IS《ISの帝王:MAD版》   作:只のカカシです
<< 前の話 次の話 >>

6 / 51
まあ落ち着け。低評価にカーソルを突き付けられちゃビビって話も書けやしねえ。
・・・最新話は無事だ読者。少なくとも今の所はな。この先どうなるかはあんた等次第だ。無事更新して欲しければ、俺達に協力(ネタ潰しを自粛)しろ。OK?



第6話 セシリア・カルロット

 「あれ?篠ノ之さん(期待のルーキー)?どうしたの。」

 「竹刀は降ろしてろ。その羨望の眼差しも仕舞え。・・・一夏のトレーニングです。お気遣い無く。」←態度でかいな

 「良いのか?あんな態度で。」

 「大丈夫さ。心配ない。」←それ大丈夫じゃ無かったんですが

 「そうか、なら良い。・・・防具は?」

 「(お前とやるには)ただのカザリですな。では行くぞ!」

 (銃器も無いのに)剣道場がバキバキ、賑やかになった。

 

 

 

 【0/500】←折れた竹刀の山×10

 【1/15000】←剣道場

 【1/200±50】←巻き込まれた剣道部

 「どういうことだ!」【350/2000】

 「あの通りだ!」【2000/9999】

 「どうしてここまで(力のコントロールが)弱くなっている。」

 「この間まで、受験だったからな。その後も、缶詰にされていたしな。」

 「・・・中学は何部にいた?」

 「剣道部にいたが(すぐに)退部した。」

 「それじゃあ、帰宅部と言うことか。」

 「そうだ。」

 「直す!鍛え直す!このままではISを破壊しかねん!毎日3時間、私と稽古だ。」

 「お前も3本は折ったろう!」

 「うるさい!剣道にだらしのない、馬鹿マッチョマンが!」

 「やるか!」

 ドンッ!【0/15000】←剣道場(防振ゴム)終了のお知らせ。

 【9000/9000】←剣道場(建物)残りライフ

 「2人ともやり過ぎだわ!」

 バキ!バキィ!バリーンッ!【8571/9000】

 ガツンッ!【800/9999】

      【43/2000】

 「次余計に暴れたら、剣道場の梁に縫い合わすぞ。」

 「ちふ・・・織斑先生!?会議に出席したんじゃ・・・。」

 「トリック(山田先生に押しつけた)だよ。」

 「ウオォォォォ・・・・。」

 「今日(のトレーニング)は終わりだ!」

 『ピンポンパンポンッとくれたぜ。』

 変な放送だな。

 『織斑先生、繰り返します織斑先生・・・会議室に帰ってくるのを楽しみに待ってるぜ。』

 「ウワァァァァァァ!!」←逃げる悲鳴

 「ふざけやがってぇ!!待てこのクソッタレ!」

 「待て一夏!話せば分か」

 ゴォン!【1/20000】*Critical Hit!*

 「会議室に落ちろ千冬姉!」←下の階

 「ヌァァァァァァァァ!」

 *床&天井が抜けたので、練習&会議終了。

 

 

 

 「まだ誰か残っているか?」←警備員

 「イエ゛アァァァァァ!2人だけです。」

 メキッ!バキィッ!【【0/500】】←竹刀が以下略

 「鍵を閉めたい!出て貰えないだろうか。」

 「「これが最後です」」

 ベキィッ!【【0/1000】】←木刀終了のお知らせ

 「よくこんな時間まで騒ぐ体力があるモンですなぁ。全く驚愕だ。しかし、この惨状をどうする気だね?」

 「心配するな、片付ける。」

 「直れ!直れってんだよこのポンコツが!」

 ギギギギギィィィィ【6000/9000】

 「この手に限る。」←スマッチョハウジング

 「む、無茶苦茶だぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

 「さて、帰るぞ一夏。(食堂の営業時間に)遅れるぜぇ、急ぎなよ。」

 「分かってる。今行く。」

 ―え?剣道場?ああ、大丈夫明日にはすっかり直ってるでしょう。

 

 

 

 ―翌週・月曜日―

 「なあ箒。」

 「何だ?」

 「ISが来てない。」

 「知らん。・・・どこに行くんだ?」

 「壊物だ。」

 「買い物?」

 

 

 

 「100番のコンテナ。これだ。」

 ガッシャァァァァァン!←スマッチョキー

 「ワァオ・・・。それは何?」

 「対IS兵器(ロケットランチャー)だ。」

 「・・・。」

 

 「よし!行くぞ!」

 ガシャッガシャッガシャッガシャッ・・・・・・・。←100%OFF

 

 

 

 「あ!織斑君来た!」

 「「きゃー!織斑くーん!」」

 「えー?あれがIS?」

 ガシャンッ!

 デェェェェェェェン!【50000/50000(ゴマンドー!)

 「あ、貴方その格好は一体・・・!?」

 「ISが来てない。始めるぞ。」←筋肉ごり押し

 「ええぇ!?」

 『おい織斑、ちょっと戻ってこい。ISが届いた。』

 「・・・アリーナがドンパチ賑やかになったらな。」

 『おい、織斑!ちょっと待て!』

 「何か言うことは?」

 「ふっ、精々私とブルー・ティアーズの奏でるワルツで踊――」

 ズドォォォォォン!【26000/27000】

 「キャアッ!あ、貴方無茶苦茶しますわね!」

 ズドッズドォォォン!ズドォォォン!【24500/27000】3Hit!

 「獲物の前で舌なめずりは三流のする事だ!」(・・・ん?)

 「くっ!行きなさいブルー・ティアーズ!」

 ズババババババッ!【【0/500】】←BT

 「なっ!?」

 ヒューン、ピッ!ドォォォォォンッ!【24000/27000】←手投げクレイモア

 「ビット操作中に動けないようではただの(カカシ)ですな。」(・・・んん?)

 「ちぃっ!ティアーズはまだあってよ!」

 「むっ?ぬあっ!」←太陽とBT(弾道型)が重なって見えなかった

 ズドォンッ!【40000/50000】←当たり所が悪かった

 「くっ・・・。」←衝撃でピットイン!

 「よく帰ってきたな織斑。さっさとISを装着しろ。」

 ガシャッガシャッガチャン!キュイイイイイン!

 

 「あ、織斑君がISを着けて出てきた!」

 「「キャー!」」

 デェェェェェェェェェェン!【99999/99999】←雪片を肩に担いだ音。

 「それが貴方のISですの?」

 「そうだ。これで目一杯ドンパチ出来る。エネルギーもたっぷりあるしな!」

 『何を下らないことを言ってる!』

 「行くぞ!」←*2回目

 ギィィィィィンッ!【0/500】←BT

 「そ、そんな馬鹿な!?遠距離の私に近接武器で挑もうと!?武器はおありで無いので!?」

 「いや、コレだけだ。」

 「そんな・・・!」

 ガァァァァァァン!【22000/27000】←雪片Attack

 「ええぃ!ブルー・ティアーズ!」

 ビシッ!【99998/99999】←軽く当たった

 「ふざけやがってぇ!」

 ゴンッ!【2000/27000】←雪片が突き刺さった音

 「キャァァァァァァ!な、こ、こんな・・・。」

 【1000/27000】

 「地面に落ちろセシリア!!」

 【0/27000】

 「アアアアアァァァァァ!」

 【1500/1500】←IS解除(地面)

 『し、試合終了!勝者、織斑一夏!これぞTHE・肉体派!織斑一夏の神髄だ!』

 「「きゃぁぁぁぁぁー!よく分かんないけどスゴーい!」」

 「戦う一夏を応援します!」




午前、UA200
A・B「よう、伸びてるな。」
午後、UA300
A・B「よく伸びるモンですなあ。」(震え)
日付変更直前、ランキング掲載
A・B「ポーン(  Д )⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒...。....。コロコロ」

何が始まったんです?







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。