ラストダンスは終わらない   作:紳士イ級
<< 前の話 次の話 >>

2 / 51
第一章『提督着任編』
001.『期待外れ』【艦娘視点】


 今朝、艦隊司令部から入電があった。

 本日より、新しい提督が鎮守府に着任し、艦隊の指揮を執るという事だ。

 

 正直、何も期待はしていない。

 どのような人物が来たところで、今のこの鎮守府を包む重苦しい空気を打破できるとは思えない。

 無能な指揮官による無謀な作戦に、無計画な資材管理。艦娘を命あるものと見なさぬ非道な扱い。

 あげくの果てに、一か月前の侵攻の迎撃失敗により、この鎮守府の支えでもあった大切な艦を失った。

 

 艦娘の士気は無いに等しく、今やこの鎮守府のほとんどは人間不信ならぬ提督不信と言っても過言ではない状況だ。

 このような状況を招いたのは、前提督の最も近くにいながら諫められなかった私のせいでもあるのだが。

 

「ねぇ大淀。今度の提督はどんな人かな」

「明石……」

 

 私と明石は、鎮守府の正門前に肩を並べて立っていた。

 明石は生気の無い虚ろな目で、私を見ずにそう呟く。

 

 明石が笑わなくなったのはいつからだろうか。

 工作艦である明石はその固有能力故に重労働を強いられ、その分理不尽な目にも合っていた。

 装備の改修に失敗するたびに激しく叱責され、お前の仕事はゴミを作る事なのか、資材を無駄にした責任をどう取るのか、などと罵倒を繰り返された。

 成功しても、それが当然だとばかりに、ねぎらいの言葉一つもかけられない。

 前提督の無謀な進軍で傷ついた艦娘は後を絶たず、明石は寝ずに泊地修理を発動し続け、幾度となく倒れた。

 

 そのせいで疲労は蓄積され、疲れのせいで装備の改修は上手くいかず、罵倒される悪循環。

 今回の責任を問われた前提督が鎮守府を去って数日も、眠れなかったほどのストレスに晒されていたのだった。

 現在ですら、悪夢にうなされているくらいだ。

 

 昔は笑っていない方が珍しいくらいだったというのに。

 それは明石だけに限った話でも無いか、と私は小さく溜息をつく。

 明石はどこを見ているのかわからない目で前方を見やりながら、ぽつりと言葉を漏らした。

 

「青葉から聞いたんだ。この鎮守府は、艦娘が提督の命令に逆らった初めてのケースとして注目されているんだって」

「……えぇ、私も聞いています」

「だから、他の鎮守府の提督たちも皆、ここへの異動を断ったんだって。私達を各鎮守府に再編成する案も猛反対を受けて却下されたって。自分に逆らう可能性がある兵器なんて、扱いたくないもんね」

「……」

 

 私達は軍艦だ。兵器だ。武器だ。道具だ。

 思うように動かないどころか、持ち主の意思に逆らう兵器など、それこそ前代未聞。

 今でこそ深海棲艦という敵があり、艦娘はこの国の味方であると認識されているが、今回の件で敵にも成り得る、と認識されたのだろう。

 上官からの扱いに耐えかねて歯向かった。ただそれだけの事がこれだけの大事になる。

 それは私達がやはり人間ではなく、道具として見られていたという事の証明でもあった。

 

 艦娘に対する非人道的な扱いと、貴重な戦艦を轟沈させた責任を問われ、前提督はこの鎮守府を去る事となった。

 しかしその後、一か月もの間、時折深海棲艦が攻めてくる一か月もの間、この鎮守府には提督が着任しなかったのだ。

 提督の指揮下になければ、艦娘は十分にその性能を発揮できない。

 

 にも関わらず、私達に下された指令は、「提督が着任するまで鎮守府近海を防衛せよ」だけであった。

 私を含め数人の艦娘で作戦を立案し、戦ったが、やはり満足に本来の性能を発揮できず、戦艦が敵軽巡に大破させられた事もあった。

 次に誰が轟沈してもおかしくはない。そんな秒読みの段階だった。

 

 何度応援を頼んでも、艦隊司令部からは、現在対応中であるというお決まりの返答しか無かった。

 もしかしたら、一度でも提督に逆らった艦娘達を処分しようとしているのでは。

 そう邪推してもおかしくはない状況だったのだ。

 

「だからさ、提督にすら見捨てられてた、厄介者だらけの鎮守府に、無理やり押し付けられた可哀そうな人はどんな人かな、って気になっただけ」

「明石……」

「艦隊司令部は隠してるつもりらしいけど、提督の素質を持つ人材も不足してるみたいだし、かといって深海棲艦に近海まで攻められているこの鎮守府を放棄するわけにもいかないし、提督の人格を考慮してる余裕はないし」

「……そうですね。前提督の時点でそうでしたが、すでに提督としての艦隊指揮能力や鎮守府運営能力、人格まで考慮していられる戦況でもありません。妖精さんが見える、それだけで稀少ですから」

「前提督よりも酷い人が着任したりしてね。そうなったらもうどうしようか。そこまでしてこの国を――」

「明石っ!」

 

 私は思わず声を荒げてしまった。

 隣に立つ明石を見れば、肩を震わせ、光を失った瞳から、大粒の涙を流している。

 

「……大淀っ、私、この国を嫌いになりたくない! この国の人達を嫌いになりたくない! 見捨てたくないよぉ……! でも、でも……!」

「大丈夫、きっと大丈夫だから。私達にそう思わせない提督が、きっと着任してくれるから――」

 

 気づけば私も泣いていた。

 私は明石を抱きしめながら願う。

 

 どうか神様、お願いします。

 願わくば、私達にもう一度、艦娘としての喜びを与えてくれる提督が着任してくれん事を。

 この国の為に戦う意味を思い出させてくれる方を。

 私達をただの兵器としてではなく、心ある、そして命ある一人の少女として扱ってくれる方を。

 私達の性能を補ってくれる、軍略に長けた方を。

 深海棲艦に近海まで制圧され、荒み切ったこの鎮守府の空気を、切り拓いてくれる方を。

 

 ――そんな都合のいい方などいないと理解していながらも、私はそれでも願うしかないのだった。

 

 

 

◆◆◆

 

 

 

 ――願いはしたが、期待はしていなかった。

 

 鎮守府正門の目の前に、艦隊司令部からの送迎用の自動車が停まる。

 後方のドアが開き、降りてきた人物を一目見て、私は言葉を失った。

 

 外見からして、前提督とは正反対だった。

 五十代だった前提督とは対照的に――若い。若すぎる。まだ二十代前半か、後半といったところではないのか。

 身だしなみに気を遣わず、率直に言って不潔であった前提督とは対照的に――清潔感のある印象だった。

 髪も短めに切り揃えられ、眉も綺麗に整えられており、髭の剃り残しも無い。

 軍服には皺一つなく、シミや汚れも見当たらない。

 ビール腹で肥満気味であった前提督とは対照的に――まるで外国の俳優のように長身瘦躯であった。

 軍人としては痩せすぎなのではないかとも思ったが、すらりと伸びた手足やその指は、個人的には嫌いでは無かった。

 つい指先まで凝視してしまったが、その手には何やら本が開かれており、表紙を見るに――ドイツ語である事しかわからない。

 後部座席から降りてきてなお、その本を読む事に夢中になっているその若い男は――非常に端正な顔立ちをしていた。

 

 不意に。

 提督は、はっ、と気が付いたように顔を上げ、私達に目を向けた。

 手早くドイツ語の本を懐に仕舞うと、私達の前まで歩み寄って来る。

 

「せっかく出迎えてくれたのに、失礼な事をした。すまない」

 

 そう言ってその若い男は軍帽を取り、私達に頭を下げたのだった。

 時が止まった。思考が追い付かなかった。

 現在の状況がどうにも理解ができず、私達は敬礼をする事を忘れていた事すら、気付けなかった。

 明石を見ると口が半開きになっており、わけがわからないというような表情を浮かべていた。

 私もそうだろう。

 初めて、いや、久しぶりに、明石の虚ろな表情以外を見たような気がする。

 

 提督が顔を上げ、私が慌てて敬礼すると、明石も気が付いたように私に続いた。

 

「おっ、お待ちしておりました! 私、軽巡洋艦、大淀と申します!」

「こ、工作艦、明石です。どうぞよろしくお願い致します」

 

 提督の眼が私を見据える。

 一秒、二秒、まだ三秒も経っていないというのに、私はどうにも恥ずかしくなってしまい、思わず目を逸らしてしまった。

 続いて提督が明石を見る。

 明石も同じようだ。数秒しか持たずに、顔を伏せてしまった。

 

 目を見ればわかる、などとはよく言ったものだと思った。

 この大淀の目に狂いは無い。

 前提督とは目が違う。

 私達を道具としてではなく、命ある人として見ている目だ。

 私達から決して目を逸らすまいという強い意志すら感じられた。

 

「大淀に明石か。お前たちの事はよく知っている。特に明石には、よく世話になっている」

「えっ……わ、私がですか?」

 

 提督の言葉に、明石は思わず顔を上げた。

 どうやら身に覚えが無いようだったが、提督は暫く考え込むように明石を見つめた後で、こう言葉を続けたのだった。

 

「うむ。工作艦明石の装備改修能力は唯一無二のものであると聞いている。今までお前が改修した装備のおかげで、多くの艦娘が救われた事だろう。

 つまりそれは我々全員の助けとなっているのだ。私のみならず、この国の提督全員はお前の世話になっていると言っても過言ではないだろう。

 だから、いつか顔を合わせる機会があれば直接礼を言いたいと思っていたのだ――明石」

「……は、はいっ」

「いつもありがとう。頼りきりで申し訳ないが、これからもよろしく頼む」

 

 その言葉に、明石はしばらく固まっていたが、やがて小さく震え出した。

 提督は小さく首を傾げたが――明石は力が抜けたようにその場にへたり込み、そのまま大泣きし始めたのだった。

 

 気持ちは痛いほどわかる。いや、私なんかにはわからないのかもしれない。

 今までどんなに頑張っても貶され、罵られ、決して褒めてもらえなかった自分の仕事を、ここまで大きく評価されたのだ。

 唯一無二の能力だからこそ、失敗続きの装備改修に一番悩んでいたのは明石自身だったのだ。

 唯一無二の能力ですら上手くいかず、今回の件で人間に歯向かったとみなされ、全ての提督から見捨てられたとさえ考えていた明石が、そんな言葉をかけられたのだ。

 自分が存在する意味すら定かでは無くなってしまっていた明石が、はっきりとその存在を肯定されたのだ。

 明石の喜びは、如何ばかりであろうか。

 

「うわあああん! うわああああん!」

 

 提督は本当にわかっていないようで、おろおろと狼狽えてしまっている。

 助けを求めるように私を見やり、提督はこう言ったのだ。

 

「す、すまない大淀。恥ずかしながら私が女性の扱いに慣れていないせいで、何か失言をしてしまったようだ。本当にすまない」

 

 私は呆気に取られてしまった。

 先ほどの提督の発言は、艦娘の兵器としての能力を褒め称えたものだ。

 軍艦である私たちにとって、それはとても光栄な事である。

 にも関わらず、提督は「女性の扱いに慣れていない」と言ったのだ。

 私たち艦娘を、軍艦としての能力を認めてくれたうえで、女性として扱ってくれていたのだ。

 

 一向に泣き止む気配の無い明石に、提督は本気で狼狽えているのだろう。

 端正な顔立ちに焦りの色が浮かんでいるのが妙に面白くて、おかしくて。

 

「あははっ、あはっ……」

「お、大淀! なんでお前も泣いてしまうんだ! 何がいけなかったのか教えてくれ!」

「す、すいません、あはっ、あはははっ!」

 

 私はもう何が何だかわからなくなって、泣きながら笑ってしまったのであった。

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。