沈め掻臥せ戦禍の沼に   作:皇我リキ
<< 前の話 次の話 >>

7 / 9
百より多い星々を見て

 青年が身体を起こすと、身体を包んでいた毛布がズレて一瞬肌寒さを感じる。

 

 

 季節的に寒冷期という訳ではないが、自らが全裸なのを確認して納得した。

 隣で同じベッドに横たわる、青年と同じ格好(生まれたままの姿)の自らの妻。昨晩は張り切り過ぎた、と反省する。

 

 

 起き上がって彼女に毛布を掛けると、青年は朝食の準備を始めた。

 

 

 ハンター稼業を担う青年は朝も強く、簡単な料理ならお手の物である。

 ガーグァの卵とモスの肉を使ったベーコンをそれぞれ別の火で炙り、先に焼いてからバターを少量塗り込んだパンの上に乗せた。

 

 香ばしい香りが部屋中に広がり、目をこすりながら一人の女性が歩いてくる。

 女性というにはまだあどけない表情の残る、黒髪の彼女は「ごめん、寝てたぁ……」と欠伸をしながら席に着いた。

 

 

「おはよう、シータ。なんならもう少し寝てても良かったんだぜ?」

「パンが冷めちゃうよ」

「それもそうか。ほらよ、熱い内に食べな」

 青年はシータと呼ばれた女性が座った席の前に、出来立てのサンドイッチを並べる。

 

「ジャンも食べる?」

「勿論」

 準備が終わるとジャンと呼ばれた青年も彼女の前に座って、自分で作ったサンドイッチを口の中に放り込んだ。

 

 焼き加減の良いパンに挟まれた半熟の卵がベーコンに絡まって、口の中で混ざっていく。

 この焼き加減こそ、ハンターをやったいたから身に付いたものだと自賛した。生肉を肉焼き機で転がしながら焼くあの感覚を思い出す。

 

 

 ハンターをやっていると、家族との時間は大幅に減る事が多い。

 

 狩り場が住居から遠かったり、狩りが長引けば数日───長くて数週間家を開ける事も多々あった。

 

 

 

 だからか、こんな当たり前のような生活も二人にとってはかけがえのないものである。

 

 離れている時間はそうでもない。

 しかし、一番怖いのは離れてから二度と会えなくなってしまう事だ。

 

 モンスターと対峙すれば、人間の命なんて小さなものである。それを知らない者は、この世界では少数派だ。

 

 

 

「今日はどうする? イアンが帰って来るまで、俺は狩りに出るつもりはないけど」

「お買い物、行きたいなって。……うーん、それにしてもお兄ちゃん古龍の調査に行ったんだよね? 心配じゃないの?」

 彼の言うイアン───イアン・ジスティはジャンの仕事(ハンター)の相棒でもあり、シータの実の兄でもある。

 

 ジャンの話では、ドンドルマで揉め事に巻き込まれて、何故か古龍の調査に向かわされたという話だ。

 ハンターの事は良く分からないが、彼女は古龍という存在を知っている。それこそ物心が付いていないか付いているかといった歳の話だが、目の前で牙を見せる龍を見た事があったのだ。

 

 

 思い出すと少しだが身体が震える。今でこそその程度だが、あの時の恐怖が完全に消える事だけは一生ありえない。

 

 他のモンスターと関わった事がない事もあり、シータの中で古龍はそれ程までに恐ろしい相手であった。

 

 

 

「古龍っていっても、テオ・テスカトルみたいに人を襲うモンスターじゃないって話だぜ。……そうだな、ラオシャンロンって知ってるか?」

「えーと、そこの渓谷を通っていったモンスターだよね?」

 彼女達の住む町は、ドンドルマから伸びる渓谷の直ぐ傍に位置している。

 その渓谷は老山龍───ラオシャンロンを砦まで誘導する為の人工的な渓谷で、今はこの町からドンドルマへの近道として度々人が通る道となっていた。

 

 

 ラオシャンロンは周期的に姿を現し、ドンドルマを襲撃する。

 

 その対策の為に、迎撃設備の整った砦への誘導の道として作られたのがその渓谷だった。

 しかしこの町はその渓谷の入り口付近に位置する町で、ラオシャンロンが出没した時は緊急事態宣言が出されたのも記録には新しい。

 

 

 大勢のハンターがラオシャンロンを町に近付けないように攻撃したと聞いている。

 それこそ数十年前の話で、ジャン達はおろかシータも見た事もないのだが。

 

 

 

「その手のモンスターと同じだろ。あそこまでデカイと、人間なんて気にしないって話だしな」

「……だと、良いけど」

 心配気なシータを、ジャンは正面から抱き寄せた。

 そうして唇を短く交わすと、青年は彼女の頭を優しく撫でる。

 

 

「イアンの強さは俺が一番知ってる。アイツなら大丈夫だって」

「ご、ごめんねジャン。私ジャンの前でお兄ちゃんの事ばっかり」

「バーカ。アイツは俺の兄さんみたいなものでもあるだろ? まぁ、俺も心配っちゃ心配だがな」

 ジャンのその言葉に、シータは軽く頭を横に傾けた。強さを知っているのに、やはり心配なのだろうかと思ってしまう。

 

 

「アイツもそろそろ想い人を作った方が良い。妹に心配されてるんじゃ、ダメだろ」

「あっはは。それは否定出来ないや」

「だろ?」

 二人がそう言って笑いあっていると、玄関を叩く音が聞こえた。

 

 イアンが調査に出かけたのは前日の事である。もしかしたら、噂をすれば町に帰ってきていて、ついでに家に寄ってきたのかもしれない。

 そんな事を想いながら、ジャンは家の扉を開けたが視界に人影が映る事はなかった。

 

 

 拍子抜けしたジャンの足元で、一人の獣人族───アイルーが何やら手紙を持ち上げている。

 

 

「ギルドからお届けですニャ」

 横に垂れた耳と、毛並みの良い尻尾が特徴的な獣人族の郵便屋さん。

 ギルドから各地のハンター等に手形を配る仕事をしている彼は、昨日の夜からドンドルマや周辺地域のハンターに手紙を配っているからか表情が若干やつれていた。

 

 

「おう、ご苦労さん。ありがとな」

「それでは失礼しますニャ」

 挨拶を済ませて、アイルーは次の目的地へと歩いていく。だいぶ働き詰めなのだろう、少しフラつく足取りを心配しながらもジャンはギルドからの手紙を乱暴に開封した。

 

 

「どうかしたの?」

 シータのそんな言葉に手で待ったをかけて、ジャンは手紙の内容を読み漁る。

 一瞬顔色を悪くしたかと思えば直ぐに表情を引き戻し、かと思えば片手で頭を抑えた後、髪を乱雑に掻いた。

 

 

「調査に出たパーティ。イアンのパーティで、えーと……イアンじゃない奴が死んだらしい。で、調査の結果ドンドルマ───いや、この町にその古龍が近付いてる」

「嘘……」

 ラオシャンロンのような巨大なモンスターは、歩くだけでも人の住む町に多大な被害をもたらす。

 そんなものが町に近付いてきているというのだ。シータが不安に駆られるのも当たり前である。

 

 

「とりあえず、ドンドルマに戻ってイアンの無事を確認してくるか。どのみち防衛戦になるなら、参加するしかないしな」

「あ、相手は古龍なんだよ?!」

 シータの脳裏に映るのは、いつか火炎の中で兄妹に牙を剥いた赤い龍だった。

 

 

 全てを灰に変える炎の龍。

 あの時の恐怖や、挑んだ百人のハンターが殆ど命を落としたという事実が頭を過る。

 

 

「テオ・テスカトル程恐ろしいモンスターじゃないさ。勿論、ラオシャンロンの防衛戦でも沢山の人が死んでるから油断はしないけどな」

 そう言ってジャンはシータをもう一度抱き寄せた。

 

 心配そうに彼の服を握る彼女の頭を、優しく撫でる。

 

 

「まぁ、なんだ。とにかく今はイアンが心配だから行ってくる。入れ違いになるかもしれないが、その時は待ってるように言っておいてくれ」

 そう言いってから踵を返して、ジャンは急いで荷物の整理を整え始めた。

 

 約束の買い物はお預けだろう。これだからハンターはなんて思う事もあるが、そんなジャンを誇りにも思うのだった。

 

 

「どのみち防衛戦って事はこの町に戻ってくるだろうし、とりあえずは心配するな。何かあったらまた連絡する」

 逞しい身体を防具に包み込み、入り口付近に立て掛けてある身の丈程の太刀を背負うジャン。

 その姿は先程まで調理をしていた姿とは見違える姿で、自然と表情も引き締まる。

 

「うん、分か───」

 彼女の口を塞いだのは、彼の唇だった。

 

 

 今度は深く、舌を絡める。

 硬い防具にしがみ付いて、それでも感じる彼の温もりを身体いっぱいに感じ取った。

 

 

「よし、行ってくる」

「うん、行ってらっしゃい」

 お互いに離れると、再び短い挨拶を交わして青年は彼女に背を向けながら片手を挙げる。

 太刀の柄が扉に当たって青年が転びそうになるのを後ろで微笑みながら、彼女もまた片手を上げた。

 

 

 

 

 行ってらっしゃい、私の英雄さん。

 

 

 

 

   ☆ ☆ ☆

 

 時間は前日の夜に巻き戻る。

 

 

 ドンドルマに戻ってきた気球船の着陸を二人の男が下から見守っていた。

 気球船が降り立つと、その内の一人が船に向かって歩いていく。

 

 もう一人はただ暗くなった空を見上げて、無意味に星の数を数えていた。

 九十九個目の星を数えた所で、男は溜息を漏らす。

 

 

「言伝は聞いている。……残念だった。そして、すまない」

 船に向かった男───ギルドナイトのコーラルは、船から出て来た三人のハンターに向かってそう言って頭を下げた。

 

 行きよりも搭乗人数の一人減った船。

 凶報は彼等がドンドルマに辿り着く前に、伝書によって伝わっている。

 

 

「謝る事な───」

「そうだ、テメェがアーツ兄さんを殺したんだ!」

 レイラの声を遮ったのは、凶報の主の弟───ニーツ・パブリックだった。

 

 コーラルの胸ぐらを掴んだニーツは、片手を振り上げる。

 それをイアンとレイラが必死に止めるが、コーラルはなんの抵抗もしなかった。

 

 

「殴りたければ、それで君の気がすむなら殴りたまえ。勿論、この事で君を咎める事はしない。君の気がすむまで殴りたまえ。……命に代えて我々を先に進ませようとしてくれた英雄の代わりに、私を殴りたまえ」

「───て……テメェ」

 コーラルの言葉に瞳を見開き、しかしニーツは動きを止める。

 

 

 彼の目に映ったのは、星を数え終えたもう一人の男だった。

 

 

「アンタは……っ!」

「……父さん」

 アーツとレイラがそう呟く。驚いたイアンの視界に映る、赤髪の男。

 

 

 

 たった一人の英雄───ケイド・バルバルス。

 

 

「お前の兄貴は英雄になった」

「ち、違う……っ! 兄貴は……っ!」

 ケイドの言葉をニーツは否定しようとした。しかし、言葉を紡ぐ事が出来ない。

 

 ニーツは百人の内生き残ったケイドに皮肉を込め、英雄とは思っていなかったのだろう。

 しかし実の兄が死んだ時、命を捨てる事が英雄になる事なのかと疑問を抱いてしまった。

 

 

「なぁ、英雄ってなんだと思う? 俺は英雄か? たった一人の英雄か? なら、たった一人死んだお前の兄貴は英雄か? 英雄ってなんだろうな。そんなもの、初めからこの世界に存在しないのかもな」

 だがその疑問は、これまでケイドを認めていなかった自らやその兄を否定する事になる。

 

 ケイドを英雄と認めれば兄を否定する事になるが、兄の死を認める事が出来なかった。それを英雄談であると認める事が出来なかった。

 

 

 

 ニーツは拳を下ろして、イアンとレイラを振り払って走り去る。

 

 止めようとしたイアンを止めたのはケイドだった。

 

 

 

「お前に大切な家族を失った奴の気持ちが分かるか?」

「……。……たった一度の狩り、いや調査でしたが。ニーツ・パブリックもアーツ・パブリックも、大切な仲間でした。アーツを救えなくて辛い気持ちは、分かります」

「分かってない」

 真っ直ぐな瞳にそう返すケイドは、娘を横目で見てからこう続ける。

 

 

「家族を失うってのはな、仲間を失うなんて事とは程遠いんだ。九十八人の仲間が死んだ事よりも、たった一人の家族を失った気持ちが遥かに大きかった。……お前に分かるか?」

「そ、それは……」

 分かる筈がない。

 

 

「今はそっとしておいてやる事だ。……俺は立ち直れなかった。アイツは、どうかな?」

 ニーツの走り去った方を見ながらそう言ってから、ケイドは話を戻すように二人に視線を送った。

 

 

「例の物は?」

 ケイドの言葉に、ハッとしたようにイアンがポーチに手を入れる。

 取り出されたのは黒い甲殻と液体の入った瓶だ。

 

「ほらよ」

 それを受け取ったケイドは、瓶の方をコーラルに投げる。

 そして甲殻を満遍なく観察すると「弱点は、火か龍だな」と短く呟いた。

 

 

「父さん……?」

「ケイドさん……まさか、ゴグマジオスの撃退戦に力を貸してくれるんですか?」

 何故この場所にケイドが居るのだろう。そんな疑問を浮かべていたが、その行動で事情を察したイアンはケイドにそう口を開いた。

 

 

 テオ・テスカトルを討伐した英雄。

 彼が加われば百人力だと、イアンは期待の眼差しを向ける。

 

 

「……俺は、ハンターは辞めたんだよ。ただ、レイラを迎えに来ただけだ」

 そう言ってケイドはコーラルに黒い甲殻を渡して、レイラの手を掴んだ。

 

 レイラは反論する事もなく、ただ首を横に傾ける。

 

 

「レイラ、古龍と戦うなんて俺は許さないぞ。ゴグマジオスの撃退戦は確かに準備されているが、それに参加はさせない」

「ど、どうして?! 私はもう大人のハンターなんだ。上位のハンターだ。一人で考えて、行動できる。……していい事としてはいけない事と、しなければならない事は自分で分かる」

「分かってない」

 即答で返すケイドは再び星空を見上げた。九十九よりも遥かに多い星々が日の光の代わりに世界を照らしている。

 

 

「死ぬんだ。古龍と戦うなんて、馬鹿馬鹿しい。その甲殻を一つ取るだけで一人のハンターが死んだ。その命を取るために、何人死ぬと思ってる」

 冷静に、ただ淡々とケイドは語った。

 

 コーラルはそれを否定する事なく、彼がしたように星空に視線を向ける。

 

 

 

 コーラルがダービアを撃退戦に誘った後に向かったのはケイドの元だった。

 ダービアと同じくゴグマジオスの撃退戦に誘ったは良いが、簡単に断られてしまっている。

 

 その時に、彼の娘のレイラを古龍の調査に向かわせたと吐いて彼が殴り飛ばされたのは語る必要もない。

 ケイドがこの場に居るのは言葉通りレイラを迎えに来た、ただそれだけだった。

 

 突然殴った事への罪悪感もあり、多少の助言はするつもりだったが、本当に撃退戦に参加するつもりはないのである。

 

 

 

「私は、英雄にはならない! 私はハンターになるんだ。父さんみたいにはならない!」

 しかし、レイラは実の父の手を振り払ってそう叫んだ。

 

 ケイドは驚いた表情で固まってしまう。

 

 

「人の生を決めるのは、己だと私は思う。逃げて生き延びた私も、戦って生き延びた君も、戦って死んだ英雄達も。……己の生は自らで決めた筈だ。分かるだろう?」

「分かるかよ」

 ケイドは吐き捨てて、踵を返して歩き出した。

 

 前も上も見る事はなく、ただ下を見て、地面を蹴るように歩く。

 

 

 

「……。……ご苦労だった。近くの貸家の使用許可を取ってあるから、今晩はゆっくり休むといい」

 コーラルは二人にそう言ってから、四通の手紙を取り出してその内二通を二人に手渡しながらこう続けた。

 

「聞いての通り、後日ゴグマジオス撃退戦についてギルドで大きな作戦が開かれる。これは、ドンドルマや周囲に住むハンターへ渡される予定の、撃退戦の依頼書だ。勿論、参加は自由。……君達の生は、己で決めてくれ」

 ケイドの言葉を否定はしない。

 

 

 

 古龍と戦うという事がどういう事か、それは経験しなくても分かる事である。

 それこそ、経験者に言われなくても。

 

 

 

 しかしそれを放置する事がどういう事か、それこそ簡単に分かる事だった。

 

 

 ドンドルマ周囲には小さな町や村も多い。

 ゴグマジオスの進路が少しでもズレれば、町の一つが消えてもおかしくない状況である。

 

 

 

 あまり時間は残されていなかった。

 

 

 

 撃退戦参加者のクエスト受注受付は明後日の正午。そしてその時間から、ゴグマジオスの動きに合わせ作戦が実行される。

 ゴグマジオスの動きは観測船が観察しているが、吉報が届くか凶報が届くか。

 

 あわよくば。そんな事を思いながら、コーラルは手にした黒い甲殻と瓶を大切にポーチに入れた。

 一人の英雄が命を賭けて残したものを無駄にしないように、彼もまた星空を見上げる。

 

 

 

 百より多い星々は、それでも世界を照らし続けていた。




やっと四分の一かなって感じです。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。