北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

29 / 65
始まったばかりだけど須賀 常葉氏の ダイの大冒険とロトの勇者 を推してみる。
DQ3クリアした転生オリ主の、次の転生先はダイ大世界だった。
異なるDQワールドのシステムの違いとか面白そう。
普通にがんばる、素直な主人公にちょっと癒された。最近ヒネった主人公多すぎぃ!


トキ先生のぱーふぇくとまーじゃん教室

 気付けば、俺たちは牌を薄切りにする特訓をしていた。

 こう、文字が彫ってある部分だけを切除する感じで、スパッと。麻雀セット一式を作り出す、麻雀:1のスキルがまさかの大活躍さ。

 何でこんな事をしているのかって言えば、トキ先生いわく。

 

「これが出来るようになれば、自由自在に(ハク)が作れる。かなり有利になるぞ」

 

 普通にイカサマなんだが。

 

 なんかトキ先生の麻雀教室が、かなり胡散臭い件について。

 斬ることが出来ないラオウには、強力な握力で牌の表面をこすって削り取る、豪盲牌という技を教えている。

 ラオウはその技を気に入ったらしく、白白混一! とかやって遊んでいる。(ハク)が6枚もあるじゃねーか。

 

 無邪気だな。ケンシロウと仲良く談笑していたことといい、丸くなりすぎだろ。

 何があったの、お前に。

 言っとくけど、これは気になったから聞いているだけで、ツッコミじゃないんだからね! 勘違いしないでよね!

 

強敵(とも)がいる。ただそれだけで、人生とは楽しいものよ」

 

 にこやかに、ラオウにそんな事を言われてしまった。

 お、おぅ。そうか、良かったな。

 そっかー。ボッチ卒業したのが、うれしかったのかあ……

 トキという弟はいたけど、友達とか確かにず~っといないっぽいからなあ。

 

 ケンシロウも弟のはずだけど、そこは気にしないであげようと思う。

 スルー技能は大事。モヒカン、覚えてる。

 

 そのケンシロウは、トキにひたすら百裂拳を打たせられている。

 

「もっとだ! もっと速く動かせケンシロウ!」

「アータタタタタタタタタタタタタ……」

「肩だ! 打ち出す拳と逆側の肩を引け! 引いた後の拳を、その反動で打ち出せ! そうだいいぞ!」

「タタタタタタタタタタ……ホアッタァ!」

「よし。だが風を起こすな! 静かに、素早くだ!」

「それは無理というものでは?」

 

 急に素になるなよ。笑っちゃっただろ。

 

 まあ、手を素早く、静かに動かすのはイカサマの基本だ。

 自分の不要牌と山にある牌のすり替え、相手の川の捨て牌のすり替え。山へのツミコミ。

 相手に気付かれずに手を動かせるなら、全てがやり放題だ。

 

「北斗神拳は暗殺拳だ。それを思い出すんだケンシロウ!」

 

 正直、色んな人がその設定忘れていると思います。

 まあ、拳法の特訓にもなってるっぽいから、スルーしとこうか。

 麻雀だけで勝っても、それはそれでアカンっぽいからな。

 

 ところでさっき、雲のジュウザとかいう人がちょっとだけいたんだが、何しに来たんだろうか。

 単なるノーテンを「我が拳は無形!」とかカッコつけて言ってた、残念な人だったな。

 だいたい拳法に限らず、何千年も色んな格闘術が研鑽されてるんだから、いまさら無形とか我流とか言われてもなあ……

 黒と白の超人の、ためになる説教シリーズのひとつを思い起こさざるをえない。

 

「良い子の諸君! 「やればできる」実にいい言葉だな。我々に避妊の大切さを教えてくれている」

 

 違った。これじゃない。

 

「良い子の諸君! 「好きなタイプは優しそうな人、外見は二の次」と言うやつがいるが「優しそうな人」は、外見だ! 騙されるな!」

 

 これでもない。

 ああ、これだ。

 

「良い子の諸君! よく頭のおかしいライターやクリエイター気取りのバカが「誰もやらなかった事に挑戦する」とほざくが、大抵それは「先人が思いついたけどあえてやらなかった」ことだ。王道が何故面白いか理解できない人間に面白い話は作れないぞ」

 

 読めないような、変な動きってさ。どう考えても効率悪い動きだよな。

 相手がやり辛いと感じるけど、威力も出ないんじゃないか?

 

 うん。なんかブーメランになってきた気がするから、この辺でやめておこう。

 読めないようなオカしな動きとか、手足伸ばしてムチのようにしならせる俺が言うなって話だわな。

 

「そうだケンシロウ。無想転生は使えるな?」

 

 おっ。なんかトキ先生が思いついたみたいだ。

 無想転生を麻雀にどう使うんだ? あれって正直『原理はよくわからんけど攻撃を避ける技』だよな?

 

 ふんふん。普通に雀卓に座った状態から? 無想転生発動して?

 なんかブワンと増えた分身で、相手の手配を覗き見る、と。

 

 ずいぶんと力技ですね。

 

 確かにそうしたら、相手の攻撃はかわせるだろうけどさあ。

 究極奥義って、そういう使い方していいの? 北斗神拳って、それでいいの?

 

 え? 攻撃にも使う?

 いや、俺が言いたいのはそういう事じゃないんだけども。

 

 まあいいや。ツッコミはしないと決めたんだ。

 勝てるなら、それでいいや。頑張ってくれ。こっちもこっちで、頑張るからさ。

 

 さて。麻雀:1で出せる麻雀セットの中から、特定の牌だけをピンポイントで作り出せるようにしないとな。

 これさえ出来れば、一発ツモをし放題だ。

 

 修羅の国は、かなり何でもありな戦いだった。

 これだけのモロにアウトな手段の数々さえも、そう来たか。と受け入れてくれるだろう。

 無論、向こうも同じような手段をやってくるだろう。

 そんな連中相手に、どこまで戦えるか。それと、勝った後に突入するだろう、リアルバトルに勝てるのか。

 

 やってみなければ分からんから、やってみるとしよう。

 バクチっていうのは、そういうもんだしな。

 

 ところで。

 この人数での、修羅の国への移動手段をお持ちの方は、この中にいらっしゃいませんか?

 

 

 






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。