うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる   作:madamu
<< 前の話 次の話 >>

10 / 96
司波深雪はいない

 

カフェでは即席の立食お茶会になった。

残念なことに司波深雪はいない。北山雫と光井ほのかはいる。

う~んおじさんとしては家庭的な感じのする光井さんの方が好みやわ~。

ただ、依存的になる設定だっけか?そんなのあったよね?

 

「え、双子なの?」

「そう、二卵性の。A組の司波深雪が姉?妹?になるよ」

相変わらず雪光ガールズに囲まれた美少年はさらっと教えてくれる。

回りからは「やっぱり・・・」「似てるよね~」と声が上がる。

「そんなにそっくり?」と横にいるモーリーに聞いてみる。

「司波さんは物凄く綺麗な人で、そっくりだ」

ちょっと顔が赤くなっているな、モーリーよ。

 

「うん、子供の頃に洋服交換したら見分けがつかないくらいだったよ。今は僕の方が少し背高いから見分けがつくし」

俺、モーリー、雪光は大体同じくらい。同年代の平均身長から少し低い。

よし小動物男子トリオで行こう!と言ったらモーリーに「え!」と言われるし

雪光ガールズからは嫌な顔された。

 

「アラタは家族は?」

「一人っ子」

いや、ほんとは妹、妹、弟の3人と、姪甥が4人おります。

 

そんな感じで各自の家族構成とか、モーリーは実家がボディガード業と説明したり、当たり障りのない話を行った。

雪光から司波達也の話になったが

「実技は微妙だけど、筆記は抜群だった。魔工師志望でCADにも詳しい」と言う話を振ってきた。

 

女子から「やっぱり、雪光君に似てるの~?」という質問に

「いや僕と言うか…光夜みたいな感じ。ぶっきら棒な感じは無いけど」

と光夜の名前が出ると、光夜が近づいてきた。お前、お茶会でもボッチだったのか。

 

「呼んだか」

恐ろしく響く美声にうっとりしそうになるが、イケメン美声のボッチと思うと

おじさん、こいつの将来が心配になる。

「いや、二科生の雪光の兄貴がお前に似てるんだと」

「もう少し社交的だけど」

光夜に説明してやると、雪光がぶっこんできた。

そこに光夜は「覚えていろ~」と視線を雪光に送っている。

どうせあとで秘匿回線で連絡取り合うんだろ。

 

「でもでも、司波君のお兄さん、二科生で筆記抜群だったんですよね?入試だとどのくらいの点数だったんですかね?」

間を取り持つように光井さんがフォローをしてくれた。

やっぱり君はいい子だ!

 

「満点だ」

光夜が一言で返す。お前!もう少し、話題が広がるような言い方しろよ!効率重視か!

周りが黙り込む。お前ホントに!ボッチボッチ!四葉のボッチ!

 

「え、あの試験を」

驚きを隠さないのがモーリーのいいところだ。

「ああ、二科生と言ってもある側面では一科生以上だ。あまり一科生だからと言って偉ぶれる理由にもならん」

光夜はモーリーの目を見ながら、釘を刺す様に言ってきた。

 

やっぱりお前転生者だろ。

 

魔法科高校の劣等生で序盤も序盤で有名なのが「森崎くんクイックドロー事件」である。

これにより司波達也は北山雫と光井ほのかの知己を得、

さらには生徒会長&風紀委員長とも面識を得る。

 

原作ではクイックドロー事件時点で二科生差別意識のあったモーリーだった。

このタイミングでその事件を見越したようにモーリーに釘を刺す言い回しは

やはりこいつは転生者。

 

「で、モーリー。お前はどうだったのよ。入試は」と話題を各自の入試の話に切り替えた。

不承不承、モーリーが入試結果の話をすると意外と好成績なことに周りが驚く。

モーリーお前頑張ったんだな。

あまり成績が振るわなかった俺としてはちょっと尊敬しちゃう。

 

話をまとめると入試成績に関しては

 

総合首席:ボッチ

総合次席:司波深雪

だったらしい。

 

筆記(理論)だと

首席:ボッチ

  同:司波達也

次席:司波深雪

 

実技になると

首席:ボッチ

同:司波深雪

次席:藤林奏

同:司波雪光

 

らしい。

 

あー、お前らやっぱり転生者だろ。

 

雪光は筆記だと深雪のすぐ下で、筆記も総合も三位につけているらしい。

「へー凄いね」とひょいと現れたのが実技次席のカナデだ。

「カナデは筆記どうだった?」

「あたし、まあまあ。アラタは…もしかしてギリ?」

とカナデは意地悪な笑いを向けてくる。

 

美貌、愛嬌、ちょっと意地悪な性格。こりゃ男子にモテますよ!響子さん!

「聴いて驚け。普通だ」

「何だ。モーリーに絡むから結構できる方だと思ったのに」

カナデまでモーリーと呼び出したか。

まんざらでもない顔しているモーリーを見ると、モーリー面食いだな。

 

「いいの。俺の伸びしろはデカいから。卒業までには総合TOP10には入るよ」

「言うわね~」

まあ、来年の今頃は作戦終了として転校するんですけどね。

 

 

 




修正前
「そう、一卵性の。A組の司波深雪が姉?妹?になるよ」

修正後
「そう、二卵性の。A組の司波深雪が姉?妹?になるよ」







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。