大海原に転生してスキマ妖怪   作:☆桜椛★
<< 前の話 次の話 >>

9 / 24
スキマ妖怪の反撃と式神のお願い

深夜1時頃、月明かりが照らす海軍基地内をコソコソと走り回る影があった。その影達は先日来たばかりの補給船の前に集まり、周囲をキョロキョロ見渡した。

 

 

 

「ヘヘッ♪バカな奴らだ。海軍基地内だからって見張りが1人もいねぇ。この基地には怖い怖いおじちゃん達が居るってのにな」

 

 

「シッ!黙ってろ。誰かに見られたらどうする気だ?・・・・よし、全員集まったな?いいか?男は殺せ。女は生け捕りだ。責任者の2人をカネデカウ大佐に渡せば後は自由だ」

 

 

「ハハッ♪そりゃいいや。早く行こうぜ?」

 

 

 

30人ものカネデカウの部下の海兵達がナイフを手に補給船に乗り込んで行った。補給船とは言っても普通の軍艦並みに大きく、足音を殺して海兵達が眠っている部屋を探した。そして補給船を探索する事1時間後・・・

 

 

 

「どっっっっっこにもいねぇじゃねぇかよ!!?」

 

 

「おいどうなってんだよ!?朝からずっと見張っていたが責任者の2人が街に行って帰って来たぐらいで誰も外に出てなかっただろ!!?」

 

 

「俺が知るかよ!!この船から降りれる訳ねぇ!!どっかに隠れてるに決まってんだ!!」

 

 

 

補給船のどこを探しても海兵達の姿はどこにも無かった。全員が甲板に集まってどこにも居ない事を報告し合っている時、1人の海兵が異常に気付いた。

 

 

 

「あれ?おい、後1人はどうした?29人しか居ないぞ?」

 

 

「え?あ、あれ!?さっきまで俺の隣に居たのに!!?」

 

 

「どうせトイレかなんかだろ?早く探して見つけるぞ」

 

 

 

1人の海兵が足りないのだ。通信用の電伝虫にかけても繋がらないが、どうせトイレだろうと気にせず探索を再開しては度々集まっていた。すると1人、また1人と探索に行った海兵が戻って来ず、いつのまにか人数も12人と半分を切っていた。流石にこれだけ戻って来ないのはおかしいと海兵達はナイフを持つ手に力入れる。

 

 

 

「おい!どうなってやがんだ!?なんでどんどん仲間が消えて戻って来ないんだよ!?」

 

 

「い、いや多分トイレが混んでんだよ。絶対・・・多分・・きっと」

 

 

「うっわ滅茶苦茶頼りねぇ自信!まさかバレたんじゃねぇか!!?」

 

 

「誰も船から降りていないのにどうやってあれだけの人数が消えるんだよ!!?」

 

 

 

残った12人の海兵達は異常過ぎる事態に動揺している。計画がバレたかも知れないが、補給船からは昼頃から誰1人として降りて来ていないのを確認している為その線は低い。単独行動が危険と判断し、残ったメンバーで固まって探索していると、空き部屋に入った時に電伝虫が鳴り始めた。海兵達はビクゥと肩を竦め、どうするか話し合う。

 

 

 

プルプルプルプル、プルプルプルプル、・・・・

 

 

「お、おい。なんか電伝虫が鳴ってるぞ?出た方がいいのか?」

 

 

「こんな夜に誰が連絡して来るんだよ?絶対怪しいって!」

 

 

「そ、そうだな。罠に決まってるよな?な?」

 

 

プルプルプルプル、プルプルガチャ・・・

 

 

 

 

海兵達が出ない事を決めたちょうどその時、電伝虫の受話器が勝手に外れた。海兵達はあり得ない現象につい電伝虫を凝視した。

 

 

 

『ふふふ♪私、メリーさん。今カネデカウの海軍基地の正門前にいるの・・・』

 

 

「は、はぁ?なんだよ?何言ってんだこいつは?」

 

 

 

電伝虫から女性の声が聞こえ、そんな言葉を残して静かになった。意味不明な言葉に疑問符を浮かべる海兵達が思ったのはとりあえず1つ。

 

 

 

((((てか、自分を『さん』付けで呼ぶか?普通))))

 

 

 

と、本当にどうでもいい事だった。そんな風に思っていると、またもや電伝虫から先程と同じ女性の声が聞こえてきた。

 

 

 

『私、メリーさん。今補給船の甲板にいるの・・・』

 

 

「・・・・え?早くねぇか?てか本当になんなんだこの電伝虫?」

 

 

「き、気味が悪いから電伝虫切れよ。それよりこの電伝虫の女捕まえようぜ?もしかしたら他の奴らの場所も知ってるかもだろ?」

 

 

「そ、そうだな。さっさと行こうぜ?」

 

 

 

ガチャッと電伝虫の受話器を戻し、部屋を出ようとした。しかし何故か扉が開かず、それに慌てた海兵達を笑うように、また電伝虫が鳴り始めた。

 

 

 

プルプルプルプル、プルプルガチャ・・・

 

 

『私、メリーさん。今補給船の食堂の前にいるの・・・』

 

 

「うおい!段々近付いて来てるぞ!?何これどうなってんだ!!?」

 

 

「怖え!怖えよ!なんだこの補給船呪われてんのか!?おい!電伝虫を切れ!なんだか知らんが怖すぎる!」

 

 

 

再びかかって来た電伝虫の声に恐怖してすぐさま電伝虫を切った。しかしまた電伝虫が鳴り始め、勝手に受話器が外れる。

 

 

 

プルプルガチャ・・・

 

 

『私、メリーさん。今貴方達がいる空き部屋の前にいガチャッ』

 

 

「今すぐ扉を押えろ!早く!」

 

 

 

リーダー格の海兵が聞き終わる前に電伝虫を切り、仲間に扉を押さえるように命令する。仲間の海兵達はすぐさま扉を押え、何人かは銃を構えて扉を狙う。物音1つしない静寂。長いような短いような時間を破ったのは、またしても電伝虫だった。しかし、今度は勝手に外れる事なく鳴り続けている。リーダー格の海兵は扉を冷や汗を流して睨みながらも、恐る恐る受話器を取った。

 

 

 

プルプルプルプル、プルプルガチャ・・・

 

 

「は、はい。もしもし?・・・・」

 

 

『私、メリーさん。今・・・「貴方達の後ろにいるの」

 

 

 

突然聞こえた女性の声に海兵達が目を見開きながら振り向いた。そこには複数のスキマを開き、口元を扇子で隠してクスクス笑っている紫が立っていた。

 

 

 

「こんばんは、怖い怖いおじちゃん達?貴方達にはしばらく眠っていてもらうわ。悪くは思わないわよ?」

 

 

 

そして海兵達が最後に見たのは、足元に開き、数多の目がこちらを睨む巨大なスキマに落ちる自分達を見る美しくも恐ろしい紫の姿であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ふぅ、意外と人間が怯える姿見るのって面白いわね」

 

 

 

紫は誰もいなくなった部屋の中でクスリと笑った。実は前もって藍に式神を使わせてカネデカウの行動を監視させていたのである。その時点で海軍基地を海の藻屑に返すのもいいかなと思ったりしたが、妖怪らしく恐怖を与えようと言う紫の気まぐれでこんな大仕掛けを用意した。

先ず、部下達に説明して補給船からスキマで部下達を島の反対側に移動させて今晩だけキャンプをさせる。そして夜補給船に侵入して来た海兵達を1人づつ神隠しに遭わして、最後は電伝虫に誘われた海兵達を部屋に閉じ込めて『メリーさん』の真似をする。やってみるとコレ思ったより面白いわね。今度クザンやガープにでも仕掛けてやりましょうか?

紫がそんな事を考えていると、紫の隣にスキマが開き、お盆に電伝虫を乗せた藍が現れた。

 

 

 

「紫様。なんとかコング元帥と連絡が取れました」

 

 

「ありがとう藍。流石は私の式ね・・・もしもし?こちら紫。コング元帥聞こえるかしら?」

 

 

『あぁ、まさかこんな夜更けに連絡してくるとは思わなかったがな。話は藍に聞いた。襲撃して来た馬鹿共は生きているな?』

 

 

「えぇ、気絶しているだけよ。そっちに送る?」

 

 

『頼む、サカズキに口を割らせるように言っておこう。そしてカネデカウだが・・・・ぶっ飛ばしてしまえ。こちらから新しい指揮官を送る。それまではお前がそこの基地を管理してくれ』

 

 

「了解よ。それぐらいならどうって事ないわ。じゃあね」

 

 

 

ガチャッと紫は電伝虫に受話器を戻し、藍を見る。藍は一目で分かる程嬉しそうな顔をしており、尻尾を左右に振っている。藍から見た紫も、いつもより嬉しそうな顔でニヤリと笑っており、スキマから日傘を取り出している。

 

 

 

「さぁて藍?待ちに待った時間が来たわよ。向かって来る敵は殺さない程度に返り討ちになさい。いいわね?」

 

 

「勿論です紫様!あんな連中に手加減してやる程、私は甘くはありませんから。大佐だろうが大将だろうが倒して見せます!」

 

 

「今は大将は関係無いわね。じゃあ行きましょうか。久々に私も大暴れしてあげるわ」

 

 

 

紫と藍は互いにクスクス笑いながらスキマを開き、カネデカウの部屋の前に移動した。カネデカウの部屋の外には武装した海兵が2人おり、急に現れた2人に驚愕していた。

 

 

 

「な!?何故貴様等がここに!?他の奴等が捕らえに行った筈じゃあ?」

 

 

「て、敵襲だぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!俺達の計画がバレたぞぉぉぉぉ!!!」

 

 

 

海兵達は大慌てで近くの柱のスイッチを押した。すると基地中に警報が轟き、基地全体が騒がしくなった。しかし紫と藍は動じる事なく、むしろこの基地にそんな設備がある事を意外に思った。

 

 

 

「あらあら?警報スイッチなんかは置いていたのね。正直意外だわ」

 

 

「私もです。しかし私達相手に数はほぼ意味はありませんよね?」

 

 

「何をゴチャゴチャ言ってやがる!?大人しく捕まりやがれ!!」

 

 

 

海兵2人が紫に向けて銃を構えた。正直紫に銃弾が命中してもあまり意味をなさないのだが、2人が構えた瞬間隣にいた藍が一瞬で海兵達の間に移動し、蹴り技を放った。海兵達は銃と何故か付けていた金の鎧ごと蹴り抜かれ、鎧と銃の破片を残して通路の向こうと窓の外に消えて行った。紫は窓の外に消えて行った海兵を眺めながら藍の行動に肩を竦めた。

 

 

 

「もう、藍?私に銃弾は意味を成さないのを知っているでしょう?」

 

 

「いえ!この基地の人間共が紫様に銃を向けるなど許されません!」

 

 

 

なんか私への藍の評価が最近高い気がするのは気のせいかしら?今も有無を言わさぬ迫力があるのだけれど?

紫は口元が引きつっていたが扇子でなんとか誤魔化せた。気を取り直して紫は扉の前に立ち、日傘を構えて突きを扉にぶつけた。するともの凄い音と煙が立ち、紫と藍は中に入った。中ではカネデカウが自分の両脇をかすめて後ろの壁に突き刺さった扉の残骸に顔を青くしながらも机に座っていた。

 

 

 

「はぁい、カネデカウ大佐さん?お元気かしら?」

 

 

「お、おおおお前は!?何故ここに居る!?僕ちゃんの部下共が捕まえに行った筈だぞ!!?」

 

 

「あんな連中に捕まる程私は弱くないわよ。さて、貴方には軍法会議にかける事になってるから、大人しく捕まってもらうわよ。ちゃんとコング元帥自身から許可も貰ったわ」

 

 

 

紫のその言葉にカネデカウは狼狽えた。紫の言葉が本当ならば、自分の地位が危ういのだ。カネデカウがオロオロして居ると、破壊された扉からこの基地の海兵達が現れた。全員が豪勢な装備をした連中である。

 

 

 

「動くな!!貴様等!カネデカウ大佐に向かって無礼だぞ!!」

 

 

「カネデカウ大佐!こいつ等どうしやす?拘束して身包み剥いでやりますか?」

 

 

「お、お前達!もうこいつ等は要らない!こいつ等を殺すなりして僕ちゃんを守れ!!!」

 

 

 

紫はそんな指示を出すカネデカウに無駄なのにと溜め息を吐いた。カネデカウもあまりの状況に混乱しているのである。

 

 

 

「藍?一気にスペルカードで片付けるわよ」

 

 

「畏まりました。紫様」

 

 

「な、何かするつもりだぞ!!撃てぇ!撃てぇ!」

 

 

 

紫と藍の前に出現したカードを見て海兵達は一斉に射撃を開始した。しかし放たれた銃弾は全てスキマに呑み込まれ、消えて行った。海兵達がその光景にギョッとしている間に紫と藍の2人は同時にスペルカードを発動した。

 

 

 

「スペルカード!式神『仙狐思念』!」

 

 

「スペルカード!魍魎『二重黒死蝶』!」

 

 

 

2人がそう宣言すると、カードが光を発して弾幕を放ち出した。藍からは海兵達狙いで放った大弾を放ち、しばらく進むと花火の様に黄色と緑の鱗弾になって拡散して海兵達を襲う弾幕を、紫からは藍に当たらない様に計算されて四方八方に放たれた赤と青の蝶々型の弾幕が互いに交差する様に回りながら海兵達を襲う弾幕が放たれた。海兵達は初めて見る弾幕に不用意に触れ、吹き飛ばされて気絶する。カネデカウは2人の弾幕を同時に喰らい、壁を突き抜ける勢いで吹き飛ばされて行った。紫と藍はそれを見送る。

 

 

 

「思ったよりはるかに呆気ないわねぇ?私の予想はここでは通じないのかしら?」

 

 

「それでも頭は潰しました。後は・・・」

 

 

 

藍はそう言いながら振り返り、こちらを怯えた目で見る海兵達を睨む。紫のスキマに消えたと言っても、紫と自分に銃を向けて撃ったのだ。藍の逆鱗に触れたのだろう。

 

 

 

「この愚か者共の排除ですね。紫様、ここは私がやってもよろしいですか?」

 

 

「そうねぇ・・・・1、いえ2時間ね。それで終わらせなさい。それまでは自由にやっていいわ」

 

 

「ありがとうございます紫様。では・・・・覚悟は出来ているな人間?紫様に銃を向け撃つとは万死に値する!生きて帰れると思うな!!」

 

 

「「「「「ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」」」」」

 

 

 

藍が猛スピードで走り出し、海兵達は悲鳴を上げて散り散りに逃げて行く。それから2時間もの間、基地中に光り輝く鮮やかな弾幕とレーザーがあちこちで放たれ、カネデカウに忠実に従っていた海兵達の悲鳴が島中に響き渡った。

 

 

 

 

 

 

 

 

数日後、海軍基地は紫と藍の手によって本来の基地らしい基地になっていた。金品や無駄な装飾、銅像を全て撤去し、ボロボロだった海兵達に衣服と食料とちゃんとした武器を与えた。町にも行って挨拶と謝罪を行い、今では町に少しずつ活気が戻って行っている。カネデカウ達は基地の地下牢に閉じ込めている。今も「金は幾らでも出すから僕ちゃんを助けろ」と言っているらしい。

 

 

 

「ふぅ、基地の責任者って大変ねぇ。次は町の破壊された家の修復の件ね?」

 

 

 

紫は新しい責任者が本部から来るまで臨時の責任者としてまともになった執務室で書類を整理していた。カネデカウは予想通り仕事を殆どしておらず、やらなければならない書類が溜まりまくっていた。しばらく筆を走らせていると、次々と書類を片付けて行く紫いる執務室の扉が叩かれ、少し緊張した様子の藍が入って来た。

 

 

 

「あら?藍どうしたの?そんな緊張した顔をして?」

 

 

「紫様・・・実はお願いがあります」

 

 

 

紫はいつになく真剣な表情の藍を見て自分も気を引き締め、藍を真正面に見据えた。

 

 

 

「どうしたの藍?何か頼み事かしら?」

 

 

「はい。じ、実はですね・・・・」

 

 

 

藍は深呼吸してからスキマを開き、中から黒い毛をした何かを両手で抱えて紫の目の前に出した。

 

 

 

「こ、この子を・・・飼ってもよろしいでしょうか!?」

 

 

ニャ?ニャ〜〜♪

 

 

「え?・・・・・・化け猫(・・・)?」

 

 

 

藍が目を瞑って勢いよく紫に見せた黒い毛の塊は、1匹の黒い猫だった。しかし普通の黒猫ではなく、尻尾が2本生え、妖力を持った化け猫であった。




どうも皆様。☆桜椛★でございます。
実は我慢出来ずに他の作品を投稿してしまいました。出来ればもう1つだけ出す予定ですが、この作品と『七曜の転生者と魔法学校』を書いた時に出来る空き時間に書いていく為、投稿ペースはあまり変わりませんので新しい作品を書く事をお許し下さいませ。







感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。