北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

38 / 65
昨日6位でビビってたら、今朝は3位だった。今は34位で少しほっとしている。
日刊ランキングに載るとドキドキしますね。

3年ぶりに復活してた 風のヒト氏の クモ行き怪しく!? を推してみる。
人外になったオリ主がマイペースにハンターハンターの世界を生きる。クモではあるが旅団ではない。原作にもほんのりと介入。



バイクはあくまでも移動手段だと思うんだ。

 気付けば、トキ先生が生身でバイクを超越していた。

 無想流舞を連続でナギッナギッと繰り返し、みるみると遠くへと姿が消えていく。

 あれで海を越えてきたのか。そう思うと、感心をはるかに通り越して、ドン引きするしかない。

 ラオウもサウザーも、うわぁ… という顔をしている。ラオウのその顔はかなりレアだな。

 

「トキ先生が北斗神拳伝承者になると、あれも代々受け継がれていくのか……」

 

 俺のもらした言葉に、ラオウの顔は更に何とも言いがたいものになって、サウザーは爆笑した。

 

「フ、フハハ…… 北斗…… 北斗神拳ー!! フハハハハハ!」

 

 うん。言葉の意味はよくわからんが、言いたいことはだいたい分かる。

 意訳するなら。ユカイな事になったな北斗神拳よ。それでいいのか。いいぞもっとやれ。というあたりか。

 

 まあ、トキ流の北斗神拳を継いで行くのはアミバだと思うけど、あいつアレ出来るようになるかなあ。

 

 アミバもなあ。異様にテンション高かったのを、それは負けフラグだとトキ先生に矯正されて、徹底的にテンション下げられちゃったんだよな。

 それはそれとしていいんだ。実際に勝率も腕も上がったし。中途半端に秘孔を覚えてるだけだったのが、いつの間にか天翔百裂拳すら使えるようになってたからなあ。

 でもそのせいで、激しい怒りやら感情の高ぶりやらで闘気に目覚めるというイベントが起きにくくなってるんだよな。

 具体的に言うと、あいつまだビーム撃てません。

 まあ普通の人間は撃てないけどね。北斗神拳ってやっぱオカしいわ。

 

 いや、南斗も南斗で、充分オカしかったな。人間砲弾とか列車砲、海のリハクに五車星。あと中心脚とか。

 元斗やら北斗琉拳なんてもう、ファンタジーだもんなあ。

 なんだよ闘気で地面凍らせるとか、重力操作するとか。それもう魔法やん。

 訂正しよう。この世界の拳法使いは、みんなどこかオカしい。

 

 さらに今は、その中にヨガとか調理技術とか混ざってるからなあ。

 この世界で目覚めたばかりの頃に見た、あのゲンジロウの北斗神拳みたいな殺し方って、どうやってたんだろう。調理技術:6になっても未だに分からないんだけど。

 ヨガに至っては、俺の南斗龍舌拳と、トキ流北斗神拳の必須技術になっちゃってるし。

 この世界の拳法は、この先一体どうなってしまうのやら。

 

 ふむ。この先か。この先って言ったらまあ、さしあたっては、まずは自分の事だよなあ。

 拳法についてはいいや。北斗神拳の方は、トキ流じゃない本来の、暗殺拳の方の北斗神拳を名乗ればいい。

 トキ先生が伝承者としてのこだわりを持ってそうだけど、暗殺拳としては継ぎたくなさそうだし、話し合えば割と何とかなるだろ。たぶん。

 

 龍舌拳はアレだ。間柴ーズとか、モヒィとか、勝手に生えてきたあのあたりがテキトーに広めそうな気がする。

 そこからまた新たな拳法が出来ても、しょせんは南斗だし、問題は無いだろう。

 あの禁断の奥義さえちゃんと失伝してくれれば、何も言う事は無い。

 初代のみが使えた、幻の奥義とか何とか言い訳はきくはずだ。頼むぞ。絶対に伝えるんじゃないぞ。絶対だぞ。フリじゃねーからな。

 

 チクショウ。念を押せば押すほど、不安になってきやがる。

 ああ、もう。話題変えるぞ。

 

 そもそもだ。なんでトキ先生だけ、生身で移動しているのかと言えばだ。

 

 バイクで移動しようとは思ったんだよ。でもさ、人数が俺とトキ先生、ラオウとサイザーで4人じゃん?

 サイドカー付きのやつを出して、1人そっちに。2ケツして本体に2人乗っても、1人余る。

 

 そこでまあ、試しにバイク取り扱いを5にしてみたんだ。

 スキルレベルを5にしたのが3つ目だって、トロフィー(銀)でポイントがもらえたけど、それは置いておく。

 それでバイクが複数出せるようになるのもよし。サウザーの乗っていた、あのやたらデカいバイクみたいな大型が出せるようになるのもよし。そういうつもりだったんだ。

 

 出たのは、でっかいバイクじゃなくって、でっかいタイヤだった。

 

 待って。

 これ、絶対世界が違うから。ライディングデュエルがアクセラレーションしちゃうから。

 もしくは、これのタイヤ付きの母艦がやって来て、地球浄化(クリーン)作戦始まっちゃうから。

 

「さあ、やるとするか」

「うむ。かかって来るがいい」

 

 待って。

 サウザーはともかく、ラオウまで。なんでアンタら、迷い無く乗り込んでるの? そしてなんで2台あるの? ボク2台目出した覚えないんですけど。

 それと、その手に持ってる紙束どっから出したの?

 

 俺のツッコミをまるっと無視して、2人は荒野へと消えていった。「紙束じゃねーよ」とすら言ってくれなかった。きっとスピードワールドでも発動してしまったんだろう。

 

 そしてそれに生身で介入するトキ先生

 

 うん。そりゃあ、うわぁ… って顔にもなるわな。

 ひとりぼっちで取り残されるのもイヤだったんで、普通のバイクで追いかけてきたけども。

 もう、正直どうしていいのかわからなくて困る。

 

 [P:18→16 決闘者(デュエリスト):1を習得しましょう(Y/N)]

 

 いや、いらねえよ。しかも2ポイント消費って、上位スキルかよ決闘者。

 もうお腹いっぱいなんだよ。麻雀でさえ消化不良起こしてるんだよ。

 この上、遊☆王カードまで混ぜんな。

 それにしましょうって、さりげなく推奨してんじゃねえよ。

 やらないからな! 俺は絶対に決闘者なんてやらないからな!

 

 あー、もう。なんつーか。もう。

 

 どう言えばフリにならずに否定できるんだー!

 

 誰かご存知の方がおられましたら、世紀末のモヒカン宛にお便りを下さい。

 お待ちしております。いや、マジで。

 代理のツッコミの方も、随時募集中です。

 どしどし、ご応募くださいね! お待ちしております!

 ていうか助けて! 誰か助けてー!

 

 






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。