北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

43 / 65
上司というのは、時に理不尽な存在です。

 

 気付けば、シュウがハゲていた。

 訂正。ツルッパゲになっていた。

 

 なんかね。修羅の国で、お坊さんに助けられて、入門? しちゃったらしいよ?

 服装まで、袈裟に変わってる。あれはなんかスキル覚えたな

 

 [P:15→14 仏教:1を覚えますか?(Y/N)]

 

 あっ、俺にも来るんだ、そのスキル。

 ……う~~ん。悩むけども、とりあえずは却下で。

 ほら。俺の名前ってさ。モヒカンじゃん。もしも仏教覚えて、シュウみたいにハゲ頭になったらさ、困るじゃん。

 毛が一本も無いけどモヒカンです。とか悲しい自虐ギャグな自己紹介とかしたくないもん。

 

 [チッ]

 

 舌打ちした!? ちょ、マジで毛が無くなるの?

 危ねぇえ。なにその地味にイヤなトラップ。ウィンドウさんってそういうのもやるの?

 そういうことばっかりしてると、あそこで苦しんでるサウザーとかシンみたいになるぞ。

 

「観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄  舍利子―――――」

「「ぐわぁぁぁぁー!!」」

 [ぐわぁぁぁー!!]

 

 坊主スタイルのシュウが唱える般若心経に、なぜか悲鳴を上げてのた打ち回る2人の姿がそこにあった。

 ていうか、ウィンドウさんにも効いてた。言わんこっちゃない。

 

 苦しむ理由は…… なんだろう。ひょっとしたら悪事とか働くと溜まる、カルマ値みたいな隠しパラメータがあるのか?

 で、それが高いやつほど、あのお経アタックが効果がある……とか?

 

 ハハッ。まさかなあ。でも説明はついちゃうんだよなあ。

 カイオウがなぜか麻雀での勝負に付き合った理由まで、説明できちまうんだよなあ。

 

 カイオウってさ。どう考えても、カルマ値スッゲー高いよね。

 ヘタすりゃ、お経アタックで昇天しちゃうんじゃねえの。

 まともに戦えすらしないんなら、そら向こうの麻雀で勝負だって誘いにも乗るわな。

 で、麻雀の勝負でも、坊さん相手に魔闘気が使えずに、敗北したと。そういうわけなんじゃねえかな。

 

 うん? カイオウを麻雀で負かした相手が、坊主だという前提で話しすぎだって?

 

 いや、まあ。だってさあ。ムダヅモでいたじゃん。ほら、チベットのあのお方が。

 ライトニングブッダ! とか言って、親倍あがっていくようなのなんて、あのお方くらいだって。

 直接お会いしてはいないけどもさ。そういう人がカイオウを倒したんだってウワサは、俺、修羅の国で聞いたもん。

 

 会わないうちに帰れて、正解だったな。

 

 たぶん俺にもお経アタック効くもん。だって俺モヒカンだもん。

 調理技術スキルによる食糧の供給やら、モヒカンリーダースキルによる比較的平和な統治やら、善行と言ってもいい事もしてるけどよ。

 存在がモヒカンであるってだけで、アウトだろ。どこまでプラス積み上げても、ノーカンだろ。もしくはゼロに近付けだけ。

 

 ふむ。そうか。仏教のスキルを取れば、そのへんもあるいは修正されるのか。

 

 でもなあ。そうなるとモヒカン系のスキルが有効なままか怪しいもんなあ。

 特にモヒカンリーダースキルで配下にして、大人しくさせてる元野良モヒカンどもがヤバい。

 だって進化しちゃったモヒカンとかいるし。いつの間にか5人から10人に増えてた間柴ーズとか。どこぞの自称海賊王(初期型)も、両手と口に鉄パイプ装備したモヒカンを仲間にしてたし。

 おかしいなあ。モヒカンリーダースキルは、ずうっと3から上げてないんだけどなあ。

 何で勝手に進化してんのあいつら。

 逆にネームドモヒカンのスペードは、なんで進化しないの。ネタとしてイジる部分も場面もないから、あいつ放置しっぱなしで出番ないんだけど。

 

 待てよ? どうせ出番が無いんなら、ここで実験に使っちゃってもいいかな? アリかな?

 よし。やっちゃうか。

 となれば、まずはスペードを呼び出さねば。久々に使うか。叫ぶぜヒャッハー!

 

「ヒャッハー!」(スペードをここへ連れて来い!)

「ヒャッハー!」「ヒャッハー!」「たわばっ!」(了解!)

 

 意を込めて叫べば、それを聞きつけたモヒカンたちから返事が返ってきた。

 ヒャッハーの一言で全てが伝わる。モヒカン語はやはり便利だな。

 たまにエラーを吐くヤツがいるが、そこは気にするな。

 

 お、意外と早かったな。近くに居たのか?

 まあ、いい。行くぞ。付いて来い。

 サウザーやシンを救うつもりかって? 違う違う。お前の進路相談だ。

 

 お~い、そこのお坊さん! 初めまして、モヒカンです! KING軍の幹部やってます!

 ぜひ、コイツを! このスペードを、弟子にしてやってくれませんか?

 悔い改めたいって、前から言ってまして! どうかお願いできませんか!

 

「よかろう」

 

 ひゅーっ! 間髪入れぬ、その答え! そこにシビレるヒャッハーする!

 

 [P:15→21 トロフィー(金):仲間を売る を達成しました!]

 

 失敬な。売ってねえし。ちょっと仏門に強制入信させただけだし。

 ちょっぴり特殊な、クラスチェンジさせただけだし。

 

 さあて。スペードくん。じゃあさっそくそのモヒカン、剃ってみようか。

 

 

 






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。