打ち鳴らせ!パーカッション   作:テコノリ
<< 前の話 次の話 >>

6 / 7
第6話 なんですか? コレ

 新入部員のパートが決まり、部の目標が決まり、やっとのことで練習が始まる。まあ、まだ1年生への説明が多いとは思うが。

そして同時並行で2,3年はサンフェスに向けて練習を行わなくてはならない。

 

 

「サンフェスか~」

「外歩くの案外きついんですよね」

「サンフェスって何ですか?」

 

 

 ナイスクエスチョン。さてここは俺が

 

 

「説明しよう。サンフェスとはサンライズフェスティバルの略であり、ここいらの高校の吹奏楽部が太陽公園に集まってパレードを行う。外を練り歩くから俺たちはいつもと使う楽器が少し異なり、肩が凝る……。あ、初心者の1年生と一部の楽器の人はポンポンを持って歩く。質問はあるかね?」

「なんで普段説明とかめんどくさがるのに今回ノリノリなんだよ」

「ナックル、シャーラップ! 一回やってみたかったんだよ。説明しよう! ってやつ。元祖はヤッターマンらしいぞ。諸説はあるが」

「今年パーカスに入った1年生は2人とも経験者だから、ポンポンをもって歩くことはないですね。ところで楽譜って決まってるんですか?」

「おう。さっきもらった。今年は『ライディーン』だ」

 

 

 楽譜をばらっと渡す。初心者がいないから楽チンだ。どこぞの幼馴染みたく楽曲解説でもしておこう。

 ライディーンは1980年にYMOが発表した楽曲。元々の曲名は『雷電』だったが、なんやかんやあって『ライディーン』にしようってなって『ライディーン』になった。細かく知りたい人はwikiを見てくれ。

 

 

「それじゃ始めよう。滝先生から指示とか出てるの?」

「合奏できるクオリティになったら集まってください、だそうだ。まあ俺らにある時間は多く見積もって1週間ってとこだし、その間に大方仕上げるか」

「相変わらずさらっとそういうこと言うのな」

「いつものことだろ。あー、順菜(じゅんな)万紗子(まさこ)他のパートのことは1週間気にしないように。いいな」

「は、はい」

 

 

 他のパートと比べて文句言われたくねえし、悪影響受けられても困るからこう言っておくのが得策だろう。

 

 さて、あの3人はどうしているかな。あすかと香織はあんま問題ないだろ。香織ん所には信者がいるし、あすかに至っては気にする必要がないまである。それあるーって多分部員全員から共感得られるぞ。3人は、とか言っときながら実質晴香の心配しかしてねえ。過保護だなー俺。ま、あれでも部長だし協力してくれる人はいるから大丈夫か。

 

 

 

―――――――――――――――――――――――

 

 

1週間後――

 

 

 滝先生の指揮はいったいどんなものなんだろう。そんな疑問を抱いたまま合奏当日を迎えた。正面の台に上がった先生が柔らかい笑みを携え、ゆっくりと口を開く。

 

 

「今日が初めての合奏ですね。皆さん、私の言った指示通り練習してきてくれたことと思います。それでは、まずはチューニングをしましょうか」

 

 

 パーカスにとっちゃいささか退屈なチューニングと基礎練習が終わり、ようやく『ライディーン』が始まる。どうでもいいが、滝先生は指揮棒を使わずに指揮をするタイプらしい。

 

 演奏は中盤まではなんとか音楽だった。しかしそれ以降はなんとも表しがたいものとなった。端的に言うと、グッチャグチャで聴けたもんじゃない。先生もそう思ったのか、無理矢理演奏を中断させる。微かに聞こえる生徒たちの声。だから何でお前らはそんなに喋りたがるんだよ。

 

 

「なんですか? コレ」

 

 

 柔らかい笑顔のまま、冷たく突き刺すような声で言われた。きっと目標が全国大会でなければこんな演奏も許容されていただろうに。

 

 

「部長、」

「は、はい!」

「私は合奏できるクオリティになったら集まってください。と指示を出したはずですが」

「はい」

「その結果がこの有様ですか?」

「……すみません」

 

 

 何故晴香が謝る。

 

 

「皆さんは、合奏って何のためにするものだと思いますか? ………塚本くん」

「あっ、はい。えっと、本番のためにみんなで合わせて演奏するためのものだと思います」

「そうですね。私もそう思います。しかしこれでは合奏をする以前の問題です。皆さん、ちゃんとパート練習してたんですか?」

 

 明らかに非難するような口ぶりに、棘には棘をと言わんばかりの勢いでトロンボーンパートのパートリーダーが答える。わかりやすい敵意は扱いやすい。お前らは、見せしめになる。

 案の定メトロノームに合わせて出だしを吹けと言われても、全員見事にバラバラだった。

 

 

「私は、これはトロンボーンパートだけではないと思っていますよ。他のパートもパート単体では聞くに堪えられないものです。理由は各自でわかっていることと思いますが、あの楽しそうなパート練習でしょう。楽器の音が全く聞こえないパートもあったぐらいですから」

 

 

 皮肉がえげつねえ。まあド正論過ぎて本当笑えるわ。いや笑ってる場合じゃねえ。

 

 

「部長、今日の合奏はこれで終わりにします。今からはパート練にしてください。それと、来週からは面談が始まるため、午前授業になります。練習時間はたっぷりあるでしょう。なので次の合奏は1週間後の2時からにします。いいですね?」

「はい」

「皆さん、次までに最低限の演奏はできるようにしておいてください。それができなかった場合、サンライズフェスティバルへの出場は見送ります。そのことを覚えておくように」

 

 

 衝撃発言ンンン!!! サンフェスを人質、じゃないな。人じゃねえし。まあでもそんな感じにされたら多分こいつらも黙っちゃいないだろう。音楽室を去っていく先生の背中を見送りながらまたしても、俺はワクワクしていた。

 

 

 

―――――――――――――――――――――――

 

 

 ぐがああああ。ぐおおおおおお。

 んがっと一瞬呼吸が止まり、苦しくなったところで酸素を取り入れる。それが大きな欠伸となり、徐々に意識が戻ってくる。

 

 

「なんで毎回うちで寝るかね。家で寝ればいいものを」

「仮眠にはここが1番なんだよ。家で寝たら起きんのは明日の昼になる」

 

 

 俺が何処に居るかと言うと、田中邸である。なんとなく昼寝をしたくなった時にはあすかの家に行って畳の上で寝る。何時からかは忘れたが、これが習慣づいてしまっているのだ。

 

 

「コーヒーでも飲む? ちょっと時間掛かるけど」

「おう。今から落とすんか」

「インスタントのやつ切れててねー。今度買ってきてくれない?」

「忘れてなかったらな。金は寄越せよ」

「うわあがめつい」

「うるせ」

 

 

 インスタントコーヒーの代金ぐらい払ってくれたっていいじゃないか。俺いっつもちょっと良いの買ってきてるんだぞ。まあ俺も飲むから拘ってるだけだけど。

 そう言えば、この幼馴染に訊いてみたい事があったのをすっかり忘れていた。

 

 

「なああすか。お前は滝先生の方針についてどう思う?」

「どしたの? 篤がそんな真面目なこと訊くなんて」

「純粋な興味だよ。で、どうなの」

「可も無く不可も無く」

「だよな。まああれだ。一生懸命やってたら練習時間増えるんじゃね?」

「別に練習時間はどうでもいいんだけどね。吹ける時間さえあれば」

 

 

 そうなんだよなあ。こいつはユーフォさえあれば何もいらないって感じだし。部活への出席率が高いのも、「部活が好きだから」ではなく「ユーフォが好きだから」。何故あすかがユーフォニアムに固執、或いは執着するのかはまた別の機会にお話ししよう。

 

 

「篤は?」

「うん?」

「滝センセイのやり方」

 

 

 俺は、何がなんでも全国に行きたい。他ならぬこの北宇治高校吹奏楽部として。ならば当然、

 

 

「大賛成。つーか肯定以外だと思うか?」

「思わないし思えない。全国行くことに関してアンタ拘り強いからね」

 

 

 淹れたてのコーヒーを受け取り早速一口啜ろうとしたが、かなり熱そうなのでそっとカップを畳の上に置く。猫舌なんだもの、熱いのは苦手。

 多少冷ましてからコーヒーを少しだけ飲み、これからのことを考えてみた。どうなるのか。なんてのはわかりきっている。ろくに練習もしない奴等から反発が起きるだけだ。その対策としてパートリーダー会議をやるだろう。こんな所までは俺じゃなくても容易に考えられる。問題はこれからをどうしていくか、だ。

 まあ俺が考えなきゃいけないことではないが、少しでも晴香の手助けが出来るように頭を使ってみよう。人の心理を読むという、面倒な使い方で。






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。