うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる   作:madamu
<< 前の話 次の話 >>

5 / 106
目出し帽の男とお茶

入学まであと1か月ほどの昼下がり、支援課のオフィスに客が来た。

諜報機関のオフィスというと薄暗く、PCのモニターの光とデスクライトと、怪しい計器、そして皆無口で、怪しむような視線が飛び交う。

だが実際はそんなことはない。普通の企業のオフィスのようなものである。

PCはあるし、ウォーターサーバーもあるし、職員が持ち込んだ小さな観葉植物もある。

 

「魔装大隊の藤林少尉です。関少佐はいらっしゃいますでしょうか」

鈴が鳴るようなきれいな声がオフィスに響く。

藤林少尉は妖艶と言うより健康的な色気に満ちた女性だった。

職務中なので化粧はほとんどしていないが、それでも男性の視線を集めるだろう。

 

「自分が関だが」と彼女の前に立つ。

問題なのは俺は覆面をしている。諜報機関の人間なので、目出し帽をしている。決して変態趣味があるわけではない。念を押して言うが変態ではない。

面割れは生死にかかわる。藤林少尉は驚くこともなく敬礼してくる。

 

こちらも返礼する。身長は俺と同じくらいかな~。

「風間少佐より、関少佐宛てに届け物がございます。今お渡ししてよろしいでしょうか」

彼女は紙袋を差し出してきた。

 

「ああ、大丈夫だ。これからお茶飲むがいっしょにどうだ?」

風間のおっさんの入学祝いはこれだ。

件の九島の分家筋である藤林少尉との接触である。なかなか気の利いた祝いだ。

「はい、構いませんが施設内の喫茶室でしょうか」

国防本部にも一応喫茶コーナー的なものがあるが、目出し帽の男とお茶するのはいやだろう。

「いや、ここに貰い物だけどいいお茶がある。米田さん~、お湯ある?」

藤林少尉を部屋の隅にある応接兼打合せスペースである茶飲み机に案内する。

 

パーテーションで区切られておらず、本当に部屋の隅に机と椅子がある。

うちの課のベテラン事務お姉さん(俺より年上)である米田さんがお茶を持ってきてくれた。

課員が貰ってきたインド産の茶葉である。

 

藤林少尉と二言三言世間話をするが、彼女は余裕の表情だ。

こちらの質問を想定しているようだ。アニメでもこんな余裕顔してたな~。

「そういえば一校に君のご家族も入学するようで。おめでとう」

「ありがとうございます。妹の奏と言うんですがこの度入学することになりました」

ここで「なぜご存じなんですか」と聞き返さないあたり、諜報の仕事向きである。

含みのある会話ができる。なぜ101旅団に所属したんだ!

 

「少尉と同じ優秀なお嬢さんなんだろうね。

それにしても一校には他にも十師族がいて、四葉まで入って諜報屋としては仕事が増えて助かるよ」

あ、藤林少尉の鼻先が少し動いて「そら来た!」といった感じの目をしている。

「そうですね。妹と同学年に四葉がいると思うと、どんなことが起きるか心配ですわ」

こんな感じで、世間話で話を聞いていく。

15分ほど話してわかったことは

 

・藤林少尉の妹は、少尉同様に優秀で電子・ネットワーク回りだと少尉に匹敵するらしい

・件の四葉は後継者候補と思われる。少尉は面識はない

・魔装大隊の噂の特尉殿はイケメンらしい

・九島の御大は四葉の入学には笑っていたらしい

・柳大尉が合コンしたらしい

 

こんなもんである。彼女はお茶のお礼を言って帰って行った。

風間少佐からの入学祝はブレスレット型のCAD。

「甥っ子へ 勉学に励め 叔父より」のメッセージカード付だった。

 

もうすぐ入学式である。早めに行くと兄妹のイチャコラが見れるんだろうか。

 

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。