真・恋姫†無双 魏伝アフター   作:凍傷

17 / 454
呉国困走編
05:呉/青少年の心の葛藤①


14/御遣いさんの騒がしい日々

 

 呉国建業での暮らしが始まった。

 目まぐるしく過ぎていく時間の中で、自分に出来ることをと躍起になればなるほど、何事も上手くいかない現状がある。

 そんな中でも日課は日課ということで、今日も今日とて胴着姿で修行をする。

 

「ふぅううんぬっ……ぉおおおおおっ!!!」

「勝ちましたっ!」

「お、おぉおっ……」

 

 準備運動を終わらせ、まずは走りこみ。

 周泰とともに城の城壁の上を三周……なのだが、一度たりとも勝てない俺がいる。

 監視をしていた彼女を誘ったのがそもそもで、最初は中庭でどうだと言ったんだが……自分の仕事をほったらかしにするわけにはいかないという物凄い説得力の前に、だったら城壁をぐるりと走ろうってことに。

 「それなら監視も出来るだろ?」って、少し強引な誘いに頷いてくれた周泰に感謝し、それをすでに3セット……なのだが、一度も勝てない。

 速い……速いよ周泰……。

 

「はっ……はぁあ……速いな、周泰っ……はぁ……」

「はいっ! でも一刀様もすごいです。こんなに走ったのに、そんなに呼吸を乱してません」

「はぁ……ふぅう……うん。一応、そういった修行ばっかりしてたから。……今の場合、御遣いの力に依るところが多そうだけど」

「?」

「ああいや、なんでもないよ」

 

 心臓に負担をかけない程度に深く呼吸をして、ゆっくり息を吐くと呼吸はもう安定していた。

 いやぁ……走ったなぁ……。ここまで走ったのってどれくらいぶりだろ。

 一口に城壁と言っても、その広さは学校のグラウンドの比じゃない。

 恐ろしく広いし、奥に行けば行くほど低い段差があったり壁まがいの段差もあったりと、もし一周するだけにしても、性質の悪い障害物競走みたいなものを味わえる場所だった。

 それを計9周。呼吸は安定させることが出来ても、結構足にきていた。

 

(それに比べて……)

 

 周泰は武装状態で軽く俺に勝ってみせた。

 その速さに、乱れぬ呼吸に、素直に感心する。

 嫉妬なんてするはずもなく、自分に出来ないことをしてみせるその姿を、素直に凄いと思えたのだ。

 ……走ってる最中、周泰の刀の鞘の先に小さな車輪があることに気づいて───思わず噴き出し、呼吸を乱してしまったことは内緒だが。

 少女の体躯に似合わず、長い刀を使ってるよな。斜にしないと背負えないくらいで……その長さは野太刀のそれよりもよっぽど長い。

 いや、それよりも……斜にしないとってことは周泰の背よりも長いってことで───えと。抜けるのか? これ。

 ……深く考えないようにしよう。

 

「よし、じゃあ次は素振りだな。周泰はどうする?」

「はいっ、私は監視を続けますっ」

「そっか。邪魔してごめんな?」

「いえいえですっ! 一刀様はお友達ですから、またいつでもお声をかけてくださいです!」

 

 胸にじぃんと来た……! いい子だ……!

 桂花に爪の垢でも煎じて飲ませてやりたい……! そうすれば素直で真面目ですっごくいい子に……“華琳の前でだけ”なりつつ、俺には罠とか仕掛けるんだろなぁ。だって桂花だし。

 

(そう考えると、周泰はなんていい子で……!)

 

 そんな些細な感動を胸に、拳を握り締めながら目を閉じ空を仰いでいると、周泰が動く気配。

 目を開けてみれば、城壁から眺められる景色の一点をビシッと見つめたまま、動かなくなる周泰。

 ……動いたと思ったら停止だ。しかし、よ~く見ていると……ほんの少しずつ、顔が右から左へと動いていっていた。

 蟻の子一匹の行動さえも見分けられそうな監視というかなんというか……───あれ?

 

「………?」

 

 その顔が、ふいに緩む。

 とろけるような甘い顔になり、しかし目を閉じぶんぶんっと首を横に振ると、またキッと監視を始め……一度過ぎた方向をちらりと見ると、またくにゃりと緩む周泰の顔。

 

「周泰?」

「はぅわっ!?」

「うぉおうっ!?」

 

 声をかけた途端に悲鳴めいた声が返事として返ってきた。

 まさかそんな声が返ってくるとは思わなかった俺は引け腰のヘンテコな格好で固まり、周泰はそんな俺を見て驚いた顔のまま首を傾げていた。

 

「え、えっと……なに? あっちの方見て顔を緩ませてたけど……」

「あぅあっ……! いえべつになななにもっ、おねこさまなんて見てませんですっ、はいっ!」

「おねこさま?」

「はうっ……!」

 

 自分の言葉を復唱されるや、顔を真っ赤にして俯く周泰。

 この子、嘘がつけない性質なんだろうか……いっそ哀れだ。哀れなんだけど……可愛いって思えてしまう。

 しかしおねこさま……おねこさまね。言葉そのままに受け取るなら“猫”のことでいいんだよな。

 

(ここから見える猫っていったら……あ、居た)

 

 城壁の上からひょいと眺めてみれば、眼下に広がる景色の先、城下町の片隅の日向で丸くなっている猫を発見。

 時折もぞもぞと動いては、ハッとなにかに気づいたかのように目を開け、体勢をごろごろと変えつつ頭を地面にこすりつけていた。

 

「………」

 

 その姿を認めてから、もう一度ちらりと隣を見る。

 

「………」

 

 胸の前で手を合わせた周泰が、とろける笑顔でその姿を眺めていた。

 あの……周泰さん? 監視は?

 

(……ハッ!? まさか監視って、猫の……!?)

 

 いやいやそんな馬鹿な。

 ……声をかけてみようとも思ったが───うん、幸せな時間を邪魔しちゃ悪いよな。中庭に降りて素振りをしよう。

 そう思い、静かにその場をあとにした。

 

……。

 

 素振りを開始して2分、イメージトレーニングを始めて+2分。

 

「ふぅうう……はぁああ……!」

 

 時計が無いから適当だが、一通りの準備運動目的の行動をこなすと、木刀を低く構えて深呼吸。

 走るのと木刀を振り回すのとでは使う筋肉が違うために、念入りにやっておかないと筋を痛める。

 そのための、力をあまり込めない運動もひと段落。

 温まった体の熱さを内側に閉じ込めるような感覚で、深く深く呼吸をしてゆく。

 

「……シッ!」

 

 それが終わると再びイメージトレーニング。

 三日ごとの日課……これを日課と呼んでいいのかはべつとして、毎度の如く春蘭の幻影と戦う。

 幸いなことに、イメージトレーニングの相手に華雄が加わったから少しは立ち回りも変えられる。

 ……春蘭とのイメージだと、逃げてる俺を追い回すイメージとしか戦えないから。

 

(あ)

 

 そこで気づく。

 結局華雄との戦いも、躱しまくっていたために鮮明なイメージなんて出来ないってことに。

 ……いい、だったらせめて、攻撃の速さと攻撃の重み。それらを大袈裟にするくらいのイメージでやっていこう。

 

……。

 

 で、10分後。「勝てねぇ……」と呟き、息を切らして落ち込む俺の姿があった。

 全ての攻撃を受け止め、弾き、躱し……様々なパターンを織り交ぜてみても、自分が勝つ都合のいいイメージが生み出せなかった。

 なまじ本気でぶつかったからわかる相手の実力。

 躱して、疲れさせていく行動がどれほど効果があったのか、痛感しているところです。

 

「い、いやいや、いつかは追いつく! 今はまだまだだけど、いつか……!」

 

 ならばと次へ。

 呼吸を整えてから、乱れている心を鎮め、胴着の上をはだけてから氣の鍛錬へ。

 鍛錬以前に扱い方がまだ完全じゃないために、まずは氣の流れを掴むことから、なわけだが。

 

「………」

 

 凪に誘導してもらったときの感覚を思い出しながら、ゆっくりとゆっくりと、慎重に……。

 

「……右手」

 

 全身にあるものを右手に流すイメージ。……失敗。

 

「あれっ!? たしかこうやって……」

 

 足を肩幅に開いて、腰を少し落とし、重心を下へ下へと……!

 

「己を無くしてひたすらに集中をほうわぁあああああああっ!!!?」

 

 集中が自分の内側に行きかけていたとき、俺の背中を襲う謎の感触。

 

「なななぁああななななにっ!?」

 

 自分でもなにを言っているのかと呆れるくらいに素っ頓狂な声を出しながら、背中を襲った寒気のする感触を確かめるべく後方へと振り向く。

 と……

 

「ぅぇっ……!?」

 

 ちっこいの……いやもとい、孫家の三女さん、孫尚香……だったよな? が、居た。

 彼女は人差し指を怪しく、俺を指差す……とはまた違った感じに立てており……“にこり”とたとえるにはあまりに可愛さがない妖艶な笑みを見せると……って、え?

 

「……今、背中つついた? ……えと、孫尚香……だっけ?」

「だって一刀ってば呼んでも気づいてくれないんだもん。せっかくシャオが声をかけてあげてるのに」

「え? 呼んでたのか? あ~……わ、悪い、ちょっと集中してて」

 

 孫尚香。

 孫家の三女さん(史実では異母妹だったっけ?)にして、……おてんば娘って言葉がよく似合っている娘さん。

 軽くした自己紹介の時のことを思い出すと、あまり笑えないのはどうしてかな……。

 

「そ、それで……えと、孫尚香?」

「もーっ! “小蓮”! それかシャオって呼ぶようにって言ったでしょー!?」

「いや、だってな、孫尚香……“俺”って人間をまだよく知りもしないのに、真名をあっさり許すのはどうかと思うぞ……?」

 

 一言で言うなら背伸びをしたがっている子供……だろうか。

 自分は子供ではない、と言い張る姿がすでに子供なのだが、言ったら噛み付かれそうなので口が裂けても言えません。

 ああ……俺って弱いなぁ……いろいろな意味で。

 

「呼びかた云々はこれからの関係次第ってことでっ! そそそれで孫尚香!? どーしたんだ急に背中をくすぐったりしてっ!」

「やぁだ~一刀ったら、これからの関係だなんて~!」

「………」

 

 カミサマ……タスケテ……。

 コノコ、僕ノ話シ全然聞イテクレナイノ……。

 くねくねと動く少女を前に、頭を抱えてうずくまりそうになる。

 お願いです、話を聞いて、返事をしてくれる……ただそれだけでいいんです、それだけをしてください。

 自己紹介の時も終始このパターンで、散々振り回された挙句に“気に入った”発言である。

 どこらへんが気に入られたのかが、実はまだわかってなかったりするんだが───

 

「なぁ、孫尚香? 俺のどこを気に入ったんだ? 自分で言うのもなんだけど、一目で気に入れる部分があるとは思えないんだけど」

「え~? んふふ~、内緒~♪」

「内緒!? いやいやいや、内緒にするほどのことなのかっ!?」

「大人の女性は秘密が多いほうが魅力的なの。それより聞いてよ一刀、お姉ちゃんたち、酷いんだよ~?」

「いやあの……是非俺の言葉も聞いてほしいんですけど……」

 

 鍛錬の途中だったっていうのに左腕に絡み付いてくる感触に、もういっそ泣きたくなる。

 見下ろせば、体全体で抱き付くようにして俺の左腕に腕を絡め、まっすぐに俺を見上げながら声を投げてくる孫尚香。

 ……真っ直ぐなんだけど、掴み所が難しい。

 

「ちょっと一刀~! 聞いてるの~!?」

「聞いてるよ。雪蓮と孫権が国のための話をしてるのに、自分を混ぜてくれないんだろ?」

「……えへー」

「?」

 

 ちゃんと聞いてた言葉に言葉を返すと、どうしてか孫尚香は“にこー”と笑顔になる。

 なにが嬉しかったのかな……と考えていると、抱き締めるように絡めている俺の腕をさらにぎゅうっと抱き締めて……あ、柔らか───じゃなくてっ!

 

「そそそれでどうしたんだっ!? 俺なんかのところに来たって、俺は鍛錬中だし───」

「一刀ってば照れちゃって~、可愛い~♪」

「照れてません!」

「えへ♪ べつに一刀に用があったわけじゃないよ? ただ一刀ならシャオの話、ちゃんと最後まで聞いてくれるって思ったから」

「……それだけ?」

 

 俺の言葉に、抱き付いている俺の腕に頬を擦り付けることで返す孫尚香。

 それは返事って言えるのかはわからないけど、僅かだけど確かな信頼を寄せられている気がした。

 

(その信用を増やすも減らすも俺次第、か……)

 

 冥琳に言われたことを思い出す。

 続いて、“孫尚香にとっての俺への信頼ってなんだろうか”と考える。

 ……話を最後まで聞いてあげること? それともちゃんと女性として向かい合って話をすること?

 

(………)

 

 機嫌よく、こしこしと腕に頬を滑らせる孫尚香を見下ろす。

 この地には来たばっかりで、なにが合ってるのか間違っているのかなんてわからないけど───

 自分の態度で誰かが機嫌よく微笑んでくれるのは、少なくとも間違いなんかじゃないって思える。

 気に入ったって思ってくれるなら、今はそれに甘えようか。

 相手が許してくれているのに真名を呼ばないのは、逆に失礼かもしれない。

 でもその前に───

 

「な、孫尚香」

「んう? なぁに?」

 

 抱きついたままの孫尚香を連れ、置いてあるバッグへと歩く。

 そこから取り出したタオルで優しくコシコシと頬を拭ってやる。

 

「ぷあっ、んむっ……!? か、一刀……?」

「汗ついただろ? だめだぞ、せっかくの綺麗な顔なのに……汗臭くなるだろ?」

「……? べつに一刀、汗臭くないよ?」

「それは渇いてないからだ。そりゃ、そこまで臭くなるとは思わないけど……あとでちゃんと顔洗うんだぞ~?」

 

 言いながら頭を撫でると、何故かぷく~っと膨れていく孫尚香の頬。

 ああ、続く言葉が簡単に予想できた。

 

「みんなすぐそうやってシャオを子供扱いしてー!」

「大人の女性は子供扱いされても笑って流します」

 

 だから即答で言葉を返した。

 すると続く言葉が咄嗟に思い浮かばなかったのか、「はぅぐっ」って、ヘンな声が孫尚香の口から漏れた。

 

「大人の女性って自負するなら、まずは動じない心を持たないとな。……でもさ、孫尚香。子供で居られる内は子供で居たほうがいいぞ? 無理して背伸びして、早いうちから壁にぶつかると……世の中が怖くなって立てなくなっちまう」

「立てなく? ん~……なにそれ」

「背伸びなんて、するだけ無駄だって話。大人になるならさ、もっと静かに、自然になればいいよ。守られてる内は守られてていいんだ。俺の師匠からの受け売りだけど、間違いじゃないって思えるよ」

「………」

 

 じーっと、孫尚香が俺の目を覗いてくる。

 それを見つめ返しながら、頬を拭いていたタオルをそのまま孫尚香の頭にパサリと被せるように手放すと、元の位置に戻って再び氣の鍛錬へ。

 

「ねぇ一刀?」

「んー? お……ど、どうした?」

 

 そんな俺に声をかけるのは、少しだけ困った顔をした孫尚香。

 あれ? 何事? と首を傾げつつ返すと、

 

「一刀は壁っていうのにぶつかったことがあるの?」

 

 と訊いてきた。

 壁……壁かぁ。

 

「なぁ孫尚香。大人ってなんだと思う?」

「大人? ……やぁだ一刀~! 女の子の口からそんなこと言わせ───」

「違いますよ!? そういうことを言ってるんじゃなくて!!」

「そういうって、一刀はどんなこと想像したの~?」

「イィエェッ!? ベベベツにナニも!?」

 

 雪蓮さん!? 貴女自分の妹にどういったご教育をなさってて!?

 今の顔、子供が出来る顔じゃなくってよ!?

 

「ごほんっ! え、えーとなんの話だったっけ」

「一刀が魏の人とどれだけ寝たかだよ?」

「あ、そうだったな───ってそんなわけないだろっ!! 大人の話だ大人の話っ!」

「………~」

 

 大人の話、と口走った矢先、孫尚香がポッと染めた頬に揃えた指先を当て、くねくねもじもじし始めた。

 

「頬を赤らめるなぁっ!! ───ハッ!? 視線……って呂蒙!? いや違っ……! これはそういう話じゃなくって……! しょ、書物運んでるの!? どうぞ続けて、ねっ!? あとでちゃんと説明するから───いやウソ今説明させて! 赤い顔してそっぽ向かないでちょっと待ってよ! あれ!? 視力悪いんじゃなかったっけ!? え? 声だけで十分? あ、そ、そうですよねー……ってこらっ、孫尚香もこんなときに抱き付くのは───やめてぇええっ!! 誤解が誤解を生んでここに居られなくなっちゃうぅううっ!!」

 

 前略華琳様───え? 略すな? え、えぇと本日はお日柄もよく……略! いいだろべつにっ!

 ……如何お過ごしでしょうか。僕は元気です。元気では居ます。はい……元気だけが取り柄みたいな感じです。

 孫呉の皆様はパワフルですね。胸囲とかもパワ……いえ、なんでもありません。

 先日(本日だけど)、修行……ああいや、鍛錬中に孫尚香に襲われました。

 なんでも話をきちんと聞いてくれるところが気に入ったとかで、やたらとぶつかってきます。

 ぶつかられると延々と話の相手をさせられ、鍛錬どころではありません。

 こちらの話は流されがちですが、それでも嫌とは言えず、ちゃんと向かい合ってみると面白い子だということが判明。思っていたよりもずっといい子です。

 ……そんなふうに考えていた時期が……俺にもありました。


 ▲ページの一番上に飛ぶ