永夢「『仮面ライダーエグゼイド』の二号ライダーは誰なんですか?」   作:ぽかんむ

1 / 1
永夢「『仮面ライダーエグゼイド』の二号ライダーは誰なんですか?」

飛彩「下らんことを聞くな。二番目に登場した俺以外に考えられないだろ」

 

貴利矢「そうもいかないんだよね。例えば『仮面ライダーブレイド』では三番目に登場したカリスが、二号ライダーとして扱われているぜ」

 

ニコ「公式は二号ライダーの定義を『主人公と表裏に当たるライバルキャラ』とされているね」

 

ポッピー「つまり初めは敵対していないといけないのね」

 

黎斗「鏡先生。あなたは確かに、永夢と何度も意見を違わせていましたが、それは敵対関係なのでしょうか? また、ライバルキャラというのは絶対に当てはまりませんね」

 

大我「つまり真の二号ライダーは俺ということだな。俺は序盤、敵役として番組を盛り上げた。そして中盤以降、味方側で前線に立ち続けたからな」

 

飛彩「だが二号ライダーには強さも求められる。例えばスペクターは、作中二番目の戦力。サブライダーの中で一番強いのは俺だ」

 

大我「イクサなどの例外もある。それに俺のクロノスを忘れていねぇか?」

 

パラド「ダメダメ。お前は別に永夢に因縁があった訳じゃないだろ? しかも仲間になったあと、お前が永夢の相棒になったわけじゃない」

 

ポッピー「そうだよ! だって真の二号ライダーは私なんだから!」

 

ニコ「それはない」

 

ポッピー「『仮面ライダーカブト』のガタックは作中五番目に登場した仮面ライダーでありながら、現在では二号ライダーとして扱われているよ! なんでかって言うと、ガタックに変身する加賀美新が1話から登場してたからだね」

 

大我「なるほど......確かにエグゼイドの隣にはいつもポッピーピポパポがいたな」

 

飛彩「だがな、二号ライダーには商業的な思惑も含まれることがある。つまり二番目に関連商品を売りたいキャラクターこそ、真の二号ライダーということだ。仮面ライダーポッピーはそんなに商品を発売してない」

 

黎斗「従って『仮面ライダーエグゼイド』の二号ライダーは私だ!」

 

ポッピー「確かに! 永夢を除けば恐らく商品数最大だよ!」

 

永夢「僕(主人公)と因縁は?」

 

黎斗「ある!」

 

大我「エグゼイドのライバルか?」

 

黎斗「そうだ!」

 

貴利矢「ライダー全員に対する懺悔は?」

 

黎斗「許しを乞うつもりなどない!」

 

パラド「俺は謝ったぜ。果たして、利害の一致から共闘したに過ぎないお前に、二号ライダーの資格はあるか?」

 

黎斗「『仮面ライダー鎧武』のバロンがいる!」

 

パラド「なんだと!?」

 

ポッピー「本当に黎斗が二号ライダーなの!?」

 

黎斗「『エグゼイド』で一番人気の私こそ神であり、二号ライダーだ!」

 

永夢「本当なんですか? 公式さん!」

 

公式「『エグゼイド』の二号ライダーは仮面ライダーブレイブです」

 

黎斗「......」

 

飛彩「と......当然だ。時間の無駄だったな」

 

ニコ「なんだったの? これ」




お読みいただきありがとうございました




感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。