北斗の拳メロン味 ~ただし人工着色料で緑色なだけでメロン果汁は入っておりません~   作:far
<< 前の話 次の話 >>

8 / 65
五ヶ月とか半年とか止まったりするけど、復活してきた 路傍の案山子氏の 明日に波動拳 を推してみる。現実世界からストリートファイター世界に生まれ変わったオリ主が、波動拳を撃ってみたいから、で始まる修行漬けの生活。
他の格ゲーキャラも出るわ、ネタキャラな人に弟子入りするわ、アメリカ出張してケンにボコられるわと修行一色でなくて、色々楽しい。
あの世の住人のミスで死ぬのはよくあるが、ミスでストリートファイター世界に生まれるはずが現実世界に生まれてて、そのせいで事故率上がってて死んで転生は珍しい。
またミスる担当の神様が、鬼灯の冷徹世界の方々で、三話かけてあの世の描写があるのも珍しい。


KING その秘められし宝!

 気付けば、俺は1分の1サイズ、リアルフィギュアユリアを作っていた。

 な、なにを言っているのかわからねーと思うが、大丈夫だ。俺もわからない。

 ただハンパでもチャチでもない、恐ろしいナニカを感じ取ってくれれば、それでいい。

 

 あ、ありのまま起こった事を話すぜっ!

 

 俺は都市の造り方と、その運営方法を南斗孤鷲拳のシンに教わりに来たと思ったら、シンの黒歴史を目撃していた。

 具体的に言うと、だ。

 親友の彼女に横恋慕した結果。何を思ったのか、1分の1の、等身大超リアルフィギュアユリアちゃんを作成している現場に、入り込んでしまったのだ。

 

 即座に見なかったことにして、逃げようとしたのだが、捕まってしまった。

 あれは超スピードとか催眠術とか、そんなチャチなもんじゃなかった。いつの間にか捕まって、イスに座らされていた。しかも目の前のテーブルには、飲み物とお菓子も置かれていた。

 人間、追い詰められたら、ここまで限界を超えられるんだという、恐ろしいものを味わったぜ…!

 

「あ、あ~…。うん。俺の支配するサザンクロスへ、よく来たな。歓迎しよう」

 

 色んな意味で戦慄が走りっぱなしで、リアクションに困っていた俺に、シンは取り繕ったようにそう言った。

 どうやら、先程の衝撃的なシーンは、無かった事にしたいらしい。ですよね。

 

 床に座り込んで、胴体の部分をかかえこみ、サンドペーパーで丁寧に削りながら「こうか? いや、違うな。ユリアの腰のクビレは、もっと…」とか言ってる所に出くわしちゃったからなあ。

 

 うん。俺なら、そんな所を見られたら、相手を消すな。そんなヤツは、生かしちゃおけないわ。

 

 ……あれ? 俺、今、ピンチ? こんな理由で!?

 

「ん? どうした? 紅茶は苦手だったか?」

 

 いかん。怪しんでおられる。

 今は弱みを握られたと思って、動揺しているからいいが、冷静になったらヤバい。

 シンは初期ケンシロウを倒して、胸に七つの傷をつけた男。北斗神拳:2では、おそらく勝負にすらならん。絶対に勝てない。

 ここは話を合わせて、撤退せねば。

 

「いやあ。こんな上品な物は、飲むのが久しぶりでして。つい、緊張してしまいました」

「ははは。なんだそうだったか。気にするな」

 

 おっ。シンの雰囲気が柔らかくなったぞ。これはイケるか…?

 

「それがお前の末期の水だからな。遠慮するな。ゆっくりと味わえ」

 

 はい、ダメだったぁー!

 

 いかん。よく見たら、シンの目がグルグルしている。

 コイツ、まだ衝撃から立ち直ってないわ。混乱してるわ。

 パニクったまま、とにかく行動せねばと、動いてるだけだわ。

 

 ならば仕方が無い。目には目を。歯には歯を。脅迫には脅迫で対抗してやるぜ! ヒャッハー!

 

「いいのか? 俺の配下は100人いる。そして今、あのラオウも用心棒として食客をしている…… 俺が帰らなかったら、このサザンクロスはどうなるかな?」

「なんだと?」

 

 マユがピクリと反応した。

 よし。少しは効いたな。ならば、たたみ掛ける。

 

「それに俺も、少しは拳法をカジった男よ。死ぬ前に、何かを叫ぶくらいは出来ると思うぜぇ~」

「キサマァ……」

 

 正直、精神的にも余裕は無い。だがニヤリと笑ってみせた。

 そして冷めかけている紅茶をすする、菓子をほうばる。

 死にたくはない。だからこそ危険なまでに余裕を見せろ。ハッタリに命を懸けろ、俺。

 

 しばし、俺の菓子を食べ、紅茶を飲む音だけが部屋に響いた。

 

「…………何が、望みだ」

 

 俺が菓子を半分食べたところで、シンが折れた。

 よし。勝ったな。

 

「知識だ。さっきも言ったが、配下が100人いてな。食わせていくのも、住み処を用意するのも大変なのさ。是非、先輩に教えを乞いたいほどに」

 

 シンが、そういえば、そうだったな。みたいな顔をした。

 このあたりは、事前に手紙で伝えてあったのだ。今日の面会も、きちんとアポを事前に入れてあったのだ。

 

 フィギュア造りに熱中しすぎて時間を忘れていたっぽい、目の前のバカのせいでヒドい事になったがな。

 

「そうだな。ふむ。……よし、こうしよう。条件がある」

 

 少し考え込んだ後に、シンがそう口にしたのだが。イヤな予感しかしなかった。

 

 

 

 そして、冒頭に戻る。

 

 

 

 そういう経緯を経ての、超リアルタイプフィギュア、1分の1ユリア作製である。

 

 うん。わかんないと思うんで、もう少し説明しよう。

 シンは弱みをそのままにしておきたくなかった。だが俺を消すのは、面倒そうだ。

 そこでヤツは、発想を転換した。

 俺にも弱みを作ってしまえばいい。それも、フィギュアの件をバラした時に、俺にもダメージが行くように出来れば最高だ。

 

 つまり。俺にユリアちゃんを作らせる手伝いをさせれば、俺がシンのこの秘密の趣味をバラしたとしても、だ。

 

「シンはお人形遊び(意味深)が大好きです!」

「そこのモヒカンも製作に手を貸してくれたぞ」

 

 こんな感じで、連鎖爆発を狙えるわけだな。

 

 うん。シンってバカなんだな。逆に頭いいのかもしれないけど、間違いなくバカだわ。

 

 ああ、北斗神拳のスキルのおかげで、人体の構造が分かっているのが役立つのがとてもイヤだ。

 調理技術の恩恵のおかげか、細かい作業が器用にこなせるのも、イヤだ。

 

 [P:1→0 デク作製:1 を習得しますか?(Y/N)]

 

 そんなスキルが存在するという事実も、イヤだ。

 もうヤダこの世界。

 

 なお、当たり前だがデク作製スキルは習得しなかった。

 ポイントも少ないのに、こんなニッチなスキルが取っていられるかというハナシだ。

 

 最初にモヒカンを轢き逃げアタックで倒した時、ポイントが入ったのだが、あれはチュートルアルの中でのサービスのようなものであったらしい。

 あれ以降、モヒカンを轢き殺してもポイントは入っていない。

 

 いや、待てよ。別の殺し方をすれば、ポイントが入るかもしれないのか?

 あるいは、だ。モヒカンではない、別の種類の敵キャラを殺せば、ポイントゲットがワンチャンありえるか?

 

 よし、今度試してみよう。

 

 と言っても、荒野でモヒカン以外の敵キャラには、ラオウとかのネームドは除いて会った事が無いけどな。

 まっさか、村人とかを狩るわけにもいかんしなあ。

 いや、でも、しかし……

 いやいや、いかんだろ。うん。

 でも村人でも、色々いると思うしなあ。中には、殺っちゃってもセーフなヤツとか居たりして。

 

 よし、今度試してみよう。

 

 ゲームだしな。取説も攻略サイトも無い以上は、色々やってみないと、知らない間に詰んだりしそうだからなあ。

 まあ、世紀末世界だし。弱肉強食なのはしゃーない。

 今回の俺も、ラオウを仲間にしてなかったら、普通に消されてたっぽい。理不尽に抗うには、力が要る。

 そして力を手に入れるのは、ポイントが要る。北斗神拳:3のためには6ポイントも要る。

 調理技術も上げたいし、バイク取り扱いも上げたい。というか、どのスキルも3までは上げておきたい。

 

 ほら。スキルって3まで育てて、一人前って感じじゃん?

 

 1で、何も出来ない素人と違う、しかし駆け出しのレベル。中盤以降だと、持っていたら便利というスキルは1レベルで抑えておくのもアリ。

 2は、駆け出しのメインスキルのレベルという感じか。2に上げても、1レベルとレベル無しの差ほどには成長した感じがしない、ガッカリ感がある。

 3で、明らかに段階が変わったような効果や内容が追加されて、一人前になったような気分が味わえる。

 

 ゲーム脳というか、そんな記憶というか。ともあれ、そんなニュアンスが脳内のどこかに残っているんだ。

 それに、だいたい合ってる気はする。

 

 シンに会いに来たのは、知識目当てでもあるが、何かイベントなり何なりでのトロフィーでのポイント目当てでもあったんだよな。

 レアではあるが、求めていたのとは違う方向のイベントとブチ当たったがな。

 しかも、トロフィー出ないでやんの。

 あんなんで出られてもイヤだからいいけどさ。

 

 はぁ~……

 

 安西先生…… マトモなイベントが欲しいです……

 

 

 






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。