うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる   作:madamu
<< 前の話 次の話 >>

28 / 111
三校、黒城兵介、情報

 

「ちょっとクロフィーの先輩に聞いて来る」

同部の先輩に話を聞くことを深呼吸中の須田ちゃんに告げて部屋を出る。

 

俺自身もクロフィー部だが

正直、これまで他校のクロフィー情報を意識して集めていない。

いや、筋トレ楽しくて!というかクロフィーに青春捧げるのが任務じゃないしね。

それだったら先輩に聞くのが早い。年下の先輩ちゃん教えて~。

 

というのは部屋を出るためのアリバイ作り。

 

速足で他の部屋を割り当てられているクロフィーの先輩のところに行く。

15分ばかり相談して、一緒にネット検索したがヒットせず。

 

「改めて作戦立て直ししてみます。お邪魔しました!」と退室。

先輩から「あとで会頭にも相談しろよ」と声がかかる。

 

退出後、前後左右に人のいないのを確認し俺はポケットから携帯電話を出し、電話する。

 

「三校、黒城兵介、情報」

「トラブル?」

「チームメイトのための職権乱用」

これで終了。

 

数日内に情報が来るだろう。

モノリスコードは最終日前日なので情報収集には多少だが余裕がある。

九校戦で起こり得るだろうトラブルは多分、きっと、高い可能性で光夜と雪光が対応策を準備しているはずだ。

 

特にミラージュバットで起こる事件を起因とした

「横浜騒乱」へ続く達也への逆恨みは、周公瑾にイニシアチブを与える可能性がある。

横浜騒乱は俺の知る最大で一番複雑な事件だ。

周公瑾の目的、飛行魔法の実戦投入、そして灼熱のハロウィン。

呂剛虎の確保は、あっち側、原作だと渡辺摩利ちゃんが頑張るので

確保後周公瑾に奪還されぬよう警備増強でも具申しておくか。

 

が、今は俺は俺でやらねばならん。転生者の情報収集を。

 

モーリー、須田ちゃん、すまん!今の状況を利用するよ。

チームメイトのための職権乱用と称して情報確認だ。

 

本来、潜入任務に黒城兵介の情報など無用だ。

単なる三校の生徒で十文字も七草も関係ない。あれば報告が来ている。

 

モノリスコードの試合に必要なのは使う魔法のタイプの情報だけ。

本来は、黒城兵介の選手として情報以外の個人情報は必要ない。

 

だが確認だけしておく必要がある。

 

十師族とのつながり、USNAとのつながり、大漢・大亜細亜とのつながり

原作とのつながり。

 

何かつながりがあれば転生者としての「スタンス」予想に使える。

USNAとつながりがあれば、スターズ・九島との関連を覚悟できる。

大漢ならこの後の横浜騒乱まで対処が必要かもしれない。

十師族ならまた別の予想ができる。

 

何もなければ、行き当たりばったりで対応する覚悟ができる。

「原作に絡まない出自の転生者」つまりは俺と同じ。

 

はてさて、どうなるか。最初は動揺したが動き出せばいつも通りだ。

確認、計画、行動。これである。

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。