On your mark   作:夜紅

16 / 18
今年初投稿です!
いつも読んで頂き、ありがとうございます。感想、評価、お気に入りもありがとうございます。これからもマイペースに更新します(´ω`*)
原作読んでみたい!
(プロ試験の仕組みが分からないなんて言えない)


繋ぐ

静かな部屋に、ただ石を打つ音だけが響く。

「すごい…!」

あかりは開いた口が塞がらない。もちろん緒方だって強いが、ヒカルはそのさらに上を行く強さ。今の自分にはまるで考え付かないような一手が、布石が、どれも新鮮だった。ここまで打てるようになる過程が、一体どれだけ険しい道だったのだろう。それでも、ヒカルはさらに先を見つめ、研鑽している。

「…まだ、“あいつ”には全然及ばねえよ」

少し困ったように笑うヒカル。“あいつ”が誰を指しているのかは、もう分かっているけれど。あかりが物心つく頃から、ヒカルの中にはいつも佐為がいる。大好きなヒカルの師であり、ライバル。そんな立場にいる佐為が羨ましくて、眩しい。自分もヒカルの隣に立ちたい。それは幼いころからあかりが碁を続ける原動力になっている。

 

「ねえ、ヒカル」

今、ヒカルは二度目の人生を歩いている。それでも碁を続けるのはどうしてだろう。

「ヒカルは、どうして碁を続けるの?」

その質問にあまり間を開けず、迷いのない答えが返ってきた。

「遠い過去と、遠い未来を繋ぐために」

ヒカルの中で、それはずっと変わらないだろう。

「いつかまた、あいつと打ちたい。それまではオレの碁を、あいつの碁を高めて、また誰かに繋ぐんだ」

それはきっと、ヒカルが歩き続けるための願い。

(そっか、だからずっと前を向いていられるんだ)

胸が熱くなった。ヒカルの碁は、確かにあかりへ繋げられている。碁に限らず、自分も誰かへ何かを繋げられるだろうか。

 

「そういえば、もうすぐプロ試験だろ?せっかくだから、俺の記憶に残っている一番棋譜、見せようか」

「見たい!」

案の定、あかりは食いついた。そんなあかりが可愛くて緩みそうな口元を必死で抑え、真剣な顔を作る。

「ただ、今から見せる棋譜はここだけの話だぞ。この世界では存在しないし、これから先も絶対に出てこないから」

「わかった」

もう、“これから”生まれることはない棋譜だけど。だからこそあかりには見て欲しかった。

 

「ヒカル、これは誰の棋譜なの?」

「誰だと思う?」

あかりに“sai”の棋譜を見せるのは初めてだ。

「塔矢先生と…ヒカル?じゃないみたいだけど」

「半分正解。これは塔矢先生と佐為の棋譜」

佐為と聞いて、あかりは目を丸くした。

「佐為!?」

「な、凄いだろ?」

 

あかりは食い入るように、じっと碁盤を見つめていた。

「うん…もっと何か言いたいのに、凄いしか感想が出てこない」

「だろ?」

あかりは真剣な顔で盤面を見つめる。

(そっか、この人の碁が、私にも繋がってるんだ)

まだ神の一手――は分からないけど、神の一局はこの一局かもしれないと、本気で思った。

 

「この対局はここで塔矢先生が投了したんだけど、実は塔矢先生がここから逆転するための一手がある。どこに打てばいいと思う?」

「え、そうなの?うーん…分かんない」

きっとすぐに分かるものではない。

「じゃあさ、約束しよう。正解が分かったら教えてくれ。そしたら、そうだな…あかりの言うことをなんでも一つ叶えるよ」

 

その一手にあかりが気づく時、自分はまだこの世界に存在しているだろうか。こちらの世界が実は長い夢かもしれないと、時々不安になる。

“向こう”へ戻りたくないと言えば、嘘になるけれど。

「え、本当?約束だからね!」

できるなら、プロ棋士としてのあかりの行く先を、もう少しだけ見守っていたいと思った。約束をしたのは、“こっち”に存在する理由にしたかったのかもしれない。

 

今日はアキラのプロ試験予選の日。どんなに強くても、院生でないため外来扱いとなる。

「行ってきます」

「行ってらっしゃい」

母がいつも通りに送り出してくれた。

(ボクはキミたちに、追い付いて見せる)

プロになり様々な棋士と対局を重ねれば、経験と共にきっと力がついていくだろう。そうして自分が強くなった先に、あの二人がいるなら。

ライバルの存在は、ずっとアキラの手を引っ張ってきた。負ける気がしないというのは、きっとこんな気持ちだ。そして棋院の中へ、足を踏み入れた。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。