あらすじ

深海棲艦との戦争が終わって、1年と数ヶ月。
艦娘たちは各々の道を進むために学校、職場などそれぞれの新たな指針を定め進んでいた。
そんな中戦争が終わって時代に取り残された男がいた。艦娘たちを最前線で運用していた提督、深谷 総司(ふかや そうじ)である。彼は引き取り手が見つかるまでの間に”元”第六駆逐隊のメンバー、暁、電、雷、響ととも共同生活を営んでいた。




※作者はこうなったら終わり、というゴール地点を決めていますが、プロットを組んでおらず、更には設定も適当です。妄想垂れ流しのハイパー趣味小説です。そんな感じのヤバめな小説を許容できるユーザー様はお進みください。苦手なら即ブラウザバックで。
  第六駆逐隊行進曲 ()
  第六駆逐隊狂想曲()
 ▲ページの一番上に飛ぶ