うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる   作:madamu
<< 前の話 次の話 >>

101 / 111
【幻】2096年9月1日

2096年8月25日

川村エカテリーナ、奈良の九島本家で藤林奏と会う。

七草家連絡官の名倉三郎が大阪の国防軍オフィスでかつての同僚と出会う。

息災である旨確認するが「東京に戻りたい」と言われる。

 

2096年8月27日

九島家から外務省への亡命外国人の処遇に対して質問状が出される。

川村エカテリーナの父が公安から開放される。

 

2096年8月30日

西日本民間魔法師連絡会と旧第九研究所出身の九鬼家と交渉のテーブルを持つ。

十文字家の連絡官として十山家が指名される。これは十文字家ではなく国防軍からの指名となった。

USNA大使館に職員が増加される。また大阪のUSNA領事館に日系臨時職員「T・シヴァ」が本国から到着する。

 

2096年9月1日

魔法科高校第一高校 始業式 九校戦総合優勝を在校生に報告。

相馬新の休学が生徒会に通達される。

10月1日の生徒会選挙に向けて選挙管理委員会が発足。

各家の連絡官がUSNAの独自の動きを各家当主に報告。

 

2096年9月3日

奈良の病院から交通事故で死亡した遺体が消失する

 

2096年9月4日

司波達也から四葉光夜、司波雪光、藤林奏にミサイル事件について詳細な説明が行われる。

佐伯少将に奈良の病院について顧傑の仕掛けであることが報告される。証拠として病院付近でのサイオンレコーダーが提出される。

 

2096年9月5日

転生者会議(四葉光夜、司波雪光、藤林奏、黒城兵介、川村エカテリーナ)が行われ、今後の行動を話し合う

 

2096年9月6日

奈良の病院から消失した遺体が新大阪港で発見される。発見現場は「怪獣が暴れたような」状況であったと報道される

港湾職員が「魔法師同士の戦闘を見た」と証言するもサイオンレコーダーには記録が無かった。

 

2096年9月7日

USNA領事館のT・シヴァが早朝に高校生と思われる少年と喫茶店で会談。

正午にUSNA領事館から大使館へ秘匿回線で「顧傑の協力者」の存在を示唆する。

 

2096年9月9日

東西EU、USNAが「顧傑逮捕」協力を申し出る。USNA大使館から駐在武官が大阪入りする。

深夜に大阪のホテル街で街中を走り回る外国人男性と、日本人と思われる複数の男女が目撃される。

 

2096年9月10日

大阪市街地で乱闘事件。乱闘現場で1週間前に失踪届が出されていた複数人が遺体として発見される。

大阪郊外で前世紀の爆弾が発見され、国防軍は爆弾処理に出動する。

合わせて大阪市街地を囲むように検問が実施される。

 

2096年9月11日

大阪市街地にあるカジノ施設にて火災の通報があり消防が出動。高校生の悪戯と判明。

大阪の違法組織の顔役であり、火災通報のあったカジノオーナーである通称「マダム・キャンサー」が引退を表明。

「マダム・キャンサー」配下の11人が打撲、骨折等で入院。

「マダム・キャンサー」は「もう二度とあの餓鬼とは会いたくない」と震えながら発言。

 

2096年9月14日

前日のカジノ火災通報を受けてなのか、消防と自治体主導で繁華街の消防点検が抜き打ちで行われる。

その際、在留許可を持たない不法入国の外国人が44名摘発される。

また簡易宿泊所で3名の行方不明者の遺体が発見される。

 

2096年9月16日

大阪の地下街で突発的なテロ対策訓練が行われる。メディア発表では「銃火器を装備した国防軍まで参加するのはやり過ぎでは」という論調。実際に魔法師が魔法行使しての訓練で、地下街の一部店舗の商品が破壊される。

22時頃に繁華街の裏通りで空中に浮く男性と魔法師の少年の戦闘が目撃される。ただしサイオンセンサーに反応はない。

 

2096年9月17日

九鬼家の仲介で奈良、和歌山での西日本民間魔法師連絡会と近畿林業組合との業務提携が決定する。

国防軍から前日の訓練について「理解を得られるよう周知が足りなかった」と謝罪ともとれるコメントが出る。

連日の大阪市周辺の事件に対して、警察は対策本部を設置。在日外国人の対応窓口として外務省から数名が対策本部に席を置く。千葉寿和も大阪入りをするが、なぜか即日東京に呼び戻される。

 

 

「だからさ、タッちゃんよ。奴らの現在位置は大阪市内と判断できるんだよ」

「タッちゃんと呼ぶな!だがな、検問のすり抜けなぞ簡単だぞ」

「今回の検問には九島経由で古式魔法師が網を張っているから、現代魔法的なアプローチでの幻惑は見破れるし、大陸系の古式魔法だとビンビンに引っかかるから検問的にはこっちが上。空間移動に関しても、ほらカチューシャの親父さんが対応してくれたじゃん。それに『シバタツヤ』がここにいる。あいつは君を狙ってるからここから離れないだろうし」

「じゃあ、あの【ドクター不思議】気取りとジード・ヘイグはどこにいるんだ!?」

「そりゃね、探すのよ。俺と君で。足を使って」

「くっそ!エディ・マーフィーの48時間か!?」

「年齢バレる~」

「うるさい!」

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。