ラストダンスは終わらない   作:紳士イ級
<< 前の話 次の話 >>

8 / 51
007.『遠征任務』【艦娘視点】

 建造ドックから戻った提督は、再び執務室へ戻るという。

 建造の手ごたえについて尋ねたかったが、それは飲み込んだ。

 そもそも手ごたえなど感じるはずは無く、資材を投入してしまえばあとは時が経つのを待つしかないだからだ。

 

「そうだ。もしも提督のご都合がよろしければ、今夜、提督の歓迎会を開こうかと思っております。ささやかなもので申し訳ありませんが……」

「そうなのか。いや、ありがたい。喜んで顔を出させてもらおう」

 

 提督の人柄によっては開催しない事も視野に入れていたが、大丈夫だと判断した私は、歓迎会の開催を宣言した。

 艦娘によっては性格上、提督への不信感の方が強く、参加を拒否する者もいるとは思うし、むしろそちらの人数が多いのではとも思うが……少なくとも私と明石、夕張は必ず顔を出す。

 着任初日に歓迎会を開く事が重要なのだ。最初は私達だけでも良い。提督もそれは心得ているだろう。

 今回参加しなかった艦娘の信頼は、時間をかけてじっくりと得ていけばいい。

 この提督には、それができると信じていた。

 

 私たちは再び執務室へ戻った。

 

「艦隊司令部からのデイリー任務は来ているか?」

「は、はい。こちらに」

 

 このタイミングでデイリー任務?

 ますます提督の考えが読めなくなった。

 提督に艦隊司令部からの任務リストを手渡す時に、私はあっ、と声を漏らした。

 そうか、艦隊司令部は日々のノルマとして、なるべく定期的に建造をする事を推奨している。

 先ほど建造を開始したから、建造が終了する前に艦隊司令部に報告しておかないと。

 提督の動向が気になりすぎて私ですら忘れていたが、提督はそこまで考えていたのか。抜け目がない。

 艦隊司令部からの依頼を達成する事で、鎮守府にはそれに応じた金額が振り込まれる。

 微々たるものではあるが、塵も積もれば山となる。

 

「提督、私、艦隊司令部に報告をしておきますね」

「うむ。頼む」

 

 提督は任務リストと『艦娘型録』、海図に交互に目を通しながら、そう答えたのだった。

 どうやら提督はすでに次の手を考え始めているらしい。

 少しでもこの私が、提督の負担を減らさねば。

 

 私が艦隊司令部への連絡を終えて執務室に戻ると、何故か工廠で別れたはずの夕張がいた。

 汚れも綺麗に落として、いつものセーラー服に着替えている。

 

「あら? どうしたのですか」

「べ、別にいいじゃない。提督が次に何をするのか気になったから……」

 

 ばつが悪そうに目を逸らしながら夕張がそう言うと、それを横目に見ていた明石がからかうように口を挟む。

 

「気になってるのは『次』だけなのかなぁ~」

「うぐっ……そ、そういう明石はどうなのよ!」

「わ、私は最初のお出迎えから提督に付き添ってるだけだし」

「明石も本来はここにいるはずが無いんですけどね」

「おっ、大淀~っ!」

 

 顔を赤らめて慌てる明石に、それ見たことかと食いつく夕張。

 思わず笑ってしまった。

 こんな雰囲気は、いつ以来だろうか。

 もうずっとずっと、遥か昔の事に感じてしまう。

 

 ――三十分ほどの時間が過ぎた。

 

 提督はしばらく考え込んでいるようだった。

 夕張を見てみると、提督の真剣な表情に見惚れているのか、ほぅ、と小さく息を漏らしていた。

 明石と二人でジト目を向けると、それに気づいた夕張は恥ずかしそうに前髪をいじりだした。

 

 前提督と違う所を、また一つ発見した。

 提督の周りに、四人の妖精さんがくっついてきているのだ。

 海図の上を歩き回ったり、提督の周りを飛び回ったりしている。

 やはり、提督は妖精さんに好かれているのだろう。

 まさか、妖精さんと一緒に作戦を立案しているとか? 可愛らしい。

 提督は一言も声を出さずに難しい表情をしているばかりだから、そんな事はないと思うが、どうにも微笑ましい光景だった。

 

 そういえば。

 肩に届くくらいの茶髪に、林檎を模したヘアピン。

 ポニーテールに結んだ黄色の髪の上には、ひよこのような何か。

 気怠そうな雰囲気の緑髪に、兎のぬいぐるみ。

 魔女のような恰好をした、ツインテール。

 ……あんな妖精さん、今まで工廠にいただろうか?

 

 それにしても、随分悩んでいるように思える。

 声をかけた方がいいだろうか?

 そう考えた瞬間だった。

 提督は、意を決したように顔を上げる。

 

「遠征艦隊を編成する」

「はい。遠征先と、編成はいかがなさいましょうか」

 

 私と明石、夕張は背筋を伸ばし、提督に向き直る。

 提督は『艦娘型録』と任務リスト、そして海図を広げたまま、言葉を続けた。

 

「遠征先は鎮守府近海の、この三地点だ」

 

 私達には理解ができなかった。

 提督が地図上で示した三つの小島は、何の変哲も無いただの無人島だ。

 しかも、現在は敵の領海の中にある。

 一体何の為に。

 敵の領海内は、そう簡単に侵入できるものではない。

 しかし、提督が意味の無い指示を下すような人だとも思えない。何かを予測した上での行動なのだろうか。

 

 予測の材料は、私達の用意したこの一か月間の報告書しかない。

 あれに誰よりも目を通しているのはこの私だと自負しているが、何をどう考えてもその地点に何かがあるなどとは思えない。

 この一か月間の深海棲艦の侵攻状況から、何か読み取れる事があるのか?

 しかも、提督はあの速さで報告書に目を通していたのだ。そしてこの判断は迅速すぎる。

 わからない。何しろ、提督が私達を指揮するのは、これが初めてなのだ。

 提督を信用している私ですら疑問を感じるこの出撃に、他の艦娘達はどう感じるだろうか?

 

 横須賀鎮守府から見て、目的地の一つは北東、一つは南東、そしてもう一つは東方向だ。

 どれも敵の領海奥深くに位置している。

 まず、その地点に辿り着く事が出来るのかどうかが疑問であった。

 この一か月間を見るに、目的地に辿り着くまでに深海棲艦側の哨戒部隊に発見される事は避けられないだろう。

 そうなると、敵迎撃部隊と交戦する事となる。敵の領海内で連戦となれば多勢に無勢。 長門さん率いる第一艦隊でも、大打撃は避けられないだろう。

 しかもこれは出撃命令ではなく、おそらく偵察が目的の遠征任務だ。第一艦隊を出すわけがない。

 

 これは流石に……質問をしても良いのだろうか。

 私は提督を信じて引き受けたいが、他の艦からの質問は避けられないだろう。

 

「この地点を偵察せよという事でよろしいでしょうか」

「そうだな。目的地に辿り着いたら、後はお前達の判断に任せる」

「えっ……? 私達の判断に、ですか」

「うむ。他の者にもお前からそう伝えておいてほしい」

 

 提督の話しぶりを見るに、やはり何かを感づいてはいるようだった。

 だが、それを何故、私達には教えない?

 前提督ですら、それが可能であるかはともかくとして、敵艦隊を撃破せよ、のように、ある程度の具体的な指示を出していた。

 しかし、この人は一体何を考えているのだろうか。

 目的地だけは指示し、現場での判断は私達に任せると。

 

 もしや――私達は、試されているのだろうか。

 固まってしまっている私達に構わず、提督は言葉を続けた。

 

「編成については、もう決まった」

「第二艦隊は旗艦、大淀。以下、夕張、朝潮、大潮、荒潮、霞」

「第三艦隊は旗艦、川内。以下、神通、那珂、時雨、夕立、江風」

「第四艦隊は旗艦、天龍。以下、龍田、暁、響、雷、電――以上だ」

 

 提督が組んだ編成に、私は思わず息を飲んだ。

 やはり、これはあくまでも偵察――故に、全ての部隊が燃費のいい水雷戦隊。

 ただしこれは――明らかに戦闘を前提とした編成だ。

 軽巡洋艦をフル出動、駆逐艦の中でも特に練度の高い上位陣から的確に選んで組み込んでいる。

 しかも、編成の内容を見るに、艦同士の相性も悪くない。

 

 第二艦隊旗艦は私。提督の傍からいきなり離れてしまった……ちょっとしょんぼりしてしまうが、他ならぬ提督の指示なのだから仕方が無い。

 いや、これはむしろ提督の信頼の証。提督に不信感を持つ者も含むこの遠征部隊をまとめろという事だろう。

 提督の事を今のところ最もよく理解できている私にしかできない仕事。

 という事は、提督も、自分の事を最も理解できているのはこの私だと思ってくれているという事だろうか……うふふ。よぅし、頑張らねば!

 

 私が率いるのは夕張と朝潮型の四人。未だに提督に不信感を持っており、感情表現が激しい霞ちゃんは、私と朝潮で抑える事が出来る。足柄さんがいればさらに大人しくなるのだが。

 朝潮型の中でもこの四人は、いずれ改二に至る才能を持っているだろうと私が密かに見込んでいた子たちだ。

 ただ、前提督の指揮下では戦闘経験に乏しく、なかなかその領域まで至れなかった。

 提督はそこまで見抜いて、今回の遠征に組み込んだのだろうか。

 今回の遠征の経験が、彼女たちにとって重要な価値を持つのだと。

 

 第三艦隊は、軽巡最強との声も多い神通さんを有する川内型三姉妹。

 そこに、毎晩川内さんと共に夜戦演習を行っている時雨、夕立、江風と、白露型きっての精鋭三人。

 この鎮守府でこれ以上夜戦に適した編成は無い、夜戦のスペシャリスト達だ。

 夜戦となれば、彼女たちはいとも容易く格上の敵を沈めてみせる事だろう。

 ……この遠征は、夜戦の可能性を考慮しているという事だろうか?

 すでに全員改二に至っている川内型三姉妹に、こちらもいずれ改二に至るだろうと見込んでいる時雨達三人。

 やはり、提督はそこまで考えて――。

 

 第四艦隊は……前提督の指揮下ではいつも昼戦で大破していたせいで無能扱いされ、出撃命令が下されなくなった天龍と、姉妹艦だから同じ程度の実力だろうとそれに巻き込まれた龍田さん。

 軽巡の中でも性能と練度が低い天龍を旗艦に据えた理由はわからないが、提督なりの思惑があるのだろう。多分天龍は大喜びだ。これだけで提督に心を開くかもしれない。

 正直に言うと、龍田さんも天龍と同等の性能しかもっていないのだが、その卓越した戦闘センスは天龍の比ではない。性能以上の実力を持つ人だ。

 その二人に付き従うのは、そんな彼女たちに一番懐いている暁型四姉妹だ。

 その可愛らしい見た目から前提督には軽んじられていたが、長女の暁と次女の響は、すでに駆逐艦の中で最も早く改二に至っている。実は凄い子達なのだ。

 暁と響がいれば、天龍の力量不足を補ってくれるだろう。そういう意味では相性だけではなく戦力的にもバランスの取れた編成だ。

 

 提督はこの遠征に何を求めているのか。少なくとも、激しい戦闘が起こり得ると提督が想定している事は、この編成を見れば十分に理解できた。

 

「……了解しました。提督。それでは遠征に出動する艦娘達をこちらへ呼び出します」

「うむ。よろしく頼む」

 

 やはり、提督には何か考えがあるようだった。

 私はそれを信じて、鎮守府内に出動命令の放送を流す為、執務室を後にした。

 

 

 

◆◆◆

 

 

 

 数分後。

 

 ――やらかしてしまった。

 

 執務室には、私が呼び出した艦娘達が艦隊ごとに規則正しく整列している。

 そしてその後ろには、その周りには――放送を聞いたその他の艦娘達が、新しい提督に興味を惹かれてか、集まってきていた。

 この一か月間、リーダー的な役割を担ってきた長門さんや、金剛型の比叡、榛名、霧島。

 妙高型四姉妹に、利根筑摩姉妹、香取鹿島姉妹。一航戦の赤城さん、加賀さんと五航戦の翔鶴瑞鶴姉妹。

 軽空母の鳳翔さんに龍驤さん、春日丸、水上機母艦の千歳千代田姉妹……。

 その他の駆逐艦、潜水艦……つ、つまり、この鎮守府の艦娘全員が、提督を見定めるべく、呼んでもいないのにこの場に集まったのだ。

 今日は提督が着任する為、誰も遠征や出撃に出していなかったので、ここには本当に鎮守府の艦娘全員がいる事になる。

 

 これは完全に私のミスだった。

 本日から新しい提督が着任する事は全員知っているはずだったが、その提督が全員に顔合わせの挨拶などをするよりも早く遠征の命令を出そうというのだ。

 それを私がいつものごとく、鎮守府中に放送してしまった。

 

 流石に部屋から出て行ってもらおうかと提督に進言したが、このままでいいと言われた。

 この場は、提督にとっては針のムシロであるはずだ。

 品定めされていると言ってもいいだろう。

 艦娘によっては、明らかに睨みつけている。

 この提督には恨みも何もないが、『提督』という存在に、反射的に不信感を露にしてしまっている。

 執務室の壁に沿ってぐるりと囲むように並んだ艦娘達の視線全てが提督に注がれていた。

 私が先手を打って、今度の提督は信頼できる人だ、とでも伝えておけばよかったのだが、もう遅い。

 第二艦隊旗艦として、提督の前に立つ私には何も言える事はなかった。

 

 提督を見ると、艦娘達の視線に全くひるむことなく、むしろ提督側から品定めをするように、じろりと部屋中を見渡していた。

 一瞥するだけではない。一人一人を、じっくりと、睨みつけるでもなく、むしろこの状況を楽しんでいるかのようだった。

 私のミスでこのような状況になってしまったわけだが、提督はこれを逆に利用しようとしているような。

 そして椅子から立ち上がると、ゆっくりと口を開いたのだった。

 

「まずは挨拶が遅れてしまった非礼を詫びたい。本日より、私がこの艦隊の指揮を執る事になった。よろしく頼む」

 

 そう言って、提督は小さく頭を下げた。

 艦娘達からの反応は無い。部屋の中はピリついた空気に包まれている。

 提督が次の言葉を発する前に――場違いな声を発したのは、第四艦隊旗艦に指名された天龍だった。

 

「なぁに、気にすんなって! それよりも提督よ、この世界水準を軽く超えた天龍様をいきなり旗艦にご指名とは、なかなかいい目してんな! やるな!」

 

 あっ、しまった! この人、バカだった!

 空気も読まずに提督に向かって初対面からいきなりタメ口⁉ しかも上から目線で⁉

 ど、どうしよう。嗜めた方がいいのでしょうか。これは流石に失礼すぎる。

 まぁ、今まで役割を与えてもらえずに戦闘に参加させてもらえず、補給も満足にしてもらえていなかったのに、いきなり旗艦に指名ですからね。単縦陣で一番槍を務めるの大好きですもんね。

 本人の性格も相まって、嬉しいのはよくわかります。腕組みをして斜に構え、物凄く満足気な表情で、むふん、と息を吐いている。上官の前であるまじき態度だ。

 提督はそんな天龍に何か思うところがあるのか、しばらくの時間じっと見つめ――そして、満足気に小さく笑った。

 

 提督がこの鎮守府に来て、初めて笑顔を見せたのだった。

 

「うむ。世界水準を軽く超えているという話は、どうやら事実のようだ。この目で確かに堪能させてもらった。お前を旗艦に据えたのは正解だった。龍田ともども、今後の活躍に期待している」

「おぉぉ……おおおっ! うっしゃあっ! 行ってくるぜぇっ! 天龍! 水雷戦隊! 出撃するぜぇっ!」

「天龍ちゃん、嬉しいのはわかるけど、まだ作戦概要聞いてないわよ~」

 

 執務室から出て行こうとした天龍が龍田さんに止められていた。

 今からでも旗艦を交代した方がいいのではないだろうか……。

 そして、天龍の後ろに立つ龍田さんの視線が怖い。優し気な目だが、提督を常に睨みつけている。

 天龍は簡単に騙されたが、私はそうはいかないとでも言いたげな目だ。

 いや、天龍がチョロすぎるだけだと思いますが……。いえ、私も人の事は言えませんが。

 

 しかし、提督がまさか天龍をあれほど高く買っていたとは……。

 提督のあの満足気な笑顔を最初に引き出したのがあの天龍だという事に、何故か無性に、物凄く、敗北感を感じてしまった。

 ……くやしい。

 

 そして夕張の際にもそうだったが、あの懐の深さには感服だ。

 前提督であったならば、あんな生意気な態度を取ろうものなら、上官に向かってその態度は何だと罵声が飛んできたところだろう。

 提督はむしろ、天龍があの態度を取った事に対して満足気であったように感じる。

 最低限の規律や礼儀は必要だ。提督に対して敬語を使うのはむしろ当然の事である。

 だのに、提督は私達との距離を縮めようとしてくれているのだろうか?

 

 提督がそれを意図していたのかはわからないが、天龍とのこの短いやり取りで、室内を包む空気は明らかに変わったのだった。

 

「今から出撃ってことは、帰る頃には夜戦だね! やったぁ! 待ちに待った夜戦だー!」

「ね、姉さん……提督の前で、そんな」

「久しぶりに那珂ちゃんの見せ場だねっ! 提督ありがとー!」

「な、那珂ちゃんも……提督、すみません、姉と妹が、すみません」

 

 川内さんと那珂さんがいつもの口調で騒ぎ出し、いつものように神通さんがぺこぺこと謝りだした。

 提督の懐の深さが肌で感じられたのだろうか。言葉にせずとも、無理にかしこまらずともよい、と提督が言ったような気がした。

 提督は天龍のあの態度に、むしろ喜んでいるような表情を浮かべていたのだ。

 執務室内を囲んでいる艦娘達も、少しざわつき始めている。

 どうやら今までの提督とは違うようだ、とわかってきたようだ。

 川内さんも那珂さんも、前提督の指揮下では資材の無駄だと夜戦禁止されていたから、相当嬉しそうだ。

 

 提督はざわつきはじめた室内を律するように、凛とした声を発した。

 

「――それではこれより、遠征任務を発令する!」

 

 瞬間。

 執務室内の空気が変わった。

 先ほどまでどこか懐疑的な雰囲気であった艦娘達が、一糸の乱れも無く姿勢を正した。

 それは無意識によるものか、身体が覚えていたのかもしれない。

 私達の体に根付いた、忘れかけていた提督という存在への信頼が身体を勝手に動かしたのかもしれない。

 

 あの天龍でさえも、真剣な表情で提督を見つめている。

 今回の遠征に関係の無い、周りを囲む艦娘達も姿勢を正し、提督に視線を送っていた。

 私のミスで艦娘全員が集合し、一歩間違えば提督の信頼さえも失うであろうファーストコンタクトを、提督は見事にその器量で乗り切ったのだ。

 まだ完全に全員が心を開いたわけではないだろうが、少なくとも悪い方向には向かっていない。

 

 寛大な部分もあれば、引き締めるべき所では引き締める。

 提督の器に、その瞬間、この鎮守府の艦娘全員は確かに触れたのだった。

 

 そして提督は――この鎮守府に初めてとなる指揮を下した。

 

「作戦概要を説明する。第二、第三、第四艦隊は、各自、高度の柔軟性を維持しつつ目的地へ向かい、臨機応変な判断を忘れる事なく行動せよ!」

「了解!」








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。