MrサタンZ 真の英雄   作:寅好き

11 / 55
ここからはまだ構想が出来きっていないので、今までより少し更新速度は緩やかになると思いますが、勘弁してください。


新章突入!天下一大武道大会だ

「カーシさん、パパどこにいるか知らない?今日は朝から稽古つけてくれるって言ってたのに、もう。」

サタンの溺愛するビーデルが頬を膨らませ可愛らしく怒りながらケーキを鷲掴みにして食べているカーシに尋ねていた。

この頃はよりサタンとカーシの蜜月ぶりに拍車がかかっていたため、カーシならば知っていると思い尋ねたのだった。

「サタンならいまギョーザマネーとかいうやつと話してるぞ。」

「ギョーザマネー?」

そう今サタンは新たに開催される天下一大武道大会の打ち合わせを行っていたのだ。

正確に言えば『ギョーサンマネー』という世界的な大富豪が、サタンの大ファンの息子の為にサタンを呼んで大会を開こうとしたのがことの始まりであった。

(忘れていたが、そういえばこの大会中にも大変なことが起こったんだよな、それも悟飯君達が何とかしてくれて、いつも通りわしが讃えられると。今回も良い機会だからカーシと話して、何とかしよう)

「どうしましたミスターサタン?」

「いやなんでもない。」

サタンは過去を回想し決心をつけた。セルゲームに続き天下一大武道大会でも皆をカーシと共に救うと。

ということで前回は金持ちの道楽かぐらいにしか考えていなかった天下一大武道大会を開くことに大いに賛同し、話を進めることになった。

――――

「こんちはー、悟空いるか?」

「ん、クリリンじゃねえか、久しぶりだな入れよ。」

時は経って約1週間、久々にクリリンがパオズ山の悟空の家に訪ねて来ていた。

「どうしたんだクリリン?」

「ああいい話があってよ、また天下一大武道大会とかいうのが開かれるんだってよ。」

「大?」

クリリンの口から出てきたのは聞いて久しい天下一武道大会であった。ただ中央に『大』という語が入っているが。それに悟空も気付き声に出したのだ。

「まあ主催者が違うってだけだよ。天下一武道大会と同じように考えてもいいと思うぜ。

久しぶりに開かれるっていうんでお前たち親子にも教えてやりたくてな。もちろん出るよな。」

「ああ、出てえのはやまやまなんだがな、チチが……」

悟空は言葉を濁し悩ましげな表情を浮かべる。

「ははは、そういうと思ったぜ。それにはいい案がある任せとけって。」

クリリンはそう自信ありげに胸を張ってチチの所に向かう。

「クリリンやめろ。殺されっぞ。」

悟空の制止の声も間に合わずクリリンは悟飯の部屋にいるチチに会いにいった。

悟空は中の声を聞くために耳を傾けた。

「ああクリリンじゃねえべか、久しぶりだなあ、どうしたんだ?」

「クリリンさんこんにちは。」

悟空と同じ対応のチチを見てクリリンは夫婦だな、いいなあと思いながらも、本題に入る。

「ダメだ。悟飯ちゃんの時間は無限にある訳じゃないんだ。諦めてくんろ。」

「あちゃ~。」部屋の中から怒鳴り声が聞こえたことにより、やはりなと悟空は諦めかけていた。

しかし、クリリンには必殺技があった。

「ちょっと耳を貸してください。実は……一億………温泉……」

「ほんとけ?」

「ええ」

なにか端々しか聞こえなかったが、チチが喜び出したのは分かった。

その時であった。

「悟空さ」

「うぎゃ」

「そんな壁にめり込んで何してるだ?」

急に力強く開け放たれるドアに、サイヤ人の反射神経を持ってしても避けられない悟空。凄い妻である。

「まあいい。悟空さ、悟飯ちゃんと天下一大武道大会にでるだ。」

「おおいいのか。」

「ああいいだ。悟飯ちゃんも勉強ばかりあきちまう。ただし、絶対に優勝と準優勝をするだ。分かったな。」

チチのお許しが出たことで「ヒャッホウありがとなチチ」と喜ぶ悟空。伝えに来てよかったなと思いながらも、少し後悔するクリリンであった。

「じゃあおらがベジータにも知らせてやっかな。」

「ベジータまで」

すっと立ち上がる悟空に驚きの声をあげるクリリン、まあ予想はしていたがという表情でもある。

「ああそうだぞ、じゃあ行ってくる。」

悟空は眉間に人指し指と中指を当て、瞬間移動の体勢に入る。「いた」という言葉を残し悟空は消えた。

「じゃあ僕はピッコロさんに行ってきますね。」

嬉しそうに飛んでいく悟飯を見て肩を落とし「しくじった。」とより後悔するクリリンであった。

 

――――

所変わってカプセルコーポレーション

「オッス」

「うわ孫君いきなりあんた現れるわね。」

いきなり現れる悟空に少し驚きながらも、慣れた感じでさらりと流すブルマ、なれたものである。

「カカロット、貴様なんのようだ。」

「いきなり喧嘩腰だなベジータ。いい話を持ってきてやったのに。」

いきなり突っかかるベジータこれもお決まりなので、今回は悟空が上手く流す。

「お久しぶりです、悟空さん」

ベジータの後ろから現れたのは大人トランクスであった。

「おお久しぶりだな。お前の気があったんで勘違いかと思ったんだがやはりいたんだな。どうしたんだ。」

「未来の人造人間を倒したのでその報告を。」

「やったな」

我が事のように喜ぶ悟空を見て伝えに来てよかったとより実感するトランクスであった。

「カカロット、いい話とはなんだ言え」

「せっかちだなおめえは。まあいいか」

そう言うと悟空はクリリンから教わったことをベジータ達に伝えた。

「ほお、カカロットお前ももちろん出るんだろうな。」

「あったりめえだろ。」

悟空の言葉に嬉しさを隠せないベジータ。

「嬉しそうね、ベジータ。」

「う、うるさい。」

茶々を入れるブルマ、仲よく夫婦をやっていると垣間見えるやりとりである。

「もういい、トランクスお前も出ろ。」

「え、俺も出ていいんですか。」

まさか出るとは思わなかった言葉がベジータから出たことに驚きを隠せないトランクス。その様子を笑顔で見ているブルマ、関係は良いようだ。

「当然だ。カカロットの息子に負けたら承知せんぞ。」

「はい。」

トランクスは本当に嬉しそうに返事をした。

「今から重力室に入る、お前も来いトランクス、鍛えあげてやる。」

「はい、父さん」

感激で今にも泣き出しそうなほど喜んでいるトランクスは「失礼します」と悟空に言いベジータに続いて出ていった。

――――

「ということなんです。」

天界についた悟飯もピッコロに話を伝えていた。

「ピッコロさんも出てくれますよね。」

「もちろんだ。お前の成長を見るためにもな。」

「やったあ。」

ピッコロが快諾したために大喜びする悟飯だった。

ということでZ戦士は皆出場することになった。

『俺達は?』

もちろん天津飯、ヤムチャも出ます。




劇場番とは大部変わりましたし、これからも変わりますがお許しください。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。