海外移住したら人外に好かれる件について   作:宮野花

88 / 96
Butterfly Man_1

 

──蝶男を捕まえろ!

 

 

 

 

 

 

 

新しい武器とエド先生に渡されたのは、ピンク色だった。

最初冗談だと思ってケラケラ笑ったのだが、持っていた厳つい銃が迅速に回収された時、もしかしてこれは本当に言っているのかと。いやいやそれはないと頭の中で自問自答。

 

「いやこれおもちゃですよね。」

「新しい武器、魔法の杖です。」

「いやこれおもちゃですよね!?」

 

渡されたそれは可愛らしい杖だった。

杖と言っても、女の子向けのおもちゃだろう。誕生日とか、クリスマスにねだった、電池でキラキラ光るおもちゃ。

鮮やかなピンク色に、杖の先には星と翼の羽飾り。まるでアニメの魔法少女が持ってるような。

 

「……あれ、これ、アイの……?」

 

そこで思い出したのは、アイが持っていた魔法の杖だ。

よく見ると、見た目もすごく似てる。

 

「なんでも、憎しみの女王というアブノーマリティのエネルギーから作られたらしいですよ。」

 

その言葉に、やっぱりと納得した。

やはりこれはアイから作られた武器なのだ。

けれどこの見た目。お世辞にも強いとは思えないし、本当におもちゃにしか見えない。

可愛いのはあるけれど、こんなの持って歩いていたら笑われそう。

最悪仕事中に、と怒られたら。理不尽にも程がある。

 

「……これ、どうやって使えばいいんですか?」

 

握って振ってみる。

軽くて振りやすい。なんの材質かはよく分からない。

プラスチックではないし、鉄にしては軽いけれど。何かの木材だろうか……。

 

「使い方?知りません。」

「知りません!?」

「魔法の杖は専門外でして。」

「た、確かに……。」

 

魔法の杖なんて、ファンタジーでしか聞いたことがない。

そもそも魔法なんて存在するのかという話だが、アブノーマリティという存在がある以上嘘とは決めつけられないだろう。

ふざけるつもりで、私は銃の的を見据える。

そうして杖を振りかざして。

 

「ちちんぷいぷい、」

 

なんて在り来りな呪文を振ってみた。ら。

 

どぉんっ!!

 

「………………、」

「おぉ…………。」

 

……なんか、ビームが出た。

狙った的は跡形もなく床に落ちて。それはもうただの木屑だ。

私は呆然とその場に立ちつくす。するとぽん、と肩を叩かれた。

 

「……ほら、玩具じゃあないでしょう?」

 

いや、エド先生も若干引いてるじゃあないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく目立つ杖を抱えて、私は福祉チーム本部に向かう。

途中チラチラと視線を貰い、恥ずかしくて仕方ない。

威力は分かったとはいえ、やはり見た目がだいぶふざけている。

エド先生には「これなら最近噂の蝶男も捕まえられるんじゃあないですか、」なんて言われたが。

まだこの武器の能力は未知数だ。そんな冗談を笑えるほど余裕はない。

大人しくタブレットを開いて作業を確認する。

すると会社のお知らせにでかでかと文字が表示されていた。

 

──蝶男を捕まえろ!

 

そのフレーズはまるでスマホゲームのイベントのようだ。

それを目で流して、大人しく作業を確認した。

 

蝶男。

最近研究所で話題となっている、正体不明の怪物。

 

まず、名前からふざけている。

その名前を教えてくれたのはリナリアさんだった。

私は思わず都市伝説を思わせるチープ感に、馬鹿にして笑った。なんですか?それ、と。

しかしそれを話すリナリアさんの真剣なこと。

少しの苛立ちをその顔から読み取って、慌てて真顔を作る。

 

『どこからともなくそれは現れるの。』

『顔が蝶の、男性。』

 

話によると、その蝶男は背の高い、顔が蝶の男性らしい。

いくつもの腕を持っていて、その手は人を殺すためにあるのだと。

 

『死人が出たんですか?』

『そうよ、皆、眠るように死んだの。』

『目撃者の証言によるとね、』

 

蝶男は、腰の抜けたエージェントにこういうのだ。

どこに口があるかも分からないのに、確かに、ハッキリとした声で。

 

 

『〝人は死んだら どこに行く?〟』

 

 

「……そんなの、分かるわけないのに。」

 

呆れる内容だ。人を怖がらせるために作られたような話。

それがどこまで本当か分からないけれど、脚色はされているのだろう。

こうした方が怖いから、こうした方が不気味だからと。

会社の上含めて、そんなものをこぞって怖がっているのがコメディだ。

学校の怪談を、教師が怖がっているようなもの。

 

 

 

 

 

少し気に食わなくて、、オーケストラさんの収容室に着いて、私はその話を彼に話した。

 

「らしいんですよ。……オーケストラさんは、どこに行くと思います?」

 

収納室の床を拭きながら、私は世間話の一つとして。

ついでに馬鹿にする気持ちも含まれていた。

そんなの気にしてるなんて、と。

そんなことよりも私は、アブノーマリティ達が収容違反しないかのほうが余程怖いというのに。

 

──人が死んだら、どこに行くか。

 

「はい。」

 

──……わかりませんね。

 

「ですよね。」

 

そう、その通り。

私はその答えに満足して、うんうんと頷いた。

そんなのはずっと昔から哲学者達が何度も考えた問だ。

しかし答えはない。哲学は答えを求めるものでは無いから。

 

──死について考えるなんて、恐ろしくてできません。

 

「え?」

 

しかしオーケストラさんのその言葉は意外だった。

オーケストラさんにも怖いという概念があるのか。

いや、失礼だ。意思がある限り怖いものなんて必ずある。けれど。

 

「……オーケストラさんって、死ぬんですか?」

 

オーケストラさんの身体を見つめる、そして近づいて、その燕尾服に触れた。

人形の体は胸に触れても鼓動はしない。

呼吸で動くこともない。

どうやって生きているのか、私はオーケストラさんのことを何も知らないから。

彼がどうやって死ぬかも分からない。

 

──死にませんよ、恐らく。

──私は人形ですからね。

 

「それなのに怖いんですか?」

 

首を傾げた。

 

──ええ、とても。

──死は、私からあなたを奪う。

 

「え?」

 

オーケストラさんの手が、私の頬に触れた。

その手が当たり前にとても冷たくて。

慣れているはずなのになにかゾッとするものがあった。

顔を上げる。

オーケストラさんの表情を見る。

いつものように変わらない顔。筋肉が存在しないのだから当然だ。

 

「オーケストラさん、」

 

名前を呼んだ。

しかしオーケストラさんは、こたえることはなく。

 

──ユリさん、あなたを失うことがとても怖い。

──居なくなるなんて耐えられない。

──あなたにはずっと、笑っていて欲しいのです。

 

「笑、う。」

 

──世界はあなたのためにあるのに

──何故平等な死をあなたに渡したのでしょう。

 

「……私、そんな特別じゃありません。」

 

──……。

──たまに思うのです。

 

「っ、」

 

オーケストラさんの手が、私の首におりてくる。

手袋をしたその手は優しく私の喉を撫でた。するり、するりとしなやかなロープのように。

 

──どうすれば完全に私のものになるのか、

 

今、オーケストラさんの手に力が入れば。

私なんて簡単に殺されてしまうのだ。

 

──……なんてね、

 

「っ、」

 

オーケストラさんの手は離れる。

私は生きている。

力など一切込められなかった。とても優しい手つきで。

分かっている。

オーケストラさんは優しいから、私の首を締めるなんてしない。

 

それなのに何故息は荒いのだろう。

何故足は竦むのだろう。

何故逃げ出したいのだろう。

 

──だから私は、死がとても恐ろしい。

 

何故、怖いなんて。

 

──ねぇ、ユリさん。

──あなたは死んだらどこに行くのですか。

 

 

 

 

 

 








何とか年内に書き終えました。
無事仕事納めもし、年越しゆっくり出来そうです。

2019年ありがとうございました。今年は特に、皆さんから暖かい言葉を頂いたことが印象的です。

小説はまだまだ続きますが、どうか来年もよろしくお願いします。
今年一年お疲れ様でございました。
来年もどうか、よろしくお願いします。

宮野花

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。