北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

25 / 65
以前我輩は○○であるで、シンフォギアの作品を紹介した事がある 小此木氏のほかの作品、貴様にも味あわせてやる!ゲッターの恐ろしさをな!! を推してみる。

流竜馬の外見に転生。早乙女研は無かったが、その場所に行ってみたらゲッター見つけちゃったオリ主だったが、敵はインベーダーではなくマギウスや邪神なデモベ世界だった…! 違和感があったとしても、目をグルグルさせて勢いで乗り切れ。


もし神がいるのなら、前に向かう者を好きでいてくれるはず。もて遊べるから。

 気付けば、俺は修羅の国にいた。

 なんでや。

 ちょっと前に、ひとりで行かなくってもいいやと悟ったとこだったじゃねーか。

 うん、まあ、アレだ。別に記憶が無いわけでも、いつの間にか来ちゃってたってわけでもない。

 ただ、ちょっと、ね。ちょっとだけ、ね。

 

 お酒が、ね…?

 

 違うんだ。聞いてくれ。

 別に酔った勢いで水上スキーで暴走して、なぜかたどり着いちゃったとか、そんなんじゃあないんだ。

 傾向は似てるけど、だいぶ違うんだ。

 

 まず俺が水上バイクで遊んで、もとい、水上バイクの試運転をやっていた時まで、話はさかのぼる。

 パワーはあるが、3人乗りなんで重いせいで思ったよりも動かない1100STXをブンまわして、何とかジャンプしながらの横回転、独楽のような一回転を成功させた時だった。

 

「おう。ニイちゃんいいもん持ってんなあ。ちょっと俺たちにも貸してくれや」

 

 あまりにもクラシカル(古典的)かつ、トラディショナル(伝統的)な問いかけに、思わず俺は叫び返した。

 

「オッケィ!」

 

 向こうも、えっ、いいの。みたいな顔をしていたが、その時の俺は気にしなかった。

 今思えばだが、軽くビールを飲んで、マリンスポーツを楽しんで、ようやく技が決まったところだったんで、軽くハイになってたんだな。

 

 声をかけてきたのがモヒカンじゃなかったのも、あったのかもしれない。

 ヒザまでの短いズボンに、上半身はチョッキを引っ掛けただけの半裸に、なぜかおそろいのハチマキ。

 

「うわぁああー!」「ヘッタクソー!」「次オレなー!」

 

 ベルギーのリンデマンス・カシスをビンのまま回し飲みしながら、水上スキー初体験で失敗する仲間をサカナに盛り上がっている。そんな彼らは、地元の漁師たち。

 朝の漁が終わって帰ってきたら、何か変な事をしているモヒカンがいる、という事で様子を見に来たらしいのだ。

 

 うん。否定はしづらいな。

 

 だが話してみれば、分かり合える事もある。とりあえず飲みながら話そうか、と酒を入れれば、もっと分かり合える事もある。

 今回は、カシスビール飲みたいなー。でも、これ麦以外も使ってるから、厳密にはビールじゃないんだよなー。

 そう思いながらも、未練がましく試してみたらイケた。

 

 日本だと発泡酒の分類になってるせいか、例えばクリアア○ヒとかは調理技術スキルで出せなかったんだが。

 海外には発泡酒という分類が無く、全部ビール扱いなんでイケたんだろうか。割と判定ガバガバだな。助かるけども。

 

 リンデマンス・カシスは、どこぞの谷に生存しているらしい自然酵母、つまりは野生の細菌の作用を利用して作ったビールに、カシスの果汁を入れたものだ。

 ピーチ、アップル、ストロベリーなど他にも多数のシリーズがあるんだが、残念ながら俺が飲んだ事が無いので、取り出せない。本当に残念だ。

 もう二度と飲むことは無いんだろう。そう思うと、なぜ飲んでおかなかったのかと、後悔がつのる。

 

 まあ、世界五大ビールの一つとまで称えられた、リンデマンス・クリークは出せるんで、あんまり後悔は重く無いんだがな!

 

 さくらんぼの果汁を加えて、熟成させたビール。その豊かな風味はビールというよりも、もはやスパークリングワインに近い。

 軽やかな甘みとさわやかな酸味と、ほのかな、しかし確かな苦味。バランスが大事だという事が良く分かる味だ。

 意外と炭酸強めで、ぐいぐいイケるぞ。

 

「あっ。モヒカンさんだけ、別のやつ飲んでるー!」「ズルイですよ。こっちにも下さいよー!」

 

 ちっ。見つかったか。

 しょうがねえなあ。ひとり一本だけだからな?

 

 

 

 で、その後だ。

 まあ、わかるだろうが、俺らはそのまま昼を大幅に過ぎても、飲んでてな?

 奥さんたちやらが、様子を見に来ちゃってな?

 

 うん。スッゲー怒られた。

 なんでか、俺も怒られた。

 奴らに水上スキーの乗り方を教える代わりに、サーフィン教えてもらって、一緒に遊んでたからだろうか。

 ああ、うん。それは一緒に怒られるわ。

 

 いい大人が、昼間っから酒飲んで、遊んでんじゃないよ! という恰幅のいい奥さんのお叱りは、まっとうすぎて反論できなかったぜ。

 

 そんな奥さんも、俺がおワビとして渡した小麦粉と肉には、ニッコニコであったが。

 時はまさに世紀末。野良のモヒカンがウヨウヨいるわ、村の支配者や、時に村人たちすらも後先考えずに略奪に走るわで、ロクに交易も出来ないからなあ。行商人自体、いるんだろうか?

 この漁村も魚介類と塩は豊富に手に入りそうだけど、それと引き換えに何かを手に入れるっていうのは、その機会すらも少ないんじゃなかろうか。

 

 そして飲んでいた俺たち若い衆に、手に入った臨時の食糧と酒。

 この二つを前に、残った漁村の人たちはこう思った。

 

「ワシらも飲みたい」

 

 彼らの顔を見てそれを悟った俺は、深くうなづいた。

 

「オッケィ!」

 

 そして、宴会が始まった。

 その中で「そもそもアンタ何やってたんだ」という質問が、ようやく飛んできたんで「修羅の国に行こうかと思って」と答えたんだよな。

 そうしたら、漁村の人らの中に、場所を知ってるって人がいてさー。

 追加の食糧と酒で、案内してやろう。って言うんで、お願いしちゃったんだよな。

 つい、流れで言っちゃってなあ…… で、そのまま翌日に出発だよ。あ、やっぱキャンセルで。とか言い辛いよな。

 

 そんで水上バイクで小船を引いて、修羅の国へ。

 2日かかったが、意外と近かった。

 

 案内役の人とは、陸地が見えたところで、小船を切り離してお別れした。さすがに修羅の国に上陸したくはないらしい。

 そして俺がひとりで上陸して、だ。ヨガテレポートでの行き来は出来るだろうか、と試そうとした。その時だ。

 

 首の後ろに衝撃を受けて、意識が無くなった。

 

 誰にやられたかもわからんが、首筋にトンッ! と手刀を入れるアレをやられてしまったらしい。

 

 ああ。ゲームオーバーか。

 そう思ったんだが、どうやら違うらしい。

 意識を取り戻す事ができたし、取り戻した後も、俺はモヒカンのままだった。

 

 ならばコンティニューか? と思ったが、それも違うようだ。

 ここは修羅の国らしいし、そもそも俺は死んでいないという。

 

 まあ、つまりは。気を失わせて攫うという、いわゆるハ○エースされてしまったという事らしい。

 

 で。その狙いだが。

 

 

 

 ジャラジャラと、固い小さなものがブツかりあう音がする。

 タバコの煙が漂い、殺伐とした空気がピリピリとしている。

 チャッチャッ、と固いものを積み上げる音がして、コロコロとサイコロが転がった。

 

「左、八」

「六」

 

 サイコロの目が読み上げられると、真四角の机を囲んだ男たちが、無言で机の上の物を取っていく。

 俺も、その中の一人だ。

 そして手元にそろえたそれらを並べると、その中から一つを選んで前に置く。

 置いた物を横向きにして、宣言した。

 

「ダブルリーチ」

 

 うん。何をやっているかは、分かる人には分かってもらえると思う。

 

 麻雀だ。

 

 なんでだよって言われると、俺も困るんだが。

 なんか、修羅の国の支配者であるカイオウ相手に、こんな事を言ったヤツがいるらしいのよ。

 

「麻雀で勝負だ!」

 

 なんでか、それが通っちゃったらしくてね?

 しかも、勝っちゃったらしくてね?

 それ以降、拳法での殺し合いの他に、麻雀での勝負もしないと修羅になれなくなったらしいよ?

 

 バカじゃねーの。

 

 そう思うけども、そのおかげで命拾いした身としては、なんとも言いがたいものがある。

 元々修羅になるには、同類を100人殺さないといけないらしいんだけども、まずそれだけでも大変だ。

 拳法家や武術家100人探すだけでも、結構な手間がかかる。しかも探しているのは自分だけではない上に、時間経過とともに他人に狩られて減っていくのだ。

 

 そこに、麻雀での勝負も加わる。

 

 当然ながら、殺した相手とは麻雀を打てない。

 だからこうして、倒した後に麻雀で勝負してから殺す、という手順が普通なんだそうな。

 

 普通ってなんだっけ。

 

 なお麻雀には4人メンツが必要なんで、3人倒してメンツをそろえなければいけないのが面倒なんだと、上家に座った修羅候補さんがグチっていた。

 

 いや、知らねーよ。

 

 なんだろうなあ。一応は自分の命のかかったバクチだっていうのに、イマイチ緊迫感が持てないんだけども。

 他のメンツはピリピリしてて、場の緊迫感はあるんだけどなあ。なんでだろう。

 

 やはり、いざとなったらヨガテレポートで逃げればいいや。と思っているせいだろうか。

 

 あ。ラス牌。これで流局かな。

 ってツモった。

 裏ドラは……無いわ。ダブリー、ハイテイ、ツモのみ。ある意味レアだな。

 はい、4000オールね。さあ、次の局いこうかー。

 

 

 




今作のサブタイトルは、何となく銀魂っぽくしたやつと元ネタがあるヤツです。
「たいていの問題は、コーヒー一杯飲んでいる間に、心の中で解決しているものだ」とか。
ちなみにガンダムXより。体も心もケアする医者テクスさんのお言葉。

今回のは咲-saki-より「もし神がいるのなら、前に向かう者を好きでいてくれるはず」ネットではネタキャラ扱いの池田ぁ!の発言。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。