真・誤解†夢想-革命?- 蒼天の覇王   作:キンシャサ・ニーストライク
<< 前の話 次の話 >>

4 / 19
第四話.国の重鎮の圧迫面接

─────袁家

「麗羽姉様ー」
「なんですか美羽さん」
「姉様はぽち兄様と結婚せんのかや? 兄様にはそういう話が沢山来とると聞いたのじゃ!」
「……美羽さん」
「麗羽姉様?」
「わたくしはぽちさんを必ずや手に入れてみせますわ。ですが今はまだその時ではありません。今のわたくしは袁家の娘、世間からそう見られています。わたくしの事を袁家という家柄しか世間は見ていないのです。ああ、ぽちさんはわたくし個人を見てくれていますが。ですがそれではあのぽちさんと釣り合いませんわ。わたくしが自身で地位も名誉も手にしてぽちさんを向かえに行きますわ!」
「おお! さすが麗羽姉様なのじゃ!」

 釣り合っていないのは見た目だけの低能のぽちさんのほうだと突っ込む人間は袁家にはいない。縁談の相手を選ぶ権利を持つ、それだけの力が袁家にはある。次期当主がそう定めているのであればそれに向かって袁家は動く。ちなみに麗羽や美羽と真名を交換した際に、麗羽に付き従う袁家を支える家柄の顔家の顔良、文家の文醜とも真名を交換し、二人がぽちを様付けで呼んでる時点でお察しである。それをぽちは気付かぬフリをしている。鈍感なフリをして問題を先伸ばしにして誤魔化す駄目人間である。



 さてさてその袁家で噂をされてるぽちに場面は移る。

 ぽちは遂に面接にやってきたのだが、入室を躊躇っている。なんせその部屋の中から嫌な空気感がびんびんにしている。ぽちにはこの空気は経験がある。春蘭から無理矢理拉致られて山賊狩りに同行させられた時のような嫌な予感だ。


 腕試しとか言ってならず者をぶったぎる春姉の後ろで無心になる俺ぽち。剣も持たず無手の俺は春姉が山賊相手に無双する様を後ろから能面のような顔でジッと眺めていた。春姉に何かあったらとか心配なんてしない。絶対無いからだ。だって春姉くそ強いもん。剣持っていたら戦ったかって? 俺が戦える訳無い。春姉に剣渡されたけど、いらねっつって返しました。「流石はぽち様」とか何故か言われましたが、少しでも俺の事思ってくれるなら連れてくるんじゃねえ。なんでそんな顔してたかって? 怖かったからと、さっさと帰りたかったからだよ。なんで俺が鉄火場に立ち会わなくちゃいけないんだよ。あの後しばらく肉食べられなくなったやんけ。
 家に帰った時、「まあぽちも一緒なら問題無い事は分かっていたわ」とか華琳姉が言ってましたが何が分かってたんですかね。


 まあ部屋の前でぼーっと立っていてもしょうがないので、仕方なく部屋の外から声を掛ける。

「曹犬、面接に参りました」
「来たか、遅いぞ。入れ」

 高圧的な声が聞こえて来た。憂鬱だなと思いながら部屋の扉を開け、俺は固まった。数秒固まった後、部屋に入らず扉を閉めた。

 ……見間違い? あり得ない人居たような気がする。

「何をしている! 早く入れ! 私も暇ではない!」
「……曹犬、入ります」

 覚悟を決めて扉を開く。うん、見間違いじゃない。何度か偉そうにしているの街で見た事ある。

「その顔は私が誰か分かっているようだな?」
「はい、何遂高大将軍のお顔は街で何度かお見掛けしました」

 何進遂高大将軍。おいこの国の最高権力者の一人何してんだよ。

「……ここは下級文官の面接の部屋、だと思い参ったのですが」
「ああ、合っておるぞ? 暇だからな。戯れだ」

 おおい、暇ではないって言ったばっかりやんけ。くそ、これだから上の人間は嫌いだ。失言したら理不尽な理由で殺されそう。早く帰りたい。

「貴様が曹犬か。ふむ、噂通りなかなか良い見目の男ではないか。」

 あかん。獲物を見る目してる。このエロそうな姉さんに狩られそう。いや正直貞操に関してはむしろばっちこいなんだけど、華琳姉や麗羽さんが斬り込んでくるような気がする。大将軍の所にカチコミとか洒落にならんとか言う次元を遥かに越える。どうしたものかと黙っていると更なる災難が扉の向こうからやってくる。


「あら、姉様。こちらでしたか」
「おお、瑞姫か」


 何進の妹、つまり何太后が現れた。めっちゃ可愛い。何この部屋。仕官すらしてない小市民である俺と国の心臓を握る二人が対面するとか太公望だって読めはしないと思うよ。

「あら? あらあらあら~? 姉様? そちらの男性は?」
「ああ、ほら、少し噂になっておっただろう? 金髪碧眼の見目良い男が曹家におると。そやつだ」
「姉様、確かその曹家の嫡男は袁家の庇護を受けているという話ではありませんでした?」
「そうだ。こやつは自ら仕官してやってきたのだ。こやつの面倒を見てやるのは旨味が多いとは思わんか。ついでに男の喜びでもこやつの身体に教え込んでやろうと思ってな」
「もう、姉様。その子の扱いを間違えると大変な事になりますよ?」
「ふん、私が喜びまで教えてやろうと言うんだ。何の不満もあるまい? なあ小僧」


 やったぜ。じゃなかった多分色々不味いです。

 というかそもそも働きたくないです。しかし今の会話にこの場から逃げ出す手掛かりがあった。袁家の庇護を受けているからと言った。ならば多少の無礼はいける。後で麗羽さんに泣きつけば首跳ねられなくてすむかも。もうこうなったら暴言吐いて逃げよう。


「は? 何が嬉しくてお前みたいな年増のババアに抱かれなくちゃいけないんだよ」
「……なんだと?」

 やべ。多少どころじゃない暴言が口から出た。この場で打ち首にされるかも知れない。もうやけくそだぜ。

「何も嬉しくないっつってんだよ。調子乗ってんじゃねえよババア」
「な、なにを……言って──」
「……へえ?」

 何やら様子がおかしい何進。何太后がやるじゃないといった具合の表情を浮かべこちらにやってきて耳打ちをしてきた。ああ~美人の吐息が~じゃなかった、正直内容に耳を疑った。は? ほんとにそれを言えと? それ言ったら相手が大将軍とか関係無く誰に首を跳ねられても文句言えない。あ、そっか。もうそれくらいの暴言吐いてたわ。死ねって事か。良いですよ。最後は超可愛い何太后の言う事聞いて死にますよ。

「なぁ傾」
「き、貴様我が真名を……!?」
「あ? 喋って良いって誰が言った? 黙れよ傾」
「……ハァ、ハァ、貴様……許しても無いのに真名を……ハァ、ハァ」

 息遣いが荒い。顔が蕩けて朱色掛かってきた。これ……もしかして……罵られて喜んでるよな?

「姉様の性癖を一見で見抜くなんて凄いじゃない」

 ニコリと笑う何太后。あ、やっぱりそうですか。

「でも、これ俺やっぱり打ち首ですかね。真名なんて……」
「大丈夫よ。姉様こうなった後、何故かその時の記憶無いもの。自分の性癖認めたくないんでしょうね」
「……いやでも凄く後ろめたいんですが」
「気にしないで? ほら姉様凄く喜んでるでしょう?」

 なんか赤面しハァハァ興奮して床に伏せてしまった一匹の雌犬。じゃない何進大将軍。……いいのかなあ。ていうか死を覚悟したとは言え真名を呼んだ俺も相当だけど、姉の真名を呼ばせるとかいう妹、何太后、畜生だなコイツ。姉より性質が悪いわ。関わってはいけない人種。

「私以外にこの事を知っているのは貴方一人だけ。……分かるわね?」
「はい、誰にも言いません」
「宜しい」
「あの……じゃあ帰ります」
「はい、またね?」
「あはははは……」


 もう会いたくないです。笑って誤魔化しながら帰路につきました。後日、連絡が家に来ました。面接の結果、大将軍補佐を命じられました。補佐て。え? ほんとに?



袁家の庇護を受ける男、ぽち。
大将軍の弱味を握り一気に権力を手にする(笑)