IS《ISの帝王:MAD版》   作:只のカカシです
<< 前の話 次の話 >>

22 / 34
「最新話に置いてかれるぞ。とばせ!」
「ワッハッハッ!」
「いいぞ」
「どうしてこんなことするの!?」
「一口では言えん。とにかく読め」
「無理よ、そんなの、読み始めてまだ5行と経ってないのよ」
「・・・6行目だな。」


第20話 美女と筋肉

- 夜、1025号室 -
 〈はー・・・。疲れた・・・。あ、そうか。一夏は暫く帰ってこないし、シャワーでも浴びてこよう。〉
 
- その10分後、職員室にて -
 「はい、以上で終わりです。」
 「・・・これだけか?」
 「はい、そうです。お疲れ様でした。」
 「何で、今日なんだ?明日の昼休憩でも出来るのに。」
 「私の机の上がスッキリするからです!」
 「ふざけy「あぁ、山田先生。よかった。この書類を頼m・・・一夏!?」・・・ふざけやがってぇ!!」
 「ま、待て、酒は飲んでない!!」
 ズドドォオンッ!←クーゲルシュライバー・ドイツ・ヴェルフェン*訳:ボールペン2本(ニッポン)投げ
 「これで腐った思考も抜けるだろう。」
 
 「まだ、誰か中にいるのか?」←鍵係
 「死体だけです。」
 チラッ
 「よし、閉めよう。」
 「(手間を取らせて)すまないと思っている。」
 
 
- 2分後、1025号室 -
 「ただいま。・・・いないのか?」〈まあいいか。さて、ひとっ風呂・・・シャルルが入っているのか。仕方ない、待つか。〉
 
- 更に20分後 -
 ガチャ←風呂のドア
 〈ふー、サッパリした。〉
 「良い胸筋だ。何処で鍛えた。」
 「え~違うよ。これは胸筋じゃなくて、○首d・・・・・、って、えぇぇぇぇぇぇ!?い、いつ帰ってきたの!?」〈し、しまった・・・。こんな格好を見られたら・・・。〉
 「シャワーは終わりか?よし、ひとっ風呂浴びてくる。」
 〈ど、ど、どうしよう・・・。〉
 ガチャン
 〈・・・え?無視!?〉
 
- 5分後 -
 『あ!!』
 ビクッ!「!?」
 ガチャ
 「シャルル、すまないがタンスの中から石鹸を取ってくれ。」←何でタンスに仕舞う?
 「え?あ、いいよ。・・・はい。」
 「ありがとう。」
 バタン
 「・・・。」
 『あ!!』
 ビクッ!「!?」
 ガチャ
 「シャルル、タオルを落とした。すまないが、棚からタオルを出して貰えないか?」←タオルと石鹸逆でしょ
 「あ、いいよ。・・・はい。」
 「ありがとう。」
 バタン
 「・・・。」

- 3分後 -
 ガチャ
 「なあ、シャルル。今、体を拭いていて気が付いたんだが、お前のこの辺り・・・(胸筋ピクピク)に付いているのは胸筋ではなく鈴にはないアレか?(・・・ん?)」←遅い
 「り、鈴?あ、凰さんか。・・・そ、そうだよ。」
 「ならいいんだ。」
 バタン
 「・・・何がいいの!?」
 ガチャ
 「あー、サッパリした。よし、シャルル。飯食いに行こう。」
 「あ・・・、いや、待って!」
 「冗談だ、安心しろ。誰にも言わん。異性への擬装は、諜報の世界では古くから行われてきた。それを分かっているとは、デュノア社、やっぱり大したもんだよ。(・・・んん?)」
 「流石だね一夏。その通りだよ・・・。」
 「目的は、これだろう。」←胸筋ピクピク
 「ち、違うよ!そんなもの・・・いや、そんな言い方は失礼なんだけど、違うよ。僕が指示されたのは――」
 「あぁ、(こっち)か。」ポーズを取りながら*お好みのポーズで回想して下さい
 「だ か ら 違うって!!」
 「ん、そうか。やはりこれだったか!」
 デェェェェェェェン!←ロケットランチャー
 「全然違う!!」
 「・・・じゃあ、これか?」
 「・・・何それ?」
 「織斑千冬の(縫い合わされた)財布だ。」←何で持ってるんですかねぇ
 「い、一夏、ふざけてるの?」←こめかみピクピク
 「あぁ、そうだ。」
 「はぁ・・・、僕が指示されたのは、白式のデータを盗んでくることだよ。」
 「この近接だけが取り柄の欠陥機(ポンコツ)だろ?くれてやる。」
 ポイッ
 「!?わ、わ、わ、わぁ!!」←キャッチ
 「それに、防弾チョッキの方が動きやすいしな!」
 「だ、駄目だよ!持って帰るのはマズイんだ!それに、学年別トーナメントはどうするの!?」
 「冗談だ。俺もそれぐらい分かってる。」
 ヒョイ←白式回収
 「安心しろ、IS学園(ここ)なら、外部から干渉(物理は除く)されることはない。」
 「・・・え?」
 「特記事項第21だ。覚えてないのか?今すぐ見ろ。」
 「あ、うん。・・・成る程。凄いね一夏は。55個全部覚えてるの?」
 「当然だ。・・・何がおかしい?」
 「いや、だって一夏、何時も筋力にものを言わせて押し通してるのに、こんなことを覚えてるなんて。ギャップが凄いよ。」
 「2ヶ月もいれば、覚えられる。難しいことじゃない。・・・誰か来る。」
 「え?」
 ボフッ!←ベットに放り投げた
 「ゲホッ。」
 「静かにしてろ。」
 ピンポーン、ガチャ
 「一夏さん、いらっしゃいますか?入りますわよ?」←もう入ってる
 「セシリアか。何のようだ。」
 「一夏さん、夕食は摂られましたか?」
 「いや、まだだ。」
 「そうですか。よろしければご一緒しませんか?」
 「あぁ、いいだろう。」
 「あら?シャルルさんは?」
 「セシリア、頼みがあるんだが、シャルルを起こさないでやってくれ。今日の訓練で死ぬほど疲れたんだ。」
 「まぁ、そうでしたか。では、仕方ありません。私達だけで向かいましょう。」
 「あぁ・・・、ちょっと待ってくれ。靴が違うんだ。」
 「はい、分かりましたわ。」
 「・・・シャルル、これ以降返事はするな。動くんじゃないぞ。誰か来ても、無視で良い。いいな。・・・・・待たせた。」
 「では、行きましょう。」
 カチャ・・・、ガチ←施錠
 「優しいね、一夏・・・。」
 
- 30分後 -
 ガチャ、バン!
 「!?」
 「おい、一夏、デュノア!いるか!?ペパロニのピッツァを作ってきたぞ!激旨だでぇ!」←箒*合鍵で入った
 「・・・。」
 「む、しまった。デュノアが寝ていたのか。起こすところだった。・・・また明日会おう。」
 バタン、ガチャ
 〈怖っ!何ここ!〉
 
- 更に30分後 -
 ガチャ、ガチャ
 「シャルル、出てきていいぞ。・・・何処のバカだ?ピザ頼んだのは。」←ピッツァです
 「あ、一夏おかえり。それは篠ノ之さんが持ってきてくれたペパロニ?のピッツァよ。」
 パカッ
 「確かにペパロニだ・・・。!?ばれなかったか!?」
 「うん、話し掛けられなかったよ。」
 「ならよかった。・・・そうだ、シャルル。今、カタツムリを捕まえてきたんだが、食べるか?」
 「食べないよ!エスカルゴじゃないし!それデンデンムシだし!(怒)第一、エスカルゴ嫌いだし!」
 「そうか、違うのか。じゃ、捨てよ。」
 ガラガラ、ポイッ
 『ウーワァァァァァッァァ!!』←カタツムリ
 ジャー←手洗い*除菌
 「待ってろ、今(ピッツァを)暖める。」
 「あ、ありがとう。」
 チン
 「どうぞ。」
 「いただきます。・・・ん!美味しい!フランスのと味は違うけど、美味しい!篠ノ之さん、凄い!」
 「よかったな。」
 
 後にあのカタツムリは、セシリアに料理されたとかされなかったとか・・・。(なってたら恐怖)



「・・・なぁに?」
「プッ・・・腹筋はどこだ?」
「バスルームよ」
「・・・お前は?」
「寝るだけ腹筋アンダー核」







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。