IS《ISの帝王:MAD版》   作:只のカカシです
<< 前の話 次の話 >>

25 / 34
「只のカカシです!?失踪したんじゃ・・・。」
「残念だったなぁ、トリックだよ。・・・学校が始まって、少しずつネタを練り続けてきた。ようやく(ぶちまける)その日がやってきた。長かったぜ。」


第23話 弾けろ筋肉、飛び散れIS

- 6月最終週、学年別トーナメント当日 -
 「失礼します、山田先生。これ、トーナメントです。」
 「はい、ありがとうございます。」
 「失礼しました。」
 ガチャ・・・バタン
 「・・・って、えぇ!?何ですかこの組み合わせは!」
 ガチャ
 「ん?トーナメントが来たか。見せてくれ・・・おい、山田先生。」
 「は、はい、何でしょう織斑先生・・・。」
 「このトーナメントはどういうことだ?」
 「し、知りません!私だって、今渡されたんですから!」
 バァン!
 「おい、千冬姉!このトーナメントはどういうことだ!?」
 「私に聞くな!」
 ドゴォン!
 「おい、一夏!この組み合わせは何だ!」
 「知るか!!俺に聞くな!」
 ズバァン!
 「おい、剣道娘!貴様がペアとは、どういうつもりだ!!」
 「知るか眼帯ウサギ!」
 コンコン、ガチャ
 「誰だ!!」
 「私です、先生・・・。トーナメントに誤りがあったので修正しました!」←最初に出て行った人
 「あぁ、そうか。ご苦労。」
 「「「・・・おい!」」」
 「は、はい、何でしょう・・・。」
 「「「一番大事なところが直ってねぇじゃねえか!!」」」
 「ひぇ!?」
 チュドォォォォォォォォォォォォン!
 
- 開始直前 -
 『さぁ、注目の第一試合!まず入ってきたのは――』
 ゴゴゴゴゴ・・・←威圧感
 『・・・篠ノ之箒さんと、ラウラ・ボーデヴィッヒさんです・・・。つ、続いて入場してきたのは、シャルル・デュノア君と、我らが筋肉、織斑一夏君です・・・。』←テンション低い
 「・・・ねぇ、一夏。何か空気重くない?」
 「あぁ、・・・そうだな。」
 「・・・終わり!?」
 「その通り!」
 デェェェェェェェェェェン!【99999/99999】
 『『『イエェェェェェェエイ!』』』
 「大佐!ご苦労様です!」←見たかった
 「・・・。」『シャルル、事前の打ち合わせ通りだ。』
 『ラウラを抑えられるとでも?』
 『お前なら出来る。』
 『・・・やってみる。』
 ビーッ!←試合開始!
 「「じゃまだ!!」」
 「「ぐぇっ。」」←シャルル&ラウラ
 ヒュン、ガッ!
 「ぐぁっ!・・・な、大佐!」
 「ゲホ、ゲホ・・・。僕が相手だよ!!」
 「カカシは引っ込んでろ!」

 「ぬぅぅぅぅぅぅぅ・・・!」
 「ふんぅぅぅぅぅあぁぁ!」←一夏&箒*顔芸しながら鍔迫り合い

 「えぇい、邪魔だ!」
 「行かせないよ!」
 バン、バン!ガッ!
 
 「うをぉぉっぉぉらぁ!」
 「キェェェッェエェェイイイイ!」
 ドゴン!ドゴーォン!バキィ!デェェェェェェェン!
 
 「か、体が動かない!?」
 「フハハハハハ!AICの威力をとくと味――」
 バキィィィン・・・
 「ラウラ!避けろ!」
 「大佐!?」
 サクッ!【20014/24000】←折れたブレードが刺さった
 「い、痛ぇぇえぇぇぇぇぇえぇぇ!?」
 「貰ったよぉぉぉ!!」←ヤケクソ
 ズズズカンッ!・・・ズドォォォォン!チュドォォォォォン!!【1/24000】←盾殺し×2&ロケットランチャー&クレイモア
 「ウォォォウウウ・・・。オウウォォゥ・・・アァァァ。」
 「隙だらけだぞ!一夏ぁ!!」
 「やってみろ!!」
 バベキョシィッ!!【9999/9999】←IS解除*高さ30m
          【2000/2000】←同上
 ヒュゥゥゥゥン、スタッ!←当然、NO Damage!
 『決まったァァァァッァ!勝者は織斑一夏&シャルルペア!しかしぃ、流石はタフネス設計の人間隕石とぉ、竹刀でレールガンを撃ち返す強靱な肉体を持った剣道少女!30mの高さなんかでは、ビクともしなぁぁぁい!』
 『『『ワァァァ――!!!』』』←歓声
 「・・・よくやった!シャルル。」
 「はぁ、はぁ・・・。それにしても、あの高さから落ちてよく平気だね・・・。」
 「「清水の舞台に比べればまだまだ。」」←今の、それより2.5倍高いです
 「へぇ、そうなんだ・・・?」←知らない
 〈・・・こんな、こんな無様な負け姿を、大佐と、・・・教官に見せる訳には、見せるわけにはいかん!!〉
 『子ウサギよ。力が欲しいか?・・・今ならPON☆とくれてやるぞ?』
 〈!!カモォォォォォォォォォォン!(・・・ん?)〉←トップギ○並み感
 バシィッ!
 「アァァァァァァァイ!」←某球審じゃないです
 「な、何あれ!?」
 「液体ISだ。」←VTシステムです
 「見ろ!一夏!あの姿、千冬さんにそっくりだ。」
 「・・・来るぞ!伏せろ!」
 バキィ!――ゴロゴロゴロ・・・
 「無茶だよ!ISに当たり勝ちしようなんて!!」
 「一夏、私も――」
 「待て、これは俺の問題だ。一人でさせてくれ。」
 「・・・了解した。」
 「い、一夏。僕のリヴァイヴからコア・バイパスでエネルギーを――」
 「必要ない。」
 「えぇ!?でも――」
 「動け!動けってんだ、このポンコツが!」
 バシバシ!・・・デェェェン!【10000/10000】←雪片だけ*しょっぺえ
 「うそぉん・・・。」
 「行くぞラウラァァァァァァァァァァァ!」
 シュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ・・・【9999/9999】
 「!!ウラァ!」
 ドベキシ!「オフィ・・・」【1/44000】
 「これで腐ったシステムも抜けるだろう。」
 「めちゃくちゃだぁ・・・。」
 「どこのバカだ、VTシステム積んだのは。」
 「そんなこと逝ってる場合か!医務室に運ぶぞ。」←逝ってるんなら葬儀屋では?
 「安心しろ、(まだ)生きてるよ。・・・チョチョッと手先を動かすだけで、壊れちまったISと死に損ないのクソシステムがパパーッと入れ替わる。」

-夕方、校内放送 -
 『トーナメントは事故により中止とします。OK?』
 「「「OK!」」」
 チュドォォォォォォォン!【1/5000】←放送室
 『・・・理事長が私達位優しかったら明日は開講休業ね。』
 「「「イェェェェェェェェェェイイ!」」」←・・・なお



しばし投稿ペースが遅れをとりましたが、今や巻き返しの時です!
(・・・尚)







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。