かった。引っ張っても抜けなかった。
 No.1が叫んだ。恐怖に負けた、震えた声だった。
 自然と、足が動いていた。あいつだけは死なせてはいけない!
 疲労が積み重なっていた足は、最高速が出ない。でも、走らなければいけなかった。コンテナの上を跳び、タイラントが自分に気付く。が、タイラントは全く意に介せずに悠々とNo.1に向って歩いた。
 指示した訳じゃなかったが、背後から音も立てずに他の仲間達が足を切り裂いた。
 歩みは止まらなかったが、走り去って行く仲間はタイラントの足元に爆弾を置いていた。
 二つ、爆発した。だが、それでも少し下を向いて、立ち止っただけだった。
 ……それで十分だった。
 爆弾を爪先で掴み直し、ピンを抜いた。
 下を向いていたタイラントに向ってコンテナの上から跳躍し、爪の先で摘まんだ爆弾ごと、心臓に突き刺した。
 自分は背中から地面に落ちると同時に、タイラントの心臓が爆発した。

 再び血の雨が降り、背中の痛みに堪えながら立ち上がろうとした時、自分の足が掴まれた。
 嘘、だろ。
 これでも怯みもしないのか?
 死の恐怖が一気に体を襲った。掴まれた足が震えていた。
 ……それは、自分の震えじゃなかった。タイラントの震えだった。
 そして、タイラントの背後に、No.1が居た。
 跳躍して、首に腕を回し、その眼球に深く爪を突き刺した。
 ぶつ、と眼球が破裂した音がした。ぐちゅり、とその奥の組織が掻きまわされた音がした。
 今まで全く声も発しなかった、タイラントが初めて叫んだ。自分の足からタイラントの手が離れた。
 腕が切り裂かれてNo.1が落ちる。落ちたNo.1へ更に、滅茶苦茶に振り回された爪が顔をなぞった。
 けれども、No.1は怯まなかった。そして自分は、目の見えなくなった、暴れるタイラントの背中に跳び掛かり、再生しつつある心臓に自分の両腕の爪全てを突き刺し、かき回した。
 沢山の血が自分に降りかかる。そして、血に染まって僅かに残る視界に、タイラントの目の前へ跳躍したNo.1が見えた。
 後ろに引き絞られた爪が、一瞬で、タイラントの首を深く抉った。
 No.1が着地すると同時に、タイラントの首からも血が噴き出した。
 タイラントがとうとう膝をついた。
 自分がまた、背中から落ちた。
 直後、聞こえた。
「逃げろ!」
 No.1に引きずられて逃げる中、膝をついたタイラントに何かが着弾し、木っ端微塵に弾け飛ぶのを見た。



 今なら、タイラントが来ても、より犠牲が出ないように立ち回れるだろうか。
 いや、それともNo.1、片目が全部やってしまうかもしれない。
 ……ともかく。
 一番記憶に残っているのは、その光景だった。
 けれども。
 一番仲間が犠牲になったのはそこじゃなかった。それ以前の、沢山の人間やB.O.Wとの戦いだった。
 それが、今から始まる。
 絶対に、死んでたまるものか。



始まる前にこんな戦闘シーン書いちゃってどうするの。
で、戦闘シーンっていつも上手く書けてるか分からないけれど、最後のシーンだけは良いんじゃないかとそこそこの自信がある。
(時間を稼ぐどころか倒しかけてるじゃないか!)