朽ち果てた城で目を覚ました一人の騎士。
男は自分の名も、記憶も、その一切を失っていた。
彼にあるのは、同所で拾い上げた、彼を主と仰ぐ一冊の喋る古書のみ。

半ば強制的に古書と『契約』を交わした騎士は、他者の魂を捕え従える能力を得る。
その後、初対面であるはずの騎士を父と呼ぶ少女、そして彼女を病的なまでに溺愛するメイドとの出会いを経て、騎士は自身が魔族と称される一族であると知る。

二人の弁と見聞により、黒炎の頭部を持つ騎士は朧気に世界の様相を知ることとなった。
度重なる迫害の歴史により、今や魔族たちの尊厳は地の底まで失墜していた。
しかしながら、他者を存在ごと取り込み従える騎士、そして失った力を蘇らせることのできる少女の克己は、次第に魔族全体へと波及してゆく。
  闇の中で2017年07月08日(土) 15:24()
  来たりし刻2017年07月09日(日) 19:01
  混沌を手に2017年07月12日(水) 02:44()
  深森の二人2017年07月08日(土) 13:44()
  死線2017年07月16日(日) 10:24
  暗黒2017年07月19日(水) 21:34()
  救出2017年07月22日(土) 21:06
  安堵と新たなる受難2017年07月24日(月) 07:19()
  黒炎の異形2017年08月01日(火) 01:36
  グリモアの能力2017年08月02日(水) 00:03()
  異形の正体、メイドの受難2017年08月05日(土) 11:37
  現状とこれから2017年08月07日(月) 03:15()
  兆し2017年08月09日(水) 15:13
  shroud2017年08月17日(木) 07:57
  再逅2017年09月10日(日) 20:02()
  黒騎士2017年10月18日(水) 04:18()
  騎士と王、その従者2017年10月29日(日) 18:14