オーバーロード ~経済戦争ルート~   作:日ノ川

15 / 113
店舗開店前の最後のイベント開始
ここが終わったらようやく開店になりますが
まだ何話か掛かりそうです


第15話 再会

 王都に入るための入り口はエ・ランテルとそう変わりはないように思えた。

 最初に訪れた際も思ったが、王都というだけあってさぞかし賑やかで立派な建物が建ち並んでいるのだろうと勝手に考えていたが実際はエ・ランテルと大きな差はない。

 建物は古く無骨なものばかりで華やかさが無く、道路も舗装されていない場所が多々あり、道幅も広くは無い。

 アインズの抱いていた美しい城下町の幻想はすぐに消し飛んだ。

 

 しかしそれでも本通りだけは立派な建物が軒を連ね、道路も舗装されていて人々には活気が満ちている。

 アインズ達が今いるのはそんな本通りに繋がる門に設置された検問所だった。

 

 もう長いことここで足止めを食らっている。

 先ほどからセバスが兵士となにやら話をしている声が微かに聞こえてくるが流石に会話内容までは分からない。

 時々震えたような兵士の悲鳴が聞こえたが、それは決まって馬代わりになって馬車を引いているギガント・バジリスクが低い呼吸のような鳴き声をあげる時だ。

 

「やはりギガント・バジリスクでも強すぎたか。あるいは後ろ盾がないせいか?」

 人間達にとってはギガント・バジリスクもハムスケも強大な魔獣という点では大差がないはずだ。

 しかし初めてハムスケに乗ってエ・ランテルに訪れた際には検問所はすんなり通ることが出来た。

 

 それはモモンが冒険者組合に属していたからだ。

 仮にあの後何かあってもそれは冒険者組合が責任を負うことになる。だから魔獣の登録はエ・ランテルの自治体にではなく、冒険者組合に登録する事になるのだ。

 組合に属するとはそういうことで、要は身元の保証をしてくれるということだ。

 しかしアインズは王都では敢えてどこの組合にも属していない。

 それは冒険者組合や魔術師組合だけではなく、商業組合にもだ。

 所属する際に掛かる加入金を節約するのがその理由だ。

 もっともアインズとしては経費節約なんて恥ずかしいので対外的には別の理由を考えているのだが。

 

「後ろ盾がなければ都市には入れないのでありんしょうか?」

 アウラとの激しいジャンケンの結果、アインズの隣の席を勝ち取ったシャルティアがアインズに体をすり付けるようにしながら話しかけてくる。

 二人とも透明化の魔法をかけているので姿は見えないがシャルティアの声は上機嫌そのもので、なんならもうしばらく中に入れなくてもいいと言わんばかりだ。

 

「入れないことはないが手続きが面倒だということだ。本来組合に属していればその組合の証明書を見せればそれで済む。何かあった時は組合が責任を取ることになるからな」

 

「しかしアインズ様。それではその組合? とやらは損ばかりしているような気がしんすが、どういう見返りがありんしょうかぇ」

 シャルティアの質問にアインズは一つ頷き答えた。

 

「うむ。良い質問だ。組合とは要するに登録した者たち皆の生活の保護や仕事の安定化をはかり、相互協力を行うための組織だ」

 

「相互協力、でありんすか?」

 例えば冒険者組合であれば、組合がモンスター退治の難度や額を決定し、事前に調査を行う。その報告を元に冒険者はモンスターを退治する。

 この事前調査が組合の仕事であり、その分の費用が組合に抜かれる。

 しかし組合を通さず依頼を受ければ当然その調査や難度の決定、依頼人との交渉は自分で行わなくてはならない。

 こう考えると強ささえあれば、わざわざ冒険者組合に属する必要はなく、実際にそうした活動をするワーカーと呼ばれる者達がいると聞いたことがある。

 そんなことを思い出しながらアインズはシャルティアに答えた。

 

「その通りだ、細かな説明は省くがつまりは同じ業種の者たちが集まって皆に仕事を振り分け、みんなで儲けるのが基本的な考え方のようだな。もちろん商会ごとの規模や職人の腕により差は出るが、徒弟制度を取り最低でも一番身分の低い弟子が食っていける程度の儲けは出す。代わりに誰かが富を独り占めするようなことは出来にくいように監視し合う意味も含まれる」

 

「ではわたしたちがその組合に入らないと、目を付けられるのでは?」

 

「当然そうなるだろうな。しかし組合の奴らが出来る程度の妨害で我々が困ると思うか?」

 商業系の組合は冒険者組合とは少々異なる。

 例えば誰かがなんらかの手段で金額を安く設定した上で利益を出す方法を見つけ、一人で多数の仕事を請け負うとどうなるか、当然他の者たちに仕事が回らず暮らして行くのが困難になる。

 それでは他の者が困るので彼らはそうならないように手を打つ。

 そうした事を行なった者に対し必要な物資を流さないことや、運搬ルートを独占し使わせないようにすることなどだ。

 普通はそうなっては仕事にならないので結果として誰も抜け駆けすることなく組合そのものをみんなで大きくしようとする方向に舵が切られるのである。

 

「わたしたちは全て自らで生産、販売、運搬出来る以上、組合に属する必要が無いということでありんすね!」

 

(俺が必死になって考えた理由を、あのシャルティアがこんなにあっさり理解するとは。アウラやマーレといい、やはりNPC達と俺とじゃ基本スペックが違いすぎないか?)

 そんな動揺を隠しながらアインズはシャルティアの言葉を肯定する。

 

「それを禁止する法律もない。想定していないだけかもしれんがな。ようは本当に力がある者ならば他者と足並みを揃える必要など無い。弱者が強者に奪われるのは当然……」

 

「その通りでありんす! アインズ様こそが至高なる強者、人間どもなど全てアインズ様に蹂躙される為にこそ存在している。それは商売においてもまた同様ということでありんすね」

 それは自分達にも適応されるから油断するなよ。というようなことを続けようとしたアインズの言葉を遮り──本人にそのつもりはなかっただろうが──シャルティアはうっとりと瞳を蕩けさせる。

 心底アインズの言葉に心酔している様子のシャルティアにアインズもそれ以上続けることが出来ず、うむ。と頷くだけに留めて話を変えることにした。

 

「しかし長いな。セバスがこちらに意見を求めないということは順調に進んでいるとは思うが」

 仮に魔獣が危険すぎるので立ち入り禁止などと言われたのならばセバスが声をかけてくるはずだ。

 それが無い以上は入ることは問題はないが、なにかしらの保険や保証を求められているといったところだろうか。

 

「アインズ様、あたしが見てきましょうか?」

 透明化しているアウラが小さな声で尋ねてくる。

 

「あらアウラ。わたしとアインズ様の邪魔にならないように、この場から消えるなんて殊勝な心がけでありんすねぇ」

 

「はぁ? アンタの為じゃないんですけどー」

 

「よせ二人とも。そう慌てる必要もあるまい。問題があればセバスの方から言ってくるだろう」

 剣呑な雰囲気になりかけた二人を諫める。

 こういうところはまだまだ子供らしく微笑ましいのだが。

 最近、デミウルゴスやアルベド以外と会話をしている時も気が抜けず精神的な消耗が激しくなった気がする。

 

(まあ、みんなに任せられることが増えて俺の仕事が減ればそれはそれでありがたいのだが)

 しかし上に立つ者だけが負わなければならない責務も確かに存在する。

 全てを部下任せにすることなど出来ない以上アインズ自身も今後成長していかなければならないのだ。

 

「アインズ様。宜しいでしょうか?」

 ノック音の後セバスの声が聞こえる。

 アインズが許可を出すと馬車の扉が開きセバスが顔を出した。

 

「どうかしたか?」

 

「はっ。王都内に魔獣、そしてゴーレムを入れるために、魔法詠唱者(マジック・キャスター)による調査を行いたいとのことなのですが、いかが致しましょうか」

 魔法詠唱者(マジック・キャスター)の調査と聞いてピンと来た。以前エ・ランテルの検問所でも似たようなことがあった、あの時は調べられたのはアインズではなくカルネ村の娘で、結果ゴブリンの角笛が見つかり大事になってしまっていた。

 

 この世界の魔法詠唱者(マジック・キャスター)が使える程度の探知魔法ならばアインズ達の持つアイテムの詳細は分からないだろうが逆にそれが問題だ。

 正体不明のマジックアイテムを多数持ち込もうとしているなどと疑われたら更に面倒なことになる。

 探知阻害のアイテムを使おうにもそれらを無視して探知を行えるタレントが存在する可能性もある以上は避けたいところだ。

 

「セバス。兵士に相談すると告げ一度中に入れ」

 

「畏まりました」

 少し時間をおいて中に入ってきたセバスを含め全員に告げる。

 

「我々の持っているユグドラシル由来のアイテムは一時的に隠した方が良さそうだな」

 バルドと商談するためにエ・ランテルに入ったときはモモンがいたため調べられることなくすんなり中に入れたが、今回はそうはいかない。

 ならばこうするしかないだろう。

 

「恐れながらアインズ様、それでは御身に危険が迫った際に万全な対応が取りかねます」

 セバスの言にも一理ある。

 以前シャルティアを襲った世界級(ワールド)アイテムを持つ謎の敵勢力のこともある。

 ここを問題なく通り抜けられるだけの装備品となると、かなり能力を落とさなくてはならない。

 まさか都市部でいきなり襲いかかってくることなどないとは思うが、そのまさかという油断こそ大敵なのだ。

 しかし他に良いアイデアも浮かばない。

 いっそこのまま調べさせて強大すぎる力を見せつけてやるのも宣伝になるかも知れないが。

 

(うーん。どうしたものか。あまり時間をかけすぎても不審がられるし……)

 いつものように出たとこ勝負でいくしかない。と決断しかけたその時、聞いた覚えのある声が外から聞こえた。

 

「リ・エスティーゼ王国、王国戦士長ガゼフ・ストロノーフだ。何か問題があったのか? っ!」

 その声の主は言葉尻の部分で何かに気づいたような緊迫した声を出した。

 ギガント・バジリスクを確認したのだろう。

 そしてその名を聞き、アインズはマスクの中で笑みを浮かべた。

 

「運が良い──セバス、私が出る。扉を開けよ」

 アインズの命にセバスは異論を挟まず、即座にそれを実行した。

 開け放たれた扉からアインズはゆっくりと威厳を見せながら外に出る。

 やや離れた場所に立っていた先ほどまでセバスが対応していたとおぼしき兵士と、その横にはやはり見覚えのある顔が一つ。

 以前会った時のように鎧を纏ってはおらず、それなりに身綺麗ではあるが貴族の者たちの私服とは違う質素な装い、しかしその腰には市井の者には不釣り合いの太い剣が刺してある。

 

「これはこれは。お久しぶりですね。戦士長殿」

 

「ゴウン殿、か?」

 アインズの姿を確認した途端、ガゼフは目を見開くがすぐに訝しげなものへと変化する。

 

(なんだ? 名前は覚えられているようだが、何をそんなに不思議がっている?)

「その通りですが、何かありましたか?」

 

「……いや、声が違うようだが、本当にゴウン殿なのか?」

 

(しまった! 今俺は口唇蟲を付けていたんだ、忘れていた。どうする、口唇蟲を外すか? しかしあの声はモモンの声、もしガゼフがモモンと会うことがあればバレてしまう、いや。そうか!)

 

「ああ。これは失礼。これが私の本来の声でしてね。あの時は魔法で声を変えていたのですよ。何しろ人前に出るのが久しかったもので、用心のため知り合いの声を借りていたのです」

 

「用心、なるほど貴殿らしい。魔法とはそのような使い方も出来るのか」

 あっさりと信用するガゼフにむしろアインズの方が何か裏があるのではと疑ってしまうが、ガゼフはもう気にした様子もなく、兵士の元を離れてこちらに近づいてくる。

 

「後ほど訪ねようかと考えていたところです。ご壮健のようでなにより」

 

「ゴウン殿も。しかしなぜゴウン殿が王都に──」

 そう言いながらギガント・バジリスクの横を通る際にもチラリと目を移しただけで、怯えや恐怖を見せないのは流石戦士長と言ったところだろうか。

 恐らく単体で戦えばガゼフでも互角かそれ以上の相手のはずだが。

 

「あ、あの戦士長様。お知り合いですか?」

 歓談を開始しようとした矢先に、恐る恐るガゼフを追って近づいてきた兵士が声をかける。

 自分より上の立場にいる戦士長を前にしてもきちんと自分の仕事を全うしようとする兵士にアインズは僅かに感心し、ガゼフを見た。

 

「ああ。私の──恩人と言えばいいか、以前世話になった方だ……それでゴウン殿」

 

「いや、実はこの度王国で商売を始めようと思いまして。店舗に関しては先に送り出した者たちに準備は進めさせていたのですが、何分急ぎで来たため組合等に入らないまま商品を運んできてしまったものでね」

 ちらりと後ろにいるゴーレムを眺めるとガゼフも一緒になって目を動かし、なるほどと言うように頷いた。

 

「そうなのか?」

 

「はっ。何分、ギガント・バジリスクにゴーレム五十体と言う数ですので、流石にそのまま中に入れることは出来ず、現在商品と皆様の身体調査をさせて頂けるよう、お願いしていたところなのですが……」

 

「なるほど」

 ガゼフがアインズをチラリと見る。

 眉間に皺を寄せしばらく何か考えていたようだが、やがて兵士に近づくと小さな声で告げた。

 

「彼の身元は私が保証する。問題があるのは分かっているが、出来れば魔法による調査など行わず通してもらえないか?」

 よし。とアインズは心の中で叫んだ。

 この展開を望んでこの場に姿を見せたのだ。

 

「しかし。ギガント・バジリスクは伝説とまで言われる魔獣。その力は一体で都市を滅ぼしたとも聞きます。それをそのまま中に入れるのは──」

 

「では私が共に中に入り、先導しよう。何かあれば私が対処する。ゴウン殿、宜しいか?」

 

「無論です。私が完全に支配している故、暴れることなどありませんがその時はどうぞ容赦なく切り捨てて頂いて結構。私も協力しましょう」

 

「そういうことでしたら。後は規定の税を納めて頂ければ問題ありません」

 

「そうか。無理を言ってすまない、感謝する。ではゴウン殿、手続きを」

 

「セバス。手続きを済ませよ。私は戦士長と話をする」

 

「畏まりました」

 セバスと兵士がその場を離れていくところを見届けた後、アインズとガゼフは再び向かい合った。

 

「本当に久しぶりだゴウン殿。その節は大変世話になった。すまないな、あの件は王国でも知る者は少ないためハッキリと言うことは出来んのだ」

 

「いえいえ。構いませんよ。実のところ私も困っていたところでね。調べられて困るような物は持っていないが魔法詠唱者(マジック・キャスター)に調べられると大騒ぎになりかねない」

 

「ゴウン殿の持ち物であればそうであろうな。一応確認させて頂きたいのだが、本当に危険なものは所持していないのだな?」

 ガゼフの目が僅かに鋭くなる。

 

「勿論です。ただ敢えて言うのならば私の持つアイテムは大抵が使いようによっては危険な代物ですが、アインズ・ウール・ゴウンの名にかけてこの王都で騒ぎは起こさないと誓いましょう。戦士長の顔を潰すような真似はしませんよ」

 

「ならば良かった。私の立場がなどと言うつもりはないが、私の失態は王のご迷惑にもなりかねないのでな」

 ガゼフの言葉にアインズは多少動揺した。

 自分の置かれている状況を隠すこともなくまっすぐに口にしたことに驚いたのだ。

 それはいわば自身の弱点ともなることだ。普通は思っていても口にはせず隠しておこうとするはずだが、それほどアインズのことを信用しているか、それとも隠し事が出来ないだけなのか。

 

「しかし驚いた。ゴウン殿が商売とは」

 

「私もあの後、王国の村をいくつか回りましてね。そろそろ私の研究の成果を広めて回るのも良いかと考えたのですよ」

 

「そうか。貴殿の品ならばきっと素晴らしい物なのだろう。ところでゴウン殿、そろそろ敬語は止してくれないか? 命の恩人にそのような態度を取られるのはな」

 

「戦士長がそう言うのであれば、私は構わないが」

 

「是非そうしてくれ。それに戦士長も止めて欲しい。ガゼフと呼んでくれ」

 

「ではガゼフ殿、私のこともアインズで構わない」

 背後の馬車から一瞬何かの気配を感じたが気にしないでおく。それはガゼフもまた同様だったらしく一度馬車に目をやったがそれ以上は何も言わなかった。

 

「ではアインズ殿。改めてよろしく頼む」

 差し出された手を、アインズは握り返す。

 ガントレットをしたままなのでハッキリとした感覚は分からなかったが、その手から強い信頼感のような物が感じられた気がした。

 

 

 

 王都の本通りを歩くアインズ達一行に数多の視線が浴びせられていた。

 町の人間達は一目見ただけでざわめき、驚きや賞賛、恐怖、そして強大なものを見たという憧れにも似た声がそこかしこから聞こえてくる。

 

(ハムスケに乗ってエ・ランテルを歩いたときもこんな感じだったな。ここの方が人は多いからもっとスゴいけど)

 この程度の魔獣やゴーレム程度でとの気持ちがないわけでもないが、あの時とは異なり羞恥心は感じることなく、むしろ多少なりとも誇らしい気持ちになる。

 

 しかも王国戦士長であるガゼフが馬車の隣を歩いているのだから注目度は更に増している。

 ガゼフは休日だったらしく、その為服装も私服だったようだ。それでも有名人であるガゼフがいるだけで人々は安心感を得ているらしい。

 危険な魔獣がいるがガゼフ戦士長がいるから大丈夫なのだろう。と安心してこちらを見ていられるというわけだ。

 

「しかしアインズ殿は以前拝見した騎士だけではなく魔獣を操ることも出来るのか。魔法にはあまり詳しくないのだが大したものだな」

 

「あれは幼少時より育てていた魔獣が成長しただけのこと。大したことではない。どちらかと言えば私の研究の成果は後ろの、ゴーレムの方に色濃く表れている」

 

「ほう。確かに素晴らしいゴーレムだが」

 ガゼフが関心を示したのを確認し、アインズはしめた。とばかりに話を切り出す。

 

「ところで……先ほどあの後も色々な村を回ったと言ったが、その際に見たどの村も疲弊しているように見えたが、何故だ?」

 アインズの言葉に苦々しげな顔を作ったガゼフは声を一つ落とし、アインズにだけ聞こえるように囁いた。

 

「……毎年、帝国との戦争で働き手が駆り出され、収穫に間に合わないことが多々ある。今年は未だ布告がなされていないので例年よりはマシになるだろうが、やはりどの村も苦しいのは間違いないだろう」

 

「ならばなおのこと、あのゴーレム達が役に立つだろう。実はそのことでガゼフ殿に頼みたいことがあったのだ」

 エ・ランテル周辺の村に関してはバルドがゴーレムを広めてくれるだろうが、王都周辺には未だコネがない。

 セバスやソリュシャンが作り上げた商会や組合とのコネは、組合に属さないことを決めた以上残念ながら使用出来ないだろう。

 故にこの近辺に魔導王の宝石箱の名を広める為にガゼフの力を借りるつもりだった。

 

「以前約束したとおり、私が出来ることであればどのようなことでも力になろう」

 

「感謝するよ」

 

「アインズ殿は命の恩人、当然のことだ」

 ガゼフはここで言葉を切り、僅かに悩むような間を置いた。

 黙ってガゼフの言葉を待っているとやがて意を決したようにガゼフがアインズを見る。

 

「命を救って貰っておいて、更にこのようなことを頼むのは恐縮なのだが、実はこちらも頼みごと、いや聞きたいことがあるのだが」

 

「私が答えられることであれば構わないが、どのようなことだ?」

 

「実は昔の知り合いが先日強大なモンスターに襲われ命辛々王都まで逃げ込んだのだが、何分私はモンスターにはあまり詳しくないものでな。旅を続けてきたアインズ殿ならば何か知っていないかと思ったのだ。冒険者や商人にとって情報は大切なもので簡単に人に話せないということは聞いているが、話に聞いたとおりならば相手は王国の危機に繋がりかねないほどの強大なモンスター、無理を承知で頼みたい」

 

「ふむ。確かに情報は我々にとって命ともいえるものだが、それほどの相手ならば私も警戒しておきたい。ガゼフ殿の持つモンスターの詳しい情報と引き替えならば構わないが?」

 

「勿論知る限りのことを提示させていただく。その者の名は……」

 

「お話中申し訳ございません、アインズ様。そろそろ我らの店に到着しますが、よろしければお話は店内で、ということでは如何でしょう?」

 ガゼフとの話を遮り、セバスが口を開く。

 周囲を見回すとなるほど、アインズ達の店が既に遠目に確認出来る位置まで来ていた。

 

「そうだな。外では誰が聞いているとも限らない。どうだろうガゼフ殿、この後時間はあるかね? よろしければ我々の商会、『魔導王の宝石箱』の初めての客人として出迎えたいのだが」

 

「魔導王……なるほどアインズ殿らしい名だ。私は戦士であり、武具やアイテムは全て王より頂いた物以外身につける訳にはいかないので上客にはなれないだろうが、それでもよければお邪魔させて頂こう。先の話は早めに聞いておきたいところでもあるし、アインズ殿の頼みというのも聞いておきたい」

 

(まあ、王から貰った物より良いアイテムがあったからってそれを装備するわけにはいかないんだろう)

 

「決まりだ」

 アインズの言葉にセバスも無言のうちに頷いた。

 周囲の様子を眺めてみると、後ろにはいつの間にか纏まった民衆が集まっており、アインズたちの目的地を確認しようとしているのが見て取れた。

 

(宣伝は成功と言ったところか。しかし国そのものを危機に陥らせるモンスターとは、なかなか楽しみだ。貴重なものであれば捕らえるのも悪くないか、それともモモンに退治させて王都での人気を高めるか)

 ガゼフと談笑を続けながら、アインズは未だ正体の知れぬモンスターについて考え始めた。




と言うわけでガゼフの登場
ちなみにこの話のブレインはセバスともクライムとも出会わなかったので今は酒に溺れてぐたぐだしていると言う設定です

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。