北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

17 / 65
世紀末モヒカン料理人伝説 が気付けば始まっている件について

 気付けば、なんか別ゲーが始まっていた。

 

「そうだ! いいぞ。手首の返しを生かせ! もっと早く! もっとリズミカルにだ!」

 

 俺、なんで中華ナベに砂入れて回転させてるんだろう……

 しかも効果音が聞こえる。

 上手く振れたら ティロン♪ でダメだとブッブ~! だ。

 

「左右にブラつかすなよ! 振るって言っても前後に揺するだけ。引く時を意識しろ。強く、早くだ!」

 

 む。こうか? おお、なんか砂の動きが違う。

 ナベの中で、輪を作りやがるぜ。

 

「中華ナベは火の通りがいい。良すぎて、焦げやすい程にな。だから素早くかき混ぜるために、振るんだ。基本を忘れるなよ!」

 

 ティロレロティロン(↑)♪ ティラリラティン(↓)♪

 

 なんか、どっかのコンビニの入店の音がしたんですけど。

 

「よし。ナベはそんなもんでいいだろ。感覚を忘れないように、日々反復連取を忘れるなよ!」

 

 いや、それはいいんだけど、どっかのコンビニの自動ドアの開閉音がしたんですけど。

 

 疑問に思う俺を他所に、師匠は次のミニゲームの用意を始めた。

 どうやらイベント進行中らしく、俺の言う事を聞いてくれないのだ。

 

 単に、素でそういう性格だという疑いもあるが。

 

「カーカッカッカ! ここの厨房になぜかあった中華包丁だ! 俺の予備にしようと思ったが、使わせてやる。感謝しろよ!」

 

 [一分以内に、魚を三枚にさばいて下さい 01:00]

 

 ウィンドウにそう表示されて、すぐにタイマーが減りだした。せめて、ヨーイドンでやってくれ。

 

 ところで、まな板はあるが魚が見当たらないんだが。

 これは、自前で出せということかね。

 え~っと、三枚下ろしにしやすい魚は…… 中華包丁はデカいから、魚もある程度の大きさは欲しいな。サバで行くか。

 

 おらぁ! まずはウロコを落とすぜぇ! 落としたら、ヒレの下から切れ目だぁー!

 そのまま胸ヒレの辺りへと包丁を進めて、頭を落とせ! 落ちたらケツの穴まで切腹だぁー!

 開いた腹に手を突っ込んで、ワタを片側へ寄せて、引きずり出せ! 血あいに切れ目を入れるのも忘れるなよぉ~。

 

 ふう。刃物を扱って何かを切ると、テンションが上がるな。モヒカン的に。

 タダの危険人物にしか思えないんで、以降は気をつけよう。

 

 なんか師匠もそんな感じだった気がするが、そこは気にしない事にしよう。

 

 え? 師匠が誰かって? 秋山って名乗ってたよ?

 

 さーて、水を出してサバを洗ってと。残り時間は、と。

 いかん。残り時間が10秒切ってる。このままだと間に合わん。

 だが、普通にやって間に合わないなら、普通にやらなけりゃあいい。いくぜ。

 

 即興奥義! 南斗 三枚下ろし!

 

 どうだ。時間には間に合ったと思うが、最後は包丁使わなかったんで、そこのところの判定はどうだ!?

 

 でんでんでんでーん♪

 [P:1→4 ミニゲームをクリアしました!]

 [P:4→9 秋山醤に弟子入りしました!]

 [P:9→8 調理技術(中華):1を習得しました!]

 

 よっしゃ、クリアした。

 でもさ。え、なに、このメッセージにも効果音付くの?

 今回だけ? それとも、俺の知らない間にアップデートでもあったの?

 それとやっぱこの師匠、ジャンか。秋山としか聞いてなかったぞ。まあ祖父の方じゃないだけマシか。

 それにモヒカンの時はモヒカンリーダーにスキルが変化したけど、調理技術は変化しないということは、他のジャンルの調理技術も取れるのか?

 だとすると、それらの師匠もどっかにいるのかよ。ていうか誰だよ。

 

 あ~…… あとどっかツッコんどくとこあったっけ。

 

 どうでもいい事に悩んでいると、ようやくイベントモードが終わったらしい秋山師匠がこちらに歩いてきて、こう言った。

 

「ああ、その中華ナベと包丁は弟子入り記念にくれてやる。ちゃんと炙って消毒しとけよ」

 

 アッ、ハイ。ありがとうございます。

 じゃあちょっと火ぃ吐くか。ヨガファイヤーっと。

 

 ああ、うん。俺、吐けるんだ。ヨガファイヤー。

 ヨガを2に上げたらさあ。なんか吐けるようになっちゃったんだよね。

 高レベルのモヒカンだけに、火とは相性が良かったみたいなんだわ。

 

 汚物は消毒だー! ってやつだろうね。

 

 それと秋山師匠は、前回カレーうどんを作ってたら、どこからともなくやって来た。

 鍛えた身体に、傷だらけと来たら拳法使いだろう。そう誤解されて捕まっていたらしい。

 ロクに食う物もなくてクサっていた所に、カレーのスパイスの香りを嗅ぎつけて来たんだそうな。

 

 えっ。調理技術がある人って、食材を出せないんですか? って聞いたら、お前は何を言っているんだっていう顔をされたのは、今でも解せない。

 

 いや、もしかするとこの食材出し放題な仕様は、プレイヤー限定か、それともあの味皇由来のスキルなせいかもしれない。

 

 ともあれ、いきなり出てきて料理をさせろ。という秋山師匠の要求に、代わりに調理技術を教えてくれ。と俺は条件を返した。

 そして契約は成立して、なぜかミニゲームが始まった。というわけだ。

 

 いやあ。カサンドラに来たのは正解だったな。

 主にトキのおかげで、思った以上にポイントが稼げたし、こうして調理技術も高まったし。

 さーて。調理技術(中華):1では何が出せるかなー?

 

 …………えっ。

 

 

 何も出せない……だと……?

 

 

 純粋な、調理技術だというのか? バカなっ!

 調理技術スキルといえば、食材の調達ができるようになるスキルではなかったのか!?

 

 うろたえる俺の前に、出待ちをしていたようなタイミングでウィンドウが立ち上がる。

 

 [P:8→2 調理技術:6を習得しますか?(Y/N)]

 

 なん……だと……

 

 ……そういえば、調理技術はこれ以上上がらないとは言ってなかったな。

 これ以上を目指すには、師匠を見つけてくださいって言ってたな。確か。

 つまり、そういうことか。純粋な調理の腕を上げれば、その分調理技術スキルを上げられるということか。

 

 フッ。つまりはまだ、お米への夢は閉ざされていない、という事だな?

 

 よかろう。ならばポイントのほぼ全てを賭けてでも、行かねばなるまい。

 せっかくだから、俺は調理技術を6にするぜ!

 

 [P:8→2 調理技術:6を習得しました!]

 

 7に上げるのは、さすがに遠そうだな。

 さて、6で出せるようになった食材は?

 

 内蔵を含む豚肉と、キャベツなどの葉野菜か。うん。まさに中華な食材だね。あとは焼酎もイケるようになったか。

 でも、お米はおあずけ、か…… 知ってた。

 ああ、知っていたさ。

 ウィンドウの中の人は、そこまで甘くないってさ。俺、知ってたよ……

 でもさあ。夢くらいは…… 見ても、いいじゃあないか。

 こんな、世紀末の世の中でも、さ。

 

 さて。

 

 秋山師匠! 新しい食材出せるようになりました!

 早速料理して、皆で食べましょう。酒も出しますよ!

 

 切り替えていこう。声出していこう。勢いだけで乗り切っていこう。

 宴会だ、ヒャッハー!!

 

 

 



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。