佐久間まゆと森久保乃々が近くに住んで居るだけで案外、毎日は楽しいです。   作:桃音@まゆすきp

32 / 41
もりくぼパーリーの楽曲はまだなんですか(机バンバン

最近の目覚ましにスパラブを流してます。
ちゅっちゅっちゅるっちゅっ!らーぶ!

今回の後書きは1番最後の文だけが重要です。以上!


その24

今日もLiPPSのレッスン。なんの滞りもなくレッスンは進んでいる。

完璧すぎて息するのも忘れるくらいだ。

 

さて。話を変えよう。

 

 

 

不味い。非常に不味い事態だ。

 

「もりくぼ、悠馬さんにお弁当作ったんですけど…。」

「まゆも悠馬さんにお弁当作りましたよぉ。」

 

そして、本日はこずえのお弁当の日だった為に俺もお弁当を作りました。

俺の前に集合したみっつのお弁当。

 

どうしろと。

 

「や、やっぱり…迷惑でしたか……?もりくぼは穴掘って埋まりましょうか……?」

「いや、それしていいのは別のアイドルだからね!?765プロの大先輩だからね!?」

 

まゆはなんとなくいつかやりそうだなとは思っていたが、森久保がお弁当を作ってきたのは正直想定外。

しかも、まゆも森久保も自分のお弁当を持って来ている。

 

「フフーン、プロデューサー!一緒にごは……い、いえなんでもないです!」

 

幸子がご飯を誘いに来たが、机の上の惨状を見て逃げ出す。

 

「まて、幸子!お弁当が多すぎて食べきれないよ!」

「いくらカワイイボクでも無理な事は無理といえますからぁっ!」

 

 

後から幸子に聞くと、まゆが怖かったらしい。

仕方ナイネ。コワカッタネサチコ。

 

「ねぇ、悠馬さん…。食べて?」

 

まゆがお弁当をぐぐっと差し出す。

 

「も、もりくぼも食べて……欲しいんですけど……。」

 

おい、こっから会話聞いた人に誤解を招く発言はやめようね!?

 

「プロデューサーさぁん……?事務所でなにをやってるんですか。」

 

ほら、ちひろさんに誤解されてるじゃねーか!!

 

「あ、あら?お邪魔だったかしら。(まゆが怖いので逃げるを発動」

「いやいやお邪魔じゃないっす。(逃げるちひろを引き留める」

「ほら、お仕事ありますし。(逃げさせろ。」

「今の時間くらいゆっくり休みましょうよ(逃がさねぇよ。」

 

うふふ、あははと二人で笑う。

 

「ごちゃごちゃうるさいです。

ねぇ、悠馬さん。まゆのお弁当……イヤですかぁ?」

「そ、そうですっ。もりくぼのお弁当……食べてくれないんですか……。」

 

あー!もう!

 

いいよ、こうなったら全部食うよ食えばいいんだろお腹空いたし全部食うよ美味しそうな匂いが漂っててお腹空いてるんだよ!あー!

 

 

まゆと森久保のお弁当を開けて食べ始める。

卵焼きうめぇ。ハンバーグうめぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもさすがに俺が作った弁当は入らないので、ちひろさんに食べてもらった。

まゆがちひろさんを睨んでいたが気にしないでくれ。

森久保もしょぼんとしていたけど……

 

お前ら本当にこの前何があったの!?

様子変わりすぎ!困る!

 

俺、何かしちゃいましたかねぇ。

 

 

 

 

 

家に帰るとこずえが空になったお弁当箱を渡してくれる。

 

「ぱぱぁ……おいしかったよぉー……。

またつくれー……。」

 

こずえ…マジ天使…。

こずえの為なら毎日お弁当を作るが、もう自分の分を作るのはやめよう。それがいい。

大量のお弁当は流石にむーりぃー…。

食べ切れたのが奇跡だよ。うん。




とりあえず、お弁当の日とクラスで強制でする寄き書きという物が大嫌いだ!
だって、中学生の頃のトラウマが……。
お弁当の日は、お弁当投げられて中身ぐしゃぐしゃになるし。
寄せ書きの件は、卒業前にいきなり色紙配られて、友達に書いてもらいましょうとか。
しかも「最低でも表は埋めろよー。」とか。
泣きながら先生たちに寄せ書き書いてもらったわ。
あと、何人かの心優しい生徒と後輩。
でも、見るのもイヤなので色々入れてる箱の一番奥の奥につっこんでるわ。
あ、あと中学の卒業アルバムの最後のページに皆タヒね☆と書いた気もする。
コミュ障でぼっち舐めんな(涙)

高校は皆優しかったから好き。
少なくとも私の友達はほぼほぼ高校の時にできた友達しかいません。マジで優しい世界だった。文化祭行くわ。


今回もありがとうでしたー!
次回、募集によって来てくれた新たなプロデューサー登場です!
集まったプロデューサーは全員出すから待っててくださいね!
あと、明日ありすメイン予定の小説投稿します。多分。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。