北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

52 / 65
このサブタイトル、今でも通じるんだろうか。


マミヤさまが見てる

 

 気付けば、マミヤが引きこもっていた。まあ無理もないわな。

 

 だいたい俺のせいだけどな。

 

 前回、子供たち(の倫理感を)守るために一緒に(脱衣麻雀で)戦ってくれ。と言質を取って、戦ってもらったんだよな。

 そんで、いざ脱がねばという段階になったらさあ。ルイ様が天帝モードで命令しちゃってさあ。

 ゴゴゴ… とかいう効果音背負って、迫力で押しちゃって、自分の手で脱がさせたんだよなあ。

 

 見物人も大勢居たのになあ。

 

 うん。前回は言ってなかったけど、いたんだわ。所詮モブだけどな。

 モブだけに、特に影響は無いだろうと高をくくってたんだわ。描写しなかったのも、それでだよ。

 せいぜいマミヤの羞恥心をあおって、おいしくしてくれるだけの存在だと、そう思ってたんだが。

 

 モブたち。まさかの、教団設立。

 

 マミヤッパイの神々しさに浄化されて、その勢いのままに宗教団体作り上げちゃったんだよね。

 もちろん、御神体はマミヤの上半身像。デザインはシン。作製はマミヤの村で北斗と南斗の拳士の像を彫ってた人。

 

 なお、その像。当たり前のように、服は着ていない。

 

 そしてサザンクロスの片隅にあった、朽ちかけていた教会。そこを再建して、礼拝堂にあったマリア像の代わりに設置されて崇められている。

 

 ……うん。これは引きこもるわ。正直、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

 さすがに、これは素直に謝れるわ。キッカケは俺だったけど、100%は俺のせいじゃないと思うけど、それを言い訳に出来ないくらいに、申し訳ないわ。

 

 でも、会ってすらくれないというね。

 一応、部屋の前には行って、謝罪したんだけどね。ほっといて、としか言ってくれなかったよ。

 残念だけど、まあ当然かなって。

 

 秘孔を突いて回って、マミヤッパイの記憶を持つ奴らから、全員記憶を奪おうかとも思ったんだけどもさあ。

 治安がね。かつて無いほどに、向上してるのよ。これが。

 悪化させてた方の奴らが改心して、むしろ自警団っぽい事をやりだしてるんだから、そら上がるってもんだよね。

 

 俺もシンも、この平和は捨てがたかった。

 崇めているものが、マミヤの上半身裸の像でさえなかったなら、何も問題はなかったんだが。

 なんだよ、あのムダに凝ったリアルなオッパイは。それと石像のクセに、髪や肌の質感を再現するな。ベルニーニか。

 

 そういや取らなかったけど、デク作製のスキルあったな。間違いなくシンは持ってるだろうし、像を彫ってた村人も持ってるだろう。

 これがスキルの力か。あらためてその恐ろしさを実感したぜ。

 

 さて。

 

 教団側は、もうどうしようもないな、これ。

 盛り下がるのを期待して、時間を置くくらいしか対処法が無いわ。もし弾圧とかしようもんなら、逆に盛り上がっちゃいそうだもんな。宗教ってのは、そういうもんだろ。

 でもマミヤの側に、何かするにしてもなあ。俺じゃどうしようもないって言うか。

 

 あっ。そっか。俺じゃなくっていいじゃん。レイでいいじゃん。

 

 ていうか、この事態に何してんだアイツ。

 もっと早く出てきて、俺なりシンなりに抗議するなり、マミヤを慰めるなりしろよ。

 彼氏候補なら、こういう時に動けと。タイミングってのは、大事なんだぞ。

 

 そうして探した結果。教会でマミヤッパイを崇める集団のひとりになってたバカが、ここにいるじゃろ?

 

 見つけるなり、シバいた俺は悪くないと思うんだ。

 

「俺も、あの胸に魅せられた存在のひとり! 崇めずに、どうしろというんだ!!」

 

 イケメンキャラをかなぐり捨てて、そんなタワゴトを抜かしていたが。

 どうしろじゃねーよ。マミヤ本人を優先しろよ。もっとカマえ。

 

 いいか? 『仕事とワタシ、どっちが大事?』 っていう核戦争よりもっと前からの、命題があるだろ?

 あれな? どっちと答えても正解じゃねぇんだよ。

 あれはな? 問題文自体が、引っ掛け問題なんだ。あれは、ああ書いてあるけどもな?

 あれは 『もっとワタシにカマえ。手をかけろ』 って読むんだよ。

 

 いや、マジで。

 

 言葉の意味と意図は別って事も、世の中には多々あるだろ? そういう事なんだよ。

 だからまあ、謝ってからデートなり、プレゼントなり。具体的に何かをしてあげるのが正解になるんじゃねえかな。

 人間相手なんで、正解はその人によるんだろうけどよ。

 

 なんでそんな事を知ってるのかって? 覚えとけ。これも、南斗家庭板案拳だ。

 

 それで、わかったか?

 わかったんなら、早くマミヤの所へ行って来い。ひとまず、この町から連れ出せ。そんで、マミヤが精神的に立ち直るまで、この町には近付けるな。

 ほれ、路銀だ。持ってけ。あと、今バイク出すから乗ってけ。

 あと不用意なセリフは言うなよ? マミヤ像の出来とか語っちゃうなよ? フリじゃないぞ? いらん事は言うなよマジで。

 

 ああ、もういいからはよ行け。ケンシロウとかには、俺から言っとくから。

 …………行ったか。まったく、手のかかる。

 

 さて。あとは、だ。

 

 マミヤ像に祈ってる集団の中に、こっそりユダが混ざってるのを見つけちゃったんだが……

 

 アレ、見なかった事にしようか。それとも、ツッコミを入れたほうがいいんだろうか。

 誰かに聞きたいけど、誰に聞いたらいいのかもわかんねえ。

 助けて、マミヤさま。

 

 

 




●ベルニーニ
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ。ローマ時代のバロック芸術の代表格。
大理石を削って作り出されたはずの石像が、彼の手にかかれば柔らかく見える。
髪の毛は風が吹けば波打ち、肌は押せば沈み込む。ように見える。
プロセルピナの略奪 という作品で、ハデスさまがプロセルピナの太ももを持っているが、そのヘコみ方とかマジパない。

たまには芸術方面の画像を検索してみるのもいいのではないでしょうか。と後書きでダイマしてみる。





※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。