On your mark   作:夜紅

4 / 18
あかりの夢

「…あかり、もう一回」

聞き間違いかと、もう一度訊ねる。

「囲碁のプロになりたい」

どうやらヒカルの聞き間違いではないようだ。“前”はプロになりたいなんて言い出すことはなかった。どういう風の吹き回しだろうか。

 

「お前、まだ小学生だぞ。決めるのは早すぎるんじゃないか」

確かにあかりは強くなった。まだプロには届かないが、院生としてはやっていけるだろう。筋も悪くない。院生に入れば、もっと伸びていくだろう。しかしまだ小学4年生になったばかりである。

「プロになって、もっと強くなりたい」

「なんでだよ!」

つい怒鳴りかける口を押さえる。ヒカルは“前”と違う展開に焦っていた。

 

そんなヒカルに、あかりは下を向いて言った。

「あのね、今はまだ全然かなわないけど…ヒカルと互先で打つのが夢なんだ。自分の力がついていくごとに分かるの。ヒカルの強さが」

強い相手の力量を知るには、自分も強くならなければおし計れない。あかりも感じることができるようになったのだ。

そんなあかりの姿が、囲碁を始めたころの自分に重なる。強さを貪欲に求めていた、あの頃の自分に。

 

ヒカルは決めた。

「分かった、お前がプロになれるようにしよう。でも、中学生になるまではじっくり考えよう。それでもあかりがプロになりたい気持ちが変わらないなら、応援する」

中学生で自分がプロ試験を受けた時の枠にあかりが入れば、あまりズレないと考えた。

「うん!」

 

次の日から本格的にあかりを鍛えるようになった。今日も放課後に打つ約束だ。

「ヒカル!」

「あかり。どうした?」

「一緒に帰ろ!」

「おう」

あかりと教室を出ようとした時だった。

「お前ら付き合ってんのかよ!」

(ああ、小学生特有の煽りか)

面倒だと頭を抱えた。

 

あかりの顔を見ると、羞恥で顔は真っ赤、涙目。この状況で放っておけば泣いてしまうだろう。

大人気ないことを考えつつ、挑戦的な笑みを浮かべてヒカルは言った。

「羨ましい?」

「!?」

教室が凍り付いた。大抵の子どもはからかわれると怒るか拗ねるかなのだ。

「べ、別にそんなんじゃねえよ!」

相手は虚を突かれたようにぼうっとしていたが、やっと返事を返した。

「あっそ。んじゃ、あかり、帰るぞ」

「う、うん」

ヒカルに腕を引かれ、今度は違う感情で真っ赤になるあかり。二人が出て行ったあと、女子の黄色い悲鳴が上がった。

 

あかりの気持を聞いてから、強くするために動き出した。小学生には時間がたっぷりある。碁会所巡りでいろんな大人との対局になれさせた。それから、多面打ちでの持碁を課題にしたり、ヒカルの作った詰碁を解かせたり。どれもヒカルを強くしたものだ。選んだ碁会所は、“前”のヒカルの馴染みの場所を選んだ。碁会所に付き添うことはしたが、決して自分は打たなかった。あかりも、それが普通だと思っていた。

 

小学六年生の冬。あかりの棋力はプロに入れるレベルになった。この時期には、あのイベントが待っている。

そう、アキラとの初対局である。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。