とある海賊の奇妙な冒険記   作:解放したPNTマン
<< 前の話 次の話 >>

18 / 52
天竜人

「――特製シャボン玉だと?」

「はい、現在シャボンディ諸島には凶悪な海賊が滞在しているらしく……海軍本部元帥センゴクが是非着用を、と連絡があり……」

 

 時は遡って、ロズワード一家がシャボンディ諸島に到着した頃。

 彼らは、護衛の男からセンゴクの伝言を聞いていた。

 ジョットがシャボンディ諸島に上陸している事は、既に海軍及び世界政府の耳に届いている。他にも超新星が集い、現在シャボンディ諸島は政府から見て危険な状態だと言える。そんな中ロズワード一家がシャボンディ諸島に訪れるのは、火薬に火をつけるのと同じ行為。しかし、世界貴族に『シャボンディ諸島に行くのは止めてくれ』と懇願する事もできず、センゴクは妥協案として特製シャボン玉で万が一(・・・)に備えて身を守る為の手段を講じたのだが……。

 

「ふん。海軍ごときが生意気だえ。気に入らない。そんなもの、捨て置くえ」

「しかし、ロズワード聖。御身にもしもの事がありましたら……」

「なんだ、お前。世界貴族たるこの私に意見するのかえ。生意気だえ」

「え。いや、そんな事は――」

 

 銃声が三発響いた。心臓を打たれた男は、そのまま倒れて血を流し……絶命。

 心底不愉快だと顔を歪めながら、ロズワード聖はシャボンディ諸島に上陸しようと娘と息子に声をかける。

 

「行くぞシャルリア。チャルロス」

「はい、お父様」

「う~ん……?」

 

 しかし、チャルロス聖はセンゴクが用意した特製シャボン玉が気になったのか、ジロジロと見つめている。

 横から、上から、下から覗き込む。

 目新しいからだろうか。チャルロス聖は近くの護衛の男に尋ねた。

 

「これって凄いのかね?」

「はい。何でも、海軍の有名な科学者が作り上げた防御性に特化した代物らしく……迫撃砲を受けても割れないだとか」

「良く分かんないけど、付けてみるえ」

 

 そう言うと、チャルロス聖は特製シャボン玉を装着した。

 すると、何処となく心地良い感触がした。吸う空気も美味しく感じ、朝から感じていた鼻づまりも解消されてスッキリ。

 外界からの脅威を防ぐ以外にも、傷や体調を癒す効果があるらしい。

 ――これは、良い拾い物だえ。

 父親と妹が付けなかったシャボン玉の効果に笑みを浮かべた。チャルロス聖は鼻歌混じりに喜ぶと、早速自慢しようと父親達に目を向けたところ……。

 

「あれ? お父様たちは何処に行ったえ?」

「お先に参られました」

「なに!? 何でそれを早く言わないえ!」

 

 パンッとまた一つ銃声の音が辺りに響いた。

 

「まったく、早くお父様の所に行くえ」

 

 こうして、チャルロス聖は特製シャボン玉を装着した状態でシャボンディ諸島に上陸した。

 その結果、自分が酷い目に遭うと知らずに……。

 

 

▲▽▲▽▲▽

 

 

「まさか、アンタが冥王シルバーズ・レイリーだったとはな……レイさん。いや、レイリーさん」

「あまりその名で呼んでくれるな。海軍にバレると厄介だからな」

 

 ヒューマンショップの従業員を気絶させ、牢屋に辿り着いたジョットはレイさん……レイリーと再会していた。

 幼き頃東の海で出会った父親の知り合いが、まさか海賊王の右腕だとは知らず驚いたらしい。普段ほとんど顔色を変えないジョットにしては珍しく表情を変えていた。

 

(只者ではないと思っていたが……親父の野郎)

 

 とはいえ、これで先日出会ったシャッキ―の言葉の意味が分かった。確かに彼ならば、そうそう死にはしないだろう。

 どこか納得しながら、ジョットは立ち上がる。

 そんな彼に、空になった酒瓶を捨てながらレイリーが尋ねた。

 

「表に行くのかね? どうやら、何かあったようだが」

 

 先ほど、観客席から大きな物音がした。首輪が爆発した音では無いようだが……ジョットは心配だった。

 

「アンタから聞いた若い人魚……特徴や言動からして、おそらくオレの友達(ダチ)だ。こんなトコに居ると分かった以上、黙っていられねぇ」

「……そうかい。では、私は稼ぎに行こう。元々そのつもりだったしね」

 

 そう言うと、レイリーは牢屋を後にした。

 おそらく、この店の売り上げや貴族たちから掏るつもりなのだろう。本来なら咎めるべき行為だが、相手が相手だからかジョットは止めなかった。

 彼は振り返って、他の奴隷にされかけた人たちの首輪を外していたメアリーを呼ぶ。

 

「行くぞ、メアリー」

「分かった。この巨人くんで最後だから。……はぁ、このまま行けば天竜人に目を付けられずに済むかなぁ……無理だろうなぁ」

「早く行くぞ」

「あ、ちょっと待ってよ!」

「俺も行こう。助けられた礼だ」

 

 ジョットの後を、メアリーと助けられた巨人スタンセンが追いかけた。

 

 

 ――そして数分後、彼女たちはジョットの怒りを目にする。

 

 

▲▽▲▽▲▽

 

 

 シャルリア宮がケイミーに向かって銃を放とうとした瞬間、突如ステージ上の壁が吹き飛んだ。麦わらの一味も、警備兵も、そしてシャルリア宮も驚いて音のした方へと向いた。

 

「な、何ザマス!?」

 

 瓦礫の奥から現れたのは、ジョットだった。彼の登場に反応を示したのが数名。怒りと戸惑いと困惑と――驚愕。

 そんな事などつゆ知らず、壁を突き破ってステージに出たジョットは、警備兵、応戦する麦わらの一味、そして最後に首輪を繋げられた状態のケイミーを見て――一瞬で彼女の傍に移動した。

 そして、すぐさま銃を突き付けていたシャルリア宮の銃に手を添えると……そのまま握り潰し、発砲寸前だった銃は彼の手の中で暴発した。

 

「……な!?」

「――オレの友達(ダチ)に何してんだ?」

 

 突然の事態に目を丸くするシャルリア宮。

 しかし、ジョットに睨みつけられ――覇気で気絶させられた。至近距離で彼の覇気を受けたシャルリア宮は成す術もなく、そのままステージへと落ちた。

 それを確認すると、ジョットはケイミーの方へと振り向く。

 

「無事か、ケイミー?」

「ジ、ジョジョっちん!」

 

 今まで絶望の表情を浮かべていたケイミーが笑顔を浮かべた。

 目の端には涙が浮かんでおり、それを拭おうとして……自分の手が血だらけなのに気づくとポケットからハンカチを渡した。すると、ケイミーはありがとうと一言礼を言い、チーンッと鼻水を吹いた。

 ケイミーが安心したのを確認すると、次にジョットは、こちらに視線を向けている警備兵たちと麦わらの一味へと振り返る。

 

「……見る限り、敵はあっちか」

 

 そう呟くと――彼は、覇王色の覇気を解放した。

 すると、今まで麦わらの一味の捕縛のために動いていた警備兵たちが意識を失ってその場に崩れ落ちた。

 その異様な光景に、彼らの動揺は大きい。

 

「え? なんだ? 何が起きたんだ!?」

「あの方が何かしたようですが……」

「アイツは、さっきの……」

 

 チョッパーは周りを見渡して驚愕を声に出し、ブルックはジョットに視線を向け、そしてゾロは解き放たれた気迫に思わず刀を構えていた。

 

「あれは……星屑のジョジョ」

「ジョジョ? ジョジョってシャッキーやじいちゃんが言ってた……」

「ええ。それに、あれは邪眼のメアリー。クルセイダー海賊団の2トップが何故此処に?」

 

 ロビンはジョジョの出現に眉を顰め、ルフィは最近聞いた名前に反応し、

 

「ちっ……! こんな所で会うとはな……!」

「星屑屋……何故アイツが此処に?」

 

 ライバルたちは、この先で最も障害となる壁を睨みつけ、

 

「……あれって」

「……何処かで見た覚えが……」

 

 手配書を見ていた時から感じていた違和感が強くなるのを自覚するナミとサンジ。

 そして――。

 

「は……! おま……! ジョットオオオオ!?!?」

 

 ウソップは久しぶりに再会した親友であり、ライバルであり……。

 

「む……! ウソップか? 元気そうだな、兄弟」

 

 盃を交わした兄弟であるジョットに驚愕の声を上げた。

 

『兄弟!?!?』

 

 そして、それはこの場に居る全員も同じだった。

 

 

 ▲▽▲▽▲▽

 

 

「あのジョジョに、兄弟だと……! 妹だけじゃなかったのか!?」

「何者だ、あの鼻が長い男……」

 

 突如明かされた新たな真実に、キッドとローは警戒の目をウソップに向けた。

 ジョットは油断ならない男であり、そしてその妹であるメアリーもまた厄介な存在だった。故に、その兄弟を警戒するのも当然。今まで無名なまま麦わらの一味に属しているのも不気味だった。ルフィを隠れ蓑にしているのか? もしくは、別の理由か?

 彼らの頭の中のブラックリストにウソップの名前と顔が記される。

 

「元気だったのかお前! 会えて嬉しいぞ、こんちくしょー!」

 

 そんな事など知らず、ウソップは両腕を上げて喜びを顕にした。知らぬが仏をそのまま体現している。2年後、偉い目に会うとは知らずに……。

 

 さて、置いてけぼりにされた麦わらの一味はと言うと……。

 

「はーっ、驚いた。ウソップって兄弟居たんだ。鼻長くないけど」

「あの男がウソップの兄弟か……鼻は長くねえな」

 

 ルフィとゾロは驚きつつも、ウソップの特徴的な鼻が遺伝されていない事に首を傾げる。

 

「いやー……ウソップさん凄い兄弟をお持ちで。私、驚き過ぎて目ん玉飛び出てしまいました。もうありませんけど」

「ウソップの兄ちゃんなのかな? それともウソップが兄ちゃんなのかな?」

「驚いたわ……世界って狭いのね」

 

 驚き過ぎて、逆に落ち着くブルック、チョッパー、ロビン。

 しかしそんな中、二名ほど別の理由で驚いている者が居た。

 サンジとナミである。

 

「は……? ジョジョって、ジョットの事だったのか? いや、しかし……」

「うそ、本当……? あれが、ジョット……? え、でも……」

 

 ウソップの言葉で、二人はようやく手配書の違和感に気が付いた。

 凶悪な犯罪者だと新聞で書かれ、英雄ガープに警告される程の存在。にも関わらず、手配書を見ると湧き上がってくる――安心感。

 しかし、それと同時に信じられない気持ちもあった。

 ウソップとの再会に穏やかな表情を浮かべていたジョットが、ナミとサンジを見つけて目を見開いた。

 

「ナミ……サンジ……! 久しぶりだな、お前ら。ちと(ツラ)ァ変わったか?」

『いや、お前が言うな!!』

 

 二人揃って全力でツッコミを入れた。

 彼らが、ジョットが『星屑のジョジョ』だと気づかなかった理由。それは、顔立ちの変化。

 過去に出会った時は、まだお互いに子どもだった。その時のジョットの顔は少し目元が鋭くも穏やかな顔立ちだった。彼の父親は将来海賊になるぞと笑っていたが、ナミたちにとっては自分たちを救ってくれた恩人というフィルターを抜きにしても、優しいものだった。

 しかし、時が経ち……結果はコレである。

 違う。あまりにも違う。あの時の、見ず知らずの人を助ける彼は何処に行ったのか? そう思ってしまうほどに変わってしまった。

 

「時は……残酷だ……!」

「ごめん、ベルメールさん……私、ジョットを真人間に育てる事が……!」

「お前ら、喧嘩売っているならはっきり言えや」

「いや、あの反応は仕方ない気が……」

 

 後ろでメアリーが何か言っている気がしたが、ジョットは聞こえないフリをした。……少し、傷ついた訳ではない。

 

「にゅ~……ジ、ジョジョ……」

「――! ハチ? お前、どうしたんだその傷……!?」

 

 そんな彼の耳に、以前航路を別れた友の声が聞こえた。

 そちらに目を向けると、胸の包帯を血で染めたハチがいた。チョッパーに治療を受けながら、彼に視線を向けている。

 胸の傷具合を見るべく、ジョットはハチの元へ一足跳ぶ。

 

「撃たれたのか……誰にやられた?」

「は……?(え? あれ? さっきまであそこに居たよな?)」

 

 一瞬で移動したジョットにチョッパーが目を白黒させるなか、彼はハチの傷を診ていた。

 心臓は撃たれていないが、場所が場所だ。治療が良かったのか、安静にしていれば数日後には治るだろう。これなら、オーラで無理矢理治さなくても良い。

 ハチの無事を理解した事で、ジョットは友達にこんな事をした相手が誰なのか。それを本人に尋ねた。

 

「にゅ~……き、気にしないでくれジョジョ」

友達(ダチ)が撃たれて、頭に来ない奴は居ねえよ……少し、頭借りるぞ」

 

 そう言うと、ジョットはハチの頭に手を置いた。すると、彼の手からゆらりとオーラが揺らめき、彼の腕を伝ってハチのオーラをほんの少し吸収する。

 サボの記憶喪失を治そうとした際に偶然手に入れた、オラオラの実のちょっとした応用技。こうして直接触れないといけないが、場合によっては強力であり危険な力である。

 ジョットの頭の中で、ハチの視点で何が起きたのかを視て、聴いて、理解した。

 そっと手を離したジョットは、ルフィへと顔を向けた。

 

「麦わら。アンタがハチを助けてくれたのか。礼を言わせてくれ。ありがとう」

「??? おう、どういたしまして」

 

 良く分からないが、ジョットの礼を素直に受け取るルフィ。そんな彼をジッと見ながらジョットは奇妙な感覚を覚えていた。

 そしてそれはルフィも同じようで、お互いに視線を通わせる。

 ――コイツは……。

 警戒はしていない。敵意も無い。ただ、目の前の相手を無視する事が出来なかった。

 海賊団のトップ同士の間に起きた奇妙な空間。威圧感とも違うその空気の重さに、誰かがゴクリと生唾を飲み込む。

 ジョットが口を開こうとした瞬間――。

 

「う……な、何が起きたんだえ~」

 

 聞こえる筈の無い声が響いた。

 ルフィに殴られた頬を腫れ上げさせて、フラフラと立ち上がるのはチャルロス聖だ。

 何故、彼が起き上がった? 彼を殴った本人であるルフィも、ルフィの拳の威力を知っている一味も、驚いた表情で彼を見上げる。

 その理由は、チャルロス聖が装着した特製シャボン玉にある。

 ルフィの拳は、そのシャボン玉で阻まれて威力を落とし、その後気絶したチャルロス聖の傷をシャボン玉が癒していたのだ。現に、流れ出ていた血も、腫れ上がった頬も治り、問題なく言葉を発する事ができる。

 チャルロス聖は、意識が飛ぶ前の事を思い出そうとし――会場の惨状に目を丸くした。

 

「な、なんだえ!? お父様!? シャルリア!? 何がどうなっているんだえ~!?」

 

 父と妹が倒れている事に驚くチャルロス聖。

 しかし、すぐに視界にメアリーによって首輪を外された自分が買った(・・・)ケイミーと獲った(・・・)ハチが治療を受けているのを見て……目の色を変えた。

 

「お前たち、何しているんだえ?」

「は……?」

「なにを勝手にわちしの奴隷(ペット)に触れているんだえ!」

 

 ルフィに殴り飛ばされて記憶が飛んだのか、それとも都合が良い事だけを記憶しているのか。チャルロス聖は己の所有物に手を出されたと勘違いして癇癪を引き起こし、ステージ上のメアリーとハチの治療を行っていたチョッパー、そしてその傍に居たパッパグに向かって乱暴に銃を撃った。

 

「きゃあ!?」

「うわ!?」

「ぎゃああああ!?」

 

 メアリーは己の能力でケイミーごと透過する事で銃弾が当たらないようにし、チョッパーとパッパグはジョットが前に出て銃弾を指で掴む事で被弾しなかった。

 元々命中率は良くなかったが、明確に防がれた事でチャルロス聖の苛立ちはピークに達する。

 

「なんだお前ら、ムカつくえ! 何下々民がわちしの前で立っているんだえ! 礼儀を知らない奴だえ! お前ら、全員死刑――」

「おい、テメエか。テメエがハチを撃ったのか」

「ひょ!?」

 

 またもや一瞬で会場を移動するジョット。ルフィは、ジョットが地面を十回蹴る動作をしていたのを見た。

 CP9の奴らと同じ事をしている。

 自分も同種の技を使っているからこそ、見抜けた。

 いや、それは良い。それよりも、意識を向けるべきなのは――場を支配している圧倒的な怒気。初めて会ったルフィでも理解した。あの男は……ジョットはプッツンしている。

 ルフィが場を解決した事で沈静化していた怒りが、チャルロス聖が起き上がった事で再び燃え上がったのだ。

 ジョットは、シャボン玉の中に腕を突っ込んでチャルロス聖の顔を掴んでいた。

 

「……!」

「だから何だ? って顔をしているな――何なんだテメエは? 何故ハチを撃った? 理由が分からねえ。……いや、理解したくねえってのが本音だ。さっきのテメエの言動はふざけ過ぎていて、耳にも入れたくねえ」

「――」

 

 チャルロス聖の目に怒りの感情が浮かび上がる。そして、顔を掴まれていた事で明後日の方に向いていた手を……銃をジョットの額に向けた。

 

「ジョット、危ねえ!」

「ジョジョ!」

「スター、避けてくれぇ!」

 

 ウソップとメアリーの悲鳴が響き、ナミとサンジが息を呑む。

 銃声が響き、ジョットの帽子が弾かれて宙を舞った。

 タラリ、と血がジョットの額を流れる。だが、銃弾は彼の脳天を貫通しなかった。黒く染まった彼の肌が間一髪弾丸を弾いて、無傷とはいかずとも致命傷には至らなかった。

 それに初めて恐怖するチャルロス聖。生意気な奴も、イラつく奴も、気に入らない奴も、全て殺してきた(おもちゃ)が効かなかったのだ。チャルロス聖は、バッ! とジョットの腕を振り払って叫ぶ。

 

「何なんだえ! おまえ、なんで死なないんだえ! なんで偉いわちしに逆らうんだえ!!」

「……本気で、言っているのか?」

「わちしに生意気な奴は死なないといけないんだえ! それが、普通なんだえ!」

 

 叫びながら、何度も何度もジョットに向かって銃を撃ち続ける。

 カチカチ、と弾が無くなっても弾き続ける。しかし、出ない事が分かるとついには持っていた銃を投げつけた。それでも、ジョットはチャルロス聖を睨みつけていた。

 

「おい! お前ら! いつものようにこいつらを捕らえるんだえ! 何寝ているんだえ!」

 

 常に付き従う兵たちは、動かない。既に無力化されているからだ。

 役に立たない奴らだ、とチャルロス聖が怒り狂う。

 

「おい! そこの下々民! こいつを殺すんだえ! 何をそこで突っ立っているんだえ!」

 

 果てには、ルフィやキッド、ローたち意識がある者たちまでに命令する始末。

 逆に睨み付けられて、苛立ちが募る。

 

「お前ら、全員生意気なんだえーー!」

 

 チャルロス聖の叫び声が会場に響き渡った。

 興奮したからか、ハアハアッと息を切らす。

 そんなチャルロス聖を、ジョットが見下ろしたまま静かに口を開いた。

 

「テメエは……オレの敵じゃあねぇ。悪でもねぇ。かと言って、世界政府や海軍のような正義でもねぇ」

「ハァ……ハァ……! なにを、言っているんだえ……! 訳が分からないえ!」

「だろうな。テメエは、世界を知らねぇ。だから己の行いの意味を知らずに、何処までも残酷な事ができる。ヒトを撃つ。ヒトを奴隷にする。ヒトを……殺せちまう」

「何なんだえ……何なんだえ!! 何が、言いたいんだえ!!!」

「いや、哀れすぎて……何も言えねえ」

 

 その言葉を最後に、ジョットは――胸の中にある虚しさを消し去り、怒りを爆発させた。

 

「――オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラッ!」

「――」

 

 今まで、このような気持ちで拳を振るった事があっただろうか? 正義を名乗る敵や、吐き気のする敵、そして立ち塞がる敵には遠慮なく振るって来た。だが、目の前の()()()()()()()に振るうのは初めてだった。

 

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラッ!!」

「――」

 

 だからだろう。ジョットの胸にかつてないほどの怒りが沸き上がったのは。

 ()()()()のせいで、ケイミーとハチが傷つけられた。

 

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラッ!!!」

「――」

 

 ――それが、許せなかった。

 故に今日、ジョットは立ち向かう為でもなく、相手を倒すためでもなく、ただ友を傷つけた存在を視界の中から消し去るつもりで――ラッシュを叩き込んだ。

 

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ――オラァッ!!!!」

「ゲボグボアアアアアアアア!!??」

 

 トドメの一撃で、約40秒間空中に浮き続けていたチャルロス聖は、特製シャボン玉を割られながら、壁を突き破って、外を包囲していた海軍の上空を飛び越え――島の反対側まで吹き飛んで行った。

 

「――やれやれ。二度と会いたくねえな、天竜人」

 

 それを見送ることなく、ジョットは呟いた。

 いつものようにムスッとした表情を浮かべながら。

 




ルフィの行動、主人公の動き、主人公の存在で生じた変化を考慮した結果、こうなりました
悪だと断ずるには、天竜人はアレ過ぎる。







感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。