歴史に埋もれた遠い昔。
神々に等しい獣たちが我が物顔で闊歩していた時代。
数々の脅威にも負けず、人類は守護神モスラの庇護の下、現代に勝るとも劣らぬ文明を築いていた。
だがそんな人類をあざ笑うかのように、強大な黒い悪魔ゴジラが出現し、人類の国家を脅かし始めた。
真綿で首を絞められるが如く、ゴジラによって人類はじりじりと生存圏を失っていく。
そんな折、モスラの巫女はゴジラを倒す秘策を思いつく。

――全てはゴジラを倒す為。その為なら血に塗れても構わない。

  敗北の味は苦く2018年06月12日(火) 00:39
  レムリア評議会2018年06月12日(火) 00:51
  暗き夜の陰謀2018年06月12日(火) 01:01
  翅神の死2018年06月12日(火) 19:23
  ある研究者の証言2018年06月13日(水) 21:23
  血の巫女2018年06月18日(月) 23:00
  侵攻2018年06月28日(木) 23:03
  レムリア燃ゆる刻2018年07月13日(金) 20:58
  螢火なす光く神、蠅聲す荒ぶる神2018年08月19日(日) 20:24