ちょっと?変わったコードギアス   作:はないちもんめ

32 / 84
C.C.のキャラってこんなんかな?


32 気付いたら主人公よりも主人公してるキャラっているよね

「答える!答えるから銃を下ろしてくれ!」

 

彰から銃を向けられているクロヴィスは、哀れなほどに震えていた。

 

「良い心がけだ。んじゃ、早速だが…お前が盗まれたっていう毒ガス…ありゃ何だ?」

 

「ど、毒ガスか…あれは一応対テロのために「あー、すいませーん、手が滑りました」ひぃ!?」

 

この状況で嘘が通じると考えた浅はかなクロヴィスの顔の隣に銃を撃つ。距離は僅か5ミリほどだ。

 

「調べはついてんだよ。もう一回嘘つけばつい手が滑って足くらいに当たるかもな」

 

「わ、分かった!アレのことは…私も良く知らないんだ」

 

「知らんだと?」

 

「あ、ああ。バトレーが父上に献上する予定だった不老不死の女を私が頼んで寄越してもらったんだ…ただ、研究データも見ていないし、本人にもまだ会ってないから」

 

「写真しか知らないと。その様子じゃ、嘘じゃなさそうだな」

 

「そ、そうだ!誓っても良い!」

 

「じゃあ、このことを他の誰が知ってる?知らないとは言わせないぜ?」

 

「バ、バトレーとその研究員だけだ。他には毒ガスと言ってるし、一部にも女ということしか知らせてない」

 

「ふん、賢明だな。不老不死の女なんて存在を広めたら大変なことになる」

 

さて、どうするかと彰は考える。

 

恐らく、こいつを脅しても得られることはもうないだろう。とあれば、別に絶対に殺す必要もないのだが、こいつがいればC.C.の存在が露呈される可能性がある。それに何より…

 

「さ、さあ、質問には答えたぞ?だから」

 

「ああ。そうだな」

 

そう言うと彰は引き金にかける力を強める。

 

「ま、待て!質問に答えたら助けると言ったじゃないか!」

 

「何時俺がそんなことを言った?それに、お前新宿の人たちに何をしたか忘れたわけじゃねぇだろうな」

 

コイツは無関係の人を殺しすぎた。別に俺らのようなレジスタンスをいくら殺した所で文句はない。だが、ただ新宿に住んでいた人達に罪はない。コイツの行為は一線を越えたんだ。

 

「そ、そんなのレジスタンスの奴等が悪いんだ!あ、あいつらが私のモノを盗んだらするから!」

 

「だから報いは受けただろ?多分何人も死んでるさ。ま、そんなことをしでかしたんだ。そいつらも殺されて文句を言う資格はないがな。だから…今度はお前が報いを受ける番だ。仮に、そいつらが悪かったんだとしてもやり返したのはお前だ。やったらやり返される。常識だろうよ。そんなことも分からない奴が戦場に立つな」

 

「止めろ!止めてくれ!」

 

「目には目を。歯には歯を。罪には罪を。じゃあな、クロヴィス」

 

彰は取り乱すクロヴィスを頭を撃とうとする。だが、その直前に聞き覚えのある男の声が響いた。

 

『待て!そいつを殺すな!』

 

その瞬間、彰の意識が飛んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「は?」

 

気付いてみれば、ルルーシュとカレンとC.C.が近くに来ていて、ルルーシュはクロヴィスと喋っている。

 

いや、待て。何が起きた?何でクロヴィスはまだ生きてるんだ?何で一瞬の間にお前らが来てるんだ?

 

そんな俺の様子を見たカレンがパッと笑顔になる。とりあえず、可愛いけど、早く説明をください。

 

「良かった!気が付いた?」

 

「ああ、うん気が付いた…というか…いや、ごめん、何が起きたか全く分かってないんだが」

 

「ギアスの力よ。あんた、ルルーシュのギアスの力にかかってたのよ」

 

「ねぇ、俺がいない間に何があったの?お前らがタイムリープしてきたって言われた方がまだ納得できるくらいに意味が分からないんだけど」

 

「ああ、うん、いや、私も良く分かってないんだけど…」

 

カレンの説明が始まる。話は今から15分程前に遡る。

 

〜15分前〜

 

警備の目を潜り抜けてクロヴィスの近くにまで来たルルーシュ達だが、検問の存在からそれ以上近付けないでいた。

 

「いくら警備が手薄になったと言っても、ここより先は流石に無理か…くそ、早く行かんとアイツにクロヴィスが殺される」

 

「ていうか、彰はどうやって進んだのよ。全く騒ぎになってないじゃない。どうなってんの?」

 

「アイツの変装技術があれば、そこまで難しくはない。警護の一人を殺して成り代われば、ここから先もノンストップで行ける。どうしても行けない所や、絶対に側を離れない警備の人間だけ不意打ちで殺せば騒ぎも最小限で済むしな。クロヴィスの警護なら実戦経験も少ないから、戦闘能力もそこまでではない。合理的な判断だ」

 

「…アイツ本当に無駄に凄いわね。悔しいけど」

 

「今更だ。しかし、不味いな。ナイトメアまであるとは…この人数で強行突破は不可能だ」

 

「戦えるのは私とカレンの二人だけ。しかも虚弱体質の足手纏いも一緒とあってはな」

 

「しかも、ここまで来るのにバテてるし…全く現実はとんだ無理ゲーね」

 

「おい、仲が悪い癖に俺を攻める時だけ意気投合するんじゃない!」

 

ルルーシュは一緒にいるカレンとC.C.の言葉に青筋を浮かべる。しかも本当に自分だけ息を切らしている状況では否定もできない。

 

「ていうか、別に良いんじゃないの?クロヴィスなんてどうなろうとも」

 

「聞かなければならんことがある。それまでは殺すわけにはいかん」

 

「何を聞きたいのかは知らないけど…そんなに大事なことなの?」

 

「…ああ。絶対に明らかにせねばならんことだ」

 

真剣な面持ちで告げるルルーシュを見て助けになってあげたいカレンだが、何の手も浮かばない。そもそも、ルルーシュがどうしようもないようなことをどうにかできるとも思えない。

 

しかし、ここには二人だけではなかった。どうにかできるかもしれない力を持った不死身の女がいるのだ。

 

C.C.は、ここぞとばかりに挑発的に笑う。

 

「どうする、ルルーシュ?私と契約すればどうにかなるかもしれないぞ」

 

「ふん、どんな能力が得られるかもしれんギアスとやらの力か?」

 

「そうだ。それがあればお前の目的は叶えられるかもな」

 

「論外よ。信じられるわけないわ。だめよ、ルルーシュ。こんな話に乗ったら」

 

「ふふ。確かに現状私を信じることなど不可能だろう。だが、お前たち二人にこの状況が何とかできるのか?私は提案しているだけだ。ルルーシュが本当に叶えたい望みなら、それを叶える可能性がある力を与えてやろうという提案をな。後は、お前が決めろ、ルルーシュ。そこまで叶えたい望みがないなら、別に無理に結ばなくても良いさ」

 

ルルーシュは、その言葉に長考する。確かに、リスクはある。だが、そのリスクを取らなければ母を殺した犯人が分からなくなってしまう可能性がある。その犯人を探して殺すことは、ルルーシュにとって生きる理由の一つでもある。故に

 

「…いいだろう」

 

「ルルーシュ!?」

 

ルルーシュは契約することを選択した。カレンは慌てて止めようとするが、ルルーシュはその姿を見て言う。

 

「カレン。君の言いたいことも分かるが、これは俺が生きるために必要なことなんだ。そのためなら俺は…悪魔とだって契約してやるさ」

 

「良いのか?言い忘れていたが、王の力はお前を孤独にする。その覚悟があるのか?」

 

「不死身の女との契約だ…副作用くらい覚悟するさ」

 

「良い心掛けだ」

 

ニヤリと笑いながらC.C.はルルーシュに近付く。だが

 

「邪魔だ、カレン。何のつもりだ?」

 

C.C.の前にカレンが立ち塞がる。

 

予想外の反応にルルーシュもカレンに声をかけるが

 

「お、おい、カレン一体「あんたは黙ってて!」…はい」

 

カレンの怒気に押されて黙ってしまう。お前、もっと頑張れよ。

 

「…私にルルーシュが決めたことをどうこう言う資格なんてない。だけど、これだけは言っとくわ」

 

そう言うとカレンは持っていた銃をC.C.に向ける。

 

「ルルーシュに何かあったら…どんな方法を使っても私があんたを殺す」

 

「ほう?不死の存在をどう殺すと言うんだ?」

 

「撃ち殺す。嬲り殺す。焼き殺す。刺し殺す。死なないっていうなら死ぬまでありとあらゆる方法を試してやるわ」

 

「大層なことだな。そんなに、この童貞ボウヤが好きか?」

 

「馬鹿にしないで。そんな軽い気持ちじゃない」

 

カレンは真剣な面持ちのまま続ける。

 

「恩がある。一生かけても返せるかどうか分からない恩が。ルルーシュと彰は…何の関係もない私の家族を…私と仲間の命を助けてくれた…今の私が笑っていられるのは、二人のおかげよ。だから今度は…命をかけてでも私が二人に恩を返す!ルルーシュと彰のためなら…何時でも死ぬ覚悟はできてる」

 

カレンの覚悟を聞いて、流石のルルーシュも少し罪悪感を覚える。別に、カレンの兄貴を助けたのは彰に恩を返すためだけだ。カレンの母さんを雇ったのはカレンの兄の介護をさせるためだ。カレンを助けたのは、自分の目的を叶えるためだ。カレンの仲間を助けたのは、そのついでだ。別に、助けたくて助けた訳ではない。何かが少し違えば、ルルーシュは絶対に助けることなどなかっただろう。

 

しかし、そんなことはカレンだって知っていた。

 

彰にとっては、ほんの気まぐれだったのかもしれない。ルルーシュにとっては、彰に対する恩返しというだけだったのかもしれない。今があるのは偶然の積み重ねかもしれない。だが、そんなことはカレンに何の関係もなかった。

 

自分と家族と仲間を助けてくれた。素の自分を出せる場所を与えてくれた。どんな理由にしろ、自分を助けるために戦場に来てくれた。それらの事実はカレンが命をかけるに値する。

 

そんなカレンをC.C.は鼻で笑う。

 

「それは随分と安い覚悟だな」

 

「何か文句でもあるって言うの?」

 

「別に文句はない。ただ…お前の自己満足の恩返しがおかしかっただけだ」

 

「あんた…」

 

C.C.の言葉でカレンの目に殺気が宿る。

 

しかし、そんなカレンの殺気を受けてもC.C.は全く動じない。

 

「自己満足以外の何だと言うんだ?お前に命懸けで守られて残された二人はそれで満足するのか?お前が知っている二人はそんな奴等なのか?」

 

C.C.の意外な言葉と雰囲気にカレンは返す言葉を失った。

 

C.C.は寂しそうに微笑みながら続ける。

 

「命をかけてでも守る?そんなものただの守る側の自己満足だよ。私なら…命をかけて守ってもらうよりも…例えお互いがボロボロになったとしても共に生きて欲しいと願うよ」

 

「C.C.…」

 

ほんのさっき出会っただけの関係だが、カレンにはC.C.が始めて本音で喋っているように見えた。

 

自分の発言が恥ずかしかったのか、C.C.はカレンから顔を背ける。

 

「何でもない。余計なことを言った。今の言葉は忘れろ。いくぞルルーシュ。準備は良いか?」

 

二人の会話から完全に置いてけぼりにされていたルルーシュはC.C.の言葉に、ハッと我に帰る。

 

「ああ!結ぶぞ!その契約!」

 

 

 

 

 

 

〜現在に戻る〜

「てな、訳なのよ」

 

「それで得た力が絶対遵守のギアスと…何ともまあ…」

 

彰から言わせれば、それ、どんなチート?という話である。

 

どんな命令でも必ず相手を従わせるとか常人が使っただけで、とんでもない能力だ。そんな能力をよりによって、ルルーシュが身に付けたのだ。もう反則という言葉以外思い浮かばない。

 

しかも、さっきギアスを受けた時の記憶がないということは絶対遵守の命令を受けている前後は記憶が飛ぶらしい。

 

余りの最強の能力っぷりに笑うしかなくなった彰を他所にルルーシュはクロヴィスと話を続けている。その様子を見ていると、不意にルルーシュの瞳に文様が浮かび上がった。なるほど、アレがギアスかと感心しながら見ていた彰には何故かデジャブに見えた。

 

(あれ?俺、あの文様を何処かで見たことあるような…?言われてみれば、ギアスって言葉にも聞き覚えがあるような…)

 

しかし、そんなことを彰が考えている間にルルーシュのギアスが発動する。

 

『誰だ。母さんを殺したのは…』

 

「コーネリアとシュナイゼル…あの二人が知っている」

 

そのギアスの発動を見て、現実に帰った彰はギアスの凄さを実感させられた。言われてみれば、確かにかけられてる方は普通の反応をしていない。

 

同時にルルーシュの質問から、ルルーシュが明らかにしたい事の内容が分かった彰はシスコンの上にマザコンとか、手に負えないよ、あの残念イケメンと思ったが口にすることはなかった。

 

その後、クロヴィスの悲鳴に近い声を聞きながらルルーシュは冷酷に笑う。

 

「止めろ!腹違いとはいえ、実の兄だぞ!」

 

「綺麗事だけじゃ…世界は変えられないから」

 

そして、次の瞬間

 

「あれ?」

 

気が付いたら彰の前にルルーシュが倒れていた。

 

「お前何してんの?」

 

とりあえず、彰は倒れていたルルーシュに聞いてみる。殴られたのか頬が赤くなっており、そこを抑えながらルルーシュが怒鳴り出す。良く見たら、それ以外もボロボロである。さっきまで別行動していた彰には理由は分からないが。

 

「それはこっちのセリフだ!何を考えている!」

 

「いや、そりゃこっちが聞きたいんだが」

 

彰が困ったように周りを見ると、カレンも困惑気味に声を出す。

 

「いきなり彰が「殺すな!」って言ってルルーシュを殴ったのよ。覚えてないの?」

 

「言った覚えねぇんだけど!?え?どゆこと?」

 

三人が混乱してると黙って事の成り行きを見ていたC.C.が会話に加わる。

 

「ギアスの力だ」

 

その言葉にカレンは首を傾げるが彰とルルーシュは顔をひきつらせる。両者ともに最悪な展開を予測した。

 

その予想を払拭するため、彰はギギギと音がしそうなほど、ぎこちなく首を回し、カレンに問いかける。

 

「カレン…確認だが、ルルーシュは俺にさっきどんなギアスをかけた?」

 

「え?うん、確か…「待て!そいつを殺すな!」だったような気がするけど、それが何…か」

 

言っている最中にカレンも気付いたのか顔が硬直する。

 

そう。先程のルルーシュのギアスによって彰はクロヴィスを殺さない所か殺そうとする者からもクロヴィスを守らなくてはならなくなってしまったのだ。

 

「お前ふざけんなぁ!これ、もうほとんど呪いじゃねぇか!」

 

彰はブチ切れながらルルーシュの胸倉を掴み、抗議する。当然である。

 

「うるさい!お前が勝手な行動をするから悪いんだろうが!」

 

「俺のせいにしやがったな、このクソ野郎!今すぐ解除しろ!」

 

「無理だな」

 

当たり前のことのようにC.C.が告げる。

 

「そんなことできるものか。ギアスは絶対だ。例外はない」

 

「なら、ギアスを上書きしろ!そうすれば」

 

「あー…それも無理だと思う」

 

可哀想な者を見る目をしながらカレンが告げる。

 

「さっき私もギアスを受けたんだけど…何か同じ人に二回以上は通じないみたい」

 

「はっはっはー。なるほどねぇ、そうか」

 

カレンの言葉を聞いて笑い出した彰をルルーシュとカレンは驚きながら見ていた。すると

 

「罰として、てめえ、一生童貞でいますギアスかけろ!当然の報いだ!」

 

「全ては過去!終わったことだ!そんなギアスをかけても何にもならん!断る!」

 

「てめぇに選択の余地はないんだよ!その目広げて無理矢理発動させてやる!」

 

彰がルルーシュに飛びかかり、見るも無残なしょーもない喧嘩が巻き起こる。

 

この喧嘩は見るに見かねたカレンが無理矢理止めるまで続いたという。




ルルーシュが怪我をしてた理由

ルルーシュ「これがギアスか。カレン『少し黙ってくれ』」

カレン「…」

ルルーシュ「カレン?」

カレン「え?何?」

ルルーシュ「ふむ、どうやら成功したようだな。では、カレン!『もう少し、おしとやかになれ!』」

カレン「は?」ピキ

ルルーシュ「何?効いてない?どういうことだ、C.C.!」

C.C.「どうやら、お前のギアスは同じ人に二回は効かないようだな」

ルルーシュ「貴様!そういうことは、早めに言え!」

カレン「ねぇ、ルルーシュ?今のギアスはどういうこと?ねぇ?」胸倉ぐい

ルルーシュ「落ち着けカレン!誤解だ、今の命令はな、待て!殴るな、ぐぉっ」

C.C.「あんなのが契約者で大丈夫だろうか」

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。