MrサタンZ 真の英雄   作:寅好き

20 / 55
決勝戦始まる

「な、なんだとーーーー!!!」

今大会で一番の大きさの怒声が会場だけでなく、その会場が位置するエリア全域に轟いた。

「貴様もう一回言ってみろ。」

「ええですから。」

アナウンサーは戸惑いながらももう一度先ほどと同様に説明する。

ベジータが怒声をあげたのは決勝戦の説明を受けた時である。

その説明は簡潔にまとめると、4つのエリアに分かれそこのエリアボスを倒す。

その時間を競うというものであった。

ベジータは残った者達でのトーナメントと思い込んでいたためである。

「貴様ー、この俺を本気で怒らせたいみたいだな。」

「まあ落ち着けよベジータ。」

怒りにより超化し黄金のオーラを撒き散らしながらアナウンサーに詰め寄ろうとするベジータと、必死になってなだめようとする悟空である。

「おめえが戦いたい時に戦ってやっから落ち着けよ。」

「黙れカカロット、俺はお前と戦うためにこんなくだらん大会に出てやったんだぞ。」

ベジータの怒りは治まりそうにないなと皆が思っていた、しかし急にベジータは黙りなにかを考え出す。

ろくなことじゃないなとベジータをしる者は皆一様に思ったが静かなほうがいいやとほうっておいた。

これが後々問題を引き起こすことになるのだが。

「おい、貴様ちょっと来い。」

「はいなんですか。」

ベジータの無礼な態度には腹がたつが、断れない力が声から感じとりアナウンサーはベジータに近づく。

「おい決勝戦では……は認められているのか。」

「ええ、構わないと思いますが、無理だと思いますよ。

エリアの広さを考えると。」

 

アナウンサーの返事を聞くベジータ。

聞き終わった瞬間である。

「フハハハハハ、命拾いしたなお前」

大口を開けて笑いだす。

キレたり笑ったり本当にせわしないベジータであるが、これこそがベジータである。

 

ベジータ、悟空、アナウンサーで話している時に別の所でも話をしているものがいた。

「ねえ、あなた。何者なの?」

「え、僕?」

ビーデルが寄ってきて悟飯に尋ねる。

急に声を掛けられた悟飯は本当に自分のことかと自分に指をさして尋ねる悟飯。

「そうよ、あなたよ、私と同じ位の年なのにあの以上な強さ、気になっちゃったのよ。」

「え、そうかな。あれぐらいなら普通だと思うけど。

それに、君だってヤムチャさんを倒すなんてすごいと思うけどな。」

ヤムチャを倒したと言うことを聞いていた悟飯は話を変えるためにもビーデルを褒めることにした。

しかしそれがいけなかった。

「そうかしら、私の強さなんてあなたに比べたらたいしたことないと思うけど。

それにあれは私の力じゃないしね、今はもうないわよ。」

ビーデルは小さいカーシに助けられて勝ちを治めたことに納得がいかずすでに小さいカーシを返していた。

「え、そうかな。」

「そうよ。どうしたらあんなに強くなれるのか、あなたの本気はどれくらいか教えてほしいのだけど。」

唐突に要求するビーデルと、困惑する悟飯。

「なんか嫌そうね。もういいわ決勝戦はあなたにどこまでもついていくから。」

「えーーー!!」

という訳で悟飯についていくことを強硬に決めたビーデルであった。

このころからすでに戦闘力以外の上下関係が決まっていたのかもしれない。

「では、みなさん。

好きなコースターにお乗りください。」

話を仕切り直し前に進め始めた。

「よし、おらはこれにしよ。」

「フン。」

「少し詰めてよ。」

「え、無理だよ。これ1人用だよ。」

「私たちは小さいから大丈夫よ。」

となんだかんだありながら悟空、ベジータ、悟飯&ビーデルは決勝戦行きのコースターに乗り込んだ。

動き出したコースターは一直線に決勝戦の場に戦士達を導いた。

「あっちいな~。」

悟空がついたのは陽炎渦巻く砂漠であった。

「よっ、よく来たな悟空。」

「ん?」

悟空は突如何者かに声を掛けられた。

振り返る悟空が見たのは、巨大なクッキーを持って片手を上げ挨拶するカーシであった。

「よっ、カーシだったっけか。やっぱりおめえだったか。」

「うん、そうだぞ。」

ともに笑みを浮かべている。

すぐにでも激闘が始まるのかと思われたが始まらなかった。

「おらはもうおめえと戦いたくて仕方ねえんだがよ。

その前になに持ってるんだ?」

「んこれか。」

カーシの持った巨大なクッキーを指差す悟空。

まああれほど巨大なクッキーなど見たことないだろうからしょうがない疑問であろう。

「これはな俺が(ビームで)作ったビドークッキーだ。」

「おっすげえな。おめえが(料理で)作ったのか。」

「そうだぞ。エヘン」

噛み合っているようで実際は噛み合っていない会話。

しかし会話は滞りなく続き胸を張り、鼻高々なカーシ。

そしてカーシは徐に抱えたビドークッキーを手に持ち半分に割る。

そして悟空に差し出す。

「やる、食え。」

「おっいいのか?わりいな。」

悟空はカーシから半分に割られたビドークッキーを受け取った。

戦いではなくカーシと悟空は共に仲良くビドークッキーを食べ始めた。

「おっうめえな。」

「そうだろ。」

カーシと悟空のお茶会はしばらく続くのであった。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。