黒魔女2っき。   作:Hide and Seek

1 / 1
黒魔女はお茶会がしたかった。

ミーシャ・エリザベートの朝は遅い。

よだれで枕に湖を作るその腑抜けた顔には、黒魔女の威厳などといったものはまるで見受けられない。小さく鼾をかきながら、彼女は寝返りを打つ。

「…………んがっ。……んー?」

一際大きく鼾をかいたかと思えば、その拍子に目を覚ました。ぼんやりした目に映るのは、なんだか柔らかそうな白いもの。
目を擦り、そのままよだれを袖で拭う。はっきりとしてきた目であたりを見回すと、そこはいつも通りの部屋だった。そして、ベッドの脇には、優しく微笑む一人の女性が。

「おはよう、ミーシャちゃん」
「おはよう……。ってなんで居るのよ!?」

白い衣装に身を包んだ彼女、アイリス・ミルフィーユは優雅にほほ笑む。彼女こそは、ミーシャが敵視をしてやまない白魔女であり、ミーシャの事をよく知る数少ない人物である。

「なんでだと思う?」
「え?」

アイリスは笑みを崩さずにそう言う。しかし、ミーシャはその口調に違和感を感じた。例えるなら、いつもよりも一度だけ温度が低いような、その声に。直感的に気付く。アイリスは怒っていた。なんで? 今日は何の日だっけ? ミーシャの脳裏を様々な記憶が、まるで走馬灯のように駆け巡る。アイリスの薄目から除く緑の瞳が、ミーシャに命の危機を感じさせる。

「……あ」

そして、不意に思い出した。間の抜けた声を漏らし、呆然とする。
そう、今日はお茶会の日だった。しかも、私からアイリスを誘った。

「思い出した?」
「……あはは」

笑ってごまかす。無理だ。許してはくれなさそうだ。

「ご、ごめん! 今から準備するからー!!」


杖を取り出し、急いで振るう。帽子を頭に、ローブを浮かせて引っ掴んで扉へ……。

「ぶべっ」

扉に突っ込むミーシャ。杖を振るい、扉を開けることすら忘れ、彼女は顔をしこたま打ち付ける。

「ふぎゅぅ……」
「あらあら」

目を回すミーシャが最後に見たのは、いつも通りに笑うさかさまのアイリスだった。





「え? 怒ってないわよ?」
「えー? 絶対怒ってたって」

擦りむいた鼻の頭を魔法で治療してもらいながら、ミーシャは膨れる。

「でも、お茶会の約束を忘れてたのは、ちょっと悲しかったなー」
「う……。忘れてなかったもん。ちょっと寝坊しちゃっただけで……」

この日のために用意してあった、とっておきの紅茶を指さす。
まだ箱からすら出されていないそれは、確かに、今日のために用意されたのだろう。

「でも、ケーキはないのよね?」
「それは……。うん……」

お茶と違って日持ちのしないケーキは、早起きして買ってくるつもりだった。だけど、昨日はいつになく研究がノっていたから、気が付いた時にはもう朝も近くて、とてもじゃないが満足に眠る時間は無かったのだった。

「あら、じゃあ、お風呂にも入ってないんじゃないの? 通りで髪もぼさぼさ」
「むー。ほっといてよ!」
「ほっとけないわよ。ミーシャちゃんの髪、とっても綺麗なんだから。あっ、そうだ、今から一緒にお風呂入りましょうか?」

唐突に思いついたようにアイリスは言う。

「なんであんたと入らなきゃならないのよ」
「だって、私だけ待たされてばっかりだし。それに、ミーシャちゃんの髪、ちゃんと洗ってあげたらもっときれいになると思うんだけどなー。ね、一回私に洗われてみない?」
「やー!」

抵抗も虚しくお風呂場へと引きずられていくミーシャ。

「まあまあ、お茶会を台無しにしたお詫びだと思ってー」
「なんでそれが詫びになるのよー!」

屋敷の中に、叫び声は響く。
アイリス以外、誰も聞いていない声が。





「ていうか、あんたいつから部屋にいたのよ?」

キューティクルを艶やかに光らせながら。ミーシャは問う。丸洗いされて、すっかり大人しくなった彼女は、アイリスの手土産のケーキをがつがつと食べている。
それは、以前ミーシャが早起きして買ってきたケーキと同じものだ。

「うふふ。なんだか楽しみで、早くに目が覚めちゃったのよね」

その足でケーキを買い、そしてそのままここに着いたとしても、そう遅くはならないはずだ。

「ミーシャちゃんの寝顔がかわいくて、気が付いたらずっと眺めてたの」
「……起こしてよ!」
「ふふっ。ごめんね。でも、あんまり気持ちよさそうだったから、起こすに起こせなかったの」

にこにこと朗らかに笑いながら、アイリスはミーシャを見つめる。

「あ、もう一個ケーキ食べていい?」
「ええ、いいわよ」

まるで小動物を愛でる様なその瞳は、いつまでも優しく緑に輝いていた。






感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。