うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる   作:madamu
<< 前の話 次の話 >>

21 / 112
モーリーが新人戦ね~

イェーイ!服部先輩が立ち直った。

でも、この後九校戦会場への移動時の自動車テロを解決した深雪を見て、服部先輩が凹むのは責任とれないでーす!

 

「へ~、モーリー、モノリスコード代表になったんだ」

昼休みに俺、モーリーと光夜、カナデ、レオ、エリカ、幹比古、美月で昼食をとっているとモーリーがモノリスコード新人戦内定を自慢してきた。

 

不思議なことにモーリーとレオは馬が合った。同じ戦いをした戦友として友情が芽生えた。

その流れで、あれよあれよと原作主人公組と昼食を食べるようになっていた。

超有名人の光夜に対して、レオもエリカも物怖じしない。

幹比古と美月に関して多少距離はあるが、怖がる様子はない。

あの司波達也に慣れたクラスメイトなら問題ないのだろう。

 

問題の達也、深雪、雪光は生徒会室だそうだ。

「モーリーが新人戦ね~」と実力を訝しむように笑っているのは千葉エリカだ。

「ふん、努力の賜物だ」

「今からサインの練習しそうよね」

「うっ」

エリカの茶化しに喉が詰まるのは、事実なのだろう。モーリー、サインの練習しているの?

 

今のところ九校戦に選手で内定しているのは知っている限り原作通りの面々のようだ。

ただモーリー曰く「光夜が選手になると思うんだけど、どの競技か決まってない」らしい。

 

顎に触れて少し気持ちを整理する。

 

九校戦には「電子金蚕」を利用した不正と「無頭竜」の九校戦を的にした賭博の暗躍。

そして一条とのモノリスコード新人戦の3つのイベントがある。

 

俺としては、十文字会頭と七草生徒会長に接近するために有志支援スタッフに応募して

九校戦会場に行くつもりだ。

 

原作では描写のなかったモーリーのモノリスコードの応援もしてやりたい。

あー、でも怪我するのか。う~ん、どうしよう。

 

それに横浜騒乱へ続くミラージュバットの因縁話もあるからどうにかしないと。

えっと女子選手が電子金蚕で魔法コントロールが出来なくて、担当スタッフが凹んで

担当スタッフの妹が司波達也を逆恨みだっけか。あれ?選手の妹だっけ?どっちだ?

 

他になんかあったけ?

村井大佐にも四葉と適度な距離を持つために、風間さんを間に置くの説得せねば。

司波達也と魔装大隊はホテルの一室で会うから

その時にでも面会のセッティングをおねがいしよう。そうしよう。

 

真田、柳には面識はある。いや正しくは一方的に知っている。

ほら俺、訓練時は目出し帽してるからあいつら俺の顔と名前知らないんだよね。

 

あの洋館会見から光夜も、雪光も、カナデも、達也もおとなしい。

というか普通の友達だ。

 

大亜細亜連合の動きもあるし

ここはいっちょ、友達兼諜報員としてモーリーを手助けしてやりますか。

さあ本業だ!

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。