ラストダンスは終わらない   作:紳士イ級
<< 前の話 次の話 >>

14 / 51
013.『人望』【艦娘視点】

 緊急事態だった。

 鎮守府近海を哨戒していた利根、筑摩の報告によれば、明らかに鬼、姫級であろう強力な深海棲艦の反応が、複数、まっすぐにこの鎮守府へ向かっているという。

 横須賀鎮守府で最も索敵に長ける重巡洋艦である利根、筑摩が見紛うはずもない。

 

 おそらく、この一か月間の闘いで、こちらに提督がいないという事を感づかれたのであろう。

 提督の指揮下になければ、私達艦娘は本来の力を発揮できない。

『改』も『改二』もろくに発動できない状態での戦いを強いられ、なんとか凌いできたのだ。

 私が敵の軽巡洋艦の一撃で大破し、撤退せざるを得なくなった時――あの時の悔し涙は忘れない。

 ようやく信頼できそうな提督が着任し、これからは全力で戦えると思った矢先に、過去に例を見ない、最強の少数精鋭による奇襲だ。

 提督が着任した事すら、不幸中の幸いとは呼べなかった。焼け石に水、と言った方が良いかもしれない。

 

 あの提督の力は未知数だ。

 初めての命令により出撃した大淀達は、かなり時間が経つというのに、未だに帰らない。

 次の出撃命令は、放送だけを聞いていれば、全く理解のできるものではなかった。

 提督がこの鎮守府に着任し、僅か数時間しか経っていない。

 果たして、私達に適切な指示ができるのか。

 いや、出来たとしても、勝ち目があるのか。

 もはや艦隊司令部へ連絡し、他の鎮守府からの応援を頼んでも間に合わないだろう。

 横須賀鎮守府の、そしてこの国の最後が迫っていた。

 

 私はノックするのも忘れ、勢いよく執務室の扉を開けた。

 提督に報告をしていた途中だったのか、先ほど出撃命令のかかっていた十二名が提督に向かい合って並んでいる。

 ちょうどいい、と私は思った。

 実際にあの妙な出撃命令を受け、帰投した者に意見を聞けば、提督の力量も推し量れるというものだ。

 

 私は室内にいた艦娘の中で、もっともその役目に相応しいであろう者を指名したのだった。

 私も人を見定める能力は優れていると自負しているが、奴の観察眼には私も一目置いている。

 この役目に適任なのは、奴を置いて他にはいるまい。

 

「失礼する。提督、加賀をお借りしてもよろしいだろうか」

「あぁ。だが……私には聞かせられぬ話か」

「……気を悪くしたのなら申し訳無い」

「フッ……別に構わん。むしろ当然の事だろう。加賀、行ってくれ」

「了解しました」

 

 提督は私を見つめ、小さく笑って私の無礼を許可した。

 懐は深い人のようだ。私が自分の力量を疑っている事も見透かした上で、それを認めるとは。

 話がわかる方のようで、ありがたい。

 加賀を連れて、私は廊下に出る。執務室の扉を静かに閉めて、なるべく声を潜めながら、私は加賀に言ったのだった。

 

「緊急事態だ。鬼、姫級の深海棲艦五隻がこの鎮守府に――」

「えぇ。知っているわ。提督も、私達も」

 

 加賀は感情が表情に現れやすい方では無いが――まるで私が何を言っているのかを理解しているかのように、さも当然のように、そう答えたのだった。

 思わず私は言葉に詰まってしまう。

 

「なっ……! ど、どういう事だ」

「私達も今、帰投したばかりなのだけれど。この状況はすでに提督が予測済みという事よ。先ほどの私達の出撃により、その艦隊には大量の艦載機による先制打撃を与えたところだったわ」

「なん……だと……⁉」

「夜戦では倒す事が不可能だったはずの潜水棲姫も、提督の策による千歳達の追撃により、日が沈む前にすでに撃沈済みよ」

 

 馬鹿な――有り得ない。

 この一か月間の戦況分析からこの結果を予測し、対策を練り、最善手を導いたとでもいうのか。

 しかし、加賀は嘘をつくような性格ではない。ここで嘘をつく意味も無い。

 

「提督は全て予測済み……おそらくこの後の事も、全てね」

「お前がそこまで人を褒めるのを初めて聞いた気がするが……本物なのか。信じてもいいのか、今日着任したばかりの、どんな人間なのかも知らない、あの若き提督を」

「私も最初は気に食わないと思い込んでいたわ。前提督と重ねて……でも、そのせいで余計な思考が生まれ、不注意に繋がり、私は失態を犯した。私はもう迷わない。私はあの人を……信じるわ」

 

 表情の変化には乏しいが、人一倍感情の起伏が激しい加賀は、前提督の事も激しく憎み、生半可では無い怒りを抱いていたはずだ。

 それは例えば、他国からの攻撃で家族を失った者が、出会った事もないその国の民全てを憎むかのように、理不尽だが、理解し得る感情だった。

 提督という存在そのものに不信感を抱く艦娘は多いが、その中でも根深いそれを抱いていたはずの加賀が、たった一度の出撃でこうも変わるとは。

 

 いや、加賀だけでは無い。

 いわば反提督とでも言えるほどに提督という存在に疑念や不満、嫌悪感を抱いている艦娘は、大なり小なり他にも大勢いる。

 

 改修工廠での失敗の責任を負わされ、罵詈雑言の雨に打たれながら泊地修理の為に不眠不休で働かされていた明石。

 もっとも提督に近く、それゆえに進言する事も多く、そのたびに罵られ、人格否定までされていた大淀。

 装備の開発に失敗した責任を負わされ、汚い恰好で近づくなと嫌悪されていた夕張。

 性能の何もかもが中途半端だと貶されていた水上機母艦の千歳と千代田。

 その外見を気に入られていたのか、よく尻を撫でられていた香取と鹿島。

 大破率の高い天龍と、その姉妹艦だからと本来の性能に目を向けられず、まともに役割を与えられなかった龍田。

 資材を無駄に使うなと罵られて夜戦演習を禁止され、その分の資材は失敗続きの建造に浪費された川内型三姉妹。

 まともに働いていないのに食う飯は美味いかと嫌味を言われ続け、資材の無駄だと補給すらまともにされず、やがて自主的に食事すら遠慮する風潮が生まれた中で、建造用の資材確保の為に遠征に向かわされた駆逐艦達。

 戦艦の劣化だとまともに運用されなかった妙高や利根達、重巡洋艦。

 主力なのだからと疲労に構わず何度も何度も反復出撃させられ、失敗すれば力量不足のせいにされていた、加賀達、空母や、私達、戦艦。

 建造の為の資材を集めろと、昼も夜もなく遠征に駆り出されていた潜水艦達。

 

 執務室で初めて提督と対面し――私は皆の変化に驚愕したのだ。

 大淀の、明石の、夕張の目に光が宿っていた。

 旗艦に指名された喜びからか天龍が軽口を叩き、提督はそれを喜んだ。

 それを見て、川内や那珂、浦風や谷風など、もともと人懐っこい性格だったはずの奴らは気が付いたのだろう。

 この提督は、前提督とは関係ない。まったく別物なのだと。

 

 あの提督ならば、もしかすると――。

 

「提督の指示は言葉足らずで、突拍子も無いように聞こえるわ。でも、その裏にはかならず理由がある。疑ってかからない事ね」

「随分と入れ込んでいるな」

「私はそれで、赤城さんと翔鶴を負傷させる失態を犯したわ。それだけでは無く、私達の慢心は予想外だったと提督は言った。私はもう二度と提督を失望させるつもりは無いもの」

「お前にそこまで言わせる男だったとは……!」

 

 私も腹を括ろう。

 この加賀がここまで言うのならば間違いは無い。

 提督への信頼が無ければ、どのみち私達は本来の性能が出せないのだ。

 私は改めて執務室の扉を開け、今度は提督のいる執務机の前まで歩を進めた。

 

「待たせてしまって大変申し訳ない。早速本題に入るが、今後の予定をお聞かせ願いたいのだが」

「今後の予定か……ふむ」

 

 提督は腕を組み、しばらく何かを考え込んでいるかのようなそぶりを見せた。

 この僅かな時間の中で、私達では到底想像もつかないような思考が繰り広げられているのだろう。

 提督は顔を上げ、私の顔を見やり、こう言ったのだった。

 

「特に予定は無いな」

 

 なっ……⁉

 私は思わず言葉に詰まった。

 馬鹿な。私達が今後、どのように動き、どのように迎撃すれば良いか、作戦は立てていないという事か⁉

 どういう事だ。今すぐにでも問いたださねば――。

 

 その私の考えは、すでにその経験のある者達には容易く読まれていたのだろう。

 ぽん、と私の肩に加賀が手を置き、私に任せろと言わんばかりに、私の目をみて小さく頷いた。

 加賀は私を置いて、さらに一歩前に出る。

 

「つまり、全ての準備や段取りは、私達の判断に任せるという事でよろしかったでしょうか」

「ほう……流石だな。私の考えている事が理解できているとは」

「いえ、このくらい……なんともないわ」

 

 加賀のそんな表情を見るのは初めてだった。

 二度と同じ過ちは犯さぬと言う覚悟、提督への揺るがぬ忠誠が溢れ出ているように、加賀のその目には一切の迷いが見られない。

 

「それでは提督、これから艦娘全員に召集をかけ、話し合いを行いたいと思いますので。失礼します」

「うむ。期待しているぞ」

 

 期待だと……?

 提督も、加賀も何を言っているのだ。

 いや、加賀だけではない。赤城も、龍驤も、翔鶴も――千歳も、浦風も、磯風まで。

 この部屋にいる私と瑞鶴以外の全員が、加賀の言葉を理解し、アイコンタクトだけで小さく頷いた。

 皆、疑問に思わないのか?

 この提督は、予定は無いと言ったのだぞ。

 艦娘に全てを任せると言ったのだぞ。

 指揮官として、それでいいのか⁉

 

 加賀を先頭に、提督以外の全員が執務室を出た。

 私はどうにも納得ができず、飲み込んでいた言葉を吐き出したのだった。

 

「ありえん……私には理解できん……!」

「だよねだよね! 私もそう思うんだけど」

 

 瑞鶴が私の呟きに同意した。

 あの場にいた全員が、提督の事を理解できているわけではないのか。

 加賀は冷淡な眼で瑞鶴を見やり、吐き捨てるように言ったのだった。

 

「哀れね」

「な、何ー⁉」

 

 わからん。私にはわからない。

 あの加賀が、そして瑞鶴はともかくそれ以外の艦娘達が、たった一度の出撃でこうも理解を示すとは。

 私はあの提督を信頼できるのか……⁉

 

 明石によって鎮守府全体に召集命令が流され、艦娘達が会議室に集まるまで、私はその懸念から逃れる事は出来なかった。

 

 

 

◆◆◆

 

 

 

 会議室には、現在出撃中の大淀達、水雷戦隊を除く、全ての艦娘が集まっていた。

 すでに利根と筑摩により情報共有は出来ているのであろう。

 全員が不安そうな表情を浮かべていた。

 どんなに勝ち目がなかろうとも、私達は艦であり、兵器だ。

 たとえ戦闘を命じられなかったとしても、逃げ出すという選択肢は無い。

 

「すでに聞いているとは思うが……まもなく姫級の戦艦一隻と、鬼級の戦艦四隻からなる敵主力艦隊による夜間奇襲が開始される」

 

 私がそう言うと、小さくざわめきが起こった。

 腕を組んで壁にもたれていた重巡洋艦、那智が不機嫌そうに声を上げる。

 

「それで……こんな一大事にあの提督はどうしてここに居ない?」

「それは……」

「提督の指示は、私達に判断の全てを任せる、という事だったわ」

 

 私が言葉に詰まり、加賀がそう言った瞬間、那智がその表情を怒りに染めた。

 そのまま踵を返し、部屋から出ていこうとしたところを妙高に止められる。

 

「どこに行くの」

「知れた事! 奴を執務室から連れてくる。引きずってでもな!」

「落ち着きなさい、那智」

「これが落ち着いていられるか! この国の一大事だぞ、命を張るのは私達――」

「落ち着きなさいと言っているの」

 

 妙高が静かにそう言うと、那智は言葉をぐっと飲み込み、不満げに再び壁にもたれかかった。

 落ち着いているかのようにも見えるが、妙高も内心、何を考えているのかわかったものではない。

 やはり、提督に顔だけでも出してもらった方が良かったのではないか。

 加賀や龍驤がこれでいいと言うから、私もそれ以上何も言わなかったが――

 

「これを先に言わないと混乱するでしょうから、言っておくわ。提督は、今回の敵の奇襲について全て予測し、その行動を掌握しているわ」

 

 加賀がそう言った瞬間、会議室内に大きなどよめきが起きた。

 そうか。まずは、先ほどの事を話す事が先決だったか。

 那智がじろりと加賀を睨みつけ、妙高は表情を変えずに、落ち着いた声色で加賀に問う。

 

「どういう事でしょうか」

「おそらく私達の一か月間の報告書から戦況を分析し、予測したのでしょうね。あの頭の回転は、私達では想像もつかないものでしょう」

「今までの私達の闘いから……」

「えぇ。先の放送で知っていると思うけれど、私達は空母のみの編成で出撃。提督の読み通りに先制攻撃は成功し、敵には大打撃を与えられたわ。敵艦隊は万全の状態では無いはずよ」

「……なるほど。敵が戦艦のみであり、かつ、夜戦のみに絞っていたのであれば、対空能力が薄いと予測したわけですか」

 

 加賀と妙高の会話を聞いていると、僅かに希望が見えてきたような気がしてきた。

 先制攻撃により敵の装甲や体力は削られており、さらに、提督の能力が高いことも理解できる。

 妙高に続き、羽黒が恥ずかしそうに小さく挙手をして、声を上げた。

 

「あっ、あのっ! す、すみません! そのっ、その後の千歳さん達の出撃は、どういう事でしょうかっ⁉ すみませんっ!」

 

 羽黒の問いに、磯風が腕組みをしながら一歩前に出た。

 

「敵艦隊は現在確認されてる五隻だが、実は見えない六隻目がいた。潜水棲姫だ。夜戦となればまず仕留められないそいつを仕留める為に、私達が出撃したというわけだ」

「えぇ……⁉ そんな事まで予測していたんですか」

「あの司令は大した奴だ。空母部隊という餌に釣られて、潜水棲姫が単艦で現れる事も予測していたらしい。奴を日が暮れるまでに仕留めるには、空母部隊も私達も、あのタイミングでの出撃しかなかったという事だ」

「へぇぇ……磯風さんにそこまで言わせるなんて」

「ふふん、この磯風が見込んだだけの事はあるぞ」

 

「何で旗艦の千歳お姉じゃなくて磯風が仕切ってんのよ」

「しかも何で磯風が自慢げなのかしら。さっきまで思いっきり提督の事疑ってたのに」

「千代田姐さん、千歳姐さん。磯風はあぁいう役回りが好きなんじゃ。勘弁してやってつかぁさい」

 

 満足気に頷きながら語る磯風を見て、千代田と千歳、浦風が小声でそう語っていた。

 先ほど加賀から聞いていた通りだ。どうやら何の誇張もしていないらしい。

 そして加賀にも負けず劣らずの反提督派、頑固な武人気質の磯風のその言葉に驚きを覚えた者は、私を含めて多かった事だろう。

 会議室内の雰囲気も、徐々に変わってきたような気がする。

 

 次に声を上げたのは足柄だった。

 

「つまり……勝ち目はありそうね。姫や鬼がここまで近海に、奴らにとっては遠洋にまで侵攻するって事は、相当の資材を消費しているはず。それならいつものように相手も万全な火力では無いはずよね」

「吾輩達には地の利も数の利もあるのう。戦場は鎮守府の御膝下じゃ。普段とは逆に、精鋭のみならず全艦娘で立ち向かう事もできる」

「流石です、利根姉さん。鎮守府を背にする私達ではなく、むしろ帰りの燃料に余裕の無い敵艦隊こそが背水の陣というわけですね」

 

 利根と筑摩がそう言うと、会議室の空気が一変した。

 提督の指示による、空母部隊の先制攻撃で体力を削り。

 対潜特化部隊により、夜戦では無類の強さを誇る厄介な潜水棲姫も撃沈済み。

 今から襲い来る敵艦隊は姫に鬼と驚異的に見えるが、それはあくまでも敵棲地にこちらから乗り込み、相手が万全の状態で戦った時の印象だ。

 今回は逆に、敵艦隊がいつもの私達のように、資材をすり減らした状態で乗り込んでくるわけだ。

 火力も装甲も万全では無いだろう。

 鎮守府という拠点が戦場に近いのも考え方を変えれば利点になる。

 損傷した場合に即座に工廠へと戻る事ができ、また、いつもは長時間の航行と連戦に耐えきれない艦も戦闘に参加できる。

 また、洋上補給と言わずとも、鎮守府から資材を補給する事もでき、持久戦にも向いている。

 日の出まで時間さえ稼げば、空母が戦力として数えられる。

 敵は後には引けぬ背水の陣。

 

「そうか……真正面から立ち向かうのではなく、持久戦に持ち込めば……!」

 

 私がそう言うと、加賀は小さく頷いた。

 

「それが最善手でしょうね。そして……この程度の事は、あの提督ならばすでにわかっているはずよ」

 

 加賀の言葉に、再び会議室内がざわめいた。

 動揺する皆に構わず、加賀は言葉を続ける。

 

「最低限の舞台を整えて、あとは私達艦娘の、戦場での判断に任せる。どうやらそれが、あの提督の指揮のやり方のようね」

「馬鹿な! そんな指揮があるものか!」

 

 那智が壁を叩きながら叫ぶと、瑞鶴が小さく頷いていた。

 だが、それに答えたのは、隣で黙って話を聞いていた龍驤であった。

 

「常識では考えられへん指揮や。せやけど、あの司令官は、何もうちらに責任を負わせようとしてるんと違うで。舞台を整えた上で、司令官の責任の下で、うちらに判断を任せると言っとるんや。

「命を張るのはうちらやと言うたな、那智。その通りや。司令官もそれをわかっとる。わかっとるから、うちらを鍛えようとしとるんとちゃうか。

「司令官にとって、おそらく、司令官の役目はもう終わってんねん。あとはうちらの判断で何とかなると……そう、うちらの事を信頼しとるんや」

 

「信頼だと……フン、くだらん!」

 

 実際に今回の出撃に参加している古参、龍驤にここまで言われては、流石の那智と言えども折れざるを得ないのだろう。

 那智が大人しくなったところで、加賀は全員に向けて言ったのだった。

 

「ただ、どうしても納得がいかないという子が一人でもいれば、構わないわ。提督に意見を伺いに行きましょう。私は……提督を信頼しているわ」

「あの司令は相当な実力者だ。この磯風が保証しよう」

 

 加賀と磯風の言葉に、手を上げる者はいなかった。

 加賀は不貞腐れたような表情の瑞鶴を見やり、声をかける。

 

「貴女はいいの?」

「納得はいかないけど、今回までは様子を見るわ! これで鎮守府が陥落なんてしたら絶対に許さないんだから……!」

「そう……哀れね」

「な、何ー⁉」

 

「那智はええんか? 加賀があぁ言うとるんや、別にうちに気ぃ使わんでもええで」

「気など使ってはいない。ただ、他ならぬ戦友がこれほどまでに信じると言っておるのだ。私も今回だけは信じざるを得まい」

「さよか。ま、答えは戦場で待っとるわ。うちらは夜戦では役に立たへんから、後は任せたで」

「あぁ、任された。せいぜいあの提督の実力を、戦場で見極めさせてもらうとするさ。それに……こんなものまで配られてしまってはな」

「? なんやこれは」

 

 那智が懐から取り出した一枚の紙を、龍驤が覗き込む。

 それは、私の懐にもしまわれている、アレだろう。

 

「えへへっ、青葉の艦隊新聞、号外ですっ。ささ、出撃されていた皆さんもどうぞどうぞ!」

 

 青葉がそう言いながら、加賀達に艦隊新聞を配り始めた。

 今回出撃していた艦娘と、提督の傍にいた明石を除いた全ての艦娘には、すでに青葉が配っていたのだった。

 明石がはっと気が付いたかのように詰め寄り、青葉の持つそれを奪い取った。

 それには隠し撮りをしたのであろう、大淀と明石が鎮守府の正門前で感涙している写真や、提督が夕張の手を取り真剣に何かを語っている様子の写真が掲載されていた。

 そして、隠れて提督の様子を観察していたのであろう青葉の解説と、提督評がつらつらと記されていたのだった。

 

 大淀と明石の仕事をねぎらい。

 装備の開発で汚れた夕張に感謝をし。

 艦隊司令部への報告書よりも、真っ先に私達艦娘の情報と戦況分析に着手した。

『艦娘型録』に真剣な表情で目を通している提督の姿を写したその写真は、加賀のどんな言葉よりも、雄弁に提督という存在について語っていた。

 百聞は一見に如かず。

 視覚のもたらす効果とは、それほどまでに大きいのだ。

 

 青葉もまた、戦力として役に立たないと前提督に冷遇を受けていた艦娘の一人だ。

 記者として中立の目線を持っていると常々言っていた青葉だったが、もしも彼女がその気になれば、悪意を込めた記事を書けば、容易く印象操作が出来た事だろう。

 しかし青葉は、その中立の視線を持って、あの提督が信頼に足りる人物であると、熱い思いを記事に込めていたのだった。

 

 耳の先まで真っ赤に染めた明石に、青葉は両頬をつねられている。

 

「あ・お・ばぁ~! いつの間にこんな写真を!」

「痛い痛い! み、皆さんが気になっているネタ……い、いえ情報でしたので……」

「もう……! でも、ありがとう。提督の姿を皆に伝えてくれて」

「当然です! 真実をありのままに伝えるのが青葉の仕事ですから!」

 

 実際に出撃を通して提督の能力に触れた加賀や龍驤、磯風の言葉。

 提督の後をつけて判断した、青葉の提督評。

 そして何より、写真を通して目の当たりにした、執務に当たる提督の姿。

 

 瑞鶴と那智以外にも、心に秘めたものを抱いている者はいるかもしれない。

 ただ、強大な敵を前にして、少なくとも今だけは提督を信頼するという意見で、艦娘達は一つにまとまった。

 初めて執務室で顔を合わせ、そして今回の加賀達への指揮を経て。

 提督は着任して僅か数時間で、この鎮守府の艦娘達の人望を確かに得る事ができたのだ。

 

 艦娘全員を引き連れて、執務室へと向かう。

 扉を開ければ、提督は執務机に座って海図を眺めていた。

 やはり、今回の闘いにおいて、何か作戦があるのだろう。

 提督は顔を上げて、整列した艦娘全員の先頭に立つ私の顔を見て言った。

 

「長門、準備は整ったか」

「はっ! 敵艦五隻が鎮守府正面海域へと侵入! これより現在鎮守府内に待機する艦娘全員、総戦力を持って、これの迎撃に向かいます!」

 

 提督の眼が見開いた。

 

「全員……全員だと?」

 

 提督は、まさか全員が文句も言わず今回の指令に従うとは予想していなかったのかもしれない。

 一人くらいは今回の提督の采配に文句を言うだろうと、その心の準備をしていたのだろう。

 提督がこの横須賀鎮守府に配属されるにあたり、前提督の件はよく知っているはずだ。

 不信感を持つ艦娘が多いという事も理解できていただろう。

 故に、私達は着任したばかりの提督を信頼できず、命令に従わないものがいるのかもしれないと。

 だが、ここには現在鎮守府内にいる艦娘全員が揃っている。

 一つにまとまったのは、提督が信頼できる人物だと、その行動で示してくれたからなのだ。

 

 だから私は、不器用ながらも提督に微笑みかけ、優しくこう言ったのだった。

 

「あぁ。これが提督の人望だと言うことだ」

 

 提督はその日初めて見る、気の抜けたような表情を浮かべた。

 今までは気を張っていたのかもしれない。

 無理も無い。まだ、着任して初日だ。部下に舐められてはならないと、提督も緊張していたのだろう。

 貴方は今夜だけは、確かに私達の人望を得た。

 今だけは、貴方を舐める者などいないと伝えたかった。

 

 やがて私達の思いが届いたのか、提督は感極まったかのように机に両手を叩きつけ、執務室中に響き渡る凛とした声で、叫んだのだった。

 

「――全員出撃! 我が鎮守府の全身全霊を持って、敵艦隊を撃破せよ!」

「了解ッ!」

 

 ――ここに、この国の命運を賭けた闘いの幕が、切って落とされた。

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。