虹に導きを   作:てんぞー

10 / 16
そして彼女は死の道を選んだ

 少し無茶をしてしまったせいか、体に少しだけだるさを感じる。流石に他人の未来を遺伝子を辿って意識を召喚させるのは無理があった。でも奇跡を起こすヒーローとしてはこれぐらい出来なきゃ駄目だよな、というのもあるので、疲労に関しては未来の方向へとぶん投げる事にした。そんな事を考えながら変わる景色の中を歩けば、自分を取り巻く環境が一瞬で変化するのが見えた。

 

 破壊されたシュトゥラのポートから一気に状況は綺麗に整頓された部屋へと変わっていた。その部屋の中にはテーブルと椅子があり、他にはベッドの姿なども見える。おそらくは私室なのだろうか、椅子の一つにゆったりとしたドレス姿で座っているオリヴィエが見える為、おそらくはここが彼女の部屋だと思われる。だが彼女と向き合う様に、男の姿が見えた。

 

「オリヴィエ、解ってくれ」

 

「いえ、今更兄弟面しなくてもいいですよお兄様。お兄様の言いたい事は解ります。他の王族を使用するよりは継承権のない私を使った方が遥かに効率的ですと」

 

「……理解してたか」

 

 えぇ、とオリヴィエは頷いた。

 

「私が王宮から離れていたのも事実ですし、政治から離れていたのも事実です。私が政治を学ぼうとすればそれだけでいらぬ疑いを生み出すでしょうからなるべく身を遠ざけてきましたが、それほど愚かではありません。そして同時にお兄様やお姉さま方が私を道具としか考えていない事も理解しています……いえ、まぁ、王族としては正しいのでしょうが」

 

 そう言ってオリヴィエはですが、と言葉を続けた。

 

「私を侮り過ぎです。目を見れば大体の意思は読めます。お兄様方の目的も解っています。ゆりかごによる電撃作戦。禁忌兵器の中でも最強格であるあれが行動を起こせば確かに一瞬で制圧できるでしょう。それに継承権を持たない私を使うのがおそらく、消耗としては最も最小限である事も理解します」

 

「……やはり腐っても元継承権1位の怪物か」

 

「えぇ、ですが心のある怪物であるつもりです。お引き取りを、お兄様。返答は近日中にさせていただきます。えぇ、リッドにも会いたいですしね。確かポートで問題が発生して遅れているんですよね? ならその分、数日待ったところで問題はありませんよね?」

 

「解った、この話はオリヴィエの覚悟が決まるまで俺が握っておこう。ただ、ゆりかごに乗るまでの時間が延びれば延びる程、国土が荒れ、人が死ぬ。聖王陛下も一時的な戴冠を許すと言っている。判断は早めにしておいてくれよ」

 

「えぇ、解っていますよお兄様。私もこう見えて王族の端くれ。その義務からは解き放たれましたが、国の事は常に想ってきました。無闇に荒れるのは私としても好ましい事ではありません」

 

「そうだといいんだがな……」

 

 そう言葉を残し男は部屋を去った。その後姿をオリヴィエはつまらなそうに眺めていた。完全に扉が閉まって、そして気配が去ったところでオリヴィエは溜息を吐いた。そこには呆れを感じさせるものがあり、またそれとは別に、深い悲しみを感じさせるような溜息でもあった。そのまま、頭を伏せるようにテーブルの上に叩きつけた。小さくごんっ、と音が鳴り、

 

「痛っ」

 

 と、オリヴィエが声を零した。だがそのまま数秒間無言のままテーブルに突っ伏していた。その姿はかつて、この王宮にいたオリヴィエとはまるで違う。いい意味で、彼女は世俗に塗れた。なんというか、そう、

 

『お行儀の良い物語のお姫様から、現実にいる少し庶民好きなお姫様って感じになったよね』

 

『でもどちらかと言うと此方の方が好みです』

 

『え、そう? 寧ろ人形チックの方が使いやすそうですけどぉ?』

 

『クアットロは悪ぶるの好きだよねー。部屋に置いてある少女漫画は―――』

 

『あーあーあーあー! なしなしなし! それはなし! あー! 通信オフ! オッフ!! 内情は死守する……!』

 

 物語はおそらくクライマックスに入っているというのに、まるで緊張感のない連中だった。まぁ、現代の連中はジェイル以外、場合によっては歴史そのものが消滅するという事実さえも知らないだろう。この気楽さはそれが原因かもしれない。それを知ってもふざけられるのが自分とジェイルの関係なのだが。まぁ、それはともあれ、自分は今のオリヴィエの方が好きだ。変わってきた彼女の姿を知っているし、その成長を愛しく思う。できるならこのまま、幸せになって欲しい。だけど状況と環境がそれを許さない。

 

「はぁー……王宮、帰ってきたくなかったなぁ……」

 

 オリヴィエが小さく、ぽつりとそう呟くと、椅子から立ち上がり、窓へと近寄った。そこから見えるベルカの夜空を眺めつつ、オリヴィエが口を開く。

 

「ねぇ、貴方は……そこにいるのかな? ううん、きっといるよね。だってなんとなく、守られてるって安心感があるもんね。辛いとき、新しい事に向き合う時、何時も貴方の存在を感じてたけど、こうやって本格的に話しかけるのは初めて、かな?」

 

 どうかな? とオリヴィエが窓へと視線を向けたまま呟いた。それに対して自分は答えを出してみる。オリヴィエは此方の存在の切れ端を掴んでいる様な状態だ。完全に言葉が通じる訳ではない。だけど、

 

「うん、なんとなくだけど感じるよ。言葉は聞こえないけど、その心が……気持ちは伝わってくるよ。貴方はきっと陛下みたいに頼りになる人だけど、リッドみたいに面白く騒がしい人なんだろうな、って伝わってくるよ」

 

 それは良かった、と呟き返す。なんだかんだで第一印象は大事である。明確にオリヴィエが此方へと語り掛けるというのであれば、紳士として相応の態度で迎えなくてはならない。故に言葉は自己紹介する。自分の名を、そして帽子を取って挨拶をするのだ。とはいえ、此方のイケメン顔を見せられないのが非常に残念だ。

 

「あのね……ずっと、ありがとうって言いたかったんだ、私」

 

 オリヴィエは窓の外を眺めたまま、そう言った。

 

「聖王家の女はね、子供を産むときはゆりかごと呼ばれるロストロギアで子供を産むの。初代聖王様が持ってきて今でもずっと続いている遺産。私達は全員生まれる時にここで生まれるからゆりかごって言われているの。そして生まれる時と同時にゆりかごによって()()()()()()()()()の。そうやって聖王家の人間は生まれてくるんだ。もちろん、私もそうやって生まれてきた」

 

 それは語られない歴史の一部、語られない聖王家という存在に関する事だった。長い歴史の中に消え、そして真実と共に葬られた光の中にある影。それをオリヴィエは語っていた。

 

「私も同じようにゆりかごで産まれて来たんだけど―――でも、皆とは違った。私は母を殺して生まれて来たんだって。生まれた時にお母さんの聖王核を吸収して取り込んじゃって、その上でゆりかごの産後改造で聖王核をもう一個植え付けられたの。今までの聖王家にはない、聖王核二個揃いの王女様。それが私だった。だけどね、その衝撃にお母さんは耐えられなくて、聖王核を奪われたときに死んじゃったんだって」

 

 それをオリヴィエは遠い世界の様に語っていた。実際、話に聞いただけであった事のある人物でもなかった。だが、オリヴィエの中に生まれたのは罪悪感だった。幼い頃からずっと押し付けられた罪悪感と罪。オリヴィエが知らぬところでそれが教育と共に植え付けられた。

 

「昔の私は、ね? 聖王核を二つ持って生まれた事から一番優秀な王になれるだろう、って教育を集中的に受けていたの。だけどその度にお兄様やお姉さまが集中的に私が悪い、親を殺した、親の命を啜って生まれたと言い続けて、それで考えたんだ……きっと私は生まれてはいけない子だったんだ、って」

 

 だがオリヴィエはそれから変わったのを自分は知っている。

 

「うん、私変われたんだ。貴方のおかげで。あの時、あの研究所で私に声をかけてくれなかったら―――たぶん、そのまま死んでたと思う。あの騎士にも感謝しなきゃいけない。あの人の言葉があったからこそ私は漸く人間になれたんだな、って」

 

 楽しそうに、切なそうにオリヴィエはそう言った。

 

「継承権を失ってから、漸く人が来るようになって……リッドと会って……クラウスと会って……クロと会って……知り合いが増えて、知らないことを知って、遊ぶという事を全力で楽しんで、王族だって忘れてただの学生の様にはしゃいで。この4年間は本当に楽しかった。目を瞑っていると今でも思い出せるよ、あの日々の事を」

 

 オリヴィエはそう言うと窓を覆う様にカーテンを閉めた。視線をカーテンから外し、ベッドの方へと向かい―――義手が外れた。ごとり、と音を立ててエレミアの作った鉄腕が床に転がった。両腕、オリヴィエのそれが床に落ちた。中身を失ったドレスの袖はひらひらとオリヴィエの歩幅に合わせて揺れる。義手が落ちた事にも一切気にせず、オリヴィエはそのままベッドに進むと、正面からベッドの中へと倒れ込んだ。

 

「本当に楽しかったんだ」

 

 そして無言になった。正面からベッドに倒れ込んだ状態、無言を維持する。現代からの茶々も入ってこない。好きにやれ、という事だろうか。ふーむ、と呟きながらベッドの上、オリヴィエが倒れている所の横に座る。足を組んで座りながらさて、どうしたものか、と呟く。こう見えてまだ26年程度しか生きていないおかげでこういう時、どう声をかけたらいいのかが今一解らない。ただ、今はこうやって接続している以上、側に居る事しか出来ない。

 

 言葉が届かないのは中々にもどかしい。

 

 いつの間にか、結構入れ込んでいた様だ。

 

「……なんで、王族に生まれたんだろう」

 

 ぼそり、と呟いた。

 

「生まれたら王になるんだって言われて母さんを殺したって言われて勉強と特訓を義務付けられてそれをやっかまれて友達もいなくて遊べなくて兄弟は憎むか敵視するばかりで誰も助けようとしてくれないし陛下は黙認して試練だっていうしその上で継承権を失って放逐したと思ったら呼び戻して好き勝手使おうとするし」

 

 再び無言になってから、オリヴィエは体を起き上がらせた。ちょうど横になる様に座った。ベッドで寝っ転がったせいか、その着衣はところどころ乱れているが、本人は気にするつもりはなく、見えない筈なのにちょうど横に座ったまま、俯く。敬語を捨てた素のままで話す彼女を一度だけ、自分は聞いたことがある。その時は今みたいに他に誰もいない状況だった。

 

 だけど今はその時以上に本音を曝け出していた。言葉だけではなく、心の中さえも完全に吐き出していた。オリヴィエ・ゼーゲブレヒトの心の奥底にあった負の感情を吐き出す様に、オリヴィエは言葉を吐き出していた。

 

「ねぇ、なんで私は王族に生まれちゃったんだろう。なんでもっと平和な時代に生まれる事が出来なかったのかな? シュトゥラに居た時、本音を言うとクラウスに嫉妬していたの。彼はシュトゥラの第一王子なのにその地位を狙われずに、皆に祝福されて期待されてた。期待が重いってなんで……なんであんな風に聖王家はならなかったのかな? なんであんな風にみんなは私の事を手伝ってくれなかったんだろう……なんでだろう……」

 

 吐き出した言葉は止まらない。

 

「4年目になると進路とかの話も出てくるからみんな、卒業後は何をするかって話とか出てくるの。騎士団に行くとか、文官になるとか。でもね、中には結婚したり家業を継ぐって子もいてね、正直国の為になる事よりもそっちの子たちの方が全然羨ましかったの。人にたくさん見られるような場所じゃなくて、守られる側で普通の生活をするというのが本当に羨ましかったんだ」

 

 俯いて言葉を話し続けるオリヴィエを聞く。

 

「普通の女の子に生まれたかった。別に都会で生活する必要はないんだ。魔法の才能もいらない。聖王核もいらなかった。戦う力もなくていいの。小さな田舎の家で朝は井戸から水を汲んで始めて、家の家事を手伝うなんでもない普通の村娘に生まれたかったな……」

 

 そこでオリヴィエの言葉は止まった。彼女は言わないだろう。だがその言葉の端からは伝わってくる。彼女は自分の出自というものを恨んでいた。憎んでいた。怨嗟を向けていた。彼女の人生を考えればそれは当然のことかもしれない。オリヴィエの一生は不幸の一言に尽きる。望まれて生まれて即座に切り捨てられ、失いながら拾ったと思われたら捨てられ、そして呼び戻されて死ねと言われる。

 

 シュトゥラで得た短い安息ですら彼女の最期を彩るスパイスだった。彼女は生まれた瞬間から絶望と悪意のない運命によって死への道を舗装されていた。オリヴィエはその断崖へと続いている道を歩き続けてきた、外れる事も出来ず。

 

「ねぇ、声も聞こえないし姿も見えない素敵な貴方。貴方の言う通りだったよ。世界は美しかった」

 

 オリヴィエは言う。彼女の人生はどこまでも悲惨だった。だけど、それでも世界は美しかったのだ、と。

 

「一番最初にそれを見せてくれたのはリッドだったんだ。まだ暗い内、朝早く起きて連れ出すからどこへ行くのかなー? って思ったら王宮の壁を上り始めて驚いてたらいいからいいから、って連れ出されて王宮の一番上の屋根に上って、そこから朝日を見たんだ。リッドよりもずっと長く王宮にはいたはずだったのに、こんな美しい朝焼けがあるなんて知りもしなかったんだ」

 

 うん、とオリヴィエは俯きながら呟いた。

 

「それからも色々とリッドが連れ出してくれたんだ。たぶんね、リッドは一番私の事を良く理解していたんだ……うーん、貴方とどっちが私の事を良く知ってるのかはちょっと解らないけど、一番長く一緒に居てくれたし、あんな態度を取ってるけど本当はリッド、凄く頭が良いんだよ」

 

 だからね、と言葉を置いた。

 

「私が……愛に飢えているって事を一番良く解ってくれていたんだと思うんだ」

 

 母を知らず、そして父を知らず。そして肉親からは一切の愛を受けず、家臣からは敬意のみを受ける。異性としての恋愛観を向ける存在はシュトゥラでクラウスと出会うまではいなかった。そのクラウスでさえヘタレっぷりで一切アプローチをかけていなかったので、相当なものだろう。

 

「うん、だから貴方には感謝しているんだ。優しく、背中を押して貰う様に見守ってくれる姿に私はどこか父性の影を追っていたんだと思う。リッドもね、解っていたのか友人としてずっと私に接して、親愛の情というのを教えてくれた。私の生まれは不幸だったけど、だけど私はちゃんと皆に支えられて生きて来たんだ―――だから絶対に、人生を不幸だと言えない」

 

 オリヴィエは言う。自分の人生を不幸とは言えない、と。

 

「貴方が背中を押して、リッドは笑わせてくれて、クラウスと競い合って、クロと偶には悪戯をして……そんな風に私の人生は楽しく彩られていた時期があったんだ。それがある限り、私は自分の人生が不幸だなんて言っちゃダメなんだ。生まれがどうあれ、それをあの美しい時間と一緒にしちゃいけないんだ。私は、友達に恵まれていたんだ……」

 

―――故に選ぶのだろう、ゆりかごに乗ることを。

 

「……うん、私はたぶん乗る事になると思うよ、ゆりかごに」

 

 オリヴィエの声がやや震えているのを感じる。

 

「お兄様はあれ、実は多少悪ぶっているんだよね。必要以上に偽悪的というか……ああ見えてお兄様って本当はもうちょっと融通が利くというか、話の通じる人なんだよ? でも最大効率と国の未来を考えるとどうしても私をゆりかごに乗せるのが一番って結論になるしね。解りやすく憎める相手になってくれようとしたんじゃないかなぁ、って思うんだ。お兄様の事」

 

 オリヴィエは信じている、自分の肉親の善性の事を。

 

「うん。そりゃあ悪い人だっているよ? 世の中は悪い事をやってそれを楽しむ人間や、傷つくことを目的に行動する人もいる。他人が苦しむのを見て愉悦する人がいれば、どうしようもない終焉を前に自分の悦楽を理解する人だっている。本当に世の中にはどうしようもない人がいるんだ。だけどね、お兄様達はそういう人種じゃないんだ。あの人たちは本当に必死なだけ。聖王陛下……お父様という大きすぎる王がいるから、それに相応しい継承者になろうって頑張ってるだけなんだ。本当はもっと優しいんだって、今の私になら解る」

 

 この状況に関して、誰かを責める事は出来ないとオリヴィエは言う。これは仕方がない事なのだと思ってもいる。オリヴィエをゆりかごの動力にするのは禁忌兵器が動き出した時点でほぼ決定する自体だろうと思っていた。なぜならそれが一番早く、そして被害を減らせる方法だからだ。そしてもし誰かを責める事が出来るのであれば、それはこの戦争そのものを始めた首謀者そのものになるだろう。

 

 だがそんな奴は本当に存在するのかどうかすら解らない。

 

 結局、オリヴィエの前に残されたのはゆりかごに騎乗しなくてはならないという現実だけだった。

 

「嘆いて、苦しんで、喚いても現実は変わらない―――私はゆりかごに乗らなくてはならないんだよ……ね」

 

 自分の言葉を確認するようにオリヴィエは言った。

 

「そうしなきゃシュトゥラが危ないもんね。もう既に一回ガレアから攻撃を貰っているし。早めにゆりかごを動かさないとまた魔女の森が焼かれてしまうかもしれないしね。それにリッドだってエレミアで傭兵だから、きっと最前線に送られちゃうんだ。早く戦争を終わらせないとリッドが……うん、なんか負けるイメージが湧かないし大活躍しそう。でもそうしたらお別れになっちゃうのかな……」

 

 言葉尻がどんどんと声量を失って行く。そうして黙り込んだ。俯いた状態で、オリヴィエがわずかに唇を動かした。

 

―――嫌だ。

 

 その言葉と共に水滴が一つ、床に落ちた。

 

「嫌だよぉ……私、まだ死にたくないよ……」

 

 小さく、しかし確実にオリヴィエの嗚咽が漏れ始める。その涙を拭うための義手は外れて床に転がり、慰めてくれる親友はここに居なかった。それを見たら慌ててうろたえるであろう青年の姿はなく、そしてその涙の行方を消し去ろうとする魔女の姿はない。そしてこの両腕はオリヴィエの頭に触れる事は出来ず、流れる涙を止めることが出来ない。この場で、オリヴィエを慰められる存在は居らず、

 

 ただ、オリヴィエの涙が流れる。

 

「まだ、死にたくないよ……」

 

 その言葉だけをここに残して―――。

 




 きっと本当の彼女は、人となった彼女はただの少女となってしまったのだろう。

 というわけでオリヴィエの想い。本音。素のままの彼女とかいう奴。

 この物語は全体で15万文字程度のラノベサイズを目指して書いているのだけれども、結構いいサイズで収まりそうなので個人的には安心している所。15万若干オーバーか、15万若干アンダーで終われそうっすわ。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。