On your mark   作:夜紅

6 / 18
避けられないこと

(石の筋はしっかりしている)

中盤に差し掛かり、アキラは素直にそう思った。攻守のバランスがとれた綺麗な碁。きっと基本から丁寧に教えてもらったのだろう。そして、時折ハッとさせる一手を打つ。なんだろう。

(打っていて楽しい!)

同年代の子どもと打って楽しいと思ったのは初めてだった。あかりがこれからもっと強くなったら。アキラはそれを考えるだけでわくわくした。

 

(これで小学生って反則だろ)

一方、ヒカルは“初めて”出会った頃のアキラの碁を見て驚いていた。“今”のヒカルだから知ることのできる、幼いアキラの強さ。確かにプロ入りは確実だろう。佐為が2度目の対局で焦っていた理由が分かった。しかし、覇気が足りていないような気がする。ヒカルの頭に浮かぶのは、“今”のアキラの対局相手を殺さんばかりの視線だった。

 

(強い)

先ほどの穏やかな雰囲気とは正反対の、怖いぐらい真剣な目。ヒカルとはまた別の強さを感じる。決してリードを許してくれない。アキラは攻撃の手を緩める気配はない。

(でも、あきらめない。最後まで食らいつく)

 

「…ありません」

「ありがとうございました」

ヨセに入ったが、最後まで読むと、あかりが6目半足りない。あかり本人もそれが分かっているため、投了し、終局を迎える。

 

「あーあ、負けちゃった」

あかりは緊張の糸が切れ、椅子の背もたれに寄りかかった。

「あかり、ここに打つのは甘い。俺ならこうやって打つ。そうなると塔矢は中央を守りに行かなきゃ行けなくなるし、だいぶん苦しくなるだろ」

「気づかなかったなあ」

対局が終わるなり、ヒカルが検討を進めていく。

「塔矢は、そうだなあ…この黒のカカリにこうハサんでから進めていくと、もともと狙っていた上辺と一緒に左辺も狙いやすくなる」

「本当だ!」

検討の中にはアキラにも気づけなかった部分が多く、ヒカルのヨミの深さに驚いた。

 

ここでアキラに一つの疑問が生まれる。

「キミは打たないの?」

それを聞かれるとヒカルは説明に困ってしまう。

「お、オレはいいんだよ」

ヒカルは焦った。自分が外で打たない理由に、うまい理由を考えていなかった。saiとしてネット碁をするため、なんて言えない。

「そういえば、藤崎さんは随分綺麗な碁を打つけど、誰に教えてもらったの?」

「ヒカルだよ!」

この流れはマズい。

今すぐあかりの口を塞ぎたい衝動に駆られる。

 

アキラがヒカルに興味を持たないわけがなかった。

「もしよかったら、キミも一局打たないか?」

「私も、ヒカルの本気が見たい!」

思えば、あかりはいつも教えてもらう立場だったため、ヒカルが外で打たないことに何の疑問も持たなかった。それが普通だと思っていたからだ。でも、アキラの誘いであかりも知りたくなった。ヒカルの、底知れない強さを。

 

小学生二人のキラキラした目が、三十路のおっさんには眩しすぎる。

(この時期に塔矢と打つのは避けられないことなのかもしれないな)

何故かそんな気がした。

「分かった」

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。