真・恋姫†無双 魏伝アフター   作:凍傷

19 / 454
05:呉/青少年の心の葛藤③

16/どれだけ煩悩を殺したところで自然体でソレをしてしまうから種馬なんだってことを自覚していない御遣い様

 

 目の前が賑やかだった。

 

「あははははははは! あははははははっ! あっはっ……ぷははははははは!!」

 

 場所は城の中庭の端の休憩所。

 ここから見下ろせる中庭では、先ほどまで死闘を繰り広げた相手である白虎とパンダ(熊猫)が寝そべっている。虎を周々、熊猫を善々というらしい。

 聞いてみれば呆れた話であり、どちらも呉に住まう護衛役みたいなものなのだとか。

 なのに襲われたと勘違いして必死の抵抗をした俺と、“いつまでも一人で居るな、危ねぇだろうが”とばかりに俺を連れ帰ろうとした周々と善々。

 少ない氣を全力で行使しての一大バトルはしばらく続き、いつしか息を乱しながらニヤリと笑う、心を許し合った僕らが居ました。……いや、俺正直泣き出しそうだったけどさ。

 そんなこともあって、握手は出来なかったけど虎と熱い友情を築き上げた俺は、その背に乗って城に戻り……そこで雪蓮とばったり。現在に至る。

 で、中庭から視線を戻してみれば、テーブルを挟んだ向かい側の椅子に座り、笑い転げている孫呉の王。

 溜め息を吐くくらい許してくれ、頼むから。

 

「あっは……は、はぁあ~……! こんなに笑ったの、久しぶり……」

「……満足したかよ」

「うん」

 

 ジト目も意に介さず、にこーと笑顔のまま頷く雪蓮。

 なんかもうジト目から涙がこぼれそうだよ俺……。

 

「あはは、拗ねないの。うん。それにしても一刀がボロボロになりながら、周々の背中に乗って帰ってきた時は何事かと思ったわよ」

「俺も森の中でパンダと遭遇した時は何事かと思ったよ……」

 

 気をしっかり持たなきゃ「ママーッ!」とか叫びそうだったし。

 あー……思い出しただけで赤面モノだ。

 

「蓮華が護衛としてつけたのよ、きっと。一刀が一人で城を出ていくのを、思春が見たって言ってたし」

「甘寧が?」

「そ。まあ、その思春自体が、蓮華が向かわせた監視だったみたいだけど」

「あ、あー……」

 

 そういえば城壁の上での鍛錬の最中、ずっと視線感じてたっけ。

 でも移動を開始すると視線を感じなくなって……そっか、その時に孫権に報告しにいったのか。

 

「けどさ、事情を知らないままでの熊猫や虎との遭遇は心臓に悪いよ。先に話してくれてれば、あんな恐怖を味わわなくて済んだのに」

「呉では熊猫と虎が護衛にあたるから覚えておいて~って? どういう話の流れになればそんな言葉が出てくるのよ」

「………」

 

 無理……だな。うん無理だ。

 

「うう……なんか納得いかない……。でも孫権にはありがとうって言っておいて……。一応、心配してくれてのことみたいだし」

「んふー、やだ♪ そういうのは自分で言わなきゃ。誠意は見せないと意味がないんでしょ?」

「む」

 

 その通りだ。

 ちゃんと相手の目を見て言わなければ、届かない誠意ってのはいっぱいある。

 ……うん。感謝はきちんと俺の口から届けよう。(しこたま驚いたこととか、水浴びした意味がまるでないこととかは別としても)

 

「わかった、孫権にはちゃんと俺から言うよ。でも、その前に───」

「その前に?」

「……はらへった……」

 

 言った途端、自分の状態を説いてみせるかのように腹が“きゅるごー”と鳴った。

 恥は無い。だって自然のことだもの。

 

「一刀、昨日はなにを食べたの? 穏が食事に誘いに行ったのに、がっかりして戻ってきたんだけど」

「えぇっ!? 陸遜が!? い、いぃいいや俺知らないっ! そんなの知らないぞっ!? 知ら……って、あ、あー…………」

「一刀?」

 

 もしかして集中してる時に来たのか?

 うあっちゃああ……なんてタイミングの悪い。

 あ、でも気づいてたとしても、その時の俺じゃあ陸遜の格好をまともに見ること出来なかったかも。頭の中が煩悩満載だったあの時に、他の皆よりも過激な服装の陸遜と対峙してたら…………ど、どうなってたんだろ、俺……。

 

「う……悪い。たぶんそれ、氣の練習してて誰の声も気にかけられなかった時だ……」

「氣? へー……一刀、氣を使えるんだ」

「まだ練習段階だし、体外放出は指先一本程度の出力。武具に付加することも叶わないほどの微弱な氣だけどね……はぁ」

 

 言いながら気を指先に集中してみせる。

 人差し指の先でキラリと光るソレを見ると、雪蓮は感心したような芸を見たような、まあとにかく楽しそうな顔をした。

 放出はさすがにしない。放っちゃうと体への負担が大きいのだ。だから見せることだけをすると、体の中へと戻して一息。

 

「はぁ、ちゃんと陸遜に謝らないとな……って、ちょっと待った。なんだって陸遜は俺を誘おうとしたんだ? 自己紹介の時に少し話した程度で、卓を囲むほど親しくなんてなってないんだけど」

「だから、親しくなるために誘ったんじゃないの?」

「うぐっ」

 

 ぐさりと来た。

 なのに俺ってヤツは氣の鍛錬ばっかりで無視まで……!? やばい、軽く自己嫌悪に───

 

「それとはべつに用事があったって言ってたし、そっちのほうが本題だったんでしょうけどね」

 

 ───陥りそうなところで、ハテ、と首を傾げる。

 本題? 用事? いったいなんのことだ?

 

「用事?」

「ん。倉にある本の整理を手伝って欲しかったんだって。でも一刀は話し掛けられても妙な構えのまま動きもしませんでしたよ~って」

「妙な構え……?」

 

 ……重心を下ろして構えてただけなんだけど。

 え? あれって妙な構えだったの? 俺は至極真面目だったんだが…………ショックだ。

 などと心にダメージを受けていると、雪蓮が俺の顔を覗きながら“にこー”だった笑顔を“にま~”に変えて言う。

 

「ね、一刀。どんな構えだったの~?」

「ニヤケながら言わないっ! アヤシく聞こえるだろっ!?」

「えー? いいじゃないべつにー。あ、そうだ、ちょっとやってみせて?」

「やりませんっ! とにかく俺、朝飯を───」

「朝食の時間ならとっくに過ぎてるけど?」

「ぐおっ!? ……く、食いっぱぐれましたか、俺……!」

 

 先日から何も口にしてない俺としては、一刻も早く何かを胃に入れたいんだが……客人として、勝手に厨房を漁るわけにもいかない。

 はぁ……周々や善々と戯れすぎたか……。だったらどうしよう。と考えて、魏を発つ前に華琳に僅かだが資金をもらったことを思い出す。

 本当に、それこそ食事一回分程度の僅かな資金だが。

 華琳さん……くれたことには感謝だけど、この多いのか少ないのか微妙な金額は、絶対に俺をイジメるためですよね……?

 

「いい……じゃあ街で食べてくる……。手持ち少ないけど……」

「街? あ、じゃあ美味しそうな点心があったらお酒の相方に買って───」

「お金少ないって話、聞いてたっ!?」

「ぶーぶー、一刀ってば私にやさしくなーい。呉に来たその日に明命と亞莎を落としたくせに、一度手を繋いだらもう知らんぷりなの?」

「ややややめてぇえええっ! 誰かに聞かれたら確実に誤解されるだろそういう言い方ぁああっ!」

 

 先日のように甘寧が目を光らせてやしないかと、慌てて辺りを見渡す。

 見た感じでは居ないようだが、俺なんかに気づかれるような場所で監視してるわけもない。

 居ないと見せかけて居るのかも…………そう考えると、なんだかこう、胃がキリキリと……!

 と、怯えながらも雪蓮の視線に気づくと、“少し冷静になろう”と眉間を指で指圧する。

 

「…………」

「?」

 

 そうしてから一呼吸して落ち着いてみれば、小川で考えていたことが浮かんでくる。

 今俺が感じている胃の痛み……そういったストレスみたいなものは、俺よりも孫呉の王である雪蓮のほうがよっぽど感じているものだろう。

 戦が終わっても、騒ぎを起こしたがる民。

 今まで騒ぎがそう起こらないよう、力で押さえつけてきたとは言ってたけど……敗戦、同盟という事実が民に不満を持たせた。

 勝手な想像や予想にすぎないものだとしても、俺が想像してみた悩み以上のものを、雪蓮は抱えているんだろう。

 この笑顔の裏にはいったい、どれだけの苦悩があるのか。

 そういうのを取り除く……いや、せめて呉に居る間だけでも一緒に背負ってやれたら、いつか心からの笑顔を見せてくれるのだろうか。

 今見せてくれる笑顔がニセモノだとは思わない。

 でも、もしかしたらもっと綺麗な笑顔があるのかもしれないって思ったら───その笑顔を見てみたい、その笑顔を守ってやりたいって思えた。

 

「………」

 

 ふと気づけば胃の痛みはなく。

 代わりに、友への親愛が胸に込み上げてくる。

 

「一刀?」

 

 急に表情を正し、席を立つ俺に、首を傾げる雪蓮。

 そんな彼女の隣までを軽く歩いて、見上げてくる目を覗きこむ。

 孫家の遺伝なのか、瞳の奥にはキリッとした猫のような瞳孔。あぁいや、この場合じゃ虎って言ってやるべきなのか……?

 ともかくそんな目を覗きこんで、その奥にあるであろういろんな悩みや辛さ、背負ってるものの大きさを想像してみた。

 それはきっと王や、その傍に居た者にしか計り知れない重さ。

 背負っているものの数だけ人は強くなれるって言うけど、この細い体で国の全てを背負い込んで、人は果たして強いままで居られるものなんだろうか。

 俺には雪蓮を計れるほどの知識も情報もないし、真名を許されても特別親しいわけでもない。

 そんな俺じゃあ、彼女が“こんな重さくらい平気だ”って言えば、それを信じるほかないのかもしれない。

 でも───俺は、なんでもかんでも一人で背負おうとする、寂しがりの覇王を知っている。

 強がりを見抜けることくらいなら、出来るつもりでいるから───

 

「わっ……か、一刀?」

 

 気づけば、見上げる彼女の頭を撫でていた。

 髪を指で梳かすように、やさしく、やさしく。

 

「俺、頑張るな」

「え……?」

「もっともっと、頑張るから」

 

 ……この国で俺に出来ること。

 少しだけど、見えてきた気がした。

 ここに居る間だけはせめて、客ということを忘れてこの国に尽くそう。

 雪蓮は最初から遠慮なんてしないだろうけど、それよりももっと遠慮せず、もっともっと無茶なことも言ってくれるくらいになるまで。

 

「………」

「………」

 

 心の底からやさしい気持ちになれるのなんて、どれくらいぶりだろう。

 えらく自然に目を細めて微笑みながら、雪蓮の頭を撫でている自分に気づいて、今さらながらに気恥ずかしさと“なにやっとんのですか俺はっ!”って思考が俺を襲う。

 でも……そうさ。重さが少しでも、恥ずかしさやくすぐったさで紛れてくれるのならそれでいい。

 そうして、少しずつでも重さを支えてやれる自分になろう。

 雪蓮がそれを望んでいるかもわからないが、自分が彼女のさらなる重さにだけはならないよう───……腹が鳴った。

 

「はうっ!?」

「…………」

 

 ……な、なんてタイミングで鳴りやがりますかこのお腹はっ……!

 笑顔が……笑顔が“ミチチチチ……!”と赤面顔に変わっていくのがわかる……!

 撫でていた手も引きつったように雪蓮の頭から離れて、反射的に自分の腹部へと当てられた。

 雪蓮もなんだかぽかーんって……あれ? でもちょっと顔赤い?

 

「えはっ、はははっ!? そうだそうだー、俺朝飯食おうとしてたんだったー! あはっ、あははっ、あはははははっ!! …………失礼しましたぁっ!!」

 

 脱兎! 踵を返して休憩所から逃げ出すように、そのまま街へと大・激・走!

 ああもう! アホですか俺はっ! 俺の重さを恥ずかしさで殺してどーすんだぁあっ!! 穴がっ! 穴があったら入りたいぃいいっ!!

 

 

 

 

-_-/孫策

 

 …………。

 

「……行っちゃった」

 

 ポカンと、一刀が走っていった方向を見やる。

 何事か、と周々と善々が同じ方向を見るけど、もう一刀の姿は見えない。

 

「ふぅん……」

 

 頭を撫でられてしまった。

 あんまりに自然に動くものだから、避けるとか拒否するとか、そういったことが出来なかった。

 ふぅん、と出る声も何処か浮ついていて、なんだか少しだけ……ほんの少しだけ、心が暖かい。

 

「……うん」

 

 自分の頭を撫でる者など、この国には多くない。

 王の頭を撫でるなどという行為はもちろん、誰が見ているかもわからない状況下で、王が気安く頭を撫でられるなど。

 部下や民への示しにもならないし、甘く見られるのが当然の行為。

 …………なんて、普通なら思うところなんだろう。

 

「……悪く……ないかも」

 

 ところが自分は撫でられた頭に、梳かされた髪に触れて、美味しいお酒を呑んだ時のような軽い高揚感を抱いていた。

 彼の人柄が気に入っていたのは確かだが、こんなくすぐったい気分を抱くまでとは思わなかった。

 思えば彼は、いつも自分の目を見て話す。

 洛陽の町外れの川ででもそうだ。最初から怯むことなく真っ直ぐに目を見て、言葉をぶつけてきた。

 真っ直ぐな目が綺麗だななんて思ってたけど、からかってみればあっさりと崩れる真面目な顔。

 それがおかしくて、楽しくて。

 

「魏の子たちが一刀のこと気に入ってた理由、なんとなくわかっちゃったかな……」

 

 飾らない真っ直ぐなところとか、まあ飾っても飾りにならない馬鹿っぽさとか、そういうところがいいんだ。

 ……もちろん、からかい甲斐があるところも。

 

「頑張る、かぁ……」

 

 休憩所の円卓に両肘をついて、手の上に顎を乗せて溜め息。

 勘に任せて招いてみた彼がどんな頑張りを見せてくれるのか……それが楽しみでもあり、少しばかり不安でもあった。

 不安でもあったのだけど、頭を撫でられて、あのやさしい笑顔を見たら、その。不覚にも少し安心してしまったのだ。

 同時に、思ってしまったりもした。“撫でられるのも悪くないかなー”、なんて。

 

「……うん。退屈しないで済みそうかも」

「ほう? どこの誰が退屈だと?」

「はくっ!?」

 

 ───くすくすと笑んでいた顔が凍りつくのを感じた。

 後ろに居る。間違い無く居る。振り向きたくないのに振り向かなきゃいけないのは、まあそのー……

 

「仕事をさぼった上に“退屈”と。そう言ったな? 雪蓮」

「あ、あは、は……は~い、冥琳~……」

「雪蓮っ!」

「ひゃうっ! やっ、ちっちちち違うのよーこれはぁっ! 一刀がっ……そうっ! 一刀が私に“毎日仕事で大変だろ? 休憩もまた仕事だぜ”って歯を光らせながら言うからっ!」

「ほお……? それは奇遇だな。私もつい先ほど、走ってくる北郷とそこで会って話をしたのだがな。───妙な話もあるものですなぁ、孫伯符殿? 貴女が仰っていることは、北郷が言っていた言葉のどれにも当てはまらないのですが?」

「うあ……」

 

 ひくりと頬が引きつった。

 仕事をさぼったことは事実で、抜け出してきたところで周々の背に乗った一刀と会ったから、ここでこうしていたわけなんだけど。

 しまったわ……こんなことならそれこそ、一刀を連れて森の方にでも───っていたたたっ!? ちょ、耳! 冥琳!? いきなり耳引っ張るって!

 

「きゃんっ! いっ、いった……いたたたたっ! いたいいたい冥琳いたい~~~っ!!」

「さあ、楽しい仕事が待っておりますよ、孫伯符殿? ええ、もちろん退屈をする必要などありません」

「わ、わかったわよー! 行くっ、行くからっ! 耳離してぇえ~っ!!」

 

 これからはもうちょっと上手くやろう。うん。

 冥琳に引きずられながら、そんなことを考えてみた。

 その時は一刀も誘ってみようかな。共犯が居たほうが、なにかと楽しそうだし。

 

(…………ああ、なんだ)

 

 そこまで考えてみて、ああ、と心の中で掌に拳をぽんっと落とした。

 なんだかんだで自分は北郷一刀という存在を、やっぱり気に入っているんじゃないか。

 多少はあったであろう警戒もどこへやら、気がつけば彼を思い出して微笑んでいる自分が居た。

 

(うん、そうしよう。今度は一刀も連れ出して、えーと……冥琳に見つかったら一刀を盾にして~……あははっ♪)

 

 考えてみると止まらない。

 私はしばらくそうして耳を引っ張られていることも忘れて、これからの暮らしを思って微笑んでいた。


 ▲ページの一番上に飛ぶ