NARUTOーIF STORYー『四龍宿す人柱力』   作:ネヘモス

2 / 2
日向一族とのファーストコンタクト

『さて、九喇嘛のチャクラは引き出せないから俺の力を出す訓練しようか』

 

里から少し離れた森、そこが俺の修行場だった。

 

「それはいいんだけどさ、紅って九喇嘛から聞いた限りだと忍術とは違う力なんだよね?」

 

『まあ、俺の力はこの世界のどの力にも該当しないから、この世界に合わせて言うなら、俺が教えるのは「赤龍変化の術」って事にしといてくんない?』

 

簡単に説明すると、赤龍変化の術とは、紅の力をチャクラに練りこみ、それを身体に纏う術とのことだ。紅はこの状態を「赤龍チャクラモード」と呼ぶように指示した。

 

『まずは、ナルトは俺の姿を覚えてる?』

 

いや、あの特徴で覚えてない方が可笑しい気がする。目の色違うし、何よりこの世界の本の御伽噺に出てくる龍と全然違う特徴をしている。だって二本足で歩く龍って見たことない。

 

『それをイメージして、自分と同化させるように…』

 

俺の赤龍変化の術の修行はかなりの疲労を催した。気がつくと太陽が既に西に傾き始めていた。

 

『うん、やっぱり主みたいに上手くは行かないよね…。九喇嘛、少し休んだら螺旋丸の修行でもやる?』

 

『構わんが、何で螺旋丸なんだ?』

 

螺旋丸、それは四代目火影が尾獣玉を参考に作った修得難易度Aランクの高等忍術。一応、1年はそれの修行をしているが、未だに持続時間が心許ない。

 

『赤龍チャクラモードは近接格闘特化型の力なんだ。螺旋丸は汎用性が高い忍術だから多分相性良いかなと思って』

 

「何でもいいから休ませろってばよ、お前ら」

 

『『あ、ごめん(すまん)』』

 

コイツら、人のスタミナ考えてから物言えよ…。

結局、修行の時に赤龍チャクラモードに変化することは無かった。修行の成果があるとすれば強いて言うならば、螺旋丸の使用回数を増やすことが出来た。

だが、俺は思いもよらない形で赤龍チャクラモードを会得する事になる。

 

修行の帰り道、さっきまでの罵倒を避けるために人気のない場所を選んで家に帰ってる途中で、

 

『ナルト、何も言わずに上に隠れろ。それと気配を消せ』

 

九喇嘛が突然変な事を言い出した。丁度ここは森の中だったので俺は木の上で息を潜める事にした。あ、一応忍具は構えてるよ?

 

すると、自分の前方から知らない額当ての忍びが小さな女の子を連れて歩いてきた。でも、何で複数人?護衛か何かかとも思ったが、女の子は両手を縛られて歩かされてる感じだった。

 

『あの額当ての忍び共は霧隠れの連中だ。それと、あの少女のチャクラ、お前気がついただろう?』

 

ああ、忘れない。偶然か必然か、この少女のチャクラは今朝ぶつかった少女と同じものだ。同じ里の仲間だし助けたい。でも、

 

『実力に自信が無い、か?実戦はぶっつけ本番になってしまったが、実力的にお前は既に上忍近くに来てると儂は思うぞ?』

 

『右に同じ』

 

九喇嘛と紅からお墨付きも出た。なら、四の五の迷うのはもう止めだ。あの子を、助ける!

俺は女の子を取り囲む忍びの1人に苦無を投げつける。

 

「!?誰だ!!」

 

まあ、当然苦無は弾き返されたけど。でも、これで隙ができた。

 

「おい!日向のガキがいねえぞ!」

 

「どうなってんだ!?さっきまでここに…」

 

「こっちだよ、アホ共」

 

俺は女の子を助け出すことに成功した。子供の作った隙に惑わされて拘束対象から目を離すとか、有り得ねえだろ。

 

「このガキ!たっぷりとお急を据えてやる!」

 

相手の忍びが苦無で俺を殺そうとする。だが、苦無が掠る寸前に俺は後方に飛び退いて女の子を木陰に隠した。

 

「ここで待ってろ。すぐに終わらせるってばよ」

 

「え…?でも、大人相手に、君1人って、無理だよ…」

 

女の子が何か言う前に俺は霧隠れの連中の前に姿を見せる。

 

「おいガキ。さっきのかわい子ちゃんをどこにやった?答えれば命は見逃してやる」

 

「嫌だって言ったら、どうするってばよ?」

 

この時俺は驕っていた。だから、

 

「死ね」

 

四方八方から飛び交う無数の苦無、手裏剣に気が付かず、それをマトモに食らってしまった。

 

『おい!アホかナルト!お前は体術の修行はしてないだろうが!!』

 

「(動体視力で何とかなるとか思ってた。全然違うのな)」

 

とりあえず、この状況を打破する術は、1つだけか。俺は身体に刺さってる苦無や手裏剣を引き抜いて右手にチャクラを集中させる。

 

「短い人生だったな。死ね、クソガキ!!」

 

霧隠れの忍びが一斉に俺に襲いかかる。そして、

 

「それはお前らだ!螺旋丸!!」

 

そのうちの1人に螺旋丸をお見舞いした。術の名の通り、綺麗な螺旋を描きながら吹っ飛んでいった。だが、

 

「ぐ…!?」

 

やはり先程の出血は相当来たみたいだ。上手くチャクラを練れない。てか、残量チャクラが心もとない。

 

「さっきの術は凄かったぜぇ?でも、終わりだなぁ」

 

ぶっ飛んだやつ以外の忍びが俺に詰め寄ってくる。マズイ、こうなったらぶっつけ本番で出来るかどうかは分からないが、やるしかない。いや、やるんだ!!

 

「宿龍・赤龍変化の術!!」

 

ドクン!!

 

瞬間、俺の中で何かが外れる音がした。そして、

 

『ナルト。お前なら出来ると思ってた!持っていけ、俺の力!!』

 

紅の、文字通り紅色のチャクラが俺の体を包み込む。そして、俺はもう一度螺旋丸を作り出す。今度は右だけじゃなく、左にも。

 

「今更同じ技を食らうかよ!!死ねやぁぁぁぁ!!」

 

苦無で向かってくる相手にそのまま螺旋丸を食らわせる。なんてことはせずに、左手をそのまま地面に殴りつける。まあ、早い話が、螺旋丸を地面に叩きつけて砂を勢いよく巻き上げた。

 

「ぐ…!?目潰しか!?」

 

「その通りだってばよ!」

 

そのまま忍びの1人に螺旋丸を叩きつける。だが、悲しきかな。相手は少なく見てもあと3人は居そうだ。もうヤケだ。

 

『ナルト!今なら風遁を使える!そのまま、ぶっ放せ!!』

 

「(ぶっ放せって、そんな風遁ある訳…)」

 

俺の脳裏にとある光景が過ぎる。それは、紅とよく似た龍が口から螺旋を描く炎を吐いている様子だった。完全には無理そうだが、これならいけそうだ!

 

「背後には気をつけろよ!クソガキ!!」

 

「ご忠告どうも、だってばよ!」

 

俺はそのまま後ろを向いた。他3人も丁度俺の後ろにいた。好都合かな?

 

「これで、終わりだ!風遁・赤龍螺旋砲!!」

 

両手の螺旋丸をぶつけ合わせてその乱回転の衝撃を広範囲に広がるように形状変化させた。そして、霧隠れの忍びは3人とも吹き飛ばされて再び動くことは無かった。

 

『ここまで俺の力を使いこなせるのか…すげえな!ナルト…って、おい?ナルト?』

 

『紅よ…、この赤龍チャクラモードは暫く封印しよう。恐らくだが、今のナルトだと1分ともたないぞ』

 

『そうだな…。今回は運が良かっただけ。仕留め損ねたら、そこで終わりだからな』

 

九喇嘛と紅は密かに赤龍チャクラモードの使用禁止を画策していたのであった。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

少し離れたところでこの戦いを見ていた人間がいた。日向ヒアシ、連れ去られていた少女ー日向ヒナタの父親であり、日向一族宗家の男だ。

結論を言えばヒアシはナルトの実力に驚いていた。確かに体術は出来ていないが、気配の消し方に子供にしては見事な不意打ち、更に螺旋丸という高等忍術。一体どんな修行をしてきたのか。若干5歳にしてこの強さ、捨て置くのは惜しい。実際、三代目にかけ合って日向で預かりたいと思ったくらいだ。だが、やはり子供は子供。多数戦の基礎は叩き込まれてない。助けに入らないと本気で死ぬと思って助けに入ろうとしたその時だ。

 

「宿龍・赤龍変化の術!!」

 

ヒアシはナルトから発せられる謎の力に気圧されてしまった。

これは尾獣、九尾の力か?そう思って白眼を通してナルトを見る。そして、驚愕した。これは九尾のチャクラでも、ましてやナルト自身のチャクラでも無い。ならあれは何なのか?答えはすぐに出た。

あれがナルトに宿ってる尾獣以外の存在の正体だと。そして、ナルトが見たこともない風遁で霧隠れの忍びを全て倒し、それと同時に彼自身も倒れ込んでしまった。幸いにも敵は全て沈黙しており、ヒナタがナルトに駆け寄っていた。頃合いを見てヒアシはヒナタのいる場所に向かうことにした。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私は不思議な物を見た。日向の家から連れ去られ、逃げることも出来なかった私を1人の男の子が助けてくれた。その男の子は体術に目を瞑ればとても強いと思った。あの男の子が作っていたチャクラの球体、未熟な私でも高等忍術だと言うことは分かった。でも、子供が大人に勝つなんて無理な話だったのだ。1人をその術で倒したが、その後大ピンチに見舞わられた。あわやどうしようかと思ったその時だった。

 

「宿龍・赤龍変化の術!!」

 

男の子の纏う雰囲気がガラリと変わった。チャクラの色が赤く染まり、何かの衣を形作っていた。そして何より、その男の子の目の色が印象的に変わっていた。片方は緑、片方は赤の異なる色に。そして、一進一退の攻防の末に、誘拐犯を全部倒してしまった。まだ私と歳は変わらないだろうに、凄いと思ったのも束の間。赤いチャクラの衣が消え去り、男の子が倒れ込んだ。

 

「き、君…!?大丈夫…!?あう…お父様…」

 

「ヒナタ!無事か!?」

 

「お、お父様!お願いします、この子を助けて!!」

 

「大丈夫。この子も家に連れて帰るから」

 

こうしてナルトは日向の家に連れて帰られることになった。

 

 

 




ナルトの実力追記
・体術はダメダメ。理由は現実世界に相手がいないから。
・その代わり、知識面を強化。更に螺旋丸を修得済み。

赤龍変化の術
ナルトの内に潜む龍の一体「紅」の力を纏う術。発動中は「赤龍チャクラモード」と呼称する。

赤龍チャクラモード
「赤龍変化の術」で発動する能力。チャクラの色が赤くなり、両眼が赤と緑のオッドアイに変色する。また、基本チャクラ量、チャクラコントロール能力が飛躍的に上昇するので両手に螺旋丸を作ることが出来る。ちなみに螺旋丸の持続時間も飛躍的に上昇する。その為、螺旋丸を使いながら近接戦闘が可能になる。但し、現時点の持続時間は1分。

風遁・赤龍螺旋砲
「赤龍チャクラモード」の時に二つの螺旋丸をぶつけ合わせてその衝撃を前方に放出する大技。実は未完成。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。