とある海賊の奇妙な冒険記【更新停止中】   作:解放したPNTマン
<< 前の話 次の話 >>

2 / 43
主人公日記 二ページ目

 ○月#日

 あの女狂ってやがる。
 昨晩オレを殺そうとしたメアリーだが、オレを殺そうとした動機はオレが食ったあの果物を取り戻すため、らしい。いや、もうオレの腹の中にはねえだろ。サイコパスかよ。色々と怖いので、現在縄で縛って吊るしている。親父は元気があってよろしいと笑っているが……ふざけんな。

 親父に海軍に突き出さないのか? と聞いた所、面倒くさいしオレが行ったら面倒なことになる、と言っていた。物臭過ぎるだろ。
 オレが不満そうにしていると、男なら女の夜這いくらい受け止めろって言いやがった。とりあえず今日も飯を作ってやらん。


 ○月&日

 相変わらず泥棒やらトクテンがどうのこうのとメアリーが煩いが、今日は一つだけ発見があった。
 どうやら、オレが食ったあの果物は悪魔の実と呼ばれる希少な代物らしい。
 超常的な力を得る代わりに海に嫌われて一生カナヅチになるとか。もっと早く知りたかったぜ。
 しかしそれ以上に納得いかないのは親父だ。
 吐き気をコントロールできたんじゃないのか! っていきなり拳骨してきやがった。迎えうった拳がいてえ。というかゴインってなんだよゴインって。人の体から出て良い音じゃねえよ。
 それになんだよ吐き気のコントロールって。酒飲みまくっているお前がコントロールしろよ。
 あと、一応オレの妹にあたる存在Xよ。何故オレを見て吐けるの? って聞く。
 オレは赤ちゃんか何かか?


 ○月¥日

 メアリーがようやく、オレの暗殺……というか、オレが食った悪魔の実を諦めた。それどころか一転して馴れ馴れしくなった。うざってえ。何が「おにいさま~♡」だ。拳骨したら吐き気するとか。いや、大袈裟だろう。
 だが、一つだけ役に立つ情報をこいつが持っていた。それは、オレが食べた悪魔の実について。
 オレが食った悪魔の実は、ありとあらゆる生命力を見る事ができ、触ることができるらしい。どうやらオレが見ていたモヤモヤは生命力だったようだ。
 親父にダメージを与えることができたのも、この悪魔の実で生命力に直接ダメージを与えたからだとか。この力なら、ロギアとやらにもダメージを与えることができるとの事。
 しかし、この悪魔の実の本質はこれだけではないらしく、修行すればさらに色々なことができるらしい。

 それを聞いて良い拾い物をしたと思った。この悪魔の実があれば、親父の浪費癖に悩まされずに済む。今は大丈夫だが、こう毎日バカスカ酒を飲まれていたら生活できなくなるからな。
 オレがそう言うと、メアリーは微妙そうな顔をして「もっと鍛えて将来に備えないの?」と言われた。良く分からん。
 それはそれとして。
 横で話を聞いていた親父が珍しく真剣な顔をしていたのが気になった。そんなに酒をセーブされるのが嫌なのか?


 ○月@日

 どうやらメアリーは将来海賊になるそうだ。17歳……つまり13年後には偉大なる航路(グランドライン)に入って、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を見つけるとのこと。
 四歳で既に未来設計図を描くとか……この世界の子どもは凄いな。
 そんな風に感心していると、親父がどうせならお前も行けと言われた。ちょっと意味が分からない。
 確かにワンピースは興味あるが、何も海賊にならなくても良いじゃないのか? 冒険家とか探検家とか。
 そう尋ねると、ワンピースを探すと海軍にしょっ引かれるとのこと。ヤバいな、海軍。宝見つけるのにも許可がいるのか?
 それにしても海賊ねぇ……オレは人様に迷惑をかけたくないんだけどな。


 ○月:日

 メアリーがうるさい。
 親父の言葉を真に受けて「私が船長だから!」と騒いでいた。なんだよ最悪の世代って。物騒だな。

 それと、これからも定期的に森の奥に放り込まれることが確定した。
 オレが食った悪魔の実の制御のためらしい。あと吐き気。もう吐き気は良いよ。
 悪魔の実の力は強大で、暴走したら大変な事になることもあるらしい。しかもオレが食ったのは生命力に関係するもの。何が起きるか分からない。
 理由は分かったが、五歳児にすることじゃないと思う。何処に訴えれば良いのだろうか?

 あと、メアリーもこの修行に参加するらしい。私の力見せてあげるとか言っていたが……不安でしかない。


 ○月*日

 不安が的中した。メアリーが既にグロッキーだ。
 というか、こいつの行動が色々とおかしい。
 「ソル!」と叫んで走り獣に気づかれたり、「シガン!」って叫んで突き指して痛がったり、はてには巨大ゴリラに殴られそうになって「テッカイ」って叫ぶだけ。死にに来たのだろうか。今は話が違うってブツブツ言いながら、オレが焼いたワニ肉齧り付いている。
 何処か安全な場所を見つけないとな……。


 ○月+日

 この森はおかしい、とメアリーが言い出した。
 そんなの当たり前だろと言うと、そういうことじゃないと何時になく真剣な声で言った。
 なんでも、ここに居る馬鹿でかい猛獣たちは、本来ならカームベルトって所にある島に生息する化け物で、最弱の海と言われる東の海に居る筈がない。
 海軍が気が付けば駆除しに来るレベル……らしい。
 ……なんでこいつがそんなこと知っているんだろう。
 そして、それとまともに戦えているオレもおかしいらしい。
 思わずお前が言うなと叫んでしまった。

 というか、おかしいのは今更だろと思うオレは手遅れなのだろうか。


 ○月$日

 原因は親父だった。
 何でも、オレを鍛えるためにメアリーが言っていた島から何体か密漁して来たとのこと。
 さらっと生態系壊してやがった。
 海軍には内緒にな? とウインクした時は本当にイラっと来た。

 しかし聞きたいことがあったオレはグッと堪えて、オレの体の異常性について聞いてみた。すると親父はあっけらかんと「知らん」と一言。
 ただ、母さんも生まれつき体が丈夫だったらしくその辺が遺伝しているんじゃないか? と言っていた。いや、オレの母さん一体何者だよ……。


 ○月・日

 最近、メアリーがオレの事を妙なニックネームで呼び始めた。森に放り込まれた時くらいだろうか? 何度オレの名前はジョットだと言ってもニックネームで呼んでくる。相変わらず変な奴だ。

 それと親父がオレを洗脳しようとしてくる。昨日オレが言った海軍入隊発言が原因らしい。
 海軍は正義正義うるさいぞーとか。その点海賊は自由で良いぞーって。息子に犯罪を薦めんなよ……。

 しかし、将来何になるのかは決めておいた方が良いのは確かだ。
 オレが現在行っている訓練は、親父が立派な海賊にしようとして始まったことだ。そんな他人に強制させられても成果が出る筈もない。親父の反応を見れば一目瞭然。
 人は、何かを目指して努力して初めて本気になれる。
 せっかくの二度目の人生だ。オレも何か夢を探すか。


 ○月<日

 今日は親父に客が来た。珍しく酒に酔っておらず、いつものヘラヘラした態度は何処に行ったのかビシッとしている。服装も黒いスーツだ。
 一体だれが来るのだろうかと思っていると、やって来たのは麦わら帽子を被った男と複数人の男達だった。というか海賊だった。名前は確か、シャンクスだったか? どこかで聞いたことがある気がする。多分新聞で見た気がするから、名の通った海賊なのだろう。オレん家新聞取っていないから情報が曖昧だ。今度親父に契約して貰うように頼んでみるか。隣の島でいちいち買うのもめんどいし。古いし。

 シャンクスたちは何処か呑気な海賊だった。それと子ども好きだった。オレの事をチビ助と呼びからかってくる。それを見た親父が「オレの息子があのシャンクスさんにチビ助って呼ばれてる……!」って号泣してキモかった。
 メアリーは大人の男の人が怖いのか、シャンクスたちから離れていた。物陰からチラチラと見ていたが普通に気が付かれていると思う。

 それと、親父がシャンクスに何か誘われていた。凄い喜んでいたけど、どうやらオレ達の世話をしないといけないからって断っていた。……世話?
 しかし断られたシャンクスは気にした様子もなく、二泊三日くらいここで泊まらせてくれと言ってきた。親父はそれを泣いて喜んで引き受けて、何処に隠してたのか高級そうな酒を取りに何処かへ行った。
 それを見たシャンクスは「相変わらずだな、アイツ」と呟いていた。昔からああなんかい。

 その後の宴会は楽しかった。子ども子どもとからかってくるのには、少しイラっとしたが。
 それとメアリーのせいでオレの妙なニックネームが広まった。意味も分からず面白半分に呼んで来やがる。訂正させるのはもう諦めた。


 ○月>日

 シャンクスやべえ。親父くらい強い。
 いや、強いというのは悪魔の実の力で分かっていたんだけど、あそこまで強いとは思わなかった。
 特に最後のあのカウンター。オレが唯一惜しいと思えた一撃を迎え撃ったあの「ドクンッ」てくる奴。一瞬空間が震えたんじゃないかと思った。いや、多分震えていたと思う。
 今も少し鳥肌が立っている。親父もそうだったのか、引き攣った笑みを浮かべていた。

 そう言えば、シャンクスに妙なことを聞かれたな。生まれた場所だったり、オレのフルネームだったり。オレがフルネームを答えると途端に驚いて、親父を連れてどっか行った。
 というか、オレってこの東の海(イーストブルー)出身じゃなかったんだな。いや、生まれてそう時間が経たないうちにこの海に来たらしいけど。親父が言うには、かなり遠くて行くにも一苦労だとか。よく分からん。

 それはそうと、メアリーは何時になったら起きるんだ? シャンクスとオレの戦闘を見たいって言って見学したのはこいつなのに、途中で寝やがって。


 ○月!日

 今日、シャンクスに人生相談をした。海賊のシャンクスに。
 普通なら海賊に人生相談なぞしないが……シャンクスという男の存在は、オレの狭い世界を吹き飛ばせた。
 親父が言っていた海賊は自由。やりたい事をやりたいようにできる。そして、冒険の数々。
 空の果てにある黄金郷。深海にある魚人と人魚の楽園。一面砂だらけの国。一年中振り続ける雪国。そして、最後に辿り着く――ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)がある伝説の島。年甲斐もなく……っていうのはちょっとおかしいが、シャンクスから聞いた冒険話は心底震えた。
 一緒に聞いていたメアリーもそうだったのか、興奮を抑えられない様子だった。

 それはオレも同じだった。それこそ行ってみたいと思えるほどに。
 この世界に生まれて……いや、前世合わせて初めての感覚だ。
 この命、この人生を賭けて冒険をし、終着点にあるひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を手に入れたい――海賊王になりたい。

 親父が言っていた事が今なら良く分かる。
 オレも海賊になりたい!


 ○月?日

 出港際にシャンクスに「将来オレの船に乗らないか?」と誘われた。すると、言われた当人であるオレではなく、親父とメアリーが叫び驚いていた。
 でも断った。シャンクスは強い。彼の下に居れば安全に冒険だけをできるだろう。だが、オレはシャンクスから聞いた話みたいに自分の力で……自分の仲間たちと冒険をしたいと思った。だから断った。
 するとシャンクスは笑って「なら、これからライバルだな。新世界で会おう」と一言残して去って行った。
 ……親父じゃないけど、カッコよかったな。オレもいつか、ああいう男になりたいものだ。

 そのためにも海賊になるために力と知識を付けないとな。親父もメアリーも協力してくれるらしいし。

 ――待っていてくれシャンクス。すぐに追いついてやる。


 ○月A日

 『吐き』じゃなくて『覇気』なのね。どういう勘違いしてんだオレは。
 穴があったら入りたい。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。