大海原に転生してスキマ妖怪   作:☆桜椛★
<< 前の話 次の話 >>

3 / 24
スキマ妖怪が海軍本部へ!そして入隊

私は数百年間住み続けた島を離れ、ガープ達が乗って来た軍艦の甲板にスキマから取り出した自作の木製の椅子3脚とテーブルを置き、ガープとクザンと一緒にお茶とお菓子を食べている。意外に美味しいガープが持って来た煎餅を食べているとガープが私のスキマについて質問してきた。

 

 

 

「それにしても紫。お前さんの使うその目ん玉だらけの妙なもんはお前さんの悪魔の実の能力か?」

 

 

「もう、これで二度目よ?私は悪魔の実の能力者じゃないわ。スキマ妖怪よ」

 

 

「じゃあそのスキマ妖怪ってのはなんなんだ?俺は聞いた事ねぇが」

 

 

 

私はお茶を飲みながらガープとクザンにどう説明しようか考える。別に言っても構わないかもしれないが、スペルカードや弾幕は兎も角、『境界を操る程度の能力』は絶対に言いたくない。これから先海軍には世話になるが、何か自分に危害を加える。または私の能力を利用しようと言うお偉いさんがいた場合すぐに海軍辞めて海賊なり賞金稼ぎなり適当になるつもりでいるからだ。

ただ種族か・・・・これが問題なのよねぇ。正直この世界に妖怪がいるとは思えないし、説明したところでクザンは兎も角ガープが解るかどうか微妙なのよ。

 

 

 

「う〜ん、そうねぇ?先ずは妖怪と呼ばれる種族については解るかしら?」

 

 

「あん?いや、知らねぇな」

 

 

「妖怪って言うのは人間が理解出来ない不可思議な現象を起こしたりする非日常、非科学的な存在の事で、私もその種族の内の1つなのよ」

 

 

 

私の簡単な説明を聞いてクザンは腕を組んで思案し、ガープは・・・・予想道理全く解らなかったのか鼻提灯を出して眠ってる。

 

 

 

「・・・・てこたぁ、紫みたいな奴が他にもいるのか?」

 

 

「まぁもう私だけかも知れないけど沢山居るわよ?人間を喰い、喰った人間の骨を自分の体に加える巨大な骸骨。体を切断され他人を同じ目に合わせようと徘徊する上半身だけの少女。水難事故で他界した霊が怨霊となり、人間を自分の仲間に引き込もうと船に水を入れる幽霊とかいるわよ?

(一応人魚とかも妖怪に含まれるけど何故かこの世界では違うみたいなのよね。精々魚と話せる程度らしいし?)」

 

 

「わぁー!!わぁー!!聞きたくねぇ!!特に最後のやつがおっかねぇ!!」

 

 

 

あらあら、流石の未来の海軍大将様もやっぱり人間ね。一部の妖怪や怨霊にビビっちゃって。

あ、因みに私の妖怪知識は生前趣味で調べたわ。紫みたいな妖怪がいるのかと思って調べてみて予想よりおっかないものばかりだったのは苦い思い出ね。

 

 

「じゃ、じゃあその・・・・紫のスキマ妖怪ってのは何をする妖怪なんだ?」

 

 

「ん〜、主に神隠しとかね」

 

 

「神隠し?」

 

 

「人間が突然行方不明になる現象の事よ。・・・・・・何私を見て石化したみたいに固まってるのよ?一応言っておくけど今のところ神隠しに遭わせてやったのは海賊だけよ?」

 

 

 

私がジト目でクザンを見てやると慌てて謝ってきた。確かに驚かせたのは悪かったけどそこまで引かれるとなんか傷付くのよね。

私が気を取り直してスキマを開いてガープの部屋にある煎餅をもう1袋取り寄せてて食べていると、海兵が1人手にアフロを乗っけて眼鏡をかけたカタツムリ・・・この世界で有名な電伝虫を乗せた台を持って駆け寄って来た。

 

 

 

「ガープ中将・・・は寝てるかクザン中将!センゴク大将から電伝虫です!なんでもそこの女性と話がしたいそうで・・・」

 

 

「ゲッ!マジか?・・・あーその、なんだ。・・・紫嬢。悪いが出てくんね?」

 

 

「何よ紫()って?まぁいいけど」

 

 

 

急に呼び方を変えたクザンを呆れ顔で見ながら私は電伝虫の受話器を手に取った。

 

 

 

「もしもし?聞こえるかしら?」

 

 

『あぁ、聞こえている。君が八雲 紫だな?私は海軍本部大将センゴクだ。話は聞いている。先ず、今まで海賊共を始末してくれて居たことに感謝する』

 

 

 

私が話し掛けると電伝虫が起き出して渋い声で話し始める。意外と面白いわねコレ。どんな原理で話しているのかしら?

 

 

 

「別に気にしなくてもいいわ。私は襲ってきた海賊を返り討ちにしただけよ」

 

 

『そうか。それで海軍に入るとの事だが、流石に少し状況が読めんのでな。こっちに来た時にでも説明してくれんか?』

 

 

「構わないわよ?でも初めての船旅だから少し楽しんでもいいかしら?」

 

 

『あぁ構わない・・・と言いたいんだがガープには早く戻って来てもらわなければ困る。予定が空いていたと言っても仕事は山程あるからな。隣で鼻提灯膨らませて寝てるんじゃないか?』

 

 

 

ONE PIECEにエスパーって居たかしら?もしかして普段からガープってこんな調子なのかしら?だとしたらセンゴク大将は・・・・・

 

 

 

「正解よ。了解したわ。すぐそこに行ってあげる」

 

 

『やっぱりか。あぁ、そうしてくれ・・・ガチャ』

 

 

 

センゴクはそんな言葉を残して電伝虫を切った。

結構苦労してるのねぇ。確か彼将来的には元帥になるんじゃなかったかしら?だとしたら胃に穴でも空きそうね。

 

 

 

「さてと、クザン?」

 

 

「ん?何だ?腹でも減ったのか?」

 

 

「貴方達にちょっとだけ神隠しを体験させてあげるわ♪」

 

 

 

私はそう言って軍艦5隻を巨大なスキマで呑み込んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

センゴクside・・・

 

 

「ふぅ・・・ガープがスカウトした女性だから無茶苦茶な性格だと思っていたが、予想より話が通じる女で良かったな」

 

 

 

私はつい先程、ガープが件の亡霊島でスカウトしたと言う女性・・・八雲 紫と言う名の人物と電伝虫で会話し終えたところだ。ガープの奴がスカウトしたと言うからてっきりガープ程ではないにしろ、それなりに濃い性格の女性だと思っていた。

だが話してみればキチンと話は通じるし、聞けば亡霊島にあった噂の財宝を一部を残して全て海軍に寄付してくれたらしいじゃないか。まぁどう言う経緯で海軍に入る事になったのかは解らなかったが、大方ガープが口止めでもしたんだろう。

 

 

 

「八雲 紫か・・・・まぁどんな女かは軍艦が帰ってくる数週間後には解るだろう」

 

 

 

私は八雲 紫について考えるのをやめ、自分の仕事に取り掛かった。だが仕事を始めて約40分後、廊下を誰かが走ってくる音が聞こえてきた。

 

 

 

「た、大将センゴク!!報告したい事が!!」

 

 

「どうした?急用じゃなければ後にしてくれないか?」

 

 

 

どうせまたどこかの海賊が問題を起こしたのだろうと机に置いていた湯呑みをとって茶を飲む。うむ、今日の茶は美味いな。

 

 

 

「20分程前!マリンフォードの沖に、亡霊島に向っていた軍艦5隻が突如出現しました!!」

 

 

「ぶふぅぅーー!!!!??ゲホッ!ゲホッ!な、何だと!?見間違いじゃないのか!!?」

 

 

「はっ!甲板に寝ているガープ中将と、何故かは不明ですがテーブルに突っ伏しているクザン中将らしき人影を確認出来ております。後1人甲板に女性が居たのですが・・その・・・少し目を離した内にガープ中将と一緒に消えました」

 

 

 

私は報告の意味が全く理解出来なかった。軍艦5隻が突如出現した!?電伝虫で話してからまだ40分程だぞ!?数週間は帰ってこれない筈だ!!女性が居たがガープと消えたとは何だ!!?

私が柄にも無く少々混乱していると私と報告しに来た海兵1人以外はいない筈の部屋から聞いたことの無い女性の声が聞こえた。

 

 

 

「直接会うのは初めてね。センゴク大将?」

 

 

「ッ!?誰だ!!?」

 

 

 

私が声がした方を見ると、先程まで誰もいなかったはずのソファーの上にイビキをかいて寝ているガープと、見た事のない服装の金髪の少女が座り、こちらに微笑んでいた。

 

 

 

「初めまして。私が八雲 紫よ。これからお世話になるわ」

 

 

 

あぁ、ガープが気に入った理由が解った気がする・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

紫side・・・

 

 

私が電伝虫での会話を終えた後、ちょっと探すのに時間がかかっちゃったけどスキマで海軍本部に移動出来たわ。まぁ、慣れていなかったからか寝ていたガープを除いて全員がスキマの中で酔っちゃったんだけどね。で、入港するのに時間が掛かりそうだったから聞こえていたかは分からなかったけどクザンに先に行く事を伝えてスキマでガープを連れてセンゴクに会いに来たのだけれど・・・

 

 

 

「ねぇ貴方・・・・大丈夫?」

 

 

「はぁぁ〜〜〜・・・・やはりガープがスカウトしたのに安心するんじゃなかった。どこか普通じゃない事ぐらいあのガープがスカウトしたのだから予想出来ただろうに・・・あぁ大丈夫だ。あの自由人について呆れていただけだ」

 

 

「そう?でも意外だわ。いきなり現れた時点でそこの海兵さんみたいに警戒すると思ったのに」

 

 

「ガープが寝ているとは言え、誘拐なんぞ出来るとは思わないからな」

 

 

 

その気になれば出来ますなんて言ったら面倒臭くなりそうだから黙っていましょう。本当にセンゴクの胃に風穴が開きそうだわ。

 

 

 

「それよりどうやって入った?ここはかなり警戒が厳重な筈だが?」

 

 

「私の能力とだけ言っておくわ。まぁ詳しくはここで寝ているガープ中将か軍艦で酔っているクザン中将にでも聞くといいわ」

 

 

「ま、そうだな。・・・・おい!!起きろガープ!!いつまで寝て居るつもりだ!!?さっさと起きろ!!!」

 

 

「ぐおぉぉ・・・・んあ?いかん、寝てしもうとった。今どこら辺かのう?」

 

 

 

センゴクに怒鳴られたガープは膨らませていた鼻提灯を破って寝惚け眼で辺りを見渡し、視界にセンゴクを捉えた。

 

 

 

「・・・・・・・・・・」

 

 

「・・・・・・・・・・」

 

 

 

2人は少しの間黙ったまま見つめ合う・・・いや、センゴクは見つめると言うより睨んでいるが正しい。そして沈黙を破ったのは・・・・

 

 

 

「・・・・・・・・なんじゃ夢か。・・・ぐおぉぉぉ・・ぐおぉぉぉ・・」

 

 

「寝るなと言ってるだろうがぁ!!!」

 

 

 

夢だと間違えて更に寝始めたガープだった。センゴクはまた怒鳴り声を上げ、拳骨のガープに拳骨を食らわせた。

 

 

 

「ハッ!?なんじゃ!?敵襲か!!?おぉ!センゴクそっくりな敵じゃのう」

 

 

「あらおはようガープ。よく眠れたかしら?」

 

 

「む!?紫か!!ほれ見ろ!あやつ儂の知り合いにそっくりじゃ!!」

 

 

「はぁ・・まだ寝惚けてるのかしら?それ本人よ?」

 

 

「・・・・おぉセンゴク!久しぶりじゃな!茶と煎餅を出せい!!」

 

 

「黙れガープ!!貴様と言う奴は!!!」

 

 

 

あらあらあら。やっぱり普通に航海した方が良かったかしら?でも私も軍艦5隻をスキマで長距離移動出来るか気になっていたのよねぇ。

紫は今にも怒り狂いそうなセンゴクと陽気に笑いながら自分がなんでセンゴクの部屋に居るのか質問するガープを口元を扇子で隠しながらクスクス笑いながら眺めていた。既に報告しに来ていた海兵は逃げ出して居る。が、今度はスキマ酔い?になっていたクザンが廊下を走ってやって来た。

 

 

 

「ゼェ・・ゼェ・・・ひでぇ目にあった。あ!紫嬢!いきなり何する・・・ってどう言う状況だこりぁ?」

 

 

「あらクザン。遅かったわね。状況は見ての通りよ?」

 

 

「見ての通りって・・・・ガープさんがセンゴクさんに茶か煎餅または両方寄越せって言って喧嘩になった感じか?」

 

 

「・・・・・・貴方本当にヒエヒエの実の能力者?」

 

 

 

私がクザンの回答が正解していることに呆れている間もガープとセンゴクの喧嘩は続き、私はクザンと一緒にスキマから取り出した湯呑みにお茶を淹れて飲み、喧嘩が治るまで待つことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

「それで?私が海軍に入る事って出来るの?今思えばガープ中将は中将って言ってもかなりの問題児みたいだし、流石に得体の知れない女性を海軍に独断で入隊させる事って出来るのかしら?」

 

 

 

喧嘩を終え、机に座ってお茶を飲んで一息ついているセンゴクに私は今更ながら質問した。

 

 

 

「あぁ、問題ない。ガープがスカウトしたから最初は不安ではあったが、話は通じるし、海賊共を始末してきた功績もある。まさか数週間はかかる道のりを数十分程度でやって来るとは思いもしなかったが、まぁ問題ないだろう。最近は海賊になる若造共が増えてきて海軍も忙しくてな。入隊希望者がいるならなるべく採用したい」

 

 

「そうなの?なら大丈夫そうね」

 

 

「まぁ何人か仕事をサボったり抜け出したりする奴がいるがな。兎も角、我々海軍は正式に君を海軍に迎えよう」

 

 

 

センゴクはそう言って私に手を差し出してきた。私は席を立ってその手を取った。・・・・が、

 

 

 

「おぉ!美味そうなおかきじゃ!おいクザン!茶を淹れい!」

 

 

「ガープ!!それは私が仕事終わりに食べようととっておいた物だぞ!!?返せ!!」

 

 

 

すぐに離れた。入る職業間違えたかもしれないわね。ONE PIECEらしく海賊になって暴れた方が良かったかしら?まぁでも信用出来そうな仲間なんてそう見つけられるとは思わないし、どの道海軍が・・・・いえ、確か世界政府って組織が裏で海軍仕切ってたんでしたっけ?原作知識があやふやだわ。どちらにせよ、私の能力を利用しようとする。もしくは私に何かしらの危害を加えるようならすぐに海軍を離れるけどね。

 

 

 

「んじゃ、これから俺はお前さんの上司で先輩だな」

 

 

「えぇそうね。じゃあよろしくお願いしますわ。クザン中将殿?」

 

 

「・・・・・紫嬢マジで数百年生きてんのか?」

 

 

「次年齢の事言ったら2年くらい神隠しに遭わすわよ?」

 

 

 

何はともあれ、私は正式に海軍に入隊した。








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。