北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

44 / 65
前回無駄に暴れたんで、そのフォロー回。
そういえば最近、暴れるくん見ないな。

再放送してる関係か、イナイレものが増えてる気がする。そんな中から不知火影氏の 円堂憑依譚 を推してみる。
憑依ものだけど、あまり円堂のキャラからブレてはいない気もする。憑依というよりも、強くてニューゲームな感じ。
主人公への憑依なんで五条さんとかサブなところに憑依してスタートよりも、イナイレのストーリーが楽しめるが、本来のものとの差別化しつつのさじ加減もいい感じ。


広げかけた風呂敷を、即座にたたむ回。

 

 気付けば、サウザーとシンと、なぜかアミバが同盟していた。

 対シュウ様同盟らしい。なんで様付けやねん。

 

 サウザー曰く。なんかあれからシュウが更にパワーアップして、いまや手も付けられない状態なんだそうな。

 

「ヤツは…… 変わってしまった」

 

 この手で宿敵を取り戻す。握った拳をくやしそうに見つめるサウザーの顔には、そう書いてあるように思えた。

 修行時代は、シュウがケンシロウの一件で視力を失うまではライバルだったらしい。

 帝王とレジスタンスリーダーという対立する関係の今も、シュウはサウザーにトドメを刺そうとまではしないし、サウザーもいなくなったら寂しいとは言っていた。

 両者とも、それぞれに複雑な感情があったんだろう。

 無くしかけたソレを、きっとサウザーは今、取り戻したいのだ。

 

 でもシュウを戻すって言っても、坊主から拳士にだけどな。

 

 それも属性的には、今の方が以前よりも善に近いだろうっていうから、ねぇ?

 第一、毛はどうやって増やすんだよ。俺、秘孔ならもう全部知ってるけど、確かそういう秘孔はないよ?

 

「俺が見つけた」

 

 そう答えたのはアミバ。まさかのハゲの克服である。

 この世紀末に、人類の夢のひとつが達成された。別の夢でもある、風邪の特効薬になる秘孔とかも見つけてそうで怖いな。

 でも納得した。こいつが同盟に入ってた理由って、それか。仲間に入ってきたんじゃなくて、必要な人材だから引き入れられたのね。

 こいつ、テンションが常時下がった副作用で口数が減って、強く言われたらノーと言えなくなっちゃったもんなあ。そらあ、この強引な所のある2人に言われたら逆らえんわ。

 

「そもそもあれは剃っているだけだからな。細胞を活性化させるだけでも充分だろうが、アミバの見つけた秘孔ならば一日もあれば、もう坊主とは呼べぬ程には伸びる」

 

 自信を持って断言する、一応俺の上司のシン。

 そこまで断言するという事は、ひょっとしてすでに実験を?

 

「実験とは人聞きが悪いな。治療だ。先日お前がモヒカンを剃ったせいで体を壊し、しかも体質に合っていなかったせいで仏教に入信できなかった、スペードのな」

 

 あっ。そうでしたか。すいません。ありがとうございます。

 

 そうなのだ。先日、俺が勝手に仏教に魂を売ったスペードだったが、入信は出来なかったのだ。

 やはり生まれ付いての純正モヒカンでは、仏教徒には生まれ変われなかったらしい。

 単にクラスチェンジの要因を満たしていなかっただけ、という可能性もあるが。

 

 で、あいつ治りました? あっ、治った。そうですか、お世話をおかけしました。

 

 よし。反逆されても困るから、あとで酒でも差し入れして忠誠値を回復させとくか。

 離反されても、それはそれでトロフィー手に入りそうなんで、いいっちゃいいけどな。

 

 そして話がまとまった所で、サウザーが力強く宣言した。

 こいつなんか輝いてる気がするな。将星の男だから、リーダーシップ発揮すると輝くのか?

 

「ではゆくぞモヒカンよ。まずは我が聖帝領だ! ボーズ・キッズを解放するのだ!」

 

 …………えっ?

 ごめん。もう一回言って。なにを解放するって?

 

ボーズ・キッズだ」

 

 なにそれ。

 

「俺は元々、子供らを集めていたのだがな……」

 

 あっ(察し)

 もういいです。だいたいわかりました。

 

 サウザーは、大人は反逆するだろう、という理由で原作でも子供だけを奴隷として聖帝十字陵造っていた。

 その子供をさらってきた大人は、聖帝軍に入れてやるというダブスタもカマしてたけど。

 奴隷じゃなくて、兵士なら大人でもおkという理屈は、今でもよくわからない。

 

 まあ奴隷というのも、聖帝十字陵がどう見てもピラミッドなんで、当時の知識だとピラミッドは奴隷を働かせて造らせた事になっていたから、その表現になったんだろうけどな。

 さすがに飲まず食わずで子供を重労働させると、普通に死ぬんで、食糧と水の配給はあったと思うんだよ。

 で、お金がケツ拭く紙の価値すら無い世紀末世界で、ご飯もらって働くというのは奴隷労働じゃなくって、普通だと思うんだ。

 それも子供が出来る範囲のお仕事だと、特にね。

 実はアレは、サウザーなりの子供の保護政策で、壮大なツンデレだった可能性が…?

 

 ピラミッド建造は、当時のエジプトの公共事業だった説を、まさかの北斗の拳が先取りしてた説。

 

 ショウジョウバエの心臓逆位の遺伝子を特定した、東京理科大学の教授がその遺伝子にサウザー遺伝子と名付けたように、サウザーはアカデミックな方面に影響を与える宿命が…?

 

 うん。ないな。

 でもサウザー遺伝子はマジで実在する。マジで。

 語源というか、ネーミングの理由もマジでサウザーからだ。

 世の中って、時に奇妙だね。

 

 で、なんだっけ。ボーズ・キッズだっけ。

 聖帝十字陵を造ってた ちびっ子集団が、小坊主の集団になって、念仏唱えながらねり歩くようになったと。

 ふ~ん。

 

「おかげで自分の町だというのに、居心地が悪すぎてオチオチ昼寝もできんのだ! 早急に何とかしろ!」

 

 ふ~ん。

 なんでだろう。ビックリするほどやる気が出ないんだが。

 というか、なんで俺まで。アミバだけでいいやん。

 

 ここで俺のやる気のなさを見て取ったシンが、ボソリと一言口にした。

 

「スペード」ボソッ

 

 アッ、ハイ。わかりました。すぐ行ってきます。

 アミバ、対ハゲ用の秘孔の位置教えて。そうしたらすぐに聖帝領にテレポートで行って来るから。

 ちなみに秘孔の名前なに? 理厚夫(○アップ)? お、おう。まあ、なんでもいいけどよ。

 

 で、シュウ本人はどうなってんの?

 ほう。足技中心だったはずなのに、強力な手技を身に付け、それをメインに使うようになった。

 やたらと筋肉がムッキムキになって、布を頭に巻き、目の下に墨で線を引いて紫外線対策をするようになった。

 内部に衝撃を通す攻撃を使いこなし、南斗でありながら外部破壊にして、内部破壊でもある拳を使う。

 

 ふむ。

 

 それ、二重の極みじゃね?

 外見も、安慈和尚になってね?

 

 いかん。完全にナニかに侵食されている。なににかはわからんけども、このままだと危険だ。なにがどう危険なのかはわからんけど。

 ああ、でも俺も二重の極み打ってみたい。仏教スキル極めて行ったらイケるのか?

 いや、でもそうするとなあ。調理技術スキルを上げたら、料理系キャラがちらほら出てきたんだし、あの世界のキャラが出てこられたら困るんだよなあ。

 特にCCOさんとか困るよなあ。ラスボス追加入ります、とか言われても、正直面倒くさい。

 

 仕方が無い。二重の極みは、あきらめよう。

 シュウもなるはやで、元に戻ってもらおうか。

 そっちは俺ひとりじゃ厳しそうだが、同盟のメンツがいれば大丈夫だろう。

 

 さて。それじゃバイク置いてくんで、皆さんそれで来て下さい。

 俺は一足先に行きますんで。それじゃあお先にヨガテレポート!

 

 

 




○リ○ップ
育毛剤です。効果には個人差があります。





※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。