北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

28 / 65
師匠×弟子×師匠

 

 気付けば、サザンクロスで麻雀教室が開かれていた。

 なお、講師は俺ではない模様。

 じゃあ誰かって?

 

 トキ先生です。

 

 さすがは北斗2000年の歴史の中で、最も華麗な技を持つと言われた男。

 一説によると、ジャパ○パークでフレンズやってた説までささやかれただけの事はあるぜ!

 

 え? オカしいって?

 

 気にするな。細かい事を気にしていたら、人生損しちゃうよって、ワイアルドさんも言ってただろ!

 あのエンジョイ&エキサイティングな人なら、きっとこの世紀末世界でも楽しくやっていけるぞ!

 

 俺もね。もうね。なんかもう、ツッコミとか、いいかなって。

 

 いい加減、面倒になってきたんだよ。いちいちツッコミ入れるの。

 まあツッコまないでいられなかったら、しょうがないけどさ。そうでなかったら、テキトーに流しても許されると思うんだ。

 むしろ俺もボケを重ねても、いいんじゃなかろうか。

 きっと誰か代わりにツッコミをやってくれるさ。ほら、いたじゃん。バットとか。

 

 それでトキ先生だけどさ。

 なんで、サザンクロスに来たのかって言えば、ユリアのためらしい。

 なんかヨガを深く学んだら、病状が少し回復したんだそうな。それで寿命が十年くらい延びたんで、ユリアにもヨガを学ばせに来たんだってさ。

 

 なんでさ。寿命まで延びるのはオカしいだろ―――っと、待て。違った。ツッコんじゃダメだ。ここは軽く褒めて、流すんだ。

 すごいね、ヨガ。

 

 でも肝心のユリアが1分の1フィギュアのやつしかいなかったんで、別の目的に切り替えたんだな。

 

 その結果。弟に正座させられ、マジ説教される拳王ラオウの姿が。

 

 ついでにケンシロウも一緒に説教されていた。

 というのも、モヒカン相手にカツアゲしていたのがバレてしまったのだ。

 まあ、ケンシロウがウワラバやアベシさせたモヒカンから、バットが勝手にかっぱらっていただけなんだが……

 ケンシロウも基本的に無収入なので、そこから旅の費用が出ているのを見て見ぬふりをしていたのが、アウトだったらしい。

 

 マップを歩くとエンカウントするザコ敵(モヒカン)を倒して、資金やアイテムを手に入れると考えると、ゲーム的には正しいと思うんだがなあ。

 

 そしてラオウへの説教は、生活態度にまで及んだ。

 修行もせずに、酒を飲んで、メシを食らって、遊んで寝る。そんな自堕落な生活してたからなあ。

 うん、擁護できねえ。そもそも、する気も無かったけど。

 

 じゃあなんで近くで聞いてるのかって言えば、単に酒のサカナにしてるだけだったりする。

 ただ飯のニオイを嗅ぎつけてきたバットと、それに連れられてきたリンもいる。あとアミバも。

 

 アミバには、ひたすらに豚肉とキャベツとニラの肉野菜炒めを作らせている。

 丈夫だからか、そこらを探すと割りと出てくる中華鍋をひとつ、サビ落としをして専用に渡してやったので、それを使わせている。

 なんで俺が? という顔をしていたので、トキに美味いメシを食わせたいと思わないのか? 栄養をきちんと取らないと、また病気が悪化するぞ。とダマしてやらせていたりする。

 

 うん。ウソなんだ。すまない。

 

 ヨガで飲食不要になってるし、その副次効果で病気も抑えられてるっぽいから、むしろ食べちゃダメだわ。たぶん。

 ダマしているのは、純粋に俺のため。ポイントのためだ。

 弟子を取ったら、ポイント入るかなって。そんな感じの、軽い実験だったりする。

 まあ、ムダになる技術でもなし。そのまましばらく、ダマされてくれアミバよ。

 

 こらこら。使い終わった中華鍋を洗うのはいいが、洗剤使うな。水で洗って、空焼きしろ。そして油だ。汚れを油が溶かしたら、油ごと捨てろ。

 それからあらためて油を敷いて、次の調理。これが連鍋(レンコウ)だって言ったろ。覚えとけ。

 肉と野菜には、下味を付けてあるな? なら油通ししろ。100度ちょいの油に、ざっと通すだけだ。これは包油(パオユィ)な。歯ごたえとか彩とかが良くなるぞ。

 直接水に触れさせると、水が悪いんで美味しくなくなるんで、油で素材をコーティングして解決。そんな大陸の事情から生まれた技でもあるらしいがな。

 あと細かいテクニックだが、椀献(ワンツェン)な。炒めたりしながら入れる調味料を、あらかじめひとつのボールやお椀に入れて、混ぜておくんだ。

 火を少なくと書いて、炒める。ザッと一気にやらないといけないんで、いちいち醤油入れて、オイスターソースいれて、と何度もやってる手間が邪魔になるんだよ。

 

 よーし、いいぞー。中華鍋の振り方もいいぞー。はい、そのまま皿に盛って、完成!

 さて。今度のはどうよ、味見役のバットくん。

 

「あー、ちょっと待ってくれよ。実際に食べてみないとね」

 

 そう言ってバットは箸を使って、肉野菜炒めを口へと運んだ。

 その姿勢はキレイなものではないが、コボしたりはしないだけ、及第点か。

 まあ、この世紀末でそんな食糧を無駄にするような食べ方してたら、見たヤツ全員に怒られるからな。

 なんせ、水を浴びるように、豪快にコボしながら飲んでたモヒカンが、仲間からタコ殴りにされた事件があったくらいだ。

 

 色々と日本らしくは無くなった世紀末世界でも、日本らしさはまだどこかに残っているらしい。

 モヒカンですらも食べる物に関してはガチなあたり、そう思う。

 

 [P:35→37 トロフィー(銅)スキルを教える を達成しました]

 

 チッ。シケてやがる。いや、俺の調理技術(中華)が低すぎて、弟子を取れないのか? まだ2だもんなあ。

 

 ところでだ。やたらポイントがあるなと、思っただろ?

 これな。先日の麻雀の成果なんだわ。というのも、終わった後にこんなウィンドウが出たんだ。

 

 [P:9→19 トロフィー(虹)ラオウを倒す を達成しました!]

 [P:19→29 トロフィー(虹)ケンシロウを倒す を達成しました!]

 [P:29→35 トロフィー(金)シンを倒す を達成しました!]

 

 倒すって麻雀でもいいのか。いや、確かに戦って倒すとか、限定されてないけども。

 しかしシンだけ金かー。やっぱり北斗は特別なんだなー。

 

 そんな感じに、ビックリするよりも、なんか逆にほっこりした。

 あれかな。あの時が、俺がツッコミを諦めた時だったのかな。

 俺もすっかりと、このオカしな世紀末に慣れたもんだぜ。

 

 

 おっと、思い返してる間にバットの合格が出てる。

 

「よくやったな、アミバ。この短い時間で本当によくやった。その中華鍋はくれてやるから、これからも使ってくれ」

 

 アミバは、ゆっくりと俺に頭を下げた。

 あのアミバが、だ。変われば変わるもんだなあ。

 これはトキ先生を褒めればいいんだろうか。それともアミバをか。

 ともあれ、この師弟に乾杯。バットにも、一杯だけならやろう。リンもいってみるか? 甘口の日本酒とかあるぞ。

 日本酒度っていう、辛口か甘口かの基準になる数値があるんだがな。-54という、もはや別物な花柳界ってのがあるんだ。

 甘くてサラリとしてな。ちょっとニオイかいでみな。そんでイケそうなら、舐めるように少しずつ……お、イケそうか。ゆっくりやんな。

 

 

 あっ。トキ先生の説教が麻雀にまで来てる。ここはちょっと言っておかねば。

 

「いや、違うんですよ。トキ先生。修羅の国で今、麻雀が戦闘以外の決着方法になってまして」

 

 それを聞いたトキ先生は、なにをバカな、とは切り捨てなかった。

 それどころか、なにやら心当たりがありそうな様子で、目を閉じて考え出したのだ。

 え? なに? なんかあんの?

 そして目を開けたトキ先生は、ひとりの男の名を口にした。

 

「まさか、動いたのか…… ダラ○・○マ法王(ライトニング・ブッダ)が」

 

 えっ。なにそのルビ。

 ムダヅモ時空? まさかチベットはムダヅモ時空なの?

 

「だとするならば、こうしてはいられん! 私も行かねば…… だがひとりでは……」

 

 混乱する俺たちを他所に、深刻な顔をしたトキ先生は、何かを決断したかのようにクワッと目を見開いた。

 

「お前たち! これから麻雀の特訓だ!」

 

 この人は何を言っているんだろう。

 

 その場の人間の心がひとつになったが、覚醒済みのトキ先生には通じなかった。誰だ覚醒させたヤツは。

 まずは理論からだ。と座学の用意が進められていく。

 あの。そのテキストどっから持ってきたんですか? まさかあなたもスキルを?

 

 ああ、はい。わかりました。黙って授業を受けます。だからその構えを止めてください。座禅して浮かないで下さい、お願いします。

 

 あー、もう。どうしてこうなった。

 やっぱいるわ。ツッコミ、必要だわ。こうなる前に、止めるヤツがいるわ。

 でも自分がそれをやるのはゴメンだけどな!

 

 誰かー! お客様の中に、ツッコミが得意な方はいらっしゃいませんかー?

 

 

 



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。