北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

14 / 65
聖者の更新!(誤字にあらず)

 気付けば、俺はまたグチを聞かされていた。

 この世界、溜め込んでるヤツ多い…… 多くない?

 モヒカンだったらヒャッハーで解消できるんだけどなあ。マジメなヤツほど溜め込んじまうのかも知れねえなあ。

 

 まあ、とりあえずは黙って聞いてやるさ。

 取り合えず飲みなよ、トキさんよ。

 後ろでアミバがワタワタと、飲みすぎはお体に、みたいな態度してるけどよ。その辺はあとで秘孔治療で何とでもなるだろ。

 

 

 門番の部屋だか、取調べ室だかからの連絡でトキにアポを取った俺は、早々にトキに会う事ができた。

 ラオウの件で話がある、と言っておいたのが効いたんだろうな。

 手土産にと、養命酒を渡して会談に入った、んだが。

 

 ここにきて特に要求する事とか、話しておく事とかが無い事に気付いちゃったんだよな。

 

 いや、そもそもボスでも倒してポイント稼ぐかって事で来たんだけど、すでにトキが制覇済みですって事で、それはポシャっただろ?

 特に話しておく事も、思いつかないんだよなあ。

 まあ、口実に使ったラオウの話はするけども。

 ふむ。ついでに、ラオウを今後どう扱うかの、ヤツの進路相談でもしておくかね。家族とは言え、弟相手にするのはどうよ、と思わんでもないが。

 

 結果。なんかヘコまれた。

 

 まさかモヒカン相手にカツアゲ生活したあげくに、有力チーム(うちのチームの事だな)のヒモになっていようとは、予想外だったらしい。

 カイオウの事があるので、修行しているか、いっそ修羅の国に渡ったかの二択だと思っていたんだそうな。

 

 カイオウ。ああ、そういえば居たね。強いのか弱いのか、よくわかんない人だけど。

 むしろ同類と勝ち抜きの殺し合いして、百人勝ち抜いたという設定の、修羅の国版モヒカンである修羅たちの方が強キャラ感あったな。

 元斗皇拳のファルコという、わりと強キャラムーブしてた人が、修羅の国編入ってすぐに名前も無い修羅と相打ちで死ぬという、あの展開は衝撃だった。

 

 カイオウもなあ。無想転生破ったり、ラスボスだったりと強そうではあるんだけどもなあ。

 実は自分より強いものと戦った事が無いとか、ケンシロウが覚醒したら困ると策略練るとか、メンタル弱めでみみっちい部分もあるんだよなあ。

 

 なんか、どっかの手汗爆発ボーイみたいだな。

 

 そのカイオウは、何かをこじらせた結果、愛や情などいらぬ! と言い出して、悪と力こそ全て! とか言っちゃってるらしい。

 

 文字にすると、香ばしいな。

 

 しかもそれを国家運営の基本にしてるから、民に厳しいってレベルじゃねーんだそうな。

 情を排したくせに、効率とか数字で運営するんじゃなくて欲で運営してるから、そらもうヒドい事に。

 

 ダメじゃん。

 

 そんなカイオウを倒しに、いつかラオウがやって来る。そう修羅の国に救世主伝説が広がっていて、かの地の民は今でもラオウを待っているんだそうな。

 その救世主。今、ビール飲んでフィギュア作って、ニートやってるけどな。

 

 ダメじゃん。

 

 そらトキもヘコむわ。

 

 うん、まあ、こういう時はコレだよな。

 まあ、飲めよ。

 

 そう言って俺が差し出したのは、ソガペール・エ・フィス。長野県のワイン造ってるトコが、ワイン造り終わった後の時間を生かして、趣味で冬に少量だけ仕込む日本酒だ。

 趣味に関わった事で本気を出す日本人のサガが、いい面で出ている酒。出回る量が少ないので、入手困難なのが惜しい。

 年によって味が変わる、ワインのような面があるのは作り手がワイナリーなせいか。

 仕込む酵母が5、6、7、9号の組み合わせの(アン)(ドゥ)(トロワ)の3種類。

 俺は今回出した、(トロワ)が好みだった。ワインのように強めの甘みと酸味。ブランデーのように辛く、香り高く。後口は軽く、だが余韻はしっかりとある。

 

「ああ……」

 

 トキも気に入ってくれたようだ。一口飲んで、満足げにため息をついた後は、コクリ、コクリとゆっくりと、しかし止まらずに飲み続けている。

 ああ、カラ酒はいけないな。アミバ、なんかおつまみ。

 

 えっ、俺? みたいな顔をしたが、トキの方を見て、穏やかな顔で飲んでいるのを見ると、ため息をついて部屋を出て行った。

 本当に素直になってるな。パシらせといてなんだけど、なんか気持ち悪い。なにあの爽やかなアミバ。

 

 

 

 そしてツマミが届き、トキに酒が回ってきた頃からだ。

 その口から、溜めに溜め込んだグチが流れ始めたのは。

 

 まずは、ラオウの事。

 幼い頃、自分を常にかばってくれていたのは感謝しているが、自分以外にはただの乱暴者になっていったのはどうなのだと。

 核戦争後は、暴力はいいぞ。とばかりに腕力だけで軍を作って領土の統治は適当!

 南斗を相手にも、煮え切らない対応で、正直少しイラッとした事もあった。

 当時のケンシロウひとりでも何とかなったんだから、軍を従えたラオウならば、もっと早くに何とでもなっただろうに、何をやっていたのか。

 相手が死兆星が見えないからと、戦いを避けるとかどうなのだ。北斗の長兄ならば、自信を持って戦え。

 北斗神拳は無敵だと言っていたケンシロウを見習え。

 しかも今はニート!? 何をやっているんだ我が兄よ!

 

 などなど。

 普段は言えなかった文句やら、思うところがゴロゴロと転がり落ちてきた。

 ポロっとこぼれるってレベルじゃねーぞ。

 イメージとのギャップに、お、おぅ…… としかこちらが言えないので、グチも止まらない。

 

 カサンドラも、元は城塞都市だった。引きこもれるだけの、物資の生産も出来ていたはずなのだ。

 だが収容所にしたから、と全部破棄してあるとか、どういうことだ!

 あの獄長め! 痛みを知らず安らかに、などと気を使ってやるのではなかったわ!

 文官もほぼいないし、毎日私がどれだけ苦労をしていると……

 

 なんか、トキにあるまじき事まで言い出したぞ。

 うん。だいぶ酔ってるな。うん。

 そうでなくとも、そういうことにしておこう。

 もしくは、俺たちは何も聞かなかった。そういうことだ。

 部屋の隅で耳をふさいでいるアミバも、きっと納得してくれるだろう。

 だが、それでもまだトキのグチは止まらない。今度はケンシロウにまで、何かを言い出した。 

 

 ケンシロウについても、私がユリアを譲ったというのに、幸せに出来ていないではないか! しろよ!

 それと弟子がいないし、作る様子もないとかどうなのだ。伝承者とは、伝えるのも使命だぞ! しろよ!

 一子相伝だが、自分の子供に伝えようにも、ユリアが子供を生めそうにないから。などと考えているのではないか?

 一子相伝と言うが、ラオウと私も身に付けた以上、もうそこはいいだろう。ならば私が残すぞ! 私が伝え、残すのだ!

 

私こそが、北斗神拳伝承者だー!!

 

 [P0→6 トロフィー(金):トキを覚醒させる を達成しました!]

 

 いや、これ酔ってるだけだと思うんだけどよ。

 酔いが醒めても、覚えてるかなあ。

 

 ところでさあ。

 その後継者の候補って、まさかとは思うけどさあ。

 もしかしてそこでメッチャ困った顔してるアミバだったりする?

 

 

 






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。