IS《ISの帝王:MAD版》   作:只のカカシです
<< 前の話 次の話 >>

13 / 34
読者諸君、10話記念振りだな。作Aだ。今回の話がどうなるか、分かってるだろうな。
(分からない読者は、10話記念を)見てこい読者(カルロ)
*今回は腹筋休め(大滑り)です。(滝汗・・・



第12話 元○○な人達

 -放課後、第3アリーナ
 「一夏、いよいよ来週からクラス対抗戦だな。」
 「何時からだったかな?」
 「丁度一週間後からですわ!それにしても、一夏さん。随分とISの操縦も板に付いてきましわ。」
 「どういう意味だ?」
 「初めて私と戦われた時、生身で挑んでこられたのですもの。あの時は、驚きましたわ。」
 「何が言いたい。」
 「クラス対抗戦でISを使わないなど、ふざけたことをするのではと心配でしたもの。」
 「!!」←やろうと思っていた
 「・・・?一夏さん、どうかされましたか?」
 「いや、何も。・・・今日は、もう終わりにしよう。」
 「ん、そうだな。少し早いが、アリーナの準備も始まることだし切り上げよう。」
 
 -更衣室前-
 「一夏、反省した?」
 「鈴、いきなりなんだ。」
 「はぁ!?いきなりとは何よ!いきなりとは!アンタのせいで、どれだけ泣かされたと思ってんの?」
 「(その事については)すまないと思っている。」
 「謝ったら許してやると思ってんの!?頭来た!もう良いわ!アンタに、酢豚を毎日作ってやると言ったわね!」
 「そうだ。」
 「地獄へ堕ちろ、一夏!」
 「待て、鈴!ウォォォォォォ・・・。」
 
 
 
 -1025号室-
 「・・・・・。」
 「・・・一夏、もう事情を話してくれても良いんじゃないか?凰と何があった。」
 「これを見てくれ。」
 「これは、凰の家族の写真か?」
 「そうだ。」
 「優しそうな両親だな。」
 「あぁ、優しかった。」
 「・・・かった?」
 「中学の時に離婚したよ。」
 「・・・そうだったのか。」
 「アイツが転校してきた時、俺は剣道を続けていた。だが最初は日本語が話せなくて、クラスで虐められていた。・・・アイツの為に剣道を辞めた。だがその頃から(千冬姉が)留守がちで、一緒にいてやれたのは学校と登下校だけ。中学に入ってからは、バイトを始めた。アイツが中国に帰った時も、バイトで空港まで見送りにも行ってやれなかった。今回の喧嘩だって、俺のせいだ。」
 「どうして(中学で)バイトを?」
 「特殊事情だ。」
 「家計のためって事ね。」
 「・・・まあな。」
 「」
 「だがもう過去の話だ。アイツも、俺にとって大切な友達なんだ。」
 
 
 
 - 一週間後、第2アリーナ -
 『さぁ、クラス対抗戦第1試合。両クラス代表の入場だぁ!』
 『1組はぁ!?強靱な肉体と、ISを装備した織斑一夏(人間武器庫)!』
 『さあ、注目の2組はぁ!?胸囲ツルツル、ペッタペタの変態(凰鈴音)だ!』
 「ちょっと実況!その紹介は無いでしょぉ!?もうっ・・・一夏、今謝ったら少しぐらい手加減してあげても良いわよ。」
 「・・・来いよ鈴。情けなんか捨てて、かかってこい。俺に楽をさせる勝負なんかつまらんだろう。武器を突き立て、俺が苦しみもがいて、シールドエネルギーを削られていく様を見るのが望みだったんだろう。そうじゃないのか鈴。」←口角ヒクヒク
 「・・・いいわ一夏。死なない程度にいたぶってあげる!」←怒
 ビーッ!『試合開始!』
 ガッ!【50000/50000】←雪片*No damage*
    【35000/35000】←双天牙月*No damage*
 「ふぅん、やるじゃない。」
 「・・・。」
 「今のは挨拶代わりよ!これでも喰らいなさい!」
 パチッ・・・ズガァァァン!【99989/99999】←衝撃砲
 「ヌオォォォ・・・。」
 「残念ね一夏ぁ・・・ジャブ(トリック)よ。」
 「ふざけやがってぇ・・・。フンッ!」
 ガゴォォォン!【15000/16000】←雪片Attack!
 「チィッ!こんのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!」
 「ヌウォォォォォォォ!」
 ズドォォォォォォォンッ!!!【0/5000】←アリーナのシールド
 「何だ!!」
 「一夏!侵入者よ!あやまっt・・・じゃない、逃げるわよ!OK?」
 「OK!」
 怒ごぉぉぉぉぉぉん!【800000/999999】←零落白夜
 「ちょっと、一夏!地面に叩き付けちゃ砂煙で見えないじゃない!!」
 「いたぞぉぉぉぉぉぉ!」
 ズドォォォォォォォン!【750000/999999】←ロケットランチャーby箒
 ズバババババババババ!【730000/999999】←チェーンガンbyセシリア
 「ちょ、イギリス!何でIS仕舞ってんのよ!」
 「はっ!そ、それは・・・。」
 デェェェン!【27000/27000】
 「何誤魔化してんのよ!つーか、IS出すのおっそ!」
 「・・・今度余計なこと言いますと、む*を縫い合わせますわよ。・・・はっ!ありませんでしたわ!」
 「あんた、後で覚えときなさいよ・・・。」
 「・・・攻撃をしない時は仕掛けてこないとは、面白い奴だ。気に入った。壊すのは最後にしてやろう。」
 ベキィッ!【14000/16000】←左パンチfor鈴
 「ちょっと、なにすんのよ!危ない!」
 ビシュン!←無人機介入*回避*
 「・・・お前を壊すのは最後だと言ったな。」
 「・・・(ウィィィィィィィン、ウィンウィン)」←訳:怖いかクソッタレ。当然だぜ、無人ISの俺に勝てるもんか。
 「試してみるか?・・・アレは嘘だ。」←何故通じる・・・
 ベベベベキィッ!【10000/999999】←ダルマ
 「これは・・・無人機!?ISは人が乗らないと動かないんじゃ・・・」
 「・・・(ウィィン、ウィィィンーーー、ウィン)」←訳:残念だったなぁ、トリックだよ
 「くたばりやがれぇ・・・。」
 ドベキシ!【0/999999】
 「・・・(ウィィィィン)」←訳:オフイ・・・。
 ドカァァァァァァン!←自爆
 「ぬおおおお!」【0/99999】←もろに喰らった
 
 
 
 「・・・・・。」
 「一夏、起きた?」
 「確か、自爆を喰らって・・・。」
 「・・・麻酔破片だよ。本物の破片使いたかったぜ!」←お前の(破片)ではないだろ!
 「鈴はどこだ!」
 「嘘よ。本物よ。」
 「そうか・・・。鈴、試合はどうなった。」
 「気にしなくていいわ。無効だから。」
 「・・・すまない。」
 「言わなくていいわ。もっp、篠ノ之さんから聞いたから。」←臭いを嗅いだ。
 「風下じゃn――」
 「よく鼻が利くモンですなぁ!」
 「げ、モッピー!じゃ、一夏、バイバイ!!」←脱兎
 「待ちやがれ!クソッタレ!」
 「保健室でドンパチするとは気に入った。ボコボコにして、ベ(ネ)ットに放り込むのは最後にしてやろう。」
 「「ち、千冬さん!!」」
 「そのアルコールはどこで買った!」
 「・・・消毒用アルコールだよ。本物の酒買いたかったぜ!」
 「山田先生はどこだ!」
 「!!・・・用を思い出した。一夏、ISの解析に協力しろ。OK?」
 「OK!」
 ドベキシ!【1/20000】
 「オフウイ・・・。」
 「箒、鈴。(山田先生の所まで)運ぶのを手伝ってくれ。」
 翌日、燃え盛るIS学園の地下50メートルの部屋から不死鳥の如く蘇る織斑千冬が発見され、同室内ごと無人機を焼き尽くした翌日、IS学園の地下50メートルの部屋で冷たくなっている山田先生が発見され、派手に静かに息を引き取った。
 (・・・あれ?何か違う・・・。)



作Aが書いたと言ったな。
そ、そうだ、只のカカシです。
あれは嘘だ!
ウワァハハハッハハ←腹筋崩壊







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。